記事ID137999のサムネイル画像

【パワフルで切れ味抜群】電動丸ノコのおすすめ人気ランキング10選

木材を切断するにはノコギリを使いますね。手作業で太い木を切るのは大変ですが、電動丸ノコなら楽にカットできるのでおすすめです。この記事では電動丸ノコのおすすめ商品をランキング方式で解説していますので、購入を検討されている方はぜひ参考にしてはいかがでしょうか。

電動丸ノコで木材加工もお手の物

最近はウェブサイトや動画サイトでも情報や方法が公開されており、一般の方でも専門的な工具を使ったDIYに取り組みやすくなりましたね。そんなDIYによく使われるのが木材です。木材を加工するにはノコギリを使うのが一般的ですが、手動で切断するのはちょっと大変ですね。

 

そこで便利な工具として昔から使われているのが「電動丸ノコ」です。建築現場などで使われているのを見たことがある方は多いと思いますが、名前の通り丸形のチップソーをモーターの力で縦回転させて切断する電動工具です。普通のノコギリよりも楽に、そして綺麗に切断できます。

 

手作業のノコギリでは木を真っ直ぐ切るのも、途中で角度を変えて切るのも難しいです。電動丸ノコならいずれも正確かつ短時間で切断可能です。手動に比べて作業効率が飛躍的に向上するので、木材を使ったDIYを頻繁にされる方はぜひ持っておきたい工具ですね。

電動丸ノコの選び方

電動丸ノコには様々なタイプがあり、自分に合った製品を選ぶにあたって判断の材料となる要素はたくさんあります。選び方の基準となる例を以下にいくつか挙げていきましょう。

タイプで選ぶ

ここでは電動丸ノコを外観の特徴から大きく3つのタイプに分類して解説していきます。小型のものほど取り回しに優れ、大型のものほど扱える木材の種類と安定感が増していきます。

手持ち式丸ノコ

業務用ならまだしも、趣味程度のDIYに大掛かりな電動丸ノコをいきなり購入するのは躊躇しますね。日曜大工レベルの作業に使うのであれば手持ち式の電動丸ノコをおすすめします。片手で持ち運べるサイズで、一般的に電動丸ノコと言えばこの手持ち式を指します。

 

機種のラインナップが豊富で入門機種からプロ仕様モデルまで様々な製品が販売されています。個々の技術や予算に応じて好きな電動丸ノコを選べる利点があります。木材や石膏ボードのカットなど、ちょっとしたDIYに使うのであればエントリーモデルの購入をおすすめします。

 

移動しながら使える利便性を備えており、持ち手のグリップ感も強いのでしっかりと固定しながら素材をカットできます。また商品数が多いためアクセサリーも充分揃っています。作業をサポートする機器を取り付けてカスタムしやすいのも手持ち式のメリットと言えるでしょう。

卓上式丸ノコ

卓上式の電動丸ノコは手持ち式より大型のタイプになります。アームで固定されたチップソーを木材に押し当ててカットするためブレにくく切断面がキレイに仕上がるのが特徴です。手持ち式に比べて傾斜切断における安定感も高いので、内装用木材のカットにも向いています。

 

従って安全かつ高精度なカッティングを求める方はこの卓上式の電動丸ノコをおすすめします。切込み深さに関しては、途中まで切断した段階で一旦止めて反対側から切り込めば上限より分厚い素材もカットできます。ただし設置場所を固定するタイプなので持ち運びには不向きです。

 

またアームにシャフトが付いていないので丸ノコを前後に動かすことが出来ません。そのため切断できる最大幅は後述する卓上スライド式の電動丸ノコより短くなります。その分価格も抑えられているので、扱う素材がほぼ決まっているという方はこの卓上式タイプをおすすめします。

卓上スライド式丸ノコ

卓上スライド式の電動丸ノコはその名の通り、卓上式丸ノコのアーム部分にスライド機能を付け足したタイプです。複数のシャフトによって丸ノコを前後左右・上下に動かすことが出来るので、切断できる素材の寸法がさらに大きくなっているのが特徴です。

 

