記事ID137792のサムネイル画像

【軽量】人気の機内持ち込みスーツケースおすすめランキング10選

たくさんの商品が販売されているスーツケースの中でも人気があるのが機内への持ち込みが可能な小型で軽量なスーツケースです。この記事ではたくさんの商品が販売されている機内持ち込みスーツケースの選び方とおすすめ商品10選を紹介したいと思います。

機内持ち込みスーツケースのメリット

飛行機に乗る際にスーツケースを航空会社に預け、到着後にご自身の荷物がなかなか出て来なかったという経験のある方は多くいらっしゃっるかと思います。旅行や出張にも関わらず荷物受け取りに時間がかかってしまうと、次の予定に間に合わないなんてことにもなりかねません。

 

そこでおすすめなのが機内持ち込みスーツケースです。機内にスーツケースを持ち込むことで到着後に荷物受取りの手間が省け、目的地に到着してすぐに空港を出発することができます。また、出発時に荷物を預ける手続きも必要ありませんので非常に時間を節約することができます。

 

またスーツケースの破損や故障、傷がついてしまうなどのトラブルのほとんどは航空会社に荷物を預けた際に起こります。特に海外の空港では荷物の扱いが乱暴な場合もありますが、ご自身と一緒に機内に持ち込むことでこのようなトラブルを避けることもできます。

機内持ち込みスーツケースの選び方

まずは機内持ち込みスーツケースの選び方のポイントについて説明していきたいと思います。スーツケースの種類やあると便利な機能などを紹介していきますので、ご自身の旅行スタイルなどに合わせて選ぶことが大切です。

搭乗便に合わせてサイズ・重量を選ぶ

機内持ち込みスーツケースはサイズや重量に規定があり、規定を越えると機内に持ち込むことができないためスーツケースのサイズ選びは非常に重要です。基本となる持ち込み可能サイズと重量を紹介しますが、航空会社や便によって規定が異なりますので注意が必要です。

国内線の場合

国内線に搭乗される場合、乗る飛行機の座席数によって持ち込み可能なサイズが異なりますので注意が必要です。また、これから説明する寸法は持ち手やキャスターなども含めたサイズですので、購入時には持ち手なども全て含めたサイズを確認することが大切です。

 

座席数が100席未満の場合は3辺の合計が100cm以内で、幅は35cm、高さ45cm、奥行きが20cm以内となります。座席数が100席以上の場合は3辺の合計が115cm以内で、幅40cm、高さ55cm、奥行きが25cm以内となります。重量は座席数に関わらずどちらも10kg以内です。

 

100席未満の場合のスーツケースは目安としては20L前後、100席以上の場合は30L前後となりますので参考にしてみてください。ただし航空会社や便によって独自の規定を設けている場合もありますので、航空会社のホームページなどでサイズや重量の確認をしましょう。

国際線の場合

国際線の場合、座席数が100席以上の国内線の規定と同じで3辺の合計が115cm以内、幅は40cm、高さが55cm、奥行きが25cm以内と指定している航空会社がほとんどですが、各航空会社によってサイズの規定が微妙に異なっていますので注意が必要です。

 

ANAやJALなどの日系の航空会社は上記のサイズが持ち込み可能な場合が多いですが、アシアナ航空やエアチャイナなどは奥行きが20cm以内、ニュージーランド航空は23cm以内と規定されており、カンタス航空やエバー航空などは3辺の合計が36cmx56cmx23cm以内です。

 

重量に関しては5kgから12kg以内とこちらも各航空会社によって異なり、搭乗便や座席によっても持ち込み可能サイズや重量が異なる場合があります。搭乗予定の航空会社の規定サイズのスーツケース、もしくは最も汎用性の高いサイズを選ぶことが大切なポイントとなります。

LCCを利用する場合

近年増えてきているLCCと呼ばれる格安航空会社の場合は、国際線や100席以上の国内線と同様で3辺の合計数が115cm以内と規定している航空会社がほとんどです。ただし各辺の長さなどは航空会社によって少しずつサイズが異なる場合がありますので、注意が必要です。

 

LCCに搭乗する際に最も注意しなければならないのが重量です。LCCは座席数を増やして1度に搭乗できる乗客数を多くすることで、1人あたりのチケット価格を抑えています。ただしその分荷物を積むためのスペースが狭くなっているため、重量制限が厳しくなっているのです。

