記事ID137912のサムネイル画像

【空気の力で上げる】エアージャッキのおすすめ人気ランキング10選

エアージャッキは車の整備などに利用したり、設備の移動などに用いられたりします。また、DIYなどをする時にも使用できて幅広い場面で活躍してくれます。今回は空気の力を利用するエアージャッキについておすすめ商品を紹介していきます。

ジャッキアップの方法は様々、エアージャッキの魅力

エアー(空気)の力を利用してジャッキアップを行えるジャッキアップの方法をエアージャッキと呼びます。コンプレッサーにつなげることでエアーを供給して持ち上げるシステムのエアージャッキなど種類は様々です。

 

エアージャッキは、油圧式などと比べて安全面とパワーが評価されています。しかし、重量のあるものが多く準備するのも時間を要することが多かったのです。そのため、販売台数も減少傾向にありました。

 

ただ、これまでのようなサイズではなく、コンパクトなものが種類が販売をされ始めています。エアージャッキは新しい形に進化して、より使いやすくより性能が向上したエアージャッキとなっています。

エアージャッキの選び方

エアージャッキのタイプが各メーカーから販売されています。それぞれで特徴がエアージャッキにあるので、選ぶポイントを1つ1つ見ていきましょう。

床高で選ぶ

床高は抑えておかないといけないポイントです。なぜなら、エアージャッキを車に使用する場合、車下に入れられなくなる場合があるからです。

低車高タイプには低床タイプを

車の床高が低い場合には、それに適したサイズのエアージャッキを選ばなければいけません。最近のモデルでは、コンパクトで床高が低いモデルが登場しています。自分が使用したい車両の床高をみて購入するようにしましょう。

 

耐荷重量は、その分落ちるデメリット面はありますが、それでも3000kgを超える重量を持ち上げるスペックを持ち合わせるジャッキが多数販売されています。十分な能力を兼ねています。

 

中、大型のトラックでは、床高は高いものが多くて低い車両は普通乗用車か、さらに小型のコンパクトカーサイズになってきます。床高が低い車両については最大荷重が足りないというのは少ないかもしれません。

トラックには高床タイプ

トラックジャッキは床高が低いタイプではないので、重量の重いトラックを持ち上げるべく最大荷重も高いものが多く販売されています。その重さは数十トンにも及ぶので安心してお使いになれます。

 

仮に低床タイプのエアージャッキも使えないことはありますが、設定するのにも高めの設定なので、なかなか合わせるのにも時間を要してしまいます。トラックサイズへの使用がわかっているのであれば、高め設定のされたタイプを購入する方が得策でしょう。

 

その他にも、補助ネジが取り付いていたり細かい調整ができるものが多く、設定も簡単なので運搬会社の倉庫などで使用するのであれば、素早く楽に取りかえられるエアージャッキをおすすめします。

動力源で選ぶ

動力には何を使用するのかも確認しておきたいポイントです。電気なのか、排気ガスなのか手動式との併用なのか様々です。

電動で持ち上げる

エアーコンプレッサーを使用してエアーポンプを動かすタイプがこちらです。これには専用のエアーコンプレッサーから供給して稼働させる必要があります。

 

車以外に動力源が必要になる供給方法なので、動力源のコンプレッサーがない場所では使用できないのがデメリット点になります。なので、場所が固定されているガレージなどでの使用を考えている方にはおすすめします。

 

しかし、動力源の供給が開始されれば、人力に頼ることなくスムーズな持ち上げが行えるようになります。これ1つあれば複数台の対応も素早く実行することができます。強力なパワーで人力では得られない稼働率を発揮してくれます。

排気ガスを利用して持ち上げる

排気ガスを利用して車を持ち上げるタイプです。オフロードの砂利道などでタイヤをとられて動けなくなった時などの車両トラブルに遭遇した際に、このタイプが車載されていれば、心配することなく対応できます。

 

このタイプは、車さえ動いていれば使用できるので、緊急事態にこそ活躍してくれるのです。車から排出される排気ガスを専用のチューブにつないでエアーを送り込みます。エアーを送り込み際は運転席には乗っていた方がいいです。

 

エアージャッキのいい所は四輪がスタックしていても、エアージャッキを中に入れられさえすれば膨らませることができるのです。注意点は、シャーシ部分に突起物がないところになるべく入れて膨らませるのです。不用意に入れて破けてしまう可能性もあります。

手動との併用で持ち上げる

エアージャッキのパワーと最初、取り付ける時の細かな動きをフットポンプなどの手動で行うことで調整することができます。全てをエアージャッキで行うことも可能ですが、微調整はフットポンプで行うことで接地面を確認しながら作業できます。

 

