記事ID137885のサムネイル画像

【家事がしやすくなる】おんぶ紐のおすすめ人気ランキング10選

赤ちゃんのお世話をしながらの家事は思っている以上に大変で、なかなか進まないと悩む人も多いでしょう。そんな時は、子育て便利グッズの1つであるおんぶ紐を使ってみるのもおすすめです。今回は、おんぶ紐の選び方とおすすめ人気ランキングを紹介します。

毎日使うものだから使いやすいものがいい

赤ちゃんがいると、ひたすらミルクとおむつ替えに追われあっという間に1日が終わります。どうしても、赤ちゃんのお世話をしていると両手がふさがってしまい他のことができなくなります。

 

赤ちゃんが泣き止んだら家事をしようと思ってコミュニケーションをとってあやしても、なかなか泣き止まず家事が進まないといった経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

そんな時に便利なのがおんぶ紐です。おんぶ紐を使うことで、赤ちゃんとママやパパとの距離も近くなり赤ちゃんに安心感を与えることができます。そして何より、両手が空くので家事や他のことをする時間も確保できるようになります。

おんぶ紐の選び方

おんぶ紐を選ぶといっても、種類もたくさんあってどれを選べばいいか分からないと悩む人もいるでしょう。これから、おすすめのおんぶ紐の選び方とお伝えしますので初めておんぶ紐を購入予定の人は参考にして下さいね。

どんな機能をおんぶ紐に求めるか

おんぶ紐は商品によってはおんぶだけでなく、他の抱き方ができるものもあります。どんな機能をおんぶ紐に求めるかを考えながら見ていきましょう。

おんぶ専用(背中あて有)

おんぶ専用のおんぶ紐は、おんぶに特化しているおんぶ紐です。見た目はシンプルでコンパクトなので持ち運びもしやすく、背中あてがあるタイプは家の中はもちろん外出時に赤ちゃんと一緒に移動する時もおすすめです。

 

おんぶ機能に特化しているため、子どもをおぶった時も腰や背中に負担がかかりにくい設計になっています。デザインよりも実用性重視でおんぶ紐を選びたい人にはぴったりでしょう。

おんぶ専用(一本帯)

おんぶ専用のおんぶ紐で1つ持っておきたいのが一本帯です。一本の紐のみでのおんぶ紐なので、洗濯もしやすく持ち運びも場所をとることがなく楽です。こちらも昔ながらのスタイルのおんぶ紐ではありますが、災害時にも役立つグッズの1つです。

 

ただ、使い慣れるまでは結び方が分からないといった悩みを持たれる人も多いです。最近は、一本帯の結び方を解説した動画も動画サイトにアップロードされているので気になる人はチェックしてみるといいでしょう。

抱っことおんぶ兼用

抱っことおんぶ、どちらもできるものを使いたい人にはこちらがおすすめです。商品によって機能は違いますが、このタイプの多くは対面抱っこ・横向き抱っこ・前向き抱っこ・おんぶの4つが使用できます。

 

中には新生児から利用できるものもあります。早いうちから抱っこ紐を使って、赤ちゃんが成長していくにつれておんぶ紐も使いたいと思っている人は抱っことおんぶが両方できるタイプがいいでしょう。赤ちゃんを支えてくれるヒップシートの有無も確認しておきたいですね。

昔ながらのタイプかリュックタイプか

おんぶ紐をどうやって使うかも選ぶポイントの1つです。昔ながらの胸の前でクロスするタイプと、リュックタイプどちらが使いやすいかも考えて選ぶようにしましょう。

昔ながらの前で結ぶタイプ

昔ながらの前で結ぶタイプは、おんぶ専用の商品ならではのスタイルです。背中あてがあるもの、一本帯のものどちらも胸の前でクロスさせて使います。

 

メリットは、シンプルで軽量だから持ち運ぶ時も邪魔にならないことです。デメリットは、胸の前で紐をクロスさせるので胸が強調されやすいところです。外出する時はこのデメリットが悩みの種にもなりやすいので、気になる人は家の中だけで使うのもアリでしょう。

リュックタイプ

リュックタイプはデザインがスタイリッシュなので、おんぶ紐をおしゃれに使いたい人におすすめです。リュックサックを使う感覚でおんぶ紐が使えるので、昔ながらのスタイルと比べて周りの目を気にせずに済みます

 

