記事ID137947のサムネイル画像

    【初心者おすすめ】お手頃なエレキドラムの人気ランキング10選

    エレキドラムといえばかつてはドラムのコピーと呼ばれ、軽くみられがちではありましたが、現在はピアノとキーボードのようにシチュエーションによって使い分けられる楽器としてすっかりドラマーに定着しました。それではおすすめのエレキドラムをランキング形式で紹介します。

    エレキドラムの役割

    ドラムを始めたいと思っている人、そしてドラマー。彼らにとって共通の悩みとは何でしょうか?それは練習場所の確保です。ギターやベースなら自宅でヘッドホンをつけて練習に励めますが、ドラムの場合は音が大きいのでスタジオに行くしかありません。

     

    自宅で練習する方法として練習パッドも確かにありますが、音は全く違うし、ドラムとはおおよそかけ離れていますのでモチベーションの維持にも大変です。

     

    そこでエレキドラムです。ギター同様ヘッドホンをつけて練習できますし、なんといっても両手両足が使え、本物と同じような音で練習ができますので、上達もはかどります。よって趣味もそうですが、トレーニング用としてもエレキドラムは欠かせない存在なのです。

    エレキドラムの選び方

    エレキドラムを選ぶ基準は様々です。練習用として検討する人が多いでしょうが、スキルやフィット感、騒音防止等、各メーカーそれぞれ特徴がありますのでこれから案内します。

    置き場所で選ぶ

    まずエレキドラムを購入する前に、ドラムを置くスペースを把握しておいた方が賢明です。なぜならドラムは想像以上にスペースを取られるからです。

     

    そしてエレキドラムには防音マットも必須です。エレキドラムの場合、楽器音についてはイヤホンをつければ外部に音が漏れる心配はありませんが、叩く音、特にバスドラムを叩く振動音はかなり大きいです。よって防音マットの大きさを踏まえた上で置くスペースを確保して下さい。

     

    もうひとつ、意外に見落としがちなのが、大きなエレキドラムイコール、高値で高機能というわけではありません。小さくても高機能なエレキドラムはありますし、折り畳みで持ち運びできるドラムセットもあります。あとはご自宅の環境を踏まえた上で選んでいきましょう。

    機能で選ぶ

    エレキドラムには様々な機能がついています。様々な機能があるということは、生ドラムにはないエレキドラムならではの個性がありますので選ぶ際の大きなポイントになります。

     

    例えば、音の種類やレスポンスといった調整幅、パソコン、スマホといった他の機器との汎用性、ドラムセットの拡張性、スネア・タムのインチ数等があげられます。

     

    そして重要なのが練習の際にお供となるアシスト機能です。最初にプリセットとして楽曲がセットされたり、外部端子からポータブルプレーヤーに接続しての楽曲再生等があげられます。そして初心者に嬉しい練習向けの内臓ソング集&コーチモードを備えたエレキドラムもあります。初心者には早く慣れる意味でも練習機能を充実させたエレキドラムを選べばよいでしょう。

    価格で選ぶ

    エレキドラムの価格は実はピンからキリまであり、安くて5万円代、高級なものだと最低20万円はみておく必要があるでしょう。まず20万円代、上位クラスのエレキドラムは音も本物そっくりのレベルでプロやレコーディングで使われているのもこの価格帯になります。

     

    10万円代といった中位クラスは、より本格的な練習を楽しみたい人向けになります。音色数が多いと、演奏の幅が広がってプレイするにも飽きないのと、トレーニング機能も充実しているのでドラムの練習には中位クラスでも十分満たせるでしょう。

     

    5万円以下のクラスはいわば入門レベルです。確かに中位クラスと比べればシンプルなつくりではありますが、音のレベルも遜色なく練習なら十分使えます。ただし機能面では見劣りする部分はやはりありますので予算と相談しながら選びましょう。

     

     

    音源で選ぶ

    音源にこだわりたいのであればやはりそれなりの予算が必要になるのはいうまでもないでしょう。特に本物に近いドラムの音にこだわるのであれば尚更です。

     

