記事ID137865のサムネイル画像

【折り畳み式もあり】譜面台のおすすめ人気商品ランキング10選

普段、ご自宅やスタジオなどで楽器を演奏する際や、歌を歌う際に、譜面台を活用される方が多いと思います。ただ、商品によっては、場所を取ってしまうものもありますよね。そこで今回は、おすすめの譜面台をご紹介します。使いやすいタイプを選び、便利に使用しましょう。

譜面台を使っても、もっと便利に演奏などを行いましょう。

譜面台とは、音楽をされている方であれば、とても馴染みのあるアイテムなのでは、ないでしょうか。楽器を弾く際や、歌を歌う際に、楽譜を置いて置けるアイテムが、この譜面台となります。これがあれば、ライブやスタジオ入りする時にも、かなり便利です。

もちろん、ご自宅で練習する際にも、かなり助かるので、一つは持っておくようにしましょう。譜面台を使うことで、高さ調節が自由自在に行え、見やすくなります。よって、さらに快適に使用することができるので、どのような楽器でも譜面が見やすく、演奏しやすくなります。

そこで今回は、おすすめの譜面台をご紹介します。初めて使用される方にとっては、どれを選んだら良いのか、迷う方も多いですよね。そんな方のためにも、選びやすいように色々参考になることも、ご紹介していくので、是非この記事を元にしながら、選んでみましょう。

譜面台の選び方

使用方法で選ぶ

使用方法によって、適切なタイプの商品が異なります。なので、しっかりと自分がどのスタイルで使用するかを決めておき、それに適したものを選ぶことが重要になります。

書き込みしやすいものを選ぶ

譜面台には、譜面を支える場所に、複数の穴が空いている商品が多く販売されています。ただ、譜面を見て演奏などを行っている最中に、アドバイスされた部分などに、サッと注意書きをしたい方も多いと思います。ただ、あまり穴が多すぎてしまうと、書きずらくなってしまいます。

 

いちいち机の上に譜面を戻して書いていては、手間がかかってしまいます。なので、色々なことを譜面に書き足しを加えたい方は、なるべく穴の空いていない譜面台を、選ぶことが重要になります。

 

商品によっては、ペン置きなどがあるタイプのものもあるので、チェックしておきましょう。重要な部分を今後も把握しておくためにも、穴の空いていないタイプである、下敷きのようなタイプになっているものを選ぶことで、スムーズに記入することができますよ。

演奏のスタイルで選ぶ

演奏スタイルによって、適切な商品も異なってくるので、しっかりと把握しておきましょう。立って使用される方もいてば、座って使用される方もいます。なので、どのスタイルで使用するかを、時前に決めておきましょう。

 

時前に決めておかないと、譜面台の高さが足りなかったり、譜面台が高すぎるといった悩みが出てしまうので、集中することができなくなります。よって、結局使わず無駄にしてしまうことがあるので、注意しましょう。

 

特に身長が高い方は、どの程度の高さまで伸ばすことができるかを、しっかりと確認しておきましょう。とはいっても、実物を診ないと、分からないことも多いですよね。なので、使用感などをもっと詳しく知りたい場合は、ロコミなどを参考にすると、良いと思います。

機能性で選ぶ

機能性が充実したものを選ぶことで、より快適に安心して使用することができます。

耐久性で選ぶ

長く同じものを使用したい場合は、耐久性を重視しながら、選ぶようにしましょう。しっかりと耐久性があるものを選ぶポイントは、素材を確認することです。一般的に販売されている譜面台の多くは、アルミ製のものとなっています。アルミ製は、非常に軽量で持ち運びに便利です。

 

また、その他のアイテムにも、色々活用されているなど、とても万能な素材の一つです。ただ、中には軽すぎて耐久性が衰えてしまうものもあるので、注意しましょう。より頑丈なものをお探しの場合は、鉄製や木製など、これらの素材のものを選ぶようにすることが重要です。

 

