記事ID137829のサムネイル画像

【涼しげで夏におすすめ】グリーンカーテンの人気ランキング10選

夏になると、お庭や学校などで見かけることが増えるグリーンカーテン。いざ作ってみようと思っても、どんな植物を植えたらよいのか悩んでしまいますよね。そこで今回は、グリーンカーテン選びのコツと、おすすめの品種を10点ランキング形式でご紹介します。

日差しと熱気を遮るグリーンカーテンの魅力

夏になると見かける機会が増える、グリーンカーテン。青々としたグリーンカーテンは見ているだけでも涼しげですし、実際に日陰に入ってみると日光が適度に遮られて風も通るので、夏の暑さをすっと忘れさせてくれます。

 

そんな夏にピッタリのグリーンカーテンですが、実はエアコンの節電ができたり家庭菜園としても使えたりというメリットがあるのはご存知でしょうか?きちんと品種を選ぶことで、ただの葉っぱのカーテンではなく、実用的なグリーンカーテンを作ることができるんです。

 

そこで今回は、グリーンカーテンの実用的な魅力に注目して、グリーンカーテン選びのコツをご紹介していきます。おすすめ商品もランキング形式で10点ご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

グリーンカーテンの選び方

グリーンカーテン選びには、大きく分けて3つのポイントがあります。これからご紹介する3点をおさえておくことで、購入後にお世話しづらい・想像していたグリーンカーテンにならないといった失敗をせずに済むので、必ずチェックしておきましょう。

生長の仕方て選ぶ

グリーンカーテン選びのポイント1つ目は、生長の仕方です。植物の種類によって、育つサイズや得意な気候が異なります。あなたの住んでいるお家や地域に合わせて、品種を選びましょう。

ツルが伸びる

安定感のあるグリーンカーテンを作るなら、しっかりとツルが伸びるものを選びましょう。グリーンカーテンは、ネットや支柱にツルを絡ませることで、きちんと安定した状態で窓や壁に立てかけることができます。

 

また、しっかり上にツルや茎が伸びていく植物であることも、大切な条件です。育て始めの小ぶりな時期に、しっかりとツルを上方向に巻き付けてあげるようにしましょう。

 

植物に詳しくないという方は、ツル性の植物として有名なウリ科の植物を植えるのがおすすめです。

暑さに強い/枯れにくい

グリーンカーテンは、直射日光が当たる時間の多いものになります。すぐに枯れたり弱ってしまわないよう、暑さや日光に強いものを選びましょう。例えば、熱い地域が原産の植物だと安心です。熱帯地域原産でも良いですし、九州・沖縄で有名な植物でも大丈夫です。

 

東北や北海道などの涼しい地域にお住いの場合は、多少暑さに弱い植物でも十分元気に育ちます。しかし、日光が当たればどんどんグリーンカーテンも土も乾いてしまいます。涼しくても、水やりはたっぷりと行うようにしてください。

葉がギザギザとしている/葉が小さい

グリーンカーテンの遮光性だけでなく通気性も重視したい方は、葉の形もチェックしておきましょう。おすすめの葉は、サイズが小さくてギザギザとした形状のものです。葉がたくさんついていても、葉と葉の間に隙間ができることを意識しましょう。

 

また、グリーンカーテンのベースとなるネットの目を粗いものにしたり支柱の間隔をあけたりすることで、ツルや葉同士の間に隙間を作ることも可能です。

 

逆に通気性を重視せず、遮光性や目隠しとしての役割を重視したい方は、葉が大きくて隙間なく生長する植物を選びましょう。1つのプランターに植えられる数には限界があるので、1株当たりの葉の数が多い植物を選ぶことが大切です。

見た目で選ぶ

続いて、グリーンカーテン選びのポイント2つ目は、植物の見た目です。グリーンカーテンは青々と生長するだけでなく、花や実もつけます。外から見ても楽しめる、食べても楽しめるグリーンカーテンを選んでいきましょう。

