記事ID137925のサムネイル画像

【肌に優しい】敏感肌におすすめのクレンジング人気ランキング11選

肌の状態には個人差があり、とくに敏感肌の方はスキンケアが肌に合わないと乾燥や肌荒れなど肌トラブルを起こしてしまいます。クレンジングは毎日使うものなのでコスパの良いプチプラも含め、乾燥肌・敏感肌の方におすすめのクレンジングをランキング形式で紹介します。

ダメージを受けやすい敏感肌の原因は?

敏感肌の方は肌の調子が分かれやすく、ちょっとしたことでも荒れや乾燥につながってしまいます。しっかり原因を追求して、自分に合った対策を考えましょう。敏感肌の原因の1つは、感想です。乾燥しやすい人は、定期的に肌の調子を気にして、しっかり保湿することが必要になります。

 

必要以上のスキンケアも原因の1つです。お風呂上がりや洗顔をしたあとにタオルでゴシゴシしたり、メイク落としシートで雑に顔をこすったり、熱すぎるお湯で顔を洗ったりしてしまうと、敏感な肌はすぐにダメージを受けるので十分注意が必要です。

 

現代社会では過剰なストレスを抱えている人も多いかと思います。ストレスで食べ過ぎや睡眠不足になってしまうと、スキンケアだけでは荒れた肌環境の解決はできない可能性があるので心とカラダをしっかり休ませることも重要なポイントです。

 

肌荒れが気になりすぎてストレスの原因になっていることもあるため、たまにはスキンケアだけでなく睡眠をとってリラックスしてみる日を作ってみるといいかもしれません。



クレンジングの肌に優しい順は?

クレンジングにはさまざまな種類があります。肌に優しい順番は商品の品質や成分によってことなることもありますが、「クリーム」>「ミルク」>「ジェル」>「リキッド」>「オイル」>「シート」の順だといわれています。

 

シートは肌をこする摩擦により肌を痛めてしまうことがあるため、緊急時以外はあまりおすすめできません。

 

クレンジング料の肌への優しさは、界面活性剤の配合量の差によるものです。界面活性剤とは洗浄成分のことで、せっけんなどにも含まれています。界面活性剤が多いほど、肌への負担が強くなります。

 

界面活性剤の配合量がもっとも少ないクレンジングはクリームです。クリームの自然なクレンジング力でメイクを浮かせて、肌の潤いを必要以上に奪いません。また、保湿成分などを含んだ商品が多いことも、クリームの特徴です。

敏感肌にやさしいクレンジングの選び方

敏感肌の方向けのクレンジングは、種類がとても多いです。どこを重視すべきかわからない方や、多すぎて1つに選びきれない方のために選び方をご紹介します。

洗浄力で選ぶ

敏感肌や乾燥肌だと洗浄力が強すぎるとかえって肌を傷つける可能性があります。クレンジングを選ぶ際は自分の肌に合った洗浄力はどのくらいなのか、しっかり把握する必要があります。クレンジング別に洗浄力の強弱がわかると判断しやすいですよ。

 

洗浄力が強いクレンジングは「オイル」>「クリーム」>「リキッド」>「ミルク」>「ジェル」>「シート」の順番になります。商品によっては多少の誤差がありますが、大まかな判断基準にすると選びやすくなるのでおすすめです。

 

敏感肌の症状がひどいほど、洗浄力がよわく、保湿性の高い「クレンジングクリーム」を使用することが多いです。しかしオイルの中にも敏感肌の方向けの肌に優しい商品はあります。職業柄どうしてもしっかりメイクしないといけない方は、オイルクレンジングを試してみても良いかと思います。

肌がよわい人は保湿性で選ぶ

敏感肌の対策でとても重要なポイントは、保湿です。職場の環境や、遺伝的に乾燥肌の方もいらっしゃると思いますが、定期的に保湿することで状態を緩和することができます。保湿性の高いクレンジングを選んで肌が乾燥しないように注意しましょう。

 

保湿系のクレンジングを選ぶときは、配合成分を見てみましょう。セラミド・アミノ酸・ヒアルロン酸・スクワラン・コラーゲン・ワセリン・グルタミン酸などさまざまな成分が存在します。他にもたくさんあるので、覚えておくと判断しやすいのでおすすめです。

 

とくにセラミドが配合してあるのか確認することは有効な手段です。セラミドは肌のバリア機能を保つ成分ですのでセラミドが不足がちになると肌荒れを起こしてしまう原因になります。

