記事ID138004のサムネイル画像

【誰にでも使える】便利な草刈機の人気おすすめランキング10選

庭に生い茂った草や校庭の雑草などを簡単に刈り取ってくれる草刈機には、様々なメーカーから数多くのものが販売されており、初心者にはどれを選べば良いのか迷ってしまいますそこで今回は草刈機の選び方を解説し、人気でおすすめの商品をランキング形式で紹介します。

広範囲の草も一網打尽

郊外に住む方にとっては庭に生い茂る雑草のメンテナンスに頭を悩ませている方も多いかと思います。そのような広範囲に及んで生い茂る草を一網打尽にしてくれる優れたアイテムが草刈機です。

 

この草刈機があれば、草むしりに費やしてきた長い時間を短縮することもでき、足腰の疲労を軽減することができます。また、近年ではブラシモーターを搭載したものや、防水規格APTに対応したもの、カラミトリ逆回転など、様々な機能を備えたものが多数リリースされています。

 

今回はそんな広範囲に及ぶ草を一網打尽にする芝刈り機の選び方と人気でおすすめの商品をランキング形式で紹介していきます。自分にあった便利な商品を選んで草刈を楽しんでみてはいかがでしょうか。

草刈機の選び方

草刈機の選び方の特徴は、動力の違い、刃の違い、ハンドルの違い、メーカーの4点です。以下ではそれぞれについて解説していきます。

動力の違いで選ぶ

草刈機には電気式、充電式、エンジン式など様々な動力の違う商品が展開しています。自分の使いやすい動力の草刈機を選びましょう。

騒音が気になるなら電気式がおすすめ

草刈機を使いたいけども、騒音が気になるという方には電気式の草刈機がおすすめです。コード式の電動草刈機は、電気を動力とし、本体のコードをコンセントにつないで使用するタイプで、エンジン式に比べてパワーは劣りますが、騒音を巻き散らかすということはありません

 

また、エンジン式と違って燃料切れの心配もないため、長時間の作業に向いています。エンジンやバッテリーを搭載しない分、重量も非常に軽いので女性やシニアの方にも使い勝手が良い点が魅力です。

 

しかしコードが届く範囲でしか使うことができないので、本格的な草刈作業には向かないため、どれくらいの範囲の草刈に使うのかを確認してから選びましょう。

 

場所を選ばずに使いたいなら充電式がおすすめ

充電式の電動草刈機は、使用前に充電して、使用時にコンセントにつながずに使用するタイプで、持ち運びもできるため、場所を選ばずに使用したいという人におすすめです。パワーはコード式、エンジン式に劣りますが、騒音がなく、とても扱いやすい点が特徴です。

 

重さは、モーター駆動のため、他のどの種類よりも軽量で、住宅地でも田畑でも遠慮することなく使うことができます。しかし、充電切れの心配があり、また、充電が完了するまでにある程度の時間が必要になるというデメリットもあります。

 

そのため長時間の草刈には向かず、ちょっと草むしりしたいという人におすすめの草刈機です。

広範囲に及ぶ雑草にはエンジン式がおすすめ

田畑や山林など広範囲に及ぶ雑草に威力を発揮するのがパワフルなエンジン式です。エンジン式はガソリンを動力とし、使用前にガソリンを補填して使用するタイプです。他のどの種類よりもパワーがある反面、騒音が大きいので住宅地では向きません。

 

エンジン式のなかでも4サイクルと2サイクルに種類が分かれており、4サイクルは重量があり比較的静かで燃費が良いとされており、2サイクルは燃費は良くありませんが非常にパワフルです。極力騒音をおさえて広範囲で使いたいなら4サイクル、パワー重視の方には2サイクルがおすすめです。

 

 

刃の違いで選ぶ

草刈機が直接草を刈る部分である刃の部分は、重要です。以下では刃の種類について解説していきます。

庭の手入れにはナイロンカッターがおすすめ

ナイロンカッターは、テニスラケットのガットのような、ナイロン製の紐が刃になっているタイプで、細くて柔らかい草をこまめに刈り取るような、自宅の庭の手入れいにおすすめの刃です。また、石ころなどの障害物が多い場所にもおすすめです。

