記事ID137774のサムネイル画像

【楽しもう】ゲーマーおすすめの人気ゲーミングスマホランキング10選

スマホには色々な機種がありますが、ゲームに特化したゲーミングスマホというのもあります。ハイスペックなゲーミングスマホも多く、ゲーマーの方におすすめなのです。そこで今回は、スマホでもゲームをやり込みたい方のために、ゲーミングスマホの選び方を紹介していきます。

ゲーミングスマホはゲーム用に作られたスマホ

ゲーミングスマホは、ゲームをするのに特化したスマホのことです。通常のスマホよりもグラフィック等に関して高い処理能力があり、3Dやオンラインゲームでもスムーズに遊ぶことができるでしょう。

 

この頃のスマホゲームは、グラフィックが豪華でリアルタイムさやオンライン要素といったものが当然のようになってきています。しかしながら、通常のスマホなら処理能力が追い付いてくれず映像をしっかりと楽しむことができなかったり、起動にさえも時間がかかる可能性があるのです。

 

高性能なゲーミングスマホであれば、複雑なゲームであってもプレイが快適ですし、ゲームのための機能が装備されている製品もありますので、スマホゲームもよくプレイするという方などは、ゲーミングスマホを選ぶのも一案となります。

ゲーミングスマホの選び方

ゲームをするのに特化したゲーミングスマホにも色々あります。初めて購入するとなればどの様な基準で選べば良いのか分からないという方もいるでしょう。ここでゲーミングスマホの選び方について知っておくのが大事です。

スマホのOSで選ぶ

スマホにはiPhoneやAndroidといったOSがあります。ゲーミングスマホを選ぶとしても、スマホのOSを基準にして選ぶのも一案です。さて、一体どの様にして選べば良いのでしょうか。OSそれぞれの特徴を見ていきたいと思います。

iPhoneを選ぶ

iPohneはアメリカのApple社が販売しているスマホであり、特徴は本体やOS、CPUまでもApple社の独自の仕様である点です。多くの機種はありませんが、動作が安定していますしデザインや機能面は使い勝手が良くて固定ファンが多数います。

 

それにOSも長期間サポートしてくれますし、古い機種であっても長く使っていけるのも見逃せないポイントです。ただ少々使い辛い面があり、イヤホン端子がなかったりmicroSDカードが使えないというのは覚えておきましょう。

 

また、ハイエンドモデルである有機ELディスプレイ搭載のものは、10万円以上するなど高額な点も知っておくと便利です。

Androidを選ぶ

Androidのスマホは、iPhoneに対抗しGoogle社が開発しました。スマホの本体も色々なメーカが製造して販売しているのが、iPhoneとは異なる点です。よって、機能やデザインも多種あり特徴にも様々あります。

 

価格も安いものから高額なものまであり、大体の機種ではmicroSDカードが使えますので、内蔵ROMの容量も補うことができるでしょう。多くのブラウザゲームに対応していて、定番のものから新作に至るまで、幅広く楽しめます。

処理能力で選ぶ

ゲーミングスマホを選ぶなら、処理能力も選ぶ際のポイントになるでしょう。もしゲームをしていて処理が遅かったりした場合には、イライラとしてしまうかもしれません。そういったことがないように、処理能力もしっかりとチェックしてから購入するのが大事です。

CPUをチェックして選ぶ

CPUはスマホの頭脳でもあり、演算処理をする速度やそれぞれのパーツへの指令などを全体的に制御してくれます。これはゲームの処理能力にも大変に関わってくる部分です。ゲームアプリを動作させるとしたら、様々な色合いのグラフィックを切り替えたり、ゲームの条件に応じスピーディーに計算するなど、普段スマホを使う際よりも高いCPUがなくてはなりません。

 

例えば、Qualcomm社のSnapdragonや、Huawei社のKirinといったCPUが優れていて、おすすめです。

動作周波数をチェックして選ぶ

動作周波数というのは、1秒の間に何回くらいの命令を処理できるのかを示す指針であり、単位は『GHz』です。この数字が大きければ、それだけ高い処理能力を持っているとされています。ゲーミングスマホの場合なら、1.8GHz以上を1つの目安とするのが良いと考えられるでしょう。

 

