記事ID137905のサムネイル画像

    【愛犬のために】犬用目薬のおすすめ人気商品ランキング10選

    大切な家族の一員でもある飼い犬ですが、何だか目への不快感があるようなそぶりを、することはありませんか。そんな時は、ゴミが付着していたりりと、人間と同じように症状を訴えている可能性があります。そこで今回は、おすすめの犬用目薬をご紹介します。

    犬用目薬を用意して、不快感を解消してあげましょう。

    犬も人間と同じように、色々な症状を訴えることがあります。人間の場合、花粉などで目がかゆくなったり、ホコリなどが入ることで、不快感を感じることがありますよね。それと同じように、犬にも色々な目の症状が発生することがあるので、しっかりとケアしてあげましょう。

    何か症状を訴えている場合は、ほとんどの方が動物病院に行かれると思います。とはいっても、頻繁に通うことが難しいことも、多いですよね。ご自宅でも目薬で簡単にケアを行えるようにするためにも、犬用の目薬をあらかじめ用意しておきましょう。

    そこで今回は、おすすめの犬用目薬をご紹介します。動物用の目薬は手軽にドラッグストアで購入することはできないので、病院や通販にて、購入することをおすすめします。ただし、愛犬に合ったものでないと、症状を発症させる恐れもあるので、注意しましょう。

    犬用目薬の選び方

    目の症状で選ぶ

    犬は人間のようにしゃべることができないので、しっかりと飼い主が気づいてあげる必要があります。とはいっても、安易に判断せずに気になる場合は、すぐにかかりつけの病院に相談しましょう。

    瞳が白く濁る症状で選ぶ

    犬の目が白く濁る症状には、白内障という病気があります。白内障は、目のレンズの部分である水晶体が白く濁ってしまう、病気となっています。多くの場合は、老化と共になることが多いので、それほど心配する必要は以前まではありませんでした。

     

    ですが、近年では遺伝の関係でも、発症するようになっています。この白内障がひどくなってしまうと、失明をする可能性があります。その他にも、白内障のように、目の表面の透明の層が強い炎症を起こす病気もあります。

     

    目の表面が痛むので涙が出てたり、目やにが出やすくなってしまいます。こういった症状を防止するためにも、目薬は効果的とされています。ただ、白内障を治す効果はありません。ですが、予防には繋がるので、気になる場合は目薬を使用しましょう。

    目やにの症状で選ぶ

    犬の目のお悩みとして、目やにが非常に多いです。主に目やにの原因として、アレルギー体質だったり、異物が入ったことによって、引き起こされるといわれています。

     

    花粉症や食物アレルギーがある犬の場合、花粉の季節になったり、アレルギーの食物が体に入ってきたことで、症状を引き起こしてしまうことがあります。毎年決まった季節になると目をかゆがったりする場合は、一度診断してもらい、アレルギーかどうかを確かめてもらいましょう。

     

    目に異常が入った場合は、目薬をしてあげることで、症状を和らげることができます。ただし、黄緑色っぽい目やにが出ている場合は、感染の可能性もあるので、安易に使用しないようにしましょう。気になる場合はかかりつけの病院へ診てもらい、適切な処方をしてもらうと安全です。

    結膜炎の症状で選ぶ

    結膜炎とは、涙や目やにが出たり、まぶた周辺が赤くなったりする症状のことになります。非常にこの症状を訴えることが多く、お悩みの中でもかなり多い病気の一つです。また、かゆみや痛みによる目の違和感から、まばたきの回数が増えたり、目を細めたりします。

     

    この結膜炎を放置してしまうと、まぶたが腫れたり、大量の涙や目やにが出ることがあるので、注意しましょう。その不快感から、頻繁に顔をこすりつけるなどして、目や皮膚を傷つけることがあります。

     

    最悪の場合、失明寸前まで進行してしまうことがあるので、目薬で定期的にケアをしてあげましょう。ただ、症状が軽くてもいつまでも治らない場合には、結膜炎ではなく、別の病気の症状かもしれないので、安易に判断しないようにしましょう。