 

その反面、ぼうぼうに生い茂った草にはめっぽう弱いため、草が伸びすぎてしまっている場所には金属刃のほうが適しています。また、金属刃に比べてナイロンカッターは小石などの飛散物が多いので、防護ゴーグルや飛散防止カバー、厚手で肌が露出しないような服装を心がける必要があります。

間違いがないチップソー

現在リリースされている草刈機の刃の中でも最も一般的とされているのがチップソーです。特にこだわりがなく、また、初心者の方でどれを選べばよいのかわからないという人は、チップソーを選べば間違いがないというほど、オールマイティーな存在です。

 

チップソーは外周がノコギリ状になっている円形のスタンダードタイプで、金属刃の場合、先端のノコギリ状部分の金属は硬度の高いものが使用されています。また、刃の大きさは枯れ木などの硬いものがある場所に適した9インチと、草をメインにした10インチがあります。

他にも両刃や合刃、刃の枚数など多くの種類がリリースされています。

広範囲の草刈には金属刃がおすすめ

金属刃はチップソーとは異なり、外周がノコギリ状ではなく刃数が少ないタイプで、チップソーから金属片を取り除いたものと認識されています。2~8枚刃が主流で、刃数が少なくなるほど広範囲に刈るのに適しています。

 

チップソーに比べてコスト的に非常に安く、4枚刃は上下裏返して使うことができるほか、どれも研いて際るようすることができるため、ヘビーユーザーから重宝されています。

 

金属刃で注意する点は、刃数が少ないものは広範囲に適していますが、石などの硬いものに当たったときの衝撃は大きいので、畑などの何も異物がないという場所限定で使用することをおすすめします。

 

 

ハンドルの違いで選ぶ

草刈機を操るうえで、ハンドルの形状も重要なポイントです。自分が最も扱いやすいタイプのハンドル形状を選びましょう。

安定性を求めるなら両手ハンドルタイプ

刃から伸びたシャフトにU字ハンドルを両手で握って使用するスタンダードタイプです。ハンドルを両手で握って、刃を平行に動かしながら草を刈ります。軽くて一番安定性がある反面、体勢が固定されてしまう傾向になるため疲れやすいという面もあります。

 

使用してみるとわかりますが、刃の距離が離れていて固定さあれているので事故に確立は少なく、初心者にも安全んい使うことができます。しかし細かな動きができないタイプが主流のため、傾斜や障害物が多い場所には不向きです。

柔軟性抜群のループハンドル

半分に切った車のハンドルのような持ちてがシャフトについたタイプで、左手でループハンドルを握り、右手でシャフトの根元を握って使用します。草刈機の振動をコントロールしやすくなっており、両手ハンドルタイプが苦手とした傾斜や障害物のある場所での作業に向いています。

 

そしてグリップハンドルのように両手でシャフトを持って使うことが出来る柔軟性をも兼ね備えたスグレモノで、体勢も両手グリップタイプと違って固定しないで使えるので、最も体に負担が少ないタイプとされています。

 

 

障害物の多い場所ではツーグリップハンドル

ツーグリップ草刈機は、両手ハンドルタイプとループハンドルタイプからハンドル自体をとった形状で、両手で直接シャフトを握って使用するタイプです。細かいコントロールがしやすく、障害物や傾斜での作業に向いています

 

狭い場所や細かい作業が必要な場所での使用に向いていることから、林業関係者の多くが使用していることでも知られています。しかし、持つ場所が決まっているので作業中は同じ姿勢をキープすることが多いので、長時間作業には向いていません。

 

ツーグリップハンドルは専門的な作業に向いていますが、身体への負担を考慮して、短時間で細かい作業をする作業に適した草刈機です。

メーカーで選ぶ

エンジン式か電気式か、動力が決まっている方にはメーカーで選ぶと簡単です。

電気式におすすめのメーカー

電気式の草刈機を探している方には、電気式に優れたメーカーから選ぶと良いでしょう。そこで、電気式に優れた草刈機をリリースしているメーカーとしてあげられるのが、マキタ、山善、高儀がおすすめです。

