記事ID137779のサムネイル画像

【座り心地最高】おすすめの厚手のレジャーシート人気ランキング10選

楽しいピクニックやスポーツ観戦をしたいなら、厚手のレジャーシートがおすすめです。地面からの湿気や冷たさからも守られ、柔らかくふかふかしているので座り心地がとても良いです。今回は、厚手のレジャーシートの選び方とおすすめランキング10選を紹介します。

厚手のレジャーシートは座り心地がいい

ピクニックやスポーツ観戦など、レジャーシートは屋外で過ごす時に使う必須アイテムです。荷物を置いてお弁当を食べたり、座って休んだり、時には寝っ転がって眠ってしまう事もあります。

 

しかし、薄手のビニールのレジャーシートは地面の小石が痛かったり、湿った土のせいで濡れたり冷たかったりして、座り心地が悪いです。せっかくの楽しい行楽に不満を抱く原因にもなってしまいます。

 

厚手のレジャーシートなら、起毛生地や防水素材を使っているため、座っていてもお尻が痛くならないし、冷たくもなりません。持ち運びが簡単にできるように、手提げが付いているものも多いです。厚手のレジャーシートを使って楽しく過ごしましょう。

厚手のレジャーシートの選び方

厚手のレジャーシートは普通のレジャーシートと違って、デザインやサイズだけが違うわけではありません。それぞれ特徴が異なってくるため、自分に合ったものを選びましょう。

サイズで選ぶ

厚手のレジャーシートを選ぶ時にまず考えたいのが、サイズです。使う人数によってサイズは変わってきますが、小さいと狭いし座れる人数が少なくなります。大きいとたくさん座れますが、厚手のレジャーシートの場合はかさばったり重さが増すので、気をつけたいところです。

200×200cm

200×200cmの厚手レジャーシートは、大人が3~6人座って過ごせる余裕サイズです。大人3人が寝っ転がってゴロゴロすることもできます。家族や友人の人数が多い、荷物が多い、テーブルを置きたいなど、面積を広く使いたいなら200×200cmがおすすめです。

 

しかし、面積は広い分、重さも少し重くなります。厚手のレジャーシートの場合だと、素材にもよりますが重さ約1kg~1.2kgほどになります。畳んで収納したとしても、面積の分だけかさばるので、そこは注意しておきましょう。

140×90cm

140×90cmくらいのサイズの厚手のレジャーシートは、2人くらいが座るのにちょうどいいサイズです。面積が小さい分、収納時のサイズもコンパクトになります。また、素材にもよりますが重さも約500g程度になるので、持ち運びにも便利です。

 

カップルなどにもいいですが、子供の遠足用にもおすすめです。荷物を乗せなければ、大人2人と子供1人くらい座る事もできます。場所があまり取れないところや、最低限のスペースがあればいいという方にもおすすめです。

素材から選ぶ

厚手のレジャーシートで快適に過ごす為には、表生地に使われている素材と裏地に使われている生地をチェックする必要があります。3層構造になっているものもあるため、中の生地がどのようになっているかも確かめておきましょう。

起毛素材

直接座る部分である表生地に、起毛素材を使っている厚手のレジャーシートはふかふかで座り心地が良いです。撥水加工がしてあるものは、汚れても拭くだけできれいになるため、お手入れも簡単です。

 

デザインもかわいいものがたくさんあるため、自分の気に入った柄のものを選ぶことができます。春先や秋など、肌寒い季節にぴったりです。そのまま厚手のレジャーシートの上で昼寝することもできます。

防水・防湿加工

地面に触れる部分である裏地は、防水加工や防湿加工がしてあるものがマストです。前日に雨が降ったり、地面が湿っていたとしても、座っている部分が濡れたりしません。また、防水加工がしてあるものは汚れてもシャワーなどで洗い流すことができます。

 

素材としては、PEVA素材やPVC素材、アルミなどがあります。防水・防湿性に加え、断熱性や耐摩耗性に優れているもの、通気性に優れているものもあります。素材によって微妙に違ってくるため、チェックしてみましょう。

スポンジ(綿)

3層構造になっている厚手のレジャーシートには、真ん中にスポンジ(綿)が入っているものもあります。真ん中にスポンジや綿が入っていると、クッション性が増すので、座り心地がよくなります。

