記事ID137858のサムネイル画像

【操作ラク】タブレットのSurfaceペン人気おすすめランキング10選

タブレットに当てるだけで本当のペンみたいに書けて、仕事や遊びなど様々な場面で役に立つタッチペン。今回はMicrosoft Surfaceを持っている、買いたいと思っている人向けに、Surface対応タッチペンの選び方やおすすめ品10種類を紹介します。

surfaceペンを使ってタブレット操作をラクラクに

Microsoft Surfaceがあれば、仕事や趣味など様々な場面で役立って便利と思う人が多いでしょう。しかし、Surface本体にこだわりがあっても、付属品であるSurfaceペン(タッチペン、スタイラスペンとも言います)までこだわる人は少ないようです。

 

SurfaceペンはMicrosoft Surface使用にあたっての必需品です。ペンがあることで、仕事でのメモや情報伝達、デザインなどのアイデア製作などに役立ちます。趣味の面でも絵や漫画が描けたりして便利ですよね。

 

しかし、Surfaceペンの選び方を間違えると、思った通りの使い方ができず、逆に不便に感じてしまうことがあります。本記事ではSurfaceを持っている、または欲しい人のために、Surfaceペンの失敗しない選び方を紹介します。

Surfaceペンの選び方

Surfaceペンの選び方は、ユーザーのこだわりにより異なります。ペン先などのタイプで選ぶのか、それ以外の特徴や付加機能に注目するかなどで、選択するペンも変わります。

Surfaceペンのタイプで選ぶ

Surfaceのペン先の形や機能にこだわった選び方を、主に4つの例で紹介します。

ペン先が丸い

画面タッチで操作するペンと聞くと、一般的にペン先が丸いタイプを想像する人が多いのではないでしょうか。価格相場でいうと、実際にこちらの方がリーズナブルな値段などの理由で手に入れやすいことが多いようです。

 

丸いペン先は、接触範囲も広いので、タッチしやすいメリットがあります。しかし、接触範囲が広いので、タッチするポイントを間違えないように注意しましょう。

 

また、丸型のペン先はゴムで出来ていることが多く、その場合は磨耗が早く進んで後で使いづらくなることもありますので、耐久性の見極めが鍵になります。

ペン先が細い

ペン先が細いために、見た目が完全に本物のペンみたいです。そのため、鉛筆、シャーペン、ボールペンなどの普段の筆記用具と変わらない感覚で使えます。

 

最近、新品で発売されているタッチペンは、ペン先を1ミリ台の極細にしているケースが多いです。タッチする範囲が狭いため、丸型のペンみたいに、狙ったポイントの隣に間違ってタッチしてしまうなどの懸念は少ないでしょう。

 

ただし、先が尖っているペンは何度も突くことで、タブレットやスマホなどの画面に傷ができてしまうことがあります。気になる人は、液晶保護シートも併せて注文すると良いでしょう。

筆圧感知タイプ

筆圧感知タイプは、タッチしたペンにかかる力の強弱によって、画面に反映される線や字の太さが変わることを意味します。力を抜いてペンを画面に密着させると細い線が、力を入れると太い線が反映されます。

 

繊細な筆さばきにペンが答えてくれるので、絵や漫画を書きたい人におすすめです。ただし、従来のタッチペンよりも最先端の技術を使っているので、相場が高いというデメリットがあります。購入時は、通常のSurfaceペン以上に慎重な判断を要します。

特徴で選ぶ

ペン先の形だけでなく、書きやすさや重量なども選ぶポイントになります。

字の書きやすさや使いやすさ

Surfaceペンで重視されがちなのは、書きやすさです。画面に文字を書いた際に、線が遅れることなく、ペンに合わせる形で出てくれば、本物の筆記用具と同じで書きやすいと思えるでしょう。

 

ただ画面に書き込みやすいだけでなく、Bluetooth接続がいらないなど、初期設定などに手間や時間を要しないことも大切です。

 

ペンのお尻に文字を消せる機能があれば、フリクションボールペンなどと一緒で役に立つでしょう。お尻のゴムの減り具合は、本来のフリクションの後部にあるゴムとあまり変わらないのが多いです。

