記事ID137752のサムネイル画像

【2019年最新版】RTAのおすすめ人気ランキング10選【徹底比較】

RTAは電子タバコで使う手巻き式のアトマイザーの一種で、ミストの味を重視したタイプが多いと言われています。RTAのおすすめ商品をランキング形式でまとめていますので、ご興味のある方はぜひ最後までご覧頂くことをおすすめします。

リキッド補充の手間が少ないRTA

RTAは「Rebuildable Tank Atomizer」の略で、電子タバコで使うアトマイザーの一種です。コイルを自分で巻くタイプで、かつタンクを内蔵しているアトマイザーを指します。因みに電子タバコとは「アイコス」「グロー」などの加熱式と違ってニコチンを含まないタバコのことです。

 

日本では「VAPE」という電子タバコが有名です。そしてその電子タバコにはミストを作り出すアトマイザーというパーツが必要不可欠です。アトマイザーはコイルが既に完成している「クリアロマイザー」と、自分でコイルを巻く「RBA(ReBuild Atomizer)」の二種類があります。

 

RBAは更に3つに分類され、その内の一つがRTAという訳です。ちなみに残りの二つはRDA・RDTAと呼ばれています。リキッド(ミストの原液)を溜めておくためのタンクを有している点ではクリアロマイザーとRTAは同じですが、RTAは自分でコイルを巻く仕様になっています。

RTAの選び方

数あるアトマイザーの中でRTAというカテゴリに絞っても、製品選びに関しては様々な判断基準があります。選び方のヒントとなるような例を以下にいくつか挙げていきましょう。

コイルの仕様で選ぶ

RTA・RDA・RDTAのリビルド系アトマイザーに共通して言えることですが、やはり一番の面白さはコイルを自分で巻けるというポイントです。そんなコイルの選び方を解説します。

コイルの数をチェック

RTAのコイルはシングルからデュアルのタイプが多く、中にはトリプルやクアッドといったマルチコイル搭載のモデルも存在します。一般的にリキッドを加熱する表面積が多いほど蒸気の量が増えるので、コイルの搭載数が多いものはそれだけミストの生成量も増加します。

 

爆煙派のユーザーであればトリプルやクアッドのRTAをおすすめします。ただしリキッドの消費量は増えるので、リキッド補充の手間や燃費の悪化といったデメリットもあります。またコイルの取り付けも時間が掛かりますが、これは趣味と考えればそれほど短所ではありません。

 

味を重視する方はシングルコイルのモデルの方が良いでしょう。マルチコイルと比べてミストの量が少ないのでその分味が濃縮されます。デュアル以上のRTAに比べて煙の量が少なく視覚的にはあまり楽しめないという点以外は概ね優れているタイプと言えるでしょう。

コイルの抵抗値をチェック

コイルの搭載数のほかに大事なポイントとしてコイルの抵抗値という項目が挙げられます。中学校の理科の復習になりますが、コイルには電流の流れにくさを表した抵抗値(単位:Ω)が表記されています。抵抗値の大きさと電流の流れやすさは反比例の関係になります。

 

電子タバコにおいては、コイルの抵抗値が大きいものは電流が流れにくいためミストの量は少なくなります。そのため濃度が高く煙の味がハッキリ出る傾向にあります。逆にコイルの抵抗値が小さいものは電流が流れやすいのでたくさんのミストを発生させます。

 

そのため煙の濃度が薄くぼやけた風味になります。比較的小さい値とされる0.9Ω以下の抵抗値は「サブオーム」と呼ばれ、爆煙(ミストを大量に発生させる吸い方)仕様のRTAにはサブオームのコイルが良く使われています。コイルをチェックする際には抵抗値も参考にしましょう。

通気性で選ぶ

電子タバコは空気とリキッドが混ざり合ったミストを楽しむものです。空気の流れをしっかりと確保し、また通気量を調節できるRTAを選ぶことをおすすめします。

エアフローをチェック

電子タバコはリキッドの蒸気と空気が混ざったミストを楽しむものです。そのためアトマイザーからドリップチップを経て吸引されるまでのエアフロー(空気の流れ)は重要なポイントです。RTAなどのアトマイザーはエアホールと呼ばれる吸気口が設けられています。

 

エアホールはコイルデッキの真下に設置されているものが多く、竈のように火元の直下から酸素を送ることができます。ボトムエアフローと呼ばれるこの構造はコイルがしっかりと発熱します。リキッドが適温で沸騰するのでミストの風味がハッキリ出るのが特徴です。

 

ただしタンクの下にエアホールが付いているためモデルによってはリキッドが漏れ出すといったデメリットを持つ製品もあります。ボトムエアフローを選ぶ際には液漏れ対策がしっかりなされているかを確認しましょう。またエアホールの大きさを調節できるものも便利です。

