記事ID137919のサムネイル画像

【手作りアクセサリーに】UVレジンの人気おすすめランキング10選

ネックレスやピアス、チャームなど様々なアクセサリーや作品を手作りできることで人気のUVレジン。レジンの種類によって仕上がりも変わるため、おすすめなUVレジンを選ぶことが大切といえます。今回は人気のUVレジンのおすすめ商品をランキング形式で紹介していきます。

UVレジンでオリジナルアクセサリーが手軽に作れる

UVレジンは1液タイプのレジンのことでUVライトに入れると5分ほどで固まるため、手軽にレジンアクセサリーを作れることで人気を集めています。扱い方も非常に簡単なので、ハンドメイド初心者の方でも手軽にキラキラと輝くぷっくりとした作品を作ることが可能です。

 

一見同じように見えるUVレジンですが、性質や仕上がりの透明度などはメーカーや種類によっても違いがあります。そのため作りたい作品やどのような仕上がりを求めているかに合わせて選ぶことで、より美しいUVレジンアクセサリー作りを楽しむことができます。

 

今回はぷっくりツヤツヤ仕上がりが魅力のレジンアクセサリーが簡単に作れる、おすすめUVレジンをランキング形式で紹介していきます。作りたい作品に最適なUVレジン探しや自分好みのUVレジンを選ぶ際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

UVレジンの選び方

UVレジンは選ぶ種類によっても仕上がりや使い勝手に差が出ます。どのようなUVレジンを選べば良いか、ポイントとなる選び方を紹介していきます。

仕上がりの硬さで選ぶ

UVレジンにはソフト、ハードと仕上がりの硬さによっていくつかの種類があります。それぞれの特性もことなるため、作りたい作品に合わせた硬さを選ぶことが大切です。

アクセサリーパーツにおすすめな「ハードタイプ」

ハードタイプのUVレジンは硬化後はカチカチと固い仕上がりになるのが特徴で、現在主流となっているのがこちらのハードタイプになります。ハードタイプはさらっとしたテクスチャーなので、シリコンモールドなどの型に流し入れやすい使い勝手の良さも魅力です。

 

粘着性も高くセッティング枠に直接UVレジンを流し込んだり、型に流し入れて型を抜くデザインにむいています。硬化した後は形を変形することができないため、アクセサリーパーツやスイーツデコ、ドールハウスなどのミニチュアパーツとして使われることが多いです。

 

硬化した後の表面やツヤツヤに仕上がるため、光沢感を重視したい場合にはハードタイプのUVレジンがおすすめといえます。硬化前はさらっとしているため型の隙間までしっかりと流しやすい反面、型に入れすぎるとこぼれやすいため取扱には注意が必要です。

コーティングにおすすめな「ソフトタイプ」

ソフトタイプのUVレジンはハードタイプと比べると粘度が高いのが特徴で、硬化した後は2、3mmの厚さであればグニャグニャとした柔軟性のある仕上がりになるのが特徴です。どちらかというと紙や布などのコーティングとしての用途にむいているレジンです。

 

シリコンモールドやセッティング枠などの使用もできますが、ドロッとしたテクスチャーなので複雑な型だと細部まで流しにくいためレジンの扱いにある程度慣れた方向けといえます。ハードタイプで作ったパーツのコーティングとして使用する場合も多いです。

 

ソフトタイプのUVレジンの魅力は硬化した後に加工しやすい点にあります。そのため硬化した後カッターなどでカットしたものをデコレーションパーツなどアイデア次第でデザインの幅が広がります。また柔軟性があるため落としても壊れにくいものポイントの1つです。

使い勝手の良さで選ぶ

UVレジンは硬化するまでの時間や硬化する波長の違いなどによって使い勝手の良さが変わります。UVレジンの使い勝手を左右するポイントについて紹介するため参考にしてみてください。

「硬化時間」によって作業効率が変わる

UVレジンには紫外線を当てて硬化するまでの「硬化時間」と呼ばれるものがあり、メーカーや種類によっても硬化時間には差があります。硬化時間が短いほど作業時間を短縮することができるため、より手軽にUVレジンでアクセサリー作りを楽しむことができます。

 

