記事ID137890のサムネイル画像

【2019年最新版】huion液タブのおすすめ人気商品ランキング8選

イラストレーターや絵を趣味にしている方におすすめの「huion液タブ」。huion液タブは、筆圧レベルや液晶解像度が高いことに加え、そのコスパの良さも魅力の一つ。今回は、そんなhuion液タブのおすすめ人気ランキングを8選ご紹介していきます。

描き心地&コスパ抜群のhuion液タブ

液タブは、デジタルイラストを描くときに活躍してくれるアイテム。パソコンの画面を見ながらタブレットに描く板タブとは違い、液タブは直接液晶画面に描きこめるため、紙に描いているかのような描き心地を味わうことができます。

 

イラストが描きやすく便利な液タブですが、高性能ゆえに価格が高いことが難点。「液タブに憧れるけど、価格の安い板タブで我慢しよう…」と、液タブの購入を諦めている人も多いことでしょう。そんな方にぜひおすすめしたいのが「huion液タブ」です。

 

huion液タブは、サイズ感・筆圧感知レベル・液晶解像度・傾き検知機能などが高性能でありながら、価格が安いという特長があります。今回は、huion液タブの中でも特におすすめの商品をランキング形式でご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

huion液タブの選び方

huion液タブを選ぶ際は、用途に合わせて選ぶことが大切です。まずは、huion液タブの選び方のポイントを見ていきましょう。

描きやすさで選ぶ

液タブを選ぶときに最も重要と言えるのが「描きやすさ」です。快適に使うためにも、予算の範囲内でなるべくスペックの高い液タブを選ぶことが大切になります。

筆圧感知レベルが高いものを選ぶ

紙にイラストを描くとき、ペンを押し当てる強さによって線の濃さや太さが変わりますよね。これはデジタルでイラストを描く場合も同じで、筆圧によってタブレットに反映される線の状態は変わってきます。

 

液タブや板タブの一般的な筆圧感知レベルは、1024、2048、4098、8192で、数字が大きくなるほど性能が高くなる仕組みです。そのため、液タブを購入するときは筆圧感知レベルがなるべく高いものを選ぶといいでしょう。

 

趣味でイラストを描く場合は2048でも問題はありませんが、本格的に描きたい方や表現の幅を広げたい方は、4098、8192を選ぶことをおすすめします。筆圧レベルは人によって好みが分かれますが、繊細なタッチの絵、力強い絵、どちらも描きやすくなりますよ。

傾き検出機能つきを選ぶ

紙に絵を描いているときの感覚により近づけたいという方には、傾き検知機能が付いているタイプがいいでしょう。ペンが傾いている状態でも描くことができ、傾き具合によって反映される線の濃さ・太さも変わってきます。

 

繊細なタッチで描くことも、力強く太い線で描くことも叶うため、絵の幅もきっと広がりますよ。特に、普段絵を描くときに鉛筆や筆を傾けて描いている方におすすめです。いつも通りの描き方を変えずに、ストレスなく絵を描くことができるようになります。

液晶解像度が高いものを選ぶ

イラストのカラーを鮮やかに表現したい方は、液晶解像度が高いタイプを選びましょう。フルHDディスプレイを採用している液タブであれば、イラストをより美しい仕上がりにすることができます。

 

自分の描いた絵が鮮やかに表示されると、絵を描くモチベーションがさらに高まりますよ。

adobe RGBカバー率の高いものを選ぶ

adobe RGBカバー率とは、液晶画面に正しい色域を表示できる値のことです。adobe RGBカバー率が高いほど、イラストの色彩を鮮やかに表現することができるようになります。イラストを印刷することが多いという方は、adobe RGBカバー率が高いものを選びましょう。

描き方に合わせて選ぶ

人によって、絵の描き方はそれぞれ違います。パフォーマンスを十分に発揮できるよう、自分の描き方に合った液タブを選ぶことが大切です。

手首を使って小さく描く場合

絵を描く際に、手首を使って細かく描くという方は、13インチ~16インチほどのサイズがおすすめ。あまり大きいサイズだと持て余してしまいますし、値段も高くなるので、無駄のないぴったりサイズを選ぶといいですよ。

 

サイズ感が良ければ、小さい絵や細かい絵が描きやすくなり、液タブに慣れるまでの時間も短くなるでしょう。このように、液タブを選ぶ際は自分の描き方に合わせて選ぶということも大切です。

 

また、小さめのサイズを選ぶと、デスクのスペースをとらないことや、持ち運びがしやすいというメリットもあります。家以外の場所で絵を描くという方にも、小さめのサイズはおすすめです。