 

厚手のレジャーシートによっては、何センチ分スポンジが敷き詰められていると説明されているものがあるので、クッション性を求める方は確認してみましょう。または、厚手のレジャーシート自体の厚さを書いてあるものもあるので、参考にしてみましょう。

持ち運びのしやすさから選ぶ

厚手のレジャーシートは、厚みがあるのでコンパクトに畳んでも、ある程度はかさばってしまいます。そこで、持ち運びのしやすさがポイントになります。どんな持ち運び方があるのか確認してみましょう。

手提げ

折りたたんでカバン型になるタイプの厚手レジャーシートは、ハンドバッグのように手提げがついているものが多いです。手提げがあれば簡単に手で持てるため、持ち運びも楽です。また、大人だけでなく子供も持つことができます。

 

しかし、手提げの場合は片手が塞がるという面もあります。小さな子供がいて両手を開けておきたいという方や、直接手で持ちたくない方は、手提げを使用せずに別の入れ物に入れて使った方がいいかもしれません。

肩掛けベルト

厚手レジャーシートの中には、肩掛けベルトも一緒についたものや、肩に掛けられるくらいのベルトを付けられるものもあります。肩にかけたり、長さによってはショルダーバッグのようにして斜め掛けできるものは、両手が空くので便利です。

 

レジャーシート本体についているものは大丈夫ですが、ついていないものはベルトをなくさないように気をつける必要があります。しかし、長さの調節はできないので、自分で工夫をする必要があります。

収納袋

収納袋が付属している物は、畳んだ厚手レジャーシートを中に入れる必要があります。袋に入れてしまうので、外からは柄などが確認できなくなってしまいますが、レジャーシート本体をきれいなまま保つことができます。

 

収納袋によって守られているので、ホコリがつく心配がありません。また、使用した時にレジャーシートが汚れてしまっても、収納袋に入れれば持ち帰る時に汚れが他につく心配もありません。

使い勝手から選ぶ

厚手のレジャーシートは、当日の使い方や、後日のお手入れの方法などにもこだわった機能がついているものもあります。より便利に使えるように、ぜひチェックしておきましょう。

ペグ

厚手のレジャーシートは屋外で使用するものなので、風がふいたらめくれてしまいます。荷物で重りをしたり、靴を四方に置いてもいいですが、荷物を使う時にいちいちどかしたりして不便だし、靴もレジャーシート表面が汚れるし、使いづらいです。

 

そこで、コーナーループ付きのものなら、ペグが使用できるから便利です。ペグを使えば風が吹いても厚手レジャーシートがめくれる心配もないし、荷物も靴も好きなところに置くことができます。

洗濯機で洗える

厚手のレジャーシートは防水素材を使っているものが多いので、シャワーで水をかけたりして汚れを落とす事ができます。しかし、肌ざわりがいいのでうっかり厚手のレジャーシートの上で寝てしまった、などの場合は、汗を吸って汚れてしまいます。

 

そんな時、洗濯機で洗える厚手のレジャーシートなら、すっきり丸洗いをすることができます。脱水や乾燥機が使えるかは、取扱説明書や注意書きをよく読んで確認してみましょう。お手入れ方法をあらかじめ調べておくことも大事です。

厚手のレジャーシートおすすめランキング10選

第10位

Niello

レジャーシート 2~6人用

価格:2,080円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌触りのいいめんあさ素材使用

こちらは、表面に肌触りのいいめんあさ素材100%を使用した厚手のレジャーシートです。めんあさ素材は通気性と耐摩耗性に優れています。3層構造となっており、中にはスポンジ(綿)が1.5cmが敷き詰められているので、座り心地がばつぐんです。

 

裏地は防水と断熱ができるPEVA素材のため、地面が濡れていても安心して使用できます。広げた時のサイズは200×150cmで、大人4人と子供2人がゆったり座れます。畳むと35×26×5cmになり、持ち手もあるので簡単に持ち運びができます。

 

洗濯機は使用できませんが、手洗いはできます。デザインは、ラクダ柄なので個性的でかわいい感じになっています。口コミでは、デザインがシンプルでいい、柄が気に入った、生地がしっかりしている、などの声がありました。