ドリップチップをチェック

ドリップチップとはアトマイザーにおけるミスト吸入用パーツを指します。直接口を付けて煙を吸う部分ですので、ミストの風味や触感に直結する重要なパーツでもあります。使いやすいドリップチップを選ぶためには、その形状や内径に着目する必要があります。

 

全体が短いドリップチップは携帯性に優れますが、吸引するミストの温度が高くスピットバック(高温のリキッドが跳ねて口内に入ること)を起こしやすくなります。長いものはトラブルが少なく快適ですが持ち運びにはやや不便です。内径に関しては細いタイプは煙が濃くなります。

 

太めのドリップチップはミストが薄くなるものの大量に吸引することができます。ドリップチップは大抵のRTAに標準で付属していますが、別途購入して交換も可能です。価格もお求めやすく手軽に味やミストの濃さを変更できるので、少し趣向を変えたいときなどにおすすめです。

使いやすさで選ぶ

電子タバコを使っているとリキッドの種類を変えたくなったり、バッテリーを交換することもあるでしょう。パーツ互換性の高いRTAは何かと使いやすいのでおすすめです。

タンクの仕様をチェック

RTAは「Rebuildable Tank Atomizer」という名前の通りリキッド補充用のタンクが搭載されているのが特徴です。同じくRBAの一種でタンクを備えていないRDAに比べて使う度にリキッドを継ぎ足す必要が無いので利便性に優れていますが、タンクの設計や素材には注意が必要です。

 

リキッドを補充したり、違う種類のリキッドを使う際に供給がスムーズに行えるかが重要なポイントです。タンクの設計としてはトップフィル式のタンクをおすすめします。これはRTAの上部からリキッドを注入するタイプで、補充が簡単に行えるメリットがあります。

 

RTAの下部からリキッドを継ぎ足すボトムフィル式では、補充のたびにRTAをバッテリーから取り外さなければなりません。そしてタンクの素材は耐熱ガラス製をおすすめします。プラスチック製ではメンソール・柑橘系のリキッドを使用した際にヒビ割れを起こすことがあります。

バッテリー規格をチェック

RTAをはじめとするアトマイザーを選ぶ際にはバッテリー(MOD)との接続方式を必ず確認しましょう。この二つの組み合わせが誤っていると正常に動作しませんので要注意です。RTAを買い替える際は元々使っていたRTAと互換性のあるMOD規格の製品を選びましょう。

 

RTAを選ぶ際にはMODとの接続部分とRTAの直径の2点に注目しましょう。MOD接続部分は多くのRTAが「510口金」という統一規格を採用しています。RTAの直径は製品によって様々ですが、メジャーな22mm幅であれば多くのMODと接続することができます。

 

せっかく購入したものの使えなかったということの無いようしっかり確認しておきましょう。電子タバコはアトマイザーによって使い心地が大きく変わります。初めて購入するときはまず気に入ったアトマイザーを選び、その後に対応するバッテリーを選ぶと良いでしょう。

メーカーで選ぶ

RTAなどの電子タバコ関連製品のメーカーは中国企業が多いです。近年注目が集まっている市場なのでたくさんのメーカーが存在していますが、中でも人気のあるものを3つ紹介します。

Aspire(アスパイア)

アスパイアは2013年に設立された比較的新しい電子タバコメーカーですが、優れた開発力と高い技術力で今や業界トップとも言われるほどの企業にまで成長しました。新しい試みへのチャレンジ精神とそれを可能にするテクノロジーを活かしてハイペースで新製品を発表しています。

 

ユーザの間でも現状「最高峰」とされるアトマイザーもアスパイアの製品です。RTAの方は大量のミストと濃厚な味を兼ね備えた高出力の製品が多いのが特徴です。タンクの作りもしっかりとしているので、リキッドを長時間入れたままでも鮮度が落ちにくくなっています。

 

デザイン性や使い勝手、味の良いアトマイザーとしてまず候補に挙がるのがアスパイアです。煙量やミストのきめ細かさなどは他社より頭一つ抜けていると言えるでしょう。他に気に入ったブランドがなければ、一先ず候補に入れておいて損はないおすすめブランドです。

eLeaf(イーリーフ)

イーリーフは中国・深セン市に本拠を構える電子タバコ及び周辺機器のメーカーです。葉っぱをモチーフにした清潔感溢れるデザインが多くの人に親しまれ、世界中で人気を博しているブランドでもあります。2016年は同社の電子タバコ「iStichk Pico」が大流行しました。

 

アトマイザーの方も果物をモチーフとした名称の製品が多いのが特徴です。RTAは頑丈に作られており、実測の抵抗値もほとんど表記通りと信頼性の高いメーカーです。デザインや煙の味・煙の量において飛びぬけた個性はありませんが、どれも平均以上のパフォーマンスを発揮します。

