記事ID137989のサムネイル画像

【使いやすくて良く切れる】剪定ばさみおすすめ人気ランキング10選

庭木のお手入れに欠かせない剪定ばさみ。太めの枝を切断でき、使い方によって細かな作業も可能なため、非常に使い勝手の良い庭木用のハサミです。ですが、初めての方はどれを選んだらよいのか迷ってしまいがち。そこで今回は剪定ばさみおすすめランキング10選をご紹介します。

剪定ばさみで庭木の手入れを楽しもう

剪定ばさみ」は、植物の枝や茎、葉など、生木を切るための園芸用のはさみです。 植栽のあるお庭があって、庭木の手入れをすることが多い方におすすめです。切れ味が良くスピーディーに一気に多くの枝を剪定することができます。

 

太目の枝を切る際に適しており、細かい剪定にはやや不向きですが、先が細くなっているタイプを選べば、細かい剪定作業にも使えます。また、グリップの内部にバネやスプリングが入っているので、刃が自動で開いて作業もスムーズ。

 

剪定ばさみには、それぞれの作業がしやすいように考えられたものがあり、切りやすく、疲れにくい工夫がされています。植物の種類やご自身の園芸のレベルに合わせて、万能なタイプを使いまわしたり、作業ごとに使い分けたりするのがおすすめです。

 

 

剪定ばさみの選び方選び方

剪定ばさみにもいろいろな種類があります。それぞれの用途や自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。ここでは、剪定ばさみを選ぶ際のポイントをご紹介します。

タイプで選ぶ

剪定ばさみには、いくつかのタイプがあります。それぞれ特徴をご紹介しますので、選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

バイパスタイプ 

バイパスタイプの剪定ばさみは、半月形の切り刃と三日月形の受け刃からなり、刃の全長の割に刃渡りが長くなるようにカーブしています。刃の形状がカーブしていて滑るように切るので、切り口がきれいに切断できるのが特徴です。若木の剪定や刃先を使った細かい作業に向いています。

 

上刃をハマグリ刃、下刃をカマ刃とよびます。握りの部分は、やや曲がって軽量になるように工夫されています。バネは、コイル状に巻いたものや針金を曲げたもの、「虫」と呼ばれる鋼の板を巻いたものなどがあります。

 

バネが外れると刃が開かないので、バネが外れにくいものを選びましょう。刃の開きを止めるストッパーも壊れにくいものがおすすめです。

アンビルタイプ

アンビルタイプの剪定ばさみは、上下の刃が挟んで切断するバイパスタイプとは異なり、下刃がありません。その代わりに、まな板の様な受けがあって上刃の形状を薄くすることで、鋭い切れ味を可能にしています。替え刃式タイプもあります。

 

アルビンタイプは、バイパスタイプよりも刃が薄く、弱い力でもきれいに切断できます。また枝を固定できるため、枝のねじりを最小限に抑えることが可能です。

 

こちらのタイプは太い枝がよく切れます。剪定作業の負担を軽くしたい方におすすめです。また、アルビンタイプは切り口がキレイなのも特徴です。

ラチェット式

ラチェット式は、テコの原理を応用し、小さい力をより大きい力に変えるラチェット機構を備えたタイプの剪定ばさみです。従来の剪定鋏では切断できような太い枝木を強い握力が出せない女性でも簡単に切断できるように動く仕組みが特徴です。

 

従来の剪定ばさみは刃を広げる為に太いバネが付いていますが、こちらのタイプはバネが取り外されています。その代わりに、グリップを握ると、段階的に切断する木に対して刃が段階的に食い込むようなギアが搭載されています。

 

切っている途中で重くなった時に緩めることで、支点が変わって力をかけなおし、通常の1/3くらいの力で枝を切ることができます。ハンディサイズでも、直径20mm程の枝まで対応します。

柄が回転するタイプ

剪定で枝を何本も切っていると、手が痛くなったり、まめができたりすることもあります。その点、柄が回転するタイプだと、柄と指の摩擦が小さくなるので、そうしたことも少なくなります。

 

このタイプの剪定ばさみは、見た目は従来の剪定ばさみと同じですが、枝木を切断する刃と刃同士を広げる為のバネが搭載されています。

 

そして、グリップと指との摩擦が大きく軽減されて、手首の負担が小さくなる様に工夫がされています。使い勝手は従来の剪定ばさみのままで負担軽減のサポート機能を必要とするならば、こちらのタイプがおすすめです。

使いやすさで選ぶ

剪定ばさみを選ぶ際に、重視したいのは使いやすさです。いくつかポイントをご紹介しますので、その点にも注目して、ぜひ自分に合った使いやすい剪定ばさみを選んでください。

