記事ID137732のサムネイル画像

【通信速度をUPさせる】LANケーブルのおすすめ人気ランキング10選

自宅でネットを楽しむためには、ネット接続を行わなければなりません。そのため接続機器が登場しています。1つは無線による通信で接続する無線LAN、もう1つが今回ご紹介していく有線によってネット接続するLANケーブルです。どのようなものがあるのか見ていきましょう。

あなたの利用シーンでどんなLANケーブルを使えばいいのか変わってくる

LANケーブルというと、自宅やオフィスなどの場面で使用する事が多いと思います。そこで、家電量販店、インターネットサイトで探してみると種類の多さにどれが自分の求めているLANケーブルなのかわからなくなるものです。

 

LANケーブルの素材はどういったものを使用して、インターネットをつなぐ目的意外のことも行える「機能面」を見ていくことも、ただ単にLANケーブルを選ぶのとでは大きな差を生みます。

 

また、長さも使用スペースによって異なるかと思います。適切な長さで使用して、コード類がゴワゴワするのを防ぎ、スッキリと使用したいですね。そういった、あなたが気になる点を満たしてくれるLANケーブルを見つけましょう

LANケーブルの選び方

LANケーブルは長さや形状が製品1つ1つで違います。どこで使用したいのか確認をして適したLANケーブルを選べるようにしましょう。

通信速度で選ぶ

LANケーブルによって、通信速度も異なります。どこに着眼点をおいて見ていけばいいのか1つ1つ確認していきましょう。

日常の生活レベルの使用ではカテゴリ6

LANケーブルには、通信速度や周波数を決める「カテゴリ」による区分けが行われています。それらは大きく7つに分かれているのです。数字が大きければ大きいほど通信速度や周波数も上がります。

 

この数字と並行して、LANケーブルの価格も上昇してきます。選ぶ時には、通信速度をどれくらい求めているのかで購入を考えるようにしましょう。自分が使いたい用途をハッキリさせれば明確に見えてくるかと思います。

 

動画視聴をよくする方、Amazonプライムビデオなどのインターネット経由の動画を視る方にはカテゴリ6以上のLANケーブルを選択するようにしましょう。6以上であれば快適な速度でフリーズなど起こることなく使用できるからです。

業務用のサーバーやのゲームにはカテゴリ7A

業務用のサーバーなどとの接続や、オンラインゲームを行うのに使用していくのであれば、「カテゴリ7以上」を選びましょう。これが最大の通信速度と周波数を誇ります。その通信速度は10Gpsです。

 

あなたが今使用している接続ケーブルだとノイズが入ってしまうとか、オンラインゲーム中のスムーズな動作を遅延したくないなど1秒を争うゲームではその瞬時の動きを円滑に回せるかどうかが重要です。

 

業務用サーバーは大量の情報量をつなぐので、「カテゴリ8」の光ファイバーインターネット接続がLANケーブルの中、最大であるこの通信速度が最も適しており、高い負荷がかかったとしても安心して使用できます

メーカーで選ぶ

LANケーブルもたくさんの種類を各メーカーから販売していますが、中には粗悪品が混ざっていることもあります。ですので信頼感の高いメーカーから選ぶことも大切です。

エレコム

エレコムはパソコン関連用品を扱うメーカーとして様々な製品を扱う会社です。LANケーブルに関しても定評があり、人気があります。スマートフォンケースやスマートフォン用充電器なども販売しています。

 

これまでとは違う変わった分野にもエレコムは手掛けています。パソコンを持ち出すためのパソコンバッグや3WAYバックパック、ポーチなどです。どれもPCやスマーフォンなどの電子機器を快適に持ち出せるような性能が備わったものばかりです。

 

LANケーブルに関しては、耐久性もあって、回線が途絶えることもなく問題なく使えると評価は高いです。細かい部分までフォローされており、ケーブル配線もしっかりとしていて丈夫なので長く使えるメーカーでしょう。

サンワサプライ

サンワサプライは、電子機器を守る防水アクセサリ、PCの熱を逃がす冷却パッド、スマートフォンやPCなどを一括して充電できる充電器など様々なものを販売しています。コールセンターの方向けのヘッドセットなども手掛けています。

 

そんなサンワサプライからも、様々なLANケーブルを販売しています。豊富な種類があり形状・特徴だけで8種類のLANケーブルが出ています。豊富な種類だからこそ、自分の求めているLANケーブルに近づけそうですね。

 

また、一般者向けのケーブルだけでなく産業用LANケーブルの販売や、自作してケーブルを作る方向けにも販売をしています。このタイプの場合は、会社規模でありたくさんのPCを接続して複数のPCで作業を同時に行うなどの時に産業用LANケーブルは役立ちます。

形や素材で選ぶ

LANケーブルを購入していく時に素材や形状選ぶも重要です。自分が使用する場所、用途に合わせて適切なものを選びましょう。

電力供給も兼ねるPoEケーブル

PoEとは、Power over Ethernetを略したものでLANケーブルとしての役割と電子機器への電力供給の両方を行ってくれるタイプのことです。この機能があるとインターネットをつなぎながら充電も行えるので一石二鳥です。

 