 

多くのLCCは重量制限を7kgまでとしていますが、航空会社によっては10kgや5kgの重量制限を設けています。少しでも重量をオーバーした場合は機内への持ち込みができなくなりますので、LCCを利用される場合はできるだけ軽量なスーツケースを選ぶことをおすすめします。

スーツケースの種類から選ぶ

スーツケースは大きく分けるとハードタイプとソフトタイプの2種類があります。それぞれの特徴やメリットなどについて説明していきますので、ご自身に合ったタイプのスーツケースを選んでください。

ハードタイプを選ぶ

プラスチックなどで作られているハードタイプのスーツケースは、外部からの衝撃に強く耐水性もあるので使い勝手が良いというメリットがあります。ただし強い衝撃を与えると内部に影響が出てしまう可能性があり、ソフトタイプと比べるとやや重さがあるという難点があります。

 

ABS樹脂やポリカーボネートが使用されているものであれば衝撃に強く耐衝撃性にも優れているので、これらの素材が使用されたスーツケースであれば安心して使用できます。またこれらの素材は軽量ですので、少しでも軽いスーツケースが欲しいという方におすすめです。

 

衝撃に弱いパソコンなどを持ち込む場合、フレームタイプであれば耐衝撃性が高いので安心して持ち運びすることができます。荷物の量が多い方はマチが広がりやすいファスナータイプですとより多くの荷物の収納ができますので、ご自身の用途に合わせて選ぶことが大切です。

ソフトタイプを選ぶ

ナイロンやポリエステルなどで作られているソフトタイプのスーツケースは布製なので重さが2.5kg以下のものが多く、非常に軽量なのが特徴です。そのため重量制限の厳しいLCCを使用される方や少しでもスーツケース本体が軽いタイプが欲しいという方におすすめです。

 

ソフトタイプのスーツケースは片開きなので開けるときに場所を取らず、外ポケットが付いているものが多いので、機内で使用する荷物などを入れていてもさっと取り出せるなど使い勝手が良いもの嬉しいですね。ソフトタイプのデメリットとしては衝撃に弱いという点があります。

 

外からの衝撃が中に伝わりやすいのでパソコンやタブレットなどを入れてしまうと故障や破損などの原因となる可能性があります。また、刃物などで引き裂かれる可能性もあるので貴重品は入れない、常に荷物から目を離さないなど防犯面では十分な注意が必要です。

使いやすさから選ぶ

スーツケースはより快適に使えるよう様々な工夫がされているものが多く販売されています。ご自身の旅行スタイルやどんな機能を求めるかなどをしっかりと考慮して選ぶことが大切です。

キャスター数は持ち運びやすさに直結する

スーツケースのキャスター数は2輪、4輪、8輪の3種類があります。2輪タイプはキャスター自体の大きさが大きいので耐久性が高く、石畳のような道でも持ち運ぶことができるというメリットがありますが、小回りが効かず腕に負担がかかりやすいという難点があります。

 

4輪タイプはキャスター自体が360度回転するので狭い道や人の多い道でもスムーズに持ち運ぶことができます。ただしバスや電車の中では勝手に動いてしまうので、しっかりと抑えておかなければならないので注意が必要です。また耐久性が低く衝撃に弱いのもデメリットの一つです。

 

8輪タイプはダブルキャスターや双輪キャスターと呼ばれることもあり、1つのキャスターに対し2つのタイヤが付いています。このタイプのスーツケースは4輪よりもさらに滑らかな走行が可能ですが、タイヤが8つ付いているので重量が重くなる傾向にありますので注意が必要です。

フロントポケットがあると便利

機内に持ち込むことができる手荷物の数は制限がありますので、機内で使用する予定の本やパソコン、ノートや筆記用具なども全て機内持ち込みのスーツケース入れたいという方も多いかと思います。そんな方におすすめなのがフロントポケットが付いたタイプの商品です。

 

わざわざスーツケースを開けなくても中の荷物を簡単に取り出すことができますし、商品によっては細かいポケットがたくさん付いていたり、中に仕切りが付いていたりなど使い勝手も抜群です。筆記用具や充電器などの細かい荷物もすっきりと収納できるのが嬉しいですね。