幅広いサイズの素材を美しくカッティングしたい方におすすめです。また回転した後ろ刃が木材に当たって弾かれしまう「キックバック」が起こりにくいという利点もあります。この卓上スライド式に一旦慣れてしまうと他のタイプの丸ノコがサビ付いてしまうほど便利な電動工具です。

 

ただし本体サイズが大きく性能が優れているため、どうしても高価になってしまうのが難点です。趣味レベルのDIYにはオーバースペックと言えるかもしれませんが、初心者の方でも高精度かつ安全にカッティングが出来ます。機能性を優先する方にはおすすめの電動丸ノコです。

給電方式で選ぶ

電動丸ノコはその名前の通り使用するには電力が必要です。2種類ある電力の供給方法について述べていきますので、イメージしている使い方に適したタイプを選びましょう。

充電タイプ

充電式は手持ち型の電動丸ノコに多く見られるタイプです。AC電源タイプとは違ってコードの制限が無いため手持ち式電動丸ノコの取り回しの良さを最大限に発揮できます。コンセントのない場所でも使える上に、自由に動きながら作業できるので扱いやすさは抜群です。

 

リノベーションなど動き回って使う場合に最適な給電方式と言えるでしょう。一昔前は充電式はコード式に比べて非力と言われていましたが、近年ではコード式と比べても遜色の無い出力を備えたモデルも増えています。メーカーによっては他機種へのバッテリー互換性もあります。

 

しかしバッテリーが切れると回転が止まってしまうので、長時間の作業にはあまり向いていません。またバッテリーを内蔵している分本体の重量は重たくなってしまいますし、バッテリーと充電器は高価なので買い替えコストも掛かるということは覚えておきましょう。

AC電源タイプ

AC電源タイプはコンセントに接続しながら使う有線式の電動丸ノコです。パワーがありバッテリーの残量を心配することも無いので作業量が多い場合におすすめできます。バッテリーの買い替え費用が無いため、メンテナンスを怠らなければ低コストで維持できるのもメリットです。

 

一方で作業場所におけるコンセントの位置やコードの長さの制限があるところがデメリットです。コードの長さの範囲内でしか動けないのでバッテリー式と比較すると取り回しは悪くなります。しかし動けるスペースを充分に取れば長時間でも落ち着いて作業できます。

 

パワフルなため回転音も大きめですが、これはスピードコントローラーという機器を取り付ければ回転数と作業音を抑えることができます。コンセントが適度に配置された作業場所を確保できる場合は、腰を据えてカット作業ができるAC電源式の電動丸ノコはおすすめです。

カット性能で選ぶ

電動丸ノコはもちろん素材をカットするために使いますね。加工したい素材に合った製品を選ぶためにチェックすべきポイントを解説していますのでご参考にして頂ければと思います。

切断力をチェック

電動丸ノコの切断力は、機種選びの際に重視するポイントの一つでしょう。どれくらいのカット性能があるのかは「最大切込み深さ」「最大切断能力」の2点をチェックすれば凡そ把握できます。最大切込み深さは切り込める角度と、切断できる素材の分厚さの上限が記載されています。

 

後述するチップソーの外径とも大きく関係しており、「90°時0-57mm」「45°時0-38mm」といった風に角度毎に切り込める深さが記載されています。一般的に斜めに傾けると切り込みが浅くなります。この数値を確認して使う木材に対応する電動丸ノコを選ぶ必要があります。

 

また卓上型・卓上スライド型の機種では最大切断能力も確認しましょう。「木材45*85mm」「丸棒 直径20mm」のような表記で、切断できる素材のサイズ上限が示されています。これを超えてしまうとモーターに負荷が掛かり故障の原因にもなりますので注意しましょう。

刃の外径をチェック

電動丸ノコでカットしたい木材の大きさによって、最適なチップソーのサイズ(外径)は変わってきます。外径の規格としては「147mm」「165mm」「190mm」あたりがメジャーです。チップソーが大きくなるほどパワフルで、より分厚い木材を切断することが出来ます。

 

