記事ID137974のサムネイル画像

【水分を素早く吸収】吸水タオルのおすすめ人気ランキング10選

タオルは日常生活でよく使いますが、洗顔や入浴の後の水気や運動中の汗を拭き取るには吸水タオルが便利です。この記事では吸水タオルのおすすめ商品をランキング方式でまとめていますので、ご興味のある方はぜひ最後までご覧頂くことをおすすめします。

吸水タオルで手早く拭き取り

洗顔・手洗い・食器洗い・入浴など一日の中でも使う頻度が高いタオルは日常生活において無くてはならないアイテムですね。タオルの主な目的はもちろん水分を拭き取ることですが、中には特に水分の吸収性が高い「吸水タオル」と呼ばれるものも数多く販売されています。

 

吸水タオルは普通のタオルより水気をよく吸い取る素材が使われているので、スポーツやアウトドアシーンで重宝します。ジメジメした梅雨の時期や、近年特に気温が高まっている夏場などは欠かせないアイテムと言えるでしょう。最近ではペット用の吸水タオルまで販売されています。

 

さらに速乾タイプなら使った後に短時間で乾くので繰り返し使用することができます。家事にはそこまで必要ないかもしれませんがスポーツやアウトドアシーンでは活躍しますね。拭き取った後に絞れば直ぐにまた吸収力が復活する「セームタオル」と呼ばれるアイテムも存在します。

吸水タオルの選び方

吸水タオルは多数のブランドから異なったタイプが販売されているので、選定にお悩みの方も多いのではないでしょうか。選び方の基準となる例を以下にいくつか挙げていきましょう。

素材で選ぶ

吸水タオルを購入するにあたってどんな素材が使われているのかは気になりますね。天然素材と合成素材の二つに分けてそれぞれ解説していきますので、ご参考にして頂ければと思います。

天然繊維

吸水性はもちろんのこと、肌への優しさにもこだわりたい方は天然繊維で作られた吸水タオルをおすすめします。化学繊維と比較すると水分の吸収率や速乾性では劣りますが、耐久性や抗菌性に優れているのが特徴です。そのため丈夫で臭いが移りにくいというメリットもあります。

 

天然繊維は「綿(コットン)」「麻(リネン)」が代表例です。綿は吸水タオルの定番と言える天然素材です。織り方によって様々な生地を作ることができ、そのどれもが柔らかい肌あたりに仕上がっています。丈夫なので吸水タオルを長く使いたい方にもおすすめです。

 

そして綿と同じように耐久性が高く、吸水性に関しては綿より優れているのが麻です。品質表示に麻と記載できるのは「亜麻(リネン)」と「芋麻(ラミー)」の二種類のみです。洗濯するとシワがついてしまうことがありますので、干す際には伸ばして自重でシワを取りましょう。

化学繊維

肌触りよりも、とにかく吸水性・速乾性の高いものが良いという方には化学繊維の吸水タオルをおすすめします。大量の汗をかくスポーツやアウトドアなどのシチュエーションでは大活躍してくれますし、価格が比較的安いので普段使いとしても遠慮せずに使っていけます。

 

化学繊維で代表的なものと言えば「マイクロファイバー」が挙げられます。マイクロファイバーとはナイロンやポリエステルといった合成素材を、8マイクロメートル以下の極細形状に加工した生地です。人間の髪の毛の1/100ほどの細さで、断面が角ばっているのが特徴です。

 

そのため断面が丸い一般的な繊維と比較して吸水性と速乾性が非常に高く、軽量になっています。実用性が高い化学繊維ですが、断面が角ばっているため強く摩擦すると肌への負担が大きいです。軽く押し当てるだけで充分水気を吸い取りますので、強く擦らないようにしましょう。

機能性で選ぶ

吸水タオルは水気をよく吸い取り、使っていて気持ちの良い商品が良いですね。機能性を重視するにあたってチェックすべきポイントを挙げていきます。

吸水性をチェック

吸水タオルに求められる性能はもちろん吸水力ですね。タオルは水気を拭き取りたい時に使うものなので、水分をサッと吸い取ってくれるものは日常生活の時短に繋がります。性能の高い吸水タオルは身体に軽く押し当てるだけで水を吸収してくれるので肌への負担も少なくなります。