また、ママやパパどちらも使いやすいようなデザインの商品もリュックタイプのおんぶ紐にも多いのもポイントです。外出時は交代で子どもをおんぶするといった夫婦には特におすすめです。

使える月齢で選ぶ

おんぶ紐は商品によって使用開始ができる月齢が違います。新生児のうちから抱っこ紐とおんぶ紐の兼用タイプを使いたいと考えている人は、この部分は十分確認してから購入するようにしましょう。

 

商品によって、生後10日から使えるものもあれば首が座ってから使えるものもあります。また、何歳まで使えるのかもママやパパは参考までにチェックしておくといいでしょう。多くの場合が2歳から3歳くらいまでが使用する最高年齢に設定されています

身体にかかる負担が少ない設計になっているか

かわいい我が子といっても、長時間おんぶしているのは足腰に負担がかかりやすいです。おんぶ紐として利用できる商品によっては、肩や腰の部分にウレタンが入っていたり肩にフィットしやすい設計になっていたりします

 

ベルト部分以外にも、おんぶ紐の商品自体の重さも意外と重要です。短時間であれば軽量かそうでないかは大して身体にかかる負担の違いは感じにくいですが、長時間となればできるだけ軽量なものを選んでおいた方が足腰の負担も軽く済みます。

通気性も考えて素材で選ぶ

赤ちゃんは汗をかきやすくお肌もデリケートなので、できるだけ通気性がいい素材のおんぶ紐を選ぶようにしましょう。全体的にメッシュ素材をふんだんに使っているものや、おしりの部分だけメッシュ素材を使っているものなど商品によって違います。

 

汗かきな赤ちゃんがいつも清潔なおんぶ紐を使うためには、洗いやすさも合わせてチェックしておきましょう。商品によっては付け替えができるものもあるので、使い方も考えながら選ぶようにしましょう。

 

おんぶ紐おすすめ人気ランキング10選

第10位

ケラッタ

ベビーキャリア ウエストキャリー分離可

価格:2,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤ちゃんにもママパパにも優しい設計!

赤ちゃんにかかる身体の負担を少しでも軽くするためのヒップシートを採用しています。上向き30度の角度を保つヒップシートは、クッション入りで長時間の抱っこやおんぶによる赤ちゃんへの負担も軽減します。シート部分は洗うことができ清潔に使用できます。

 

背中や腰が痛くて子どもを長時間抱える自信がないというママやパパにはこちらがおすすめです。肩パッド入りで腰ベルトもクッション性があり、H型ストラップもあるので安定した抱っこやおんぶをすることができます。

 

腰抱きや横抱っこはもちろん、人気の抱っこ・おんぶ兼用タイプなので子どもの成長に合わせながら長期間使用することができるでしょう。リフレクターも付いているので日が落ちた後の外出も安心です。

使用可能月齢対面抱っこ・ヒップシート:3か月~、前向き抱っこ:5か月~、おんぶ:6か月~機能対面抱っこ・前向き抱っこ・おんぶ・ヒップシート
最高体重15kg素材メッシュ
本体重量500g
第9位

ファムベリー

1年中快適に使えるファムキャリー メッシュ

価格:14,194円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンモックバンド×おなかホルダーで快適

弾力性のあるハンモックバンドは、赤ちゃんを包み込んでくれるので安心です。また、おなかホルダーが付いているので抱っこやおんぶをする時に手足をバタバタして暴れてしまう赤ちゃんもすぐに大人しくなってくれます。

 

おんぶ紐を使い慣れていない人でも、リュックを使う感覚で使えるのでおすすめです。肩と腰の部分にはウレタンが入っているのでママやパパの身体にかかる負担も少ないです。肩紐が落ちてきそうという時も、サッと手を入れることができるので使いやすいです。

 

外側のカバーは別売りにはなりますが、いくつか種類があり気分転換したい時にカバーを変えてみるといいでしょう。ボーダーや花柄など、見た目を変えるだけでも何となくお出かけしたいなと明るい気持ちになること間違いなしです。

使用可能月齢首がすわった後~3歳機能対面抱っこ・おんぶ
最高体重約16kg素材外カバー:綿、本体:メッシュ
本体重量約630g
第8位

北極しろくま堂

昔ながらのおんぶひも 背当て頭あてつき デニム/ヒッコリー(ウラ)

価格:6,804円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

昭和30年代に使われていたものをリサイズ!

