記事ID137898のサムネイル画像

【苦みと豊潤な香り】人気ペールエールおすすめランキング10選

ペールエールは最近注目されているクラフトビールのひとつで、苦みと豊潤な香り・コクがあっておすすめです。イギリス産・アメリカ産のほか日本産のペールエールにも愛好家の人気が高いものがあります。今回は、人気のペールエールをおすすめのランキングにして紹介します。

濃厚な味わいと苦みが魅力のペールエール

ペールエールはクラフトビールの種類のひとつです。クラフトビールの中ではスタンダードなものとして知られていて、飲みやすいものから芳醇な香りと濃厚なコクを楽しめるものなど様々です。日本にある一般的なビールと比べると、苦味が強いのが特徴になります。

 

アサヒスーパードライ・キリンラガー・サッポロ黒ラベルなどの一般的なビールと比べて、一番の違いは製造方法です。日本の一般的なビールが、「ラガー」と呼ばれる下面発酵なのに対して、ペールエールは「エール」と呼ばれる上面発酵になります。

 

下面発酵がすっきりした喉越しを楽しめるものだとすると、上面発酵は香りや強いコク・苦みなどを楽しむものになります。そのためペールエールの魅力はゆっくりと味わいながら楽しめるところでしょう。今回は、人気のペールエールをおすすめのランキングにして紹介しています。

ペールエールの選び方

ペールエールの特徴は、香りが芳醇でコクがあり、じっくりと味わいながら時間をかけて飲めるものが多いところです。ペールエールには複数の種類がありますので、味わいや苦みについての知識を知っておくと選びやすいでしょう。

アルコール度数で選ぶ

ペールエールのアルコール度数は、4%から5.5%くらいのものが多いです。日本でよく販売されている一般的なビールと比べても、アルコール度数が大きく違うことはありません。中には9%など強めの度数のペールエールもあります。

アルコール低め

ペールエールの中にはアルコール度数が3%と、通常より低めの種類があります。アルコール度数が低いとそれだけ飲みやすいので、クラフトビールの初心者はアルコール度数が低めのものから飲み始めるのもおすすめでしょう。

 

日本にある一般的なビールはキンキンに冷やした5度ぐらいが美味しくどんどん飲み進めてしまうのですが、ペールエールの場合には高めの温度でゆっくり飲み進められるものが多いです。

 

そのためあまりアルコールに強くない場合には、アルコール度数が低めのペールエールを選ぶのも良いでしょう。ゆっくりと少しずつ味わいながら読み進めていくので、長い時間お酒を楽しめます。

アルコール高め

アルコール度が高いペールエールには9%ぐらいのものもあります。アルコール度数が高いと、一般的なビールのようにゴクゴク飲めないので、時間をかけて味わうのがポイントです。大きな口のグラスに入れて飲むと、より濃厚なコクと苦みが楽しめるでしょう。

 

ペールエールの香りと味を楽しむためには、なるべく冷やさずに常温に近い10度から13度で飲むのが適切です。アルコール度が高いペールエールの場合には特に、ワインや日本酒を飲むように味わいながら時間をかけてゆっくり飲みましょう。

 

味わいや香りによっては、アルコール度数が高くても飲みやすいペールエールがあります。日本にある一般的なビールのような感覚で飲むと酔いが回るのが早まってしまうので、ペースを気を付けながら飲むのがおすすめです。

苦みで選ぶ

ペールエールを選ぶときには苦味をチェックしておきましょう。 IBU(国際苦味単位)を確認しつつ、好みの味わいを選んでみるのがおすすめです。日本によくある一般的なビールは20から22程度ですが、ペールエールは20から50と幅があります。

苦みが弱い

クラフトビールの初心者や、ビールの苦味があまり好きではない場合にはIBUが20程度の苦味が弱いペールエールがおすすめです。爽やかな香りとペールエールらしいコクを楽しむことができるでしょう。

 

IBUの数値が低いと、ビールが苦手な場合でも飲みやすく感じることがあります。苦手な理由には独特の苦みがよくあげられるのですが、苦みを弱くしたものを選ぶとビールが好きになることもあります。

 

苦味が弱いペールエールはアルコール度数が低いことも多いです。お酒があまり強くない場合は、苦味が弱いものを探してみるのも良いかもしれません。クセが少なく料理に合うペールエールもあるでしょう。

苦みが強い

スタンダードなタイプのペールエールは苦味と味わいが強めなのですが、中でも「IPA」は濃厚な苦み・コク・味わいをしています。苦味のもとになるホップを通常よりも多く使っていて、強い苦味と香りが魅力です。

 

ペールエールはもともとイギリスで生まれたビールなのですが、IPAができたのは18世紀頃と言われています。イギリスからインドまで長い航路を移動する間にビールが劣化しないように、ホップをたくさん入れて作ったのが起源です。

