記事ID138003のサムネイル画像

【安全を確保する】ジャッキスタンドのおすすめ人気ランキング10選

ジャッキアップを行い、その高さの状態をキープしてくれるアイテム、それがジャッキスタンドです。車の足回りの点検などの作業を安全に行うために必要になってきます。用途は同じでも、形状や性能で好みも変わってくると思います。多数のラインナップの中でいいものを紹介します。

タイヤジャッキに無くてはならない存在

タイヤ交換をする際など、作業を安全に行えるように「支え」があった方がいいのですが、その「支え」として活躍してくれるのがジャッキスタンドです。その他の呼び名としても「ウマ」や「ソジットラック」と言われています。

 

ジャッキアップをエアージャッキなどで行ったとしても、そのまま作業をするのは余りにも危険が伴います。もしもの時のことを考えておく必要があります。そのために人気のあるジャッキスタンドをピックアップしました。

 

あなたが車を所有していて頻繁に乗っているのなら、春秋にはタイヤをラジアルタイヤ若しくはスタッドレスタイヤのいずれかに替えると思います。そんな時にジャッキアップをストレスなく安全に行う必要が出てくると思います。

ジャッキスタンドの選び方

ジャッキスタンドは作業するシチュエーションでどれを選ぶのか考えてみましょう。あなたに合ったいいものがきっと手に入りますよ。

床高で選ぶ

車によって床の高さが違います。ローダウン車両からSUV車などの車高のある車まで異なるのでそれぞれの特徴を確認してから購入しましょう。

スポーツカーなどローダウン車両には低床タイプ

ローダウンの車両はスポーツカーなどに多いタイプです。こちらのタイプのジャッキアップするのには低床タイプを選択しなければなりません。なぜならば、ジャッキアップした後も高床タイプだと余分にジャッキアップしなければならなくなるからです。

 

できるだけ適した高さのジャッキスタンドを選ぶようにしましょう。そうすることで余分な労力をかけずに時間も短縮できます。タイヤ交換の準備が億劫という方も多いでしょうから、床高はチェックする大切なポイントです。

 

また、過度なジャッキアップした状態でジャッキスタンドを使用し支えていたとして、万が一脱落してしまった時に高さがあるためタイヤが接地するまで距離が発生してしまいます。そのため危険性が増してしまうのです。適切な高さを確認しておくのは重要なことなのです。

車高のあるSUV車やコンパクトカーには適したタイプ

SUV車やコンパクトカーというと車高が高いです。そのため、低床タイプだとかなり伸長しなくてはならなくなります。下手すると、ジャッキスタンドの高さが足りず適した高さまで上げることができない可能性があります。

 

そういったことが無いようにジャッキスタンドの最高位と最低位を確認しておくことが大切になってくるのです。ジャッキスタンドを買ったはいいものの使えず後悔をしないようにしたいですからね。

 

また、ジャッキスタンドにはサイズチェンジ機能が備わっています。ある程度の高さ調整はできるので、キッチリとサイズを合わせなければならないわけでもありません。それに、複数台所有している方なら、1台ずつ専用に購入するというのはナンセンスです。

作業用途で選ぶ

ジャッキスタンドを購入してどういった使い方を想定していますか。多いのは車の足回りに関する作業になってくるかと思います。少しだけジャッキアップできれば作業ができるタイプです。

 

タイヤローテーションのためのタイヤ交換などでは、タイヤが浮きさえすれば、交換作業が進められますのでジャッキスタンドも車体が少し浮上する高さに上げられるジャッキスタンドを選択しましょう。車種によって変わってきますので確認しましょう。

 

タイヤ交換ではなく、シャーシ部分までしっかりと入って作業したいというのであれば、しっかりと高さを出せるジャッキスタンドを選択しましょう。中腰体勢だと腰を痛める可能性がありますから重要です

最大荷重で選ぶ

最大荷重についても重要なポイントです。なぜなら、せっかく「支え」としてジャッキスタンドを設置しても荷重量に耐えられなければ、作業でケガをする危険性も生じてきます。