細胞間脂質の役割は、水分を蓄えて肌を保湿すること。そして細胞間を埋めて、外部刺激から肌内部を守ることです。セラミドはこの細胞間脂質の半分を占める重要な物質。肌のうるおいを保つために、とても重要な存在だということがわかります。

出典:https://i-voce.jp

口コミから選ぶ

敏感肌用のクレンジングは商品の数がとても多いので、なかなか1つに決めることは難しいかと思います。口コミを見て似たような肌環境の方がいたら、その口コミを参考にしてみましょう。

 

無添加の商品でも肌荒れするといった人もいらっしゃるように、天然由来の成分の中にもしかしたら肌荒れの原因となる成分が見つかるかもしれません。

 

口コミが多くて、評価が高い商品は多くの方が使用したことがあるということなので、試しに使ってみるのは良いと思います。しかし、肌質には個人差があるため、口コミが良いものが自分に合うとは限りません。特に敏感肌の方は肌に合わないことも多いため、口コミはあくまで参考程度にすることをおすすめします。

ダブル洗顔が必要かどうかで選ぶ

ダブル洗顔とは、クレンジングの後に洗顔料をつかって洗顔をすることです。重ねて顔の汚れを落とすことによって肌の汚れをキレイに落とすことができます。汚れは敏感肌の天敵です。基本的にはダブル洗顔は必要です。

 

しかし、商品の中にはダブル洗顔不要の商品もあります。ダブル洗顔不要の商品は、すすぎ後にクレンジング独特のベタつきがないという特徴があります。保湿成分エイジング成分が含まれている商品が多い傾向にあります。

 

クレンジングと洗顔をどちらもおこなうダブル洗顔は、敏感肌にとって大きな負担になります。ダブル洗顔不要という商品は、時短にもなるため、肌の弱い方におすすめです。

クレンジングのタイプで選ぶ

クレンジングにはタイプがあります。自分の肌に合わせてどのタイプを使用するのか選びましょう。今回は数種類の中から主な4種類を紹介します。

クレンジングミルク

クレンジングミルクは敏感肌の方によく使用されているクレンジングです。乳液のようになめらかな使用感で、しっとりとした洗い上がりが人気の理由です。水分が多めに含まれているので洗浄力は低めですので、落ちにくいメイクに使用するのは避けましょう。

 

洗浄力は低いですが、保湿力が高いところが特徴です。洗い上がりから数時間経ってもしっとりするので敏感肌にはとてもうれしいですね。無添加の製品も数多く販売されていて、敏感肌用にはミルクタイプが多く販売されています。

 

ミルクタイプでも自分の肌に合わないものが入っていた場合は肌荒れを起こしてしまいます。購入するときはしっかり配合成分を確認しましょう。

クレンジングオイル

クレンジングオイルはメイクと馴染みやすい成分だから洗浄力が高いものが多いです。敏感肌の人は肌荒れの原因になるから厚化粧をすることは少ないと思いますが、化粧が落ちるのがイヤでしっかり化粧をする人にはクレンジングオイルがおすすめです。

 

洗浄力があって保湿性も高いのですが、人によっては次の日に顔がテカつく場合もあります。油分を含んでいるので、デキモノができてしまう可能性も。最近のクレンジングオイルは肌にとてもやさしく作られているので多くの方が使用しています。

 

敏感肌でデキモノができやすい方は、クレンジングオイルを使用して肌荒れが起こったらすぐに使用をやめてクレンジングミルクなどに変更してみるのもおすすめです。

クレンジングジェル

ジェルタイプのクレンジングは「水性ジェル」と「油性ジェル」「オイルイン水性ジェル」があります。ジェルだから質感はねっとりとしたテクスチャーで、しっかりメイクを落とすものから素肌にやさしいものまでさまざまです。

 

水性ジェルは油分を含んでいないのでナチュラルメイクに適していています。敏感肌の方は水性ジェルだと肌にやさしいのでとてもおすすめです。油性ジェルはオイルがメイクに馴染むのでしっかりメイクを落としたい方におすすめ。

 

ジェルタイプを選ぶときはまず、水性か油性を確認してそのあとに配合成分をよく見て自分の素肌が荒れないもので構成されていることをよく確認することをおすすめします。

クレンジングクリーム

クレンジングクリームは、サラサラしたテクスチャーのクレンジングオイルやクレンジングミルクとは違い、クリーム状のとろりとした厚みのあるテクスチャーが特徴的なクレンジングです。

 