イラストの描きやすさ

漫画やデジタルイラストなどのコンテンツを手掛けている人は、字だけでなく、絵の描きやすさも重視している人が多いでしょう。

 

先端が細いタイプや、筆圧感知型のタッチペンなら、繊細な絵を描きやすくて便利です。漫画を紙に描くときに使うGペンよりも快適に描けるものがあるほど、タッチペンの技術は発展しています。

 

タッチペンでスラスラと絵が描ければ、限られた時間で複数の作品を出すこともできて、紙の場合よりも効率よく販売できることも考えられます。

軽さ(重量)

タッチペンでも、重さを大切に考える人がいます。もちろん、軽ければ軽いほどタッチペンは操りやすいです。

 

もしSurfaceの機能がユーザーの望みどおりに充実していても、肝心のタッチペンが重すぎると、持ちにくかったり、きれいに字や絵を反映させられず、かえってストレスになる可能性もあります。

 

重すぎるペンを選んでしまわない方法は、複数の商品の重量を比較することが大切です。実際の店舗を訪れれば、パッケージごとですが実物を手に持って確認することもできます。

付加機能で選ぶ

Surface用タッチペンには様々な付加機能があります。これまで紹介したのは見た目の特徴でしたが、タッチペンに内蔵されたハイテクな機能を重要視した選び方もあります。

対応機種が多い

Surfaceペンはマイクロソフトからの純正品の場合、対応機種が一つだけに限られていることもあります。しかし、社外品はその会社がオリジナルの技術を盛り込んでいる関係上、複数のSurfaceに対応できるタッチペンも少なくありません。

 

対応するSurfaceの機種が多いほど、タッチペンが役に立ちやすいです。場合によっては、機種だけ買い替えて、タッチペンはそのまま使い回せたり、うっかり忘れてしまった友達に貸すこともできます。

 

Surfaceペンを買う際は、対応機種とその数もチェックすることが重要です。

充電ができる

近年のタッチペンには、電池交換が不要で充電するだけでまた使えるようになるものも多いです。

 

USB充電でバッテリーいらずなもの、Surfaceと専用のACアダプタでつないで充電するタイプなど、方法も複数にわたります。

 

タッチペンもリチウム電池や電気で動くので、エネルギーがゼロになると使えません。外出時の使いすぎに注意するとともに、エネルギーの残りが少ないときは、充電を忘れないようにしましょう。

ペンを使っている最中は手に反応しない

タッチペンを使っていると、ついつい画面に手が触れて、そこに余計な線が反映されたことはありませんか。

 

Surfaceペンによっては、「手のひら拒否技術」「パームリジェクション機能」などと呼ばれ、ペンの使用中は画面に手が触れても、そこには間違って反応しないよう設計されていることがあります。ペンに触った手は画面に反応しないように防いでくれるということです。

 

スムーズな作業にこだわる人は、手が触れたときの誤作動を防げるかどうか確かめるといいでしょう。

機能切替が簡単

Surface対応タッチペンでも、商品によっては機能を切り替えられる場合があります。例えばペンに付属しているボタンを押すことで、ペンから消しゴムモードに切り替え、間違って書いた字を消せる商品もあります。

 

ほかにも、一定時間使わないだけで自動的にオフになり、エネルギーを守ってくれるもの、ボタンを3秒押すだけでスイッチのオンとオフを切り替えられるものなど、便利な機能が数多く見られます。

surfaceペンおすすめランキング10選

第10位

ANYQOO

マイクロソフト専用 タッチペン

価格:4,179円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

精度の高いタッチ。アルミ素材で長くきれいに使える

ANYQOOのタッチペンの強みは、直径1.6mmの導電繊維つきペン先です。これにより、繊細な字や絵が表現できます。ペン先だけでなく見た目も本物のシャーペンのようにスリムなので扱いやすいです。

 

また、アルミ素材により耐久性が高いのもポイントです。ペンを長く使っていると、見た目が汚れたり、経年劣化で傷んできたりして使いづらくなったことがある人も多いでしょう。こちらのような頑丈なペンなら、買い替えずにずっと長く使えるでしょう。

 

