記事ID137908のサムネイル画像

【手早くボルト締め】インパクトレンチのおすすめ人気ランキング10選

インパクトレンチは工事現場での作業やクルマのタイヤ交換には欠かせない電動工具ですね。この記事ではインパクトレンチのおすすめ商品をランキング方式で紹介していますので、ご興味のある方はぜひ最後までご覧頂くことをおすすめします。

インパクトレンチで作業がスムーズに

インパクトレンチと聞いてどのようなアイテムかパッとイメージできる方は意外と少ないのではないでしょうか。インパクトドライバーなら容易に想像できますが、インパクトレンチもそれと似たような電動工具です。工事現場での作業やクルマのタイヤ交換によく使われます。

 

六角ボルトを締める際に使うのがレンチですが、手作業の場合はハンドルにソケットレンチを装着して締め付けを行います。この作業を短時間で完了させるために電動化した工具がインパクトレンチです。ドライバーとインパクトドライバーの関係と同じですね。

 

インパクトレンチとインパクトドライバーは外観も構造も似ていますが、インパクトレンチは先端部分が角ドライブと呼ばれる四角い形状になっています。また六角ボルトはネジと比べてより大型で頑丈な部品の取り付けに使われるため、インパクトレンチのトルクも強くなっています。

インパクトレンチの選び方

インパクトレンチはボルトを締めるだけの一見単純な電動工具ですが、様々なタイプがあるので最適な機種を探すのが中々難しいアイテムでもあります。選び方の参考例を挙げていきます。

給電方式で選ぶ

インパクトレンチは電動工具という名前の通り電力が無いと使えません。給電方法としては充電式とコード式の二種類ありますので、それぞれ解説していきます。

充電式コードレスタイプ

インパクトレンチは作業場所における固定電源の有無に影響されない手軽さが求められ、近年ではバッテリーを内蔵したコードレスタイプが主流になっています。新しい機種は従来品と比べて性能も向上しており、最大トルクもコード式と遜色がないほど上がっています。

 

ACコード式の最大トルクが1000Nm前後であるのに対し、これまでの充電式は最大750-800Nm程度でした。扱いやすい分パワーで劣るのが以前の充電式の位置づけでしたが、2018.3月に「HIKOKI」から1100Nmの充電式が販売されたことにより、イメージが大きく変わりました。

 

バッテリーの電圧は機種にもよりますが、凡そ10.8V-36Vの間に収まっています。10.8Vや14.4Vのモデルは重量も軽いので扱いやすいですが本格的な作業となるとやや非力な印象です。ある程度の汎用性を求めるのであれば18V以上の機種をおすすめします。

AC電源コード付きタイプ

最近のインパクトレンチは上記のコードレスタイプがポピュラーではありますが、有線式のモデルも数多く販売されています。充電式と比べて全体的に価格が安く、コンセントから常に電力が供給されるのでバッテリーの残量を気にせず使えるという点で優れています。

 

ボルト締めつけのパワーが強いというメリットもありましたが、近年ではコードレスタイプの性能が上がってきているため最大トルクという点での優位性は低いと言えるでしょう。ただし同程度のトルクの製品で比較した場合はコード式の方が価格面でリードしています。

 

AC電源式は単相100Vと単相200Vの二種類の機種があり、互換性はありませんので購入する際は注意しましょう。そして実際に使う際には現場にコンセントがあるかどうかの確認が必須です。この2点をチェックして電源の確保が出来れば安定したパフォーマンスを発揮してくれます。

スペックで選ぶ

作業によって必要なインパクトレンチの仕様は変わってきます。対応していないモデルを誤って購入しないように以下の2点はしっかりと確認しましょう。

締め付け力をチェック

ボルトを締める力はインパクトレンチを選ぶ上で大切なポイントの一つですね。インパクトレンチのパワーを確認するには「締付け能力」「締付けトルク」という二つの項目に注目しましょう。締付け能力はどのサイズのボルトに対応しているかを示しています。

 