クレンジングクリームには「拭き取るタイプ」と「洗い流すタイプ」が存在します。敏感肌の方は、拭き取るタイプを選ぶと、拭き取ったときに肌にダメージを与えてしまう可能性があります。洗浄力も強めですので軽くささっと洗い流しましょう。

 

クリームタイプは保湿性、洗浄力どちらも高めですので、しっかりと洗い流したい人にもおすすめです。クリームタイプを使用するときは、クリームをメイクにしっかり染み込ませる感覚でしようしましょう。

天然由来も肌荒れの原因に

敏感肌の人は天然由来の商品を選ぶほうが良いという話はよく聞きますが、実は天然由来のクレンジングを使用して肌荒れを起こしてしまう人も結構いたりします。天然由来だから大丈夫という判断ではなく、自分の肌にアレルギーがないか配合成分を確認しましょう。

 

食べ物ではよくありますが、小麦粉やエビ、カニなどの甲殻類を食べると、全身に蕁麻疹が出る人がいるように、天然由来のクレンジングでも、自分にあわない成分が入っていたら使用しただけで肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

 

石油類は使っていませんという表記が流行していますが、石油類でよく使用されているミネラルオイルは赤ちゃんの肌にも使えるベビーオイルにも使用されています。使用しているクレンジングの成分によって肌荒れが起こっていることはないか、成分の確認は重要です。

植物由来の成分にアレルギー反応を示す人がいるのも事実。小麦粉アレルギーの人が、たとえオーガニックの小麦粉製品でも食べられないことと同じなのです。(中略)「石油系原料不使用」とうたう製品もありますが、“石油系=肌に悪い”とも限らないのです。石油系原料の代表格であるミネラルオイルは、「酸化しにくい」といったメリットからベビーオイルやクレンジングオイルの主原料として使われています。皮膚科でも使われるワセリンの原料も石油系です。

出典:https://beauty.oricon.co.jp

PR

Fleuri(フルリ)

Fleuri(フルリ)クリアゲルクレンズ

価格:2,900円(税込)

公式サイトで詳細を見るAmazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

仲里依紗がイメージモデルを務めるクレンジング!

現在SNS上で評判が良いのがこの毛穴クレンジングです。仲里依紗がイメージモデルを務めているので知っている方も多いのではないでしょうか?

 

もちろん、効果も抜群のようです。メイク汚れ、毛穴の黒ずみをしっかりと落としてくれます。また、医学専門誌に掲載されたり、化粧界の様々なアワードを獲得するなど客観的評価も良いです。

 

アーチチョーク葉エキス・7つのフルーツエキス・APPS・α-アルブチン・ユズセラミドなど様々な美容成分を配合することで、クレンジングのみならずスキンケア商品としても使うことができます。

 

また、現在公式HPから購入すると初回限定17%オフの2900円で購入が可能です!

効果が実感できない場合は全額返金保証サービスも付いているので、是非一度試してみてください。



敏感肌にやさしいおすすめのクレンジング人気ランキング13選

第13位

アンネマリーボーリンド

ローズデュー クレンジングミルク

価格:4,428円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかり保湿したいなら

「食べられない化粧品は作らない」を理念としている会社が作ったクレンジングはオーガニック栽培植物のみで作られています。さらさら感のあるミルクタイプで香りも強すぎず洗い流した後は突っ張った感じがしないのでとてもスッキリします。

 

オーガニックがあわない人がいたりもしますので自分に合うかどうかは試してみる以外に方法はないのですが、強すぎないローズの香りがふわっと香るので心地いい感じがして、メイクを落としたあともしっかり保湿してくれるのでおすすめです。

 

リピーターも多い商品なので、肌に合えばずっと使えるので安心です。

内容量150mlタイプミルク
配合成分ローズデュークレンジングミルク特徴オーガニック栽培植物のみ使用
第12位

イヴデュフラン / マダムヨシコ

クレンジングミルク

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

W洗顔不要の高機能クレンジング

W洗顔したくない人、マッサージにも使いたい、乾燥がひどい、などの悩みを解決するために作られたW洗顔不要タイプのクレンジングミルクです。W洗顔をやめることで肌へのダメージを少なくして毛穴が目立ちにくく、艶のあるしっとり肌に導きます。

 

敏感肌には必須の成分「セラミド」を配合して、しっとりとした肌を保ち、乳化剤で肌のバリアを守るチカラを補い、長時間肌にのせていても大丈夫です。フランスで調合された天然のエッセンシャルオイルでとてもいい香りが味わえます。

 