しかしその分本体も重たくなるのでコントロールが難しくなります。最初に購入するものとしては、真ん中のサイズの165mmがおすすめです。「切断力とパワー」「持ち運びやすさ」「対応できる木材のサイズ」「種類の多さ」などから考えて最もバランスが取れています。

 

日曜大工のようなDIYでは165mmサイズで十分と言えるでしょう。しかし本格的な45mm角材や2*4材を使う場合、角度によっては一回刃を通しただけでは切れない場合があります。大は小を兼ねると言いますし、大きくて安定している190mmのチップソーを選ぶのも良いですね。

使いやすさで選ぶ

電動丸ノコの使い勝手は切断能力だけでは決まりません。素材のカットをスムーズに行うためのオプションや、気兼ねなく導入するためのコスト面について述べていきます。

ベースをチェック

ベースとは電動丸ノコの下部に取り付けられている平らな面の部分で、素材を抑える役割があります。ベースの種類には「鉄」「アルミ」「フッ素樹脂加工」の3種類があります。鉄製のベースは黒く塗装されているものが多いので、ベースの色で簡単に判別できます。

 

一昔前の電動丸ノコは殆どが鉄板ベースでしたが、塗装が剥がれるとサビやすいのが難点です。また落とすと簡単に変形してしまい耐久性があまり高くありません。現在の電動丸ノコのベースはアルミ製が主流になっています。鉄製と比べて重量が軽いので使いやすいのが特徴です。

 

耐久性が高く歪みにくいので、アルミベースは初心者の方の最初の一台にもおすすめです。フッ素樹脂加工のベースは木材のコンディションに幅広く対応できます。乾燥した木材から湿気を多分に含む生材まで様々な素材を扱うという方はフッ素ベースを検討しても良いでしょう。

付加機能をチェック

電動丸ノコは木材のカットに直接関係する機能以外にも、便利なオプションが搭載されているものがあります。そのような付加機能に注目して機種を選ぶのも良いでしょう。石膏ボードのような粉塵が出やすい素材を切断するには集塵機が接続できる機種がおすすめです。

 

カットした際に舞い上がる粉塵をかき集めてくれる集塵機を取り付けることによって、作業後の掃除が格段に楽になります。またユーザーが粉塵を吸込みにくくなるので健康面でもメリットがあります。電動丸ノコを頻繁に使う方には是非ともおすすめしたい機能です。

 

また正確に素材をカッティングしたい方はレーザーマーカーが付いているモデルをおすすめします。墨付けなどの下準備なしで綺麗な直線が引けます。さらに自動変速機がついていれば、チップソーに負荷が掛かると自動的に回転数が上がるので切断面をキレイにカットできます。

価格をチェック

電動丸ノコを購入する際にどうしても無視できないのが値段ですね。メーカーによっても異なりますし、DIY用かプロ用かによっても大きく変わってきます。DIY用とプロ用の違いはボディの色で判別できますが、価格に倍以上の差がありますので分かりやすいです。

 

DIY用の電動丸ノコが1万円前後の価格であるのに対し、プロ用は3-4万円が相場となっています。機能的にはプロ用モデルの方がもちろん優れていますが、木材加工の初心者の方にとってはDIY用のモデルでも電動工具のパフォーマンスを充分実感できるでしょう。

 

DIY用に慣れてきたらプロ用に乗り換えるのも良いですね。メーカーに関しては大手ブランドに限って言えば妥当な価格設定になっています。1000円高ければ1分間に500回多く回転するという風にスペックに忠実に反映されているので割安な製品を探すのは中々難しいでしょう。

電動丸ノコの人気ランキング10選

第10位

タックライフ(Tacklife)

丸ノコ PES01A

価格:7,299円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木材・軟金属をラクラク切断

ガッチリとしたボディのデザインが特徴的なこちらは手持ちコード式の電動丸ノコです。レーザーガイドと平行定規によりストレートな切断が容易に行えます。比較的大きい185mmというチップソーで分厚い素材にも対応できるコスパに優れたモデルです。