 

最大荷重が大きいのなら、危険は伴わないですがその反対は危険です。必ずチェックするようにしましょう。また、荷重量を超えてすぐに折れたり破損しなかったとしても、変形や陥没などが生じてしまうでしょう。

 

ジャッキスタンドあたる厚みのある金属部分はジャッキアップポイントと呼びます。しっかりとその部分があたるようにしましょう。シャーシ部分の中でも柔らかい所にあると車側が変形してしまう可能性があります。接地部分にも目を向けておきましょう。

足の本数で選ぶ

足の本数も各メーカーにより違います。足の本数によって安定度も違ってきたり、使い方も少々違ってきますので確認しておきましょう。

初心者でも扱いやすい四つ足タイプ

それぞれ違う形をしているジャッキスタンドの「底部」ですが、その中で四つ足タイプは、どういう置き方をしても安定した形になるので扱いやすいのが四つ足邪ジャッキスタンドの魅力です。

 

横方向でも縦方向でも脚がしっかりと地面とジャッキアップポイントをキャッチしてくれます。それなので、ジャッキスタンド初心者にとっても非常に使いやすいタイプになるのです。

 

なのでDIYなどで行う経験の浅い方には、四つ足ジャッキスタンドがおすすめです。また、それに加えてジャッキアップポイントと接地する部分には、ミゾがしっかりとあるゴム付きが望ましいです。

置き方にコツのいる三つ足タイプ

ジャッキスタンドの三つ足タイプは接地の仕方にコツが必要です。そこを誤ってしまうと例えジャッキスタンドを設置したとしても危険が伴うのです。危険な要素を軽減するためにもポイントを抑えておきましょう。

 

三つ足の場合は足の向きが両方ともに同じ向きを向いている時は危険です。サイドや前方、後方のジャッキアップするためにジャッキスタンドを設置した時に縦方向または横方向に力が働くとどちらかで不安定な状態が作り出されることになります。

 

そこでポイントとしては設置してする時に、足の向きを両方が外側へ向くように置くのです。そうすることで縦横の両方に対して踏ん張りがきくようになるのです。加えて、輪留めも設置して縦方向の力を抑制することも考えておきましょう。より安全です。

ゴム付きの有無

ジャッキスタンドと車が接地する部分は強い力が働きます。過度なエネルギーが不適切な形で当たり続けると車にダメージを与えてしまう可能性が生じます。そこでクッションとなるゴムが重要になってきます。

 

ジャッキスタンドによって、最初からしっかりとしたゴムが付いているものもあります。しかし、その逆で大したものが付いていないものもあります。購入時に接地する部分がどのようなものになっているのか確認するようにしましょう

 

もし、ゴムに厚みがなかったりするのならジャッキスタンドゴムを別途購入するのも1つです。長時間載せておいたことで、車の接地部分に負担をかけてしまい不要に破損や変形を起こしてしまうかもしれません。

ジャッキスタンドのおすすめ人気ランキング10選

第10位

Emerson

ジャッキスタンド 2個セット EM-104

価格:2,973円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

6段階調整可能でラバーパッド付きタイプ

こちらのエマーソンブランドを製造・販売を行っているのは、ニュートレイン株式会社になります。自動車関連商品を販売する会社です。ロックピンとラバーは別売りになっています。安全性を考慮してロックピンは購入した方がいいでしょう。

 

幅広い調整のできる6段階の高さに調整することができます。不意なトラブルでジャッキアップが必要になった時でもコンパクトなサイズなので使い勝手がいいのもこちらのエマーソンジャッキスタンドのメリットです。

 

不安定にどうしてもなってしまうジャッキアップ後ですが、本製品は安定感があります。また、四つ足でありますので置き方など気にすることもなく、ジャッキアップポイントに持っていくこともできるので初心者でも安心です。