 

特に乾かすのに時間が掛かる髪の毛の拭き取りに吸水タオルを使うことで、髪への摩擦を軽減しダメージを和らげることが出来ます。ドライヤーをあてる時間も少なくなりますので節電効果もありますね。吸水性や速乾性を重視する際には化学繊維の吸水タオルがおすすめです。

 

生地はループパイル仕様になっているものが良いでしょう。ループパイルとは輪っか状(ループ)になった糸がたくさん並んでいる構造です。表面積が広く水分を良く吸い取りますので吸水タオルに多く用いられています。ループの長さや角度によって違った肌触りを楽しめます。

肌触りをチェック

スポーツやアウトドアシーンで主に使う場合はそれほど気にしなくても構いませんが、日常生活で吸水タオルを使うのであれば肌触りも考慮したいですね。美容にこだわる方や小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、高い吸収性と併せて肌に優しい吸水タオルを選びたいものです。

 

肌触りを重視するならガーゼやワッフル生地の吸水タオルがおすすめです。ガーゼは綿を素材とした生地の一種で、綿糸をソフトに織り上げて作っています。医療用に用いられるほど肌への負荷が少なく吸湿性も高いです。適度な空気層が形成されるので断熱性にも優れています。

 

ワッフル生地はTシャツなどの素材にも使われていますね。名前の通りお菓子のワッフルをイメージさせる規則的な凸凹仕様が特徴です。凹凸がある分肌に触れる面積が少なく、さらっとした触感が快適な生地です。こちらも綿が素材に使われていることが多いです。

使いやすさで選ぶ

吸水タオルを購入される方は具体的な使い道をイメージされている方が多いでしょう。それぞれのシチュエーションで使いやすい商品を選ぶために、確認すべき項目を解説していきます。

大きさをチェック

吸水タオルを選ぶ際にはサイズも重要ですね。入浴用にハンドタオルでは小さすぎますし、スポーツの汗拭き用にバスタオルでは大き過ぎて不便です。使い道を決めてからシーンに適した大きさの吸水タオルを選びましょう。普段の携帯用ならハンカチやハンドタオルが適しています。

 

汗をかきやすい暑い時期はハンドタオルが便利ですね。それより大きいものとしてはフェイスタオルやスポーツタオルがあります。手拭き・顔拭きに丁度良い大きさです。そして一番大きいのはバスタオルで、名前の通り入浴後の身体拭きを余裕をもって行える大きさです。

 

入浴用の吸水タオルには頭に被るタイプもあります。タオルのサイズは各メーカーで規格が異なるので、商品ごとにしっかり確認しましょう。特に用途を決めておらず、お得感で購入するといった場合には汎用性の高いスポーツタオル・フェイスタオルがおすすめです。

価格をチェック

吸水タオルを選ぶ際にはやはり価格は大事なポイントですね。家族構成にもよりますが、日常生活で頻繁に使う場合は買い替えのサイクルも早くなりますので安価な吸水タオルの方が良いでしょう。それほど多用しない場合は高価な吸水タオルも候補に選びやすくなりますね。

 

価格の高い商品はもちろん性能面も優れているので使い心地は抜群です。しかし気兼ねせずどんどん拭き取っていけるという意味では安価な吸水タオルの方が使いやすいとも言えますね。同じような価格で迷っている商品があれば一枚当たりの金額がお得なものを選びましょう。

 

コストパフォーマンスを重視するなら複数枚のセットになっている商品をおすすめします。また時期的に限定されてしまいますが、お正月の福袋でタオル入りのものを購入するのも良いでしょう。お買い得な価格でそれなりに品質の良いものをまとまった枚数入手できます。

ブランドで選ぶ

吸水タオルは商品数が多いので、個々のアイテムを比較検討する前にまずブランドを決めるというのも良い選び方ですね。贈り物にも適した有名ブランドを3つ紹介します。

KONTEX(コンテックス)