 

その中心にあるのがマキタです。マキタは電動工具で圧倒的人気誇るメーカーで、草刈機でも高い評価を得ています。かつてはエンジン式が主流とされていた草刈機ですが、マキタは「エンジンから充電へ」というキャッチコピーを掲げて園芸工具のリチウムイオンバッテリー化を推し進めているメーカーです。

 

世界的に排気ガス問題でエンジンに対する規制が年々厳しくなる中で、自動車産業と同様に園芸工具の充電式へのシフトが急速に進んでおり、マキタは世界シェアを目指して開発を進めています。

エンジン式におすすめのメーカー

エンジン式の草刈機の購入を考えている方には、エンジン式に特化したメーカーをチェックしてみましょう。エンジン式の草刈機を数多くリリースしているメーカーは、ホンダ、共立、ゼノア、ホンダ、リョービです。

 

特に自動車メーカーでもお馴染みのホンダは、自動車でのエンジン開発を活かした点が特徴で、4サイクルエンジンを搭載している草刈機を数多く展開しています。4サイクルエンジンは、混合ガソリンを作る必要がないので初心者にも気軽に使うことができる点が特徴です。

草刈機の人気おすすめランキング10選

第10位

丸山製作所

BIG-M 刈払機 分割君 BCW233S

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

分割して収納できるコンパクト仕様

丸山製作所からリリースされている草刈機で、シーズンオフには2分割して収納することができるおすすめの草刈機です。組立て、分割は機械が苦手な方にでも簡単に行うことができ、収納もコンパクトで場所をとりません。

 

パワーのあるエンジンタイプ、満タンで約80分の作業を行うことができるため、広範囲の草むしりにおすすめです。

 

また、従来のスタータにスプリングの力を利用するリコイル方式を採用し、スプリングがアシストすることで引き力が軽くエンジン始動がスムーズになります。工具いらずでRスタートを搭載した女性やシニアの方におすすめの草刈機です。

動力エンジン式チップソー
ハンドル両手ハンドル重さ4.9kg
第9位

工進(KOSHIN)

充電式刈払機

価格:19,636円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スイッチ一つで簡単操作

工進から発売しているこちらの草刈機は、スイッチ一つで簡単に操作でき、手軽に使える人気のバッテリータイプです。自宅の庭や駐車場など、作業スペースの管理に最適で、充電約75分で高速作業30分、低速作業50分の作業を行うことができます。

 

操作はシニアにもわかりやすいシンプル操作で、ダイヤル1つで回転数も調節することができます。シーズンオフには分割してコンパクトに収納することができ、場所をとることもありません。作業中は肩掛け式なので作業しやすく、大変便利です。

 

両手ハンドルのグリップ部分は女性でもしっかりと握れて長時間作業でも疲れを感じにくいグリップ形状が人気です。

動力充電式チップソー
ハンドル両手ハンドル重さ4.8kg
第8位

リョービ(Ryobi)

エンジン刈払機

価格:20,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

燃費が30%以上アップ

リョービから発売しているエンジン刈払機です。ハンドルはしっかりと握ることができる両手ハンドルタイプを採用し、平面の多いところの草刈に適した草刈機です。搭載しているリョービのクリーン50エンジンは、未燃焼ガスの流出を大幅に減少し、燃費が30%以上アップしています。

 

レバーから手を離すとエンジンの回転数が下がる安全機構を搭載しているので事故の可能性もなく、部品点数が少ないシンプルな構造で軽量化を実現し、メンテナンス性にも優れたおすすめの草刈機です。

動力エンジン式チップソー
ハンドル両手ハンドル重さ5.6kg
第7位

HiKOKI (ハイコーキ)

エンジン刈払機

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽さを追求した超軽量モデル

HIKOKIからリリースされているエンジンタイプのパワフル草刈機です。軽さを追求した4.2kgという超軽量モデルで、軽い引き力でエンジン始動が可能なかるがるスタートを実現しています。

