記事ID137975のサムネイル画像

    【ギフトにも喜ばれる】人気の高級調味料おすすめランキング10選

    日々の料理で美味しい味付けをするためにも、高級調味料は欠かせません。たくさんある調味料の中から、どれを選んで良いのか迷いますよね。そこで今回は高級調味料の選び方のコツと人気のおすすめ高級調味料をランキング形式で紹介します。

    料理好きにはたまらない調味料の魅力

    誰でも料理をするときに必ず使っているのが、調味料です。調味料は料理への味付けを目的とされたものです。調味料そのものが食材であることや、化学調味料を使った食品添加物であったりと、その種類はたくさんあります。

     

    調味料はいくつかの分類に分けることができ、甘さを加える調味料は甘味料、辛さや香りを加える調味料を香辛料など、その料理の用途に合わせて調味料を使うことでさらに食材に味がつくので、美味しい料理に仕上がります

     

    一般家庭でもよく使われている、塩、醤油、砂糖、酢、味噌、みりんなども調味料になります。様々な調味料を組み合わせることで、コクと旨味のある美味しい料理になるのも調味料の魅力です。今回は高級調味量をランキング形式で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

    調味料の選び方

    調味料は、日本をはじめ世界各国に存在しているので、その数と種類はたくさんあります。料理の種類によっては、使う調味料も異なってくるので、その調味料を使いか分けて使用することで、料理も一段と美味しく仕上がります。そこで、たくさんある調味料の選び方を紹介します。

    体にやさしいものから選ぶ

    調味料は、すべてのものが体に良いわけではありません。そして調味料を使う量によっても体の健康に大きく関係しています。調味料は、料理にコクと旨味を与えてくれる役割があるので、せっかく使用するのであれば、味だけではなく体にもやさしいものを選びましょう。

    化学調味料を使用していない

    化学調味料とは、調理にコクと旨味を与えるために天然のうまみ成分を工業的に生産したものです。人工調味料とも呼ばれています。この化学調味料が体に悪いというわけではありませんが、調味料を選ぶときに、化学調味料を使っていないものを選ぶのもおすすめです。

     

    化学調味料を使用していない調味料の製法は、昔ながらの方法や天然のものをそのまま使用しているので、アレルギーがある人にも使うことができる調味料があります。また化学調味料を使用していない高級調味料は、天然の美味しさをそのまま料理に加えることができるのも魅力です。

    無添加のもの

    無添加の調味料は、一般的に販売されている調味料よりも値段が高めになっていますが、食品のアレルギーがある人にも、種類によっては使用することができたり、オーガニックの食材にこだわっている人がよく使っています。

     

    無添加の調味料は、原材料から農薬などを使用せずに製法しているものがあります。なので体の健康管理を気にしている人には、無添加の調味料を使用することは当たり前です。食事は体を作る上で、一番大切な工程なので、小さな子供がいる人には無添加の調味料がおすすめです。

    原産国で選ぶ

    調味料は、日本だけではなく海外にもあるので、種類によってもその数はたくさんあります。日本食のような和食に合った調味料や、洋食の種類によっても使う調味料の種類は変わってきます。そこで、調味料の原産国から選んでみるのも、各国ごとで比較ができるのでおすすめです。

    国産の調味料

    一般家庭でよく使われている、調味の中でも醤油は国産のものが多いです。日本国内で作られている調味料は、安全面も高いので安心して使うことができるのでおすすめです。国産の調味料には、私たち日本人の口に合うような味付けや工夫がされています。

     

    基本的には、和食を食べることが多い日本人の料理には、国産の調味料がとても合います。国産の調味料は、購入しやすい値段のものから、製法に手間をかけた一般的な調味料よりも比較的高めの値段のものなど、様々な種類があります。

    海外の調味料

    世界には、様々な国で使われている調味料がたくさんあります。調味料を大まかな種類に分けても塩をはじめたくさんの同じ調味料が、国ごとによって作られています。同じ調味料でも、国によっては無添加の天然な原材料から作られているなど、たくさんの製法があります。

     

    それぞれ調味料の原材料の産地である国によって、調味料の味も異なってくるので、海外の調味料を使ってみるのもおすすめです。国によってどの調味料の製造が盛んなのかを知っておくと、普段の料理の美味しさも格別に変化します。

    調味料の種類から選ぶ

    現在販売されている調味料の数は、たくさんあるので、調味料について種類ごとに味や成分の研究をしている人も多いです。調味料を選ぶ時は、調味料の種類ごとから選んでみるのもおすすめです。種類についてある程度の知識を知っておくと、調味料を購入する時に役立ちます。