 

濃厚なコクと強い苦味が魅力のIPAは、香りにも特徴がありますす。強い苦味に加えて柑橘系の爽やかな香りが強くするものが多く、IBUが高くても飲みやすく感じます。苦みが強いビールを探しているなら、IPUはおすすめでしょう。

香りで選ぶ

ペールエールには香りが楽しめるものが多いのが魅力です。常温に近い温度で香りを立たせて豊潤さを楽めるものや、柑橘系のさわやかな香りを楽しめるものがあります。コクのある味わいと一緒に香りを楽しめるものを選んでみましょう。

柑橘系の香り

グレープフルーツ・レモンなど柑橘系の香りが魅力なのがアメリカンペールエールです。ペールエールがイギリスからアメリカに伝わった後、ビールに香りをつけるホップが開発されて、アメリカンペールエールとして世界的に定着しました。

 

爽やかな香りのため濃厚な味わいでも飲みやすいものがあります。日本にある一般的なビールに物足りなさを感じている場合には、アメリカンペールエールから試してみるのもおすすめでしょう。

ハーブのような香り

ハーブのような香りがするペールエールは、昔ながらの製法で作られたものが多いです。もともとペールエールは約400年前くらいにイギリスで誕生したビールで、アメリカンペールエールとは少し製造方法が違っています。

 

強いコクとハーブのような香りが独特ですが味わい深く愛好家は多いです。豊潤な香りが魅力のものも多いので、常温に近い温度でワインや日本酒を楽しむようにゆっくりと飲むのがおすすめです。

その他

ペールエールの香りは多様で、柑橘系・ハーブ系のほかに、カラメルのような甘い香りがするものやローストしたような香りが特徴のものもあります。トロピカルフルーツのようなフルーティなものやベリー系のアロマが加わっているものもあります。

 

ビールが苦手でも「ペールエールであれば飲める」という場合があるのは、香りが良く飲みやすい種類があるからでしょう。日本のビールのイメージとは違って様々な香り・味があるので、楽しみながら好みの銘柄を探すのもおすすめです。

ペールエールの人気ランキング10選

第10位

オラホビール

雷電カンヌキ

価格:8,070円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

爽やかな香りと味の飲みやすいIPA

苦みが強いIPAにはなりますが、柑橘系の爽やかな香りと苦味があって飲みやすいペールエールです。IPAが63と高めですが、爽やかな味わいがしますのでバーベキューなどの濃厚な味の料理とよく合うでしょう。

 

 IPAは苦味が強いのが特徴ですが、こちらのペールエールは苦味を楽しみながらも柑橘系の爽やかな香りが楽しめるようになっています。IPA63(雷電カンヌキの数値)より数値が低いペールエールと比べても”飲みやすい”と言われることがあります。

 

インパクトのあるパッケージが魅力で、江戸時代の人気力士が名前の由来になっています。名力士「雷電」の「閂」という技は禁じ手になるほど強かったと言われています。

アルコール度数6%内容量350ml×24本
生産国日本
第9位

brewdog ブリュードッグ

PUNK IPA

価格:1,209円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グレープフルーツの爽やかな香りが魅力

グレープフルーツの香りが強いIPAになっています。IPA独特の苦味とグレープフルーツの爽やかな香りを味わうことができるでしょう。口が広いグラスに注いで濃厚な香りと味を楽しむのがおすすめになります。

 

ペールエールができたイギリスに近いスコットランドのクラフトビールメーカーで製造されています。原料にこだわりがあって、一般的なビールと比べると麦芽の量が2.5倍、ホップについては40倍の量が使われています。

 

アルコール度数は5.6%と、日本の一般的なビールと大きな差がありません。おしゃれな瓶のラベルも注目で青色のインパクトのあるデザインになっていますので、クラフトビールの初心者でも手にとりやすいでしょう。

アルコール度数5.6%内容量330ml×3本
生産国英国(スコットランド)
第8位

ヤッホーブルーイング

インドの青鬼

価格:5,350円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強烈な苦みとコクがクセになる

アルコール度数が7%と少し強めのペールエールになっています。強烈な苦味が魅力になっていて強いコクがあります。クラフトビールの中でも苦味が強いIPA好きにはファンが多いでしょう。大きな口のグラスに注いで飲むとより香りが楽しめます。

 

一般的なビールは爽快感を楽しみますので、喉が渇いている時にゴクゴクと飲むのが美味しいのですが、こちらのペールエールは濃厚な香りを十分に楽しんだ後に、ゆっくりと味わいながら飲むのが適切です。

 

初めて飲んだ時には思わず「苦い」と感じてしまうことが多いようですが、一度ハマるとクセになる味わいと言われています。一般的なビールの飲みやすい味わいでは物足りない場合にもおすすめです。