 

以前まではフロントポケットが付いたスーツケースはソフトタイプのものが多かったのですが、近年ではハードタイプでもポケットが付いているものが販売されています。荷物の取り出しが多い方や荷物量が多い方などはフロントポケット付きのものがおすすめです。

機内持ち込みスーツケースの人気ランキング10選

第10位

リモワ

エッセンシャル ライト 82352654

価格:57,199円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超軽量スーツケース

ドイツの老舗メーカーであるリモワは、スタイリッシュでありながら機能性の高いスーツケースで世界中で人気を得ています。ポリカーボネイト製ですので非常に耐久性に優れており、ジッパータイプなので中の荷物の取り出しが簡単に行えるのが嬉しいですね。

 

こちらの商品は高強度で耐久性の高いリモワの定番人気商品である「エッセンシャル」よりも重量を30%軽量化しているのが最大の特徴です。「エッセンシャル」の強度や耐久性はそのままでありながら、重量が2.1kgと非常に軽量なのが嬉しいですね。

サイズ37cm×55cm×20cm重量2.1L
キャスター数4輪容量31L
フロントポケットなし
第9位

innovator

スーツケース

価格:17,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザイン性が高く形が美しい

スーツケースメーカーとしてヨーロッパだけではなく世界的な人気を誇っているスウエーデンのブランドであるイノベーターから販売されている人気のスーツケースです。容量が38Lと多めですので、荷物の多い方でも安心して使用することができますね。

 

日乃本錠前と三菱化学によって共同開発されたキャスターは静音製に優れているので、音を気にせずに使用することができます。スウエーデン国旗が描かれた他にはないデザインと、計算された美しいボディラインがおしゃれさを演出してくれるのが嬉しいですね

サイズ37cm×55×cm23cm重量2.7kg
キャスター数4輪容量38L
フロントポケットなし
第8位

Unitravel

スーツケース

価格:9,700円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

8輪キャスターですいすい持ち運びできる

ボディ部分はカーボネート素材とABS樹脂素材を組み合わせた素材ですので、衝撃や気温差にも強く変形しにくい丈夫さがこの商品の魅力の一つです。360度回転式の8輪キャスターなのでどんな道でもスムーズに持ち運びすることができるのが嬉しいですね。

 

キャリーバーは多段階で高さの調整ができるのでご自身に合わせて変更でき、人間工学に合った形で持ちやすく疲れにくいです。また高水準のアルミ合金製で酸化防止加工がされているので、頑丈で壊れにくく長く使い続けられるのも嬉しいポイントですね。

 

中には大きさの異なる収納ポケットが5つ付いているので細かい荷物などもすっきりと収納することができます。またスーツケース表面に隠しフックが付いており、手荷物や買い物袋などを引っ掛けることができるので荷物が多い時でも持ち運びが簡単にできます。

サイズ37cm×50cm×24cm重量3kg
キャスター数8輪容量40L
フロントポケットなし
第7位

AmericanTourister

スーツケース クリスタライト スピナー50

価格:13,608円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ちやすく使いやすハンドルが魅力

10位で紹介した世界的人気スーツケースブランド「サムソナイト」の姉妹ブランドであるアメリカンツーリスターから販売されている機内持ち込みスーツケースです。サムソナイトよりも価格が抑えられているので、お手頃価格で購入できるのが嬉しいですね。

 

ハンドルバーの高さが多段階で調整できるので持つ人に合わせて調整でき、ハンドルに厚さがあるので持ちやすいので長時間握っていても疲れにくいよう計算されています。本体にはダイヤモンドカットが施されているので高級感を演出してくれるのが嬉しいですね。

サイズ40cm×50cm×25cm重量2.8kg
キャスター数4輪容量38L
フロントポケットなし
第6位

Griffinland

スーツケース PC7000

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

老舗メーカーが作る高品質スーツケース

明治39年創業の老舗のかばんメーカーであるクギマチ社が展開するスーツケースブランド「グリフィンランド」のスーツケースです。容量が31Lと他のスーツケースと比べるとやや少なめですので、荷物の少ない方や1〜2泊ほどの旅行での使用がおすすめです。

