記事ID137926のサムネイル画像

【2019年最新版】人気のマウスバンジーおすすめランキング10選

有線マウスはコードが絡みやすくて使いづらいですよね。マウスバンジーがあれば、コードをまとめられて快適になります。この記事では、数あるマウスバンジーの中でも特におすすめな商品を10個厳選しました。選び方のポイントもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

マウスを軽々操作できるマウスバンジー

無線マウスにはない魅力が有線マウスにはあります。動作の安定感から、FPSゲームのようなマウスを激しく動かすゲームで重宝している人は多いです。しかし、マウスのコードが絡まりづらく、使いづらいと感じる人がいるのも事実。

 

そこでおすすめなのが、マウスバンジーです。マウスバンジーとは、マウスのコードを固定できるアクセサリのこと。コードが絡まるのを防いだり、マウスの操作性を向上させられたりします。FPSはもちろんのこと、PCでの細かい操作を快適にしてくれるでしょう。

 

コードの摩擦による損傷も軽減できて非常に便利です。そんなマウスバンジーですが、値段は千円台から1万円台、と幅広くあります。なるべく安くて高性能なマウスバンジーを手にするために、この記事では選び方のポイントやおすすめ商品を10個ご紹介します。

マウスバンジーの選び方

豊富な種類の中から、どうやってマウスバンジーを選べば良いのでしょうか。これから、選び方のポイントを解説します。

マウスのコードの太さに合わせて選ぶ

マウスバンジーごとに、対応するマウスのコードの太さは違います。まずは、今使っているマウスのコードの太さを確認してから選ぶことが大切です。心配な場合は、4mm対応のマウスバンジーや制限のないものを選びましょう。

 

特に、ロジクール製のマウスは太いコードのものが多いので注意してください。もし、マウスバンジーの商品ページに対応する太さの記述がなかったら、レビュー評価が高いものを選ぶことがおすすめです。

操作性にこだわるなら伸縮自在なアームを選ぶ

アームのしなやかさが、マウスの操作性を左右します。FPSをプレイ中に、素早くキャラクターを振り向かせようとすることがあるかもしれません。そんな時、アームの固いマウスバンジーではコードが上手く動かず、反応が遅れてしまうことがあります。

 

しなやかなアームであれば、急なマウスの動きにもコードを上手くガイドしてくれます。操作性が向上して、ゲームで優位に立てるはずです。そのために、おすすめなのが伸縮自在なアーム。アームが伸び縮みするので、マウスの激しい動きに対応することが可能です。

 

具体的には、シリコン・スプリングタイプのマウスバンジーを選ぶと良いでしょう。柔軟に動く素材が使われているので、操作性に定評があります。マウスの移動範囲が広く、激しく動かしても高感度で対応してくれるでしょう。

固定の仕方で選ぶ

マウスバンジーの固定の仕方には、3つの種類があります。安定感やコードの収納のしやすさに差があり、用途に合わせて選ぶことが大切です。

アンカータイプ

台座の重りで固定するのが、アンカータイプです。台座に安定感があり、しっかりと机に固定させられます。強く引っ張れば本体を移動させることができ、位置の調節がしやすく便利です。楽に置き場所を変えられるというメリットがあります。

 

持ち運びにも適しているといえるでしょう。ただし、激しくマウスを動かすと、マウスバンジーも一緒に動いてしまうのが難点。しっかりと固定したい人は、重量の重いものを選ぶことをおすすめします。

 

アンカータイプはメジャーなタイプであることから、扱っている種類が多いようです。中には、吸着用のラバー材が併用されているのもあり、ズレにくい設計がされているのもあります。様々な選択肢からマウスバンジーを選ぶことができるでしょう。

吸盤タイプ

吸盤を机に引っ付けて固定するのが、吸着タイプです。動かないようにしっかり固定したい人におすすめです。どの方向へ動かしても外れることはほとんどありません。それだけ強力な吸盤が使われています。

 