スマホにはCPUが2種類搭載されているものもあります。そういった機種でも、どちらか片方は1.8GHz以上のものを選ぶのがおすすめです。

コア数をチェックして選ぶ

コンピューターの中央処理装置となっている、CPUの中枢部分の個数がコア数です。コア数が多ければ、それだけ同時に多くの処理が行えるようになるので、ゲームをさらにサクサクと動かすことができるようになるでしょう。

 

ゲームを楽しむとしたら、クアッドコア(4コア)以上が望ましいです。もっと動作を快適にしたいなら、オクタコア(8コアが適しています。コア数が多いタイプであれば、CPUに関して処理速度が速いものと遅いものを搭載していることがあります。

 

必要があれば速度の違うCPUを使い分ければ、無駄もなくなりますしバッテリーも節約できるのです。

メモリーの容量で選ぶ

やはりゲームに重きを置いたスマホを選ぶなら、記録を沢山しておけることも重要になってくるのではないでしょうか。やはり、メモリーの容量にも着目してゲーミングスマホを選ぶのが得策です。

RAMをチェックして選ぶ

RAMとは、作業容量や作業スペースを表します。スペースが広ければ色々な作業をすることができますし、RAMの数字が大きければそれだけ同時に行うことができる処理が増えるでしょう。通常のスマホなら、2GBから4GBのRAMが搭載されています。

 

ゲームをスムーズに動かすとなると、少なくても3GB程度のRAMがあることが望ましいです。豪華なグラフィックが使われているゲームを楽しむとなると、4GB以上が求められますし、安心感の持てる6GBくらいはハイモデルに搭載されています。

ROMをチェックして選ぶ

スマホゲームのデータを保存する容量がROMです。パソコンだとHDDやSDDのことをいいます。ゲームアプリは通常のアプリよりも容量が大きく、もし多くのゲームアプリを保存したいのであれば、ROMの容量が大きいものを選ぶようにしましょう。

 

64GB程度が目安として十分であると考えられます。Androidのスマホなら本体のROM容量が足りなければ優microSDを用いて容量の補充をすることも可能です。しかしiPhoneではmicroSDが使えませんので、ROMの容量に注意する必要があります。

機能で選ぶ

ゲーミングスマホにも色々と機能があります。バッテリー容量も大事ですし、画質や音質にもこだわりたいところでしょう。それゲームを楽しむならディスプレイサイズも大事になってきます。

 

ゲーミングスマホを選ぶなら、上記の面も重視する必要がありますので、その点についても知っておくようにしてください。

バッテリー容量をチェックする

ゲーミングスマホでゲームをすればバッテリーの減りも激しくなります。よって、バッテリーは容量の大きなものを選ぶのが得策です。通勤や通学の間にゲームを楽しみたいのなら、特に注意が必要でしょう。

 

なるべく30,000mAh以上の容量のあるスマホを選ぶのがポイントですが、なお外出時に容量が足りなくなることが不安であれば、モバイルバッテリーを別途で購入しておくともしもの時にも安心できます。

 

モバイルバッテリーは、急速充電に対応しているものが適しているでしょう。

画質をチェックする

画質面では、リフレッシュレートをチェックしましょう。これは1秒で何枚の静止画を入れるかという数値であり、Hz(ヘルツ)という単位で表します。90Hz以上であれば動きが滑らかになり、目の疲れも軽減されるのです。

 

画質の細かさや画面の美しさを表す解像度も大事になります。美しい画面でゲームをしたいなら、ハイビジョン1,280×720ピクセルで、フルハイビジョンだと1,920×1080ピクセル以上が適しているでしょう。

 

また有機ELディスプレイのものもありますが、これは自発光のシステムが特徴です。液晶よりも格段に薄くスマホ自体も軽くてバッテリーの消費量も少ないというメリットがあります。

音質をチェックする

音にこだわったゲームを楽しみたいという方もいるでしょう。それなら、スマホのサウンド機能や音質もチェックするのが一案です。ハイレゾ音源に対応しているイヤホンが付属になっているモデルや、スマホの両サイドにスピーカーを置いて立体的な音響が叶うモデルなど、音にこだわりのあるスマホも増加しています。

 

また、映画監督のジョージ・ルーカスが創業した企業が認証している『THX認証』もしくは、『Dolby ATMOS』という立体音響の規格にも対応しているスマホもあるので、要チェックです。

 

音ゲーや声優の音声にこだわりたい方は、音質面でもゲーミングスマホを選びましょう。

ディスプレイをチェックする

ディスプレイサイズは、大きければそれだけ迫力のある画面でゲームを楽しむことができます。3Dゲームや1つの画面で情報をたくさん表示するゲームなら、大きいものを選ぶのが賢明です。

