記事ID137750のサムネイル画像

【2019年最新版】ロードバイクシューズ人気おすすめランキング10選

ロードバイクでサイクリングや本格的にトレーニングする人にとっても重要なロードバイクのシューズです。技術の進歩によって、走りやすさをより追求した素晴らしいものもたくさんあります。この記事では選び方からおすすめ商品まで紹介していきます。

ロードバイクシューズで走りに快適さを

ロードバイク用のシューズ通称ビンディングシューズと言われ、足をペダルに固定し足全体に力を伝える役割を担ってくれます。そのため普通うのスニーカーなどに比べるとかなりロードバイクの漕ぎやすさが変わってくるはずです。

 

しかし、ロードバイクのペダルとシューズを固定するクリートが必要になり、そのクリートとシューズは同じメーカーのものでないと固定することができないので注意しましょう。そして普段履きしない人にとってはあまり必要としないシューズとなりえます。

 

そのため購入の際は使用頻度も気をつけてみましょう。ビンディングシューズによって引き足を使うことができるので、ペダルを持ち上げる力が加わり、より力強い踏み込みを実現することができ、効率の良い走行を可能にしてくれます。

ロードバイクシューズ(ビンディングシューズ)の選び方

実際に自分で履いて使うものですのでここでしっかり選び方を学習して悔いのない買い物にしましょう。ロードバイクに乗る目的などでも変わってきます。種類やサイズなど様々な観点から紹介していきます。

乗る目的で選ぶ

乗る目的で選ぶということですが、まず普段からロードバイクを使っているが長距離走行や競技というわけではなく、中距離走行や通勤程度で使うという人に向けた種類のものと競技や長距離など本格的にロードバイクを使っている人に向けた種類の2パターンあります。

SPDタイプ

まず、趣味や中距離走行など本格的にロードバイクを使っているわけではない人に向けられたタイプのシューズはSPDタイプと言います。本格的に使うのでなければ、SPDタイプで十分な役割を担ってくれるでしょう。

 

SPDタイプは別名2穴タイプとも言われており、ソールの部分に2つのネジがあり、そこを留め具を使ってシューズに固定させます。着脱性に優れ、普通に歩行することも楽にできます。ロードバイクにも使えることはもちろんですが、マウンテンバイクなどにも使えます。

 

穴の少ない方が、より初心者向けというわけではないですが、まだロードバイクになれれていないけど、将来本格的に乗ってみたいという方でも初めはSPDタイプから入ることをおすすめします。

SPD-SLタイプ

本格的にロードバイクに乗っている人や競技シーンで使う人などにおすすめなのがSPD-SLタイプのシューズになります。SPDタイプに比べ性能面でも上位互換と言えるでしょう。耐久性も高く手入れ次第ではいつまでも使えるものが多いですが、値段も高いのが特徴です。

 

SPD-SLタイプは別名3穴タイプとも言われています。SPDと同様にソール部分に3つの穴があり、そこでシューズと固定することができます。2穴に比べて、より強固な固定を行うことができる上に、軽いというのが特徴として言えるでしょう。

 

ロードバイクに乗る人にとっては主流のタイプであり、最もシェア率の高いシューズの種類と言えるでしょう。さらに強固な固定は安定してスピードを出すことができ、高速運転を可能にしますが、留め具の大きさから歩行は困難になる点をしっかり押さえておきましょう。

留め具で選ぶ

留め具は言わば靴紐など足に靴を固定するためのものです。留め具にはベルクロタイプ、バックルタイプ、ダイヤルタイプ、シューレース・紐タイプの4種類あります。1つずつ紹介していきましょう。

シューレース・紐タイプ

靴紐タイプと言った方がわかりやすいかもしれません。特徴としては締め具合の調節がしやすいというところにあります。しかし、着脱に時間がかかり、いちいち取り外すまでの時間にストレスを感じてしまう人も多いはずです。

 