吸着を外したい時には、マウスバンジー本体にあるレバーを引っ張ることで簡単に外せられるでしょう。マウスを激しく動かしたい人におすすめのタイプです。ただし、平面なところでしか吸着させられないので、そこだけは注意しましょう。

 

吸盤を取り外した後には、しっかりとお掃除することも重要です。ほこりが付いてしまうと、吸着させられなくなることがあります。清潔に保つことが求められるので、多少の面倒を我慢すれば、快適に使えるマウスバンジーです。

マグネットタイプ

文字通り、磁石で固定するのがマグネットタイプです。付属のスチールプレートを机に貼って使います。スチール製のデスクを使っていれば、そのままでも使用することができます。ズレにくい安定感とコード調節をしやすいのが魅力。ただし、磁気NGの周辺機器やパソコンの傍におきたい人にはおすすめできません。

 

使いたい場合は、機器から遠ざけて置くようにしましょう。

設置場所に合わせて選ぶ

ゲーム部屋の雰囲気や机のスペースに合わせて選ぶのもポイント。サイズとライトに注目して、選び方を見ていきます。

サイズが重要

机のスペースに合わせて、マウスバンジーを選ぶのがおすすめです。手のひらサイズのものから存在感のあるサイズまであります。机の空きスペースに余裕のない人はコンパクトなものを選ぶことで、邪魔にならずに使えるでしょう。

 

アームを縮められるものもあり、省スペースでおくことができます。伸縮自在なタイプかを確認することが大切だといえるでしょう。もし、机に余裕があるなら、サイズ以外の部分にこだわることもおすすめします。重量やデザインを気にしてみたりしましょう。

ライト点滅タイプで机周りがおしゃれに

マウスバンジーには、LEDライトが搭載されているものがあります。ゲームの雰囲気に合わせてLEDライトが点灯し、気分を盛り上げてくれますよ。また、暗闇でのゲームプレイ時に、マウスのコードの位置が分かりやすいのも魅力です。

USB端子搭載の有無で選ぶ

USB端子が搭載されたモデルがあります。USBポートを増設することができるので、周辺機器を同時にたくさん繫げたい人におすすめです。複数のUSB端子が搭載されているものもあり、ヘッドセットやスマホの充電、キーボードなど、1まとめにすることもできるでしょう。

 

ただ、通常のマウスバンジーとは違って、ACアダプタでPCと繋がなければならないものもあります。配線が1つ増えてしまうので、机をごちゃごちゃさせたくない人はUSBポートなしの方が使いやすいかもしれません。

マウスバンジーのおすすめランキング

第10位

曙光の町

マウスバンジーコードホルダー バネ式

価格:715円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ良しで初めての人におすすめ

千円以下で変える安くてコスパの良いマウスバンジーです。アームがバネ式になっていて、力を加えることで曲げることが出来ます。カスタマイズ要素の高いマウスバンジーだといえるでしょう。

 

対応するコードの太さの記載はありませんが、実際に購入した人からはG403よりも太いコードを入れられるとのことです。このマウスバンジーはアンカータイプで重量も軽いので、激しい動きには対応できません。

 

FPSゲーム用よりも、パソコンの操作を楽にしたい人におすすめです。マウスバンジー本体の底面には滑り止めが施されており、普段使いのマウス操作では滑ることはほとんどないでしょう。安価で使いやすい商品なので、初めてのマウスバンジーにぴったりです。

重量159gサイズ14 x 9 x 8.5 cm
固定タイプアンカータイプUSBポート数0
LEDの有無×伸縮自在の有無×
第9位

光自在(Cozyshine)

マウスバンジー USBハブ 高速3ポート

価格:5,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートフォンの充電をしながらコードをまとめられる

3つのUSBポートが付いたサソリ型のマウスバンジーです。コンパクトで軽く、楽に持ち運ぶことができます。金属のボディでかっこいい見た目をしているので、インテリアとしても映えるでしょう。

 

3つのポートはUSB2.0に対応しており、スマートフォンを充電させられます。給電が終わると、ランプが7色に切り替わりながら点灯してかわいいです。光物が好きな人にはたまらないマウスバンジーだといえるでしょう。

 