濃厚クリームミルクでマッサージをすることができるので、肌の調子を保ちたい方におすすめです。マッサージをした後は驚くほどしっとり、仕上がりもっちりのテンションが上がる素肌になると評判が高いクレンジングミルクです。

内容量150mlタイプミルク
特徴W洗顔不要配合成分セラミド
第11位

ビーバイイー

ママバター クレンジングミルク

価格:1,215円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

10種類のオーガニック認定原料配合

中央アフリカなどに生息するシアの木の実から取れる植物性油脂のシアバター(保湿の王様と言われている)を5%と10種類のオーガニック認定原料を配合した保湿にたけたクレンジングミルクです。

 

シリコン、合成香料、合成着色料、鉱物油、パラペンなどは一切使用しておらず、敏感肌にうれしい原材料で作られています。クレンジングと洗顔がこの1本で済んでしまうW洗浄も嬉しいポイントの1つです。

 

2014年にMAQUIA ONLINEのクチコミ件数月間ランキング(クレンジング部門)1位に輝くほど有名な商品で、多くの口コミに裏付けられた保湿性は折り紙付きです。リピーターも多く、安心して使用できるクレンジングの1つです。

内容量130mlタイプミルク
特徴10種のオーガニック認定原料配合配合成分グリセリン グリチルレチン酸ステアリル
第10位

資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)

ディープクレンジングオイル

価格:2,295円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗浄力が高いからしっかりメイクもスッキリ落ちる

重ねづけのマスカラや、毛穴につまった落ちにくいファンデーションもしっかりと落としてくれる洗浄力が強いクレンジングです。あと残りなくスッキリ落とせるのでとてもさっぱりと爽快感がありますが、敏感肌には刺激が強すぎる可能性もあります。

 

この洗浄力が強いクレンジングが8位の理由は、「敏感肌なんだけど職業柄しっかりとメイクをしないといけない人」は普通のミルクタイプのクレンジングではメイクが落ちないからです。しっかりメイクをする人はメイクを落としておかないと肌荒れの原因に繋がります。

 

敏感肌でもしっかりメイクをしないといけない人は、このクレンジングオイルでサッとメイクを落としてみてはどうでしょうか。肌のうるおいもしっかりしてくれると言うコメントもありますが、くれぐれもゴシゴシこすらない程度でメイクを落としましょう。

内容量120mlタイプオイル
特徴-配合成分-
第9位

熊野油脂

ファーマアクト 無添加クレンジングオイル

価格:606円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とてもコスパが高い無添加クレンジング

濡れた手や顔でも使えるクレンジングオイルです。落ちにくいメイクや毛穴の汚れもしっかりと落としてくれます。気になるべとつき感もなく洗い上がりはさっぱりとして気持ちいいでよ。

 

500mlの大容量でとてもコスパが高いクレンジングです。メイクが薄めの方は1プッシュで十分メイクを落とせますし、とても長持ちで家族で使えるところもポイントです。この量、価格でしっかりメイクを落とせるのはうれしいですね。

 

香りはハーブ系のアロマっぽい香りで使用する人を癒やしてくれます。合成香料は使用しておらず、天然のエッセンシャルオイルだから安心して使えます。すべて無添加で敏感肌に使用できるおすすめのコスパの高いクレンジングです。

内容量500mlタイプオイル
特徴大容量配合成分イソステアリン酸PEG-8グリセリル
第8位

太陽油脂

ミルキーメイクオフEX

価格:2,268円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マイルド系クレンジング

肌への負担を軽減することを考えて作られたマイルドなクレンジングです。100%天然由来原料を使用した安心できるオーガニック製品で、ザクロ果実エキス、温州みかん果皮エキス、ビルベリー葉エキスを配合させ、100%中80%がオーガニック原料です。

 

どんな肌にも対応できる商品を作るため、肌モニターテストを実施することにより、肌に関するデータを分析して肌に負担をかけず、メイク汚れをやさしく落とすクレンジングを開発しました。

 

オレンジフラワーの香りもポイントですので香料タイプが好きな方にもおすすめです。セラミド、ヒアルロン酸、アケピプラセンタエキスなどを配合して保湿もしっかりしてくれます。

内容量150mlタイプオイル
特徴オーガニック配合成分セラミド・ヒアルロン酸
第7位

ビーバイイー

ナチュラル クレンジングミルク カモミールブレンドアロマ

価格:1,512円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カモミールをブレンドした癒し系クレンジング