昔ながらのおんぶ紐を使いたい人はまずはこちらを使ってみるのがおすすめです。昭和30年代に実際に使われていたものをリサイズしている商品です。シンプルな作りで初めて使う人は戸惑う部分もあるかもしれません。

 

特徴的なのが、赤ちゃんの足入れが付いていないということです。足入れがないので、寝てしまった赤ちゃんをおんぶ紐から取り出して寝かせるのもスムーズに行うことができます。移動する間に起きてしまったらどうしようと心配しなくて済みます。

 

おんぶする位置が今どきのおんぶ紐と比べると高い位置にあるので、赤ちゃんが喜ぶだけでなくママやパパの寝かしつけも楽になる可能性は高いです。ただし、足腰にあまり自信が無いママやパパは無理して使うのは避けた方が良さそうです。

使用可能月齢4か月~機能おんぶ
最高体重15kg素材綿
本体重量440g
第7位

荒城おんぶ紐店

昔ながらのおんぶ紐 一本 紐 サイズL(長さ約5m)

価格:3,950円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1本は持っておきたいおんぶ紐

一本帯は、綿100%で通気性も抜群なので赤ちゃんのお肌にも優しく日頃から家の中だけで使用するおんぶ紐としておもおすすめです。昔からあるおんぶ紐で、できるだけ財布に優しいものを選びたいと考える人は一度検討してみるといいでしょう。

 

赤ちゃんの身体をカバーするものがないので、赤ちゃん自身もそしてママやパパも身軽ではありますが周りにたくさん物があったりする環境で使うのは避けた方が安心です。汗をかいてムレてもすぐに洗濯できるので赤ちゃんのお肌にも衛生面でもおすすめです。

 

普段使いしなくても、万が一のことが起きた時にサッとおんぶできるように練習しておきましょう。こちらのシリーズの商品はサイズがいくつかあるのでピッタリなものを1つ購入しておくといいでしょう。

使用可能月齢首がすわった後~機能おんぶ
最高体重-素材綿
本体重量240g
第6位

ラッキー工業

ワンタッチ4way抱っこひも(デニムブラック)

価格:4,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単に身体に装着できて初めて使う人も安心

ワンタッチで簡単に装着できるこちらの商品は、フィットバックルが調節できるのでママとパパどちらにもしっかりフィットします。寝ている赤ちゃんを守ってくれるヘッドボードも付いているので安心です。

 

また、セーフティーベルトや足ぐりが付いているので赤ちゃんを抱っこしたりおんぶしたりしている時に落下するのを防ぐことができます。素材はメッシュなので赤ちゃんの汗も吸収してくれます。

 

4wayタイプなので新生児のうちは横抱き、子どもの成長を見ながら対面抱っこや前向き抱っこそしておんぶ紐として使うことができます。見た目もがっちりしすぎてないので、赤ちゃんとママだけのお出かけの時の移動もそれほど負担になりません。

使用可能月齢横抱っこ:新生児(生後10日~)、対面抱っこ・前向き抱っこ・おんぶ:首がすわる4か月頃~機能横抱っこ・対面抱っこ・前向き抱っこ・おんぶ
最高体重13kg素材メッシュ
本体重量581g
第5位

コンビ

ジョインEL-E ネイビーブルー

価格:7,490円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量×肩にフィットするからお出かけも楽しめる

軽量で肩にもフィットするこちらの商品は、抱っこ紐やおんぶ紐を使って肩や腰を痛めるのではと心配しているママやパパにおすすめです。幅85mmで厚み15mmの肩ベルトはできるだけ負担を軽くする設計なので、使い慣れていない人も安心して使用できます。

 

取り外し可能なおやすみフードが付いているので、縦対面抱っこやおんぶをしている途中で寝てしまった赤ちゃんをガードしてくれます。同時に、日よけの役割もしてくれるので赤ちゃんもぐっすり寝ることができます。

 

別売りのインファントシートを使えば新生児から使用もできます。ホールドカバー・ベルトがあるので、おんぶ紐として使う時も赤ちゃんを安全に固定することができ落下する心配もありません。

使用可能月齢インファントシート縦対面抱っこ:新生児(3.2kg)~、縦対面抱っこ・おんぶ:首がすわる頃~、腰抱っこ:腰がすわる頃~機能インファントシート縦対面抱っこ・縦対面抱っこ・おんぶ・腰抱っこ
最高体重15kg素材-
本体重量621g
第4位

グレコ

だっこひも ルーポップ トゥインクルスターBK

価格:5,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトに収納したいならこれ!