バッテリーも大容量であり、1年間替えなくても大丈夫なほどです。使い始めた日付を誕生日のように覚えておく以外は、エネルギーに対する配慮がいらないのも心強いでしょう。

対応Surface3、Pro 3、Pro 4、Pro 2018、Pro 6、GO、Book、Laptop、Studio重量18.1 g
電池AAAAリチウム電池なし
第9位

ATiC

Surface スタイラスペン

価格:2,880円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キラキラボディが好印象。大容量バッテリーで長持ち

上品に磨き抜かれたアルミ素材が、見る者の目を引きます。ペン立てに収めていても目立つぐらいのキラキラボディが印象的です。リーズナブルな価格ながら高級に見える見た目は、使っていて得した気分になるでしょう。

 

耐久性もこのタッチペンの強みです。内蔵されているバッテリーは1年間も持ちます。 2分間使わないだけで電源が切れるなど、エネルギーを守る工夫にも抜かりありません。うっかりしやすい性格の人でも安心して使えるでしょう。

 

重量は13.5グラムと見た目に反して軽いので気軽に持ち運べます。クリップつきなので、落としたり失くしたりするリスクにも対応しています。

対応Surface3、Pro 3、Pro 4、Pro 2018、Pro 6、GO、Book、Laptop、Studio重量13.6g
電池リチウム金属電池リチウム電池0.40 watt_hours
第8位

マイクロソフト

【純正】 Surface Pro 4対応 Surfaceペン レッド

価格:11,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

純正の安定感。角張りデザインで持ちやすい

Surface Pro 4のみ対応ですが、マイクロソフトが製造販売を手がける純正部品ということで、クオリティは申し分ありません。

 

鉛筆のような見た目が親近感を持てるとともに、スッキリした持ちやすさを実感させてくれます。1,024段階の筆圧検知で、思い通りの書きごたえが味わえます。マンガや絵などのデリケートな描写にも対応可能なので、絵が趣味な人にもおすすめできます。

 

口コミでは「書き味はなめらか」「PCをまさにノート感覚で使える」など好評多数です。迷ったときは純正品という選択肢も考えられるでしょう。

対応SurfacePro 4重量104g
電池リチウムイオンリチウム電池2.40 watt_hours
第7位

マイクロソフト

【純正】Surfaceペン シルバー

価格:8,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定の純正、4096段階の筆圧感知で違和感なく書ける

こちらも純正品ですが、8位の約4倍にあたる4,096段階の筆圧検知がユーザーを引き込みます。

 

デジタルイラストや漫画、3Dデザインなど、細かい作業が求められるときも、ユーザーの力加減に素直に応えてくれます。今までタブレットで絵を描いたときに、思い通りのクオリティに仕上げられずに悩んでいた人でも、これがあればスムーズな作業ができるでしょう。

 

口コミでは「面倒くさいペアリングなどせず、すぐにsurfaceが反応してくれて驚きました」「保護シートを使わずに使用していますが、もちろん画面に傷などはつきません」など、ユーザーの満足度の高さがうかがわれます。

対応SurfacePro重量90.7g
電池リチウムイオンリチウム電池1 watt_hours
第6位

JPLINK

avedio links Surfaceペン

価格:3,880円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質で長時間使っても手汗が出ない。持ちやすいタッチペン

リーズナブルな価格でありながら、人間工学で繊細に作られた性能が特徴的です。今時のフリクションボールペンなどと違和感のない握り心地が味わえます。

 

手汗防止効果も心強いでしょう。ペンはバッテリーにより熱を持つことがあり、手が汗まみれになって滑りやすくなることがあります。しかし、このペンなら手汗をかかずに使えるので、時間が経つと滑って面倒になることがありません。

 

口コミでは「描き味は問題なく、スムーズに描けます」「純正より安くていい感じ」など、こちらも多数の好評が寄せられています。 コストパフォーマンスの高さがうかがれる一品でしょう。

対応Surface3、Pro 3、Pro 4、Book、Studio重量40.8g
電池リチウムリチウム電池不明
第5位

LACORAMO

Surfaceペン

価格:4,199円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

適合デバイス11種類!細いペン先と省エネ技術で長く使える

Microsoft公認のタッチペンなので、総合的な性能バランスの高さを求めている人はこちらが選択肢に入るでしょう。

 

