記事ID137952のサムネイル画像

【独特の音響が魅力】 人気チャイナシンバルおすすめランキング10選

ドラムセットを自分で組むメリットは、好みの音が出るもので揃えることができる点です。チャイナシンバルはインパクトがある音が出ますので、より好みの音が出るものを選ぶのがおすすめでしょう。今回は人気のチャイナシンバルを、おすすめのランキングにして紹介しています。

音楽のエフェクト・アクセントに使えるチャイナシンバル

ドラムセットはハイハット・スネア・タム・バスドラ・クラッシュシンバルが基本ですが、チャイナシンバルを加えることで、ドラム音に幅が生まれて変化が出やすくなります。チャイナシンバルを効果的に使うことでインパクトあるサウンドができるでしょう。

 

チャイナシンバルはフチが沿っている形状をしていて、一般的な形のシンバルと比べると倍音が多くなるのが特徴です。それだけサウンドが個性的になり、インパクトのある音を出せるのが魅力になります。

 

一般的なデザインのシンバルと比べて外見も個性的なので、ドラムセットにひとつ加えるだけで見た目にも印象的になるでしょう。今回は人気のチャイナシンバルを、おすすめのランキングにして紹介しています。

チャイナシンバルの選び方

チャイナシンバルは、大まかにサイズ・材質・厚み(ウェイト)・生産過程によって出る音が違ってきます。ドラムスティックの使い方や叩く位置によっても出る音が違うチャイナシンバルもあります。

サイズで選ぶ

一般的にシンバルは、ハイハット・スプラッシュ・クラッシュ・ライドなど、サイズによって呼び名が変わります。その点チャイナシンバルは、スプラッシュ程度のサイズからライド程度のサイズまで幅が広いのが特徴になるでしょう。

小さめのサイズ

小さなサイズのチャイナシンバルは、サスティンが短くピッチが高い音が出るのが特徴です。6インチから12インチ程度の小さなサイズでも、叩き方によっては大きな音がでますので、インパクトのある効果音を出すことができるでしょう。

 

標準的なサイズのシンバルに加えて、あとひとつ小さめのサイズのチャイナシンバルを使うと演奏の幅が広がります。ウェイトや素材に加えて、形状・ハンマリングによっても出る音が違うので、細かくチェックしておくのがおすすめです。

標準サイズ

標準的なサイズのシンバルは16インチと18インチの場合が多いでしょう。いパン的なドラムセットのクラッシュシンバルは左が16インチで右が18インチなど、左右サイズが違うものを設置していることがほとんどです。

 

クラッシュシンバルと同じくらいのサイズのチャイナシンバルを選ぶか、もしくはサイズを変えるかでもドラムセットから出てくる音の雰囲気は変わるでしょう。あえて同じ程度のサイズのチャイナシンバルを使ってみるのも良いかも知れません。

大きめのサイズ

ピッチが低い音が出る大き目のサイズのチャイナシンバルは、サウンドに幅を持たせるために使えるでしょう。左右に2つあるクラッシュシンバルに加えて、ロータムの上にスタンドを置いて設置するのもおすすめです。

 

ピッチの高さは厚み(ウェイト)にも関係しますので、ウェイトもきちんと確認しておくのが大切です。大きめなサイズのシンバル(ライドシンバル)は、スティックの叩き方で表情を変えることができますので、ひとつ持っておくとドラム演奏が楽しくなるでしょう。

メーカーで選ぶ

歴史がある伝統的なメーカー・個性的なシンバルを生産しているメーカーなど、メーカーによってシンバルに特色があります。シンバルを選ぶ時には、メーカーの特徴を併せて確認しておくのがおすすめでしょう。

ZILDJIAN

1623年にトルコで創業した、シンバルとドラムスティックのメーカーです(現在の本社はアメリカ)。400年近くの歴史あるメーカーで、現在でも最も有名なメーカーとして知られています。

 