    注意点で選ぶ

    安全に使用するためにも、使用方法を守り、絶対に犬用を使いましょう。

    使用方法で選ぶ

    いざ目薬を使おうとすると、嫌がることが多いですよね。無理やり点眼してしまうと、誤って角膜を傷つけてしまう恐れがあるので、注意しましょう。正しい使い方は、次のようになります。まず、ソファや椅子などで愛犬を撫でて、リラックスさせてあげましょう。

     

    警戒心などがなく、落ち着いてきたら、仰向けにします。その際には、飼い主の体で愛犬の体を、しっかりと固定しましょう。不安定になるようであれば、家族と一緒に支えたり、エリザベスカラーを使用しましょう。次に、まぶたを片手で開けた状態にし、目の端に目薬をさします。

     

    点眼する際に、毛が邪魔になっていると、上手くさせないので、トリミングが必要な犬種は、あらかじめカットしておきましょう。また、冷蔵庫から取り出した場合、すぐに使うと冷たくて嫌がってしまうので、少し時間を置いて常温に戻してから使用しましょう。

    専用のものを選ぶ

    突然愛犬が症状を発してしまった場合、焦りますよね。何とか早く症状を抑えてあげたいと、人間用の目薬で対象できないかと、疑問に思う方も多いと思います。結論からいうと、実は犬の目のトラブルは、人間用の目薬でも、効果はあるといわれています。

     

    実際に、動物病院で処方をされる犬用の目薬が、人間用の目薬と同じ成分を使っていることもあり、絶対に悪いとはいいきれません。ただし、中には犬などの動物にはあまり良くない場合もあるので、専用のものを使うようにしましょう。

     

    もし、犬の体質に合わなかった時や、犬用の目薬よりも成分が多く含まれている場合、どのような症状を引き起こしてしまうのか、予想ができません。なので、急に症状を引き起こしたからと、人間用を使うようなことは、絶対にしないでください。

    安全性で選ぶ

    特に今まで目の症状にかかったことのない場合は、独自に判断するのはやめましょう。結膜炎や結膜充血などがあると、犬用の目薬を購入して、使うこともよくあると思います。ただ、その犬用の目薬が本当に、症状に合っているかどうかは、完全にいいきることはできませんよね。

     

    どんな症状があると、こういった病気になっているというのは、ネットでも調べることができます。とはいっても、必ずしもその症状が当てはまっているのかは、判断しかねません。

     

    なので、犬が目のトラブルに見舞われた際には、まずはかかりつけの、動物病院へ相談をしてみることが重要となってきます。

    価格・期限で選ぶ

    予算を考えることも大切ですが、できる限り症状に見合ったものを選んであげましょう。また、期限や保存方法を守ることで、安心して使用できます。

    価格で選ぶ

    犬用の目薬は安いものであれば、1000円以内で購入することができます。高くても、1000円~3000円程度なので、比較的お買い求めやすくなっています。商品によって内容量は異なりますが、継続して使える分量はしっかりと入っているので、コスパも良くお使いいただけます。

     

    ただし、目薬を使用する一番の目的は、症状を和らげることなので、しっかりと愛犬に合ったものを選んであげましょう。安いからと選んでいては、上手く機能を発揮することができず、無駄にコストを使うことがあります。

     

    症状が軽くすぐに効果があるものであれば、数週間のみで症状が治まることもあるので、しっかりと症状に合わせて選んであげましょう。すぐに直せると、愛犬もつらい思いをせずに済みます。さらに、コスパを抑えることにも繋がります。

    期限で選ぶ

    人間用の目薬にも期限があるように、犬用にも期限があるので、しっかりと把握しておきましょう。大体開封した場合は、1ヶ月以内に使用するのがベストです。商品にもよりますが、大体のものは、15ml程度と使い切れるぐらいの量が入っています。

     

    なので、使う頻度も考えながら、適切なものを選ぶようにしましょう。また、未開封の場合でも、あまり長期に渡って保存しておくのは、良くありません。なので、ストックはせずに、今必要な分だけを、買い揃える用意しましょう。さらに、保存方法にも注意が必要です。

     

    冷蔵庫などの涼しく、暗い場所に保管することが、一番望ましいでしょう。ただし、冷気口の近くに置いてしまうと、凍ってしまうことがあるので注意しましょう。凍ってしまった場合は破棄し、できる限り冷気口から遠い場所に保管して、使用する際は常温に戻しましょう。