腕全体で大きく描く場合

腕を使って大きく絵を描くタイプの方には、19インチ~21.5インチの大きめサイズの液タブがおすすめです。絵の全体的な構図を見ることができるので、背景や景色を描く方にも向いているでしょう。

 

大きいサイズの液タブは、思いのまま大胆に絵を描くことができるのが魅力。これまでアナログで描いてきた方でも、すぐに慣れることができますよ。

 

 

便利さで選ぶ

液タブを頻繁に使用する場合は、作業時間の短縮ができる、便利な機能が付いた液タブを選ぶのがおすすめです。また、家以外の場所で液タブを使用する方は、持ち運び時の負担が少ない液タブを選びましょう。

ファンクションキー&タッチバーつきの液タブ

ファンクションキーが付いているタイプの液タブであれば、ペンの切り替えやクリックなどの動作をワンタッチで行うことができます。キー設定はカスタマイズできるものが多いので、自分好みの仕様にすることが可能です。

 

また、タッチバーを使用することによって、ズームやスクロールを簡単に行うことができるようになります。逐一マウスを使用していると作業の進みが遅くなりますし、面倒に感じますよね。

 

タッチバーを上手く活用することによって、作業効率も上がります。ファンクションキー&タッチバー付きの液タブは、作業効率を上げたい方におすすめです。

必要なときにすぐ使える充電不要ペン

充電が必要なタイプの液タブペンの場合、当然ですが充電が切れてしまうとペンを使うことができなくなります。外出中に充電が切れてしまう心配がありますし、頻繁に使用する方は充電をしている時間ももったいないですよね。

 

そんな不安や手間をなくすことができるのが、充電不要タイプの液タブペン。電池切れを気にすることなく快適に使うことができます。使いたいときに使えないといったストレスもなくなりますよ。

 

充電不要タイプの液タブペンは、作業の効率性を重視する方や、外で液タブを使用することが多いという方におすすめです。

持ち運びをする方には軽量タイプがおすすめ

外へ持ち運んで液タブを使用する方は、軽量タイプの液タブがおすすめ。液タブは一見軽そうに見えますが、持つとパソコンと同じようにずっしりとした重さを感じます。サイズが大きいものだと、10キロ近くになることも。

 

電車や徒歩で移動する場合、3キロほどの重さでも辛く感じるでしょう。バッグにその他の私物も入れるとなると、より重くなってしまいますよね。重さが移動中の負担にならないよう、持ち運びが多い方はなるべく軽い液タブを選ぶといいですよ。

購入前に接続・設定方法の確認が大切

接続・設定について考えずに液タブを購入した場合「パソコンに接続できなかった」ということがあります。せっかく良いものを購入しても、使えなかったら元も子もないですよね。そうならないためにも、事前の確認は大切です。

接続端子の確認

液タブの一般的な接続端子はHDMIですが、パソコンによっては搭載されていないこともあります。購入前に、自分のパソコンで液タブが使用できるかを確認しましょう。HDMI端子が付いていない場合は、変換アダプターを使用するなどして接続することも可能です。

 

購入してすぐに液タブを使えるよう、必要なものは事前に揃えておくといいですよ。

 

 

huionのドライバをインストール

huion液タブの購入後、初めにドライバのインストールが必要になります。液タブの種類やパソコンによって若干やり方が変わることがあるので、事前に公式HPに記載されている設定方法を確認しておくことが大切です。

 

また、以前他メーカーの液タブを使用していた場合は、ドライバのアンインストールを行ってからhuionのドライバをインストールしましょう。アンチウイルスソフトに関しても、閉じなくてはならないこともあるので、インストール前に調べておくといいですよ。

huion液タブの人気ランキング8選

第8位

HUION

液晶タブレット GT-116

価格:34,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手頃価格でありながら高品質の液タブ

値段は4万円以下と安い価格設定ですが、欲しい機能が詰まっている万能タイプの液タブです。筆圧レベルは8192、アンチグレアガラス搭載、傾き検知機能付きという高品質な仕様。充電不要ペンのため、充電が切れてしまう心配もないですよ。

 

GT-116は、WindowsとMacの両方に対応しているので、大抵の方が問題なく使用できるでしょう。さらに小型で軽量タイプなので、持ち運びも簡単。3IN1ケーブルで配線も邪魔になりません。

 

huionの液タブの中では小さ目の作りなので、手首を使って小さく絵を描く方におすすめです。初めて液タブを買う方なら十分満足のできる商品といえます。

インチ11.6筆圧感知レベル8192
傾き検出機能±60°レベル解像度フルHD1920×1080
軽量その他機能ファンクションキー/タッチバー/充電不要ペン
第7位