プロが使うメーカーではありますが、アマチュアの愛好家も多いです。音楽のジャンルに関わらず使われていますし、ジルジャンのシンバルは学校の音楽室に置いてあるのを見たことがある人も多いかも知れません。

 

人気のシリーズはKジルジャンとAジルジャンです。世界一のシェアがあり、価格帯が高いもの・安いものと種類が豊富です。耐久性があって定番なこともあり、スタンダードなシンバルのイメージのメーカーになっています。

SABIAN

1981年に創業したカナダのシンバルメーカーです。ジルジャン・パイステ・Meinlと同様に大手メーカーのひとつとして知られています。設立者はジルジャン3世の息子で、現在は世界一のシェアのジルジャンとライバル会社として競っています。

 

ジルジャンのシンバルとの大きな違いは厚みがありサスティンが長いことです。SABIANの音は硬質な印象で、ジルジャンの音は柔らかい印象と言われることもあります。それでもシリーズよって厚みや残響はかなり違いますので、大まかな相違点になるでしょう。

 

ジルジャンが歴史がある伝統的なシンバルメーカーとして紹介される一方で、整備案は先進的なメーカーとして紹介される場合があります。ジルジャン3世の息子が作った会社とはいっても、メーカーの個性はそれぞれ違うということになります。

MEINL

1951年からパーカッション系の製品を作っているドイツのメーカーです。マイネルのパーカッションが出す音は硬質なサウンドが特徴でしょう。打楽器の総合メーカーなので、シンバルの他にも様々なパーカッションを生産しています。

 

社員全員がドラマ―というのも注目です。ドラムの演奏経験がない新入社員には、会社側の費用負担でドラムを叩けるように研修するくらい徹底しています。演奏する側に寄り添った楽器を作るメーカーになるでしょう。

 

世界的にもっと有名なところは沢山ありますが、こちらのメーカーは人気でてきています。コンピューター制御の技術を使って質の良い音のシンバルを作るなど、他のメーカーとは違った魅力的な部分があります。

特徴で選ぶ

チャイナシンバルは形状が似ていても、素材・ウェイト・製造過程によって出る音が違います。特にウェイトは薄い/厚いの差で全く音が違いますので、きちんとチェックしておきましょう。素材や製造過程でも音の印象がかなり変わります。

素材

シンバルの価格に大きく関係しているのが素材です。使われている素材の種類には、銅・亜鉛・錫などがあります。安価なものは黄銅(ブラス)で、価格の高いものは青銅(ブロンズ)になります。

 

高級なシンバルの中には、B20ブロンズ(銅80%錫20%)・B8ブロンズ(銅92%錫8%)などが使われています。メーカーによって使われる素材が違っていて、シンバルの音にも影響が出てきますのでチェックしておきましょう。

ウェイト

シンバルの厚みには大まかに3種類のタイプがあります。薄いタイプのThin(シン)、中間のタイプのMedium(ミディアム)、厚みがあるタイプのHeavy(ヘビィ)です。厚みがあるとそれだけ音がパワフルになっていきます。

 

ウェイトが薄いタイプのThin(シン)の魅力は、スティックでシンバルを叩いてからレスポンスの速さです。またサスティン(音の伸び)が短いのも特徴でしょう。逆にHeavy(ヘビィ)は、レスポンスが遅めですが音がパワフルでサスティンが長いです。

 

製造過程

シンバルの製造過程は2種類あります。1つめは年月が経過すると音色が熟成されていくキャストシンバルです。溶かした金属を一枚づつ型に入れて製造されます。2つめはタイトなサウンドが特徴のシートシンバルです。シート状に加工された金属をくり抜いて製造されます。

 

「ハンマリング」という技術が施されているシンバルには表面に凸凹があります。限られた職人がハンマーを打ってできるもので、シンバルのサウンドに大きな影響を与えます。機械を使って均等にハンマリングされたものもあります。

 

