記事ID137967のサムネイル画像

【名作レトロゲーム】ファミコンソフト人気おすすめランキング10選

現在はとてもリアルなゲームがどんどん発売されていますが、シンプルなファミコンソフトにも面白いソフトは数多くあります。昔ファミコンソフトを遊んでいた人には懐かしく、若い人には逆に新しいファミコンソフトをランキングにしてみました。

家庭用ゲーム機の元祖ファミコンソフトの魅力

ファミコンは、任天堂より1983年(昭和58年)7月15日に発売された家庭用TVゲーム機です。ファミコン以前にも家庭用TVゲーム機は出ていましたが、一般の過程にまでTVゲーム機が広まったのはこのファミコンが初めてでした。

 

当時はパソコンでもゲームはできたものの、パソコンはとても高価であったのに比べ、ファミコンは高性能にも関わらず、比較的安価であったことも爆発的人気が出たことの一因です。また、遊び方もカセットを入れてスイッチを入れるだけとシンプルでわかりやすかったのも魅力です。

 

ファミコンソフトの魅力はレトロなドット絵、シンプルだけど耳に残るBGMなどが今遊んでみると逆に新しく、ちょっと理不尽なゲームバランスも懐かしく感じるでしょう。数々の名作の初代が発売されているのも特徴のファミコンソフトをランキング形式で紹介していきます。

ファミコンソフトの選び方

ファミコンソフトには名作がたくさんあります。名作がありすぎてどのソフトで遊んだら良いのか迷ってしまうほどです。なのでここでは、ファミコンソフトの中から自分に合ったソフトを選ぶ方法を紹介していきます。

シリーズで選ぶ

今、新しいハードで発売されているソフトの原点となる作品が、ファミコンで発売されていることも珍しくありません。そして、そのソフトが今も発売されているのは、ファミコン版がとても面白く人気があったからなのです。そんな原点となるソフトで遊んでみてください。

ドラゴンクエストシリーズ

RPGが好きな人でしたら、やったことが無いひとはいないんじゃないか?というくらいに人気が高く、知名度も高いのがこのドラゴンクエストシリーズです。

 

わかりやすいけど、奥が深いストーリーはファミコン版から現在まで変わりなく、初心者でも入りやすい操作性と、ベテランの人でも楽しめる要素なども魅力です。ファミコンでは4作品ドラクエシリーズが出ているので、気になる作品があれば是非遊んでみてください。

スーパーマリオシリーズ

今30代以上の大人の方たちでしたら、友達の家に遊びに行ったときに必ずあったと言っても過言ではない、ファミコンの人気に火をつけた大ヒットソフトが、スーパーマリオブラザーズです。

 

現在でもマリオシリーズはたくさん出ていますが、やっぱり一番人気が高いのが横スクロールの2Dマリオじゃないでしょうか。ファミコン初期にこれほどまでに面白いアクションゲームを作った任天堂はとても素晴らしいです。

桃太郎電鉄シリーズ

友達と一緒に盛り上がれるゲームも今では増えてきましたが、ファミコン時代に友達と一緒にワイワイ遊ぶことが出来るゲームの代表格と言えば、桃太郎電鉄シリーズです。

 

桃太郎電鉄は、ゲームとして面白いだけではなく、日本中の県の場所や名産などを覚えるのにも一役買いました。面白くて役に立つ、桃太郎電鉄シリーズの原点で是非、遊んでみてください。

ジャンルで選ぶ

ゲームが好きな人でしたら、好きなジャンルがあるのではないでしょうか。そのジャンルの原点となる作品で遊んでみると、感慨深いものがあるかもしれません。

アクション

現在主流となっている、とてもリアルなアクションゲームも面白いのですが、シンプルなアクションゲームも面白いものです。

 

走って、ジャンプして、簡単な攻撃をする、というシンプルなゲーム性にも関わらず、なぜだかハマってしまうファミコンのアクションゲーム。中にはクソゲーと呼ばれるものもありますが、それがまた良い味を出しています。

RPG

今でも愛されているRPGはファミコンの時代から発売されているものも多く、少ない容量によくこれだけのストーリーを詰め込んだものだ、と感心したくなるRPGが数多くあります。

 

中にはゲームバランスが少しおかしく、めちゃくちゃ難しいRPGもありますが、あえてそう言ったRPGに挑戦してみるのも面白いでしょう。

スポーツ

今のゲームのようにリアルなスポーツが楽しめるわけでは無いですが、ファミコンの代表的なジャンルにスポーツゲームがあります。

 

ファミコン時代は、選手の名前が実名ではなかったりするのですが、なんとなくわかるので、往年の名選手でプレイするといった夢をかなえることが出来ます。

タイアップで選ぶ

ファミコンのゲームは、いろいろなものとタイアップをしたゲームが数多くあります。今見るとびっくりするようなタイアップもあるので、そういったゲームを探してみるのも面白いでしょう。