給電コード回転数4500回/分
ノコ刃外径185mm最大切込深さ90°63mm/45°45mm
第9位

新興製作所

卓上丸ノコ STC-190

価格:8,208円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクト設計で軽作業に最適

幅木・内装材などの加工に適した軽量で小型の卓上電動丸ノコです。テーブルとチップソーの角度はワンタッチで調整できます。卓上式の丸ノコをお試しで使ってみたいという方にもおすすめのモデルです。

給電コード回転数4500回/分
ノコ刃外径190mm最大切込深さ0°85mm/45°88mm
第8位

リョービ(Ryobi)

丸ノコ MW-46A

価格:6,150円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

別売りの集塵パーツに対応

グリップの水色が爽やかなこちらは、広島県の大手工具メーカー「リョービ」の手持ちコード式電動丸ノコです。使いやすさとお求めやすい価格設定で、数多くのユーザーに親しまれている人気モデルです。

給電コード回転数3700回/分
ノコ刃外径147mm最大切込深さ90°46mm/45°30mm
第7位

HiKOKI (ハイコーキ)

電気丸のこ FC6MA2

価格:10,172円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低ノイズ・低振動で優れた切れ味

パワフルな1050Wモーターとアルミベースを採用しており、素材をしっかり押さえながら高回転で手早く切断できます。滑りにくく手にフィットするソフトグリップが使われているのも嬉しいですね。初心者の方でも扱いやすいとレビューでも好評です。

給電コード回転数5000回/分
ノコ刃外径165mm最大切込深さ90°57mm/45°38mm
第6位

Black & Decker

コードレス丸ノコ BDCCS18B

価格:9,897円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ツーバイ材に対応した軽量モデル

オレンジのグリップが印象的なこちらは、コードレスタイプの手持ち式電動丸ノコです。切込深さや切断角度も自在に調整できるため、細かいカッティングが可能です。2.1kgの軽量さも嬉しいですね。ただしバッテリーは別売りなので注意しましょう。

給電バッテリー回転数3,700回/分
ノコ刃外径140mm最大切込深さ90°41mm/45°35mm
第5位

マキタ(Makita)

電気マルノコ M565

価格:11,221円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロ仕様にも引けを取らない

工具の大手国産メーカー「マキタ」の手持ちコード式電動丸ノコです。DIY用の安価な商品ながら業務用レベルの高い性能を誇る優れたモデルです。アルミダイキャストベースでブレが少なく、切れ味が良いとレビューでも満足度の高い製品です。

給電コード回転数5500回/分
ノコ刃外径165mm最大切込深さ90°57mm/45°38mm
第4位

HiKOKI (ハイコーキ)

コードレス丸のこ C3606DA(NNB)

価格:23,550円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンディかつパワフルを実現

旧日立工業の大手国産メーカー「ハイコーキ」の手持ち式電動丸ノコです。扱いやすいボディのサイズとノコ刃外径で汎用性の高いモデルとなっています。キックバック軽減システムやサイレントモードが搭載されているのが特徴です。黒基調のデザインも魅力的ですね。

給電バッテリー回転数4300回/分
ノコ刃外径165mm最大切込深さ90°66mm/45°46mm
第3位

ボッシュ(BOSCH)

コードレス丸のこ PKS18LIN

価格:17,619円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2*4材も簡単にカット

ポップなカラーリングがおしゃれなこちらはドイツの有名メーカー「ボッシュ」の手持ち式電動丸ノコです。軽量かつコンパクトなボディに切断線ガイドが搭載されているので、手持ちタイプが苦手な綺麗な直線カッティングが容易に行えます。

 

滑り難く握りやすいソフトラバーグリップで、細かい作業も難なくこなせる優れた設計です。

給電バッテリー回転数3800回/分
ノコ刃外径147mm最大切込深さ90°48mm/45°36mm
第2位

HiKOKI (ハイコーキ)

卓上スライド丸のこ FC7FSB

価格:35,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

11kgの軽量本格モデル

工具の有名ブランド「ハイコーキ」の卓上スライド式電動丸ノコです。傾斜と角度を付けた難しい切断も簡単に、かつ美しく仕上げることが出来ます。木材だけでなく合板・化粧板・アルミサッシ材などのカッティングに対応しているプロ仕様の軽量モデルです。