 

チャイナシンバルの人気ランキング10選

第10位

SABIAN

"Signature" AA HOLY CHINA 19HC-B

価格:27,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大音量の中でも埋もれない存在感のある音

パワフルな音が特徴のチャイナシンバルになっています。カープがきついアーチ型で明るい音が出ます。どんなシチュエーションにも対応しやすく、安定したサウンドになっているので使いやすいでしょう。

 

ピッチが高めの音が鳴るので、曲全体を華やかな印象しやすく、ポップスやロック系の曲にも合います。こちらのホーリーチャイナシリーズは、チャドスミスがプロデュースしたことでも知られています。

 

穴が開いている個性的なデザインも注目です。この小さな穴によって存在感のある音を出すことができます。個性低位なデザインのチャイナシンバルですが、ひとつもっておくことでインパクトの強い演奏ができるでしょう。

サイズ19インチウェイトThin
第9位

MEINL

Trash China CC18TRCH-B

価格:16,254円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンピューター制御で作られている良質なシンバル

コンピューター制御によるハイテクな製造工程で生産されています。錫の含有量が多いB10ブロンズ合金が使われているのも特徴です。インパクトのあるデザインのチャイナシンバルですがチャイナシンバルらしい良質な音が出ます。

 

叩くとロックやヘビーメタルなどに合う音が鳴ります。他にはオルタナティブ、パンク、エクストリームメタル、ポップスなどにも使えるでしょう。明るめの大きな音が出るので、ヘビーメタルなどのサウンドだけでなくトップスにも合います。

 

中心の近くに大きな穴があいている、インパクトのあるデザインも注目です。一般的なシンバルと比べるとかなり大きな穴が中心近くに開いていますので、ライブの時などに使うとアクセントになります。

サイズ18インチウェイト
第8位

ZENN

ZCL14

価格:4,900円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エフェクト・アクセントに効果的な音

14インチなので大音量というわけではなく余韻も少ないのですが、抜けの良い音が特徴のチャイナシンバルです。エフェクト・アクセントに使いやすく、ドラムスティックの叩き方によって色々な音の表情が出るのが魅力でしょう。

 

ZENNのシンバルはコスパも音も良いのが多いです。こちらの14インチのチャイナシンバルも、小さめのサイズで曲のアクセントに使いやすいでしょう。価格が安いですが音が悪いわけではありませんので、初めてドラムセットを準備する場合もおすすめです。

 

18インチ程度の標準サイズのシンバルは、大音量の演奏の中で鳴らすと埋もれてしまう場合があるのですが、こちらの小さめのサイズのシンバルであれば音が大きくなくてもアクセントのように効果的な音が出せます。

サイズ14インチウェイトThin
第7位

MEINL

Dark China CC18DACH

価格:17,388円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

良質でダークな音が魅力のチャイナシンバル

音質がダークなので、一般的なシンバルの明るく突き抜けるような音に物足りない場合にはおすすめのチャイナシンバルです。暗めの低音が魅力になるので、ロック系・ヘビィメタル系の音楽に合いやすいです。

 

錫の含有量が多いB10ブロンズ合金が使われています。コンピューター制御によるハイテク技術で作られていますので良質な音を楽しめるでしょう。こちらのシリーズはチャイナシンバルの他にも種類が豊富なので、統一感を出すために揃えてみるのも良いかも知れません。

 

一般的なシンバルの色のゴールドと比べて黒系の色をしているのもインパクトがあります。ゴールドのチャイナシンバルが多いなか、黒系のデザインがダークな音ともマッチしていておすすめです。

サイズ18インチウェイトPaper Thin
第6位

Avedis Zildjian Company

Oriental China Trash14

価格:44,510円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中国のドラを思わせる東洋的でエキゾチックな音