    ただエレキドラムなりのメリットもあり、それは音楽のジャンルに合わせた音色を選べることです。ポップスやジャズ、ロックはもちろん、ドラム以外の音、例えばパーカッション系の音色も選べるので、同じ練習するにも幅が広がるのはプレイヤーにとっては嬉しいですね。

     

    どこのメーカーも音源には力を入れており、音源の種類の数やトレーニング機能においてそれぞれメーカーにおいて特徴があります。実際に触れてみてぜひ体験してみて下さい。

    パッドの素材で選ぶ

    エレキドラムを選ぶ際の重要なポイントとしてパッドの素材があります。なぜなら素材によって叩く感覚や静粛性が異なってくるからです。

    ゴム製

    入門タイプのエレキドラムで使われている素材で最も多いのがゴム製です。耐久性に優れてしかも安価なので、はじめてエレキドラムを始めたい人にとってはおすすめできます。耐久性があるので痛みによる買い替えが少なくて済みコスト的にもおすすめです。

     

    ただしゴム製は叩き具合においては本物のドラムとはかけ離れています。つまり硬くて跳ね返りが強い。よってリアリティを求める人にはむいていません。あくまで練習用として割り切って使ったほうがいいです。

     

    あと打感が硬いということは、それだけ音も響きやすいということ。つまり静粛性においてはやはり見劣りします。よってマンション住まい等、騒音を気にされる方においてはゴム製は避けたほうがよいでしょう。

    メッシュ製

    最近のエレキドラムにおいて主流になりつつあるのがメッシュ製です。メッシュ製の優れているところはやはり叩き具合です。そして静粛性も高いのでコストはかかりますが、ゴム製と比べればかなりお得感が強いです。

     

    メッシュ製はユーザー曰く、アコースティックドラムに近い感覚の打感が得られるとのこと。しかもアコースティックドラムと同じく、チューニングキーで張り具合を調整でき、しかも張りを変えても音は変わらないので、本物感覚で演奏することができます。

     

    そしてゴム製と違い、叩いた時の振動が床やドラムスタンドに伝わりにくく、しかも打った時の音が小さいので、静粛性は抜群です。よって防音マットを敷いておけば周囲に騒音を気にすることなく、安心して練習、演奏に打ち込むことができます。

    シリコン製

    シリコン製はYAMAHAのエレキドラムにて採用されているパッド素材です。シリコン製の優れているところは、よりアコースティックドラムに近い感覚が楽しめることです。

     

    リアル感覚においてはシリコン製がナンバーワンでしょう。特に叩き具合はユーザー曰く本物のドラムとほぼ変わらないとの評判です。そして手首やひじに負担がかからないところが売りです。静粛性はメッシュ製に比べるとやや劣りますがそれでも十分叩いてみる価値はあるでしょう。

     

    ただし難点もあります。それは価格が高いこと。リアリティを求める人には悩みどころですね。ちなみにシリコン製はYAMAHAでしか出ておりません。懐具合にもよりますが、じっくり探せばきっといいものが見つかるはずです。じっくり見極めて選んだほうがいいかもしれませんね。

    ペダルで選ぶ

    エレキドラムを選ぶ基準としてより本物のドラムに近い演奏を追求したいのであればバスドラムのフットペダルに着目してみて下さい。エレキドラムにおいてペダルの種類は2つあります。

     

    スイッチペダル

    スイッチペダルは、足を乗せるだけでセンサーが反応し、音が出る仕組みです。入門タイプ、価格の安いエレキドラムはほとんどがスイッチペダルを採用しています。

     

    スイッチペダルは足を乗せるだけで音が出ますので踏む音や振動は静かなので家の中で練習しても周囲に迷惑はかけないでしょう。しかし当然デメリットもありまして、それはドラムの練習にならないこと。

     

    通常のドラムとはかけ離れた操作感、打感となってしまい、慣れるのに苦労しますし、ドラムの練習としては物足りないかもしれません。スイッチタイプの中にはバスドラやハイハットの強弱をつけれるタイプもありますが、練習にこだわりたい人からすれば避けたほうがいいでしょう。