本体サイズ幅200×高さ257×奥行き185mm高さ最低位260mm/最高位405mm
最大荷重3t重量
第9位

STRAIGHT

ジャッキスタンド 低床 15-1085

価格:2,322円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツカータイプでも対応可能

こちらは低床タイプで最低位400mmまで下げられます。大凡の車が90mmが車の車底高になってきますので、低底の車種は網羅してくれるでしょう。あなたの車が低底タイプであればおすすめします。

 

また、安全面の配慮もあり、極太ストッパーが取り付いています。万が一の安全確保にも取り組めています。こちらと同タイプの中では価格も比較的安価でコストパフォーマンスも高いと評価を受けています。

 

最高位は400mmと高さのある車種とは相性がよくないです。その面を考慮して購入することをおすすめします。本製品は、1脚ずつの販売になります。通常ですと、2脚揃えて安定化を図るので2脚購入することをおすすめします。

本体サイズ高さ280〜400mm高さ最高位400mm/最低位280mm
最大荷重3t重量4.5kg
第8位

琉球村

Garage.com 折りたたみ式ジャッキスタンド

価格:1,404円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折りたたみ式ジャッキスタンド

車両の下回り整備には必需品のジャッキスタンドを折りたたみ式で手元に置いておけるタイプです。かさばらないので作業場所まで車に積んで持っていけるメリットが生まれます。何かあった時のお守り代わりに持っておけるのがいいですね。

 

コストパフォーマンスもよく非常に使い勝手がいいので高評価を受けています。シャーシを受けてくれる部分にはしっかりとゴムが付いており車を傷つけません。滑り止めの意味も兼ねてあると安心です。

 

足をしっかりと開き、センターのリング部分を1番下まで下ろすようにすれば固定式と変わらない位、車体をガッチリと抑えてくれます。折りたたんだサイズでいえば、工具箱に入るくらいの大きさになります。

本体サイズ高さ最高位370㎜/最低位270㎜
最大荷重3t重量4kg
第7位

整備工具のストレート

ジャッキスタンド 6t STRAIGHT/15-1086

価格:7,452円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイタイプのジャッキスタンド

防災グッズやエアコン機器までを取り扱うSTRAIGHT社はツールメーカーです。ガレージジャッキやジャッキスタンドなど様々に取り扱い、日本でも大変人気の高いメーカーとなっています。

 

6tもの重量に耐えられる安定した強度を誇ります。中型トラックでも使用できる最大荷重です。1脚ごとの販売商品です。もし、1個別に所有しているのなら、こちらの商品を購入して無駄にせずに使用できます。

 

注意することとしては、最低位560mmと車高が高く、車高の高い車両には適したハイタイプのジャッキスタンドです。低底の車には不向きとなります。車底の確認は行うようにしましょう。

本体サイズ高さ最高位870㎜/最低位560㎜
最大荷重6t重量9kg
第6位

セブンバッテリー

大自工業 メルテック ジャッキスタンド FJ-300

価格:3,270円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

堅牢な作りのジャッキスタンド

メルテックのジャッキスタンドです。安定性もよく、作業時も不安なく使い続けられます。ダッジバイパーなどの車両のジャッキアップにも使用している方もいます。折りたたみ式で不安がある方は固定式を使ってみましょう。

 

堅牢な仕上がりで、がたつきもほとんどありません。最初から滑り止めゴムが装着しており車両を傷つける心配もないです。軽ワゴンタイプでも使用可能です。ただ、軽ワゴンクラスの場合だと、1番低い高さじゃないと使用できません。

 

固定式の本商品は、同クラスの中でコストパフォーマンスはいい方です。シンプルな作りで溶接などもちゃんと行われているため安心感があります。手ごろな価格で安定感のあるものを求めている方におすすめです。

本体サイズ約215(W)×270(H)×190(D)mm高さ最高位280mm/最低位380mm
最大荷重2t重量1.7kg
第5位

WEIMALL

ジャッキスタンド 馬ジャッキ リジットラック

価格:2,830円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘッド部分のくぼみがないタイプのジャッキスタンド

こちらのジャッキスタンドは2個セット売りの販売です。特徴として、ヘッド部にくぼみがないです。そのため、車体の高さを上げないとジャッキが入りません。また、車体のジャッキ接触時にブレを起こす可能性があるので、慎重におろしましょう。