締付け能力未満のボルトでは締めすぎてボルトやソケットを傷めてしまいますし、締付け能力を超えるボルトではインパクトレンチのモーター損傷の原因になります。締付けトルクは純粋なパワーを表す項目であり、締付け能力が上がるとそれに比例してトルクも増していきます。

 

クルマのタイヤ交換に使う場合は最大トルク200Nm以上のインパクトレンチを選びましょう。タイヤのホイールナットの締付けトルクは普通車で90-110Nm、軽自動車で70-90Nmとなっています。100Nmのナットを外すのに最大トルク100Nmの機種ではパワー不足になります。

ソケット角ドライブをチェック

インパクトレンチの先端は四角い形状になっており、これがインパクトドライバーと大きく異なる点でもあります。「角ドライブ」と呼ばれるこの部分にボルトやナットの規格に対応したソケットを装着します。インパクトレンチ用のソケットは手動用より頑丈に作られています。

 

ソケット取付け角ドライブの規格には6.3sq/9.5sq/12.7sq/19.0sq/25.4sqの5種類があり、右に行くほどボルトのサイズが大きくなります。6.3sqならM5-10のボルト、25.4sqならM22-30のボルトというように規格によってソケットサイズは異なりそれぞれの規格間の互換性はありません。

 

従って角ドライブのサイズに応じたソケットをそれぞれ個別に用意する必要があります。クルマのタイヤ交換に使う場合は12.7sqの角ドライブサイズを選びましょう。タイヤ交換用のソケットの多くはこのサイズが使用されており、選択肢を広げるためにもこの規格をおすすめします。

扱いやすさで選ぶ

インパクトレンチを選ぶにあたってトルクや対応ソケットは最重要ポイントですが、作業が負担にならないような扱いやすいモデルを選ぶことも大切です。

取り回しの良さをチェック

インパクトレンチは工具の中でも重量がある方なので、なるべく取り回しの良いものを選びたいですね。もちろん必要としているスペックを満たしていることが最優先ですが、それらをクリアした上で迷っている製品がある場合は軽くてコンパクトなものがおすすめです。

 

あまりに大きく重量感のあるインパクトレンチは持っているだけで疲れますので作業が捗りません。充電式のインパクトレンチはコンパクトなモデルも多いですが、バッテリーの重さが加わりますので注意しましょう。コード式ではコードの長さも確認する必要があります。

 

インパクトレンチをたまにしか使わないという方であれば、収納スペースを取らない小型の機種をおすすめします。製品によっては専用の収納ケースが付属しているものもあるので是非チェックしてみて下さい。重量に関しては1.5kg未満のモデルが軽くて使いやすいのでおすすめです。

オプション機能をチェック

上記で述べたパワーや対応サイズといった基本的な項目を確認するのはもちろんですが、インパクトレンチにはそれ以外にも作業に便利な付加機能を搭載しているモデルもあります。規格に適合した機種をいくつか選んだら、オプションの豊富さで決定するのも良いでしょう。

 

防塵防滴仕様の機種なら悪天候や粉塵の多い現場でも安心して使えますね。外部環境の影響を受けにくい密閉性の高い設計のため、故障し難くおすすめです。ブラシレスモーターを内蔵しているモデルは動作が安定しており、メンテナンスの手間も少なくなるので使いやすいです。

 

また打撃力切替え機能を搭載している機種は回転数や打撃数を変更できるので、ボルトの締め具合を調整したい場合に便利です。アングル型のモデルは通常のインパクトレンチでは入り込めないような狭い箇所での作業が可能ですので、一つは持っておきたいですね。

ブランドで選ぶ

インパクトレンチは様々なブランドから販売されていますので、まずは信頼できるメーカーを選ぶというのも良いですね。電動工具で有名なブランドを3つほど紹介します。

MAKITA(マキタ)

