記事ID137745のサムネイル画像

【2019年最新版】バイクカメラの人気のおすすめランキング10選

最近は車にだけでなく、バイクにもドライブレコーダーが必要になってきました。バイクにカメラを付ける場合には、アクションカメラとドライブレコーダー専用のカメラを選ぶことが出来ます。今回は、性能や液状画面の有無、価格をもとにバイクカメラをランキング形式で紹介します。

バイクカメラは趣味にも万が一の時にも使える

バイクカメラは、趣味としてツーリングの様子を映すものそうですが、万が一の時に様子を記録しているドライブレコーダーとしても使用することが出来ます。ドライブレコーダーの場合は、今までは前側だけ付けていれば大丈夫でしたが、最近では後ろにも必要です。

 

ツーリングの映像を撮るのであれば、ウェアラブルカメラが高性能でおすすめです。ウェアラブルカメラをバイク用のカメラにするのであれば、綺麗な映像を楽しむことが出来ますし、バイクを降りても動画を撮るのに使用することが出来ます。

 

反対にドライブレコーダーの場合には、カメラを2つバイクに取り付けられるものがあります。今回は、バイクカメラの購入を悩んでいる人にもわかりやすく、性能や液状画面の有無、価格をもとにランキング形式で紹介します。

バイクカメラの選び方

バイクカメラを選ぶ時には、まず初めにバイクに乗っている時だけ使用するのか、バイク以外でも使用するのかで考えないといけません。その他にも色々と性能がありますので、性能と価格についても紹介します。

機能で選ぶ

バイクカメラは、カメラの性能の他にも、使用していてあると便利な機能がたくさんあります。その中で、今回は防水性能や衝撃性能、GPSを搭載していると何が便利なのかを紹介します。

カメラ性能

一眼レフカメラやミラーレスカメラは4K画質の動画や写真が一般的になってきましたが、バイクカメラは違います。まだまだフルHDの性能のカメラも多くあります。やはり、画質にこだわるのであれば、4Kを選んでおけば間違いありません。

 

バイクカメラの価格が1万円未満のものでも最近は4K画質のものが多くあります。せっかく購入するのであれば、綺麗な画質のバイクカメラをおすすめします。ドライブレコーダーとして使用する場合にも、カメラの性能が良くないと映像がわからない場合もあります。

 

そうならないように、ある程度画質の良いものを選びましょう。

防水性能

ドライブレコーダーとしてだけでなく、ツーリングで使用する場合にも防水性能はあったほうが良いです。車と違い、天気の影響を直接受けてしまうのがバイクです。濡れて故障したなんてことにならない様に防水性能や付属の防水ケースをチェックしましょう。

 

万が一ない場合には、雨に降られても極力濡れない様な位置に装着するようにしましょう。せっかくの楽しいツーリングが台無しにならないためにも、購入する前に防水機能があるかどうか最低限確認するようにしましょう。

衝撃性能

バイクは何かあった際に直接地面や壁にぶつかってしまう場合があります。そういったときにもカメラの録画されているものが残るように、衝撃性能があるバイクカメラがあります。中には、衝撃を感じるとその映像をロックするものもあります。

 

万が一の場面に備えて、衝撃性能があるカメラを使用しましょう。ツーリングの場合にも、ドライブレコーダーとして使用する場合にも、必要な機能となります。

GPS搭載

GPS機能があると、いつどこを走っていたも情報として残ることとなります。通勤している道であれば知っている道なので困ることはありませんが、旅行やツーリングに出かけた際に当て逃げや何かあった際にも情報として残るので便利です。

 

GPS機能は、アクションカメラにはない機能です。ドライブレコーダーで専用のアプリを使うことにより正しい情報を確認することが出来ます。

液晶画面で選ぶ

リモコンで操作する場合以外に液晶画面があれば、直接操作をすることが出来るバイクカメラがあります。液晶画面がないとカメラの大きさがコンパクトになり、バイクに付ける時にも取り付け場所に悩む事もありません。

画面あり

バイクカメラに液晶画面が付いていると、録画したものをその場で確認することが出来るので便利です。しかし、その反面、画面の分の大きさがあるので、重量もあり、バイクに装着するときの場所にも困ります。

 

装着する場所については、ヘルメットに付ける場合や、バイクに直接付ける場合と様々な付け方があります。液晶があるメリットとしては、ツーリング中にも映像を確認することが出来たり、写真を自撮りするのにも便利に使用することが出来ます。

 

ドライブレコーダーの場合は、カメラが2つ付属している場合が多く、運転中でもモニターを通じて後ろを見ることが出来るメリットもあります。

画面なし

液晶画面が付いていないバイクカメラの場合は、コンパクトなのが特徴です。バイクのハンドルに簡単に装着することが出来るので、装着する場所に困ることなく、バイクに付けて使用することが出来ます。