 

また、高さ調整する際にも爪の引っ掛かりが甘く、しっかりとテンションがかかるまで落下するような感覚があるという方もいました。しかし、テンションがかかれば安定してくるので問題とならないでしょう。

 

価格設定も3000円を切る価格で販売されているショップもあるので、安価な価格でお買い求めできます。軽くて使いやすく、3tの最大荷重があります。格納や高さ調整もワンタッチでできる点も魅力です。

本体サイズ高さ最高位425mm/最低位285mm
最大荷重3t重量5.5kg
第4位

BAL ( 大橋産業 )

ジャッキ キーパーマン2T 920

価格:2,516円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

黄色のジャッキスタンドが見た目にも映える

こちらのジャッキスタンドは大橋産業から販売されるキーパーマンです。下回り作業を入念に行いたい方におすすめです。なぜかというと、上げ幅が広範囲で作業域が広いからです。

 

上げ幅が低いと閉塞された空間で長時間作業を行わなければならず、疲労感も強くなってしまいます。キーパーマンの良い点は、295~490mmまでの6段階調整可能なので、作業域を広げられて疲労軽減にもつながります

 

通常のジャッキスタンドでは1番高い位置にしてもタイヤを浮上させられない方におすすめです。トラック用と謳って販売されているものになると価格も高くなります。しかし2個セットでコストパフォーマンスが高いジャッキスタンドのも評価できるポイントです。

本体サイズ190(W)×190(H)×275(D)mm高さ最高位380㎜/最低位265㎜
最大荷重2t重量1.7kg(1脚分)
第3位

BAHCO

Jack Stand ジャッキスタンド BH33000

価格:5,784円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

老舗ブランドBAHCOのジャッキスタンド

頑丈で安心感があると評価が高いジャッキスタンドです。老舗ブランドのBAHCOが販売しており、安心感があります。安価な価格で販売されているジャッキスタンドとは比較できないくらいのがあると高評価を得ています。

 

ジャッキスタンドと接地する部分にはゴム板が挟まれていないので、別途購入する必要があります。また、形と色合いがジャッキスタンドの中でも、同系色のものが少なく個性的でおしゃれな雰囲気を醸し出します

 

スズキ系の車種で多いサイドシルの内側にフック型ジャッキアップポイントのある車だとフックをジャッキスタンドの中心へ当てると、受けの端がサイドシルに当たってしまいますので注意しましょう。

本体サイズ高さ最高位425㎜/最低位288㎜
最大荷重3t重量7.0kg
第2位

リキマエダ

馬ジャッキ 2個セット RD-500

価格:22,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4tクラスの大型トラック対応ジャッキスタンド

自動車の修理やタイヤ交換などエアーリフトした車を、作業に応じて高さ調整をし固定する私達の命を守るための安全機器です。5tまでの最大荷重に耐えることができますので車重のある車を所有している方におすすめです。

 

1台で6.6kgと重量はありますが、強度が高く安定した固定が行えます。目安となる車種は、、軽四輪車から4tトラックまでになります。作業に応じて345~560mmの7段調整まで行うことができます

 

2個セット売りで、重量のあるトラックなどの車種であるならば、コストは高くなってもスペックもあって安心して使用できるものを選んだ方がいいでしょう。幅広い車種に使えますが、最低位345mmと若干高いので車底が低い車の場合は注意しましょう。

本体サイズ高さ最高位560㎜/最低位345㎜
最大荷重5t重量6.6kg(1脚)
第1位

meltec

ジャッキスタンド FJ-300

価格:3,025円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さいスペースにも置くことができるコンパクトジャッキスタンド

こちらのジャッキスタンドの最大の特徴はコンパクト収納ができることです。重さも1.7kgとジャッキスタンド業界内でもトップクラスの軽さを誇ります。この軽さなら車のトランクに置いておいても邪魔になりません。

 