より硬化時間を短縮したいという場合には、UVレジンを硬化するUVライトのワット数にも注目するようにしましょう。ワット数が高くなるほど硬化時間は短縮することができますが、その反面反応熱も多くでているため取扱いには充分に注意する必要があります。

 

一般的には太陽光やUVライトのみで硬化するUVレジンですが、最近ではLEDライトでもこうかするタイプも販売されています。LEDライトの方がより硬化時間を短縮することができますが、種類はまだまだ少ないためデザインの幅が限られます。

扱いやすさは「粘度」で変わる

UVレジンはメーカーや種類によって粘度の違いがあり、サラッとしたものからドロッととろみのあるものまで様々です。粘度の高いものは沢山乗せても垂れにくいためぷっくりとした仕上がりの作品を作りたいという方におすすめのUVレジンといえます。

 

表面張力が働くためコラージュペーパーや押し花などを覆いながら全体コーティングしたいという場合には、粘度の高いUVレジンがおすすめです。その反面粘度が高いため気泡が入りやすい性質があるため、UVライトなどで硬化する前には気泡を取り除く必要があります。

 

粘度が低いものは流れやすいですが、繊細な型などでも全面に綺麗に流しやすいのが魅力です。気泡も入りにくいため扱いやすいですが、押し花など段差のあるパーツを埋め込む場合にはむいていません。使用目的に合わせた粘度のUVレジンを選ぶことで仕上がりに差がでます。

長時間の作業する上で大切な「UVレジンの臭い」

UVレジンには特有の臭いがあるため、作業を行う際はしっかりと換気を行いマスクなどを着用することが大切になります。しかしながら、しっかりとした換気対策を行っていても臭いの感じ方には個人差があるため、自分が気にならない臭いのUVレジンを選ぶことが大切です。

 

UVレジンはメーカーや種類によっても臭いの強さや香りには違いがあるため、使用していてクラッとするような感覚があるものは使用を避けるようにしましょう。臭いの確認はパッケージなどからは判断しにくいため、口コミやレビューを参考にするのがおすすめです。

 

UVレジンの中には別の香りをつけられているものもあるため、UVレジンの臭いがどうしても苦手という方は別の香りをつけたタイプを使用してみてはいかがでしょうか。自身にとって使いやすい臭いのUVレジンを選ぶことで、作業効率を高めることにもつながります。

仕上がりの良さで選ぶ

UVレジンを選ぶ上で重要なのが硬化した後の仕上がりの良さです。ここでは美しい仕上がりのアクセサリーを作るうえで確認しておきたいポイントについて紹介していきます。

失敗を減らすために「収縮率」が低いものを選ぶ

UVレジンは紫外線を照射することで化学反応によって硬化させています。この際、UVレジンは発熱し収縮をする特性をもっています。この硬化時に収縮する程度はメーカーなどでも異なるため、UVレジンを購入する際には収縮率にも注目して選ぶことが大切です。

 

収縮率が高いものはシリコンモールド等の方に隙間ができたり、反り返ったり、表面がつるんとしない場合があります。そのため個々のレジンの収縮率を考慮して量を調節する必要があるため、レジンの扱いに慣れていないという場合には少し難易度が高くなります。

 

レジン初心者の方やレジンの収縮による失敗を少なくしたいという場合には、収縮率の低いUVレジンがおすすめです。特にシリコンモールドなどの型に流し込む場合には、収縮率が低いタイプを選ぶことで型通りに作品を作ることができるため仕上がりも美しくなります。

透き通った作品作りなら「透明度」に注目する

UVレジンは無色透明であることが特徴といえますが、透明度はメーカーや種類などで違いがあります。そのためこのUVレジンの透き通った雰囲気のまま作品を作りたいという場合には、なるべく透明度の高く曇りの少ないUVレジンを選ぶことが大切です。

 

また透明度と合わせて注目したいのが、黄変のしやすさです。UVレジンはきちんと保管をしていても徐々に黄ばんできてしまう特徴があります。透明度と同様に黄変のしやすさも種類によって異なり、黄変しにくいものはより長い期間美しい状態で作品を保つことができます

 

透明度や黄変のしやすさについては実際に使用してみたり、数年使用し続けてみないと判断しにくい部分ではあります。そのため、UVレジンを購入する際には実際に使用している方のレビューや口コミなどを参考にしてみることで、UVレジンを長く楽しむことができます。