    ドラムペダル

    ドラムの練習、本物感覚にこだわりたいのであれば、ドラムペダルに軍配が上がります。ドラムペダルはまさにバスドラムのペダル。まさに本物感覚に近いといえます。

     

    ドラムペダルは文字通り実際にビーター(丸い頭付きの棒)付きのペダルをバスドラムのパッドに打ち付けて演奏するので本物のドラムと同じ感覚で練習に打ち込むことができます。

     

    しかし問題点は音と振動が大きいこと。特にビーターありのドラムペダルは床に振動がモロに伝わってしまいます。そして打音も大きいです。静粛性を第一に考える場合はスイッチペダルにするしかありません。

    エレキドラムの人気ランキング10選

    第10位

    Roland(ローランド)

    TD-4KP-S

    価格:59,400円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    持ち運びに便利なエレキドラム

    Rolandが提供しているエレキドラムです。TD-4KP-Sの特徴は持ち運びが楽なこと。他のエレキドラムはいちいち組み立てなければならないのですが、TD-4KP-Sはコンパクトに折り畳んで収納できるので場所を問わずに演奏を楽しむことができます。

     

    スネアドラム、タムにはラバー素材を採用。手首への負担が少なく、ストローク等の基本練習には最適なドラムです。ドラミングの基本をはじめとしたトレーニングメニューが充実しており、練習の成果が表示されますので、技術の向上が一目でチェックできます。

     

    音源もハイクオリティのサウンドが盛りだくさんで、125種類の音色を備えています。そして操作方法もシンプルでエレキドラムの初心者でも操作に迷うことはないでしょう。コンパクトなつくりで拡張性も充実しており、初心者におすすめのエレキドラムです。

    メーカー名Rolandパッド素材ラバー
    ペダルタイプスイッチペダルドラムキット数25
    内臓ソング数トレーニング機能練習、録音、メトロノーム
    第9位

    ヤマハ(YAMAHA)

    DTX432KS

    価格:63,010円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    本物のドラムに近い感覚のエレキドラム

    YAMAHAが提供しているエレキドラムです。YAMAHAのエレキドラムの特徴は本物にこだわっていること。パッド素材は他メーカーにはないシリコンを採用しており、叩いている感覚は生ドラムに近く、音源もヤマハの生ドラムをサンプリングしていることから、正に本物と同じ感覚といっていいでしょう。

     

    練習機能も10種類搭載されており、正確なリズム感を鍛えられるのはもちろん、初心者向けの内臓練習曲にて練習を積んだり、ストロークの早さを測るといったこともできます。

     

    YAMAHAのDTXシリーズには無料アプリがあり、その中のチャレンジングモードはゲームをクリアする感覚で内臓練習曲を演奏することができます。最後までクリアすればYAMAHAよりドラマー認定証がもらえる等、ドラマーのモチベーションを刺激する要素が詰まったコンテンツとなっています。

    メーカー名YAMAHAパッド素材シリコン
    ペダルタイプドラムペダルドラムキット数10(編集&上書きOK)
    内臓ソング数10トレーニング機能練習、録音、メトロノーム
    第8位

    Roland(ローランド)

    TD-1KV

    価格:59,400円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    シンプルかつ操作性も簡単なエレキドラム

    Rolandが提供しているエレキドラムです。TD-1KVの特徴はとにかくシンプルなデザインで操作性も簡単であること。電子楽器が苦手な人でも慣れるのに時間はかからないとの評判です。

     

    トレーニングにおいては練習をサポートしてくれるコーチモード、例えば正確なタイム感やテンポ感覚を養う練習があり、練習結果を録音して残すことができます。スマホやミュージックプレイヤーにつないでお好きな曲に合わせてドラムを叩くといったこともできます。

     