ゲームの雰囲気が変わって、よりプレイするのが楽しくなるかもしれません。ただし、スリープ中も光るので、消灯しておきたい人はPCとの接続を切る必要があります。耐久性も高く、耐熱端子や強化設計のケーブルによって長い期間使うことができるでしょう。

重量308gサイズ11.5 x 10.2 x 2.5 cm
固定タイプアンカータイプUSBポート数3
LEDの有無伸縮自在の有無×
第8位

Hotline games

ゲーミング マウスコード マネジメント

価格:980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重くてズレにくいアンカータイプ

伸縮自在なアンカータイプのマウスバンジーです。アームはバネとシリコンが採用され、自由に伸び縮みさせられます。コードの太さに関係なく、がっしりと固定することができるでしょう。

 

アームを縮ませることで、収納に便利な形態に変化させられます。置物として机に置くとおしゃれに見えるでしょう。従来品よりも重量が30%重いのもポイント。滑り止めも付いていて、マウス操作でマウスバンジーまで動いてしまうことはほとんどありません。

 

コードの太さの制限がなく、今使っているマウスが対応するか心配な人も安心して使えます。ブラックホワイトの2色がありますので、好きな色をお選びください。千円台のリーズナブルな価格で入手でき、コスパが抜群です。

重量222gサイズ12 x 12 x 9 cm
固定タイプアンカータイプUSBポート数0
LEDの有無×伸縮自在の有無
第7位

ベンキュージャパン

ゲーミングケーブルアセンブラー

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お好みの高さで快適なマウス操作を実現

コンパクトで重みのあるマウスバンジー。重いことで安定感があり、激しくマウスを動かさない限り、本体が移動することはありません。バネ設計でアームの調節をしやすく、コードを好きな高さで固定させられます。

 

マウスの動きに柔軟に対応してアーム調整をしてくれるので、スムーズな操作が実現できるでしょう。アンカータイプなので、机周りにほこりが溜まっていても安心して使えます。太いコードに対応し、ロジクールやBenQのマウスでも使えるようです。

 

組み立ては必要ありませんし、設置も簡単なので扱いやすいマウスバンジーとなっています。アーム上部の赤い部分にコードを挟めば、しっかりと固定させられるのです。無線マウスから有線マウスに切り替えた人は、その操作性の優秀さに驚くかもしれません。

重量345gサイズ13.5 x 13.2 x 8.5 cm
固定タイプアンカータイプUSBポート数0
LEDの有無×伸縮自在の有無
第6位

NPET

マウスバンジー LEDライト USBハブ付

価格:1,799円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LEDをオンオフ可で4つもポートが付いている

LEDライトとUSBハブの付いたマウスバンジー。見た目はサソリの形をしていて、給電すると目の部分や背中部分が綺麗に青く光っておしゃれです。もし、光が要らない場合には、底にオンオフスイッチがあるので自由に切り替えられます。

 

USBポートは4つもあり、2年間の品質保証付きなのも嬉しいポイント。スマホの充電をしつつ、外付けhddなどを接続することもできるのです。ACアダプタから給電することで、速いデータ転送速度も実現できます。

 

重量は軽いですが、アーム部分はシリコン製となっており、しなりながらマウスのコードをガイトします。激しい動きにも安定して対応してくれるでしょう。無料の2年間品質保証も付いているので、万が一の不良にも安心です。

重量150gサイズ12.8 x 4.1 x 6.8 cm
固定タイプアンカータイプUSBポート数4
LEDの有無伸縮自在の有無×
第5位

Miraview

賭博柔軟なマウスバンジー

価格:2,099円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミニマリスト向けのコンパクト設計

シンプルなデザインとコンパクトさに定評のあるマウスバンジーです。ミニマリスト向けのマウスバンジーだといえます。かなり小さい見た目をしていますが、重さは245gとかなり重みがあり、安定感があるようです。

 

滑り止めのゴムも付いており、軽めの動作ならズレずに使用することができるでしょう。吊り下げタイプでないのも魅力。配線の自由度が高く、省スペースで邪魔になることなく使えます。マウスバンジーの下に資料を置くなど、机周りに余裕のできる商品です。