別のタイプと併用されて使われることが多いタイプではありますが、スニーカーなどと同様にスタイリッシュでがジュアルに履きこなすことのできるタイプとして扱いやすいタイプのビンディングシューズとなっています。

ベルクロタイプ

ベルクロタイプは、マジックテープと同じ要領で締めるタイプのビンディングシューズです。マジックテープを付けて剥がすだけの仕様なので簡単に脱着できることがポイントとなっています。エントリーモデルとして多くの初心者用のシューズに採用されています。

 

ベルクロタイプには前後2本のタイプと3本のタイプの2種類が存在しています。2本タイプは圧迫感が少なくゆったりで履きやすさに特化しており、3本タイプはガッチリと締めることができるので安心して力強い走行ができます。

 

劣化してくるとどうしてもマジックテープの部分が緩みだしてくるので安定性に欠けるというデメリットもあります。

バックルタイプ

締め込みができるラチェット式のバックルを配置したタイプのシューズです。走行中の操作はしにくいですが、しっかりと固定できる点は魅力的です。安定感のあるシューズではありますが、走行中の使い勝手の悪さから最近のトレンドからは外れています。

ダイヤルタイプ

ダイヤルによってワイヤーを巻いて締め付けを調整するタイプです。着脱のしやすさはもちろんのこと走行中でもダイヤルを捻ることで簡単に締め付けの調整を行うことができます。ベロクロタイプとバックルタイプと併用されていることが多いです。

 

ダイヤルが1個のタイプのものや2個のタイプのものがあり、1個のタイプのものは軽量で2個タイプのものは足全体にフィット感が強いのが特徴と言えるでしょう。

ソールの素材で選ぶ

地面やペダルに直接接地するソールは、そのまま走行の質に直結する大事な部分です。基本的な3つの素材から選びましょう。

カーボン、ナイロン、ラバー

ソールの素材にはおよそ3つの素材が使われています。1つ目がカーボンです。カーボンは軽量でありながら、ペダルに力を伝えやすいやすくハイエンドクラスのビンディングシューズに多く見られる素材となっています。

 

2つ目はナイロンです。ナイロンは何と言っても耐久性能が高いことが特徴です。まだ扱いに慣れず荒い走行をしてしまう初心者に安心な素材となっています。また初心者に向いている素材だけあってエントリーモデルに多く使われている素材です。

 

3つ目はラバーです。ラバーはスニーカータイプのビンディングシューズに多く使われており、普段使いをすることができること最大の特徴と言えるでしょう。

ブランドで選ぶ

ビンティングシューズにも人気ブランドが存在しています。それぞれ特徴を持ったブランドがありますので自分にあったブランドから選ぶという手もありなのではないのでしょうか。

シマノ(SHIMANO)

シマノは日本人によって設計、開発を行なっているため日本人に最適なシューズを供給しています。さらに、日本だけに留まらず、世界でも多く供給されており、世界的なシェアを誇る安心度の高いブランドと言えるでしょう。

 

またハイエンドクラスからミドルクラスそしてエントリーモデルまで幅広く扱っており、どのクラスの人えも品質の高いシューズを手にすることができます。ユーザーのレベwzに合わせて選べるブランドでもあります。

GIRO

自転車用のヘルメットのブランドとしても有名なアメリカのGIRO。シューレースタイプのシューズを多く扱っています。デザイン性の高いシューズを多く扱っており軽量で強固なカーボンを使用しており軽量性とダイレクトな踏み心地を実現してくれます。

 

ハイエンドモデルとなれば、200gをきる軽量化を測っており、扱いやすいのも大きな特徴と言えるでしょう。

ロードバイクシューズ(ビンディングシューズ)の人気おすすめランキング10選

第10位

シマノ(SHIMANO)