    TD-1KVは操作ボタンを極力最低限に抑えているので大人、子供年代を問わずにプレイできるのが売りです。そして騒音対策にも優れているのと、拡張機能も高いので初心者からみてもおすすめできるエレキドラムです。

    メーカー名Rolandパッド素材メッシュ
    ペダルタイプスイッチペダルドラムキット数15
    内臓ソング数15トレーニング機能練習、録音、メトロノーム
    第7位

    メデリ

    DD-401J

    価格:35,200円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    コストパフォーマンスの高いエレキドラム

    MEDELIが提供しているエレキドラムです。今回ご紹介したエレキドラムの中では最も安い価格ですが、性能は他社に負けない程の高いクオリティがあります。

     

    まずドラム音源が108と豊富に揃えてあり、音源を自由に組み合わせて保存できるのでドラムキットを自由自在に作成できます。そして楽曲も40と充実しており、ドラマーとしての練習も飽きることなく楽しめるでしょう。

     

    パッドは全てラバー素材となっており、叩き心地のリアルさと優れた静音性を実現しています。本体がコンパクトにまとめられており、そして価格の安さとコストパフォーマンスの高さからドラマー初心者の練習にぜひおすすめしたいエレキドラムです。

    メーカー名MEDELIパッド素材ラバー
    ペダルタイプスイッチペダルドラムキット数10
    内臓ソング数40トレーニング機能
    第6位

    ヤマハ(YAMAHA)

    DTX402KS

    価格:50,590円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    アコースティック感覚で使えるエレキドラム

    YAMAHAが提供しているエレキドラムです。YAMAHAはアコースティックドラムとしても一定のシェアを持っており、エレキドラムにおいても自社のアコースティックドラムの音源をサンプリングしていることから本物と同じ音源をエレキドラムにて再現しています。

     

    そのサンプリングされたYAMAHAドラムの音源をドラムキットサウンドとして10種類、同様に練習機能として内臓ソング数も10種類搭載されており、ドラマーとしての技術を高めるサポート機能も充実しています。

     

    DTX402シリーズはアコースティックドラムに近いセッティングで使えることから、練習用として十分使えます。サイズも畳2枚分のスペース内にて収めることができ、コンパクトさにおいても他社に劣らないエレキドラムといえるでしょう。

    メーカー名YAMAHAパッド素材シリコン
    ペダルタイプドラムペダルドラムキット数10(編集&上書きOK)
    内臓ソング数10トレーニング機能練習、録音、メトロノーム
    第5位

    Alesis (アレシス)

    Nitro Mesh Kit

    価格:44,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    初心者でも十分扱えるエレキドラム

    ALESISが提供しているエレキドラムです。5万円以下という金額においてスネアドラム・3つのタムともメッシュ素材を採用しており、叩き具合のリアルさと静音性を実現させたのはかなりコストパフォーマンスの高いエレキドラムといえます。

     

    内臓ソング数60とあるように様々なジャンルに対応できるサウンドセットを備えていること、ドラム、シンバル、パーカッションといった音源は385を数え、独自のドラムキットを簡単に作ることができます。

     

    トレーニングにおいても現代のドラマーが必要としているメニューが充実しているので無理なくトレーニングを積むことによって自然とドラマーのスキルが向上していくでしょう。豊富な接続機能もあることから拡張性にも優れたエレキドラムです。

    メーカー名ALESISパッド素材メッシュ
    ペダルタイプドラムペダルドラムキット数プリセット24/ユーザー16
    内臓ソング数60トレーニング機能練習、録音、メトロノーム
    第4位

    MEDELI

    DD-504J DIY KIT/BK

    価格:48,000円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    5万円以下でこのクオリティの高さは驚き

    MEDELIが提供しているエレキドラムでDD-401Jのアップグレード版といった位置づけといっていいでしょう。普段利用しているリハーサルスタジオに置かれている生ドラムの基本セットをそのまま再現しており、音源のクオリティの高さには定評があります。

     

    トレーニング機能においてはドラム音源数335種類、60パターンの内蔵ソング数を搭載。スネアパッドにおいてはリムショットを再現でき、チョーク機能を搭載したシンバルや12インチの本格的なシンバルもあり、より本物に近いレベルで練習できます。