Microsoft Surface Pro3~6をはじめ、数々の同社のSurfaceやデバイスに対応し、その数は11に及ぶそうです。ペン先が細いうえに感度が高いので、押し間違いの可能性が低く、デザイナーや画家など、器用な手先が求められる職業にも役立ちます。

 

使っていないと自動的に休眠するなど、省エネ技術にも抜かりがありません。口コミでも「前に使ったものよりもっと細くて、字を書く時はスムーズで、遅延もなく」「今まで気になっていた細かい文字や図形が書けるようになりました」など、ポジティブな感想が多数です。

対応SurfacePro 3、Pro 4、Pro 5、Pro 6、Pro 2017、Laptop、Book、Studio、GOなど重量99.8g
電池AAAAリチウム電池なし
第4位

LACORAMO

Surfaceペン

価格:5,599円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッテリーもBluetooth接続も必要なし。滑らかな手触りにも注目

このタッチペンは、バッテリーいらずの充電式なので、気軽に使えます。そのバッテリーは180日間待機可能、連続で500時間使えるなどのハイスペックぶりです。タブレット初心者でもエネルギーを気にしすぎることなく使えます。

 

4,096段階という純正にも負けない筆圧感知もポイントです。さらに、手のひら拒否機能で余計な落書きが起きて、消し作業でタイムロスすることにも悩まされません。アルミニウム合金が織りなすエレガントな触り心地とともに作業を楽しんでみましょう。

 

口コミでは「純正と遜色ない」「重さも適切で、手触りがいい」などの高評価が見られます。

対応SurfacePro、Pro 4、Pro 2017、Pro 6、Laptop、Book、Studio、GO重量99.8g
電池リチウムポリマーリチウム電池0.70 watt_hours
第3位

Friggal

Surfaceペン

価格:5,599円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

USB充電で500時間連続使用のハイクオリティタッチペン

500時間連続使用可能、180日待機可能など、ハイスペックを象徴する数字に圧倒されます。

 

使用時も便利で、右ボタン(2つ連なった上の方)をおよそ0.3秒押すだけでスイッチオンできます。ほかにも消しボタンを押すことで、書き損じを消せるなど、フリクションボール並の使い勝手が味わえます。

 

口コミでの評価も高く「充電のもちが非常に良い」「繊細なタッチにもしっかりと反応」「ペンの走りが滑らか」など満足度の高いコメントが複数見られます。

対応SurfacePro 3、Pro 4、New Pro、Laptop、Book 2、Studio重量118g
電池リチウムポリマーリチウム電池0.67 watt_hours
第2位

Heiyo

Surfaceペン

価格:5,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

線が遅れない切れない!省エネでリアルに書けます

このタッチペンのセールスポイントは、Surface Pro3~4、Laptop、Studioなどの対応機種の幅広さと、本物のボールペンのように書けるリアルな感度です。線切れしたり、タブレットの線がペンから遅れることがありません。

 

リチウム電池の性能も優秀です。500時間も連続で使用でき、待機電力だけでも180日間持つので、気軽に仕事にも持っていけます。 ちょっとペン先が丸っぽくてゴムらしい見た目ですが、磨耗に強いのでいつまでも自然な書き味を出せます。

 

口コミでも「思ったよりスラスラ」「デザイン・書き心地バッチリ」など上々の評価を得ています。

対応SurfacePro 3、Pro 4、New Pro、Laptop、Book 2、Studio、Pro 6重量9.07g
電池リチウムポリマーリチウム電池0.67 watt_hours
第1位

mpio

Surfaceペン

価格:4,499円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まるで本物!?4096段階の圧力感度で思い通りに操作可能

デザインや図を描く際にタッチペンで書いたらどうしても大雑把になったり、漢字の細かい部分がうまく書けなくて黒塗りみたいになると悩んでいた人もいるでしょう。

 

そのようなユーザーには、こちらの4,096段階の筆圧感知能力があるタッチペンがおすすめです。まるでシャーペンそのもののような書きごたえが喜ばしくなるでしょう。ペンには右クリックや消しゴムモードに切り替えるボタンもあり、これ一本で筆記作業を一通り終えられます。

 

