記事ID137852のサムネイル画像

【さまざまなメーカーから】人気ジャズベースおすすめランキング10選

ジャズベースは数あるベースのモデルの中でも比較的ビギナーの方が扱いやすいモデルとなっています。Fender社より販売されているモデル以外はJBタイプと言われていますが、今回はそちらの商品もランキングに盛り込んでいきたいと思います。

ジャズベースの魅力

ジャズベースは国内外を問わずさまざまな国と地域のベーシストが使用している定番モデルの1つです。ジャズベースが誕生した起源は1950年にまでさかのぼります。皆さんご存じのフェンダーがエクスワイヤー、プレジションベースを発表したながれで60年代に誕生しました。

 

主な特徴は2つほど備えていて1つがサウンドバリエーションの幅広さと引きやすい仕様であるということです。

 

2つのシングルコイルピックアップをフロント、リアに分散させることで、太いサウンドとタイトなサウンドの2つの操ることが可能になり多彩なサウンドを表現することが可能になりました。

 

 

ジャズベースの選び方

エレクトリックベースの完成形と評されるベースで経験者の方から初心者に至るまで幅広い層から支持されているジャズベースです。これ1つあればどのような現場でも問題ないとまで言われるこのベースの魅力、選び方について触れていきます。

プレジションベースとの主な違い

プレジションベースはジャズベースと並んで普遍的なベースモデルとして知られています。起源はジャズベースよりも古く1951年に誕生しました。ウッドベースよりもコンパクトに、出力は大きくというコンセプトをもとに製作されました。

 

丸みのあるサウンドが特徴的で、ウッドベースを演奏されていた方にとってはこちらのモデルのほうがしっくりくるかもしれません。力強く、太いサウンドを求めるという方はこちらの購入をしてみてください。

 

それよりもより繊細で、癖がなく幅広いシーンで使いたいなという方はジャズベースの購入をこのまま検討してみてください。

ベースの形式の違いで選ぶ

ベースにも形式の違いがいくつか存在しています。今回は主な形式のなかから2つほど紹介させていただきます。どれも人気のモデルなので知っておいて損はないでしょう。

アクティブベース

アクティブベースとはベース本体にプリアンプを搭載しているタイプです。搭載していないベースはパッシブベースと呼ばれるので覚えておいたほうがいいでしょう。パッシブは主にトーンとボリュームのコントロールしか搭載していません。

 

しかし、アクティブベースはトレブル、ミドルなどの大まかな帯域に分けて音域を変化させることでより細やかな音作りを可能にしました。ベース本体から信号が編集されてアンプに送られるのでノイズの影響も受けにくく音質もいいと、レコーディングスタジオにおける機材としても定評があります。

多弦ベース

ベースは4弦であるというイメージを初心者の方はお持ちであるかもしれませんが、実はそんなこともありません。5弦や6弦、またプロミュージシャンが特注でさらに上の弦数のベースも製造したりしています。

 

5弦ベースは4弦ベースの上にさらに太い弦が追加されているタイプ、6弦はそれに加えてさらに細い弦が追加されている仕様になっています。どちらも4弦ベースよりも表現できる幅が広がるので、状況に応じて使い分けていく必要があります。

年代ごとに異なる特徴(フェンダー)

フェンダーのジャズベースは販売された年代でベースの特徴がことなります。使用している部品の原産国なども変わるので音の印象も異なります。ここでは代表的なフェンダージャズベースの年代別の違いを紹介します。

1960~62年モデル

こちらは1960年代の初期の頃のジャズベースとなっています。コントロール部分が同軸のスタックノブを採用されており、上内部にはボリューム、下外部にトーンをチェンジすることができるようになっています。

 

エレクトリック特有のサステインがコントラバスサウンドとはかけ離れていることがネックであったためにフェンダーはこちらのタイプのベースに標準装備として各弦に独立したミュートシステムを採用しました。これにより弦の振幅が遮られて古めかしいサウンドを再現することに成功しています。

1962年モデル

62年はジャズベースの黄金期とされており、このころから2ボリューム、マスタートーンの3ノブが搭載されるようになりサウンドメイクをこれまで以上にシンプルに行うことが可能になりました。

 

また音にも非常にまとまりが生み出されることが可能になりました。ネックに対して指板を貼りするスラブ貼りが終了して、木材の使用量を減らすことを可能にするラウンド貼りに変更されるようになった年なのでこのころから構造も様変わりしています。