     

    音源数、内蔵ソング数がかなり充実していることからエレキドラムの音源モジュールもさぞや複雑かと思いきや操作はとても簡単で、外資メーカーにありがちな英語表記もなく、直感的操作もできます。よって初心者、上級者問わず誰でもレベルの高いドラムキットを作成することができます。

    メーカー名MEDELIパッド素材ラバー
    ペダルタイプドラムペダルドラムキット数プリセット24/ユーザー11
    内臓ソング数60トレーニング機能練習、メトロノーム
    第3位

    Alesis (アレシス)

    Crimson II Kit

    価格:109,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    中位クラスとしてはコスト面からしてかなりお得

    ALESISが提供しているエレキドラムです。ALESISのエレキドラムでも上位機種にあたり、黒と赤のデザインというかっこよさも相まってドラマーからも人気があります。

     

    5つのドラムパッド、4つのシンバルとプロ仕様のドラムセットを再現しています。音色も671種類、内臓ソング数も120と他を圧倒しており、しかも最大99曲まで録音できるので練習に困ることはないでしょう。

     

    そしてドラムの素材パットにALESIS独自のメッシュパッドを採用しており、自然な打感と静音性を同時に実現させました。もし5つのドラムパッド、4つのシンバルタイプのアコースティックドラムですと、10万ちょっとでは収まらないでしょう。中位クラスのエレキドラムを探している人にはコスト的にもかなりおすすめできる逸品です。

    メーカー名ALESISパッド素材メッシュ
    ペダルタイプドラムペダルドラムキット数プリセット54/ユーザー20
    内臓ソング数120トレーニング機能練習、録音、メトロノーム
    第2位

    Roland

    TD-17KVX-S

    価格:198,000円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    繊細さも表現できる生ドラム顔負けのエレキドラム

    Rolandが提供しているエレキドラムです。中位機種でかつフルオプションセットとして値段もそれなりにしますが、まるでアコースティック・ドラムと同じ感覚で演奏することができるとドラマーから高い評価を得ています。

     

    中位機種となると、あらゆるパーツのセンサーがより敏感になり、繊細なタッチも再現できるので、プレイヤーの腕前がはっきりとわかるようになります。音源においても繊細な音から力強い音、ハイハットのハーフオープンや、エッジの叩き分けの再現もできますので豊かな表現力を身につける練習もできるようになります。

     

    また自宅にいながらお気に入りのバンドの曲やスタジオでのリハーサルで録音したものを一緒に演奏できることから、楽しみながらスキルアップを目指せます。もちろんトレーニング機能も充実しており、練習成果が一目でわかるので自分のスキルを把握したい方にはおすすめです。

    メーカー名Rolandパッド素材メッシュ
    ペダルタイプドラムタイプドラムキット数100(プリセット:50)
    内臓ソング数7トレーニング機能練習、録音、メトロノーム
    第1位

    YAMAHA

    DTX582KFS

    価格:187,920円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    生ドラムの表現力を忠実に再現したエレキドラム

    YAMAHAが提供するエレキドラムです。中位モデルのエレキドラムとして表現力が格段にアップしており、特にバスドラムのキック感がよりリアルになっています。ユニークなのはアコースティックドラムの中に電子パッドとして組み込むことができること。工夫次第でそれぞれのパーツを有効活用することができます。

     

    特にバスドラムは硬さの異なる素材を3層に重ねた新しい構造のキックパッドを開発しました。踏み込む強さに応じた打感を体感できるのと、スネアドラム、タムにおいても自然な打感と静粛性を実現しており、安心してトレーニングに打ち込めます。

     

    幅広い音楽ジャンルをカバーしていること、YAMAHAなりの高品質なサウンドには定評があり、合計691のドラム音、デモソング38と内容も充実しており、他に比べ高額ではありますが上級者ドラマーにとってはおすすめできるエレキドラムです。