とはいっても、重さが出てしまうので、場合によっては使いづらいこともあります。なので、ご自宅では鉄製などを使い、持ち運びにはアルミ製のものを使うなど、工夫しながら活用するようにしましょう。

安定性で選ぶ

いざ譜面台を使用するとなっても、すぐに倒れてしまうようでは、しっかりと機能を発揮することができません。なので、安定性もしっかりと確認しておきましょう。特に一番チャックしておくべきポイントは、譜面を置いた際などに、ぐらつきがないかどうかがポイントになります。

 

譜面を置いたり、譜面にちょっと記入する際に力をかけた時に、すぐに倒れてしまうようでは、意味がありません。また、全体を支える脚の部分が不安定だと、いくらしっかりと設置しても、すぐに倒れてしまいます。ご自宅で使用する分には、対応できます。

 

ただ、実際にライブなどで演奏をしている最中に倒れてしまうと、全部が台無しになってしまいます。なので、ロコミなども参考にしながら、安定性に優れたものを選ぶようにしましょう。

利便性で選ぶ

持ち運び用として、譜面台を探している場合は、重さや収納性に注目してみましょう。ご自宅以外にも、スタジオなどに、自分専用の譜面台を持って行って使用する場合は、できる限り軽いものが便利です。

 

アルミ製のものであれば、折り畳みができる商品も多く、尚且つ、軽量のものが多くなっています。約400g~600g程度のものであれば、スムーズに持ち運びが行えるので、チェックしておきましょう。ただし、軽すぎてしまうと、倒れやすかったり、作りが雑なものもあります。

 

なので、しっかりと安定性も確保したい場合は、500~600g程度のものを、選ぶことで、より快適に使用できます。もし、荷物になるようであれば、スタジオでも貸してくれる場所が多いので、時と場合によって判断しましょう。

メーカーで選ぶ

信頼できるメーカーのものを選ぶことで、メンテナンスもしてもらえるので、長く使い続けることができます。

YAMAHAを選ぶ

もし選び方に迷って際は、メーカーを重視しながら、選ぶことをおすすめします。YAMAHAは、一度は耳にしたことがある方も、多いのではないでしょうか。主に楽器を中心に販売していて、現在ではバイクなど、自動車関連も取り扱っています。

 

そんなYAMAHAから販売されている譜面台は、折り畳み式の譜面台など、かなりハイスペックのものが、販売されています。中には、軽量のモデルのものも多く、非常に軽いのに耐久性もあるなど、かなり品質も高いので、おすすめです。

 

ギターやベースなど、楽器本体もこのメーカーのものを使っているようであれば、YAMAHAを選ぶことをおすすめします。ちょっと気になる点がある際は、一緒にメンテナンスしに行くことができるので、かなり使い勝手も良くなりますよ。

オオハシを選ぶ

オオハシとは、譜面台や楽器スタンド、音響機器用品などの、色々な商品を取り扱っているメーカーになります。よく楽器屋さんなどを利用される方にとっては、馴染みのある方もいるのでは、ないでしょうか。

 

このメーカーの商品は、シンプルな構造となっているのにも関わらず、素材が頑丈なので、しっかりと機能性を発揮することができます。また、国内外では非常に人気のあるメーカーなので、信頼してお使いいただけるかと思います。

 

実際に、オーケストラの練習場でもよく使われるなど、プロも愛用しているので、おすすめです。もちろん、ご自宅でも、しっかりとした譜面台を使用したい場合は、このメーカーのものを選ぶと良いでしょう。

サイズ・重さで選ぶ

譜面台を選ぶ際は、まずどこで使用するかを決めておきましょう。譜面台には、色々な種類があり、重さや持ち運びやすさも変わってきます。主に、ご自宅で使用する場合は、多少重くてもずっしりと譜面を支えてくれるものを、選ぶと良いでしょう。

 

持ち運びを行う必要性がないので、安定性を重視したものがおすすめです。重さにでいうと、およそ3000g程度のものであれば、しっかりと安定してくれるものが多いので、快適な演奏を行うことができます。