マキタは愛知県安城市に本社を置く電動工具の総合メーカーです。1915年に牧田茂三郎氏がモーターの販売修理を手掛ける個人商店「マキタ電機製作所」として、名古屋で創業したのが始まりです。木工・園芸機械からエア工具といった様々な電動工具を扱っている大手メーカーです。

 

インパクトレンチは全体的に柔軟な使い心地に仕上がっているのが特徴です。小型で扱いやすいものから大型でパワフルな機種までラインナップが豊富です。特にリチウムイオンバッテリーを搭載したモデルが人気で、同じ電圧のマキタ製の電動工具ならバッテリーの互換性があります。

 

そのためマキタの電動工具を複数持っているとバッテリーを使いまわせるため経済的かつ便利です。運転中の軸ブレ軽減機能を搭載している機種も多く、メーカーサポートも充実しているため初心者の方でも使いやすいおすすめのメーカーです。

HIKOKI(ハイコーキ)

ハイコーキは東京都港区に本拠を構える「工機ホールディングス社」の電動工具ブランドです。同社は1948年に日立兵器社の第二社として設立されました。2017年に日立グループから離脱し、2018年に旧社名「日立工機」から「工機ホールディングス」へ社名変更しています。

 

ハイコーキのインパクトレンチはコンパクトながら高いトルクを備えているのが特徴です。有線式に比べて「コードレスのインパクトレンチは力が弱い」というイメージを覆すモデルをリリースしたのもこのハイコーキです。パワフルさを求める方におすすめのブランドです。

 

パワーだけでなく握りやすいハンドル設計や運転モード変更など細かい調整ができるのも魅力的ですね。優れたエアフロー設計を採用しており冷却効率も高くなっています。6.0Ahのバッテリーは2年保証が付いているので、初めて電動工具を購入されるという方でも安心ですね。

BOSCH(ボッシュ)

ボッシュはドイツ・ゲルリンゲンに本社を置く自動車部品と電動工具のメーカー「ロバート・ボッシュ社」のブランドです。電動工具の世界的なシェアではマキタを上回るトップクラスのブランドです。国内では日本法人であるボッシュ社が輸入販売を行っています。

 

ボッシュのインパクトレンチは国内メーカーには無いオシャレなデザインと頑丈な設計が人気です。また過放電・過充電・過電流・オーバーヒートによる異常な高温からバッテリーをガードするための電子セル保護システム(ECP)を搭載しているのも特徴です。

 

このようにボッシュの電動工具はユーザーの安全を考慮した仕組みが随所に見られます。機能性と耐久性に優れたインパクトレンチは多くのプロフェッショナルから厚く信頼されています。日本とよく似たドイツの質実剛健なプロダクトを体感したいという方におすすめです。

インパクトレンチの人気ランキング10選

第10位

メルテック(meltec)

インパクトレンチ FT-50P

価格:6,941円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

握りやすいグリップで作業がスムーズ

赤のボディがおしゃれなこちらはAC100Vの有線式インパクトレンチです。コンセントに繋いで使用するのでトルクが安定し、バッテリーの残量を気にせず使えるのがメリットです。

 

価格面もお求めやすくなっているので、インパクトレンチ初心者の方にもおすすめできる商品です。

電源コード式重量2.1kg
最大トルク250Nmドライブ12.7sq
第9位

髙儀(Takagi)

EARTH MAN IW-180LiA

価格:13,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

18Vバッテリー搭載で素早くパワフル

ブラックのボディがカッコいいこちらは大容量バッテリーを搭載したコードレスタイプのインパクトレンチです。トルクの無段階変則・回転方向の切替え・LEDライトなどユーザー目線での便利な機能が多数搭載されたコストパフォーマンスに優れる商品です。

電源充電式重量1.4kg
最大トルク200Nmドライブ12.7sq
第8位

リョービ(Ryobi)

インパクトレンチ IW-2000

価格:14,171円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

回転速度をワンタッチで切替可能

インパクトレンチの人気メーカー「リョービ」の有線式モデルです。バッテリー残量を気にせず使えるほか、暗い場所での作業をサポートするLEDライトが搭載されているのがポイントです。本体重量も軽く、可変速レバーでトルクの切り替えが容易な点も好評です。

