記事ID137950のサムネイル画像

【海遊びの必需品】ウォーターシューズおすすめ人気ランキング10選

濡れても乾きやすく、履いたまま水に入れるウォーターシューズ。水辺で遊ぶ時に大活躍する夏の必需品です。各メーカーからサイズや種類も多く展開されているので、どれが良いのか迷ってしまいがちです。そこで今回は、ウォーターシューズおすすめランキング10選をご紹介します。

ウォーターシューズで安全に川や海を楽しもう

「ウォーターシューズ」は、マリンシューズなどとも呼ばれ、速乾性と軽さが特徴の海遊びを楽しめるシューズです。素足を小石や岩場などから守ってくれるので、水辺で安心して遊ぶためには必須のアイテム。

 

水場で遊ぶ際に、ビーチサンダルを履く方も多いですが、ビーチサンダルは海や川の水中や岩場などでは脱げやすく、滑りやすいため危険です。ウォーターシューズなら足にぴったりフィットしてくれるので、海や川などの水辺での活動に最適です。

 

機能性はもちろんのこと、最近ではおしゃれなデザインのものも増えています。せっかく使うなら快適に履けるものを選びたいですよね。今回はウォーターシューズを選ぶ際のポイントとおすすめのウォーターシューズをランキング形式でご紹介します。

ウォーターシューズの選び方

快適な海遊びが楽しめるウォーターシューズですが、選び方を間違えるとせっかくの機能性が台無しになってしまいます。そこで、まずはウォーターシューズを選ぶ際のポイントを紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

足にフィットするサイズを選ぶ

靴は水中だと水の抵抗が生じて脱げやすくなります。足にしっかりと合ったウォーターシューズを選ぶようにしましょう。

水中で活動するならやや小さめを選ぶ

スニーカーなどは少し余裕のあるサイズを選ぶ場合もありますが、余裕があると水中だと脱げやすくなってしまいます。水の抵抗が生じることを考慮しても、ウォーターシューズは、普段の靴のサイズよりも少し小さめのものを選ぶのがおすすめです。

 

 

 

 

マリンソックスを併用するならやや大きめサイズ

ウォターシューズは足にフィットするように作られているため、履き慣れていないうちは、靴擦れを起こしやすい傾向にあります。これを防ぐにはマリンソックスを着用するのがおすすめです。

 

マリンソックスは通常の靴下よりも厚みがあるので、着用予定の方は少し大きめのウォターシューズを選ぶのがよいでしょう。

キッズ用を選ぶ場合は、今のサイズに合わせる

キッズ用のウォターシューズは、現在の足にジャストフィットするものを選ぶことが重要です。子どもは成長が早く、すぐに履けなくなってしまうことからワンサイズ大きいもの選びたくなってしまいがちです。

 

ですが、サイズが大きいと水中で脱げたり、靴擦れを起こすスクも考えられます。安全のために購入するのですから、きちんと履きこなせるようにジャストサイズを選ぶようにしましょう。

安全性を考慮して選ぶ

水辺には滑りやすい場所や、岩場などの危険な場所もあります。できるだけ安全性にも考慮して、選ぶようにしましょう。

つま先がゴムで覆われていて丈夫なタイプ

海や川で夢中になって遊んでいると、足先を岩にぶつけることがよくあります。つま先が丈夫なシューズでないと、つま先部分から破れてウォーターシューズが破損したり、またぶつけた時につま先に痛みを感じることもあります。

 

安価なタイプでも、使いやすいものもありますが、つま先がしっかりした造りであるか確認して選ぶのがおすすめです。

滑りにくさやソールの厚さも確認

水辺には滑りやすい場所がたくさん存在します。転倒するリスクを少しでも減らすためには、滑りにくいウォーターシューズを選ぶことも重要です。足裏でしっかりと地面を踏みしめられることも大切です。

 

そのためには、ソールが薄くて柔軟性やグリップ力に優れたものがおすすめです。また、凹凸が付いたもなどを選ぶと、滑りやすく不安定な水辺でも、地面をしっかりとらえて歩くことができます。