 

6インチもしくは6.5インチで縦横の比率が21:9の『Cinema-Wideディスプレイ』が搭載されたモデル等が適しているでしょう。ただ、ディスプレイサイズが大きくなると重くなるため、重いとゲームもしにくくなるかもしれません。

 

そのため、手に持ってゲームをする際のことを考慮して重さも選ぶ際にはチェックするのが大事です。

ゲーミングスマホのおすすめランキング10選

第10位

HUAWEI(ファーウェイ)

P20 lite 5.84インチ SIMフリー スマートフォン

価格:23,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

画質にこだわる人におすすめ

こちらはファーウェイのゲーミングスマホです。バッテリー容量は3000mAhとなりディスプレイは5.84インチほどになります。指紋認証センサーが付いている点が特徴でしょう。また、約16000画素と約200万画素あるダブルレンズの効果によって、スマホなのにまるで一眼レフカメラのような画像が撮影できるのが魅力です。

 

その点でも、画質に拘るという方に適したゲーミングスマホでもあります。ボディはスリムで手にも馴染みますし、見やすさがあって高精細な大画面フルビューディスプレイが搭載されているのも見逃せないポイントです。

 

CPUHUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU (4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)ディスプレイ約5.84インチ
メモリRAM 4GB / ROM 32GB
第9位

Asustek

ZenFone 5Z

価格:62,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲームサポート機能も搭載

ZenFone 5Z』は、高いパフォーマンスを発揮してくしてくれるSnapfragon845を搭載していますし、負荷のある複雑性を持ったゲームでも動作が快適になるように設計されています。AIエンジンも搭載になっているため、いつでも動作が最適になるようにコントロールしてくれるでしょう。

 

これまでは、ゲームをしても動きが鈍かったという方にもおすすめです。3Dのオンラインゲームであっても、サクサクとプレイができるかもしれません。ASUS機種オリジナルの、『Game Genie』というゲームサポート機能も搭載されています。

CPUQualcomm Snapdragon 845 (オクタコアCPU / 2.8GHz)ディスプレイ6.2インチワイド Super IPS+液晶
メモリRAM/6GB、ROM/128GBバッテリー容量3300mAh
第8位

OPPO Japan

OPPO 6.01型 R11s SIMフリースマートフォン

価格:35,360円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

A・Iビューティーセンサーが搭載

こちらは、オッポジャパンの提供しているゲーミングスマホです。シャンパンやブラック、レッドといった3色あるオシャレなカラーバリエーションも魅力となっています。そしてディスプレイは6.01インチです。

 

A・Iビューティーセンサーが搭載になっているのも大きな特徴となります。この機能により、254ポイントで顔の特徴を取得して200万パターンあるビューティー効果でユーザーに特にマッチした画像を提供してくれるでしょう。

 

バッテリーは3205mAhであり、5分だけ充電すれば2時間も通話ができます。そのため、充電が速い点もポイントとしている方にもおすすめです。

CPUQualcomm SDM 660ディスプレイ6.01インチ
メモリRAM:4GB / ROM:64GBバッテリー容量3,205mAh
第7位

HUAWEI(ファーウェイ)

Mate 10 Pro SIMフリースマートフォン

価格:52,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AIプロセッサーが内蔵

こちらのゲーミングスマホは、新世代スマホでありAIプロセッサーが内蔵されているのが特徴です。バージョンアップとなったLeicaのダブルレンズカメラも搭載になっていて、18:9という大変にワイドなスクリーンであり、画質も圧倒的です。

 

バッテリーの持ち時間は、ヘビーユーザーだと1日以上で平均的なユーザーであっても大体2日くらいは使えるほど電池が長持ちします。それに、急速充電で約20分ほど充電すれば1日使用できるのがポイントです。

 

パフォーマンスに関しては、SoCチップセットに新たにNPUが組み込まれているので、能力も向上しています。

CPUKirin970 オクタコアCPUディスプレイ約6.0インチ FullViewDisplay
メモリRAM 6GB / ROM 128GBバッテリー容量4000mAh
第6位

ブラックシャーク(Black Shark)