 

しかし、画面がなくてコンパクトな分どこを映しているのかわからない場合があります。そういった場合には、Wi-Fi接続でスマホで録画の様子を確認できるのか、事前にどういった風に映っているのか確認しましょう。

 

カメラを付けている雰囲気がないので、ドライブレコーダーやバイクカメラをバイクに付けて雰囲気を壊したくない人におすすめのバイクカメラです。

価格で選ぶ

安ければ安いほうが良いですが、日本製のバイクカメラは1万円以上の予算が必要になってきます。1万円未満のバイクカメラは海外製のものが多いですが、高性能なものを多くあります。

1万円未満

海外製であれば、1万円未満で高性能なものを購入することが出来ます。カメラの画素数も4Kに対応しているものが多くあります。1万円未満のバイクカメラをおすすめする人は、ツーリングでカメラを使用しない人です。

 

景色を撮るのが目的でなく、ドライブレコーダーとして使用するのが目的であれば、1万円未満のバイクカメラのドライブレコーダーで十分の性能を発揮することが出来ます。ドライブレコーダー以上のことを期待しているのであれば、1万円以上のバイクカメラをおすすめします。

 

1万円未満のバイクカメラはコストパフォーマンスは良いですが、海外製のものが多いので、趣味で使用する場合にはおすすめしません。あくまでドライブレコーダーとプラスαであればおすすめです。

1万円以上

GoProやDJIのアクションカメラは有名ですが、性能がしっかりとしているので、価格もそれなりにします。予算が5万円以上で考えているのであればおすすめです。高性能なものであれば、動画も4K60P動画が当たり前となっています。

 

本格的に動画編集も行いたいのであれば、綺麗な映像を使用した方がモチベーションも上がります。もちろん、バイクカメラとして使用する以外にも普段使用することが出来るので、おすすめです。価格が高いバイクカメラはGoProやDJI以外にも、SONYからも出ています。

 

ツーリングが趣味で、綺麗な映像を撮りたいのであれば、1万円以上の価格のバイクカメラがおすすめです。最初から良いバイクカメラを使用してください。

バイクカメラの人気のおすすめランキング10選

第10位

Boblov

アクションカメラ

価格:8,330円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

腕に装着する事も出来るカメラです

Wi-Fi機能を搭載しているので、スマホを使用して操作を行うことが出来ます。腕時計のベルトを付けることで、腕につけてカメラを撮影する事も出来る変わった使い方をする事も出来ます。バイクに自転車、水泳に登山と場所を選ばずに使用することが出来ます。

 

撮影モードは4つあり、シングルショットとタイマーショット、自動撮影に連続撮影の中から選んで使用することが出来ます。カメラ機能もしっかりとしていて、高い光感度と低雑音が特徴となっています。

 

アウトドアをするのであれば、おすすめのカメラです。

機能耐衝撃性能カメラ性能フルHD 1080P
カメラ数1つ重さ-
液晶画面-
第9位

ソニー(SONY)

ウエアラブルカメラ ベーシックモデル HDR-AS50

価格:23,455円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SONYのカメラ性能を引き継いでいるウエアラブルカメラです

防水ハウジングを使用する事で、防水機能の付いているウエアラブルカメラとなります。バイクに使用する場合には、ハンドルに付けることで、簡単に映像を撮ることが出来ます。SONYのカメラ性能の他にも、レンズに「ツァイス」のテッサーレンズを使用しています。

 

小さいけれども、SONYの本気が詰まったカメラとなっています。バイクで使用する以外にも、普段使用しても満足することが出来るカメラです。まだカメラ自体もっていないのであれば、こちらがあれば他のカメラが必要なくなるくらいの高性能です。

 

撮った動画はスマホへ転送する事も出来るので、スマホと一緒に持っていると便利なカメラとなっています。

機能Bluetooth機能内蔵カメラ性能1110万画素
カメラ数1つ重さ83g
液晶画面-
第8位

MUSON

アクションカメラ

価格:8,090円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気のMUSONの新型アクションカメラです

バイクに使用する以外にも自撮り棒も付属しているので、様々な場面で活躍することが出来るアクションカメラです。バイクに搭載しても、エンジン音もしっかりと聞こえるように外部マイクも付属しています。

 

意外と嬉しい付属品として、リモコンも付属しています。自撮り棒と組み合わせると写真を撮るのにも役立ちます。動画だけでなく、写真を撮る事もできるので、1人で使用する場合にも、2人で使用する場合にもおすすめです。

 