サイズ150×200cm素材表:めんあさ素材100%、中:綿、裏地:防水PEVA
重さ約0.8kg
第9位

LangRay

レジャーシート クッション

価格:2,080円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折りたたみ方法が縫い付けてあって便利

こちらは、200×200cmの正方形の厚手レジャーシートです。人数としては、4~6人用になります。3層構造になっていて、表面はふわふわの起毛素材を使っています。また、撥水加工もしてあるため、飲み物をこぼしてしまったり、汚れてしまっても、ふき取るだけで簡単にきれいになります。

 

真ん中の素材は、厚みのあるスポンジ生地です。裏地は防水性のあるPEVAアルミ素材になっているので、湿った地面の上に広げても安心です。レジャーシートの折りたたみ方法を図にして縫い付けてあるので、畳み方が分からなくなった時にも見ながら畳むことができます。

 

たたみ終わったらマジックテープで固定できるので、開いてしまう心配もありません。持ち手もついているので、持ち運びも簡単です。口コミでは、厚みがある、寒さをあまり感じない、長時間座ってもお尻が痛くない、などの声がありました。

サイズ200×200cm素材表面:起毛素材+スポンジ+PEVAアルミ被覆
重さ約1kg
第8位

SONGMICS

レジャーシート 底部防水

価格:1,720円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肩掛けベルト付き

こちらは、手持ちベルトと肩掛けベルトの両方がついた厚手のレジャーシートです。おしゃれな三角模様です。持ち物が多くて手がふさがったとしても、肩掛けができるので便利に持ち運びができます。サイズは195×150cmなので、2~3人用にぴったりです。

 

3層構造になっているレジャーシートです。座る面である表面は、撥水加工のされた起毛素材です。飲み物をこぼしても、タオルで簡単にふくだけで対処できます。また、ふわふわなのでアウトドアで使う時にも横になって寝ることができます。

 

中は厚みのあるスポンジになっており、裏面は防水仕様です。地面からの熱気や冷気を隔離してくれます。畳み方は内部に縫い付けてあるため、収納時に参考になります。口コミでは、ふわふわでおしゃれ、暖かく過ごせる、などの声がありました。

サイズ195×150cm素材表面:起毛素材、中:スポンジ、底部:防水素材
重さ
第7位

EveryJoy

レジャーシート  防水断熱

価格:2,750円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厚みが3.5mmもある

こちらは、クッション性の高い防水TPE(熱可塑性エラストマー)を使用した、厚みが3.5mmもある厚手のレジャーシートです。表面は、柔らかくて肌触りのいいナイロン生地を使用しています。裏地は防湿アルミ素材なので、地面からの湿気を防ぎます。

 

広げた時のサイズは200×200cmなので、大人3~6人がゆったりと座る事ができます。ファミリーにもおすすめです。畳んだ時のサイズは25×40cmになります。結束バンドと手提げ収納袋がついてくるので、収納も簡単です。

 

手洗いも可能ですが、洗濯機や脱水、乾燥機の使用はできません。口コミでは、座り心地がいい、収納袋があるからホコリを気にせず保管できる、汚れても水拭きしたらすぐ取れる、などの声がありました。

サイズ約200×200cm素材表:ナイロン、中:スポンジ、裏地:防湿アルミ素材
重さ約1200g
第6位

Miteng

レジャーシート 2~8人用

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗濯機で洗える

こちらは、水洗いや洗濯機を使用することのできる厚手のレジャーシートです。砂や土で汚れてしまっても、水でザブザブ洗うことができます。表面には、防水耐久性オックスフォード布生地をしています。

 

起毛素材と違って汚れが付着しずらいので、お手入れも簡単です。裏地はPVC素材を使用しているので、防水防湿で通気性や耐摩耗性に優れています。レジャーシートを洗う際には、水道水がぬるま湯を使って手洗いしてください。

 

洗濯機を使用する際は、洗濯袋に入れて弱水流で洗濯します。脱水と乾燥機の使用は控え、陰干ししてください。口コミでは、食べこぼしをきれいにふき取れた、座り心地がいい、などの声がありました。