アニメとのタイアップ

今でもアニメとのタイアップのゲームソフトは出ていますが、ファミコンでは名作と呼ばれるアニメとタイアップされたソフトが数多く発売されています。

 

当時から子供に爆発的人気だった少年ジャンプのキャラが多数活躍する「ファミコンジャンプ」、今でも連載が続いている「ゴルゴ13」、グルメ漫画の「美味しんぼ」や、野球漫画なのに野球をしないゲームだった「タッチ」なんかも出ています。

タレントとのタイアップ

現在でも、アイドルとタイアップしたゲームなどはありますが、数は多くありません。しかし、ファミコンでは今では考えられないようなタレントとタイアップしたゲームが出ています。

 

今でもお笑い界のトップを走るお笑い芸人とタイアップした「たけしの挑戦状」や「たけしの戦国風雲児」、小室哲哉がいたユニットTMNETWORKのゲーム「TM NETWORK LIVE IN POWER BOWL」なんかも出ていました。

ファミコンソフトおすすめランキング10選

第10位

カプコン

ロックマン4

価格:17,711円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めてのロックマンシリーズに

「ロックマン4 新たなる野望!!」は、カプコンから1991年12月6日に発売されたアクションゲームで、ロックマンシリーズの四作目です。もともとは三作で終わる予定だったのですが、人気が凄かったため続編が発売されることになりました。

 

ボスを倒して、そのボスの武器を使って他のステージをクリアしていくという基本システムはそのままに、このロックマン4からはチャージショット(溜め撃ち)が追加されました。このチャージショットはこの後のシリーズにも続くシステムとなっています。

 

ロックマン3までは、とても難易度が高く、子供にはなかなかクリアできないという声もあったのですが、ロックマン4では難易度が少し下げられているので、初めてロックマンで遊ぶならまずはロックマン4で遊んでみてはどうでしょうか?

発売日1991/12/6ジャンルアクション
シリーズロックマンシリーズタイアップ-
第9位

ナムコ

ラサール石井のチャイルズクエスト

価格:3,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

チャイルズの一人は...

「ラサール石井のチャイルズクエスト」は、1989年6月23日に発売されたロールプレイングゲームです。プレイヤーはアイドルグループ「チャイルズ」のマネージャーとなり、最終的にはスターの殿堂「ときおホール」でのコンサート開催、成功を目指します。

 

このチャイルズというアイドルグループの一人が今でもバラエティで活躍している、磯野貴理子です。そんな磯野貴理子を含む3人を育てていく一風変わったRPGのため、敵を倒していくのではなく、敵をチャイルズのファンにしていくというシステム。

 

バカゲーと言われてしまうことも多い作品ではありますが、意外としっかりとRPGと育成ゲームを掛け合わせて作られており、日本を巡っていろいろなところでライブをしたりするところなどは、現在のアイドルファンがやっても楽しめるのではないでしょうか。

発売日1989/6/23ジャンルRPG
シリーズ-タイアップラサール石井、チャイルズ
第8位

バンダイ

ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人

価格:8,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドラゴンボールもファミコンに

「ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人」は1990年10月27日に発売されたロールプレイングゲームで、当時のドラゴンボールの人気を物語る90万本の大ヒットとなりました。基本的なゲーム性はカードを使って移動や、バトルを繰り広げていきます。

 

戦闘時のグラフィックは当時のファミコンのゲームとしてはトップクラスの出来で、通常攻撃は怒涛の連撃・力を溜めての一撃・けん制からの攻撃といったアニメーションがランダムで流れ、必殺技は画面いっぱい使って描かれているため迫力満点です。

 

基本的にはしっかりと原作を再現しているのですが、今作からは孫悟空以外のキャラクターを操作し、育成することもできるので、頑張って育成すればヤムチャや天津飯など、自分が好きなキャラクターでベジータを倒すことも可能になっています。

発売日1990/10/27ジャンルカードRPG
シリーズドラゴンボールシリーズタイアップドラゴンボール
第7位

ジャレコ

燃えろプロ野球

価格:3,220円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バントでホームラン?