    成分で選ぶ

    犬の目のトラブルに効果的な成分は、多数あります。例えば、マイレン酸クロルフェニラミンであれば、アレルギー症状を抑える役割を果たします。古くから使用されている成分であり、安心して使用できます。

     

    また、プラノプロフェンは、角膜炎や眼瞼炎などに、効果を発揮してくれます。ただ、獣医でもないと、成分を見ても良いものかどうかは、判断しがたいですよね。心配な場合は、かかりつけの病院に実物を持っていき、調べてもらいましょう。

     

    そうすることで、より安心してお使いいただけます。大切な家族の一員である愛犬の健康を守るためにも、適したものを用意してあげましょう。もし急に目の症状を訴えた場合は、安易に点眼するのではなく、目の周りを清潔に保てるアイテムでケアをし、動物病院へ行きましょう。

    犬用目薬のおすすめランキング10選

    第10位

    千寿製薬

    ティアローズ 非ステロイド性抗炎症点眼剤

    価格:1,512円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    高い効果を発揮し、手軽にケアが行えます。

    この犬用目薬は、犬のあらゆる症状に濃いかをもたらしてくれます。また、良好な臨床効果が認められているので、おすすめの商品です。実験的眼炎症においても、症状を緩和させてくれます。

     

    さらに、アレルギー性結膜炎や、急性結膜炎、持続性結膜炎などの、各種実験的結膜炎には、抗炎症作用が認められています。

     

    ご自宅でも気軽にケアができるので、これがあると安心できます。黄色い容器で見つかりやすく、紛失しにくくなっています。

    内容量5ml使用回数1回4回
    成分プラノプロフェン効果結膜炎・角膜炎・眼瞼炎
    猫対応×
    第9位

    千寿製薬

    ライトクリーン ピレノキシン点眼剤

    価格:1,080円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    副作用が起きにくいので、安全性が高いですよ。

    この商品は、水晶体混濁抑制作用を持つことが認められていて、犬の老年性初発白内障に、効果を大いに発揮してくれます。進行防止に有用性が認められているため、予防にも繋がり、白内障に大いに役立ちます。

     

    また、実際に行った検査を元に、白内障の進行防止効果が、得られています。よって、確かな効果を得られます。実際は動物病院などで使用されていますが、その犬用目薬が、手軽にご自宅でもお使いいただけます。

     

    さらに、カタリンというピレノキシンを主成分とし、人間用用の白内障進行防止のための目薬と、ほとんど同じ成分で作られています。そのため、副作用がほとんどないので、愛犬にも安心し使用できます。

    内容量15ml使用回数1日3~5回
    成分ピレノキシン効果老年性初発白内障
    猫対応×
    第8位

    Yiellw

    犬猫の目薬

    価格:805円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    優しいさし心地で、猫など他の動物にも使えます。

    無菌処方となっているので、安心して使用できます。濃度は涙と同じで、しっとりとした心地良さを提供します。容量もある程度入っているので、コスパにも優れています。

     

    また、目に染み込ませることで、免疫因子の産生を刺激し、ウイルスを分解します。消炎や、かゆみを殺菌し、涙マークを保湿して取り除きます。

     

    この犬用目薬があることで、結膜炎やまぶたの炎症によって引き起こされる、角膜炎を予防することが可能です。効果的に目の感染症を減らすことができます。もちろん、犬以外にも、猫などにも対応しています。

    内容量60ml使用回数1日3〜5回
    成分タウリン・透明酸・天然ボルネオール効果角膜炎・結膜炎
    猫対応
    第7位

    Beaphar

    犬猫用目薬

    価格:3,100円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ソフトノイズ付きで、使いやすくなっています。

    この商品は、犬や猫の目や目の周りを、洗浄し綺麗に保つことができます。無菌食塩水で、定期的に目の汚れを落として清潔にでき、目のトラブルを防ぐことが可能です。

     

    さらに、目の近くでも安心して使えるように、ソフトノズル付きとなっています。目の周りにも使えるので、涙やけのケアなどにも最適です。

     