 

ロングレバーとスロットル調整ノブで回転数の調整を可能にし、分割構造を採用して結合部に防振ゴムを使用することで、本体からの振動を軽減します。ハンドルは両手ハンドルタイプを採用し、力のない女性やシニア世代でも使いやすいタイプです。

 

コンパクトで持ち歩きやすく、軽量でおすすめのパワフル草刈機です。

動力エンジン式チップソー
ハンドル両手ハンドル重さ4.2kg
第6位

髙儀(Takagi)

EARTH MAN 18V

価格:13,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人気2WAYグラストリマーの分割タイプ

高儀からリリースしているこちらの草刈機は、チップソーで茂った草や太径雑草の刈込ができる人気の草刈機です。樹脂ブレードで柔らかい草や庭木、塀、縁石のキワ刈りにおすすめです。

 

使わない時には分割してコンパクトに収納することができます。ハイパワーの18Vで作業がスピーディーなうえ、充電式で使う場所を選びません。刃は強靭なチップソーを使用し、軽快な樹脂ブレードで2種類の刈刃を使い分けることができます。

 

継ぎ足し充電が可能なリチウムイオン電池を採用し、フル充電で約1時間稼働することができます。

動力充電式チップソー
ハンドルループハンドル重さ1.8kg
第5位

山善(YAMAZEN)

充電式草刈機(18V/2.5Ah)

価格:21,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

取り回しが楽なコードレス草刈機

山善から発売しているこちらの草刈機は、重量感のあるエンジン式と比べて非常に軽量で取り回しもとても楽なおすすめの草刈機です。コードレスなのでコンセントがない場所でも使用することができるので、どこにでも持ち運びができて便利に使うことができ、コード切断の心配もありません。

 

充電式なのでエンジン式と比べても非常に静音なので住宅街で使っても全く問題ありません。ハンドルは安定しやすい両手ハンドル式で、1度の充電で約120分動作します。騒音が気になるという方にはおすすめの充電式草刈機です。

 

 

動力充電式チップソー
ハンドルUハンドル重さ3.5kg
第4位

やまびこ

ECHO刈払機

価格:23,040円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

山林や藪などの刈払い作業におすすめ

やまびこから発売しているナイロンコードカッターの使用にも適しているおすすめの草刈機です。パワーあふれる動作が特徴で、山林や藪などの刈払い作業に適しています。空冷2サイクルエンジンを使用し、広範囲の草刈にも対応します。

 

肩掛け式で安定して使うことができ、両手ハンドルタイプのため刃を平行に動かしながら草刈をすることができるので、安定して使うことができます。重さ4.7kgと軽量でパワフルな点が人気です。

 

庭や畑、山林など様々な用途に使用することができ、家庭から業者までオールラウンドに使うことができるおすすめの草刈機です。

動力エンジン式チップソー
ハンドルUハンドル重さ4.7kg
第3位

ホンダ

エンジン式 肩掛 草刈機

価格:35,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全安心のナイロンコード仕様

Hondaからリリースされている草刈機で、平地から山林までオールマイティーに活躍する人気シリーズです。両腕を広げてハンドル操作することができるので安定した草刈を行うことができます。

 

あらゆる姿勢にも対応可能な自在傾斜エンジンで、作業時における草刈機の重量配分を最適バランスかしています。握り続けても疲れにくい理想的なグリップ形状で、車のガソリンで使うことができるので混合ガソリンを作る手間を省くことが出来ます。

 

プラグのかぶりやクスぶり、キャブレターのつまりも解消し、長期保管後も始動性抜群のおすすめの草刈機です。

動力エンジンチップソー
ハンドル両手ハンドル重さ5.8kg
第2位

丸山製作所

背負式エンジン刈払機

価格:29,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長時間作業に適した背負い刈払機

丸山製作所からリリースされている背負い式エンジン草刈機は、エンジンタイプの草刈機で、1リットルの燃料タンクを備えて、満タンで約120分という長時間運転が可能な背負い式の草刈機です。

 