アルコール度数7%内容量350ml×24本
生産国日本
第7位

友和貿易

ファイアロックペールエール

価格:382円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豊潤な香りと濃厚なコクが特徴

ハワイの人気クラフトビールメーカーが生産しているメールになります。濃厚な味わいが特徴で、グラスに注いだ時の美しい褐色が魅力です。インターナショナル・ビアコンペティション2012・アメリカンスタイルペールエール部門で金賞を受賞しています。

 

味わいは濃厚でコクがあり、香りは豊潤でフルーティーです。食事と合わせて飲むというよりは、こちらのビール単体でアルコールとして楽しんだ方がおすすめです。一般的な日本のビールと比べると、味わいも香りも贅沢な雰囲気を感じることができるでしょう。

 

ラベルの絵にはハワイ島の活火山キラウエア火山が描かれています。アメリカのペールエールは人気がありますが、こちらのハワイのビールメーカーのペールエールも、クラフトビールファンの愛好者が多いです。

アルコール度数6%内容量355ml
生産国アメリカ
第6位

オラホビール

キャプテンクロウ・エクストラペールエール

価格:7,152円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

苦みと飲みやすさのバランスが良い

一般的なビールと比べると、ホップの量が倍以上使われていて、ホップの香りと強い苦味が特徴のペールエールになっています。味わいや香りを楽しみながらも、グイグイと沢山の量を飲みすすめやすいでしょう、

 

ペールエールはゆっくりと時間をかけながら苦みと味わいを楽しむものが多いですが、こちらはマイルドさと苦味のバランスが取れていて飲みやすいです。クラフトビールの初心者や、少し苦味が強めのビールに挑戦してみたい場合におすすめでしょう。

 

苦味が強いですがグレープフルーツのような柑橘系の香りもします。爽やかな香りと苦味がちょうどよくミックスされていて、飲みやすく感じるでしょう。

アルコール度数5%内容量350ml×24本
生産国日本
第5位

サントリー

TOKYO CRAFT (東京クラフト) ペールエール

価格:5,398円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飲みやすい味わいと香りが特徴

日本の大手メーカーサントリーが生産しているペールエールになります。柑橘系の爽やかな香りと苦味が特徴になっていて、飲みやすです。強い苦みがあるものが多いなか、こちらペールエールは心地よい苦みなので、クラフトビールの初心者でも挑戦しやすいです。

 

強い苦味や芳香な香りを楽しむというよりは、味・香りが控えめなので一般的なビールに少し近いかもしれません。 スタンダードなペールエールと比べるとあっさりとしているので、アルコールが苦手でも飲みやすいでしょう。

 

東京にある「武蔵野ブルワリー」でのみ生産されているので、東京のお土産としてもおすすめです。パッケージには東京クラフトと大きく表記がされていますので、クラフトビール・地ビール好きの方から喜んでもらえます。

アルコール度数5%内容量350ml×24本
生産国日本
第4位

銀河高原ビール

銀河高原ビール ペールエール

価格:6,528円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コクと香りのバランスが良く飲みやすい味わい

モルトの甘みとホップの苦みが特徴のペールエールになっています。爽やかな香りと深いコクが楽しめるでしょう。原料にはカラメル麦芽が使われています。バランスがちょうど良いのにコクがあるので、一般的なビールが物足りない場合にもおすすめです。

 

苦味はありつつもフルーティーな香りがしますので、ビールが苦手な女性でも飲みやすく感じるでしょう。苦味とコクのバランスが良いので、喉が渇いているときにもごくごくと飲みすすめやすいペールエールです。

 

一般的なビールよりは価格が高めなのですが、飲みやすいだけでなくしっかりとしたコクと香りを楽しめます。強いクセがないのも魅力でしょう。自宅でちょっとした贅沢な時間を過ごしたい時などにはぴったりです。

アルコール度数5%内容量350mlx24本
生産国日本
第3位

アイコン・ユーロパブ

Fuller's IPA

価格:3,142円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イギリスの伝統的なIPA

イギリスの伝統的なメーカーで作られているペールエールです。18世紀の時代に、イギリスからインドまでの長い船旅でビールが劣化しないように、ホップの量を増やして作ったビールの起源になります。伝統のあるイングリッシュスタイルのIPAを楽しめます。

 

苦味が強く柑橘系の香りが特徴ですが、後味に少し甘みが残ります。苦味とフルーティーな香りに加えてわずかにスパイシーな香りもします。日本で採算されているIPAと比べても、ドライでさっぱりしている味わいで飲みやすいでしょう。

 

アルコール度数は日本の一般的なビールと同じくらいなので、クラフトビールの初心者にもおすすめです。イギリスのパブにあるような、クラシックなデザインの瓶とラベルも魅力です。