食べられる実がなる

食べられる実がなる植物としては、ゴーヤ・キュウリ・カボチャといったウリ科の野菜をおすすめします。スーパーで売っているような大きな野菜ではなく、小ぶりな実がなる品種を選べば、見た目も可愛く収穫も楽になります。

 

丁寧に育てればおいしい実がなるので、家庭菜園にチャレンジしたい方にもおすすめです。果物は種類が限られますが、パッションフルーツのような植物をおすすめします。

 

パッションフルーツは、甘酸っぱい実だけではなく、時計の文字盤のような華やかな花も魅力的な植物です。生長も早めなので、今年グリーンカーテンを完成させたいという方にもおすすめの品種になります。

きれいな花が咲く

花を楽しみたいという方には、アサガオやユウガオのような緑とのコントラストがきれいな花が咲く品種をおすすめします。赤系の花は華やかな印象になりますし、青系や白系の花は主張が強すぎず飽きがこないのが特徴です。

 

花の種類によっては甘い香りがしたり、食用ではありませんが可愛らしい実をつける品種もあります。グリーンカーテンは手軽に育てられることも大切ですが、楽しめる要素があるものを選ぶことも大切です。

虫がつきにくい

マンションやアパートに住んでいる方や、虫が苦手な方は、虫がつきにくい植物を選ぶようにしましょう。葉がボロボロになってしまったり、室内に虫が入ってきたりしてしまわないように対策するのも大切なポイントです。

 

もしグリーンカーテンにしたい植物が虫のつきやすい品種という場合は、育て始める前に防虫グッズも一緒に準備しておいてください。種や小さな苗のうちは必要ないのですが、夏場は一気に生長してしまうので、あらかじめ防虫グッズを用意しておいた方が安心です。

 

戸建てに住んでいる方や、虫を気にしないという方は、もちろん防虫対策はしなくて問題ありません。ただし、葉に穴が開いたり変色したりとグリーンカーテンとして使えない問題が出てくるようであれば、きちんとケアしてあげましょう。

オフシーズンの扱い方で選ぶ

グリーンカーテン選びのポイント3つ目は、オフシーズンの扱い方です。グリーンカーテンを使わなくなる冬場も育てるのか、処分してしまうのかを決めた上で、それに合った植物を選びましょう。

冬場も育てる

冬場も育てたい方や、翌年以降簡単にグリーンカーテンを作りたいという方は、冬場も育てられる多年草を選びましょう。多年草とは、数年間枯れることなく毎年花を咲かせる植物のことです。

 

寒さが得意な多年草は外で、寒さが苦手な多年草は室内で育ててあげましょう。外で育て続けられるものはグリーンカーテンの形のままでも良いですし、剪定して小さくしてしまっても問題ありません。

 

室内で育てる場合は、剪定をしたあとにプランターから鉢に移すと扱いやすくなります。寒さに弱い品種を検討中の場合は、冬場に置き場所があるかも考えて購入するようにしましょう。

毎年イチから育てる

冬場はグリーンカーテンが必要ないという方や、毎年違う植物を育てたいという方は、秋から冬にかけて枯れていく一年草を選びましょう。一年草とは、1年間で発芽・開花・結実まで生長し終わる植物のことです。

 

実がなった後、あるいは花が枯れた後は種が残るので、翌年以降も育てることは可能です。処分してしまう茎やツル・葉の部分は、剪定するとすぐに枯れるので、多年草に比べると扱いやすいです。

 

また、一年草は生長スピードが速いので、初めてグリーンカーテンを作ろうとしている方にとっては育てている実感がわきやすい種類ではないでしょうか。

フェイクグリーンも視野に入れる

冬場の扱い方について考えていなかったという方や、思っていたよりグリーンカーテンは大変そうだと感じた方は、フェイクグリーンも視野に入れてみましょう。育てる必要がないのはもちろん、近隣の方に迷惑をかけてしまうこともないので気軽に挑戦できます。

 