1963年モデル

1963年モデルからはフェンダーベースの代表色の3トーンバーストやそのほかにもさまざmな種類のカラーが登場するようになり当時好景気であった様子がベースの製造にも反映されています。

 

ピックガードにはべっ甲色だけでなくホワイトミントカラーなどの限定色も取り入れられている商品が多数販売されており、さらにその中には現在販売されていないオリジナルカラーもたくさん販売されていたことから、ベースコレクターからの需要が高いモデルになっています。

 

ビンテージの場合はネジの付け具合だけでも価格は大きく異なるものも多数なので、欲しいモデルはなるべく早期購入をおすすめします。

1960年代後半モデル

1960年代後半に販売されたこちらのモデルはプレジションベースにさまざまな変更がもたらされたことと同じくジャズベースにも大きな変化が訪れた年代です。ポジションマーク、ブロックポジション、ネックジョイントの固定に至るまで多くの変更が行われました

 

モデル画像を見ていただけるとお分かりいただけるでしょうが、60年代前半のモデルが現在の市場においても大変人気を集めているので評価としては低くなりがちになります。

 

しかし、ゆるく設定されている指板が近代的な音楽を奏でるうえでは非常に重宝するため、一定数のプレイヤーから固い支持を得ているモデルになっています。

1970年代後半モデル

1970年代後半にも差し掛かると、音楽業界にもデジタル化の波が押し寄せるようになったことで多様なジャンルの音楽が生まれました。その変化に対応するためにアクティブ回路を搭載しているモデルや5弦搭載モデルが販売されるようになりました。

 

ほかにも直列回路から並列回路に変更することが可能になったり、ボディに主に使用していたアルダー材からアッシュ材が主に使用されるようになったことで抜けのいいサウンドを奏でることも可能になりサウンドバリエーションも豊かになっています。

 

ネックジョイントもそれまで採用されていた4点止めから3点止めに変更されたことでネック角度を自由に変更することが可能になり、生産効率があがることに加えてプレイヤーの好みに応じてセッティングすることも可能になりました。

ジャズベース人気ランキング10選

第10位

Fender(フェンダー)

FLEA JAZZ BASS

価格:172,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レッチリの凄腕ベーシストのシグネチャーモデル

10位にランクインしたのはフェンダーのアーティストシリーズより販売中の商品のFLEA JAZZ BASSです。FLEAといえば音楽ファンならば一度は聞いたことがあるでしょうが、伝説のバンドレッチリのベーシストです。

 

シグネチャーモデルとして販売されていますがこちらは60s年代のシリーズとなっています。当時の商品の雰囲気を作り上げるためにニトロセルロースラッカーという塗料を使用することで雰囲気もかなり近づいています

 

部品にもこだわりを見せており、素早い操作が行いにくいという理由で昨今では採用されていないスタックノブを使用しています。各ピックアップのボリュームとトーンを個別で調整できる利点がありますが、初心者向けではないということでこの順位となっています。

ネックメイプル指板ローズウッド
第9位

Fender

Standard Jazz Electric Bass Guitar - Pau Ferro Fingerboard, Arctic White

価格:142,370円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現代仕様の1品

9位にランクインしたのは現代仕様のジャズベースとして知られているStandard Jazz Electric Bassです。こちらの商品はメキシコ製のスタンダードモデルとして販売されているもので、リーズナブルな価格でFenderの良さを味わうことができると評判です。

 

メキシコ製は現在、Japanシリーズがビンテージ志向なのに対してモダン志向のベースを販売しているので新たに始めるという方にはこちらが向いているかもしれません。シングルコイルピックアップを搭載しており、クリア且つパンチあるサウンドを鳴らすことが可能です。

 

コンテンポラリータイプのCシェイプをネックに採用しており、背面は滑らかな仕上がりになっているので再度に指を置きながらプレイする方にとってはまさにうってつけの商品になっています。

 

ネック指板パーフェロー
第8位

Bacchus

BJB-1R

価格:17,064円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とにかくベースを始めたいという方はこちら

8位にランクインしたのは初めてFender以外からのランクインとなりました、Bacchusの BJB-1R です。今まで紹介してきたベースは10万円近い商品でしたが、ここにきてこの価格帯がランクインしたのは、あくまで今回のランキングは初心者よりであるということが理由です。

 