燃えろプロ野球はジャレコより1987年6月26日に発売された、プロ野球を題材にしたファミリーコンピュータ用ゲームソフトです。開発時の仮称は「リアルベースボール ペナントレース'87」というだけあり、当時としてはリアルな野球ゲームでした。

 

従来の野球ゲームにあった上方からのアングルと異なり、投手はボールを左右のみでなく上下に投げ分けることが可能となり、打者もそれに対応してバットを上下左右にコントロールすることで、臨場感あるプレーを楽しめるというのが売りだったゲームです。

 

そんなリアルな野球が楽しめる部分と同じか、それ以上にこの燃えろプロ野球で有名なところと言えば、バントでホームランを打てるところではないでしょうか?生でバントホームランが見たい方は、是非このソフトを購入することをおすすめします。

発売日1987/6/26ジャンルスポーツ
シリーズ燃えろプロ野球シリーズタイアップ-
第6位

任天堂

ドクターマリオ

価格:5,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

親と盛り上がれる

「ドクターマリオ」は、任天堂が発売した落ち物パズルゲームで1990年7月27日に発売されました。当時はさまざまなパズルゲームが発売されてきましたが、マリオが主人公だったことやわかりやすいゲーム性で、任天堂の代表的なパズルゲームになりました。

 

主人公のマリオが医者ということで、カプセルでウイルスを消滅させていくゲーム性です。他のパズルゲームと違うところと言えば、カプセルを連鎖させて消したとしても、1点も入らない事です。ウイルスを消したところで、やっと点数が入ります。

 

このドクターマリオ、子供に人気が出たのはもちろんなのですが、その子供の親世代、特に女性に人気が出たことでも知られています。もし親にあんまりゲームをするなと言われている人は、ドクターマリオを一緒にやってみると、一緒に盛り上がれるかもしれません。

発売日1990/7/27ジャンル落ち物パズル
シリーズマリオシリーズタイアップ-
第5位

スクウェア

ファイナルファンタジーIII

価格:24,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

画期的なジョブシステム

「ファイナルファンタジーIII」は1990年4月27日に発売されたロールプレイングゲームです。ゲームシステム的には「I」の発展型で、状況に応じてジョブをその場で変えられる「ジョブチェンジシステム」が初登場しました。

 

このジョブチェンジシステムは、「キャラクターのレベルとジョブの熟練度はジョブチェンジしても保持される」「能力値はレベルとジョブに応じた数値になる」など、しっかりと考えられており、後のいろいろなロールプレイングゲームにも影響を与えました。

 

ジョブチェンジだけではなく、「召喚魔法」と召喚獣も今作が初登場。召喚魔法もこの先のファイナルファンタジーシリーズになくてはならない存在となりました。他のファイナルファンタジーシリーズが好きな人は絶対に気に入る作品でしょう。

 

 

発売日1990/4/27ジャンルRPG
シリーズファイナルファンタジーシリーズタイアップ-
第4位

ナムコ

さんまの名探偵

価格:315円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吉本芸人総出演

「さんまの名探偵」は、1987年4月2日に発売されたコマンド選択式アドベンチャーです。ビートたけしが出演している「たけしの挑戦状」がクソゲーとして有名なのに対して、このさんまの名探偵は良作として有名です。

 

プレイヤーは明石家さんまの助手となって、桂文珍殺人事件を解決していきます。殺されてしまった桂文珍の他、今いくよくるよ、オール阪神巨人、島田紳助、横山やすし、西川のりおなど、当時の人気吉本芸人がたくさん出演しています。

 

無機質になりがちなコマンド選択型アドベンチャーのシステム周りに視覚的なわかりやすさを加え、吉本芸人のキャラクター性を生かしたユーモアやギャグを織り交ぜ、こういった殺人事件系のゲームが苦手な人でも遊びやすい作品になっています。

発売日1987/4/2ジャンルコマンド選択式アドベンチャー
シリーズ-タイアップ明石家さんまなど
第3位

ハドソン

スーパー桃太郎電鉄

価格:3,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

桃鉄の基盤となった作品

桃鉄シリーズの2作目で、もともとはPCエンジン版が発売されたのですが、当時はそれほどPCエンジンを持っている人も少なかったのでそこまで爆発的な人気ではありませんでしたが、ファミコン版が発売されたことにより人気が爆発しました。

 

この「スーパー桃太郎電鉄」から借金の概念が存在したり、現在の桃鉄では駆け引きでとても奥深い使い方ができるカードも初登場しました。対人戦では、時と場合によっては喧嘩の火だねにもなってしまうのでカードの使い方は要注意です。

 

そして、桃鉄シリーズの一番の醍醐味であり、とても嫌な存在でもある貧乏神が、誰かが目的地に到着した時点で、最も目的地から離れた位置にいる人に取り付くというのも今作からです。そんな様々な要素から桃鉄の基盤になった作品とも言われています。

 

 

発売日1992/3/20ジャンルボードゲーム
シリーズ桃太郎電鉄シリーズタイアップ-
第2位

任天堂

スーパーマリオブラザーズ3

価格:18,979円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファミコン屈指の完成度

「スーパーマリオブラザーズ3」は、1988年10月23日に任天堂が発売した、横スクロールアクションゲームです。販売本数は国内で約384万本であり、この本数はファミコンソフトとしては「スーパーマリオブラザーズ」に次いで2番目の売り上げです。