コンテックスは愛媛県今治市に本社を置くタオル繊維メーカーです。1934年に近藤宗一氏の個人事業として設立された近藤タオル工場が始まりで、2008年に近藤繊維工業から現在の社名へ変更しています。丁寧なモノづくりで創業から現在まで多くの人に親しまれています。

 

全国的に有名な「今治タオル」を扱う老舗メーカーであり、パイル・ブランド部分全てに高品質なオーガニックコットンを使っています。ワッフルタイプやウールニットなど様々な綿のフォルムを楽しむことが出来ます。いずれの商品も軽くて吸水性が高いのが特徴です。

 

吸水タオルの製造では化学薬品をなるべく使わず、天然のオレンジオイルで丁寧に洗い上げています。ボリュームがあって柔らかいので小さなお子様がいらっしゃるご家庭や出産祝いとしても最適なブランドです。贈る側も貰う側も気兼ねしない程よい価格帯も嬉しいですね。

HOTMAN(ホットマン)

ホットマンは明治元年に東京・青梅にて絹織物製造業として創業し、現在は、日本のタオル専門ブランドで唯一、製造から販売までの全工程を自社で行う企業です。黄緑のロゴマークには革新・自然と言った意味が込められており、日常の豊かさを感じるモノづくりを提案しています。

 

大変人気のある1秒タオルは非常に吸水性が高く、「沈降法(JIS規格)」と呼ばれる吸水性試験において厳しい基準である1秒(瞬時)をクリアしています。通常の基準は60秒以内ですので、いかに水分の吸収が速いかが分かりますね。この「1秒タオル」はメディアでも紹介され話題となっています。

 

秩父山系から流れ出る伏流水(地下水)で、4~5時間洗浄し、綿そのものが持つ油成分や不純物を徹底的に取り除くことにより優れた吸水性が得られます。吸水材や柔軟剤を一切使用していないのが特徴で、100%日本製なので安心・安全のクオリティですね。「東京生まれ」のタオルなので、地方や外国の方向けの東京のお土産としてもおすすめです。

Micro Cotton(マイクロコットン)

マイクロコットンはインド・シャラダ社が製造するタオルのシリーズで、その品質の高さからドバイの7つ星ホテルでの採用実績もある高級ブランドです。1932年からタオルの生産を開始しており、日本では2006年にヘリオス・ホールディングス社によって初めて展開されています。

 

60種類以上あるとされるインド綿の中でも、厳選された繊維の長い綿糸で作られているマイクロコットンの吸水タオルは他社製に比べても高い吸水性を誇っています。高品質な綿を惜しみなく使っているためボリュームがあり、柔らかくしなやかなタッチを実現しています。

 

世界の一流ホテルや、アメリカの政府公館や政府専用機にも採用されたことがあります。普段使いにはすこし贅沢かも知れませんが、ここぞというときには遠慮なく使っていきたいですね。改まった場でのプレゼントや目上の方への贈り物としても喜ばれるでしょう。

吸水タオルの人気ランキング10選

第10位

xingmeng.jp

冷却スポーツタオル

価格:1,099円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

UVカット率98%でお肌をガード

カラフルなデザインが魅力的なこちらは冷却性能に優れた吸水タオルの3枚組商品です。気化熱を効率的に発生させ、体感温度を下げる効果があります。水分の吸収率や紫外線カットに優れているためスポーツやアウトドアシーンで活躍します。

 

1枚当たりの値段もお手頃なので、日常生活にもどんどん使っていけるおすすめのアイテムです。

サイズ30*100cm素材冷感繊維材質
カラー1種類枚数3枚
第9位

SINLAND

マイクロファイバーフェイスタオル

価格:1,221円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れたワッフルタオル

洗顔や手洗いのほか、ディッシュクロスや窓拭きなどマルチに使えるサイズの吸水タオルです。綿ではなくマイクロファイバーを用いたワッフル形状という珍しい生地で、吸水性と速乾性に優れているのが特徴です。

 