    目の周りの敏感な皮膜をケアするために、メチルスルホルニメタンを配合しています。よって、優しくソフトな使い心地となっています。 

    内容量50ml使用回数-
    成分メチルスルホルニメタン効果目やに
    猫対応
    第6位

    カコリンチャ

    犬猫の目のケア ペット用目薬

    価格:1,058円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    即効性があるので、素早く症状を和らげます。

    涙やけのケアや、目やに除去に最適となっています。 無菌・無刺激で、目に害を及ぼしてしまう心配がありません。

     

    即効性があり、効果の持続時間が長いので、二次発病防止にも繋がります。50mlの用量が入っているので、長くお使いいただけます。

     

    この犬用目薬は、コンパクトで持ち運び便利で、おすすめとなっています。眼球の乾燥にも効果的なので、しっかりと潤して、快適に過ごせるようにできますよ。

    内容量50ml使用回数1日3回
    成分フツイニア蒸留物・スイカズラ蒸留物・ホウ酸他効果目やに
    猫対応
    第5位

    佐藤製薬

    動物用 ドラマ

    価格:870円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    目やには充血には、特に素早く成分が届き、症状を抑えます。

    素早く有効成分が届き、充血がすぐに消えるので、かなりおすすめの商品です。目やにも少なくなるので、かなり使い勝手にも優れています。

     

    また、目の腫れがあっという間に引いたりと、驚きの効果をもたらしてくれます。

     

    効果はかなり得られるのにも関わらず、リーズナブルな価格でお買い求めいただけます。なかなか高くて手が出せないとお困りの方も、これならお使いたいただけます。

    内容量15ml使用回数1日3〜6回
    成分塩酸ナファゾリン・グリチルリチン酸ニカリウム・マレイン酸クロルフェニラミン効果結膜炎・結膜充血・涙腺炎
    猫対応
    第4位

    优悠屋

    アイケアエッセンス

    価格:699円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ドライアイなどにもおすすめで、長く愛用できます。

    猫や犬の日常的なケアに使用することができ、刺激の少ない、穏やかな無菌処方に仕上げています。ドライアイやかゆみなどの、異物の過剰な分泌を軽減します。

     

    さらに、目の感染症を予防するための、効果的な抗炎症作用と洗浄作用が働き、しっかりとケアをすることができます。犬以外にも、猫などにも使用可能です。

     

    手軽に目を保護することができ、これがあればいつでも対処することができます。容量も多いので、長く活用できます。

    内容量60ml使用回数-
    成分-効果ドライアイ・かゆみ
    猫対応
    第3位

    千寿製薬

    パピテイン イヌ・ネコ角膜障害治療剤

    価格:2,268円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    調整する必要がなく、刺激性もありません。

    抗コラゲナーゼ作用を有する、アセチルシステインの点眼剤となっています。犬・猫の創傷性角膜炎や、角膜障害の治療に有効です。

     

    この犬用目薬は、眼粘膜に刺激が少ないので、副作用などが起きにくく、安全性も確保されています。一剤性なので調製する必要がなく、そのままお使いいただけます。

    内容量5ml使用回数1日1〜2回
    成分アセチルシステイン効果創傷性角膜炎・角膜障害
    猫対応
    第2位

    カコリンチャ

    犬猫の目のケア ペット用目薬

    価格:786円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    高品質な天然成分を採用しているので、完全無害となっています。

    高品質の天然成分を配合し、毎日の目のケアにおすすめです。目の汚れを簡単に、優しくお手入れすることが可能です。

     

    目の細菌感染を防ぐための効果的な、抗炎症作用・殺菌作用・洗浄作用が働きます。

     

    子犬や子猫など、目の症状が出やすい小さなペットにも、手軽に使えるように、さらに値段を下げています。これさえあれば、手軽に大切なペットをケアできます。

    内容量50ml使用回数-
    成分-効果細菌感染症
    猫対応
    第1位

    内外製薬

    ナイガイ 犬チョコ目薬V

    価格:734円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    同時に殺菌もしてくれるので、菌を寄せ付けません。

    消炎・殺菌作用を持つ目薬で、大切な目をしっかりと守ります。流涙や分泌物で、ショボショボした目にしっかりと成分が届き、症状を和らげてくれます。

     

    さらに、悪化しやすい目のトラブルを、これ1つで予防することができます。早く手当てを行うことで、進行を防ぐことにも繋がります。

     