大きさは手のひら大がベスト

剪定ばさみの大きさは、「180mm」、「200mm」、「225mm」が一般的なラインナップです。剪定ばさみは一般的に小型のほうが使いやすいと言われていますが、手のひらと同じくらいの長さを選ぶと良いでしょう。

 

女性なら180mm以下、手の大きい男性なら220mmほどがおすすめです。手のひらに剪定ばさみを乗せて、指先から手首までの長さと同じくらいの長さがベストです。

 

ハサミが小さすぎると切る力が余計に必要になるので、手が疲れてしまいます。逆にハサミが大きすぎるとバネの開きに終始抵抗してしまって、無駄に疲れてしまいます。

刃先がよく開くタイプや刃の固定方法もチェック

剪定ばさみは、刃先の開きの大きいものだと、それだけ太い枝に対応でき、太い枝を切る回しきりの際にも威力を発揮します。いろいろな枝に対応できるように刃先がよく開くものがおすすめです。

 

自然に刃が開くようにバネがついていますが、バネが強すぎると疲れやすいので、バネの具合を確認することも大切です。また、ストッパーをはずすと刃は開きっぱなしになるので、作業ごとに必ずストッパーを閉める習慣をつけましょう。

 

また、剪定ばさみは太めの枝を切断するのに適したハサミであり、思った以上に左右の刃の結合部分に力が掛かります。安価な商品では、ネジで左右の刃を固定しているものもありますが、やはり長く愛用することを考えるとリベットでしっかり固定してある商品がおすすめです。

利き手にあったものがベスト

剪定ばさみは、市販されているものの多くが右利き用なのですが、メーカーによっては左利き用の商品があります。右利きの方は特に気にする必要はありませんが、左利きの方は、左利き用の剪定ばさみにすることをおすすめします。

 

花や葉、茎を切断する際には、微妙な力加減が要求されます。たとえば、左利きの方が右利き用のハサミを使用すると切れ味が落ち、また、ハサミが消耗するのが早くなってしまいます。

 

ですから、細やかな剪定作業にも十二分に対応できるように、できるだけ、ご自分の利き手に合ったタイプを選ぶのがベストです。

耐久性やメンテナンスしやすいタイプ

水気の多い植物を切り取る剪定ばさみの刃には、サビに強い素材が使われるのが一般的です。使う度に樹液や泥などで汚れるものですから、ジャブジャブと水洗いをしたり、お手入れがしやすい商品がおすすめです。

 

また耐久性も重要です。お手頃価格でも、バネが簡単に外れてしまったり、ネジが緩んでしまうような耐久性の悪い商品はおすすめできません。また、刃こぼれをしても修理ができる保証があるなど、メンテナンスのしやすい商品がおすすめです。

値段で選ぶ

剪定ばさみの通常使用と高級仕様の違いとしては「刃こぼれのしにくさ」、「切れ味の鋭さ」、「使われてる素材」、「機能」に違いが出てきます。商品の金額にも大きく差があり安いものだと100円から、高級仕様の物で1万円を超える物まで広い幅から選ぶ事ができます。

1000円前後~4000円前後

ホームセンターなどでも販売されている1000円前後で売っているものなどは、最初は良く切れるけれど、 刃が欠けたりしても研いで使うことができない使い捨て感覚のものが多いです。

 

切れ味にはそれほどこだわらず、お手入れが面倒なので、切れなくなったら新しいものを買いたいという方なら、それほど高くないものを買い換えるというのもありでしょう。

 

また、高級剪定ばさみとまではいかないですが、2000円~3000円程の価格帯の商品にも、基本的な性能を抑えつつ、素材にもこだわりながら安い価格帯に抑えられているコスパの良い剪定ばさみもあります。多様な機能を持ち、入門的な最初の1本としておすすめです。

 

5000円から10000円以上

良いものを大切に使いたいという方は、ワンランク上のこだわりの高級剪定ばさみがおすすめです。日本の職人が技術を駆使して作る剪定ばさみや、ガーデニングの本場イギリスの老舗ブランドが作るものなどこだわりの商品もあります。

 

高級仕様の剪定ばさみは長期間の使用を前提としているので、切断の命である刃には、錆びにくいタイプや切れ味を強化する為にきれいに磨き上げられているタイプといった特殊な素材が使われています。

 

価格は高いですが庭木の整備道具として長期間使用し、納得の切れ味を求めるのであれば、高級仕様の剪定ばさみがおすすめです。

 