 

消音設計のキャスターが採用されているので、キャスター音を気にせずにスーツケースを使用できるのが嬉しいですね。国際規格のISO認定を受けた工場で生産されており、全ての商品を出荷前に日本で検品するなど徹底した品質管理にこだわった人気の商品です。

 

深溝式アルミフレームが採用されているので強度が高いだけではなく、万が一雨に濡れてしまってもスーツケースの中が浸水する心配がないのが嬉しいですね。オレンジや赤、グリーンなどビビッドな明るい色合いなど全部で12色から好みの色を選ぶことができます。

サイズ36.5cm×53cm×25cm重量3.9kg
キャスター数4輪容量31L
フロントポケットなし
第5位

HIDEO WAKAMATSU

スーツケース フライII

価格:9,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とにかく軽いスーツケースをお探しの方に

こちらのスーツケースには直径50mmの大型車輪が搭載されているので走行が非常に滑らかでスムーズに持ち運びすることができます。ソフトタイプのスーツケースですが全体に撥水加工が施されているので雨や汚れからしっかりと守ってくれるのが嬉しいですね。

 

蜂の巣状のフレームを採用し、各パーツや生地なども全て軽量化することで強度は保ちつつ重量を1.9kgまで抑えることに成功しています。機内持ち運びスーツケースの中でも圧倒的に軽いので、とにかく軽いスーツケースが欲しいという方におすすめです。

サイズ35cm×55cm×22cm重量1.9kg
キャスター数4輪容量26L
フロントポケットなし
第4位

クロース

キャリーケース TSAロック搭載

価格:9,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級感溢れるスタイリッシュなスーツケース

高級感溢れる見た目が特徴的なこちらのスーツケースはABS樹脂とポリカーボネート製ですので、軽量ながらも衝撃に強いのが特徴です。フレーム部分とキャリーバーはアルミで作られているので非常に耐久性が高く、全体的に強度の強い作りになっています。

 

フロントポケットは付いていないですが、中にメッシュポケットが複数付いているので収納力が高く使い勝手も抜群です。持ち手部分がレザー製ですので持ちやすく、キャスターは8輪なので長時間スーツケースを転がしていても腕への負担が少ないのが嬉しいですね。

サイズ39cm×53cm×19cm重量3.7kg
キャスター数8輪容量35L
フロントポケットなし
第3位

Travelpro

トラベルプロ Crew 11

価格:29,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

旅のプロが使用する大容量スーツケース

複数の航空会社の機内持ち込み可能サイズ内でありながら最大容量が48.2Lと他の商品と比べても圧倒的に多いのがこの商品の最大の特殊です。出張に良く行かれるビジネスマンだけではなくパイロットやCAの方達が実際に使用する人気のスーツケースです。

 

パソコンやダブレットなどが収納できるフロントポケットがあるので取り出しがしやすく、さらにはUSBポート付きなので使い勝手も抜群です。防弾チョッキにも使用されている特殊素材が使われているので軽量で丈夫ですし、耐水性も高いのが嬉しいですね。

サイズ36.83cm×54.61cm×22.86cm 重量3.4kg
キャスター数2輪容量48.2L
フロントポケットあり
第2位

レジェンドウォーカー

スーツケース 5082-48

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的なコスパの良さが魅力

ABS樹脂製のハードタイプのスーツケースで、サイズは36cm×54cm×24cmなので多くの航空会社の規定内となっています。表面にはエンボス加工がされており、角の部分にはパッドが装備されているので傷が付きにくいよう工夫されているのが嬉しいですね。

 

ファスナーを開くことで中に入れられる荷物の量を増やせる容量拡張機能が付いているので帰りに荷物が増えてしまった場合でも安心です。また万が一荷物を預けなければならない時でも、TSAロックが付いているので安心して荷物を預けることができますね。

 

シンプルなブラックやシャンパンゴールド、おしゃれなマゼンダピンクやレッド、さらにはチョコ・ミントやネイビー・イエローなど全部で16色のカラーバリエーションがあるのでご自身の好みの色やお気に入りの色が見つかること間違いなしです。