 

本作ではステージ(コース)選択の要素が導入され、各ワールド毎にすごろくゲーム風のワールドマップが導入された。これはアクションゲームとしては画期的で、苦手なコースを回避したり、アイテムを獲得してからコースに挑戦したりすることができました。

 

旧作の「スーパーマリオ」「ファイアマリオ」に加えて「しっぽマリオ」「カエルマリオ」「たぬきマリオ」などに変身でき、ステージのギミックも大幅にパワーアップした、ファミコン屈指の完成度を誇るアクションゲームです。

発売日1988/10/23ジャンル横スクロールアクション
シリーズスーパーマリオシリーズタイアップ-
第1位

エニックス

ドラゴンクエストIV

価格:8,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オムニバス形式のRPG

「ドラゴンクエスト4導かれし者たち」は、1990年2月11日に発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフトです。「3」の発売日は学校を休むなどの混乱があり、それを避けるため、ドラクエシリーズとして初めて平日ではなく、日曜日に発売されました。

 

本作のシナリオは1章ごとに主人公と舞台を変えながら展開され、第1章~第4章の主人公たちが、第5章で勇者のもとに集結するという構成のオムニバス形式になっており、他のドラクエシリーズとは違う部分なのですが、とても好評でした。

 

第5章では最大10人が同時に仲間になるため、誰を前線に出して戦闘に臨むかが重要になり、好きなキャラを使うのか、性能で選ぶのかを考えるのも楽しいです。カジノや小さなメダルなどの要素も増えて、やり込み部分でも充実しています。

発売日1990/2/11ジャンルRPG
シリーズドラゴンクエストシリーズタイアップ-

ファミコンソフトのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5044330の画像

    エニックス

  • 2
    アイテムID:5044308の画像

    任天堂

  • 3
    アイテムID:5044304の画像

    ハドソン

  • 4
    アイテムID:5043868の画像

    ナムコ

  • 5
    アイテムID:5043843の画像

    スクウェア

  • 6
    アイテムID:5043841の画像

    任天堂

  • 7
    アイテムID:5043806の画像

    ジャレコ

  • 8
    アイテムID:5043608の画像

    バンダイ

  • 9
    アイテムID:5043575の画像

    ナムコ

  • 10
    アイテムID:5043573の画像

    カプコン

  • 商品名
  • ドラゴンクエストIV
  • スーパーマリオブラザーズ3
  • スーパー桃太郎電鉄
  • さんまの名探偵
  • ファイナルファンタジーIII
  • ドクターマリオ
  • 燃えろプロ野球
  • ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人
  • ラサール石井のチャイルズクエスト
  • ロックマン4
  • 特徴
  • オムニバス形式のRPG
  • ファミコン屈指の完成度
  • 桃鉄の基盤となった作品
  • 吉本芸人総出演
  • 画期的なジョブシステム
  • 親と盛り上がれる
  • バントでホームラン?
  • ドラゴンボールもファミコンに
  • チャイルズの一人は...
  • 初めてのロックマンシリーズに
  • 価格
  • 8300円(税込)
  • 18979円(税込)
  • 3480円(税込)
  • 315円(税込)
  • 24800円(税込)
  • 5200円(税込)
  • 3220円(税込)
  • 8599円(税込)
  • 3500円(税込)
  • 17711円(税込)
  • 発売日
  • 1990/2/11
  • 1988/10/23
  • 1992/3/20
  • 1987/4/2
  • 1990/4/27
  • 1990/7/27
  • 1987/6/26
  • 1990/10/27
  • 1989/6/23
  • 1991/12/6
  • ジャンル
  • RPG
  • 横スクロールアクション
  • ボードゲーム
  • コマンド選択式アドベンチャー
  • RPG
  • 落ち物パズル
  • スポーツ
  • カードRPG
  • RPG
  • アクション
  • シリーズ
  • ドラゴンクエストシリーズ
  • スーパーマリオシリーズ
  • 桃太郎電鉄シリーズ
  • -
  • ファイナルファンタジーシリーズ
  • マリオシリーズ
  • 燃えろプロ野球シリーズ
  • ドラゴンボールシリーズ
  • -
  • ロックマンシリーズ
  • タイアップ
  • -
  • -
  • -
  • 明石家さんまなど
  • -
  • -
  • -
  • ドラゴンボール
  • ラサール石井、チャイルズ
  • -

まとめ

ファミコンソフトの中から、現在でも人気のシリーズから、知る人ぞ知る名作までをランキングにしてみましたが、気になる作品はありましたでしょうか?気になる作品がありましたら、是非遊んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