    調味料の中でも、和食や洋食、さまざまな料理で使われることが一番多いのが塩です。塩には、食材や料理の味をひきしめたり、食材のぬめりやアクを取り除いたり、食材を柔らかす作用をもっています。塩は食材に味付けをする作用だけではない、とても活躍できる調味料です。

     

    また塩には殺菌や防腐、食材の臭みを消すなど、食材本来を美味しく食べるための食材の管理ができる優れものでもあります。塩には、普段使っている海水から採る塩と、岩塩層から採る岩塩の2種類があり、食材や料理方法によって使い分けることで料理が美味しくなります。

    砂糖

    砂糖の役割として一般的に知られているのが、食材に甘みをつけることです。味がしょっぱくなってしまった時に、砂糖を入れることで味を調整することができます。そして食事に旨味とコクを出したり、食材に香りをつけることにも砂糖は使用されます。

     

    砂糖の種類は、一般的な料理で使われている「上白糖」、お菓子作りやコーヒーを飲む時に使われる「グラニュー糖」、さとうきびから採れる「きび砂糖」や砂糖の粒子の色が茶色の「黒糖」などがあります。こられも料理ごとで上手に使い分けることで、砂糖の効果が発揮されます。

    醤油

    日本人には馴染みの深い調味料といえば、醤油です。海外では寿司を食べる時や和食を食べる時に日本の醤油が使われ、現在では海外でも調味料として醤油が使われるようになりました。醤油には、多少の塩味や旨味、そして甘味を加え、食材に味の深みを与える作用があります。

     

    また、醤油に長時間つけることで食材の臭みを消したり、食材の保存性を高めてくれる効果もあります。醤油には濃口醤油と薄口醤油の2種類があります。また日本では各都道府県ごとに醤油の味も違うのが特徴です。

    味噌

    日本人の食事に欠かすことのできないお味噌汁で使われている調味料が味噌です。味噌には赤味噌と白味噌があり、地方によって使われている味噌の種類が異なります。赤味噌も白味噌も色は違いますが、原材料として使用しているものは同じで、製造工程や期間によって変わります。

     

    味噌にも食材に塩味や香りをつけたり、旨味を出す作用があります。味噌は、料理全体の味付けをまろやかにしたり、食材の保存性を高めてくれるのも効果の一つです。調味料の味噌は、きちんと密封をして保管することで、最長1年は保存できるすぐれた調味料でもあります。

    人気のおすすめ高級調味料ランキング10選

    第10位

    シェフズチョイスジャパン

    ヒマラヤピンクソルト

    価格:1,134円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    オーストラリア定番のブランド

    オーストラリアで一般家庭でもよく使われている、「ヒマラヤピンクソルト」は無添加の岩塩として原産国オーストラリアをはじめ、様々な国でも人気のあるおすすめの調味料です。原産国で徹底的な衛生管理と品質を守っているので、安心して料理に使うことができます。

     

    また、ヒマラヤピンクソルトは無添加のナチュラルヒマラヤ岩塩と有機ブラックペッパーを混ぜ合わせているので、肉料理をはじめ洋食の味付けの調味料としておすすめです。

     

    岩塩とブラックペッパーが一つに合わさっているので、キャンプやバーベキューなどのアウトドアの使用の際に運びにも便利でおすすめです。塩とブラックペッパーがひとつに合わさっているので、調味料をいれる手間も省けるのも料理をするときに便利です。

    内容量259 g原産国名オーストラリア
    産地
    第9位

    TruffleHunter

    白トリュフオイル

    価格:2,300円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    本当のトリュフが入った本格的なオイル

    イギリスのTruffleHunterの高級調味料「白トリュフオイル」は、オリーブオイルの中に本物のトリュフがふんだんに入った本格的なオイルの調味料になっています。白トリュフが入っているオイルなので、食材を炒めるときなどに使用せず、味を調えるために使用します。

     

    洋食に使われる高級調味料として、パスタやピザ、リゾットなどの料理を食べる直前にお好みでかけて召し上がってください。白トリュフオイルは食材の味を調節するための調味料なので、料理の種類によって様々なコクや旨味を楽しむことができる高級調味料の一つです。

    内容量227 g原産国名イギリス
    産地
    第8位

    内堀醸造

    美濃特選味付ぽん酢

    価格:540円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    上品な味わいのポン酢

    岐阜県が産地のメーカー内堀醸造は、すだち果汁とゆず果汁をしっかりと使い美味しいぽん酢として人気の「美濃特選味付ぽん酢」を製造しています。調味料のぽん酢の中でも、ひときわ上品な味わいを楽しむことができる本格的な高級調味料の一つです。

     

    メーカー内堀醸造は、岐阜県の水と空気とそして微生物を大切にすることで、厳選した原料に力をいれることで、どのメーカーにも劣らないコクと旨味のある美味しいぽん酢を作っています。美濃特選味付ぽん酢は、鍋物をはじめ、焼き魚や揚げ物類、生野菜にも合います。