しかし、本物の植物で作るグリーンカーテンには、本物だからこその良さもあります。涼し気な見た目や香り、品種によって異なる花や実はフェイクグリーンでは楽しむことができません。

 

なるべく本物のグリーンカーテンが作れるように、色々な植物を調べてみてくださいね。

グリーンカーテンの人気ランキング10選

第10位

フタバ種苗

すずめゴーヤー(ミニ苦瓜)

価格:540円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さな実が可愛らしい野菜のグリーンカーテン

第10位は、小さなゴーヤがなるグリーンカーテンの種です。こちらの商品は、重さ30gほどの小さな実をつけるのが特徴です。

 

ゴーヤと言えば、ツルがしっかりと伸びグリーンカーテンとして優秀な植物ですが、実に苦味があり量も多いため消費しきれないという難点もあります。そこで、あえて実の小さな品種を選ぶことで、グリーンカーテンとしても家庭菜園としても楽しみやすくなります。

 

夏らしい植物でグリーンカーテンを作りたい方や、定番の植物でグリーンカーテンを作りたいという方におすすめです。

科名ウリ科育ち方つる性一年草
期間(目安)-
第9位

サカタのタネ

ミニキュウリ リル

価格:876円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

春から短期間で生長するグリーンカーテン

第9位は、リルという小さなキュウリがなるグリーンカーテンの種です。こちらの商品は、グリーンカーテンとして優秀なのはもちろん、食用としても扱いやすいのが特徴的です。

 

リルというあまり聞きなれない品種ではありますが、一般的なキュウリやミニキュウリと扱いは変わらないため、植物を育てることに慣れていない方も安心して扱うことができます。また、病気に強い品種なので、肥料や薬剤に慣れていない初心者の方向きでもあります。

 

そして、ミニキュウリは温かい地域であれば春先から、寒い地域でも夏本番前には、植えつけ期・収穫期を迎えられます。夏が来る前にグリーンカーテンを完成させたという方におすすめです。

科名ウリ科育ち方一年草
期間(目安)-
第8位

サカタのタネ

栗坊 ミニカボチャ

価格:420円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホクホクのカボチャを楽しめるグリーンカーテン

第8位は、秋まで楽しめるミニカボチャがなるグリーンカーテンの種です。こちらの商品は、夏にはグリーンカーテンを秋には果実をと、2シーズン違う楽しみ方ができるのが特徴です。

 

カボチャというと寒い時期に食べるイメージがありますが、実は夏野菜。温かい地域なら初夏に収穫し、寒い地域でも夏の終わりには収穫時期を迎える植物です。そのため、夏前から葉がしっかりとつき、早い段階からグリーンカーテンの準備を整えることができます。

 

実をたくさんつけるには人工交配などの手間が少々かかりますが、グリーンカーテンがメインであればあまり手間がかからず病害虫にも強いので、比較的育てやすい品種と言えます。

科名ウリ科育ち方一年草
期間(目安)-
第7位

サカタのタネ

千成ひょうたん

価格:216円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

観賞用の小ぶりな実がなるグリーンカーテン

第7位は、指の長さほどのひょうたんが鈴なりにつくグリーンカーテンの種です。こちらの商品は、食用である必要はないけれど見た目の可愛いグリーンカーテンが良いという方におすすめします。

 

ひょうたんと言うとこぶしが2つ並んだような大きなサイズをイメージしますが、こちらの千成ひょうたんはサイズが小さく、色も薄緑色でとても可愛らしい印象です。また、ネットよりも藤棚のようなしっかりとした土台があったほうが、見た目がきれいになります。

 

野菜や果物とは異なり後処理が必要にはなりますが、最後のひと手間を楽しめる方にはおすすめの商品です。

科名ウリ科育ち方一年草
期間(目安)-
第6位

サカタのタネ

朝顔 浜の混合

価格:684円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手のひらサイズの花が咲くグリーンカーテン

第6位は、バラエティ豊かな朝顔が咲くグリーンカーテンの種です。こちらの商品は、単色・覆輪・絞りといった様々な種類の朝顔が咲くのが特徴的です。

 