3枚セットのお得感と、色の組み合わせが5パターンあるのもポイントですね。

サイズ40*60cm素材マイクロファイバー
カラー5種類枚数3枚
第8位

Devolb

綿100%フェイスタオル

価格:1,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

綿落ちしない耐久性

淡いカラーがおしゃれなこちらは3枚組の吸水フェイスタオルです。綿糸の長さとパイルの織込み密度に優れ、水分を素早く吸収してくれます。1枚当たりの価格の安さに加えて、洗う度に柔らかくなっていく生地の仕上がりにレビューでも満足度の高い商品です。

サイズ34*76cm素材綿
カラー1種類枚数3枚
第7位

コンテックス

フェイスタオル(ベージュ)

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

名産地の伝統的クォリティ

有名な「今治タオル」を扱うメーカーの中でも、老舗の「コンテックス」ブランドの吸水タオルです。日本最大級の産地として知られる愛媛県今治市の高品質なコットンを使った、丈夫で使い勝手の良いフェイスタオルです。薄くて軽い上に高い吸水性を備えています。

 

ポップな水玉模様も美しいですね。ちょっとしたご挨拶や贈り物にも喜ばれます。

サイズ33*100cm素材綿
カラー1種類枚数1枚
第6位

Shooo

マイクロファイバー バスタオル

価格:2,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厚めでふわふわの使用感

オシャレな淡いカラーとボリューム感が特徴的なこちらは、マイクロファイバー製の吸水バスタオルです。化学繊維を極細の形状に加工しており、断面が角ばっているため通常の素材より吸水性が高くなっています。

 

また乾くのも早いので実用性の高い商品と言えますね。お得な3枚セットになっているのも魅力的です。

サイズ70*140cm素材マイクロファイバー
カラー1種類枚数3枚
第5位

NASH

OriginLife バスタオル(ブラウン)

価格:3,160円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

身体を包み込む優しい触感

ナチュラルな雰囲気のこちらは、綿100%のバス用吸水タオルです。表面に凹凸のあるワッフル生地となっており、皮膚と接触する面積が小さいため柔らかい肌触りを感じられるようになっています。

 

パイルループ生地と違い使っていくうちに硬くなり辛いのもメリットです。普段使いはもちろんスポーツジムやレジャーなど様々なシチュエーションで活躍する吸水タオルです。2枚セットになっているのも魅力的ですね。

サイズ68*140cm素材綿
カラー4種類枚数2枚
第4位

マイクロコットン

フェイスタオル (アイボリー)

価格:2,592円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新雪のような柔らかさ

清潔感のあるシンプルデザインのこちらはインドの高級ブランド「マイクロコットン」の吸水フェイスタオルです。1年で数回収穫される綿のうち最も品質の高い「初摘み」のものだけを使用したプレミアムな製品です。

 

厳選された綿糸を通常の4倍の密度を誇るループパイル状に織り上げ、一般的なタオルの1.7倍の吸水力を実現しています。一流ホテルや高級百貨店で採用されるほどのクォリティをぜひ体感してみてはいかがでしょうか。

サイズ70*41cm素材綿
カラー3種類枚数1枚
第3位

Cadeau屋

リネン100%バスタオル

価格:4,610円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かさ張らずコンパクトに収納

オーガニックな仕上がりのこちらは、リネン(麻)を100%使用した自然派の吸水タオルです。厚手でボリュームがあるのでリネンは薄さが心配という方にもおすすめできる商品となっています。吸水性・速乾性・抗菌性に優れており長く使っていけるバスタオルです。

 

水分を素早く吸収しすぐ乾くので、普段使いからスポーツ・アウトドアシーンまで広く活躍します。麻の仄かな香りも癒されるとレビューでも好評です。2枚セットになっているのも嬉しいですね。

サイズ70*120cm素材
カラー1種類枚数2枚
第2位

浅野撚糸

エアーかおるバスタオル

価格:3,120円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

そよ風のような優しい質感

爽やかな水色のこちらは世界初の特殊な撚糸(スーパーZERO)で作られた吸水タオルです。充分成長したオーガニックコットンを使っており、繊維が長いため毛羽落ちしにくいのが特徴です。水分の吸収性と軽さ、そして柔らかい肌触りを兼ね備えた高品質な商品です。