中国のドラをイメージする音と、叩いた後のレスポンス・減衰ともに早いのが特徴です。低音が少なめの高音になっていて、小さめなサイズのシンバルの中でも使いやすいでしょう。エキゾチックな東洋の雰囲気が出るチャイナシンバルになっています。

 

価格が高めですが質の良い音が出るのでおすすめです。華やかな音になるので、エフェクトにも効果的に使えるでしょう。ジルジャン独自の耐久性があるので、場所を移動したりなど持ち運びしやすいですし、ライブなどの生演奏でも活躍するでしょう。

 

フチの部分が小さな形状になっています。ドラムスティックの使い方でかなり色々な表情の音が出せるようです。フチに近い部分と中心に近い部分を鳴らした時の音は、叩き方が同じでも全然違う音になるでしょう。

サイズ18インチウェイトThin
第5位

SABIAN

チャイナシンバルB8X-18C

価格:10,341円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細かいハンマリングで音質が向上

キメの細かいハンマリングが特徴のチャイナシンバルです。カップの部分にもハンマリングがされていて、今までのシリーズに比べても音質が向上しています。タイトでパワフルな音を出すことができるので、どんな音楽にも合わせやすいでしょう。

 

サスティンが長いので、叩いた後の音の伸びを長くしたい場合にはおすすめです。少し傾けてセットする事で真っすぐにセットした時とはニュアンスの違う音が出たりと、シンバルの傾きを調整して叩いてみるのもおすすめです。

 

コスパの良さも魅力的です。18インチと標準サイズのチャイナシンバルなので、初めてドラムセットに合わせる時にも選びやすいでしょう。価格が安いので手に入れやすいですし、スタンダードな形なので使いやすいのも魅力です。

サイズ18インチウェイトThin
第4位

ZENN

シンバルZCL18

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパが抜群でロック系音楽に合う音が出る

抜けの良い音が特徴のチャイナシンバルになっています。破裂音のようなアタック音と独特のサスティーンが魅力になるでしょう。ロック系の音楽に合いやすいです。こちらのシリーズはサイズが複数ありますが、18インチは標準サイズなので使いやすいです。

 

ハイピッチで明るい音が鳴るので、ロック系のほかにはポップス系の音楽にも合うでしょう。20インチになると音が重たくなってくるので、標準よりやや小さなサイズから試してみるのもおすすめです。独特の明るい音は個性的な雰囲気を作れるでしょう。

 

スタンダードなチャイナシンバルの形状をしていますが、叩いた後にキラキラと光に反射して目立ちます。コスパが良いので初めてドラムセットを準備する時にもおすすめですし、インパクトのある音が出せるのでライブで使ってみるのもおすすめです。

サイズ18インチウェイト
第3位

MEINL

China HCS16CH

価格:8,201円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温かみのあるふくよかな音が特徴

品質と価格のバランスが良いチャイナシンバルになっています。16インチと標準サイズなので小さめのサイズ・大きめのサイズのシンバルと、セットにして使ってみるのもおすすめでしょう。コスパが良いので初めてドラムセットを組む時にも選びやすいです。

 

MS63合金が使われていてウォームでバランスの取れたサウンドが出ます。ふくよかで柔らかいのが特徴の音になりますので、ポップス系などの穏やかな音楽に合わせやすいでしょう。

 

コスパが良い点も注目です。ハイエンドのシンバルと比べるとかなり低価格で手に入れやすいですし、良質な音が出るのも魅力になります。セット販売されているので、シリーズで揃えてみるのもおすすめです。

サイズ16インチウェイトHeavy
第2位

Zildjian(ジルジャン)

Aカスタム18インチA20529

価格:31,213円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライブ・レコーディングどちらも活躍するチャイナシンバル

インパクトのあるアタック音とスムーズな減衰が特徴のチャイナシンバルです。ヴィ二ー・カリウタとのコラボレーションで作られていて、色々な音楽に合わせやすい音が出ます。ジャンルにとらわれないため、初めてドラムセットを作る時にもおすすめです。