また、緊急でジャッキアップが必要となった際にも、トラックに入れておけば大活躍してくれるアイテムとなります。他のジャッキスタンドのラインナップをみても、ここまで軽量なものは見つからないでしょう。

 

3段階での調整ができ、適切な高さにすることができます。加えて、二重ロック方式も採用していて、万が一の場面でも安全を確保してくれます。これだけ機能を備えておきながら、3000円程度で購入できますからコストパフォーマンスは非常に高いです。

本体サイズ高さ最高値:380mm/最低値:280mm
最大荷重2t重量1.7kg

ジャッキスタンドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5049498の画像

    meltec

  • 2
    アイテムID:5049628の画像

    リキマエダ

  • 3
    アイテムID:5049627の画像

    BAHCO

  • 4
    アイテムID:5049626の画像

    BAL ( 大橋産業 )

  • 5
    アイテムID:5049625の画像

    WEIMALL

  • 6
    アイテムID:5049624の画像

    セブンバッテリー

  • 7
    アイテムID:5049546の画像

    整備工具のストレート

  • 8
    アイテムID:5049629の画像

    琉球村

  • 9
    アイテムID:5049486の画像

    STRAIGHT

  • 10
    アイテムID:5049484の画像

    Emerson

  • 商品名
  • ジャッキスタンド FJ-300
  • 馬ジャッキ 2個セット RD-500
  • Jack Stand ジャッキスタンド BH33000
  • ジャッキ キーパーマン2T 920
  • ジャッキスタンド 馬ジャッキ リジットラック
  • 大自工業 メルテック ジャッキスタンド FJ-300
  • ジャッキスタンド 6t STRAIGHT/15-1086
  • Garage.com 折りたたみ式ジャッキスタンド
  • ジャッキスタンド 低床 15-1085
  • ジャッキスタンド 2個セット EM-104
  • 特徴
  • 小さいスペースにも置くことができるコンパクトジャッキスタンド
  • 4tクラスの大型トラック対応ジャッキスタンド
  • 老舗ブランドBAHCOのジャッキスタンド
  • 黄色のジャッキスタンドが見た目にも映える
  • ヘッド部分のくぼみがないタイプのジャッキスタンド
  • 堅牢な作りのジャッキスタンド
  • ハイタイプのジャッキスタンド
  • 折りたたみ式ジャッキスタンド
  • スポーツカータイプでも対応可能
  • 6段階調整可能でラバーパッド付きタイプ
  • 価格
  • 3025円(税込)
  • 22800円(税込)
  • 5784円(税込)
  • 2516円(税込)
  • 2830円(税込)
  • 3270円(税込)
  • 7452円(税込)
  • 1404円(税込)
  • 2322円(税込)
  • 2973円(税込)
  • 本体サイズ
  • 190(W)×190(H)×275(D)mm
  • 約215(W)×270(H)×190(D)mm
  • 高さ280〜400mm
  • 幅200×高さ257×奥行き185mm
  • 高さ
  • 最高値:380mm/最低値:280mm
  • 最高位560㎜/最低位345㎜
  • 最高位425㎜/最低位288㎜
  • 最高位380㎜/最低位265㎜
  • 最高位425mm/最低位285mm
  • 最高位280mm/最低位380mm
  • 最高位870㎜/最低位560㎜
  • 最高位370㎜/最低位270㎜
  • 最高位400mm/最低位280mm
  • 最低位260mm/最高位405mm
  • 最大荷重
  • 2t
  • 5t
  • 3t
  • 2t
  • 3t
  • 2t
  • 6t
  • 3t
  • 3t
  • 3t
  • 重量
  • 1.7kg
  • 6.6kg(1脚)
  • 7.0kg
  • 1.7kg(1脚分)
  • 5.5kg
  • 1.7kg
  • 9kg
  • 4kg
  • 4.5kg

まとめ

ジャッキスタンドには様々な種類が多数のメーカーから販売されています。購入を検討している方は、自分の車種と重量を把握するのと、床高もしっかりと確認しましょう。そして、こちらの記事を参考にお好きなジャッキスタンドを選んで、安全作業を行いましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