電源コード式重量1.5kg
最大トルク200Nmドライブ12.7sq
第7位

TONE

エアーインパクトレンチ AI4201

価格:18,092円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超小型でハイパワー

コンパクトな外観のこちらは、エアーコンプレッサーに接続して使うタイプのインパクトレンチです。ボディには特殊強化樹脂を採用しており、小型ながらハイパワーの出力に耐えられる構造になっています。軽量でもあるので長時間作業の負担を軽減することが出来ます。

 

左右どちらの手でも使えるフォルムですので、エアーコンプレッサーをお持ちの方におすすめしたい製品です。

電源コード式重量1.3kg
最大トルク700Nmドライブ12.7sq
第6位

マキタ(Makita)

インパクトレンチ TW285DZ

価格:18,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

信頼性と作業効率の追求

電動工具市場において不動の人気を誇る国内メーカー「マキタ」の18Vコードレスモデルです。コンパクトな充電モデルながら最大トルク260Nmの出力を備えており、ナットやソケットの抜け落ちを防止する逆転オートストップ機能など利便性も配慮されています。

 

内部にはブラシレスモーターを搭載し、外装は防塵防滴仕様と耐久性にも優れたおすすめのインパクトレンチです。

電源充電式重量1.7kg
最大トルク260Nmドライブ12.7sq
第5位

HiKOKI (ハイコーキ)

インパクトレンチ FWR18DGL(LEGK)

価格:19,172円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

握りやすいグリップと力強い駆動

旧日立グループの電動工具メーカーである工機ホールディングス社の人気ブランド「HIKOKI」の18Vコードレスモデルです。充電時間が40分と短く、タイヤ交換の際に便利なロングソケットも付属しているのが嬉しいですね。

 

品質の高い国産製品をお探しの方におすすめのインパクトレンチです。

電源充電式重量1.4kg
最大トルク162Nmドライブ12.7sq
第4位

ツールカンパニーストレート

インパクトレンチ 17-1800

価格:21,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量バッテリー搭載の高出力機種

ブラック・シルバーのツートンカラーが特徴的なこちらは、19.2V/2.0Ahのニッケル水素電池を内蔵したハイパワーモデルです。トリガーによって回転数を無段階にコントロールできるので、程よい締付け感でボルトを取り付けることが出来ます。

 

コードレスタイプながら最大トルク600Nmのパワフルさで人気の商品となっています。コストパフォーマンスに優れているとレビューでも評価の高い機種です。

電源充電式重量2.7kg
最大トルク600Nmドライブ12.7sq
第3位

ボッシュ(BOSCH)

インパクトレンチ GDX18V-180

価格:25,590円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロ基準の耐久性と安全性

鮮やかな青と赤のデザインがオシャレなこちらはドイツの電動工具メーカー「ロバート・ボッシュ社」のインパクトレンチです。業務向けとして人気のシリーズで、ボッシュ独自の2in1インパクトによりドライバービットもインパクトソケットも両方使用可能です。

 

暗所での作業をサポートするLEDライトも備えておりユーザーの視点に立った扱いやすい機種となっています。もちろん自家用車のタイヤ交換など一般家庭用としても十分対応しています。また異常高温からバッテリーを守る構造にも定評があります。

電源充電式重量1.5kg
最大トルク160Nmドライブ9.5sq
第2位

マキタ(Makita)

インパクトレンチ TW1001DRGX

価格:57,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

6.0Ahバッテリーの圧倒的スタミナ

日本国内で根強い人気を誇る大手電動工具メーカー「マキタ」の18Vコードレスモデルです。大型のブラシレスモーターを内蔵し、高出力と高耐久性を兼ね備えた機種となっています。3段階に切替え可能な打撃力と2灯LEDライトで幅広い状況に対応します。

 