給電コード回転数6000回/分
ノコ刃外径190mm最大切込深さ90°305mm/45°240mm
第1位

マキタ(Makita)

防じんマルノコ KS5000FX

価格:26,175円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

集塵機&アルミベースで使いやすい

電動工具でお馴染みの「マキタ」の手持ちタイプ電動丸ノコです。小型で軽量のため扱いやすく、刃先が見やすいので正確なカッティングが可能です。集塵機を取り付けて使用するので木くずが気にならず、作業に集中できるおすすめの電動丸ノコです。

給電コード回転数7000回/分
ノコ刃外径125mm最大切込深さ0°39mm/45°25.5mm

電動丸ノコのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5044855の画像

    マキタ(Makita)

  • 2
    アイテムID:5044858の画像

    HiKOKI (ハイコーキ)

  • 3
    アイテムID:5044862の画像

    ボッシュ(BOSCH)

  • 4
    アイテムID:5044868の画像

    HiKOKI (ハイコーキ)

  • 5
    アイテムID:5044878の画像

    マキタ(Makita)

  • 6
    アイテムID:5044884の画像

    Black & Decker

  • 7
    アイテムID:5044894の画像

    HiKOKI (ハイコーキ)

  • 8
    アイテムID:5044905の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 9
    アイテムID:5044909の画像

    新興製作所

  • 10
    アイテムID:5044914の画像

    タックライフ(Tacklife)

  • 商品名
  • 防じんマルノコ KS5000FX
  • 卓上スライド丸のこ FC7FSB
  • コードレス丸のこ PKS18LIN
  • コードレス丸のこ C3606DA(NNB)
  • 電気マルノコ M565
  • コードレス丸ノコ BDCCS18B
  • 電気丸のこ FC6MA2
  • 丸ノコ MW-46A
  • 卓上丸ノコ STC-190
  • 丸ノコ PES01A
  • 特徴
  • 集塵機&アルミベースで使いやすい
  • 11kgの軽量本格モデル
  • 2*4材も簡単にカット
  • ハンディかつパワフルを実現
  • プロ仕様にも引けを取らない
  • ツーバイ材に対応した軽量モデル
  • 低ノイズ・低振動で優れた切れ味
  • 別売りの集塵パーツに対応
  • コンパクト設計で軽作業に最適
  • 木材・軟金属をラクラク切断
  • 価格
  • 26175円(税込)
  • 35800円(税込)
  • 17619円(税込)
  • 23550円(税込)
  • 11221円(税込)
  • 9897円(税込)
  • 10172円(税込)
  • 6150円(税込)
  • 8208円(税込)
  • 7299円(税込)
  • 給電
  • コード
  • コード
  • バッテリー
  • バッテリー
  • コード
  • バッテリー
  • コード
  • コード
  • コード
  • コード
  • 回転数
  • 7000回/分
  • 6000回/分
  • 3800回/分
  • 4300回/分
  • 5500回/分
  • 3,700回/分
  • 5000回/分
  • 3700回/分
  • 4500回/分
  • 4500回/分
  • ノコ刃外径
  • 125mm
  • 190mm
  • 147mm
  • 165mm
  • 165mm
  • 140mm
  • 165mm
  • 147mm
  • 190mm
  • 185mm
  • 最大切込深さ
  • 0°39mm/45°25.5mm
  • 90°305mm/45°240mm
  • 90°48mm/45°36mm
  • 90°66mm/45°46mm
  • 90°57mm/45°38mm
  • 90°41mm/45°35mm
  • 90°57mm/45°38mm
  • 90°46mm/45°30mm
  • 0°85mm/45°88mm
  • 90°63mm/45°45mm

まとめ

電動丸ノコは便利な道具ですが、その分使い方を誤ると重大な事故を引き起こす可能性があります。最近のモデルは特に安全に配慮した作りのものが多いですが、普通のノコギリと比べて段違いのパワーと切れ味を持っているので使用方法には充分気を付けてDIYを楽しみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