アルコール度数5.5%内容量330mlx6本
生産国イギリス
第2位

(有)二軒茶屋餅角屋本店

伊勢角屋麦酒

価格:486円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クセがなく初心者にもおすすめのペールエール

グレープフルーツのような柑橘系の爽やかな香りが楽しめます。甘みと穏やかな苦味があるペールエールなので、クラフトビールの初心者にもおすすめです。飲みやすくクリアな後味が魅力のアメリカンペールエールになっています。

 

バランスがとれたクセがない香りと味わいなので、食事にも合わせやすいでしょう。定番の枝豆に合うだけでなく、オリーブやハーブなどの香りに特徴がある料理や、クリームソースを使った料理とも相性が良いです。

 

日本国産のペールエールですが、海外のビアコンテストの受賞歴があります。安定した飽きのこない味わいで、こちらのペールエールを飲み続けているクラフトビールのファンの愛好家も多いです。

アルコール度数5%内容量330ml
生産国日本
第1位

ヤッホーブルーイング

よなよなエール

価格:5,660円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルーティな香りと味わいで飲みやすい

フルーティな香りと味わいが魅力のペールエールになっています。 苦みに加えて、グレープフルーツやレモンのような柑橘系の爽やかな香りと、モルトの甘みのバランスが良いです。アルコール度数は5%と一般的なビールと同じくらいで飲みやすいです。

 

こちらのペールエールはコンビニでも買えますので、気軽に試してみることができます。 飽きのこない爽やかな香りとコクがありますので、普通のビールよりも少しだけ濃厚な味わいを試してみたい人にもおすすめです。

 

コンビニにあるクラフトビールの缶は、おしゃれなデザインが多いので目にとまりやすいです。こちらの缶もカラフルでかわいらしい雰囲気なので、女性でも手に取りやすいでしょう。

アルコール度数5.5%内容量350ml×24本
生産国日本

ペールエールのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5040316の画像

    ヤッホーブルーイング

  • 2
    アイテムID:5040440の画像

    (有)二軒茶屋餅角屋本店

  • 3
    アイテムID:5040437の画像

    アイコン・ユーロパブ

  • 4
    アイテムID:5040382の画像

    銀河高原ビール

  • 5
    アイテムID:5040300の画像

    サントリー

  • 6
    アイテムID:5040307の画像

    オラホビール

  • 7
    アイテムID:5040336の画像

    友和貿易

  • 8
    アイテムID:5040368の画像

    ヤッホーブルーイング

  • 9
    アイテムID:5040390の画像

    brewdog ブリュードッグ

  • 10
    アイテムID:5040399の画像

    オラホビール

  • 商品名
  • よなよなエール
  • 伊勢角屋麦酒
  • Fuller's IPA
  • 銀河高原ビール ペールエール
  • TOKYO CRAFT (東京クラフト) ペールエール
  • キャプテンクロウ・エクストラペールエール
  • ファイアロックペールエール
  • インドの青鬼
  • PUNK IPA
  • 雷電カンヌキ
  • 特徴
  • フルーティな香りと味わいで飲みやすい
  • クセがなく初心者にもおすすめのペールエール
  • イギリスの伝統的なIPA
  • コクと香りのバランスが良く飲みやすい味わい
  • 飲みやすい味わいと香りが特徴
  • 苦みと飲みやすさのバランスが良い
  • 豊潤な香りと濃厚なコクが特徴
  • 強烈な苦みとコクがクセになる
  • グレープフルーツの爽やかな香りが魅力
  • 爽やかな香りと味の飲みやすいIPA
  • 価格
  • 5660円(税込)
  • 486円(税込)
  • 3142円(税込)
  • 6528円(税込)
  • 5398円(税込)
  • 7152円(税込)
  • 382円(税込)
  • 5350円(税込)
  • 1209円(税込)
  • 8070円(税込)
  • アルコール度数
  • 5.5%
  • 5%
  • 5.5%
  • 5%
  • 5%
  • 5%
  • 6%
  • 7%
  • 5.6%
  • 6%
  • 内容量
  • 350ml×24本
  • 330ml
  • 330mlx6本
  • 350mlx24本
  • 350ml×24本
  • 350ml×24本
  • 355ml
  • 350ml×24本
  • 330ml×3本
  • 350ml×24本
  • 生産国
  • 日本
  • 日本
  • イギリス
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • アメリカ
  • 日本
  • 英国(スコットランド)
  • 日本

まとめ

クラフトビールの中でもペールエールは飲みやすく、フルーティーでクセがないものが多いです。苦味が強く濃厚な味わいと香りのIPAなど、色々な種類がありますので、ぜひお気に入りのペールエールを見つけてお酒を楽しんでください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