UVレジンの人気ランキング10選

第10位

ヒマラヤ

UVレジン液

価格:2,295円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

気泡が入りずらいので仕上がりが美しいUVレジン

レジン特有の硬化時の縮みが少なく、思い通りの作品が作りやすいハードタイプのUVレジンです。ほどよい粘度で気泡が入りにくいのが特徴で、気泡ができた場合にもつまようじなどで簡単につぶすことができるため初心者の方でも失敗しにくいのが魅力です。

 

透明度も申し分ないため厚みのある作品でも曇りにくいため、アクセサリーパーツはもちろん様々な作品作りに適しています。完全硬化後のべたつきも少なく100gと大容量タイプなので、品質とコスパどちらもこだわりたいという方におすすめのUVレジンです。

種類ハードタイプ硬化時間目安2~4分
収縮率-内容量100g
第9位

パジコ(PADICO)

星の雫 ソフト

価格:1,150円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

黄変しにくいためコーティング剤としてもおすすめの1本

星の雫のUVレジンは硬化スピードが速く、UV-LEDライトを使用すればわずか30~90秒でき作業効率重視の方におすすめのUVレジンです。クリスタルのような風合いで透明度も高く、また経年劣化による黄変も少ないのが特徴です。

 

ソフトタイプなので柔軟性があり硬化した後のバリもはさみで綺麗に取り除くことが可能です。完全硬化後はべたつきも少なく耐水で丈夫な仕上がりとなるため、押し花などのパーツの埋め込みや、最後の仕上げのコーティング剤としてもおすすめのUVレジンです。

種類ソフトタイプ硬化時間目安UV-LEDライト(6W〜9W):30〜90秒・UVライト(36W):2〜4分・太陽光(晴天時):30〜90秒
収縮率約6%内容量25g
第8位

Centrex

リュミエラUVクラフトレジン液 スタンダードタイプ

価格:1,098円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

適度な粘性で初心者の方でも扱いやすい

「リュミエラUVクラフトレジン液」は、硬化前の粘度を使用用途や好みに合わせて3タイプから選ぶことが可能です。中でも中粘度であるスタンダードタイプはほどよい粘度があるため、汎用性が高く初心者の方でも扱いやすく人気のあるUVレジンです。

 

透明感の高く経年劣化による黄変も少ないため、美しさを長持ちさせたい作品作りにも向いています。先端部分のノズルは細くなっているため、繊細なデザインや隙間などにも直接流し込みやすく手軽にUVレジンづくりを楽しむことが可能です。

種類ハードタイプ硬化時間目安UVライト(36w):2~5分・太陽光:5~30分
収縮率-内容量65g
第7位

株式会社GreenOcean

まさるの涙 クリア

価格:1,137円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

UV・LEDライトどちらにも対応した使いやすいUVレジン

こちらのUVレジンは、70gと大容量ながら低価格で購入することができるコスパに優れているのが魅力です。UVライト対応のレジンがほとんどの中で、UVライト・LEDライトどちらでも硬化することができるため、LEDライトを持っている方は買い替える必要がありません。

 

着色剤との相性も良くきれいに混ざるため、自由に自分好みのカラージェルを楽しむことができます。低価格ながら透明度も高いので大きな作品を作りたいという方や、高品質ながらコスパに優れたUVレジンを探しているという方におすすめの商品です。

種類ハードタイプ硬化時間目安UVライト(36w):3分・LEDライト(18w):1分
収縮率-内容量70g
第6位

パジコ(PADICO)

UVレジン 太陽の雫 ソフト2本セット

価格:2,293円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

柔軟性のある仕上がりでスマホカバーに最適

「UVレジン 太陽の雫 ソフト」は柔軟性のあるやわらかでしなやかな仕上がりが特徴で、スマホカバーやデコレーションパーツ作りとしてもおすすめなUVレジンです。程よい粘度があるため使い勝手もよく、UVレジン初挑戦という方でも簡単に作業することができます。

 

完全硬化後の仕上がりはべたつきが少なく、クリスタルのような透明感があるため透け感を生かした作品作りにも向いています。はさみやカッターなどで簡単にカットすることができるため、ハードレジンと組み合わせて使用したりと作品の幅が広がります。