剪定ばさみの有名ブランドから選ぶ

どれにしようか迷ってしまう方は、人気の有名メーカーから選ぶのも一つの方法です。ここでは、剪定ばさみを手掛ける代表的なメーカーをいくつかご紹介します。

株式会社岡恒(オカツネ)鋏工場

様々な庭木道具を手がける老舗メーカーである「岡恒。岡恒は、1925年に創業した広島の金属プロダクトメーカーです。広島県尾道市に本社を構え、庭木用のハサミや用品を手掛けています。園芸のプロからも人気を得ている剪定ばさみの専門メーカーと言えます。

 

岡恒社の剪定ばさみは、トレードマークに柄の部分を赤と白のポリ塩化ビニル被膜でカバーしており、一目で岡恒製と分かるほど有名な商品です。

角利産業株式会社

昭和21年創業の角利産業は、新潟県三条市に本社を構える会社です。三条鍛冶の伝統を守ってプロの大工道具を作ることでも有名なメーカー。ユーザーの身に立った精度の高い道具作りをモットーにしています。

 

大工道具の製造からスタートしただけあり、品質の高さは折り紙付きで、シャープな切れ味の剪定ばさみを数多くリリースしています。

剪定ばさみの人気ランキング10選

第10位

リョービ(Ryobi)

充電式剪定ばさみ BSH-120

価格:6,515円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電気の力で手軽に剪定できる

RYOBI(リョウビ)」の充電式電動剪定ばさみです。少ない力で手軽に剪定でき、本体も軽量のため連続作業もスムーズです。充電時間は約60分で、1回の充電あたりの作業量は約350カット。LEDを搭載しているので、生い茂った暗い場所の枝を照らせるのも便利です。

 

枝のカットはもちろんのこと、物干しハンガーやビニールホースを切断するときにも使用できて使い勝手が良いのもポイント。

 

ヤニ取りや掃除、刃物交換も工具なしでワンタッチで可能です。剪定したかさばる枝を、捨てやすいサイズに切るときなどにも役立つ剪定ばさみです。女性や握力に自信がない方にもおすすめです。

全長重量600g
タイプ電動タイプ
第9位

千吉(Senkichi)

剪定鋏 左利き用

価格:2,049円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

左利き用の剪定ばさみ

藤原産業の大工道具や園芸道具を専門に扱う「千吉」ブランドからリリースされている左利き用の剪定ばさみです。高級刃物鋼を使用した刃が、スムーズに作業を進めてくれます。

 

剪定作業は利き手用でないと、疲労で作業がしにくくなってしまいます。左利きの方は普通のハサミと同じように、剪定ばさみも左利き用を利用することをおすすめします。

 

「左利きのものは少ないのでこのくらいの値段で買えるのは助かる」との声も。「負担を強いる枝でも切り口鮮やか」「刃面が負けていない。細やかな剪定にも十二分に対応できる」など、口コミでも評価の高い商品です。

全長200mm重量240g
タイプバイパスタイプ
第8位

SK11(エスケー11)

SK11 ストロング万能ハサミ SST-250

価格:1,219円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ストロング万能はさみ

藤原産業のオリジナルブランドである「SK11」からも剪定ばさみがリリースされています。「万能ハサミ SST-250」は、刃先の硬度が「ロックウェル硬度」で52~54もあり、アルミ板で1mm、プリキ板で約0.5mm程度の厚みであれば切断することが可能なモデルです。

 

剪定ばさみですが、カーペット・段ボール・ステンレスなどのかさばる廃品の切断作業にも使用可能で使い勝手が良いのも魅力。細かいギザ刃とカーブ刃で切るものを逃さずスムーズにカットします。

 

柄の部分には反発用のバネを内蔵しているので、剪定作業で枝の切断も簡単に行うことが出来ます。スプリング付きで、作業効率もアップし、長時間の作業でも疲れ難いように設計されています。またラバーグリップ仕様となり、滑り難いため作業がし易いのも特徴です。

全長250㎜重量299 g
タイプバイパスタイプ
第7位

LOWE(レーヴェ)

剪定鋏 アンビル式 1104

価格:5,290円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドイツ生まれの切れ味抜群のアンビルタイプ

LOWE(ライオン)」は、ドイツ生まれの剪定バサミです。切れ味に裏付けられ世界中で永年に渡り愛されています。こちらは、LOWEの世界No.1スタンダードモデル。日本の剪定ばさみにはあまりない、刃が直刃のアンビル式です。

 

切断面がきれいに仕上がるのが特徴です。作りも丈夫でしっかりとしており、切断能力も25mmという高い能力を持ったパワフルな剪定ばさみです。

 