こちらのおんぶ紐は、化粧ポーチくらいのサイズにコンパクトに収納できるので旅行や帰省する時に増えがちな荷物を少しばかり減らしてくれます。さらさらとしたメッシュ素材が使われているので、赤ちゃんが汗でムレることもありません。

 

レッグホルダーが付いていて、抱っこやおんぶをすぐにしたい時も赤ちゃんに負担をかけることなく安全に装着することができます。また、フードもついているので寝ている赤ちゃんも起きにくく安心です。

 

肩と腰の2本のベルトがママやパパの負担をバランスよく分散してくれるので、長時間の抱っこやおんぶも疲れにくいです。見た目はかっちりしていて重たそうに見えますが、どちらかと言えば軽い商品なので小柄な方にもおすすめです。

使用可能月齢首がすわる頃~機能縦抱っこ・おんぶ
最高体重13kg素材メッシュ
本体重量494g
第3位

ナップナップ

ベビーキャリー UKIUKI シェル 0か月~

価格:12,830円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小柄な赤ちゃん向けのおんぶ紐

海外のメーカーの抱っこ紐やおんぶ紐は大きいという赤ちゃんにはこちらがおすすめです。メッシュ素材に切り替えができ、通気性も良いです。背中部分にはポケットが付いているので赤ちゃん用品はもちろん、ママやパパの小物を入れるのにもおすすめです。

 

おんぶ紐メインで使いたい人に嬉しい落下防止ベルトも付いているので、赤ちゃんが落ちたらどうしようと心配しなくて済みます。また、小物を吊るすフックもあるので常に近くに置いておきたいグッズがある場合は便利でしょう。

 

ウエストポーチのポケットの中にこの商品は収納することができるので、お出かけする時も利用シーンに合わせて出し入れができ便利です。

使用可能月齢首がすわる頃~機能縦抱っこ・おんぶ
最高体重20kg素材表面:綿、裏面:メッシュ
本体重量699 g
第2位

AUGYMER

ベビーキャリアー 多機能 おんぶ紐 グリーン ヒップシート付き

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

股関節脱臼も予防できる優れもの!

こちらのおんぶ紐のヒップシートキャリアは股関節脱臼はもちろんO脚も予防することができます。赤ちゃんの身体に無理をさせることなくC字やM字を維持できるので、ママやパパも安心して使用することができます。

 

ママやパパの足腰への負担を軽くするために、腰ベルトの幅は広く肩ストラップにはクッションが入っています。ちなみに、肩の部分はがっしりと頑丈に作られているので体にかかる負荷も上手く分散させることができます。

 

赤ちゃんの成長に合わせて、横抱きや対面抱っこそしておんぶと使えるので同じものを長く使いたいと考える人にはおすすめのおんぶ紐です。

 

使用可能月齢横抱っこ:新生児(3.5kg)~、縦抱っこ:首がすわった頃~機能対面抱っこ・横抱っこ・おんぶ・ヒップシート
最高体重20kg素材メッシュ
本体重量422g
第1位

nagasawako

昔ながらのおんぶひも 日本製 濃紺 おんぶ紐

価格:2,815円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いろんな人がおんぶするならこれ

日頃の赤ちゃんのお世話はママやパパだけでなく、赤ちゃんのおじいちゃんやおばあちゃんも積極的にしているという場合はこちらのおんぶ紐がおすすめです。見た目も派手過ぎず、年齢に関係なく使えるハードルの低さも人気の秘密です。

 

赤ちゃんを抱っこしたりおんぶしたりする時は、最新デザインのものよりも昔ながらのものが安心と考える人もおじいちゃんおばあちゃん世代は多いです。そのため、世代が違う人と赤ちゃんのお世話をする機会が多い場合は胸の前で結ぶこのタイプが誰でも使いやすいです。

 

装着するコツを掴むまでは装着に時間がかかりますが、慣れてしまえば赤ちゃんを寝かしつけやすいのでおすすめです。周りに昔ながらのおんぶ紐を使ったことがある人がいて、すぐ聞ける環境であれば直接教えてもらうとマスターするスピードも速くなるでしょう。