 

パソコンでの作業を快適にしたい人におすすめだといえます。対応するコードの太さは、ロジクール製のマウスでも余裕なほど。太いコードにも対応するはずです。

重量245gサイズ18.4 x 10 x 4.6 cm
固定タイプアンカータイプUSBポート数0
LEDの有無×伸縮自在の有無×
第4位

Razer(レイザー)

マウスバンジー ケーブル コード

価格:2,748円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

位置がズレにくい安定感のある重さ

Razerの販売していた旧製品のマウスバンジーは、使いづらく評判がよくありませんでした。しかし、今回の新製品はコードを簡単にはめることができて評価が高いです。マスウの動きでコード位置がずれてしまうこともありません。

 

重みのある台座と滑り止め加工が、位置のズレを押さえてくれます。かなり強くマウスを動かさなければ、その場を移動することはないでしょう。重さの割りにコンパクトなので、収納もしやすいです。

 

ブラックで目立たないデザインをしているのも魅力的。ゲームプレイ中に、視界に入っても気にすることなく集中できるでしょう。Razer製品の中でも安いマウスバンジーで、ユーザーから高い評価を得ています。頻繁にマウスを動かす人におすすめです。

重量222gサイズ12 x 11.4 x 7.6 cm
固定タイプアンカータイプUSBポート数0
LEDの有無×伸縮自在の有無×
第3位

Cougar

マウスバンジー 超軽量 真空吸着パッド

価格:2,012円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

激しいマウス操作でもびくともしない

真空吸着タイプのマウスバンジーです。吸着させると、机にがっつりとくっつきます。マウスを激しく動かしてもズレないほどの強度があるのです。全くズレないにもかかわらず、重量は軽いです。わずか85gで、しかも手のひらにのるほどのサイズをしています。

 

机の邪魔になりませんし、楽に持ち運べるでしょう。吸着を取り付けるときは、スタンドのレバーを引くだけで完了します。取り外し方法も簡単で、扱いやすいです。大変便利なマウスバンジーですが、吸盤にほこりがつきやすいので定期的にふき取るようにしましょう。

 

アームホルダーの部分はしなやかに動き、マウスの稼動範囲が広くなっています。ローセンシでプレイされる方も、安心して使えるようです。多数のプロがこのマウスバンジーを使っており、ゲーム用におすすめの商品だといえます。

重量83gサイズ16.3 x 11.5 x 8.2 cm
固定タイプ吸着タイプUSBポート数0
LEDの有無×伸縮自在の有無×
第2位

Xtrfy(エクストリファイ)

C1 アジャスタブル マウスコードホルダー

価格:2,668円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コード調節が楽なマグネットタイプ

このマウスバンジーは、高級ゲーミングデバイスを取り扱う「スウェーデンのXtrfy」が販売しています。開発に関わっているのが、世界で有名なeスポーツのプロ集団「Ninjas in Pyjamas」です。

 

コンパクトでシンプルなデザインや、ワンタッチでコード調節できるのが特徴。重さは約40gしかありません。コードホルダーはバネグリップ式で、コードの長さを簡単に調整して固定できます。設置が非常に楽です。

 

固定の仕方はマグネットタイプとなっています。付属のスチールプレートを机に貼って、そこに引っ付けて使います。スチール製のデスクを使っていれば、そのままでも使用することができます。磁石がかなり強いので安定感があります。コードをはさむ力も強く、ズレたり外れたりすることのないマウスバンジーです。

重量40 gサイズ3.5 x 3.5 x 5.3 cm
固定タイプマグネットタイプUSBポート数0
LEDの有無×伸縮自在の有無×
第1位

DankEase

ゲーミング マウスコード バンジー

価格:1,200円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最高で大人気のマウスバンジー

Amazonで売れ筋の大人気マウスバンジー。安くて機能性もある、と評判です。伸縮自在のアームと4つの滑り止め、充分な重みでしっかり固定することができます。FPSや動画編集など、マウスを広く動かしたいときに活躍するでしょう。