    メーカー名YAMAHAパッド素材シリコン
    ペダルタイプドラムタイプドラムキット数プリセット50/ユーザー50
    内臓ソング数38トレーニング機能練習、録音、メトロノーム

    エレキドラムのおすすめ商品比較一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5044045の画像

      YAMAHA

    • 2
      アイテムID:5044040の画像

      Roland

    • 3
      アイテムID:5044033の画像

      Alesis (アレシス)

    • 4
      アイテムID:5044023の画像

      MEDELI

    • 5
      アイテムID:5042628の画像

      Alesis (アレシス)

    • 6
      アイテムID:5044030の画像

      ヤマハ(YAMAHA)

    • 7
      アイテムID:5043588の画像

      メデリ

    • 8
      アイテムID:5044020の画像

      Roland(ローランド)

    • 9
      アイテムID:5043460の画像

      ヤマハ(YAMAHA)

    • 10
      アイテムID:5043222の画像

      Roland(ローランド)

    • 商品名
    • DTX582KFS
    • TD-17KVX-S
    • Crimson II Kit
    • DD-504J DIY KIT/BK
    • Nitro Mesh Kit
    • DTX402KS
    • DD-401J
    • TD-1KV
    • DTX432KS
    • TD-4KP-S
    • 特徴
    • 生ドラムの表現力を忠実に再現したエレキドラム
    • 繊細さも表現できる生ドラム顔負けのエレキドラム
    • 中位クラスとしてはコスト面からしてかなりお得
    • 5万円以下でこのクオリティの高さは驚き
    • 初心者でも十分扱えるエレキドラム
    • アコースティック感覚で使えるエレキドラム
    • コストパフォーマンスの高いエレキドラム
    • シンプルかつ操作性も簡単なエレキドラム
    • 本物のドラムに近い感覚のエレキドラム
    • 持ち運びに便利なエレキドラム
    • 価格
    • 187920円(税込)
    • 198000円(税込)
    • 109800円(税込)
    • 48000円(税込)
    • 44800円(税込)
    • 50590円(税込)
    • 35200円(税込)
    • 59400円(税込)
    • 63010円(税込)
    • 59400円(税込)
    • メーカー名
    • YAMAHA
    • Roland
    • ALESIS
    • MEDELI
    • ALESIS
    • YAMAHA
    • MEDELI
    • Roland
    • YAMAHA
    • Roland
    • パッド素材
    • シリコン
    • メッシュ
    • メッシュ
    • ラバー
    • メッシュ
    • シリコン
    • ラバー
    • メッシュ
    • シリコン
    • ラバー
    • ペダルタイプ
    • ドラムタイプ
    • ドラムタイプ
    • ドラムペダル
    • ドラムペダル
    • ドラムペダル
    • ドラムペダル
    • スイッチペダル
    • スイッチペダル
    • ドラムペダル
    • スイッチペダル
    • ドラムキット数
    • プリセット50/ユーザー50
    • 100(プリセット:50)
    • プリセット54/ユーザー20
    • プリセット24/ユーザー11
    • プリセット24/ユーザー16
    • 10(編集&上書きOK)
    • 10
    • 15
    • 10(編集&上書きOK)
    • 25
    • 内臓ソング数
    • 38
    • 7
    • 120
    • 60
    • 60
    • 10
    • 40
    • 15
    • 10
    • トレーニング機能
    • 練習、録音、メトロノーム
    • 練習、録音、メトロノーム
    • 練習、録音、メトロノーム
    • 練習、メトロノーム
    • 練習、録音、メトロノーム
    • 練習、録音、メトロノーム
    • 練習、録音、メトロノーム
    • 練習、録音、メトロノーム
    • 練習、録音、メトロノーム

    まとめ

    今回はエレキドラムについて紹介しました。今やドラマーにとってエレキドラムは練習用として欠かせない存在になりました。しかも以前に比べ低価格で本物レベルに近いドラムが手に届くようになっています。まずは楽器店へ行って実際に触れてみて楽しんでみて下さい。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

    TOPへ