 

少しお値段が高めですが、ふわふわとした触感や吸湿性が優れているとレビューでも満足度の高い吸水タオルです。

サイズ60*120cm素材綿
カラー3種類枚数1枚
第1位

ホットマン

1秒タオル 大判 (グレー)

価格:4,690円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東京生まれの純国産タオル

18色ものカラーバリエーションがあるこちらは、東京・青梅で創業した「ホットマン」の1秒タオルです。吸水試験において通常の基準の60秒を遥かに超える1秒以下という驚きの吸い取りパワーを備えています。TV放送でも紹介され話題になっています。

 

女性のユーザーからは髪を乾かす時間が短くなったと好評のコメントが多数寄せられています。バスタオル一枚としてはやや高価ですが、丈夫な綿で作られているため長く使えます。

サイズ65*137cm素材綿
カラー18種類枚数1枚

吸水タオルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5043459の画像

    ホットマン

  • 2
    アイテムID:5043473の画像

    浅野撚糸

  • 3
    アイテムID:5043495の画像

    Cadeau屋

  • 4
    アイテムID:5043500の画像

    マイクロコットン

  • 5
    アイテムID:5043534の画像

    NASH

  • 6
    アイテムID:5043549の画像

    Shooo

  • 7
    アイテムID:5043566の画像

    コンテックス

  • 8
    アイテムID:5043574の画像

    Devolb

  • 9
    アイテムID:5043584の画像

    SINLAND

  • 10
    アイテムID:5043591の画像

    xingmeng.jp

  • 商品名
  • 1秒タオル 大判 (グレー)
  • エアーかおるバスタオル
  • リネン100%バスタオル
  • フェイスタオル (アイボリー)
  • OriginLife バスタオル(ブラウン)
  • マイクロファイバー バスタオル
  • フェイスタオル(ベージュ)
  • 綿100%フェイスタオル
  • マイクロファイバーフェイスタオル
  • 冷却スポーツタオル
  • 特徴
  • 東京生まれの純国産タオル
  • そよ風のような優しい質感
  • かさ張らずコンパクトに収納
  • 新雪のような柔らかさ
  • 身体を包み込む優しい触感
  • 厚めでふわふわの使用感
  • 名産地の伝統的クォリティ
  • 綿落ちしない耐久性
  • コスパに優れたワッフルタオル
  • UVカット率98%でお肌をガード
  • 価格
  • 4690円(税込)
  • 3120円(税込)
  • 4610円(税込)
  • 2592円(税込)
  • 3160円(税込)
  • 2699円(税込)
  • 648円(税込)
  • 1500円(税込)
  • 1221円(税込)
  • 1099円(税込)
  • サイズ
  • 65*137cm
  • 60*120cm
  • 70*120cm
  • 70*41cm
  • 68*140cm
  • 70*140cm
  • 33*100cm
  • 34*76cm
  • 40*60cm
  • 30*100cm
  • 素材
  • 綿
  • 綿
  • 綿
  • 綿
  • マイクロファイバー
  • 綿
  • 綿
  • マイクロファイバー
  • 冷感繊維材質
  • カラー
  • 18種類
  • 3種類
  • 1種類
  • 3種類
  • 4種類
  • 1種類
  • 1種類
  • 1種類
  • 5種類
  • 1種類
  • 枚数
  • 1枚
  • 1枚
  • 2枚
  • 1枚
  • 2枚
  • 3枚
  • 1枚
  • 3枚
  • 3枚
  • 3枚

まとめ

いかがでしたでしょうか。吸水タオルは普段の洗顔・入浴・食器洗いなどにはもちろん重宝しますが、外での活動が増えてくる初春から晩夏に掛けては特に活躍してくれるでしょう。1枚あると便利ですが、時短にこだわる方はご家庭のタオルを全て吸水タオルにしても良いですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