SPD/SPD-SL ビンディングシューズ

価格:14,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シマノ・ダイレクト搭載の軽量モデル

軽量で切り替えの早いトライアスロンモデルで平均重量は265gと軽い履き心地を実現するぴったりなシューズです。ペダリングの効率さに重要な底面形状はパワーをダイレクトにペダルに伝えてくれる「シマノ・ダイレクト」を採用しています。

 

効率的なペダリングの研究によって導き出された膝健、ふくらはぎ、土踏まずなどの負担を減少させることに成功しています。また「シマノ・ダイレクト」は股関節の可動域を拡大し疲労感の軽減だけでなく効率的なペダリングを可能にします。

 

アッパーには耐久性の高いシンセティックレザーと3Dドライメッシュを組み合わせており、快適性が増しています。ソールにはグラスファイバー強化ナイロンを使っており軽量化が図られています。

クリートSPD/SPD-SLアッパーシンセティックレザー/3Dドライメッシュ
ソールグラスファイバー強化ナイロン平均重量265g
第9位

SIDEBIKE

ビンディングシューズ ロード バイク

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一万円を切る安さ

横幅が広くゆとりのあるタイプのビンディングシューズです。何よりもやすく、初心者の人におすすめシューズとなっています。安いからといって性能が悪いわけではなく履き心地も良く足馴染みも問題ないです。

 

ペダリングも安定しており安定した走行を可能にしてくれるでしょう。難点としてはソールが少し柔らかくペダルへの力の伝わり具合が少し良く無いようですが、ちょっとした走行は問題なくすることができるので、コスパの面でも非常に高いと言えます。

クリートSPD~SLアッパーシンセティックレザー/メッシュ
ソール強化ナイロン平均重量580g
第8位

SKYPICK

ビンディングシューズ ロード バイク

価格:5,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安さだけではなく性能面でも優秀

これもまた安さが特徴として目立つシューズです。しかし、作りはしっかりしており、外面のペラペラ感はなくストラップの縫製もしかりしている印象を受けます。色は赤で派手ですが、主張しすぎないデザインで派手さが苦手な人におすすめのデザインとなっています。

 

履き心地もよく底面には蒸気穴を備えており、内部で群れることもなく快適に走行することができます。全体的にプラスチック感があり、高級感は皆無と言っていいでしょう。シアrし、その分扱いやすいことが利点とも言えるでしょう。

 

安さと性能を考えるとこのシューズもコスパ面では優れているものだと言えるでしょう。

クリートSPD-SL/SPDアッパーPVC/PU
ソールナイロンガラスファイバー平均重量
第7位

シマノ(SHIMANO)

SPD-SL ビンディングシューズ

価格:14,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エネルギー効率の高いシューズ

シマノ独自の自転車の研究から快適さを追求した競技用シューズです。アッパー部分は通気性に優れ、軽量でしなやかな素材を採用しています。さらにフィット感も快適性を確保してくれています。

 

換気性に優れたアッパー部分は足の骨、関節、腱筋、軟骨と連動して機能する解剖学的なデザインを取り足の引き下げなどしっかりと足を包み込むことで快適性と効率的な力伝達を可能にしています。最も足に近いレイヤーは肌触りよく仕上げています。

 

長時間の走行に適したシマノ・ダイレクトを採用しており、つま先漕ぎ部分に優れた底面形状デザインで、よりスムーズで力伝達効率のいい足の引き上げを実現します。また長時間んの走行でもエネルギーロスの少ない仕様になっています。

クリートSPD-SLアッパーテイジンアベイル100/メッシュ
ソールカーボン平均重量243g
第6位

シマノ(SHIMANO)

S-PHYRE SPD-SLビンディングシューズ

価格:25,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シマノのテクノロジーを多く搭載

長距離レースでのペダリング効率を実現した競技向きのシューズです。ソールの向きとアッパーの一体構造によってペダリングの際の力の伝逹をダイレクトにそして安定的にしてくれます。足の型に沿った隙間の少ない靴底、かかとそしてつま先の設計になっています。

 