HUION

液晶タブレット GT-190

価格:49,884円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者にもプロにもおすすめ

のびのびと絵を描くことができる、19インチの液タブ。背面にはスタンドが付いているので、液タブを好きな角度に変えることができます。デスクに置くことも立てて使うこともできるため、自分の描きやすいスタイルを取ることが可能です。

 

VGA・DVI端子に対応しており、2つ以上のモニターで作業することもできます。こちらのGT-190は、描きやすさで液タブを選ぶ方におすすめの商品です。初心者の方はもちろん、プロの方でも満足のできる商品ではないでしょうか。

 

 

インチ19筆圧感知レベル2048
傾き検出機能×解像度1440×900
軽量×その他機能
第6位

HUION

液晶タブレット GT-192

価格:52,799円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

16個のファンクションキーで作業楽々

GT-192には、16個のファンクションキーと2本のタッチバーが付いていることが特長。面倒なペンの切り替えやクリックなどの動作をワンタッチで行うことができるため、作業効率を上げたい方におすすめの液タブです。

 

8192レベルの筆圧に高い解像度、傾き検知機能など、価格の割に高スペックな仕様になっています。「大画面で描きたい」「スペックの高い液タブを使いたい」「価格はなるべく安いものがいい」という希望をすべて叶えることが可能です。

 

接続口は、DP・HDMI・VGA・USBになっており、WindowsとMacの両方に対応しています。また、背面にはスタンドが付いているので、角度調節も簡単にできますよ。

 

インチ19.5筆圧感知レベル8192
傾き検出機能±60°レベル解像度1920x1080
軽量×その他機能ファンクションキー/タッチバー/充電不要ペン
第5位

HUION

液晶タブレット GT-156HDV2

価格:35,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量仕様で持ち運びも楽々

GT-156HDV2は、薄型で軽量タイプの液タブです。大抵の液タブは5~8キロほどの重さのものが多いですが、こちらの液タブはなんと重さ1.5キロ。さらに薄型なので、バッグに入れての持ち運びも楽々です。

 

重さによる移動のストレスも少ないので、外に持ち運んで風景や景色を描くときに活躍してくれますよ。また、ファンクションキーやタッチバーが充実しているので、作業効率を気にする方にもピッタリです。

 

他にも、8192レベルの筆圧やIPSパネルの搭載、1920×1080の解像度など、全体的なスペックが高いことも魅力といえるでしょう。スリムで高性能な液タブを求めている方は、こちらの液タブを選んでみてはいかがですか。

インチ15.6筆圧感知レベル8192
傾き検出機能×解像度フルHD1920×1080
軽量その他機能ファンクションキー/タッチバー
第4位

HUION

液晶タブレットGT-191

価格:49,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

左利きにも対応している液タブ

GT-191は、19.5インチのワイドスクリーン液タブです。描画の反応速度が高く、快適に大画面での作業を行うことができます。利き手に合わせて設定を変えられるので、左利きの方にもおすすめです。

 

1670万色もの色彩が表示可能なため、繊細なタッチの絵も表現することができますよ。腕を使って大きく絵を描く方や、背景や景色をよく描くという方におすすめの液タブです。筆圧感知レベルも8192とハイスペックな仕様になっています。

 

 

WindowsとMacどちらにも対応しており、幅広い方が使いやすい液タブといえます。

インチ19.5筆圧感知レベル8192
傾き検出機能×解像度フルHD1920×1080
軽量×その他機能
第3位

HUION

液晶タブレット GT-221PRO

価格:59,526円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

腕を使って描く人におすすめの21.5インチ液タブ

21.5インチの大きな画面が魅力のGT-221PRO。腕を使って、広く自由な描き方をすることが可能です。解像度も高いため、繊細でシャープな表示を楽しむことができますよ。8192レベルの筆圧、178°広視野角、IPSパネルの搭載など、全体的に高品質な仕様が魅力です。

 

また、GT-221PROには10個のファンクションキーが付いているので、作業の効率性を高めたい方にもおすすめ。好きなようにカスタマイズして使えば、切り替えの手間もかからないでしょう。

 

サイズが大きく、機能が充実している液タブでありながら、価格が安いこともおすすめのポイントです。

インチ21.5筆圧感知レベル8192
傾き検出機能解像度フルHD1920 x 1080
軽量×その他機能ファンクションキー/タッチバー/軽量ペン
第2位

HUION

液晶タブレット GT-220 V2

価格:37,147円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大画面でありながら良心的な価格設定が魅力