 

ただし、ソールが薄すぎるのも危険です。足場の悪い場所で使用する場合は、ソールの厚さも確認して選ぶようにしましょう。

使いやすさや機能性で選ぶ

ウォーターシューズを選ぶ上で、使いやすさや機能性もとても需要です。その点にも注目して選ぶようにしましょう。

軽さをチェックする

ウォーターシューズを履いたまま水に入る方は、軽量化されているタイプを選びましょう。軽量化されているものならば、足の動きを邪魔しないため、泳いだり歩いたりしやすくおすすめです。

 

フィンの下に履くために作られているタイプもあります。自分の目的に合った素材のウォーターシューズを選びましょう。

 

片足の重さが200g以下なら軽い部類ですが、最近では超軽量タイプとして150g以下のものも登場しています。できるだけ素足感覚で履けるような軽量シューズがおすすめです。

砂の侵入を防止するタイプ

水辺での活動中は、ウォーターシューズの中に砂などが侵入してくると、足がとても不快です。これを防ぎたい場合は、異物が入りにくいように工夫されたウォーターシューズを選びましょう。

 

くるぶしまでしっかりと覆っているハイカットタイプですと、砂やゴミが侵入しにくく、靴の中に不快感がありません。また、動いた際に履き口から砂が入ってしまうのを防ぐために、履き口が紐などで調整できるタイプを選ぶのもおすすめです。

速乾性に優れたタイプ

ウォターシューズの利点は、普通のシューズより速乾性に優れていることです。速乾性があると、休憩して、再度、軽いシューズで陸地を歩くこともできます。気持ちよく履くためにも、速乾性は大事です。帰る際にも、そのまま車に乗り込むことが出来れば、さらに便利ですよね。

 

濡れた後になかなか乾かないウォターシューズでは履き心地も悪いです。洗って乾かすにも時間がかかり、連日使用するのには向かないこともありますので、できるだけ水はけの良いウォターシューズを選ぶのがおすすめです。

 

ソールや側面に排水穴が開いているタイプや、速乾性に優れた素材のタイプを選ぶと良いでしょう。また、ギュッと絞ってシューズの水気を切れるものもあるので、柔軟性も確認しておきましょう。

折りたためるタイプ

レジャーに行く際は荷物がかさばりがちです。そんな時に小さくコンパクトになるウォターシューズならとても使い勝手が良いです。そのまま履いていけるようなシューズであれば収納する必要はありませんが、別途、携帯していく場合は小さくなるウォターシューズがおすすめです。

シーンに合わせて選ぶ

ウォーターシューズを選ぶ際は、遊ぶシーンに合わせて、つま先の形状や素材などもしっかりとチェックしましょう。

河原や岩礁帯の磯場など

河原や岩礁帯の磯場などでは岩や石からつま先を守るために、つま先までしっかりとゴムで覆われているウォターシューズを選びましょう。

 

また、ソールの厚さも重要です。ソールが薄くて柔らかいものは足の感覚を上手く使うことができますが、安全性はやや劣ります。5本指タイプのウォターシューズなどは、足裏が地面を捉えやすく踏ん張る力を入れやすいのでおすすめです。

 

 

ちょっとした磯遊び

ちょっとした磯遊びやリーフなどの滑りやすいフィールドではグリップ力のある標準的なウォーターシューズがおすすめです。かかとが踏める2way使用のタイプや締めつけ感があまりなく、ゆったりとしたはき心地のタイプもあります。

ウォーターシューズおすすめランキング10選

第10位

AROPEC

マリンシューズ アクアシューズ

価格:991円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アジャスタブルコードでジャストフィットに簡単超調節

足首付近は簡単に調節できるアジャスタブルコードが付いているので、自分の足に合わせてしっかりフィットさせられるウォーターシューズです。他のものよりも脱げにくく、マリンレジャーなどでは活躍してくれることでしょう。

 