ダイヤルを二箇所に採用し、走行中であっても足全体を素早く均等に締めることができます。左右非対称制御のアイステイパターンがスピードに乗った時のペダリング時の足のねじれを抑えてくれます。

 

クイックドライ3Dメッシュが湿度をコントロールし、雨天時走行でもスムーズに水を排出してくれます。しなやかで高い通気性を誇るマイクロファイバー合成レザーのアッパーを採用し、シューズの型崩れを徹底的に防ぎます。

クリートSPD-SLアッパーマイクロファイバー合成レザー
ソール平均重量
第5位

シマノ(SHIMANO)

SPD ビンディングシューズ

価格:11,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高いデザイン性でクールな印象

軽くて歩きやすく、シックな印象を持つ個性的なデザインのツーリングモデルです。アッパー素材にはシンセティックレザーとメッシュを採用しており履き心地が向上しています。そしてソールにはグラスファイバー強化ミッドソールとラバーソールを組み合わせています。

 

これによって軽さと歩きやすさを実現しており、ヒールやつま先にはリフレクターを配置して、視認性をあげています。計算され尽くした底面形状はペダリングの効率を向上させてくれますし、ブレーキングロスの軽減も行ってくれます。

 

デザイン性が高く、ビンディングシューズ感がなく履きやすいのが特徴です。細かな締め付け具合も紐で調整することができます。普通のSPDに比べて若干の歩きづらさはありますが、デザイン性は相当の高さを誇ります。

クリートSPDアッパーシンセティックレザー/メッシュ
ソールグラスファイバー/ラバー平均重量287g
第4位

シマノ(SHIMANO)

ワイドサイズ ロード・コンペティション ビンディングシューズ

価格:16,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽くても性能良し

最適な快適性とペダリング性能を誇るフル機能の軽量コンペティションシューズです。超剛性かつ軽量カーボンファイバーを使い、堅牢な設計を持っています。そしてシマノ・ダイナラストはブレーキングロスを軽減してくれます。

 

高密度合成レザーによって柔軟な生地とフィット感を持ち、穿孔換気機能も付いているため、湿気や熱がこもることを防ぎ、シューズ内環境を快適に保ってくれます。独立したデュアルboaL6ダイヤルによって走行中の素早い締め具合の調整が可能です。

 

足を確実に保持するフロントストラップを備えたパワーゾーンワイヤーガイドを搭載しています。そしてアッパー、インソール、アウトソール間のつながりを最適化しており、上質な履き心地を実現します。

クリートSPD-SLアッパー
ソール軽量カーボンファイバー平均重量245g
第3位

シマノ(SHIMANO)

ロード・パフォーマンス ビンディングシューズ

価格:10,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

効率的なパワー伝達を実現

履き心地と耐久性に優れたパフォーマンスシューズです。フィット感と通気性を高めた高密度シンセティックレザーを採用し、パーフォレーションを入れることでさらに効率よく効果を発揮してくれます。

 

また走行中でも素早く簡単に締め付けを調整できるダイヤルを搭載しており、いちいち止まる必要がないので非常にストレスフリーです。オフセットストラップは位置をずらすことによって足への負担を分散してくれます。

 

丈夫で幅広なヒールパッドによって安定した歩行を実現してくれます。

クリートSPD-SLアッパーシンセティックレザー
ソール軽量グラスファイバーコンポジットナイロン平均重量258g
第2位

SANTIC(QUANZHOU) SPORTS CO.LTD

ビンディングシューズ

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間工学を用いた設計

通気性が高く、湿気が蒸発しやすいアッパーに初心者でも疲労が溜まりにくい、軽量グラスファイバーコンポジットナイロンを採用し、耐久性能に優れたソールになっています。またソールとアッパーが一体化しています。

 

そのことによってペダリング時のダイレクト感と安定的な走りを高いレベルで実現してくれます。人間工学に基づいた理想的な位置に足を固定し、アップストロークの効率を高めて、競技性を上げてくれます。