エアージャッキと手動式の併用のメリットは、通常レバーを振れない狭いところでも使えるのがいい所です。限られた場所でもタイヤの脱着やエンジンなどの点検を行うことができます。場所を選ばず使用できますね。

 

どうしても広い場所を確保できないところってありますよね。そういった場面で活躍してくれます。エアージャッキで作業時間を大幅に短縮できる上に、不用な労力を使わないで本来の目的を達成できるのはメリットです。

用途で選ぶ

エアージャッキを使用するシーンはどんな場面ですか。それぞれの場面によって使い方もエアージャッキの形状・タイプも異なります。

車のドアロック解除や狭い隙間を広げる道具に

自動車の修理やドアロック解除時に使用したり、様々な場面で活躍するエアージャッキするコンパクトなタイプもあります。自動車のジャッキアップとは違いますが、自動車以外でも使用できるのが魅力です。

 

例えば、家具や家電などを持ち上げて移動させたい時に、隙間がほとんどなくて手も入れられないケースもありますよね。そういった時にもこちらの商品があれば、手動で膨らませて隙間を作り出すことができます

 

そういったジャッキアップの方法としても、エアージャッキの魅力を発揮してくれるのです。それ以外にもエアコンの配管補修工事の作業でも活躍してくれます。非常に使いやすく、こういった使い方をするのならコンパクトなエアージャッキを選びましょう。

静音性能で選ぶ

車のリフトアップ目的で使用するのだと、どうしても音が大きくなってしまいます。もちろん、工場などで日中の時間なら苦情がくることもありませんが、それでも騒音問題でご近所トラブルはなるべく避けたいですよね。

 

最近のエアージャッキは、音にも気を配り静音性能が高いものが登場しています。上手く活用して静音問題を解決していきましょう。また、音問題には圧縮空気の放出される音も関わっており、不用なエアーが出ない製品もあります。

 

このような、音を静かにする取り組みがあることで、騒音問題は減少していくことでしょう。コンプレッサーを使用することで、ハイパワーを実現してくれてスピーディーな活動が行えますが、その反面でこういった部分への配慮も必要なのです。

エアージャッキのおすすめ人気ランキング10選

第10位

kikaiya

低床エアージャッキ

価格:55,800円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低床だから使い勝手のいいエアージャッキ

こちらのエアージャッキはエアーと手動の兼用で持ち上げる車用のジャッキです。2tの重さまで耐えられて、低床式なので車両のシャーシ部分中心まで接地面を持っていくことができます。

 

それによって持ち上げ時にジャッキポイントが奥にある車でも、しっかりとジャッキポイントを捉えられるので弱い部分に当たらず安定したジャッキアップを可能にします。また、保証期間が購入してから6ヶ月間の保証も付いています。

 

そして、コストパフォーマンス面も充実しています。この性能でこの価格は、他社の同製品と比べてもかなりお買い得です。使い勝手がよくて、迅速、スムーズなジャッキアップを可能にしてくれます。

タイプ低床動力源コンプレッサー
重量58kg最大荷重2t
第9位

工具屋さんYahoo!店

長崎ジャッキ 静音低床エアージャッキ NLA-21P-S

価格:107,000円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静音性能を取り入れられたエアージャッキ

こちらの長崎ジャッキが販売する騒音値やエアの流量を大幅に削減した環境優しいモデルです。騒音問題がすぐに騒がれるようになったこのご時世には、特に気にしなければならない問題なのかもしれません。

 

従来のNLP-2Pと比較した実験でも、エア圧1.0Mpaでジャッキアップを行った結果、NLP-2Pですと90db、550ℓ/minの音量であったのに対して、こちらのNLA-21P-Sでは69㏈、3930ℓ/minという結果になりました。

 

これは、90dbであると騒がしい工場内や人の大声、犬の鳴き声レベルの音を放っていることになります。一方で、69㏈であると新幹線の車内や、日常会話、波の音レベルまでおさえられるのです。騒音問題にならないレベルですね。

タイプ低床動力源コンプレッサー
重量最大荷重2.1t
第8位

suncardo

SNITエアージャッキJアタッチメント付

価格:159,516円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さいながらパワフル

大型のバスなどにも使用できる小さいボディからは想像できないくらいのパワー持っています。SNIT社は自動車整備や産業、農業、鉱物など広い分野で使用されている空気油圧機器の専門メーカーです。

 

設計に関してもラボを管理しており、独自のチェックを行い高品質な製品を提供してくれます。加工精度を高めるために自社の部品を90%以上使用しています。品質の良さは材料の選び方から、すでに始まっているのです。

 

こちらのエアージャッキの特徴は3段式ジャッキアップを行ってくれる設計となっております。1段のみだと40tの重さに耐えられ、2段だと20t、3段目まで上昇させると10tまでの最大荷重をもちます