種類ソフトタイプ硬化時間目安UVライト(36W):2~10分・太陽光(晴天時):10~30分・太陽光(曇天時):30~60分
収縮率約6%内容量25g
第5位

パジコ(PADICO)

UV-LEDレジン 星の雫ハードタイプ

価格:2,282円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

経年劣化による黄ばみが少ないから長持ちする

こちらのUVレジンの最大の魅力は硬化後の経年劣化による黄変が少ないという点です。硬化したてのクリスタルのような透明感のある仕上がりが長持ちするため、大切な方への贈り物やいつも身に着けるアクセサリーなどを作りたいという方におすすめのUVレジンです。

 

UV-LEDライトを使用した場合1~2秒から硬化がはじまり30~90秒の短時間で完全硬化するため複雑な作品作りも効率的に行えます。硬化した後は耐水で丈夫な仕上がりとなるため、アクセサリーだけでなくチャームやヘア飾りなど様々な用途として使用することができます。

種類ハードタイプ硬化時間目安UV-LEDライト:30~90秒
収縮率約6%内容量25g
第4位

ケミテック

クラフトアレンジ ハイブリッド

価格:803円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量でコスパに優れたハードタイプ

ガラスのような透明感のある仕上がりになるのが特徴の「クラフトアレンジ ハイブリッド」ですが、65gのボリュームある内容量なのに1000円以下と低価格で購入することができるのが魅力です。一度にたくさんUVレジンを使用するような作品にぴったりのアイテムといえます。

 

以前は臭いがキツイといった声もありましたが、臭いをおさえた仕様に変更になっているため作業中も快適にUVレジンを扱えます。硬化後はべたつきが気になる場合もあるため、仕上げとしてソフトタイプのUVレジンなどでコーティングするなど併用するのがおすすめです。

種類ハードタイプ硬化時間目安UV・LEDライト(36w):30秒・UVライト(36w):2分・太陽光(晴天時):1分
収縮率-内容量65g
第3位

アンジュ(Ange)

スーパーレジンUVクリスタル

価格:2,890円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

臭いが少なく使い勝手がいいUVレジン

仕上がりの透明度が高くつやつやに仕上がるため、透け感のあるアクセサリーパーツを作りたい方におすすめのUVレジンです。程よい粘度で扱いやすく、硬化不良もおきにくいため初心者の方でも美しい作品作りを手軽に楽しめます。

 

同メーカーであるスーパーレジンUVクリスタルランプを使用することで、わずか3分ほどでしっかり硬化することができます。他のUVレジンと比べても臭いがほとんどなく、レジン特有の臭いが苦手という方や長時間作業を行うという方にも快適に作業をすることが可能です。

種類ハードタイプ硬化時間目安スーパーレジンUVクリスタルランプ使用時:約3分
収縮率-内容量25g
第2位

パジコ(PADICO)

UVレジン 太陽の雫 2本セット

価格:1,884円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

気泡が少なく初心者におすすめのUVレジン

粘度が低くサラッとしたテクスチャーのUVレジンで、気泡ができにくいのが魅力です。気泡ができてしまっても簡単につぶすことができるため、エンボスヒーターなどの気泡を消す専用の道具がない方でも美しく仕上がります。初心者の方におすすめのUVレジンといえます。

 

硬化した後のべたつきも少なくサラッとした仕上がりなので、アクセサリー作りにもおすすめです。独特な臭いがありますがそこまで強くないため、きちんと換気対策を行えば問題なく使用可能です。透明度が高いため、透け感のある作品作りをしたい方にぴったりなレジンです。

種類ハードタイプ硬化時間目安36w:2~10分・太陽光(晴天時):10~30分・太陽光(曇天時):30~60分
収縮率約6%内容量25g
第1位

清原(KIYOHARA)

UVクラフトレジン液 UVR55G

価格:900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使い勝手・仕上がりの良さピカイチのUVレジン

UVレジンの中でもリピート率が高いのがこちらの「UVクラフトレジン液 UVR55G」です。ハードタイプながら適度な粘度があるため、気泡が入りにくく押し花やパーツなどのコーティングとしても使いやすくバランスの取れたUVレジンです。

 