Black Shark

価格:69,100円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

冷却システム搭載

Black Sharkは、ノートパソコン等にも使用されている冷却システムが搭載されているのが大きな特徴です。CPUは発熱で能力が低下してしまうので、自身の力で冷却できるような設計になっています。それに、専用のコントローラーを接続すれば携帯ゲーム機のように遊ぶこともできるようになるでしょう。

 

思い切りゲームを楽しみたい方にはうってつけです。日本語には対応してはいませんが、グラフィックとサウンドが優れていますし、カメラ等の性能も申し分ありません。

CPUQualcomm Snapdragon 845 オクタコア(2.8GHz)ディスプレイ6インチ スーパーLCD
メモリRAM 6GB/8GB+ROM 64GB/128GB バッテリー容量3500mAh
第5位

Motorola(モトローラ)

SIM フリー スマートフォン Moto G6 Play

価格:37,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LSDフラッシュ機能が搭載

こちらは、モトローラのSIMフリースマホです。それに、1600万画素のLSDフラッシュ機能が搭載されています。バッテリーは3000Ahであり、1回充電すれば最大1日使うことができるでしょう。遠くに行かれることが多い方や、充電が長持ちするスマホが欲しい方におすすめです。

 

リーズナブルではありますが、5.93インチのディスプレイでフルハイビジョンですし、CPUはグラフィックの表示に適したSnapdragon630が搭載されています。それだけでなく、RAMは4GBになっていてゲーミングスマホ初心者の方にもうってつけです。

CPUQualcomm Snapdragon 630 オクタコア 2.2GHzディスプレイ5.93インチフルHD IPS液晶
メモリRAM/4GB、ROM/64GBバッテリー容量3200mAh
第4位

レイザー

RZ35-0215

価格:56,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サウンドはTHX認定

こちらのゲーミングスマホは、鮮明かつ迫力のあるコンテンツを楽しむことができます。120Hz UltraMotionディスプレイは世界で初めてですし、Dolby ATMOSもしくはTHX認定品質であるサウンドで、ハイクオリティなコンテンツの再生が可能です。

 

RAMは8GBであり、バッテリーも4000mAhと強力になっているので、パフォーマンスも優秀さを見せてくれるでしょう。ゲームもしくは映画をじっくりと堪能したい方に特におすすめです。それにf1.7広角レンズだけでなく、2倍望遠レンズも搭載された12MPデュアルカメラにおいて、撮影も完璧となります。

 

CPUクアルコムSnapdragon 835ディスプレイ120Hz UltraMotion
メモリRAM/8GB、ROM/不明バッテリー容量4000mAh
第3位

ASUSTek

ROG Phone

価格:107,562円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲームパッドもセットになっている

こちらのゲーミングスマホは、本体が映像や画面の動作等にこだわっていて、持ち運びが便利であるゲームパッドがセットになっているのが特徴です。物理ボタンによってしっかりとコントロールできますし、ゲーム機でゲームしているようにプレイが可能になる、アナログサムスティックやトリガーボタン、フェイスボタン、8方向のDパッド等が搭載されています。

 

これによって、操作性も完璧となっているのです。

CPUSnapdragon 845ディスプレイ6インチワイド AMOLEDディスプレイ
メモリRAM/8GB、ROM/512GBバッテリー容量4000mAh
第2位

HTC

U12+

価格:83,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音ゲー好きな方にぴったり

U12+は、サウンドの臨場感が特徴です。ノイズキャンセリングおよびハイレゾ音源に付随したイヤホンも付いているため、良質な音を楽しむこともできます。音ゲーなど、音声が重視されるゲームを好む方におすすめです。

 

それに最高性能のCPUが搭載になっているので、重いゲームであっても快適に楽しむことができるでしょう。

CPUQualcomm Snapdragon 845ディスプレイ6インチ スーパーLCD
メモリRAM/6GB、ROM/128GBバッテリー容量3500mAh
第1位

Asustek

ZenFone 5

価格:52,490円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

『VoLTE』採用

こちらは、ASUSの販売するデュアルSIMスマートフォンのZenfone5です。AIシーンの分析機能によって、誰であっても望むような写真の撮影ができますし、バッテリーを長持ちさせてくれる機能も搭載されているのがポイントになります。

 

顔認証にも対応していますので、端末を持ち上げて画面を見つめれば、それだけでロックの解除ができるでしょう。ドコモやau、Y!Mobileといった3つの会社が提供している『VoLTE』によって、『4G+4G』という同時待ち受けをしたい方にもうってつけです。

 