とても買いやすいお手頃価格が魅力の1足。靴底にはラバーグリップを採用し、岩場の多い川岸などを散策する際にも安全に歩くことができます。

 

ただし、サイズ展開が1cm刻みのためサイズ選びが少し難しいかもしれません。レビューを参考にしながら、なるべく普段の靴に近いサイズのものを選ぶのがおすすめです。

サイズ22~28cm(1㎝刻み)靴底ラバーグリップ
カラー1色
第9位

Luerman

マリンシューズ 

価格:948円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

片手で簡単に丸められるほど柔らかい

つま先部分もかかと部分も靴底から伸びたゴムに囲まれていて、衝撃から足指を守ってくれるウォーターシューズです。履き口には補強縫製法を採用しているので、長い時間履いても変形しません。

 

また、カバーの部分からインソールまで、弾力性がある素材を使用しているので、足にぴったりフィットします。ソール底には排水穴があり、水の中でも水の重さを感じないように、足の部分を守ってくれると同時に、動き易くなります

 

砂などの異物も侵入しずらいのもポイント。片手で簡単に丸められるほどの柔らかく軽量なので、旅行などに携帯する際もとても重宝します。水中で使用するだけではなく、ホテルなどの部屋履きにも最適です。

サイズ22.5cm~28cm(0.5cm刻み)靴底ゴム
カラー13色
第8位

VAXPOT(バックスポット)

マリンシューズ VA-5301

価格:699円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量でコスパに優れたウォーターシューズ

柔軟性のある軽量素材を使用しており、素足のような感覚で履ける「バックスポット」のウォターシューズ。履き口サイズが調整できるので水中でも脱げにくい仕様になっています。

 

こちらのウォーターシューズは、甲高な足や幅が広い足の方は、いつもよりワンサイズ上を選ぶことが推奨されています。18cmからの幅広いサイズ展開がある上に価格もお手頃で、成長が早いお子さん用にもおすすめです。

 

キッズ用も、1人での着用が難しいこともあるので、同じくワンサイズ上がおすすめとのこと。コスパが良いと口コミでもとても人気があり、初めてウォーターシューズを試したい方にもおすすめの商品です。

サイズ18~27cm靴底
カラー3色
第7位

Aleader

ウォーターシューズ

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かかとが踏める2wayタイプ、型崩れしない安心素材

友人や家族に付き添って海には行くけれど、ビーチにいることが多いという方におすすめなのがこちらのウォーターシューズです。2way使用で、かかとを踏んでスリッパのように履くこともできます。 締めつけ感があまりなく、ゆったりとしたはき心地もポイント。

 

波打ち際で濡れても排水穴から速やかに水が抜けるので、高い通気性で速く靴が乾きます。 伸縮性が高いので、脱着が楽にできます。

 

ゆったりと余裕がある作りなので、これを履いたまま泳いだりすることは向いていませんが、濡れや傷には強いので、夏のレジャーにぴったりです。旅先のホテル、周囲の散策、移動中の乗り物の中などでも重宝する便利なウォーターシューズです。

サイズ23~28.5cm(0.5cm刻み)靴底合成ゴム
カラー5色
第6位

マニアミックス

ウォーターシューズ

価格:999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性に人気のウォーターシューズ

ウォーターシューズの人気ブランド「マニアミックス」のウォーターシューズで、メンズ、レディースとどちらでも使用可能です。軽くて丈夫な機能性はもちろん、目を惹く可愛らしいデザインが人気の秘密です。

 

ネオプレーンという弾力メッシュ素材を採用しており、通気性が抜群ですが、砂やゴミを通さず、履き心地は素足のような感覚。靴底はゴム素材ですが、足によくフィットして、脱いだ際には折り曲げられるほど柔軟性があるので、携帯にも場所を取らず便利です。

 

総重量は0.4kg以下で超軽量。軽量ながら、しっかりとした作りなので、水陸両用で利用できます。デザインが5種類あり、カラーラインナップも豊富です。水遊びに、海水浴はもちろん、散歩やお出掛け、アウトドアシーンなどマルチに活躍できるウォーターシューズです。