手ぶれ機能が付いているので、バイクにつけて使用する以外にも、登山や歩いている時に持っていてもぶれて見にくくならずに鮮明な動画を撮影することが出来ます。

機能手ぶれ機能搭載カメラ性能4K画質
カメラ数1つ重さ-
液晶画面2インチ
第7位

AKEEYO

バイク ドライブレコーダー AKY-300W

価格:12,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大画面で操作も確認もしやすいです

スマホで簡単に設定を変える事も出来ます。嬉しいことに、iOS/Android端末両方に対応しています。撮影後には、スマホで映像を再生する事も出来るので、撮影した後にわざわざメモリカードを出したり、パソコンに繋ぐ必要がないです。

 

難しい作業は苦手な人におすすめのバイクカメラのドライブレコーダーです。画面と違い、カメラは小型なので、付ける場所を選ばずに使用することが出来るのもおすすめです。安心の1年保証が付いているので、万が一の故障にも対応してくれます。

 

32GBのMicroSDカードも付属しているので、取り付ければすぐに使用することが出来ます。

機能大画面液晶カメラ性能フルHD 1080P(フロントカメラ)/720P(リアカメラ)
カメラ数2つ重さ540g
液晶画面4インチ
第6位

xuuyuu

バイク用スポーツカメラ

価格:4,487円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

取り付け簡単なバイク自転車用カメラです

バイクや自転車の為に設計されたスポーツ用カメラです。120広角レンズと800万画素で運転時情報を簡単に記録することが出来ます。記録する情報として、時間や速度、場所も記録することが出来るので、何かあった時にも便利です。

 

バイクに直接装着をする事も出来ますが、ヘルメットに装着するのもおすすめです。本体の大きさも小さくて、カメラが付いている感じがしないのでバイクの雰囲気を損なう事なく使用することが出来るのもおすすめです。

 

小さいので荷物にならずに持ち運ぶことが出来るので、余計な荷物を増やしたくない人にもおすすめです。これ1つあれば、旅行中のカメラに困る事もありません。

機能防水アルミ合金カメラ性能800万画素CMOSセンサー搭載
カメラ数1つ重さ-
液晶画面-
第5位

blueskysea

バイク用 ドライブレコーダー

価格:15,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

GPS搭載型バイク用ドライブレコーダー

バイク用のドライブレコーダーですが、アクションカメラにはない性能を搭載しています。GPSを搭載しているので、後から専用のアプリをダウンロードすると、Googleマップと連動をして走行したルートを確認することが出来ます。

 

衝撃録画、Gセンサー機能を搭載しているので、もしも事故に遭ってしまった場合には、その時の映像を自動的にロックをかけることが出来ます。設定により、衝撃の強さを決めることが出来て、OFFと低、中、高の4つから選ぶことが出来ます。

 

付属品が多くあり、どこにでも付けることが出来るようにアタッチメントも両面テープも入っているので安心です。

機能GPS搭載型カメラ性能フルHD 1080p
カメラ数2つ重さ980g
液晶画面2.35インチ
第4位

LT

バイク ドライブレコーダー LT510

価格:9,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

32GBMicroSDカード付きのドライブレコーダーです

安心の1年保証のついたバイク用のドライブレコーダーです。32GBのMicroSDカードが付属しているので、すぐに使用することが出来るのでおすすめです。ほとんどの場合でメモリーカードは付属することがないので、コストパフォーマンスにも優れています。

 

SDカードの容量がなくなると自動的に古い映像から上書きして行くので、何かあった際に録画されていなかったということがありません。12Vだけでなく、24Vにも対応しているので、バイクだけでなくトラックに使用する事も出来ます。

 

フレームレートを27.5fpsにしている事で、最近のLEDの信号機や車のヘッドライトがちらちらしないように対策を行なっているので、後から映像を見ても見やすくなっています。

機能大画面液晶カメラ性能フルHD 1080p
カメラ数2つ重さ490g
液晶画面2.7インチ
第3位

MUSON

アクションカメラ MC2 Pro1

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

進化して戻ってきました

前作よりも更に進化をして戻ってきました。付属の外部マイクに対応していて、幅広く音を拾う事も出来ます。4K画質だけでなく、音にもこだわったアクションカメラです。アクションカメラとしての性能はもちろんのこと、ドライブレコーダーモードもあります。

 

他のアクションカメラはバイクを運転中も撮影しているだけですが、車のエンジンに連動して電源が入るようにする事も出来ます。安心の予備バッテリーの付属しますし、バッテリー容量も1200mAhへパワーアップしています。

 

HDMI出力にも対応していて、テレビと繋げれば大画面で動画や映像を楽しむ事も出来ます。編集をする時には、パソコンと繋げる事ですぐにデータのやり取りを行う事も出来ます。

機能手ぶれ機能搭載カメラ性能4K画質
カメラ数1つ重さ-
液晶画面2インチ
第2位

Crosstour

アクションカメラ CT7000

価格:3,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バイク以外にも使用できるアクションカメラです

バイクに乗る時だけでなく、バイクから降りても活躍することができるアクションカメラです。画質は、フルHDの1080pですが、綺麗な映像を取る事も出来ます。ヘルメットに付けることも出来ますし、バイクに直接付けることもできます。