臭いも少なく仕上がりの透明度もよくべたつきも少ないため、初心者の方でも簡単に美しいUVレジン作品を作ることができます。価格としては少し高めの値段設定ではありますが、使い勝手の良さと仕上がりの美しさどちらもバランスがよく人気の高いUVレジンです。

種類ハードタイプ硬化時間目安36w:3分・9w:4分・太陽光:3~30分
収縮率-内容量55g

UVレジンの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5043817の画像

    清原(KIYOHARA)

  • 2
    アイテムID:5043990の画像

    パジコ(PADICO)

  • 3
    アイテムID:5043994の画像

    アンジュ(Ange)

  • 4
    アイテムID:5044019の画像

    ケミテック

  • 5
    アイテムID:5044022の画像

    パジコ(PADICO)

  • 6
    アイテムID:5044203の画像

    パジコ(PADICO)

  • 7
    アイテムID:5044227の画像

    株式会社GreenOcean

  • 8
    アイテムID:5044251の画像

    Centrex

  • 9
    アイテムID:5044360の画像

    パジコ(PADICO)

  • 10
    アイテムID:5044369の画像

    ヒマラヤ

  • 商品名
  • UVクラフトレジン液 UVR55G
  • UVレジン 太陽の雫 2本セット
  • スーパーレジンUVクリスタル
  • クラフトアレンジ ハイブリッド
  • UV-LEDレジン 星の雫ハードタイプ
  • UVレジン 太陽の雫 ソフト2本セット
  • まさるの涙 クリア
  • リュミエラUVクラフトレジン液 スタンダードタイプ
  • 星の雫 ソフト
  • UVレジン液
  • 特徴
  • 使い勝手・仕上がりの良さピカイチのUVレジン
  • 気泡が少なく初心者におすすめのUVレジン
  • 臭いが少なく使い勝手がいいUVレジン
  • 大容量でコスパに優れたハードタイプ
  • 経年劣化による黄ばみが少ないから長持ちする
  • 柔軟性のある仕上がりでスマホカバーに最適
  • UV・LEDライトどちらにも対応した使いやすいUVレジン
  • 適度な粘性で初心者の方でも扱いやすい
  • 黄変しにくいためコーティング剤としてもおすすめの1本
  • 気泡が入りずらいので仕上がりが美しいUVレジン
  • 価格
  • 900円(税込)
  • 1884円(税込)
  • 2890円(税込)
  • 803円(税込)
  • 2282円(税込)
  • 2293円(税込)
  • 1137円(税込)
  • 1098円(税込)
  • 1150円(税込)
  • 2295円(税込)
  • 種類
  • ハードタイプ
  • ハードタイプ
  • ハードタイプ
  • ハードタイプ
  • ハードタイプ
  • ソフトタイプ
  • ハードタイプ
  • ハードタイプ
  • ソフトタイプ
  • ハードタイプ
  • 硬化時間目安
  • 36w:3分・9w:4分・太陽光:3~30分
  • 36w:2~10分・太陽光(晴天時):10~30分・太陽光(曇天時):30~60分
  • スーパーレジンUVクリスタルランプ使用時:約3分
  • UV・LEDライト(36w):30秒・UVライト(36w):2分・太陽光(晴天時):1分
  • UV-LEDライト:30~90秒
  • UVライト(36W):2~10分・太陽光(晴天時):10~30分・太陽光(曇天時):30~60分
  • UVライト(36w):3分・LEDライト(18w):1分
  • UVライト(36w):2~5分・太陽光:5~30分
  • UV-LEDライト(6W〜9W):30〜90秒・UVライト(36W):2〜4分・太陽光(晴天時):30〜90秒
  • 2~4分
  • 収縮率
  • -
  • 約6%
  • -
  • -
  • 約6%
  • 約6%
  • -
  • -
  • 約6%
  • -
  • 内容量
  • 55g
  • 25g
  • 25g
  • 65g
  • 25g
  • 25g
  • 70g
  • 65g
  • 25g
  • 100g

まとめ

ここまでアクセサリーやデコレーションパーツづくりに人気なUVレジンの選ぶ方やおすすめの商品をランキング形式で紹介しましたがいかがでしたでしょうか。UVレジンによって仕上がりや使い勝手も異なるので、自分好みのUVレジン選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