サイズ22~29cm(0.5cm刻み)靴底ゴム
カラー20色
第5位

CROCS

サンダル スウィフトウォーター

価格:4,189円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マリン向けに改良されたクロックスのウォーターシューズ

爆発的な人気でその名が知られる「クロックス」からも、水場でも快適に活動できるウォーターシューズが展開されています。従来のサンダルとは違い、つま先部分にはプロテクションが施されて、より足を守ってくれる作りになっています。

 

足の甲の部分はメッシュ素材で、しっかりと固定できるようにストラップベルト付きです。 基本素材は従来と同じく「クロスライト」という合成樹脂で、抗菌性と防臭性に優れ、快適な履きが魅力。水に浮くほど軽いウォーターシューズです。

 

これ一つあれば砂浜や海中はもちろん、太陽で熱く熱せられたアスファルトの上も問題なく歩くことができます。陸でも水中でも、どこにでも履いていきたくなるウォーターシューズです。

サイズ25~28cm(1cm刻み)靴底合成底
カラー3色
第4位

WateLves

ウォーターシューズ

価格:1,799円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソックスのような柔軟性で履いても素足みたいな履き心地

足にぴったりフィットし、水中でも陸上でも動きやすいウォーターシューズです。素足で過ごしているかのように感じられるのが魅力。足の動きを邪魔しない柔軟性があり、岩場やビーチでも歩きやすくなっています。

 

柔らかと固さを兼ね備えたアウトソールは、動きやすい柔軟性と、すべり止めにも優れたバランス型の汎用性の高い仕様。片足はわずか約200gの軽量タイプで、かさばらないので、バックに入れての持ち運びにも便利です。

 

水陸両用で、幅広い分野で使用できます。カラーバリエーションが豊富なのも魅力。「おしゃれかつ機能的」と口コミの評価も非常に高い人気のウォーターシューズです。

サイズ22.5~28cm(0.5cm刻み)靴底ゴム
カラー35色
第3位

KEEN(キーン)

サンダル CLEARWATER CNX(2019年モデル)

価格:12,025円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザイン性も高くハードなアクティブにも最適

キーンから発売されている「クリアウォーター」。デザイン性も高く、水遊びの定番アイテムとして大人気の商品です。ゴム紐を採用することで甲高の足の方にも、ジャストフィットしてくれる優れものです。

 

かかとには調節可能なベルトが付属しており、ミッドソールは土踏まずを自然に支える形状になっています。「サンダルとは思えないほどフィット感が良く、はき心地が最高」と口コミでも大好評。

 

水はけと通気性の良い穴あきデザインですが、つま先部分はきっちりガードされているのもポイント。グリップ力も高いので、沢登りなどのハードなアウトドア用にも最適。お値段は高めですが、安心して使えるものを選びたいという方におすすめのウォーターシューズです。

サイズ25~29cm(0.5cm刻み)靴底ゴム
カラー7色
第2位

SAIYUME サイユメ

マリンシューズ

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で歩きやすく持ち運びにも便利

お手頃価格のアウトドア用品で人気のブランド「サイユメ」のウォーターシューズです。スタイリッシュなデザインで、メンズ、レディースとどちらでも使用可能。軽量で持ちやすく、伸縮性、排水性、通気性に優れているのが特徴です。

 

海や川で足を怪我から守ってくれるフィットした形で、履き口から砂や異物が入ってくることを防止します。厚底グリップソールとくるぶしまで覆うミッドカットで、足元のケガも防いでくれます。

 

ボディはスパンデックスという目の細かい素材で作られており、メッシュと違って砂の侵入を防いでくれます。踵を包みこむようにラバー素材が使われているので、フィンを使用する際にストラップがズレ防止になります。フィンを使用する方にもおすすめです。