太めのハンドルに滑りにくいビニールコーティングが施されています。柔らかく腰のあるバネが内蔵されているので連続作業も楽々。保管や携帯にも便利な開き防止ストッパー付きです。「少し大きい造りだけど、切れ味が抜群」と口コミでも高評価の剪定ばさみです。

全長重量
タイプアンビルタイプ
第6位

アルスコーポレーション

小型 剪定鋏 130DX-P

価格:1,532円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなのに優れもの

数多くの剪定ばさみを手掛ける「アルス」のとにかく軽くて使いやすい剪定ばさみです。軽量タイプですが、太い枝や硬い枝、草花までざくざくと切れ、切れ味も長続きします。握り心地も良く、軽いので疲れ知らず。

 

特に生花を切るにはぴったりのサイズ感なので、フラワーアレンジなどをする方にも最適です。また小ぶりなので取り回しが良く、見た目も可愛いので女性にもおすすめです。

 

刃がハードクローム仕上げで、錆びにくいのも使い勝手が良く便利です。「軽くて良く切れる」「使いやすい」などと、口コミでも大好評の剪定ばさみです。

全長185mm重量135g
タイプバイパスタイプ
第5位

サボテン

プロタイプ剪定鋏

価格:1,134円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手入れ簡単でサクサク切れる

サボテン」は1961年に設立した園芸用具の専門メーカーです。切れ味が長く続くメンテナンスフリーの刃物などを作り、日本で最初に園芸の分野において、グッドデザイン賞を受賞しいます。

 

こちらの剪定ばさみは、軽い切れ味で、サクサク作業ができる剪定ばさみです。フッ素コート加工でサビやヤニに強いのがポイント。ストッパーも丈夫なジュラコン製で、持ち運びしやすく保管しやすいのも魅力です。

 

剪定できる生木の太さは20mmまでとなっています。グリップは、手にしっくりとなじんで滑りにくいソフトな握り心地です。「有名メーカーのものに比べて価格は安いのに、よく切れて、錆にも強い」などと、口コミでも評価の高い剪定ばさみです。

全長205mm重量240g
タイプバイパスタイプ
第4位

アルスコーポレーション

剪定鋏ブイエスセブンロータリー VS-7R

価格:2,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロも納得のハイクオリティな剪定ばさみ

アルス」が展開する「剪定ばさみブイエスセブンシリーズ」の剪定ばさみです。握り込むのに連動してグリップが回転し、手や手首の負担を軽減してくれます。更に軽くてしっかり手にフィットするアルミダイカストグリップで手にフィットし、スムーズな切断を実現。

 

刃が大きく開き、15mmまでの生木をスムーズにカットできます。ワンタッチストッパーが採用されおり、グリップを握り込むだけで、ストッパーが外れるので、すぐに使用可能です。使用しない時はストッパーでしっかり固定でき安全に持ち運びできます。

 

打ち合い部分には、切る時の衝撃を和らげられるソフトゴムが付いています。刃の表面はハードクロームコーティングが施され、ヤニが付きにくく錆びにくい仕様に。摩耗にも強く、切れ味をキープしてくれ、プロも納得のハイクオリティな剪定ばさみです。

全長180mm重量250g
タイプバイパスタイプ、柄が回転するタイプ
第3位

角利産業(KAKURI)

Gardening Pro アルミ剪定鋏 AS-020

価格:1,186円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ガーデニング初心者でも使いやすい

角利産業株式会社の人気の剪定ばさみです。本体素材にアルミニウム合金を採用することで、本体重量を約180gに抑えた軽量モデルです。お値段手頃なのに、シャープな切れ味で生け花や植木などのお手入れの必需品として、とても人気があります。

 

柄の部分に大きめのスプリングを搭載することで、反発力を使って楽に刃先の開閉が出来るので、長時間の作業も疲れにくくなっています。また、直線の刃は硬い枝をはじいてしまうことが多いのですが、この剪定ばさみは受け刃のカーブが大きいので枝を逃がしません。

 

刃物炭素鋼を使っているので刃こぼれも少なく、メンテナンス面でも安心です。しっかりとした作りですが、とても軽い使い心地が魅力。専門の刃物メーカーの商品だからこそ刃の切れ味も人気の秘密です。

全長200mm重量180g
タイプバイパスタイプ
第2位

千吉(Senkichi)

ラチェット式 剪定鋏 SGP-22R

価格:990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1/3の力でスムーズカット

千吉」のラチェット式剪定ばさみです。ハンドル部分にラチェット機構を搭載しており、直径約20mmの太い枝も少しの力で楽に切断出来るようになっているのが最大の特徴です。軽量なアルミダイキャストで作られ、高い耐久性を誇っています。