タイプ低床動力源
重量44kg最大荷重1段:40t、2段:20t、3段:10t
第7位

PChero

エアーウエッジ

価格:1,399円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量、コンパクトで家具の移動などにも

小型のエアージャッキでわずかな隙間さえあれば、空気を送りこんで隙間を広げられるのです。車のドアを開放させる時や家具を少しだけ上げたい時などに使用するといいですね。ドアストッパーの役割など様々なシーンで使用できます。

 

2つセットなので1つを入れて隙間を広げたら、他の空いた隙間にもう1つを入れて隙間を広げていきます。耐荷重量も最低でも150kgあるので2つエアージャッキを上手く活用すれば問題なく動かせます。

 

キャビネットの下にカーペットなどを後で入れたい時や、掃除をしたい時などに登場させると活躍してくれるでしょう。家具や車など傷をつけたくないものを扱う時には、こちらのアイテムを使ってみましょう。

タイプ膨張式動力源手動
重量最大荷重150kg(黒)、200kg(緑)
第6位

悠遊ショップ

マルチ電動エアージャッキ&インパクトレンチセット

価格:0円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車のタイヤ交換が簡単に

こちらの商品はセット売りになっています。これがあればタイヤ交換が簡単に行うことができます。インパクトレンチでタイヤのネジを緩めたり、ジャッキも手動ではないので、力を使わずにさっと行えます。

 

エアージャッキは電動空気入れ、電動ジャッキ、LEDライトが一体化したタイプですべてのタイヤ付け替えに必要なインパクトレンチやシートベルトカッター、軍手などアイテムを網羅しています。

 

そして、動力源をシガーソケットから得られるように設計されているのが最大のポイントです。この商品を車に積載しておけば、どこにいても車さえ動いていれば作業を開始できます。急なタイヤ不良時にも使用できるので積載しておくと重宝しますね。

タイプ動力源シガーソケット
重量90kg最大荷重5t
第5位

ミナト電機工業ヤフー店

長崎 トラック用エアージャッキ NTJ-35SH

価格:159,090円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大型トラック対応モデル

大型トラックには通常の大きさでは対応できません。そこには、それ専用のエアージャッキが必要となります。このエアージャッキは、最高位は56cm、最高ストローク15cmになります。

 

そして、車高の高い大型トラックの重量にも耐えられる35tの最大荷重があります。安全面にも配慮しており、自動降下機能を装備されていて、ゆっくりと降下してくれます。また、補助ネジで高さを微調整する機能もあります。

 

仮に、重量オーバーが発生した場合は、自動で安全弁が働く設定になっています。これだけの能力を持っていながら意外にもコンパクトな作りとなっているので、仕事での出張サービスとして使用するのもおすすめです。

タイプ高床動力源コンプレッサー
重量47kg最大荷重35t
第4位

AVAIL

エアージャッキスパイク付

価格:15,384円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いざという時に役立つアイテム

こちらのエアージャッキは膨らませることで持ち上げるタイプになります。車のタイヤがオフロードで脚をとられて動けなくなった場合や、急なタイヤ不良でタイヤ交換を余儀なくなった場合に活躍してくれます。

 

もちろん、車のジャッキアップしてタイヤ交換を行うのにも使用可能です。ただし、ジャッキアップにはコツが必要になります。ジャッキアップしたいところにエアージャッキを潜り込ませて適切な位置に設置して膨らませます。

 

すぐに膨らまないですし、位置を確認しながらになるので目が離せません。突起物があるところで膨らませてしまうと損傷の危険もあります。最初は慣れない可能性が高いことから試験的にジャッキアップを行っておくことをおすすめします。

タイプ膨張式動力源排気ガス、コンプレッサー
重量最大荷重3t
第3位

SILIVN

エアーウエッジ

価格:2,199円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使用は簡単、広範囲な用途で使える

軽くて扱いやすく、ジャッキでは入れられない隙間を広げられるので、ジャッキを入れる前準備にも使用することができます。外国製のゴム製品ですが、嫌な臭いなどしません。膨張部分は布で補強されています。

 

ただし、家具などを持ち上げる際は、家具の角やささくれなどには気を付けましょう。破損してしまう可能性もあります。また、初めに空気を送るゴム部分と膨張する部分が組み立てられていないため接続する必要があります。

 

用途としては、タンスやオーディオ、本棚、冷蔵庫などを持ち上げたりするために使用します。2mmの隙間があれば作業が開始できる商品です。エアーを抜くときにはポンプ脇のバルブを回転させて調整します。

タイプ膨張式動力源手動
重量最大荷重200kg
第2位

EHIME MACHINE

MASADA 低床型 エアージャッキ ASJ-18M-2S

価格:81,864円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

取り回しがよく耐久性も高いエアージャッキ

こちらのエアージャッキは、低床型でありしっかりとジャッキアップポイントに接地面を送り込むことができます。3tクラスのエアージャッキになると重量も75kg以上とかなり重たくなるのですが、こちらの商品は取り回しもよく61kgの重さです。