スムーズに始動できるRスタータの原理で、従来のスタータにスプリングの力を利用するリコイル方式です。スプリングがアシストするので、引く力が軽く、エンジン始動がスムーズになできます。

 

パワーがあるので、広範囲に及ぶ雑草の処理におすすめのエンジンタイプの背負い式草刈機です。

動力エンジン式チップソー
ハンドルループハンドル重さ7.5kg
第1位

マキタ(Makita)

充電式草刈機 MUR100DSH

価格:15,724円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量ボディで手軽に草刈り

マキタから発売しているMUR100DSH草刈機は充電式の軽量ボディで軽快に草刈りが可能な草刈機です。樹脂刃仕様でシャープな切れ味を実現しています。硬い茎などの中負荷作業に最適です。

 

また、ワンタッチで長さ調節ができるので作業をする人の身長に合わせて最大350mmの伸縮調節が可能です。ハンドルはループ型ハンドルになっており、使いやすい角度や位置に調節することが可能です。

 

充電式なのでコードが届く範囲だけではなく、肩ひもをかけて使いやすい場所で使うことができるので持ち運びに便利な草刈機です。

動力充電式樹脂刃
ハンドルループ型重さ1.8kg

草刈機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5045225の画像

    マキタ(Makita)

  • 2
    アイテムID:5045226の画像

    丸山製作所

  • 3
    アイテムID:5045227の画像

    ホンダ

  • 4
    アイテムID:5045229の画像

    やまびこ

  • 5
    アイテムID:5045230の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 6
    アイテムID:5045232の画像

    髙儀(Takagi)

  • 7
    アイテムID:5045239の画像

    HiKOKI (ハイコーキ)

  • 8
    アイテムID:5045241の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 9
    アイテムID:5045242の画像

    工進(KOSHIN)

  • 10
    アイテムID:5045265の画像

    丸山製作所

  • 商品名
  • 充電式草刈機 MUR100DSH
  • 背負式エンジン刈払機
  • エンジン式 肩掛 草刈機
  • ECHO刈払機
  • 充電式草刈機(18V/2.5Ah)
  • EARTH MAN 18V
  • エンジン刈払機
  • エンジン刈払機
  • 充電式刈払機
  • BIG-M 刈払機 分割君 BCW233S
  • 特徴
  • 軽量ボディで手軽に草刈り
  • 長時間作業に適した背負い刈払機
  • 安全安心のナイロンコード仕様
  • 山林や藪などの刈払い作業におすすめ
  • 取り回しが楽なコードレス草刈機
  • 大人気2WAYグラストリマーの分割タイプ
  • 軽さを追求した超軽量モデル
  • 燃費が30%以上アップ
  • スイッチ一つで簡単操作
  • 分割して収納できるコンパクト仕様
  • 価格
  • 15724円(税込)
  • 29800円(税込)
  • 35900円(税込)
  • 23040円(税込)
  • 21999円(税込)
  • 13500円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 20500円(税込)
  • 19636円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 動力
  • 充電式
  • エンジン式
  • エンジン
  • エンジン式
  • 充電式
  • 充電式
  • エンジン式
  • エンジン式
  • 充電式
  • エンジン式
  • 樹脂刃
  • チップソー
  • チップソー
  • チップソー
  • チップソー
  • チップソー
  • チップソー
  • チップソー
  • チップソー
  • チップソー
  • ハンドル
  • ループ型
  • ループハンドル
  • 両手ハンドル
  • Uハンドル
  • Uハンドル
  • ループハンドル
  • 両手ハンドル
  • 両手ハンドル
  • 両手ハンドル
  • 両手ハンドル
  • 重さ
  • 1.8kg
  • 7.5kg
  • 5.8kg
  • 4.7kg
  • 3.5kg
  • 1.8kg
  • 4.2kg
  • 5.6kg
  • 4.8kg
  • 4.9kg

まとめ

ここまで草刈機の選び方と人気おすすめランキング10選を紹介してきましたが、気になる草刈機は見つかりましたでしょうか。使う状況に適した商品を選んで、草刈に役立ててみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