口コミでも「軽くてとても使いやすい」「手に負担もかからず、いい感じ」「安く買えてよかったです」など賞賛の声が相次いでいます。

対応Surface3、Pro 3、4、GO、Laptop、Book、Studio等重量59g
電池AAAAリチウム電池3.70 watt_hours

Surfaceペンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5038658の画像

    mpio

  • 2
    アイテムID:5038670の画像

    Heiyo

  • 3
    アイテムID:5038737の画像

    Friggal

  • 4
    アイテムID:5038741の画像

    LACORAMO

  • 5
    アイテムID:5038753の画像

    LACORAMO

  • 6
    アイテムID:5038776の画像

    JPLINK

  • 7
    アイテムID:5038851の画像

    マイクロソフト

  • 8
    アイテムID:5038866の画像

    マイクロソフト

  • 9
    アイテムID:5038881の画像

    ATiC

  • 10
    アイテムID:5039113の画像

    ANYQOO

  • 商品名
  • Surfaceペン
  • Surfaceペン
  • Surfaceペン
  • Surfaceペン
  • Surfaceペン
  • avedio links Surfaceペン
  • 【純正】Surfaceペン シルバー
  • 【純正】 Surface Pro 4対応 Surfaceペン レッド
  • Surface スタイラスペン
  • マイクロソフト専用 タッチペン
  • 特徴
  • まるで本物!?4096段階の圧力感度で思い通りに操作可能
  • 線が遅れない切れない!省エネでリアルに書けます
  • USB充電で500時間連続使用のハイクオリティタッチペン
  • バッテリーもBluetooth接続も必要なし。滑らかな手触りにも注目
  • 適合デバイス11種類!細いペン先と省エネ技術で長く使える
  • 高品質で長時間使っても手汗が出ない。持ちやすいタッチペン
  • 安定の純正、4096段階の筆圧感知で違和感なく書ける
  • 純正の安定感。角張りデザインで持ちやすい
  • キラキラボディが好印象。大容量バッテリーで長持ち
  • 精度の高いタッチ。アルミ素材で長くきれいに使える
  • 価格
  • 4499円(税込)
  • 5599円(税込)
  • 5599円(税込)
  • 5599円(税込)
  • 4199円(税込)
  • 3880円(税込)
  • 8900円(税込)
  • 11780円(税込)
  • 2880円(税込)
  • 4179円(税込)
  • 対応Surface
  • 3、Pro 3、4、GO、Laptop、Book、Studio等
  • Pro 3、Pro 4、New Pro、Laptop、Book 2、Studio、Pro 6
  • Pro 3、Pro 4、New Pro、Laptop、Book 2、Studio
  • Pro、Pro 4、Pro 2017、Pro 6、Laptop、Book、Studio、GO
  • Pro 3、Pro 4、Pro 5、Pro 6、Pro 2017、Laptop、Book、Studio、GOなど
  • 3、Pro 3、Pro 4、Book、Studio
  • Pro
  • Pro 4
  • 3、Pro 3、Pro 4、Pro 2018、Pro 6、GO、Book、Laptop、Studio
  • 3、Pro 3、Pro 4、Pro 2018、Pro 6、GO、Book、Laptop、Studio
  • 重量
  • 59g
  • 9.07g
  • 118g
  • 99.8g
  • 99.8g
  • 40.8g
  • 90.7g
  • 104g
  • 13.6g
  • 18.1 g
  • 電池
  • AAAA
  • リチウムポリマー
  • リチウムポリマー
  • リチウムポリマー
  • AAAA
  • リチウム
  • リチウムイオン
  • リチウムイオン
  • リチウム金属電池
  • AAAA
  • リチウム電池
  • 3.70 watt_hours
  • 0.67 watt_hours
  • 0.67 watt_hours
  • 0.70 watt_hours
  • なし
  • 不明
  • 1 watt_hours
  • 2.40 watt_hours
  • 0.40 watt_hours
  • なし

まとめ

Microsoft Surfaceを思い通りに使いこなすには、タッチペンのクオリティも重要です。購入の際は、タッチペンの対応する機種に自身のものが含まれているか確認しつつ、自身に合った使い心地の良い商品を選びましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