お米に含まれている天然由来のセラミドや、カモミール、カレンデュラなど6つの植物由来成分を配合しているので、乾燥したお肌にしっとりとした潤いを与え、肌の状態を整えてくれます。

 

香りつきのクレンジングミルクで、カモミールをベースにラベンダー、ゼラニウムをブレンドしたとても落ち着きのある香りが特徴です。メイクを落としてカモミールの香りがふわっと広がり、とてもスッキリするのでおすすめです。

 

海外製品も多いなか、鳥取県出雲の湧き水を配合した安心できる国産製というのもポイントです。鉱物油、シリコン、合成着色料、動物性原料を使用していないので肌荒れがしやすい人にもおすすめできるクレンジングです。

内容量130mlタイプミルク
特徴ブレンドアロマ配合成分カモミール
第6位

ロゼット

クレンジングミルク

価格:1,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

敏感肌にやさしいロゼットのクレンジング

「洗わないクレンジングのススメ」というネーミングが斬新ですね。この商品は敏感肌の人向けに作られた乳液のようなクレンジングミルクです。肌を洗わないので、泡立つ成分は入っていません。

 

使い方は簡単。乳液のようなクレンジング剤をメイクに馴染ませて汚れを浮かして、化粧水でさっと拭き取るだけ。洗わないので顔の水分が保たれたままメイクを落とすことができるので敏感肌にとてもやさしく、もちもちの肌を維持することができます。

 

洗わないタイプですのでメイクを落とすにはマッサージなどが必要です。使用する場合は公式サイトなどで使用方法をよく確認しましょう。

内容量180mlタイプミルク
配合成分ローヤルゼリーエキスなど特徴洗わないクレンジング
第5位

持田ヘルスケア

コラージュ クレンジングミルク

価格:1,487円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかり洗い流してしっとり保湿

敏感肌と乾燥肌にうれしい、すすぎ落ちの良いクレンジングミルクです。お肌の潤いを残してメイクを落としてくれるので、洗った後のピリピリ感やつっぱり感が気になる方におすすめです。

 

メイクがしっかり落ちて、肌に違和感がないのでアレルギーを持っている人も使っています。乾燥肌で困っていて、ジェルタイプやオイルタイプを試したユーザーが、この商品で落ち着いたという意見もあるので乾燥肌の方は一度試してみてはどうでしょうか。

 

クレンジングミルクタイプですので、オイルタイプほどの洗浄力は見込めませんが、保湿と洗浄力の高い商品ですので敏感肌の方は試す価値のあるクレンジングです。

内容量100mlタイプミルク
配合成分エチルヘキサン酸セチルなど特徴-
第4位

牛乳石鹸

無添加 メイク落としオイル

価格:517円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無添加でとても優しいクレンジング

着色や料香料、防腐剤、鉱物油、アルコールなど肌にダメージを与えかねないものは使用していません。原料を厳選して作られていて、全アイテムで皮ふアレルギーテストを実施して、合格したものだけを採用しているのでとても安心して使用できます。 

 

やわらいテクスチャーで肌あたりの良いなめらかなミルクタイプ。保湿力の高い天然由来のセラミドを配合しているから、デリケートなお肌をしっとり保湿してくれます。マスカラも落とせますが、落ちにくいマスカラは少々手こずる可能性も。

 

敏感肌用のクレンジングを初めて買う人にまず試してみてほしい商品です。口コミも高評価ですので、どのクレンジングを試してみても合わないという方にもおすすめですよ。

内容量150mlタイプオイル
配合成分セラミド特徴無添加
PR

株式会社アテニア

【2019リニューアル NEW】アテニア スキンクリアクレンズ オイル アロマタイプ クレンジング

価格:1,870円(税込)

公式サイトで詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

年齢肌をやさしく癒すクレンジングオイル

無香料、無鉱物油、防腐剤パラベン、アルコール不使用の無添加クレンジングオイルです。オイル自体に少し色がついていますが、こちらは天然の成分によるものなのでご安心を。アレルギーテスト済み、ニキビのできにくいノンコメド処方の安心設計です。

 

手や顔が濡れている状態でも使用できます。一般的なグルー(接着のり)を使用したまつ毛エクステをしている方でも使えるという便利な商品です。ただし、まつ毛エクステを使用している場合は強くこすらず、やさしくマッサージしながらメイクオフしてくださいね。

第2位

ランクアップ

マナラ ホットクレンジングゲル

価格:3,722円(税込)