また、日当たりの良い場所を好む植物なので、グリーンカーテンに向いていると言えます。夏本番前に育て始めれば、お盆前には開花するまで生長し、秋の終わりまでグリーンカーテンとしても観賞用としても楽しむことが可能です。

 

朝顔は、ほとんどの人が子どものときに育てた経験のある植物かと思います。知識がなくても育てやすい植物なので、フェイクグリーンか本物のグリーンカーテンかでお悩み中の方には、朝顔をおすすめします。

科名ヒルガオ科育ち方一年草
期間(目安)7月~9月中旬頃
第5位

株式会社トーホク

白花夕顔

価格:162円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夕方から早朝に花咲く香りのよいグリーンカーテン

第5位は、見た目も香りも楽しめる夕顔のグリーンカーテンの種です。こちらの商品は、夕方以降に開花するのが特徴で、お仕事等で夕方以降しか自宅にいないという方におすすめします。

 

夕顔はその名の通り夕方ごろに花が開き始めるため、生活リズムが花と一致する方は愛着を持って育てられる種類です。また、やわらかな香りがするので、窓を開けることが多いご家庭や花の香りが好きという方におすすめします。

 

1日を通して花を楽しみたい場合は、朝顔と混植することで時間帯によって異なる花を楽しめるようになります。こちらの夕顔の場合はの主張もないので、どんな朝顔とも合わせやすくておすすめです。

科名ヒルガオ科育ち方一年草
期間(目安)-
第4位

カネコ種苗

風船かずら 10袋セット

価格:2,383円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

第4位は、ぷっくりとした実がなる風船かずらのグリーンカーテンの種です。こちらの商品は、発芽から花が咲き実ができるまで、全体的に薄い緑色を楽しむことができる植物になります。

 

葉が緑なのはもちろんのこと、花も緑がかっており実も緑なので、全体的にシンプルな印象でどんなお庭やベランダとも見た目の相性が良いです。生長の早い植物なので、始めにネットやフェンスのような土台を用意しておけば、すぐにグリーンカーテンとして活躍します。

 

実が茶色く熟した後の種も可愛らしい見た目をしているので、最初から最後まで楽しくお世話できる植物です。

科名ムクロジ科育ち方一年草
期間(目安)7月~9月頃
第3位

サカタのタネ

朝顔 西洋系フライングソーサー

価格:216円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

爽やかな青と白の花を咲かせるグリーンカーテン

第3位は、涼し気な色の朝顔が咲くグリーンカーテンの種です。こちらの商品は、西洋系の朝顔なので花の咲く時間が長いのが特徴です。

 

また、日本の朝顔に比べ背丈が高く開花期間も長いため、広範囲にグリーンカーテンを作りたい戸建て住まいの方や、秋~冬前までグリーンカーテンを残したいという方におすすめします。

 

春のうちからゆっくりと生長を楽しみたい、という方にもおすすめです。ゆっくりネットの準備やプランターの準備をしたい方は、このような植物が向いているでしょう。

科名ヒルガオ科育ち方一年草
期間(目安)7月~9月中旬頃
第2位

サンクライム

パッションフルーツ 苗(時計草)

価格:1,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

苗から育てる果物のグリーンカーテン

第2位は、甘酸っぱいパッションフルーツがなるグリーンカーテンの苗です。こちらの商品は、グリーンカーテン・花(トケイソウ)・実(パッションフルーツ)という3つの楽しみ方ができます。

 

果物というと実がなるのに何年もかかる、育てるのが難しいというイメージですが、パッションフルーツの場合は毎年実がなりますし、どんどん大きく育てたりさし木で数を増やしたりと自由に生長させられます。

 