 

マウスコードの太さは4mmまで対応していて、布ケーブルのゲーミングマウスでも通すことができます。赤色シリコン部分がしっかりホールドしてくれます。安価な商品ゆえ、故障しやすいか心配な人もいるかもしれません。

 

しかし、60日間保障も付いているので、安心して使えるでしょう。マウスを使い終わったら、アームを縮めてコンパクトに収納することもできます。設置は置くだけで簡単。非常にコスパの良いマウスバンジーです。

重量200gサイズ9.7 x 5.5 x 7.1 cm
固定タイプアンカータイプUSBポート数0
LEDの有無×伸縮自在の有無

マウスバンジーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5043615の画像

    DankEase

  • 2
    アイテムID:5043344の画像

    Xtrfy(エクストリファイ)

  • 3
    アイテムID:5043325の画像

    Cougar

  • 4
    アイテムID:5043318の画像

    Razer(レイザー)

  • 5
    アイテムID:5043356の画像

    Miraview

  • 6
    アイテムID:5043310の画像

    NPET

  • 7
    アイテムID:5043300の画像

    ベンキュージャパン

  • 8
    アイテムID:5043298の画像

    Hotline games

  • 9
    アイテムID:5043296の画像

    光自在(Cozyshine)

  • 10
    アイテムID:5043294の画像

    曙光の町

  • 商品名
  • ゲーミング マウスコード バンジー
  • C1 アジャスタブル マウスコードホルダー
  • マウスバンジー 超軽量 真空吸着パッド
  • マウスバンジー ケーブル コード
  • 賭博柔軟なマウスバンジー
  • マウスバンジー LEDライト USBハブ付
  • ゲーミングケーブルアセンブラー
  • ゲーミング マウスコード マネジメント
  • マウスバンジー USBハブ 高速3ポート
  • マウスバンジーコードホルダー バネ式
  • 特徴
  • コスパ最高で大人気のマウスバンジー
  • コード調節が楽なマグネットタイプ
  • 激しいマウス操作でもびくともしない
  • 位置がズレにくい安定感のある重さ
  • ミニマリスト向けのコンパクト設計
  • LEDをオンオフ可で4つもポートが付いている
  • お好みの高さで快適なマウス操作を実現
  • 重くてズレにくいアンカータイプ
  • スマートフォンの充電をしながらコードをまとめられる
  • コスパ良しで初めての人におすすめ
  • 価格
  • 1200円(税込)
  • 2668円(税込)
  • 2012円(税込)
  • 2748円(税込)
  • 2099円(税込)
  • 1799円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 980円(税込)
  • 5000円(税込)
  • 715円(税込)
  • 重量
  • 200g
  • 40 g
  • 83g
  • 222g
  • 245g
  • 150g
  • 345g
  • 222g
  • 308g
  • 159g
  • サイズ
  • 9.7 x 5.5 x 7.1 cm
  • 3.5 x 3.5 x 5.3 cm
  • 16.3 x 11.5 x 8.2 cm
  • 12 x 11.4 x 7.6 cm
  • 18.4 x 10 x 4.6 cm
  • 12.8 x 4.1 x 6.8 cm
  • 13.5 x 13.2 x 8.5 cm
  • 12 x 12 x 9 cm
  • 11.5 x 10.2 x 2.5 cm
  • 14 x 9 x 8.5 cm
  • 固定タイプ
  • アンカータイプ
  • マグネットタイプ
  • 吸着タイプ
  • アンカータイプ
  • アンカータイプ
  • アンカータイプ
  • アンカータイプ
  • アンカータイプ
  • アンカータイプ
  • アンカータイプ
  • USBポート数
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 4
  • 0
  • 0
  • 3
  • 0
  • LEDの有無
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • 伸縮自在の有無
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×

まとめ

マウスバンジーを使うだけで、有線マウスの操作性が向上します。ゲームでは素早くキャラクターを動かせたり、エイム操作が快適になったりするでしょう。FPSや動画編集のお供にマウスバンジーを使ってみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