 

反対に、持ち運びしたい場合はなるべく軽く、コンパクトにできる、折り畳めるタイプのものを選ぶようにしましょう。ただ、いざ使用したい時に上手く使えないようでは、意味がありません。なので、自分が譜面台を使って、実際に演奏している姿を想像しながら、選ぶことがポイントです。

譜面台のおすすめランキング10選

第10位

feileng

譜面台 折り畳み式

価格:2,794円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーバリエーションが豊富なので、選びやすくなっています。

吹奏楽やライブなど、色々なシーンで活躍します。絶妙なペイントで、無退色・無毒で、安心してお使いいただけます。

 

カラーバリエーションが非常に豊富なので、自分の好みのものを選べ、自由にお使いいただけます。カラフルな譜面台であれば、場をより明るく演出してくれるので、発表会などにもおすすめとなっています。

 

しっかりと耐久性も備わっているので、機能性に優れています。高さ調節も可能なので、色々なスタイルで使用でき、1本持っておくと重宝しますよ。

サイズ36~30cm×70~144cm重さ-
ソフトケース高さ調節可能
素材アルミ
第9位

Manhasset

譜面台 M48PK シンフォニーモデル

価格:11,664円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スペースを取りすぎず、色味がかなり可愛いですよ。

しっかりとした譜面台で、長持ちし、長くお使いいただけます。表面は傷付きにくいように、パウダーコーティング仕上げを施しているので、使いやすさも抜群です。優しい色味なので、お部屋の雰囲気などにも、マッチします。

 

この譜面台は、ま片手で操作しても止めた位置でロックがかかり、ノブやネジを使用しないので、かなりスムーズに活用できます。ステージ上でも最小限のスペースで使用でき、場所を取りすぎないので便利です。

 

今まで色々使ってきたけれど、一番良い商品といった、ロコミが挙がっていました。抜群の使いやすさで、幅広い音楽シーンで活躍します。

サイズ77~134cm重さ2.4kg
ソフトケース高さ調節可能
素材アルミ
第8位

オオハシ

譜面台 MSA-101B

価格:6,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きめの譜面にも対応しているので、どなたにもお使いいただけます。

安定感に非常に優れているので、演奏中に譜面が揺れたりなど、使いづらさがまったくありません。さらに、上部の左右にウィングが付いているので、様々な譜面の大きさにも対応するなど、機能的に設計されている商品です。

 

材質はアルミ製なので、軽量でかなり使い勝手も良く、おすすめの譜面台となっています。高さ調節がワンタッチで手軽に行えるので、初めて使用される方にも、使いやすくなっています。

 

丈夫なのにも関わらず、軽量で持ち運びやすいといった、ロコミが挙がっていました。お好きな高さに調節することができるので、色々な演奏スタイルに合わせて、お使いいただけます。

サイズ530~1250mm重さ0.560g
ソフトケース高さ調節可能
素材アルミ
第7位

キクタニ

譜面台 FS-G

価格:16,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木の温もりを感じつつ、使いやすさを実感できます。

木製で頑丈なので、安定感もあり安心して使用できます。木製の優しく温かみのあるデザインが、どんなテイストのお部屋にも、マッチします。風格漂うクラシカルな、木製譜面台に仕上げています。

 

また、ブラックとブラウンの2種類から、カラーを選択することが可能です。お部屋での練習用から、カフェなどの演奏会など、色々な場所に最適です。

 

不安定になることもなく、長く愛用しているといった、ロコミが挙がっていました。譜面台の角度を調整する、スライダー付きで、より使いやすくなっています。

サイズ515×325mm×815~1145mm重さ3.5kg
ソフトケース高さ調節可能
素材バーチ材
第6位

ACE

クラシカル木製譜面台 Model 09RY

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれなデザインで、ペン置きが備わっています。

ペン置きが備わっているので、サッと修正したい部分などを、書き足すことができます。どっしりとした重量感があるので、安定性が非常に高く、おすすめの譜面台となっています。