やや重量がありますがパワーは申し分なしとレビューでも満足度の高い製品です。サポート体制も充実しているので初心者にもおすすめできるアイテムです。

電源充電式重量3.7kg
最大トルク800Nmドライブ19sq
第1位

パナソニック(Panasonic)

インパクトレンチ EZ7552LS2S-H

価格:81,192円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワーを引き出すWハンマー方式

黒基調のデザインがカッコいいこちらは「パナソニック」のインパクトレンチです。独自技術であるダブルハンマーブロックシステムを採用することにより、コンパクトなボディながら高トルクのパワーを実現しています。

 

リテーナリングによりソケットをスムーズに交換し、仮保持できるのでピンを容易に差し込めます。バッテリーには4.2Ahの電池を搭載し優れた持久力を備えています。IP56の防塵防水仕様になっているのも魅力的ですね。ですね。価格は高めですが高品質の機種です。

電源充電式重量2.6kg
最大トルク470Nmドライブ12.7sq

インパクトレンチのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5041088の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 2
    アイテムID:5041114の画像

    マキタ(Makita)

  • 3
    アイテムID:5041145の画像

    ボッシュ(BOSCH)

  • 4
    アイテムID:5041162の画像

    ツールカンパニーストレート

  • 5
    アイテムID:5041194の画像

    HiKOKI (ハイコーキ)

  • 6
    アイテムID:5041209の画像

    マキタ(Makita)

  • 7
    アイテムID:5041218の画像

    TONE

  • 8
    アイテムID:5041225の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 9
    アイテムID:5041234の画像

    髙儀(Takagi)

  • 10
    アイテムID:5041248の画像

    メルテック(meltec)

  • 商品名
  • インパクトレンチ EZ7552LS2S-H
  • インパクトレンチ TW1001DRGX
  • インパクトレンチ GDX18V-180
  • インパクトレンチ 17-1800
  • インパクトレンチ FWR18DGL(LEGK)
  • インパクトレンチ TW285DZ
  • エアーインパクトレンチ AI4201
  • インパクトレンチ IW-2000
  • EARTH MAN IW-180LiA
  • インパクトレンチ FT-50P
  • 特徴
  • パワーを引き出すWハンマー方式
  • 6.0Ahバッテリーの圧倒的スタミナ
  • プロ基準の耐久性と安全性
  • 大容量バッテリー搭載の高出力機種
  • 握りやすいグリップと力強い駆動
  • 信頼性と作業効率の追求
  • 超小型でハイパワー
  • 回転速度をワンタッチで切替可能
  • 18Vバッテリー搭載で素早くパワフル
  • 握りやすいグリップで作業がスムーズ
  • 価格
  • 81192円(税込)
  • 57990円(税込)
  • 25590円(税込)
  • 21780円(税込)
  • 19172円(税込)
  • 18999円(税込)
  • 18092円(税込)
  • 14171円(税込)
  • 13000円(税込)
  • 6941円(税込)
  • 電源
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • コード式
  • コード式
  • 充電式
  • コード式
  • 重量
  • 2.6kg
  • 3.7kg
  • 1.5kg
  • 2.7kg
  • 1.4kg
  • 1.7kg
  • 1.3kg
  • 1.5kg
  • 1.4kg
  • 2.1kg
  • 最大トルク
  • 470Nm
  • 800Nm
  • 160Nm
  • 600Nm
  • 162Nm
  • 260Nm
  • 700Nm
  • 200Nm
  • 200Nm
  • 250Nm
  • ドライブ
  • 12.7sq
  • 19sq
  • 9.5sq
  • 12.7sq
  • 12.7sq
  • 12.7sq
  • 12.7sq
  • 12.7sq
  • 12.7sq
  • 12.7sq

まとめ

工事現場で働く方にとってはインパクトレンチは必需品ですね。仕事で使うものなら耐久性が高く、軽いものがベストです。また個人でタイヤのタイヤを交換したいという方にもおすすめです。一度マスターすれば業者に頼む必要がなくなるのでコストを浮かせることができます。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