    この犬用目薬があると、症状が進行して目を開けることができないなんてことにも、ならないので安心です。

    内容量15ml使用回数1日3~6回
    成分塩酸エフェドリン・ホウ酸・マイレン酸クロルフェニラミン他効果結膜炎・結膜充血・角膜炎・眼瞼炎・涙腺炎・外傷性眼炎
    猫対応

    犬用目薬のおすすめ商品比較一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5040635の画像

      内外製薬

    • 2
      アイテムID:5040637の画像

      カコリンチャ

    • 3
      アイテムID:5040639の画像

      千寿製薬

    • 4
      アイテムID:5040640の画像

      优悠屋

    • 5
      アイテムID:5040642の画像

      佐藤製薬

    • 6
      アイテムID:5040645の画像

      カコリンチャ

    • 7
      アイテムID:5040651の画像

      Beaphar

    • 8
      アイテムID:5040653の画像

      Yiellw

    • 9
      アイテムID:5040740の画像

      千寿製薬

    • 10
      アイテムID:5040656の画像

      千寿製薬

    • 商品名
    • ナイガイ 犬チョコ目薬V
    • 犬猫の目のケア ペット用目薬
    • パピテイン イヌ・ネコ角膜障害治療剤
    • アイケアエッセンス
    • 動物用 ドラマ
    • 犬猫の目のケア ペット用目薬
    • 犬猫用目薬
    • 犬猫の目薬
    • ライトクリーン ピレノキシン点眼剤
    • ティアローズ 非ステロイド性抗炎症点眼剤
    • 特徴
    • 同時に殺菌もしてくれるので、菌を寄せ付けません。
    • 高品質な天然成分を採用しているので、完全無害となっています。
    • 調整する必要がなく、刺激性もありません。
    • ドライアイなどにもおすすめで、長く愛用できます。
    • 目やには充血には、特に素早く成分が届き、症状を抑えます。
    • 即効性があるので、素早く症状を和らげます。
    • ソフトノイズ付きで、使いやすくなっています。
    • 優しいさし心地で、猫など他の動物にも使えます。
    • 副作用が起きにくいので、安全性が高いですよ。
    • 高い効果を発揮し、手軽にケアが行えます。
    • 価格
    • 734円(税込)
    • 786円(税込)
    • 2268円(税込)
    • 699円(税込)
    • 870円(税込)
    • 1058円(税込)
    • 3100円(税込)
    • 805円(税込)
    • 1080円(税込)
    • 1512円(税込)
    • 内容量
    • 15ml
    • 50ml
    • 5ml
    • 60ml
    • 15ml
    • 50ml
    • 50ml
    • 60ml
    • 15ml
    • 5ml
    • 使用回数
    • 1日3~6回
    • -
    • 1日1〜2回
    • -
    • 1日3〜6回
    • 1日3回
    • -
    • 1日3〜5回
    • 1日3~5回
    • 1回4回
    • 成分
    • 塩酸エフェドリン・ホウ酸・マイレン酸クロルフェニラミン他
    • -
    • アセチルシステイン
    • -
    • 塩酸ナファゾリン・グリチルリチン酸ニカリウム・マレイン酸クロルフェニラミン
    • フツイニア蒸留物・スイカズラ蒸留物・ホウ酸他
    • メチルスルホルニメタン
    • タウリン・透明酸・天然ボルネオール
    • ピレノキシン
    • プラノプロフェン
    • 効果
    • 結膜炎・結膜充血・角膜炎・眼瞼炎・涙腺炎・外傷性眼炎
    • 細菌感染症
    • 創傷性角膜炎・角膜障害
    • ドライアイ・かゆみ
    • 結膜炎・結膜充血・涙腺炎
    • 目やに
    • 目やに
    • 角膜炎・結膜炎
    • 老年性初発白内障
    • 結膜炎・角膜炎・眼瞼炎
    • 猫対応
    • ×
    • ×

    まとめ

    今回は、おすすめの犬用目薬をご紹介しましたが、お探しの商品は、見つかりましたでしょうか。ただ、犬は人間のように話せないので、合っているかの判断は、素人では難しいです。なので、安全に使用するためにも、必ずかかりつけの病院に相談してから、使うようにしましょう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

    TOPへ