記事ID137853のサムネイル画像

【卵白分離】エッグセパレーターの人気商品おすすめランキング10選

卵白と卵黄を取り分けなければいけない卵料理を作る時に、持っていると便利なキッチンツールがエッグセパレーターです。エッグセパレーターには様々なタイプの商品がありますが、今回はおすすめのエッグセパレーターについてランキング形式でご紹介したいと思います。

料理をするのが楽しく快適になるエッグセパレーター

卵をたくさん使う料理を作る時に「黄身と白身を簡単に分けることができればいいのに」と思う人もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな人におすすめしたい優れもののキッチンツールがエッグセパレーターです。

 

エッグセパレーターの魅力は、取り分けにくい卵の黄身と白身を簡単に分離してくれるところ。スポンジケーキなど卵黄と卵白を分けなければいけないお菓子や、カルボナーラなど卵黄のみを使う料理を作る時にきっと便利さが実感できることでしょう。

 

料理するの際のアシスタントとして台所にひとつは置いておきたいエッグセパレーターですが、様々なタイプの商品が販売されています。ご自身にとって最適なエッグセパレーターを選ぶことができれば、料理を作ることを楽しく快適にしてくれるのではないでしょうか。

エッグセパレーターの選び方

エッグセパレーターはとてもシンプルな構造のキッチンツールですが、使用方法にはいくつものタイプがあり、用いられている材質にもいくつもの種類があります。それぞれの特徴についてご説明していきたいと思います。

タイプで選ぶ

卵の黄身と白身を取り分けるのがエッグセパレーターの役割ですが、卵黄と卵白の分離方法には大きく分けて2つのタイプがあります。ご紹介するのは「卵白をふるい落とす」タイプと「卵黄を吸い取る」タイプですが、エッグセパレーターを選ぶ際にどちらが最適かを考える参考にしてください。

卵白をふるい落とすタイプ

エッグセパレーターとして最も一般的なタイプの商品です。使用方法としては、本体のくぼんだ部分に向けて卵を割り落とし軽く振ってやるだけ。くぼみが黄身を保持したまま、周囲のスリットから白身だけを流し落としてくれます

 

卵白を振るい落とすタイプのエッグセパレーターはシンプルな構造耐久性にも優れており簡単に洗浄することができます。壁のフックなどに掛けやすい穴が開いた商品もあるので、洗って吊るしておけば水はけも良く、清潔を保つことができそうです。

 

片手で持って使うのに便利なコンパクトサイズの商品もありますが、両手を使わないと卵の殻が割れない人には使いづらいのが難点。コンパクトなエッグセパレーターでもフチに掛けることができる小さな容器を用意するか、ボウルなど大きな容器にも対応するエッグセパレーターを選ぶと良さそうです。

 

 

卵黄を吸い取るタイプ

スポイトの原理で卵の黄身を吸引することで白身と分離するタイプのエッグセパレーターです。使用方法としては、平らな皿の上に卵を割り落としておき、中の空気を押し出したエッグセパレーターの吸引口を黄身の表面に近づけてやればスッと吸い取って白身と分離してくれます。

 

吸い取られた黄身は別の容器の上に押し出せばオーケーです。構造としてはこちらのタイプもシンプルですが、使い慣れるのに少々コツが必要なことと、使い終わった後の洗浄が難しいのが難点と言えそうです。

その他のタイプ

そのほかのエッグセパレーターとしては、棒材を渦巻き状に巻いた濾過ネット式の商品などもあります。黄身と白身の分離方法としては、振るい落とすタイプのエッグセパレーターと同じです。ユニークなデザインのエッグセパレーターを探しているなら選ぶのも良いかもしれません。

材質で選ぶ

エッグセパレーターの材質としては、ステンレス製をはじめとして、プラスチック樹脂やシリコン樹脂が一般的に使われています。それぞれにメリットとデメリットがあるので、エッグセパレーターを選ぶ際の参考にしてください。

ステンレス

卵白を振るい落とすタイプのエッグセパレーターを中心に一般的に使われている素材がステンレス鋼です。錆びにくく耐久性に優れているので、ご自身に最適な商品を選ぶことができれば長く愛用することができるでしょう。洗浄がしやすいことも優れたポイントと言えそうです。

プラスチック

ポリプロピレン(PP)ABS樹脂などのプラスチックも卵白を振るい落とすタイプのエッグセパレーターを中心に一般的に使われている素材です。錆びの心配がなく、価格が安い商品が多くありますが、タワシや研磨剤入りのクレンザーを使って洗浄するとキズがつくことがあるので注意が必要です。