サイズ約200cm×200cm素材表面:防水耐久性オックスフォード布生地、裏面:PVC素材
重さ
第5位

Blue Giraffe

レジャーシート ピクニックシート大判

価格:2,280円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色鮮やかなレインボーデザイン

こちらは、きれいなレインボーのデザインをした厚手のレジャーシートです。サイズが約200×200cmなので4~6人座れます。家族や友人とのピクニックや海水浴などにもおすすめです。スポンジを充填した3層構造の生地になっています。

 

表面の生地は防水で汚れが付着しにくく、汚れたとしても濡れた布を使えば簡単にふき取れます。裏面はPEVA素材なので防水防湿、耐摩耗性に優れているので、引っ張っても割れたりしません。

 

手洗いも可能なので、汚れても簡単にお手入れすることができます。口コミでは、柄が珍しいから差別化できてよかった、デザインが良い、座り心地がいい、色がとてもきれい、などの声がありました。

サイズ約200cm×200cm素材表面:ポリエステル100%、中:ポリウレタン100%、裏地:PEVA素材100%
重さ
第4位

Monasa

レジャーシート 折り畳み持ち手付き

価格:2,380円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロゴが目立っておしゃれ

こちらは、カラフルでおしゃれなフラワー柄の厚手のレジャーシートです。広げた時のサイズは200×200cmで、4~6人が座れます。畳んだ時のサイズは27×43×10cmとコンパクトになります。

 

表面は肌触りのいい起毛素材を使っている為、座り心地がいいです。裏地はアルミニウム膜の防水加工がされているため、地面からの湿気を防ぎます。畳む時は、ロゴの部分にマジックテープがあるため、ピタッとくっつけるだけでコンパクトになります。

 

重量は900gと1kg以下なところもポイントです。口コミでは、ふわふわしていて気持ちがいい、軽い、ふかふかしてる、広くて軽いなどの声がありました。軽くて広い厚手のレジャーシートをお探しの方におすすめです。

サイズ200×200cm素材表地:起毛素材、裏地:アルミニウム膜(防水加工)
重さ900g
第3位

Coperta (コペルタ)

レジャーシート 4~6人用

価格:2,480円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肩掛けもできる結束バンド

こちらは、夏でもベタつかない肌触りのいいアクリル素材を使用した厚手のレジャーシートです。中には約4mmの綿が敷き詰められているので、長時間座っていても快適な座り心地です。裏地には、防水性・断熱性・耐久性に優れたPEVA素材を使用しています。

 

サイズは、大人4~6人がゆったりと座れる200×200cmです。畳む時はレジャーシートを畳んで丸めた後に結束バンドで留めればコンパクトになります。サイズは150×40cmになります。肩にかけることもできる長さなので便利です。

 

手洗い可能なので、汚れたら簡単にお手入れできます。洗濯機の使用はできません。口コミでは、ギンガムチェックがとてもかわいい、かなりしっかりとした作り、サラッとしている、などの声がありました。

サイズ200×200cm素材表:アクリル素材、中:綿、裏地:PEVA素材
重さ約1.0kg
第2位

HEESL

レジャーシート 4~8人用

価格:1,680円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパが良い

こちらは、グリーンやイエローのビタミンカラーがおしゃれな厚手のレジャーシートです。両面防水加工になっています。表は防水耐久性のオックスフォード生地を使用しており、汚れが付着しずらいです。また、お手入れが簡単です。

 

裏地はPVC素材(ポリ塩化ビニル)で通気性と耐摩耗性に優れており、湿気も防いでくれます。折りたたむとカバン型になり、手提げもついているので持ち運びも便利です。マジックテープも付いているため、広がる心配もありません。

 

しっかりした縫い目で丈夫なので、長持ちします。手洗いが可能で、裏面はシャワーやホースを使って汚れを落とす事ができます。口コミでは、前日雨が降ったところに使っていても全然濡れなかった、家族5人で座っても余裕があった、使いやすい、などの声がありました。

サイズ約200cm×200cm素材表面:防水耐久性のオックスフォード布生地、裏地:PVC素材
重さ約1kg
第1位

コールマン(Coleman)