 

スペースに限りがあるガレージなどで効果的に働いてくれます。また、ハイリフトタイプであるので、エンジンが下に搭載されている古い車種の場合、エンジンいじりする時にも、しっかりとリフトアップしてくれ作業がしやすいです。

 

手動との兼用で持ち上げるタイプです。耐久性も高いエアージャッキなので、長期間使用し続けられるでしょう。価格も大幅にプライスダウンして販売されているのでお買い得商品です。

タイプ低床動力源コンプレッサー、手動兼用
重量61kg最大荷重1.8t
第1位

イチネンネット

長崎ジャッキ NLA-21P-S

価格:109,766円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静音性能に優れたエアージャッキ

音が大きくなく、夜でもジャッキアップして作業が行えるエアージャッキです。部品から製造工程まで全て自社で一貫して行うことで高い品質の製品となっています。信頼のあるメーカーです。

 

エアポンプも改良に成功し、エア消費量を大幅カットに成功しています。ペダルを使用してエアーを送り込むことができ、上手く使い分けるといいでしょう。油圧ジャッキでは体験できない使いやすさを実感できるでしょう。

 

全幅も狭いスリムなボディで馬ジャッキとの干渉を防止してくれます。硬質ナイロン車輪及びベアリング車輪が採用されており、スムーズな移動が可能です。ジャッキポイントにはゴムパッドが取り付けられています。

タイプ低床動力源コンプレッサー、手動
重量最大荷重2.1t

エアージャッキのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5047378の画像

    イチネンネット

  • 2
    アイテムID:5047377の画像

    EHIME MACHINE

  • 3
    アイテムID:5047376の画像

    SILIVN

  • 4
    アイテムID:5047375の画像

    AVAIL

  • 5
    アイテムID:5047248の画像

    ミナト電機工業ヤフー店

  • 6
    アイテムID:5047218の画像

    悠遊ショップ

  • 7
    アイテムID:5047181の画像

    PChero

  • 8
    アイテムID:5047132の画像

    suncardo

  • 9
    アイテムID:5047104の画像

    工具屋さんYahoo!店

  • 10
    アイテムID:5047056の画像

    kikaiya

  • 商品名
  • 長崎ジャッキ NLA-21P-S
  • MASADA 低床型 エアージャッキ ASJ-18M-2S
  • エアーウエッジ
  • エアージャッキスパイク付
  • 長崎 トラック用エアージャッキ NTJ-35SH
  • マルチ電動エアージャッキ&インパクトレンチセット
  • エアーウエッジ
  • SNITエアージャッキJアタッチメント付
  • 長崎ジャッキ 静音低床エアージャッキ NLA-21P-S
  • 低床エアージャッキ
  • 特徴
  • 静音性能に優れたエアージャッキ
  • 取り回しがよく耐久性も高いエアージャッキ
  • 使用は簡単、広範囲な用途で使える
  • いざという時に役立つアイテム
  • 大型トラック対応モデル
  • 車のタイヤ交換が簡単に
  • 軽量、コンパクトで家具の移動などにも
  • 小さいながらパワフル
  • 静音性能を取り入れられたエアージャッキ
  • 低床だから使い勝手のいいエアージャッキ
  • 価格
  • 109766円(税込)
  • 81864円(税込)
  • 2199円(税込)
  • 15384円(税込)
  • 159090円(税込)
  • 円(税込)
  • 1399円(税込)
  • 159516円(税込)
  • 107000円(税込)
  • 55800円(税込)
  • タイプ
  • 低床
  • 低床
  • 膨張式
  • 膨張式
  • 高床
  • 膨張式
  • 低床
  • 低床
  • 低床
  • 動力源
  • コンプレッサー、手動
  • コンプレッサー、手動兼用
  • 手動
  • 排気ガス、コンプレッサー
  • コンプレッサー
  • シガーソケット
  • 手動
  • コンプレッサー
  • コンプレッサー
  • 重量
  • 61kg
  • 47kg
  • 90kg
  • 44kg
  • 58kg
  • 最大荷重
  • 2.1t
  • 1.8t
  • 200kg
  • 3t
  • 35t
  • 5t
  • 150kg(黒)、200kg(緑)
  • 1段:40t、2段:20t、3段:10t
  • 2.1t
  • 2t

まとめ

いかがでしたか。エアージャッキといっても様々なタイプが登場しています。車のジャッキアップで使用するなら、油圧式とは違いスピーディーさに驚くことでしょう。また、それ以外の用途の製品も多数あるので、あなたが使いたいシチュエーションを考えて購入するといいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