シリコン

卵黄を吸い取るタイプのエッグセパレーターを中心に一般的に使われている素材がシリコン樹脂です。プニプニと柔らかな素材なので、スポイトのように使う吸引式のエッグセパレーターには最適ですが、注意すべき点としてはキズがつきやすいこと。タワシや研磨剤入りのクレンザーを使った洗浄はおすすめできません。

機能やデザインで選ぶ

エッグセパレーターは、機能面においても様々な商品があります。使い勝手に大きく影響する部分なので、用途を想定して最適と思われる商品を選んでください。また、デザインの面でも優れた商品であれば料理をするときのテンションも上げてくれて、キッチンに彩りを与えてくれそうです。

耐熱性

シンプルなエッグセパレーターですが、タイプによって差異があるのが耐熱性です。ステンレス製のエッグセパレーターなら耐熱温度が高く食器用洗浄機を使った洗浄や乾燥も問題なく使えます。

 

一方で、プラスチック成型品のエッグセパレーターは耐熱温度はステンレス製よりも低くなりますが、手の熱が卵に伝わりにくいという利点もあるので卵の品質に影響を与えず、長時間にわたって使用するときにも安心です。

 

また、シリコン樹脂製のエッグセパレーターの耐熱温度もステンレス製よりも低くなるので、食器洗浄機を使った洗浄や乾燥が対応不可となっている商品もあるので注意が必要です。

洗いやすさ

生卵を扱うエッグセパレーターでは衛生面も重視したいところのひとつです。形状がシンプルなエッグセパレーターならば洗いやすく食器用洗浄機を使った洗浄や乾燥にも対応可能なエッグセパレーターならば清潔な状態を保つことが簡単にできそうです。

 

最も洗浄が簡単なのは、ステンレス製で卵白を振るい落とすタイプのエッグセパレーターと言えそうですが、一方でシリコン製で吸引式のエッグセパレーターは、卵黄と接する本体内側の洗浄が難しいことが難点として挙げられます。

 

とは言え、シリコン製で吸引式のエッグセパレーターの中にも裏返して内側まできれいに洗える商品や、食器洗い洗浄機を使った洗浄や乾燥にも対応可能となってい商品もあるので、衛生面に拘りたい人は購入する前に確認しておくと良さそうです。

デザイン

使わない時でも台所に置いてあるエッグセパレーターは毎日のように目にすることになるので、デザインに拘って商品を選ぶのも良いでしょう。ステンレス製のエッグセパレーターであれば、スタイリッシュで落ち着いたデザインの商品が多くあります。

 

また、プラスチック製やシリコン製のエッグセパレーターはデザインの自由度が高いので、かわいらしいカタチや色の商品も数多くあります。ご自身の趣味やキッチンの雰囲気に合わせて最適な商品を探してください。

エッグセパレーターのおすすめランキング10選

第10位

none

エッグセパレーター

価格:575円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルで清潔感のあるエッグセパレーター

すり鉢型の形状を持ったショートハンドルのエッグセパレーターです。材質はポリプロピレン製なので手入れが簡単で錆びを心配する必要もありません。本体サイズは13×6cmとコンパクトで、重量はわずか10g。カラーは清潔感のあるホワイトとなります。

 

本体の構造としては側面部分に横長のスリットが開けられており、底部分にも放射状にスリットが開けられています。中央のくぼんだ部分に卵を割り入れて軽く振れば、黄身を保持したまま卵白を流し落として分離させることが可能です。

 

また、持ち手に穴が開いており収納時に便利な壁かけタイプとなっているのも便利なポイント。調理に使用した後は洗って壁に吊るしておけば水はけも早く、乾燥した清潔な状態を保つことができそうです。

サイズD13.5cm × W6.1cm重量約10g
材質ポリプロピレン使い方ふるい落とし
原産国不明バリエーションなし
第9位

Dingdingdang

エッグセパレーター 鶏型 (イエロー)

価格:1,099円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かわいいニワトリ型のエッグセパレーター

かわいらしいニワトリのかたちをした吸引式のエッグセパレーターです。材質はプニプニとやわらかなシリコンゴムを採用。中の空気を押し出して吸引口を黄身の表面に当ててやると、スッと本体の中に吸い込んで白身と分離してくれます。

 