     

    また、メーカー内堀醸造でとった北海道産の利尻昆布と鹿児島県産のかつおぶしのだしを合わせることで、ぽん酢の美味しさをひきだしています。さわやかな柑橘果汁とそれぞれのだしの美味しさを絶妙なバランスで、上品な味にしあげているおすすめ高級調味料です。

    内容量360ml原産国名日本
    産地岐阜県
    第7位

    ヤマロク醤油

    鶴醤

    価格:1,098円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    400年の伝統を受け継ぐ高級醤油

    日本人にとてもなじみのある調味料の醤油の美味しさを最大限に作り上げたのが、ヤマロク醤油の「鶴醤」です。ヤマクロ醤油は約400年の伝統を受け継ぐ製法で、醤油本来の味の美味しさと香りを楽しむことできるように、丁寧に作られた高級調味料の醤油です。

     

    鶴醤は再仕込み製法という、醤油に対して約2年間の成熟期間を設けて、完成させる手の込んだ製法で醤油を製造しています。約2年間の成熟期間で作り上げた生醤油に、もういちど樽に戻し、さらに原料を加えて、さらに約2年間仕込む、二度仕込みをしています。

     

    通常の醤油の製造を2倍することで、自然の力でゆっくりと時間をかけて、今までにないコクと深みのある、まろやかな味わいの美味しい醤油をつくりあげました。醤油本来に美味しさがあるので、刺身や焼き魚などに適量をかけるだけで美味しくいただけます。

    内容量145ml原産国名日本
    産地小豆島
    第6位

    日田醤油

    日田醤油の高級合せ味噌

    価格:1,404円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    天皇献上の栄誉を賜った高級味噌

    メーカーの日田醤油から販売されている「天皇献上の栄誉を賜った高級味噌」は調味料の名前の通り、天皇献上の栄誉をうけている味噌です。産地の大分県で、丁寧な製法で作られた最高級の高級調味料の味噌です。

     

    高級味噌の原材料でもある大豆や生大豆、 塩を国産に厳選することで、味噌の品質と安全性が高く、小さな子供から高齢者まで安心して料理につかうことができます。そして、味噌の原料のひとつでもあるお米の量を通常の味噌の製法よりも増やしています。

     

    そのため味噌そのものが、クリーミーでまろやかな味わいになっているのが特徴です。日田醤油の「天皇献上の栄誉を賜った高級味噌」は、一度使ってしまうと、あまりの美味しさにはまってしまうので、他の味噌をつかうことができなるなど人気のあるおすすめ商品です。

    内容量750g原産国名日本
    産地大分県
    第5位

    モンテ物産

    白トリュフソルト

    価格:1,282円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    トリュフ専門店のおすすめソルト

    メーカーのモンテ物産から販売されている高級調味料の「白トリュフソルト」はフランス産の塩に、フリーズドライした貴重なイタリア産の白トリュフを使った本格的なソルトです。モンテ物産は、1980年に創業されて以来、トリュフを専門に販売をしてきました。

     

    現在では、フレッシュな状態のトリュフの販売をはじめ、トリュフが入ったお菓子や調味料、様々な商品を販売しています。そのため、徹底した衛生管理をはじめ、安全性にも力を入れているので、原産国が海外でも安心して普段の料理に使うことができおすすめです。

    内容量30g原産国名イタリア
    産地
    第4位

    キユーピー

    卵を味わうマヨネーズ

    価格:1,350円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    コクと旨味を追求したマヨネーズ

    一般家庭に親しまれている大手メーカーキューピーからの販売されている、「豊かなコクと旨味」をさらにキューピー独自に追及した新しい美味しさのマヨネーズです。普段のマヨネーズとは一味違い、専用のビンに入ったことで高級感なマヨネーズに仕上がっています。

     

    マヨネーズの原材料でもある卵からこだわり、小麦や雑穀の種類の一つでもあるマイロや乳清を加えることで、マヨネーズにしっかりとしたコクと、マヨネーズには珍しいすっきり感を残した、他のマヨネーズとは一味違う高級調味料のマヨネーズです。

    内容量250g原産国名日本
    産地
    第3位

    内堀醸造

    臨醐山黒酢

    価格:860円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    飲むこともできる酢

    内堀醸造から販売されている「臨醐山黒酢」は、風味の良いやわらかい酸味がアクセントの黒酢になっています。米だけの甘みを抽出し、飲むことのできる黒酢でもあります。酢は飲むことでも体によく日々の健康管理にも効果的な結果をもたらす調味料です。

     