 

さらに、木製ですので、とても優雅で高級感があります。ユニークなデザインながら、おしゃれで、より楽しく演奏を行うことができます。演奏者の演奏を一層引き立ててくれる、クラシカル仕様でかなり便利です。

 

おしゃれで素敵な譜面台といった、ロコミが挙がっていました。ただ、重要があるので、持ち運びには適していません。コンサートなど、演奏会などにお使いください。

サイズ83~105cm×50x32cm重さ4.8kg
ソフトケース高さ調節可能
素材メープル・ウレタン
第5位

ARIA

譜面台 AMS-40B

価格:1,260円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

譜面を抑えれるバネガ付いているので、楽譜などが落ちません。

この譜面台は、従来の商品よりも全体的に太いパイプにしていることで、より高い安定感を実現しました。譜面台上部には、飾りを追加し、デザイン性にも優れています。

 

また、上部の短いアームを無くし、全体的に若干のサイズ変更を行うことで、コンパクトで持ち運びもしやすくなっています。シンプルなデザインなので、色々なスタイルで使用でき、雰囲気を壊してしまう心配がありません。

 

しっかりと安定感もあるので、使えるといった、ロコミが挙がっていました。ネ式の譜面押さえで、しっかりと楽譜を支えるので、落ちてしまう心配がありません。

サイズ480~1,200mm×230×495mm]重さ1250g
ソフトケース高さ調節可能
素材スチール
第4位

KC

譜面台 折り畳み式 M-320T/BK

価格:2,726円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オーケストラタイプで、幅広く活躍します。

スチール製の譜面台で、オーケストラや吹奏楽、バンドの練習で活躍するタイプに仕上げています。譜面置きが1枚の板になっていて、脚部はパイプタイプで折り畳んで持ち運ぶことも可能です。

 

また、譜面乗せ部分とスタンド部分は、取り外しが可能なので、収納もスムーズに行えます。パイプ部分もある程度の太さ・重量があり、安定した状態で使用することができます。

 

安定感に非常に優れていて、いざという時に役立つといった、ロコミが挙がっていました。ツヤの無いマットな仕上げにしていつので、落ち着いた雰囲気を演出します。

サイズ1,000~1,510mm×485x340mm重さ3kg
ソフトケース高さ調節可能
素材スチール
第3位

ウィットナー

譜面台 折り畳み式 961D

価格:4,104円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパにも優れ、長いと約20年以上も使用できます。

この譜面台は、折り畳んで収納することができます。耐久性に優れていて、20年以上の使用に耐えることができます。よって、長く使用できるので、コスパにも優れおすすめの譜面台となっています。

 

さらに、脚の広がりの大きさや、譜面受け部分を支える部分は、他の商品と比べても、非常に高い性能を持っています。丈夫で長持ちするため愛着が湧き、自分だけのものを常にお使いいただけます。

 

収納時にはかなりコンパクトにできるので、かさばらないといった、ロコミが挙がっていました。何かと荷物が多い時にでも、サッと持ち運べるので、持っておくと役立ちますよ。

サイズ450~1050mm×210×430mm重さ1kg
ソフトケース高さ調節可能
素材アルミ
第2位

YAMAHA

譜面台 折り畳み式 MS-250ALS

価格:4,968円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用のケース付きなので、他の荷物に傷を付けません。

軽量で高品質なモデルで、信頼性の高いYAMAHAなので、安心して使用できます。安心の日本製で、パネル締付け部は使い勝手の良い、ギア式角度調節方式を採用しています。

 

よって、丈夫さと見た目の美しさが両立し、おすすめの譜面台です。さらに、ページストッパーが付属されていることで、毎日のトレーニングがスムーズに行えます。

 

文句の付け所がないぐらい優秀といった、ロコミが挙がっていました。重量は持ち運びに便利な、超軽量設計となっています。また、ソフトケースが付属しているので、かなり便利です。