 

さらに濡れても滑り難いTPR樹脂グリップを採用しており、女性の方でも長時間の剪定作業を行うことが可能です。カットの衝撃を吸収し、手の負担を抑えてくれるのも魅力です。スポンジ部分に油を付けて、刃のお手入れができるツールが付属しているのも嬉しいところ。

 

使いやすさにこだわった、機能性に優れた剪定ばさみです。刃先にはフッ素コートを施しており、樹木のヤニなどが付着しても切れ味が変わらないので、長く愛用することが出来ます。

全長約200mm重量228g
タイプラチェット式
第1位

岡恒

剪定鋏 200mm NO.103

価格:2,674円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

切れ味抜群。プロにも愛される品質

岡恒」の人気の剪定ばさみです。赤と白の持ち手が特徴的で有名な剪定ばさみのため、見かけたことがあるかもしれません。プロにも愛好家が多く、家庭でのガーデニングでもよく使われています。

 

こちらは、1986年度のグッドデザイン賞を受賞しています。均一した硬さと粘りを持ち合わせており、鋭い切れ味と刃持ちの良さが魅力です。ハンドル部分は、ビニールコーティングがされていて、滑りにくい造りになっています。

 

刃の固定をリベットで行っており、緩むことが無いため、長く愛用することができます。「太い枝もスパッと切れる。やはりプロご用達のものは違う」と口コミでも非常に高評価の剪定ばさみです。価格もお手頃なので、初めて園芸を始められた方におすすめの商品です。

全長202mm重量230g
タイプバイパスタイプ

剪定ばさみのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5044211の画像

    岡恒

  • 2
    アイテムID:5044212の画像

    千吉(Senkichi)

  • 3
    アイテムID:5044225の画像

    角利産業(KAKURI)

  • 4
    アイテムID:5044310の画像

    アルスコーポレーション

  • 5
    アイテムID:5044313の画像

    サボテン

  • 6
    アイテムID:5044345の画像

    アルスコーポレーション

  • 7
    アイテムID:5044338の画像

    LOWE(レーヴェ)

  • 8
    アイテムID:5044390の画像

    SK11(エスケー11)

  • 9
    アイテムID:5044381の画像

    千吉(Senkichi)

  • 10
    アイテムID:5044298の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 商品名
  • 剪定鋏 200mm NO.103
  • ラチェット式 剪定鋏 SGP-22R
  • Gardening Pro アルミ剪定鋏 AS-020
  • 剪定鋏ブイエスセブンロータリー VS-7R
  • プロタイプ剪定鋏
  • 小型 剪定鋏 130DX-P
  • 剪定鋏 アンビル式 1104
  • SK11 ストロング万能ハサミ SST-250
  • 剪定鋏 左利き用
  • 充電式剪定ばさみ BSH-120
  • 特徴
  • 切れ味抜群。プロにも愛される品質
  • 1/3の力でスムーズカット
  • ガーデニング初心者でも使いやすい
  • プロも納得のハイクオリティな剪定ばさみ
  • お手入れ簡単でサクサク切れる
  • コンパクトなのに優れもの
  • ドイツ生まれの切れ味抜群のアンビルタイプ
  • ストロング万能はさみ
  • 左利き用の剪定ばさみ
  • 電気の力で手軽に剪定できる
  • 価格
  • 2674円(税込)
  • 990円(税込)
  • 1186円(税込)
  • 2900円(税込)
  • 1134円(税込)
  • 1532円(税込)
  • 5290円(税込)
  • 1219円(税込)
  • 2049円(税込)
  • 6515円(税込)
  • 全長
  • 202mm
  • 約200mm
  • 200mm
  • 180mm
  • 205mm
  • 185mm
  • 250㎜
  • 200mm
  • 重量
  • 230g
  • 228g
  • 180g
  • 250g
  • 240g
  • 135g
  • 299 g
  • 240g
  • 600g
  • タイプ
  • バイパスタイプ
  • ラチェット式
  • バイパスタイプ
  • バイパスタイプ、柄が回転するタイプ
  • バイパスタイプ
  • バイパスタイプ
  • アンビルタイプ
  • バイパスタイプ
  • バイパスタイプ
  • 電動タイプ

まとめ

剪定ばさみのおすすめ商品をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。剪定ばさみは太めの枝を切断することが多く、力の掛かる作業もあるので、できるだけしっかりとした作りのものを選ぶのがおすすめです。ぜひ、ランキングも参考にしてお気に入りの剪定ばさみを選んでくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