クリートSPD-SLアッパーカーボン
ソール軽量グラスファイバーコンポジットナイロン平均重量
第1位

シマノ(SHIMANO)

ビンディングシューズ

価格:8,151円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カジュアルなデザインで多用途なシューズ

街ではスニーカー感覚で、ロードバイクではサイクリングシューズとして活躍する唯一無二の多用途シューズです。ビンディングシューズながらもスニーカーのようなカジュアルな見た目が魅力と言えるでしょう。

 

ビンディングシューズとしての機能を求めるのであれば、このシューズはおすすめできませんが、簡単なサイクリングなどに関しては性能そしてデザインなどに問題はないでしょう。クリートが地面に着いた時にガリガリと当たらないので歩行の際もストレスなく歩けます。

クリートSPDアッパー
ソールナイロンシャンクプレートソール平均重量

ロードバイクシューズ(ビンディングシューズ)おすすめ商品ランキング比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5036383の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 2
    アイテムID:5036368の画像

    SANTIC(QUANZHOU) SPORTS CO.LTD

  • 3
    アイテムID:5036377の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 4
    アイテムID:5036331の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 5
    アイテムID:5036257の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 6
    アイテムID:5036201の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 7
    アイテムID:5036147の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 8
    アイテムID:5036121の画像

    SKYPICK

  • 9
    アイテムID:5036088の画像

    SIDEBIKE

  • 10
    アイテムID:5036075の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 商品名
  • ビンディングシューズ
  • ビンディングシューズ
  • ロード・パフォーマンス ビンディングシューズ
  • ワイドサイズ ロード・コンペティション ビンディングシューズ
  • SPD ビンディングシューズ
  • S-PHYRE SPD-SLビンディングシューズ
  • SPD-SL ビンディングシューズ
  • ビンディングシューズ ロード バイク
  • ビンディングシューズ ロード バイク
  • SPD/SPD-SL ビンディングシューズ
  • 特徴
  • カジュアルなデザインで多用途なシューズ
  • 人間工学を用いた設計
  • 効率的なパワー伝達を実現
  • 軽くても性能良し
  • 高いデザイン性でクールな印象
  • シマノのテクノロジーを多く搭載
  • エネルギー効率の高いシューズ
  • 安さだけではなく性能面でも優秀
  • 一万円を切る安さ
  • シマノ・ダイレクト搭載の軽量モデル
  • 価格
  • 8151円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 10700円(税込)
  • 16980円(税込)
  • 11980円(税込)
  • 25000円(税込)
  • 14200円(税込)
  • 5680円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 14400円(税込)
  • クリート
  • SPD
  • SPD-SL
  • SPD-SL
  • SPD-SL
  • SPD
  • SPD-SL
  • SPD-SL
  • SPD-SL/SPD
  • SPD~SL
  • SPD/SPD-SL
  • アッパー
  • カーボン
  • シンセティックレザー
  • シンセティックレザー/メッシュ
  • マイクロファイバー合成レザー
  • テイジンアベイル100/メッシュ
  • PVC/PU
  • シンセティックレザー/メッシュ
  • シンセティックレザー/3Dドライメッシュ
  • ソール
  • ナイロンシャンクプレートソール
  • 軽量グラスファイバーコンポジットナイロン
  • 軽量グラスファイバーコンポジットナイロン
  • 軽量カーボンファイバー
  • グラスファイバー/ラバー
  • カーボン
  • ナイロンガラスファイバー
  • 強化ナイロン
  • グラスファイバー強化ナイロン
  • 平均重量
  • 258g
  • 245g
  • 287g
  • 243g
  • 580g
  • 265g

まとめ

ロードバイクを気持ちよく走らせるために必要なのは、ビンディングシューズです。自分の足の力をいかに効率よくペダルに伝えられるかが大事になってきます。今回は、それに加えて、モチベーションを上げてくれるデザイン性を中心にランキングを作りました。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