サイズ1,510×450×215mm重さ625g
ソフトケース高さ調節可能
素材アルミ
第1位

KC

譜面台 折り畳み式 MS-200J/BK

価格:1,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ストッパーが付いているなど、機能性も高いです。

コンパクトに折り畳むことができるので、かなり便利です。付属の専用ソフトケースを使えば、スタジオやライブハウスなどの、持ち運びも可能です。

 

さらに、高さや角度は調節ができるので、自分に合った状態にして、使用できます。楽譜ストッパーを搭載しているので、演奏中に楽譜が飛んで行ってしまう心配がありません。

 

安全性も高く、ストッパーが有難いといった、ロコミが挙がっていました。 スタンダードなブラックカラーで、どなたでも気軽に使用できます。 

サイズ650~1300mm×410~230mm重さ1140g
ソフトケース高さ調節可能
素材アルミ

譜面台のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5038865の画像

    KC

  • 2
    アイテムID:5038868の画像

    YAMAHA

  • 3
    アイテムID:5038875の画像

    ウィットナー

  • 4
    アイテムID:5038883の画像

    KC

  • 5
    アイテムID:5038887の画像

    ARIA

  • 6
    アイテムID:5038931の画像

    ACE

  • 7
    アイテムID:5038920の画像

    キクタニ

  • 8
    アイテムID:5038894の画像

    オオハシ

  • 9
    アイテムID:5038901の画像

    Manhasset

  • 10
    アイテムID:5038914の画像

    feileng

  • 商品名
  • 譜面台 折り畳み式 MS-200J/BK
  • 譜面台 折り畳み式 MS-250ALS
  • 譜面台 折り畳み式 961D
  • 譜面台 折り畳み式 M-320T/BK
  • 譜面台 AMS-40B
  • クラシカル木製譜面台 Model 09RY
  • 譜面台 FS-G
  • 譜面台 MSA-101B
  • 譜面台 M48PK シンフォニーモデル
  • 譜面台 折り畳み式
  • 特徴
  • ストッパーが付いているなど、機能性も高いです。
  • 専用のケース付きなので、他の荷物に傷を付けません。
  • コスパにも優れ、長いと約20年以上も使用できます。
  • オーケストラタイプで、幅広く活躍します。
  • 譜面を抑えれるバネガ付いているので、楽譜などが落ちません。
  • おしゃれなデザインで、ペン置きが備わっています。
  • 木の温もりを感じつつ、使いやすさを実感できます。
  • 大きめの譜面にも対応しているので、どなたにもお使いいただけます。
  • スペースを取りすぎず、色味がかなり可愛いですよ。
  • カラーバリエーションが豊富なので、選びやすくなっています。
  • 価格
  • 1620円(税込)
  • 4968円(税込)
  • 4104円(税込)
  • 2726円(税込)
  • 1260円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 16200円(税込)
  • 6300円(税込)
  • 11664円(税込)
  • 2794円(税込)
  • サイズ
  • 650~1300mm×410~230mm
  • 1,510×450×215mm
  • 450~1050mm×210×430mm
  • 1,000~1,510mm×485x340mm
  • 480~1,200mm×230×495mm]
  • 83~105cm×50x32cm
  • 515×325mm×815~1145mm
  • 530~1250mm
  • 77~134cm
  • 36~30cm×70~144cm
  • 重さ
  • 1140g
  • 625g
  • 1kg
  • 3kg
  • 1250g
  • 4.8kg
  • 3.5kg
  • 0.560g
  • 2.4kg
  • -
  • ソフトケース
  • 高さ調節
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 素材
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • スチール
  • スチール
  • メープル・ウレタン
  • バーチ材
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ

まとめ

今回は、おすすめの譜面台をご紹介しましたが、お目当ての商品は、見つかりましたでしょうか。有名なメーカーから販売されているものもあるので、一度チェックしてみましょう。便利な折り畳み式のものもあるので、持ち運びをされる場合は、機能性にも注目しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