 

ジルジャンは誰もが知る有名なシンバルのメーカーで安心して使えるのも魅力でしょう。耐久性に優れていますので、長く使うことを考えて選ぶことができます。18インチの標準サイズで使いやすいサイズです。

 

繊細に音を調整する必要があるレコーディングにも使えますし、ライブ演奏をする場合にも活躍するでしょう。有名なメーカーというだけでなく、どんなシーンにも対応できて品質が良いのが魅力のシンバルです。

 

サイズ18インチウェイトThin
第1位

Zildjian(ジルジャン)

ZBT18CH

価格:13,311円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有名メーカーのコスパが良いチャイナシンバル

ジルジャンのZBTシリーズの18インチサイズです。明るく大きな音が特徴で、主張しすぎないバランスの取れたサウンドが出ます。インパクトの強い音とは違いますが使いやすいチャイナシンバルでしょう。

 

長めのサスティーンになっています。長く音が残るタイプのチャイナシンバルを探している場合にはおすすめでしょう。個性的な音ではありませんので、スタンダードなものを探している場合にも使いやすいです。

 

価格が高いシンバルも多いジルジャンですが、こちらのシリーズはコスパが良いのが魅力です。標準的なサイズになりますので、サイズの違うシンバルを揃えてドラムセットを組んでみるのも良いかも知れません。

 

サイズ18インチウェイトThin

チャイナシンバルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5043065の画像

    Zildjian(ジルジャン)

  • 2
    アイテムID:5043068の画像

    Zildjian(ジルジャン)

  • 3
    アイテムID:5043014の画像

    MEINL

  • 4
    アイテムID:5042996の画像

    ZENN

  • 5
    アイテムID:5043080の画像

    SABIAN

  • 6
    アイテムID:5043003の画像

    Avedis Zildjian Company

  • 7
    アイテムID:5043016の画像

    MEINL

  • 8
    アイテムID:5042997の画像

    ZENN

  • 9
    アイテムID:5043055の画像

    MEINL

  • 10
    アイテムID:5043020の画像

    SABIAN

  • 商品名
  • ZBT18CH
  • Aカスタム18インチA20529
  • China HCS16CH
  • シンバルZCL18
  • チャイナシンバルB8X-18C
  • Oriental China Trash14
  • Dark China CC18DACH
  • ZCL14
  • Trash China CC18TRCH-B
  • "Signature" AA HOLY CHINA 19HC-B
  • 特徴
  • 有名メーカーのコスパが良いチャイナシンバル
  • ライブ・レコーディングどちらも活躍するチャイナシンバル
  • 温かみのあるふくよかな音が特徴
  • コスパが抜群でロック系音楽に合う音が出る
  • 細かいハンマリングで音質が向上
  • 中国のドラを思わせる東洋的でエキゾチックな音
  • 良質でダークな音が魅力のチャイナシンバル
  • エフェクト・アクセントに効果的な音
  • コンピューター制御で作られている良質なシンバル
  • 大音量の中でも埋もれない存在感のある音
  • 価格
  • 13311円(税込)
  • 31213円(税込)
  • 8201円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 10341円(税込)
  • 44510円(税込)
  • 17388円(税込)
  • 4900円(税込)
  • 16254円(税込)
  • 27000円(税込)
  • サイズ
  • 18インチ
  • 18インチ
  • 16インチ
  • 18インチ
  • 18インチ
  • 18インチ
  • 18インチ
  • 14インチ
  • 18インチ
  • 19インチ
  • ウェイト
  • Thin
  • Thin
  • Heavy
  • Thin
  • Thin
  • Paper Thin
  • Thin
  • Thin

まとめ

チャイナシンバルは大きさ・素材・厚みなどで音質や残響が違います。個性的な音が出るものもありますので、色々と調べてチャイナシンバルを探しましょう。ぜひ好みの音が出るものを見つけて、ドラムプレイを楽しみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