    岐阜県八百津の代表的な山の臨醐山を調味料の名前に入れて、岐阜県を代表する調味料のひとつでもあります。酸味がやわらかいので、酸味が苦手な人でも普段の料理の調味料として気軽に使うことができる黒酢です。

     

    炒め物や焼いた魚などにふりかけて使うことで、食材そのものの味と旨味、そしてやわらかな酸味を楽しむことができ、料理もとても美味しくなります。さらにこの黒酢にハチミツを加えることで、さらに料理を美味しくいただけることができます。 

    内容量900ml原産国名日本
    産地岐阜県
    第2位

    エストーン

    クリスタルソルト

    価格:920円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    天然の岩塩

    岩塩のクリスタルソルトは、天然の岩塩を使っています。工場では作ることができない、約2億5千年前の天然の岩塩で高級調味料のひとつともされています。実際に発掘された岩塩から採っているので、岩塩そのものにミネラルが含まれていて旨味が含まれています。

     

    クリスタルソルトの岩塩は、健康に良いとされていることや、美容の効果にも有効なので、メディアでも取り扱われるほど人気のある天然岩塩です。ギフトとしても喜ばれる女性におすすめの塩の高級調味料です。岩塩なので、肉料理や洋食にも合わせやすくなっています。

    内容量200g原産国名パキスタン
    産地
    第1位

    久原本家

    久原本家 茅乃舎だし

    価格:2,324円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    どんな料理にも合う

    メーカーの久原本家から販売されている「茅乃舎だし」は、北海道の真昆布や、鹿児島県のかつおぶし、長崎県の焼きあごなどを粉上にした本格的なだしです。その味はとても美味しく、様々な料理での調味料として、北は北海道から南は九州から全国的に人気があります。

     

    パックに粉末状になっただしが入っているのが特徴です。そのままパックのだしを使用する方法もありますが、パックから出して粉末状になっただしを直接料理にいれて調理しても使うことができるのも魅力のひとつです。

     

    原材料そのものの美味しさを、ぎっしりと詰め込んでいるので、美味しいと評判のだしでもあります。自然のものをそのまま使用しているので、体にやさしく小さなこどもから高齢者まで、安心して料理に使うことができる高級調味料です。

    内容量290g原産国名日本
    産地福岡県

    高級調味料のおすすめ商品比較一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5044722の画像

      久原本家

    • 2
      アイテムID:5044721の画像

      エストーン

    • 3
      アイテムID:5044719の画像

      内堀醸造

    • 4
      アイテムID:5044717の画像

      キユーピー

    • 5
      アイテムID:5044716の画像

      モンテ物産

    • 6
      アイテムID:5044712の画像

      日田醤油

    • 7
      アイテムID:5044711の画像

      ヤマロク醤油

    • 8
      アイテムID:5044710の画像

      内堀醸造

    • 9
      アイテムID:5044709の画像

      TruffleHunter

    • 10
      アイテムID:5044708の画像

      シェフズチョイスジャパン

    • 商品名
    • 久原本家 茅乃舎だし
    • クリスタルソルト
    • 臨醐山黒酢
    • 卵を味わうマヨネーズ
    • 白トリュフソルト
    • 日田醤油の高級合せ味噌
    • 鶴醤
    • 美濃特選味付ぽん酢
    • 白トリュフオイル
    • ヒマラヤピンクソルト
    • 特徴
    • どんな料理にも合う
    • 天然の岩塩
    • 飲むこともできる酢
    • コクと旨味を追求したマヨネーズ
    • トリュフ専門店のおすすめソルト
    • 天皇献上の栄誉を賜った高級味噌
    • 400年の伝統を受け継ぐ高級醤油
    • 上品な味わいのポン酢
    • 本当のトリュフが入った本格的なオイル
    • オーストラリア定番のブランド
    • 価格
    • 2324円(税込)
    • 920円(税込)
    • 860円(税込)
    • 1350円(税込)
    • 1282円(税込)
    • 1404円(税込)
    • 1098円(税込)
    • 540円(税込)
    • 2300円(税込)
    • 1134円(税込)
    • 内容量
    • 290g
    • 200g
    • 900ml
    • 250g
    • 30g
    • 750g
    • 145ml
    • 360ml
    • 227 g
    • 259 g
    • 原産国名
    • 日本
    • パキスタン
    • 日本
    • 日本
    • イタリア
    • 日本
    • 日本
    • 日本
    • イギリス
    • オーストラリア
    • 産地
    • 福岡県
    • 岐阜県
    • 大分県
    • 小豆島
    • 岐阜県

    まとめ

    今回は、人気のおすすめ高級調味料をランキング形式で紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。高級調味料は、国産のものをはじめ外国産のものまで、その種類はたくさんあります。ぜひ、料理をするときには、高級調味料を使いさらに美味しい料理を作りましょう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

    TOPへ