サイズ23~28cm(0.5cm刻み)靴底合成底・ゴム
カラー7色
第1位

リーフツアラー

マリンシューズ

価格:1,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

砂が入りにくいくるぶしまで覆うタイプ

シュノーケル用品に特化した人気ブランド「リーフツアラー」が開発したウォーターシューズ。ハイカットスニーカータイプ砂が入りにくい設計になっています。日本人の足にフィットする幅広の靴底を採用し、サイドの水抜け穴によって通気性も確保

 

踵にはつまみが付いているので、濡れた状態でも着脱が楽にできます。ぴったりフィットする柔らか素材なので、泳いでも脱げにくいところもポイント。排水穴はサイドに開けられているので、砂や小石が足裏から入り込むこともありません。

 

水中でも陸上でも使いやすいシューズです。「お手頃価格だけど、しっかりしていて安心感がある」など、口コミでも人気のウォーターシューズ。お値段の手ごろさが魅力的なので、ご家族で、お揃いで購入するのにもおすすめです。

サイズ21~28cm(1cm刻み)靴底合成底
カラー3色

ウォターシューズの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5042190の画像

    リーフツアラー

  • 2
    アイテムID:5042254の画像

    SAIYUME サイユメ

  • 3
    アイテムID:5042202の画像

    KEEN(キーン)

  • 4
    アイテムID:5042560の画像

    WateLves

  • 5
    アイテムID:5042529の画像

    CROCS

  • 6
    アイテムID:5042271の画像

    マニアミックス

  • 7
    アイテムID:5042283の画像

    Aleader

  • 8
    アイテムID:5042458の画像

    VAXPOT(バックスポット)

  • 9
    アイテムID:5042431の画像

    Luerman

  • 10
    アイテムID:5042471の画像

    AROPEC

  • 商品名
  • マリンシューズ
  • マリンシューズ
  • サンダル CLEARWATER CNX(2019年モデル)
  • ウォーターシューズ
  • サンダル スウィフトウォーター
  • ウォーターシューズ
  • ウォーターシューズ
  • マリンシューズ VA-5301
  • マリンシューズ 
  • マリンシューズ アクアシューズ
  • 特徴
  • 砂が入りにくいくるぶしまで覆うタイプ
  • 軽量で歩きやすく持ち運びにも便利
  • デザイン性も高くハードなアクティブにも最適
  • ソックスのような柔軟性で履いても素足みたいな履き心地
  • マリン向けに改良されたクロックスのウォーターシューズ
  • 女性に人気のウォーターシューズ
  • かかとが踏める2wayタイプ、型崩れしない安心素材
  • 軽量でコスパに優れたウォーターシューズ
  • 片手で簡単に丸められるほど柔らかい
  • アジャスタブルコードでジャストフィットに簡単超調節
  • 価格
  • 1800円(税込)
  • 1999円(税込)
  • 12025円(税込)
  • 1799円(税込)
  • 4189円(税込)
  • 999円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 699円(税込)
  • 948円(税込)
  • 991円(税込)
  • サイズ
  • 21~28cm(1cm刻み)
  • 23~28cm(0.5cm刻み)
  • 25~29cm(0.5cm刻み)
  • 22.5~28cm(0.5cm刻み)
  • 25~28cm(1cm刻み)
  • 22~29cm(0.5cm刻み)
  • 23~28.5cm(0.5cm刻み)
  • 18~27cm
  • 22.5cm~28cm(0.5cm刻み)
  • 22~28cm(1㎝刻み)
  • 靴底
  • 合成底
  • 合成底・ゴム
  • ゴム
  • ゴム
  • 合成底
  • ゴム
  • 合成ゴム
  • ゴム
  • ラバーグリップ
  • カラー
  • 3色
  • 7色
  • 7色
  • 35色
  • 3色
  • 20色
  • 5色
  • 3色
  • 13色
  • 1色

まとめ

今回はウォーターシューズの選び方のポイントや、おすすめのウォーターシューズについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。ウォーターシューズは、素材の柔軟性や速乾性、ソールの厚さなどさまざまな違いがあります。ぜひ、ご自分の好みや目的に合ったお気に入りのウォーターシューズを選んでくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