 

定番ブランドでユーザー数も多いため、情報が入手しやすいのも安心ですね。既に電子タバコ・アトマイザー市場で確固たる地位を築いていますが、新製品を次々と開発する情熱を持っている企業です。現状はもちろん今後のラインナップの拡充も期待できるおすすめメーカーです。

Joyetech(ジョイテック)

ジョイテックは中国の深セン市に本社を置く電子タバコ関連商品メーカーです。電子タバコの先駆けとなった企業で、業界では非常に高い知名度を誇っています。2007年に設立された当初は電子タバコの下請け会社でしたが、優れたテクノロジーを活かして独自開発に成功しました。

 

上記で述べた「510規格(アトマイザーとバッテリーの接続規格)」を開発したのもこのジョイテックで、現在の口金パーツの主流となっています。ジョイテックのRTAは細部までしっかりと作り込まれており、手に取った瞬間に老舗ブランドならではの質感が伝わってきます。

 

製品の信頼性はトップクラスなので、迷ったら候補に入れておけば間違いはないブランドでしょう。アトマイザーは全体的に煙の量を重視したものが多く爆煙派のユーザーからは広く支持されています。電子タバコのミストを大量にふかして楽しみたい方にはおすすめのメーカーです。

RTAの人気ランキング10選

第10位

Aspire(アスパイア)

Cleito RTA system

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れた交換用RTA

Aspireのクリアロマイザー「Cleito」をRTAにするための専用キットです。Cleitoのアトマイザー交換コストが高いと感じている方におすすめです。RTA初心者の方は慣れるまでに時間が掛かりますが、リビルドの楽しさを実感できるアイテムです。

サイズ22*58mm重量31.8g
タンク素材ガラスMOD規格-
第9位

GeekVape

Ammit 25

価格:2,969円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3次元の気流を実現

3Dエアフローシステムで3方向からの空気を取り入れることにより、大量のミスト生成を実現しています。シングルコイルデッキのためセッティングも容易なので初心者にもおすすめできるモデルです。低い抵抗値のコイルで爆煙を楽しむスタイルに向いています。

サイズ25*38mm重量181g
タンク素材ガラスMOD規格510
第8位

Damn Vape

FRESIA RTA

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

革新的なTIT AFCシステムを採用

上下のカラーリングがおしゃれなこちらは「TIT AFCシステム」を搭載したRTAです。同システムはエアフローリングを回すだけでMTL(ミストを口の中で味わう)とDL(ミストを直接肺に入れる)を簡単に切り替えられる斬新な機構です。

サイズ22*43.4mm重量59g
タンク素材ガラスMOD規格510
第7位

Eleaf

OPPO RTA

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトながらワイドなデッキ

メタリックなデザインが美しいこちらは大手メーカー「ELeaf」のRTAです。小さなボディながらコイルデッキは大きめですのでメンテナンスがし易いのが特徴です。リビルド系初心者の方にもおすすめできるアイテムです。

サイズ22*49.5mm重量90.7g
タンク素材ガラスMOD規格510
第6位

GeekVape

Zeus Dual RTA

価格:3,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シングル&デュアルコイル両対応

シングルとデュアルのコイルに対応したポストレスデッキを搭載し、トップエアフローシステムでリキッド漏れも防止しています。前モデルのシングル専用タイプよりミストの味がハッキリと出ているのが特徴です。

 

コイルの巻きに少しコツがいるとのレビューも見られますので、リビルド初心者はまずはシングルコイルから始めることをおすすめします。

サイズ26*38.9mm重量130g
タンク素材ガラスMOD規格510
第5位

Wotofo

Profile Unity RTA

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気RDAのタンク搭載バージョン

シンプルなフォルムとシックなブラックが特徴的なこちらは、世界中のユーザーから人気を博している「Profile RDA」のRTA版です。風味がハッキリとしている上にメッシュコイルが濡れにくいとレビューでも満足度の高い製品です。

 

ドリップチップやエアフローの調整次第では本家RDAのクォリティを超えるほどのスペックを誇っています。

サイズ25*48.5mm重量141g
タンク素材ガラスMOD規格510
第4位

GeekVape

Ammit MTL RTA

価格:3,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MTL特化のシングルコイル

電子タバコ関連商品のラインナップが豊富なことで知られる「GeekVape」のRTAです。MTL(Mouth To Lung)スタイルに特化した設計になっており、リキッド漏れ防止や3D方向のエアフローなど多彩な機能を搭載しています。

 

放熱効果を高めるための2層式チャンバーによりトラブルを起こしにくいのが特徴で、さらにステンレススチール製のボディとパイレックスガラス製のタンクで耐衝撃性も優れています。