後機種であるGT-221PROと同じ21.5インチのGT-220V2。GT-221PROと比較すると、GT-220V2は価格がさらに安くなっています。GT-220V2にはファンクションキーが付いていませんが、機能が充実しており、どんな方にもおすすめできる液タブです。

 

筆圧レベル8192、1920×1080の美しい解像度、スタンド調整が可能と、高スペックな仕様。左利きにも対応しています。画面サイズの大きい液タブは価格が高くなりやすく、数十万円することもざらです。

 

そのような中で、高性能・大画面でありながら4万円以下で液タブが手に入るのは、huion製品だからこそ。数十万円かかる液タブに比べて買い替えもしやすいですし、初めての液タブとしてもおすすめの商品です。

 

 

インチ21.5筆圧感知レベル8192
傾き検出機能×解像度フルHD1920×1080
軽量×その他機能タッチバー
第1位

HUION

液晶タブレットGT-133PRO

価格:37,230円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ抜群の高スペック液タブ

筆圧レベル、解像度、傾き検出機能、ファンクションキー・タッチバーすべて高スペックの液タブが欲しい」という方にぜひおすすめしたいのが、こちらのGT-133PRO。GT-133PROは初心者の方にはもちろん、プロの方にもおすすめの液タブです。

 

充実した機能を持ち、さらに価格が安いということがGT-133PROの最大の魅力。ペンは充電不要タイプになっているので、充電の手間もありません。左利きでも使用できるため、幅広い人が使いやすい仕様になっています。

 

有名なペイントソフトに多数対応しているので、人によっては元々使っていたソフトを引き続き使うこともできるでしょう。作業の効率性や使いやすさから見ても、多くの人が満足のできる商品といえます。WindowsとMacでも使用可能です。

インチ13.3筆圧感知レベル8192
傾き検出機能±60°レベル解像度フルHD1920×1080
軽量その他機能ファンクションキー/タッチバー/充電不要ペン

huion液タブの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5041693の画像

    HUION

  • 2
    アイテムID:5042685の画像

    HUION

  • 3
    アイテムID:5041908の画像

    HUION

  • 4
    アイテムID:5042698の画像

    HUION

  • 5
    アイテムID:5042709の画像

    HUION

  • 6
    アイテムID:5042714の画像

    HUION

  • 7
    アイテムID:5043873の画像

    HUION

  • 8
    アイテムID:5042725の画像

    HUION

  • 商品名
  • 液晶タブレットGT-133PRO
  • 液晶タブレット GT-220 V2
  • 液晶タブレット GT-221PRO
  • 液晶タブレットGT-191
  • 液晶タブレット GT-156HDV2
  • 液晶タブレット GT-192
  • 液晶タブレット GT-190
  • 液晶タブレット GT-116
  • 特徴
  • コスパ抜群の高スペック液タブ
  • 大画面でありながら良心的な価格設定が魅力
  • 腕を使って描く人におすすめの21.5インチ液タブ
  • 左利きにも対応している液タブ
  • 軽量仕様で持ち運びも楽々
  • 16個のファンクションキーで作業楽々
  • 初心者にもプロにもおすすめ
  • お手頃価格でありながら高品質の液タブ
  • 価格
  • 37230円(税込)
  • 37147円(税込)
  • 59526円(税込)
  • 49999円(税込)
  • 35280円(税込)
  • 52799円(税込)
  • 49884円(税込)
  • 34999円(税込)
  • インチ
  • 13.3
  • 21.5
  • 21.5
  • 19.5
  • 15.6
  • 19.5
  • 19
  • 11.6
  • 筆圧感知レベル
  • 8192
  • 8192
  • 8192
  • 8192
  • 8192
  • 8192
  • 2048
  • 8192
  • 傾き検出機能
  • ±60°レベル
  • ×
  • ×
  • ×
  • ±60°レベル
  • ×
  • ±60°レベル
  • 解像度
  • フルHD1920×1080
  • フルHD1920×1080
  • フルHD1920 x 1080
  • フルHD1920×1080
  • フルHD1920×1080
  • 1920x1080
  • 1440×900
  • フルHD1920×1080
  • 軽量
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • その他機能
  • ファンクションキー/タッチバー/充電不要ペン
  • タッチバー
  • ファンクションキー/タッチバー/軽量ペン
  • ファンクションキー/タッチバー
  • ファンクションキー/タッチバー/充電不要ペン
  • ファンクションキー/タッチバー/充電不要ペン

まとめ

huion液タブは、高性能で使いやすく、さらに価格の安い商品が多いことが特長です。huion液タブを選ぶ際は、描きやすさ・描き方・便利さを考慮することがポイント。自分に合うhuion液タブを見つけ、デジタルイラストを思いっきり楽しみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