初心者の皆さんがよく抱きがちな心配として、高額なベースを購入しても果たして続けられるのかという点でしょう。しかし、足踏みしていても始まりません。楽器はやはり直接手で触れて音を奏でないことには何も始まりません。

 

中国で作られているこのベースは高いコストパフォーマンスに加えて、豊富なカラーバリエーションが用意されているので、比較的とっつきやすくなっているでしょう。まずは、何か始めたいという方にはこちらがおすすめです。

ネックメイプル指板ローズウッド
第7位

Fender(フェンダー)

AERODYNE JAZZ BASS UGB

価格:79,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

癖のないサウンドを鳴らしたい方に

7位にランクインしたのはJapanシリーズより販売中の商品の AERODYNE JAZZ BASS UGBです。ジャズベースという位置づけになっているベースですが、プレジションベースのピックアップとジャズベースのピックアップが組み合わさっている仕様になっています。

 

つまり、多彩なサウンドバリエーションを構築することがなっておりロックからジャズなどの幅広い音楽ジャンルに対応しています。まさにオールマイティタイプの1本になっています。

 

Japanシリーズ定番のバズウッドボディ材をボディに使用していることが、癖のないピュアなサウンドを作り出すことに寄与しています。音作りをいままであまり本格的に行ったことがないという方はこちらのベースをおすすめします。

ネックメイプル指板ローズウッド
第6位

PLAYTECH

JB420 SUNBURST JBタイプ

価格:15,200円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

激安ベースの代表格

6位にランクインしたのは各ランキングサイトにて必ず上位にランキングしているPLAYTECHから販売されている激安ベースのJB420です。

 

こちらの商品はその値段ばかりが注目されがちですが、最低限のクオリティはしっかり保証されているひと昔では考えられない商品となっています。

 

 

スリムなネックに抜群のボディバランスを兼ね備えているモデルなので持ちなれていないビギナーの方でも楽に演奏することが可能でしょう。各サイトの評判も良く、迷われた方は購入してみても損はしない一本になっているでしょう。

ネック指板ローズウッド
第5位

Fender

Deluxe Active Jazz Bass

価格:200,487円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビンテージとモダンの掛け合わせ

5位にランクインしたのはFenderのデラックスシリーズより販売中の商品のDeluxe Active Jazz Bassです。こちらはビンテージとモダンが絶妙な割合で組み合わさっている一本になっています。

 

3バンドEQ、ハイマスブリッジやアクティブ回路を備えておりライブのみならずレコーディングスタジオでもその真価は発揮されます。要因はハイマスに多くのメタルを使用することでサスティン、チューニングに優れているからです。

 

ボディにはアッシュ材が使用されており、強固で繊細な特徴を持ち合わせていることに加えて明るく響く高音、中音域のすみわけ、パワーのあるローサウンドを生み出すことにも役立っています。

ネック指板メイプル
第4位

FGN (Fujigen/フジゲン)

NJB10MBAH-VNT

価格:98,496円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フジゲンが適用する初、中級者向け

4位にランクインしたのはフジゲンより販売中の初、中級者向けの商品のNJB10MBAH-VNT です。70sのFenderのベースモデルを模したデザインとなっており、ボディには前回のシリーズで好評を博したアッシュ、指板にはメイプルを使用しています。

 

 

トラストロッドの調整部分をヘッドトップにしてみたり、ステレンス製のジョイントプレートを採用してみたりと、デザインとは打って変わって随所にフジゲンならではのこだわりが見受けられる商品となっています。ザ日本メーカーのクオリティを堪能してみてください。

 

重量はこちらのモデルとしては比較的軽量に仕上げられており、4.5キロほどとなっています。粒立ちが良くタイトなサウンドに仕上がっており、どの音域もすっきりと鳴らしてくれます。

ネックメイプル指板メイプル
第3位

Bacchus

WJB-TW NS

価格:32,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上位機種を買ってみたくなったら

3位にランクインしたのはBacchusのジャズベースの中では高価な価格帯に位置付けられているWJB-TW NS です。コストパフォーマンスに優れていることで知られているuniverse seriesよりテック材をメインに使用したモデルとして販売されました。

 

テック材とはベースに使用されているポプラ材を何層にも重ねることで作り上げた合板材です。合板材ではありますが、その木目の美しさから、ローズウッドの次の資材にもなりうるといわれています。

 