サイズ24*40mm重量50g
タンク素材耐熱ガラスMOD規格510
第3位

VANDY VAPE

Berserker V1.5 Mini

価格:4,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気シリーズのMiniバージョン

シンプルなフォルムと美しいグラデーションカラーが特徴的なこちらは人気シリーズ「バーサーカー」の小型RTAです。タンクはフルメタル仕様となっており、リキッドの残量は見づらいですが液漏れ防止や耐久性には優れています。

 

カラーは4種類から好きなものを選べ、VANDY VAPEのアトマイザースタンドも付属していいるお得な商品です。

サイズ22*33.8mm重量155g
タンク素材スチールMOD規格510
第2位

Vapefly

Brunhilde Top Coiler RTA

価格:6,290円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドイツ製のプレミアムワイヤー

鮮やかなブルーのドリップチップとメタリックなボディが美しいこちらは、ドイツの103チームによって設計されたRTAです。革新的なトップエアフローシステムと頑丈なデュアルコイルデッキを搭載しており、クォリティの高いミストを発生させることができます。

 

実際に手に取ってみると想像以上の質の良さに満足しているとレビューでも好評です。特にに外観の良さが気に入っているとのコメントが多く見られます。タンクもステンレス製で耐久度は高いですが、リキッド残量が少し見づらい点はご留意ください。

サイズ25.2*65.5mm重量181g
タンク素材SSステンレスMOD規格510
第1位

Joyetech Duo

Riftcore Duo RTA

価格:6,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新感覚のコイルレスRTA

シックなブラックカラーとドリップチップの柄がおしゃれなこちらは、従来のコイルとは異なる素材を使って発熱する新しいタイプのRTAです。発熱体にはRFCヒーターを用いており、加熱のムラがないためミストの味がよりマイルドに仕上がります。

 

ヒーターはデュアルシステムで取り付け可能で、発熱の速さ・ミストの味と量のバランスに優れた設計になっています。ヒーターの寿命が長いのもメリットですが、従来のコイルとは少し扱いが異なるので注意が必要です。

サイズ26*47mm重量72g
タンク素材ガラスMOD規格510

RTAのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5034758の画像

    Joyetech Duo

  • 2
    アイテムID:5034773の画像

    Vapefly

  • 3
    アイテムID:5034777の画像

    VANDY VAPE

  • 4
    アイテムID:5034825の画像

    GeekVape

  • 5
    アイテムID:5034850の画像

    Wotofo

  • 6
    アイテムID:5034890の画像

    GeekVape

  • 7
    アイテムID:5034898の画像

    Eleaf

  • 8
    アイテムID:5034910の画像

    Damn Vape

  • 9
    アイテムID:5034935の画像

    GeekVape

  • 10
    アイテムID:5034958の画像

    Aspire(アスパイア)

  • 商品名
  • Riftcore Duo RTA
  • Brunhilde Top Coiler RTA
  • Berserker V1.5 Mini
  • Ammit MTL RTA
  • Profile Unity RTA
  • Zeus Dual RTA
  • OPPO RTA
  • FRESIA RTA
  • Ammit 25
  • Cleito RTA system
  • 特徴
  • 新感覚のコイルレスRTA
  • ドイツ製のプレミアムワイヤー
  • 人気シリーズのMiniバージョン
  • MTL特化のシングルコイル
  • 人気RDAのタンク搭載バージョン
  • シングル&デュアルコイル両対応
  • コンパクトながらワイドなデッキ
  • 革新的なTIT AFCシステムを採用
  • 3次元の気流を実現
  • コスパに優れた交換用RTA
  • 価格
  • 6700円(税込)
  • 6290円(税込)
  • 4080円(税込)
  • 3280円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 3499円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2969円(税込)
  • 1980円(税込)
  • サイズ
  • 26*47mm
  • 25.2*65.5mm
  • 22*33.8mm
  • 24*40mm
  • 25*48.5mm
  • 26*38.9mm
  • 22*49.5mm
  • 22*43.4mm
  • 25*38mm
  • 22*58mm
  • 重量
  • 72g
  • 181g
  • 155g
  • 50g
  • 141g
  • 130g
  • 90.7g
  • 59g
  • 181g
  • 31.8g
  • タンク素材
  • ガラス
  • SSステンレス
  • スチール
  • 耐熱ガラス
  • ガラス
  • ガラス
  • ガラス
  • ガラス
  • ガラス
  • ガラス
  • MOD規格
  • 510
  • 510
  • 510
  • 510
  • 510
  • 510
  • 510
  • 510
  • 510
  • -

まとめ

アトマイザーは色々と種類があるので最初のうちは覚えるのが大変ですが、慣れてくればカスタマイズするための知識や技術も身に付いてきます。日本の紙タバコも海外のように一箱千円近くになるかもしれません。コスパの良い電子タバコへの移行を検討してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