サイズは、画面が大きめな6.2インチワイドになっていますが、両手での操作にするようにすれば、問題はないと考えられます。それに重量は約140グラムですがさほど気にはならないでしょう。

CPUQualcomm Snapdragon 636 (オクタコアCPU / 1.8GHz)ディスプレイ6.2インチワイド
メモリRAM 6GB / ROM 64GB + microSDメモリカードリーダー(SDXC、SDHC対応 ※最大2TB)バッテリー容量3,300mAh

ゲーミングスマホのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5037978の画像

    Asustek

  • 2
    アイテムID:5038394の画像

    HTC

  • 3
    アイテムID:5038335の画像

    ASUSTek

  • 4
    アイテムID:5038298の画像

    レイザー

  • 5
    アイテムID:5038291の画像

    Motorola(モトローラ)

  • 6
    アイテムID:5038285の画像

    ブラックシャーク(Black Shark)

  • 7
    アイテムID:5038267の画像

    HUAWEI(ファーウェイ)

  • 8
    アイテムID:5038000の画像

    OPPO Japan

  • 9
    アイテムID:5038409の画像

    Asustek

  • 10
    アイテムID:5037867の画像

    HUAWEI(ファーウェイ)

  • 商品名
  • ZenFone 5
  • U12+
  • ROG Phone
  • RZ35-0215
  • SIM フリー スマートフォン Moto G6 Play
  • Black Shark
  • Mate 10 Pro SIMフリースマートフォン
  • OPPO 6.01型 R11s SIMフリースマートフォン
  • ZenFone 5Z
  • P20 lite 5.84インチ SIMフリー スマートフォン
  • 特徴
  • 『VoLTE』採用
  • 音ゲー好きな方にぴったり
  • ゲームパッドもセットになっている
  • サウンドはTHX認定
  • LSDフラッシュ機能が搭載
  • 冷却システム搭載
  • AIプロセッサーが内蔵
  • A・Iビューティーセンサーが搭載
  • ゲームサポート機能も搭載
  • 画質にこだわる人におすすめ
  • 価格
  • 52490円(税込)
  • 83800円(税込)
  • 107562円(税込)
  • 56400円(税込)
  • 37500円(税込)
  • 69100円(税込)
  • 52000円(税込)
  • 35360円(税込)
  • 62000円(税込)
  • 23000円(税込)
  • CPU
  • Qualcomm Snapdragon 636 (オクタコアCPU / 1.8GHz)
  • Qualcomm Snapdragon 845
  • Snapdragon 845
  • クアルコムSnapdragon 835
  • Qualcomm Snapdragon 630 オクタコア 2.2GHz
  • Qualcomm Snapdragon 845 オクタコア(2.8GHz)
  • Kirin970 オクタコアCPU
  • Qualcomm SDM 660
  • Qualcomm Snapdragon 845 (オクタコアCPU / 2.8GHz)
  • HUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU (4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)
  • ディスプレイ
  • 6.2インチワイド
  • 6インチ スーパーLCD
  • 6インチワイド AMOLEDディスプレイ
  • 120Hz UltraMotion
  • 5.93インチフルHD IPS液晶
  • 6インチ スーパーLCD
  • 約6.0インチ FullViewDisplay
  • 6.01インチ
  • 6.2インチワイド Super IPS+液晶
  • 約5.84インチ
  • メモリ
  • RAM 6GB / ROM 64GB + microSDメモリカードリーダー(SDXC、SDHC対応 ※最大2TB)
  • RAM/6GB、ROM/128GB
  • RAM/8GB、ROM/512GB
  • RAM/8GB、ROM/不明
  • RAM/4GB、ROM/64GB
  • RAM 6GB/8GB+ROM 64GB/128GB
  • RAM 6GB / ROM 128GB
  • RAM:4GB / ROM:64GB
  • RAM/6GB、ROM/128GB
  • RAM 4GB / ROM 32GB
  • バッテリー容量
  • 3,300mAh
  • 3500mAh
  • 4000mAh
  • 4000mAh
  • 3200mAh
  • 3500mAh
  • 4000mAh
  • 3,205mAh
  • 3300mAh

まとめ

数あるスマホの中から、ゲームをするのに特化した製品を選ぶのも難しいかもしれません。スマホでゲームをやり込みたいなら、根本的なOSをまず選ぶという方法もありますし、ゲームをするなら処理能力も求められるため、そういったものを重視するのも大事です。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