何層にも重ねられた木材は反り返りにくいので、ネックの剛性も向上することから持続性もします。1本目にBacchusを購入してそのサウンドが気に入ったという方は2本目にこちらを購入してみてもいいでしょう。

 

ネックテック指板テック
第2位

Squier

Contemporary Active Jazz Bass

価格:61,020円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Fender直径のベースをお安く

2位にランクインしたのはFender社に依拠しているSquierより販売中の商品の5弦ベースのContemporary Active Jazz Bass です。すべてのモデルに最新のスペックを搭載している商品で主戦場であるビギナー商品とは一味違います。

 

専用設計のピックアップはパワフルなハムバッキングを2基搭載することでパンチとアタックを同時に再現しています。加えてアクティブコントロールには通常のボリューム、トーンに加えてトレブルとイコライザーも搭載しています。

 

 

新たに加わったコンテンポラリーシリーズはこのように現代的に求められるスペックを搭載しているので、ビギナーモデルメーカーと決めつけずに一度弾いてみることをおすすめします。

 

ネック指板
第1位

Fender

Player Series Jaguar Bass

価格:69,984円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

入門機としては最適

1位にランクインしたのはやはり、王道のFenderより販売中の商品のPlayer Series Jaguar Bassです。こちらはメキシコシリーズからの販売となっています。こちらはプレイヤーシリーズに位置づけされている商品で、現代のプレイヤーが求めるプレイアビリティを実現してます。

 

フロントとブリッジに2基のシングルコイルを搭載しているシンプルなデザインとなっており、ロック、ジャズ、パンクに至る音楽のスタイルに対応しています。モダンスタイルでは王道のCシェイプを採用しており、握り心地も抜群です。

 

カラーリングも今までにまして増えており、好みに合わせて購入することも可能です。この価格帯でこのクオリティはなかなか販売されていないので、一定のクオリティを1本目から求める方にはおすすめです。

 

ネックメイプル指板パーフェロー

ジャズベースの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5041447の画像

    Fender

  • 2
    アイテムID:5041553の画像

    Squier

  • 3
    アイテムID:5041538の画像

    Bacchus

  • 4
    アイテムID:5041521の画像

    FGN (Fujigen/フジゲン)

  • 5
    アイテムID:5041418の画像

    Fender

  • 6
    アイテムID:5041483の画像

    PLAYTECH

  • 7
    アイテムID:5041377の画像

    Fender(フェンダー)

  • 8
    アイテムID:5041390の画像

    Bacchus

  • 9
    アイテムID:5041366の画像

    Fender

  • 10
    アイテムID:5041342の画像

    Fender(フェンダー)

  • 商品名
  • Player Series Jaguar Bass
  • Contemporary Active Jazz Bass
  • WJB-TW NS
  • NJB10MBAH-VNT
  • Deluxe Active Jazz Bass
  • JB420 SUNBURST JBタイプ
  • AERODYNE JAZZ BASS UGB
  • BJB-1R
  • Standard Jazz Electric Bass Guitar - Pau Ferro Fingerboard, Arctic White
  • FLEA JAZZ BASS
  • 特徴
  • 入門機としては最適
  • Fender直径のベースをお安く
  • 上位機種を買ってみたくなったら
  • フジゲンが適用する初、中級者向け
  • ビンテージとモダンの掛け合わせ
  • 激安ベースの代表格
  • 癖のないサウンドを鳴らしたい方に
  • とにかくベースを始めたいという方はこちら
  • 現代仕様の1品
  • レッチリの凄腕ベーシストのシグネチャーモデル
  • 価格
  • 69984円(税込)
  • 61020円(税込)
  • 32400円(税込)
  • 98496円(税込)
  • 200487円(税込)
  • 15200円(税込)
  • 79800円(税込)
  • 17064円(税込)
  • 142370円(税込)
  • 172800円(税込)
  • ネック
  • メイプル
  • テック
  • メイプル
  • メイプル
  • メイプル
  • メイプル
  • 指板
  • パーフェロー
  • テック
  • メイプル
  • メイプル
  • ローズウッド
  • ローズウッド
  • ローズウッド
  • パーフェロー
  • ローズウッド

まとめ

今回はさまざまなジャズベースに関する選びかたや購入する際に気を付けておきたい点をいくつか紹介してきましたがいかがでしょうか。今回紹介させていただいた選択基準を頭に入れておくと、必ず力になってくれること間違いなしなので参考にしていただけると幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