また、種ではなく苗から育てることで、植物そのものが安定した状態からスタートできるので初心者の方も安心してお世話できます。

科名トケイソウ科育ち方多年草
期間(目安)-
第1位

サカタのタネ

シカクマメ

価格:1,393円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

珍しい形で可愛さのある豆のグリーンカーテン

第1位は、ひだのある不思議な形のシカクマメがなるグリーンカーテンの種です。こちらの商品は、名前こそ珍しいもののグリーンカーテンとしても野菜としても優秀な植物です。

 

シカクマメは全体にまんべんなく葉をつけるため、日光を遮りつつ風もしっかり通してくれます。また、豆はサクサクとした食感でほんのりと苦味があり、夏野菜らしい植物です。スーパーではなかなか売られていないので、食用の品種をお探しの方に特におすすめします。

 

珍しい植物に挑戦したい方や、秋ごろまでグリーンカーテンを楽しみたい方にもおすすめです。病気にも強く背丈も高いので、初心者の方もぜひ挑戦してみてください。

科名ツルムラサキ科育ち方多年草
期間(目安)-

グリーンカーテンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5040509の画像

    サカタのタネ

  • 2
    アイテムID:5040505の画像

    サンクライム

  • 3
    アイテムID:5040500の画像

    サカタのタネ

  • 4
    アイテムID:5040491の画像

    カネコ種苗

  • 5
    アイテムID:5040485の画像

    株式会社トーホク

  • 6
    アイテムID:5040478の画像

    サカタのタネ

  • 7
    アイテムID:5040462の画像

    サカタのタネ

  • 8
    アイテムID:5040452の画像

    サカタのタネ

  • 9
    アイテムID:5040443の画像

    サカタのタネ

  • 10
    アイテムID:5040439の画像

    フタバ種苗

  • 商品名
  • シカクマメ
  • パッションフルーツ 苗(時計草)
  • 朝顔 西洋系フライングソーサー
  • 風船かずら 10袋セット
  • 白花夕顔
  • 朝顔 浜の混合
  • 千成ひょうたん
  • 栗坊 ミニカボチャ
  • ミニキュウリ リル
  • すずめゴーヤー(ミニ苦瓜)
  • 特徴
  • 珍しい形で可愛さのある豆のグリーンカーテン
  • 苗から育てる果物のグリーンカーテン
  • 爽やかな青と白の花を咲かせるグリーンカーテン
  • 夕方から早朝に花咲く香りのよいグリーンカーテン
  • 手のひらサイズの花が咲くグリーンカーテン
  • 観賞用の小ぶりな実がなるグリーンカーテン
  • ホクホクのカボチャを楽しめるグリーンカーテン
  • 春から短期間で生長するグリーンカーテン
  • 小さな実が可愛らしい野菜のグリーンカーテン
  • 価格
  • 1393円(税込)
  • 1280円(税込)
  • 216円(税込)
  • 2383円(税込)
  • 162円(税込)
  • 684円(税込)
  • 216円(税込)
  • 420円(税込)
  • 876円(税込)
  • 540円(税込)
  • 科名
  • ツルムラサキ科
  • トケイソウ科
  • ヒルガオ科
  • ムクロジ科
  • ヒルガオ科
  • ヒルガオ科
  • ウリ科
  • ウリ科
  • ウリ科
  • ウリ科
  • 育ち方
  • 多年草
  • 多年草
  • 一年草
  • 一年草
  • 一年草
  • 一年草
  • 一年草
  • 一年草
  • 一年草
  • つる性一年草
  • 期間(目安)
  • -
  • -
  • 7月~9月中旬頃
  • 7月~9月頃
  • -
  • 7月~9月中旬頃
  • -
  • -
  • -
  • -

まとめ

今回は、本物の植物で作るグリーンカーテンについてご紹介していきました。気になるグリーンカーテンは、見つかったでしょうか。育てやすさやサイズを考えて種や苗を購入すれば、お庭のサイズや手間をかけられる時間に関係なく、きれいなグリーンカーテンを作ることは可能です。今回ご紹介した内容を参考に、ぜひエコで風情のある涼しい夏を過ごしてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