使用可能月齢6か月頃~機能抱っこ・おんぶ
最高体重14.9kg素材綿
本体重量260g

おすすめのおんぶ紐商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5040988の画像

    nagasawako

  • 2
    アイテムID:5040613の画像

    AUGYMER

  • 3
    アイテムID:5040971の画像

    ナップナップ

  • 4
    アイテムID:5040962の画像

    グレコ

  • 5
    アイテムID:5040938の画像

    コンビ

  • 6
    アイテムID:5040924の画像

    ラッキー工業

  • 7
    アイテムID:5040581の画像

    荒城おんぶ紐店

  • 8
    アイテムID:5040565の画像

    北極しろくま堂

  • 9
    アイテムID:5040524の画像

    ファムベリー

  • 10
    アイテムID:5040506の画像

    ケラッタ

  • 商品名
  • 昔ながらのおんぶひも 日本製 濃紺 おんぶ紐
  • ベビーキャリアー 多機能 おんぶ紐 グリーン ヒップシート付き
  • ベビーキャリー UKIUKI シェル 0か月~
  • だっこひも ルーポップ トゥインクルスターBK
  • ジョインEL-E ネイビーブルー
  • ワンタッチ4way抱っこひも(デニムブラック)
  • 昔ながらのおんぶ紐 一本 紐 サイズL(長さ約5m)
  • 昔ながらのおんぶひも 背当て頭あてつき デニム/ヒッコリー(ウラ)
  • 1年中快適に使えるファムキャリー メッシュ
  • ベビーキャリア ウエストキャリー分離可
  • 特徴
  • いろんな人がおんぶするならこれ
  • 股関節脱臼も予防できる優れもの!
  • 小柄な赤ちゃん向けのおんぶ紐
  • コンパクトに収納したいならこれ!
  • 軽量×肩にフィットするからお出かけも楽しめる
  • 簡単に身体に装着できて初めて使う人も安心
  • 1本は持っておきたいおんぶ紐
  • 昭和30年代に使われていたものをリサイズ!
  • ハンモックバンド×おなかホルダーで快適
  • 赤ちゃんにもママパパにも優しい設計!
  • 価格
  • 2815円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 12830円(税込)
  • 5600円(税込)
  • 7490円(税込)
  • 4500円(税込)
  • 3950円(税込)
  • 6804円(税込)
  • 14194円(税込)
  • 2780円(税込)
  • 使用可能月齢
  • 6か月頃~
  • 横抱っこ:新生児(3.5kg)~、縦抱っこ:首がすわった頃~
  • 首がすわる頃~
  • 首がすわる頃~
  • インファントシート縦対面抱っこ:新生児(3.2kg)~、縦対面抱っこ・おんぶ:首がすわる頃~、腰抱っこ:腰がすわる頃~
  • 横抱っこ:新生児(生後10日~)、対面抱っこ・前向き抱っこ・おんぶ:首がすわる4か月頃~
  • 首がすわった後~
  • 4か月~
  • 首がすわった後~3歳
  • 対面抱っこ・ヒップシート:3か月~、前向き抱っこ:5か月~、おんぶ:6か月~
  • 機能
  • 抱っこ・おんぶ
  • 対面抱っこ・横抱っこ・おんぶ・ヒップシート
  • 縦抱っこ・おんぶ
  • 縦抱っこ・おんぶ
  • インファントシート縦対面抱っこ・縦対面抱っこ・おんぶ・腰抱っこ
  • 横抱っこ・対面抱っこ・前向き抱っこ・おんぶ
  • おんぶ
  • おんぶ
  • 対面抱っこ・おんぶ
  • 対面抱っこ・前向き抱っこ・おんぶ・ヒップシート
  • 最高体重
  • 14.9kg
  • 20kg
  • 20kg
  • 13kg
  • 15kg
  • 13kg
  • -
  • 15kg
  • 約16kg
  • 15kg
  • 素材
  • 綿
  • メッシュ
  • 表面:綿、裏面:メッシュ
  • メッシュ
  • -
  • メッシュ
  • 綿
  • 綿
  • 外カバー:綿、本体:メッシュ
  • メッシュ
  • 本体重量
  • 260g
  • 422g
  • 699 g
  • 494g
  • 621g
  • 581g
  • 240g
  • 440g
  • 約630g
  • 500g

まとめ

今回は、おすすめのおんぶ紐について紹介しました。新米ママやパパは特に、機能がたくさん付いているおんぶ紐の商品がたくさんありすぎて目移りすることでしょう。どれにすればいいか迷った時は、今回紹介したおんぶ紐の選び方とおすすめの商品を参考にしてみるのもおすすめですよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