サイズ36cm×54cm×24cm重量2.9kg
キャスター数4輪容量33L
フロントポケットなし
第1位

Samsonite

アスフィア スピナー55

価格:20,410円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量なのに軽量で使いやすい

スーツケースメーカーとして世界的な人気を誇るサムソナイトから販売されているソフトタイプのスーツケースです。機内持ち込みスーツケースのほとんどは容量が多くても35L程度ですが、この商品はコンパクトなサイズながら39Lと大容量なのが最大の魅力です。

 

内部が広く設計されているので見た目以上に荷物をたくさん入れることができますし、スーツケース自体の重さが2.4kgほどしかないのでLCC利用予定の方や荷物が多くなってしまう方に特におすすめのスーツケースです。

 

大きさの異なるフロントポケットが2つ付いているので本やガイドブック、書類などの大きいものは下の段のポケットに、携帯電話や充電器などの小物類は上のポケットになど分けて入れることができるので非常に使い勝手が良いのも嬉しいですね。

サイズ36cm×55cm×24cm重量2.4kg
キャスター数4輪容量39L
フロントポケットあり

機内持ち運びスーツケースのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5040075の画像

    Samsonite

  • 2
    アイテムID:5040049の画像

    レジェンドウォーカー

  • 3
    アイテムID:5041099の画像

    Travelpro

  • 4
    アイテムID:5041038の画像

    クロース

  • 5
    アイテムID:5041212の画像

    HIDEO WAKAMATSU

  • 6
    アイテムID:5041044の画像

    Griffinland

  • 7
    アイテムID:5041123の画像

    AmericanTourister

  • 8
    アイテムID:5041048の画像

    Unitravel

  • 9
    アイテムID:5041084の画像

    innovator

  • 10
    アイテムID:5041046の画像

    リモワ

  • 商品名
  • アスフィア スピナー55
  • スーツケース 5082-48
  • トラベルプロ Crew 11
  • キャリーケース TSAロック搭載
  • スーツケース フライII
  • スーツケース PC7000
  • スーツケース クリスタライト スピナー50
  • スーツケース
  • スーツケース
  • エッセンシャル ライト 82352654
  • 特徴
  • 大容量なのに軽量で使いやすい
  • 圧倒的なコスパの良さが魅力
  • 旅のプロが使用する大容量スーツケース
  • 高級感溢れるスタイリッシュなスーツケース
  • とにかく軽いスーツケースをお探しの方に
  • 老舗メーカーが作る高品質スーツケース
  • 持ちやすく使いやすハンドルが魅力
  • 8輪キャスターですいすい持ち運びできる
  • デザイン性が高く形が美しい
  • 超軽量スーツケース
  • 価格
  • 20410円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 29800円(税込)
  • 9500円(税込)
  • 9599円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 13608円(税込)
  • 9700円(税込)
  • 17280円(税込)
  • 57199円(税込)
  • サイズ
  • 36cm×55cm×24cm
  • 36cm×54cm×24cm
  • 36.83cm×54.61cm×22.86cm
  • 39cm×53cm×19cm
  • 35cm×55cm×22cm
  • 36.5cm×53cm×25cm
  • 40cm×50cm×25cm
  • 37cm×50cm×24cm
  • 37cm×55×cm23cm
  • 37cm×55cm×20cm
  • 重量
  • 2.4kg
  • 2.9kg
  • 3.4kg
  • 3.7kg
  • 1.9kg
  • 3.9kg
  • 2.8kg
  • 3kg
  • 2.7kg
  • 2.1L
  • キャスター数
  • 4輪
  • 4輪
  • 2輪
  • 8輪
  • 4輪
  • 4輪
  • 4輪
  • 8輪
  • 4輪
  • 4輪
  • 容量
  • 39L
  • 33L
  • 48.2L
  • 35L
  • 26L
  • 31L
  • 38L
  • 40L
  • 38L
  • 31L
  • フロントポケット
  • あり
  • なし
  • あり
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし

まとめ

ここまで機内持ち運びスーツケースを選ぶ際のポイントとおすすめ商品10選をご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。スーツケースには様々な種類がありますので、ぜひ購入の際にはこの記事を参考に選んでみてください。ただし航空会社や便によって持ち込めるサイズや重量が異なりますので、航空会社の規定をしっかりと確認してから選ぶことが最も大切なポイントとなります。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