吸い込んだ黄身はゆっくりと本体を押すだけで取り出すことが可能。あたかも卵を産んでいるかのように見えるのがユーモラスです。また、シリコンゴム製の本体は耐熱温度も高く、230°の高温にまで耐えるので使用した後は食器用洗浄機を使って洗うこともできます

 

カラーバリエーションは、イエローのほかにグリーンとレッドも用意。キッチンに置いてあるだけでもかわいらしいエッグセパレーターなので、お料理やお菓子作りの際に使えばテンションを上げてくれそうです。

サイズ不明重量40.8g(発送重量)
材質シリコンゴム使い方吸引式
原産国不明バリエーションイエロー、グリーン、レッド
第8位

PELEG DESIGN(ペレグ デザイン)

エッグセパレーター ヨークピッグ

価格:1,370円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブタのかたちをしたエッグセパレーター

ユーモラスなブタのかたちがかわいらしい吸引式のエッグセパレーターです。材質はやわらかなシリコン製。ブタの鼻の部分が卵の吸引口になっており、空気を押し出してから鼻先をそっと黄身に当ててやるとスポイトのように吸い込んで白身と分離してくれます。

 

吸い込んだ黄身は別の容器の上でゆっくりと押すだけで取り出すことが可能。その様子は何とも言えずユーモラスですが、見た目に面白いだけではなく実用性の面でも優秀で、手軽に使えて白身と黄身をきれいに分けることができます

 

また、使用しない時は四本の足で立たせておくことができるほか、鼻を下に向けても自立可能です。かわいらしくて実用的なので、プレゼントとしても最適なのではないでしょうか。バリエーションは『ヨークフロッグ』のほかにカエル型の『ヨークフロッグ』もあります。

サイズW8.2cm × D5.0cm × H5.8cm重量40.8g(発送重量)
材質シリコン樹脂使い方吸引式
原産国イスラエルバリエーションピッグタイプ、フロッグタイプ
第7位

GG Life

首の秀卵黄セパレータ

価格:899円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特徴的な渦巻き型のエッグセパレーター

濾過ネット式のエッグセパレーターです。卵を割り落とすと、特徴的な渦巻き型の構造が黄身を保持したまま白身だけを流し落としてくれます。濾過ネットの先端に黄身が突き当たると崩れてしまうので、取り扱いにはやや注意が必要なようです。

 

材質には洗いやすくて丈夫なステンレスを使用しているので長持ちしてくれそう。また、環境に優しい素材を使っているので卵の味に影響を与えることもありません。赤ちゃんに食べさせる料理を作る際に使用しても安心ではないでしょうか。

 

サイズは22.7×6 . 7cmと長い柄を持った設計となっており、グリップ感も快適ボウルなどの各種容器に引っ掛けてもしっかりとフィットしてくれるのでフリーハンドで使えて便利です。また、使用しない時は壁のフックなどに掛けておきやすい構造にもなっています。

サイズW6.7cm ×D22.7cm × H3.0cm 重量28g
材質ステンレス使い方ふるい落とし
原産国不明バリエーションなし
第6位

Fullthings

オールステンレス黄身取り器

価格:980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすいサイズのエッグセパレーター

本体材質に錆びにくく耐久性に優れるステンレスを使用したエッグセパレーターです。本体サイズは横幅8.38 cm長さは14.22cmなので容器のフチに引っ掛けて使う際にも便利そうな大きさです。また、柄の部分には壁のフックなどに吊るしやすい穴もあけられています。

 

本体の底面には工夫を凝らしたスリットが開けられており、卵を割り落とすと黄身と白身をきれいに分離してくれます。薄型の設計ですが、十分な厚みがあるので白身と一緒に黄身がこぼれてしまう心配もなさそうです。

 

形状も使い方もとてもシンプルなエッグセパレーターですが、機能的で丈夫なので長く使うことができるのではないでしょうか。また、環境に優しい素材を使っているので赤ちゃんがいる家庭でも安心。卵料理が多い家庭でも役立つ場面が多そうです。

サイズW8.38cm × D14.22cm × H3.81cm重量49.9g
材質ステンレス使い方ふるい落とし
原産国不明バリエーションなし
第5位

佐藤金属興業

SALUS シェフランド 黄身取り

価格:1,188円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュで実用的なエッグセパレーター

金属洋食器などの製造販売を手がける佐藤金属興業株式会社のカトラリー・キッチン用品ブランド『SALUS』から販売されているエッグセパレーターです。『シェフランド』シリーズとしてスタイリッシュなデザインを採用した様々なキッチンツールを展開しています。