公式サイトで詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美容液で作ったクレンジング

肌に溜まった不要な角質をしっかりと浮かせてくれる、とってもおすすめなクレンジング。その秘密はカプセル化したパパイン酵素。

 

また美容液で作ったクレンジングということで、透明感をアップしてくてるハイドロキノン誘導体、ビタミンC誘導体、ハリと弾力をアップしてくれるコラーゲン、保湿力があるヒアルロン酸など、肌に良い成分ばかりが配合されているのだとか。

 

クレンジング力、保湿力、エイジングケア力など、どれをとってもパーフェクトなクレンジングだと言えるでしょう。

第1位

オルビス(ORBIS)

ORBIS OFF CREAM クレンジング

価格:2,530円(税込)

公式サイトで詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

うるおいほぐす極上クレンジング

硬くこわばった肌をやさしくほぐし、メイクオフしながら潤いを守り整える肌へと導きます。どんなインテリアとも相性が良く自分のお気に入りの場所におきたくなるデザインです。

 

今回この「オルビス オフクリーム」と「オルビスユー7日間トライアルセット」がセットになって、オルビス通販初めての方限定"初回送料無料","返品交換OK"で2530円(税込)で上記公式リンクからご購入いただけます!

敏感肌のクレンジング方法

敏感肌だからといって、クレンジングや洗顔を避けていると肌が汚れ、敏感肌が悪化してしまう可能性もあります。大切なのは、肌を清潔に保つこと。ここでは敏感肌の方向けに、クレンジングの方法をご紹介します。

敏感肌クレンジングのポイント

敏感肌は、クレンジング材や洗顔料で刺激を感じてしまうことがあります。可能な限り刺激の少ないクレンジング剤・洗顔料を購入することが肝心です。ポイントをご紹介するにあたってどうしても欠かせない部分です。

 

購入を検討している方は本記事や、下記の記事を参考にして、自分にあった商品を購入しましょう。

ダブル洗顔をする

顔に塗ったファンデーションは、洗顔だけでは完全に落とすことができません。クレンジングと洗顔で、ファンデーションなどのメイクを綺麗に落としましょう。肌に汚れが残っていると、肌荒れや敏感肌の悪化といった肌トラブルにつながります。

 

しかし、クレンジングと洗顔を両方おこなうのは、肌の負担になることも事実です。クレンジング料・洗顔料ともに敏感肌向けの商品を選ぶようにすると良いでしょう。弱酸性の商品や低刺激という記載のある商品の購入をおすすめします。

 

また、クレンジング料の中には、ダブル洗顔不要という商品があります。クレンジング後の洗顔が不要で、保湿成分などを含んでいる商品ならば、肌にかかる負担も減らすことができるでしょう。

クレンジング前の準備

クレンジングをする前に準備の段階も重要です。敏感肌の方は、特に汚れに注意が必要です。洗顔やクレンジングの前に、必ず手を洗いましょう。汚れた手で肌に触ることもさまざまな肌トラブルにつながります。

 

また、髪が邪魔にならないように、しっかりとまとめておきましょう。クレンジング後に使用するタオルは使いまわさず、毎日清潔なタオルを使用してください。こういった細かいことが、肌には大きな負担になり得るということを覚えていきましょう。

適量を使い、よく馴染ませる

クレンジング料が少ないとメイクを充分に馴染ませることができません。それによって肌を擦ってしまい、肌への負担につながることも懸念されます。適量は商品によって異なりますが、クリームタイプの場合はさくらんぼ粒ほどの大きさが目安です。肌を擦っていると感じることがあれば、少し多めに取るようにしてください。

 

クリームタイプのクレンジング料の場合は、よく馴染ませることで効果を発揮します。クリームの白さがなくなり、肌色に変化します。また、馴染ませている手が軽くなったときが目安です。

ぬるま湯ですすぐ

熱いお湯ですすいだり、顔に直接シャワーをかける行為はNGです。熱いお湯ですすぎをすると、肌に必要な脂分や角質まで剥がしてしまいます。これも敏感肌が悪化する原因になるので注意しましょう。

 

また、冷たすぎることも良くありません。毛穴が閉まってしまい、汚れをキレイにとることができません。すすぎのときは、32度から34度程度人肌よりも少し冷たいと感じる温度のぬるま湯ですすいでください。



【優しいスキンケア】敏感肌におすすめのクレンジング

敏感肌の方が少しでも悩みを解決できるように、おすすめのクレンジングを紹介しましたが、どうでしたでしょうか。少しでも敏感肌に効果があるようにクレンジングを選ぶときは十分注意をして判断しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