レジャーシート グリーン

価格:2,380円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

信頼度の高い歴史あるアウトドアメーカーのレジャーシート

こちらは、家族でのピクニックにちょうどいいサイズの厚手レジャーシートです。広げると200×170cmですが、折りたたんで収納すれば直径18×45cmとコンパクトサイズになります。持ち手もついているので、持ち運びに便利です。

 

直接座る部分である表生地にはアクリルを使っているので、起毛素材が気持ちいいです。インナーにはPUフォームを使っているため、クッション性があり快適な座り心地です。裏地にはPVC(ポリ塩化ビニル)が使われているので、湿気や汚れに強いです。

 

コーナーループがついているため、ペグも使用できます。口コミでは、クッション性がある、メーカーが有名なので安心感がある、座り心地が良い、との声がありました。メーカーとしての信頼度や安心感があるレジャーシートをお探しの方におすすめです。

サイズ約200×170cm素材表地/アクリル、インナー/PUフォーム、裏地/PVC
重さ約1.2kg

厚手のレジャーシートのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5036997の画像

    コールマン(Coleman)

  • 2
    アイテムID:5038491の画像

    HEESL

  • 3
    アイテムID:5037000の画像

    Coperta (コペルタ)

  • 4
    アイテムID:5037002の画像

    Monasa

  • 5
    アイテムID:5037006の画像

    Blue Giraffe

  • 6
    アイテムID:5037007の画像

    Miteng

  • 7
    アイテムID:5038374の画像

    EveryJoy

  • 8
    アイテムID:5037031の画像

    SONGMICS

  • 9
    アイテムID:5037029の画像

    LangRay

  • 10
    アイテムID:5038429の画像

    Niello

  • 商品名
  • レジャーシート グリーン
  • レジャーシート 4~8人用
  • レジャーシート 4~6人用
  • レジャーシート 折り畳み持ち手付き
  • レジャーシート ピクニックシート大判
  • レジャーシート 2~8人用
  • レジャーシート  防水断熱
  • レジャーシート 底部防水
  • レジャーシート クッション
  • レジャーシート 2~6人用
  • 特徴
  • 信頼度の高い歴史あるアウトドアメーカーのレジャーシート
  • コスパが良い
  • 肩掛けもできる結束バンド
  • ロゴが目立っておしゃれ
  • 色鮮やかなレインボーデザイン
  • 洗濯機で洗える
  • 厚みが3.5mmもある
  • 肩掛けベルト付き
  • 折りたたみ方法が縫い付けてあって便利
  • 肌触りのいいめんあさ素材使用
  • 価格
  • 2380円(税込)
  • 1680円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 2380円(税込)
  • 2280円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 2750円(税込)
  • 1720円(税込)
  • 2080円(税込)
  • 2080円(税込)
  • サイズ
  • 約200×170cm
  • 約200cm×200cm
  • 200×200cm
  • 200×200cm
  • 約200cm×200cm
  • 約200cm×200cm
  • 約200×200cm
  • 195×150cm
  • 200×200cm
  • 150×200cm
  • 素材
  • 表地/アクリル、インナー/PUフォーム、裏地/PVC
  • 表面:防水耐久性のオックスフォード布生地、裏地:PVC素材
  • 表:アクリル素材、中:綿、裏地:PEVA素材
  • 表地:起毛素材、裏地:アルミニウム膜(防水加工)
  • 表面:ポリエステル100%、中:ポリウレタン100%、裏地:PEVA素材100%
  • 表面:防水耐久性オックスフォード布生地、裏面:PVC素材
  • 表:ナイロン、中:スポンジ、裏地:防湿アルミ素材
  • 表面:起毛素材、中:スポンジ、底部:防水素材
  • 表面:起毛素材+スポンジ+PEVAアルミ被覆
  • 表:めんあさ素材100%、中:綿、裏地:防水PEVA
  • 重さ
  • 約1.2kg
  • 約1kg
  • 約1.0kg
  • 900g
  • 約1200g
  • 約1kg
  • 約0.8kg

まとめ

今まではレジャーシートといえばペラペラのビニールという認識でしたが、これからは厚手のレジャーシートが当たり前になりそうですね。楽しく外で過ごすために、便利で座り心地のいい厚手のレジャーシートをぜひ使ってくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