 

本体サイズは215×83mm。柄は少し長めで容器のフチにかけやすい形状をしており、両手を使わないと卵の殻が割れないという人でも便利に使えそうです。本体にはバランスよくスリットが配置されており、黄身を保持したまま白身をきれいに落とします。

 

本体材質にはステンレスを使用。持ち手部分も外側にステンレスを使用しますが、内側にABS樹脂を使用することで手の熱が卵に伝わりにくいようにできています。価格は少し高めですが、スタイリッシュでありながら使い勝手も良さそうなエッグセパレーターです。

サイズW8.3cm × D21.5cm重量86g
材質18-8ステンレス、ABS使い方ふるい落とし
原産国中国バリエーションなし
第4位

スケーター(Skater)

エッグセパレーター SES1

価格:336円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

裏返して洗うことができる吸引式

シンプルな卵型の形状吸引式のエッグセパレーターです。やわらかなシリコーン製の本体を両側から押して中の空気を抜き、卵の黄身に優しく吸引口を当ててやるとスッと吸い込まれて白身と分離することができます。

 

特徴点としては、吸い口部分を本体から取り外せることが挙げられます。本体を裏返して洗うことが可能なので、内側まできれいにできます。吸引式のエッグセパレーターは洗いにくくて衛生面で心配だったという人でも、これなら安心して使うことができそうです。

 

また、日本メーカーの製品なので使用方法の説明が分かりやすいというのもポイント。コツをつかめば黄身だけをきれいに吸い取ることができるので料理が楽しくなるのではないでしょうか。お菓子作りなど様々なシーンをサポートしてくれそうなエッグセパレーターです。

サイズW5.4cm × H6.9cm重量40.8g(パッケージ重量)
材質シリコーン使い方吸引式
原産国中国バリエーションなし
第3位

パール金属(PEARL METAL)

18-0 黄身取り器 C-9613

価格:438円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キッチン用品メーカー製のプロ仕様

フライパンや圧力鍋などの製造を手掛ける金属製台所用品の専門メーカー、パール金属社製業務用エッグセパレーターです。材質は耐久性に優れたオールステンレス製となっています。シンプルな構造なので手入れがしやすく、清掃するのも簡単そうです。

 

本体形状は手で持ったまま卵を割りやすいように柄の部分が極めて短くなっており、片手で卵を割れる人ならスピーディーに作業ができるのではないでしょうか。また、薄型なので収納場所を選ぶこともなく、フックなどを通しやすい孔も開けられています。

 

注意点は、サイズ的にボウルなど大きな器の縁に掛けて使うことができないところ。片手持ちで使用できる人ならこれでも構いませんが、両手を使わないと卵の殻が割れないという人は、エッグセパレーターのサイズに合わせて小さな容器を用意する必要があります。

サイズ不明重量68g
材質ステンレス使い方ふるい落とし
原産国不明バリエーションなし
第2位

和平フレイズ(Wahei freiz)

味道 AD-609

価格:191円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お求めやすい価格のプロ仕様

調理用品などの企画・販売を手がける和平フレイズ製のエッグセパレーターです。『味道(あじどう)』シリーズとして様々な厨房調理用具を販売しており、プロユースから一般家庭での使用まで対応する実用的な商品を展開しています。

 

本体中央の窪みの左右にはスリットが配置されており、卵を割り落とせば黄身を保持したまま白身だけを流し落とします。コンパクトなサイズなので片手で持って使うのに便利な形状です。また、薄型なので収納場所に困ることもなさそうです。

 

材質は丈夫で錆びにくいステンレスを使用。手入れしやすいシンプルな形状なこともあり、洗いやすくて衛生的に使うことができるのではないでしょうか。プロ仕様の高品質を実現しながらもお求めやすい価格なのが嬉しいエッグセパレーターです。

サイズW7.6cm × 10.6cm × 1.5cm重量21g
材質18-8ステンレス鋼使い方ふるい落とし
原産国日本バリエーションなし
第1位

OXO (オクソー)

エッグセパレーター

価格:486円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能面でも優秀なかわいいカタチ

ユニバーサルデザインをコンセプトに様々なキッチンツールを展開する『OXO』のエッグセパレーターです。本体形状はコロンとした卵型のカタチをしており「持ち手はどこに?」と思ってしまいますが、フックの部分を容器に掛けて使えるようになっています。

 