 

バイクから降りても使用することが出来るように、予備バッテリーも付属しているのは嬉しいポイントです。高強度の防水ケースに入れて使用することで、雨の日でも問題なく使用することもできます。

 

もちろん、サーフィンやウインタースポーツ、今話題のドローンに搭載することも出来るので、バイク以外にも使用したいのであればおすすめです。

機能防水ケース付きカメラ性能フルHD 1080p
カメラ数1つ重さ511g
液晶画面2インチ
第1位

Blueskysea

バイク用 ドライブレコーダー

価格:15,377円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水仕様となってアップデートされました

雨の日でも安心して使用することが出来るように防水仕様となって戻ってきました。前のモデルを使用している人の意見をすぐに取り入れてくれるおすすめのメーカーです。もう1つ嬉しい機能としては、LED信号機にも対応していることです。

 

ドライブレコーダーとして使用することが出来るので、前だけに気を取られますが、最近では前後にカメラを付けることをおすすめします。前からだけでなく、後ろで何かあった場合にも映像で記録を残すことが出来ます。

 

外部メモリーは、Micro SDカードで128GBまで対応しています。撮影した映像はスマホやパソコンですぐに確認する事も可能です。

機能防水性能カメラ性能フルHD 1080p
カメラ数2つ重さ1.12Kg
液晶画面2.35インチ

バイクカメラのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5034106の画像

    Blueskysea

  • 2
    アイテムID:5034105の画像

    Crosstour

  • 3
    アイテムID:5034104の画像

    MUSON

  • 4
    アイテムID:5034103の画像

    LT

  • 5
    アイテムID:5034102の画像

    blueskysea

  • 6
    アイテムID:5034101の画像

    xuuyuu

  • 7
    アイテムID:5034100の画像

    AKEEYO

  • 8
    アイテムID:5034099の画像

    MUSON

  • 9
    アイテムID:5034098の画像

    ソニー(SONY)

  • 10
    アイテムID:5034097の画像

    Boblov

  • 商品名
  • バイク用 ドライブレコーダー
  • アクションカメラ CT7000
  • アクションカメラ MC2 Pro1
  • バイク ドライブレコーダー LT510
  • バイク用 ドライブレコーダー
  • バイク用スポーツカメラ
  • バイク ドライブレコーダー AKY-300W
  • アクションカメラ
  • ウエアラブルカメラ ベーシックモデル HDR-AS50
  • アクションカメラ
  • 特徴
  • 防水仕様となってアップデートされました
  • バイク以外にも使用できるアクションカメラです
  • 進化して戻ってきました
  • 32GBMicroSDカード付きのドライブレコーダーです
  • GPS搭載型バイク用ドライブレコーダー
  • 取り付け簡単なバイク自転車用カメラです
  • 大画面で操作も確認もしやすいです
  • 人気のMUSONの新型アクションカメラです
  • SONYのカメラ性能を引き継いでいるウエアラブルカメラです
  • 腕に装着する事も出来るカメラです
  • 価格
  • 15377円(税込)
  • 3299円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 9000円(税込)
  • 15999円(税込)
  • 4487円(税込)
  • 12980円(税込)
  • 8090円(税込)
  • 23455円(税込)
  • 8330円(税込)
  • 機能
  • 防水性能
  • 防水ケース付き
  • 手ぶれ機能搭載
  • 大画面液晶
  • GPS搭載型
  • 防水アルミ合金
  • 大画面液晶
  • 手ぶれ機能搭載
  • Bluetooth機能内蔵
  • 耐衝撃性能
  • カメラ性能
  • フルHD 1080p
  • フルHD 1080p
  • 4K画質
  • フルHD 1080p
  • フルHD 1080p
  • 800万画素CMOSセンサー搭載
  • フルHD 1080P(フロントカメラ)/720P(リアカメラ)
  • 4K画質
  • 1110万画素
  • フルHD 1080P
  • カメラ数
  • 2つ
  • 1つ
  • 1つ
  • 2つ
  • 2つ
  • 1つ
  • 2つ
  • 1つ
  • 1つ
  • 1つ
  • 重さ
  • 1.12Kg
  • 511g
  • -
  • 490g
  • 980g
  • -
  • 540g
  • -
  • 83g
  • -
  • 液晶画面
  • 2.35インチ
  • 2インチ
  • 2インチ
  • 2.7インチ
  • 2.35インチ
  • -
  • 4インチ
  • 2インチ
  • -
  • -

まとめ

いかがでしたか。バイクカメラは、ドライブレコーダーとして専用で使用する場合とウェアラブルカメラを車載カメラとして使用する場合に2つがあります。バイクに乗っている以外にも使用したいのであれば、専用のものでなく、ウェアラブルカメラを選びましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