フック部分は容器のフチの形状や厚さに左右されることのない工夫がされており、滑り止め加工も施されているので、いろいろなサイズのボウルなどに便利に引っ掛けることが可能です。また、突起した部分で卵の殻を割ることもできます。

 

材質はポリプロピレン熱可塑性エラストマーを使用。食器洗い乾燥機が使用できる耐熱性を持つほか、漂白殺菌も可能なので清潔を保つことができます。機能的なことに加えて、かわいらしいカラーとデザインを採用しているので、ギフトにもおすすめの商品です。

サイズW7.5cm × D10.0cm × H4.0cm重量26g
材質ポリプロピレン、熱可塑性エラストマー使い方ふるい落とし
原産国中国バリエーションなし

エッグセパレーターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5038562の画像

    OXO (オクソー)

  • 2
    アイテムID:5038803の画像

    和平フレイズ(Wahei freiz)

  • 3
    アイテムID:5038442の画像

    パール金属(PEARL METAL)

  • 4
    アイテムID:5038740の画像

    スケーター(Skater)

  • 5
    アイテムID:5038558の画像

    佐藤金属興業

  • 6
    アイテムID:5039035の画像

    Fullthings

  • 7
    アイテムID:5038696の画像

    GG Life

  • 8
    アイテムID:5039016の画像

    PELEG DESIGN(ペレグ デザイン)

  • 9
    アイテムID:5038994の画像

    Dingdingdang

  • 10
    アイテムID:5038434の画像

    none

  • 商品名
  • エッグセパレーター
  • 味道 AD-609
  • 18-0 黄身取り器 C-9613
  • エッグセパレーター SES1
  • SALUS シェフランド 黄身取り
  • オールステンレス黄身取り器
  • 首の秀卵黄セパレータ
  • エッグセパレーター ヨークピッグ
  • エッグセパレーター 鶏型 (イエロー)
  • エッグセパレーター
  • 特徴
  • 機能面でも優秀なかわいいカタチ
  • お求めやすい価格のプロ仕様
  • キッチン用品メーカー製のプロ仕様
  • 裏返して洗うことができる吸引式
  • スタイリッシュで実用的なエッグセパレーター
  • 使いやすいサイズのエッグセパレーター
  • 特徴的な渦巻き型のエッグセパレーター
  • ブタのかたちをしたエッグセパレーター
  • かわいいニワトリ型のエッグセパレーター
  • シンプルで清潔感のあるエッグセパレーター
  • 価格
  • 486円(税込)
  • 191円(税込)
  • 438円(税込)
  • 336円(税込)
  • 1188円(税込)
  • 980円(税込)
  • 899円(税込)
  • 1370円(税込)
  • 1099円(税込)
  • 575円(税込)
  • サイズ
  • W7.5cm × D10.0cm × H4.0cm
  • W7.6cm × 10.6cm × 1.5cm
  • 不明
  • W5.4cm × H6.9cm
  • W8.3cm × D21.5cm
  • W8.38cm × D14.22cm × H3.81cm
  • W6.7cm ×D22.7cm × H3.0cm
  • W8.2cm × D5.0cm × H5.8cm
  • 不明
  • D13.5cm × W6.1cm
  • 重量
  • 26g
  • 21g
  • 68g
  • 40.8g(パッケージ重量)
  • 86g
  • 49.9g
  • 28g
  • 40.8g(発送重量)
  • 40.8g(発送重量)
  • 約10g
  • 材質
  • ポリプロピレン、熱可塑性エラストマー
  • 18-8ステンレス鋼
  • ステンレス
  • シリコーン
  • 18-8ステンレス、ABS
  • ステンレス
  • ステンレス
  • シリコン樹脂
  • シリコンゴム
  • ポリプロピレン
  • 使い方
  • ふるい落とし
  • ふるい落とし
  • ふるい落とし
  • 吸引式
  • ふるい落とし
  • ふるい落とし
  • ふるい落とし
  • 吸引式
  • 吸引式
  • ふるい落とし
  • 原産国
  • 中国
  • 日本
  • 不明
  • 中国
  • 中国
  • 不明
  • 不明
  • イスラエル
  • 不明
  • 不明
  • バリエーション
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • ピッグタイプ、フロッグタイプ
  • イエロー、グリーン、レッド
  • なし

まとめ

今回はエッグセパレーターの選び方のポイントを説明するとともに、おすすめ商品をランキング形式で紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。エッグセパレーターには多種多様な商品がありますが、ご自身の用途や趣味に合わせて商品を選ぶ際の参考になればと思います。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