この機能によって利点が生じます。まず1つ目としてコンセントがない場所においても電力供給が行えるようになったことです。2つ目に配線がスッキリとしてパッとみてもわかりやすくなる点です。つまり、コード類の拡散を防いでくれます。

 

3つ目はコンセントをわざわざ新たに設置する必要がなくなったという点です。そうすることで不要な設置工事費用を削減でき、会社であれば設備投資費削減につながります。コンセント設置場所に振り回されず、作業スペースを構築できますね。

UTPケーブルが基本的な形

UTP(アンシールデッド ツイステッド ペアー)ケーブルとはシールドが施されておらず、電線同士を撚り線状に加工しているケーブルのことで最もスタンダードなタイプです。別名では非シールド対撚り線とも呼ばれています。

 

一般家庭や企業での使用であれば何ら問題もなくUTPケーブルで対応することができます。ちなみにUTPケーブルが非シールド式であるのに対して、被覆シールドが施されているものをSTPケーブルと呼びます。

 

STPケーブルは、芯線をアルミシールドでカバーしており電磁波などを防いでくれます。高い通信速度を求められる工場内やノイズが非常に多い場所で用いられます。日常の業務程度であればお目にかかることは皆無と言っていいでしょう。

形がまるでパスタのよう。踏まれやすい場所にはフラットケーブル

部屋の景観などを意識するとなるべくケーブル類は見えないようにしたいものです。フラットタイプのLANケーブルだと、カーペットの下でつないだり、ドアの隙間にも配線を持ってこられるので部屋の景観を崩しません

 

その厚さもメーカーによって異なりますが、概ね1.4mm程度と非常に薄いです。また、たとえ踏みつけたとしても耐久力があるため、簡単に断線などしません。人通りの多い場所で使用するのであれば、ぜひ使用したいタイプです。

 

ドアを伝ってしかケーブルをつなげられない構造の部屋や、オフィスで人が通ってしまい通行障害になってしまう場所でもカーペットなどの下にくぐらせれば、足をつまずくこともないでしょう。

価格で選ぶ

価格を決めるのは通信速度や素材などに左右されます。価格が安いものは通信速度の速いカテゴリー6から7クラスになると価格も上昇します。あなたはどれくらいの通信速度を考えていますか。

 

自分の求めている通信速度を把握して、例え価格が高くなっても高速通信を求めるのもいいですし、あまりそこまで高い通信速度を求めていないのであれば、価格もリーズナブルなものを選ぶようにしましょう。

 

また、ケーブル長でも長くなれば、それに比例して価格も上昇してきます。形状も細身のコンパクトな作りのものの方が手が込んでいる分、価格に差が生じる傾向にあります。そういった点もみて総合的に判断していきましょう。

アースの有無で選ぶ

アースとは、接地によって電気を逃がすことを意味します。STPケーブルを使用するならばアースは使うようにしましょう。STPケーブルには、シールドがケーブルに貼られています。

 

そのおかげで、ノイズなどを遮ってくれるため通信速度低下をさせず、安定した通信を抵抗してくれます。しかしながら、シールドに溜まった電気を吐き出すことができず、滞留電流がノイズを発生させてしまい結果的に悪影響を及ぼすのです。

 

アースの有無とケーブルの種類は確認しておきましょう。STPケーブルを使用していてアースが無いのであれば、一般家庭での使用をおすすめしません。アース無しであるならUTPケーブルを選びましょう。

LANケーブルのおすすめ人気ランキング10選

第10位

StarTech.com

LANケーブル(Cat5e)

価格:561円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性のあるPVC被覆材仕様のLANケーブル

StarTech.comが販売しているこちらのLANケーブルは、PVC被覆材が採用されており強度面をしっかりとカバーしてくれます。また、配線の色分けすることも可能で複雑に絡み合う配線類の仕分けにも一役買ってくれるでしょう。

 

安定したイーサネット接続を実現する接続速度を兼ねており、カテゴリ5eと感じさせないスピードを実現してくれます。それ以外にも、このLANケーブルにはツメ折れ防止カバー付きコネクタを採用しています。

 

このコネクタがあると、ネットワークの接続する際に負荷がかかる接続部において、配線を簡単にしてくれて、引っ掛かりや破損を防いでくれます。また、接続ポイントの固定にもなるので様々な活躍をしてくれるでしょう。

タイプツメ折れ防止カバー付き長さ4.5m
カテゴリカテゴリ5eケーブルUTPケーブル
第9位

サンワサプライ

KB-T8-01BL

価格:2,520円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚異の40Gbpsを実現するLANケーブル

カテゴリ8は通信速度も最高峰を誇ります。カテゴリ6の8倍の伝送帯域になるのです。次世代のイーサネットと呼ばれるLANケーブルになります。スピードを重視する方におすすめしたいです。

 

特に、オンラインでネットゲームやネット配信、ネット通話などを大容量での通信をスムーズに行いたい方には最適と言っていいでしょう。単線であるため、ノイズにも強く速度も安定します。

 

ただし、単線であるため単線特有の硬さがあり、取扱いが難しい点もあります。その点は注意しておきましょう。ケーブル自体も二重シールド構造となっていたり、通信エラーや性能低下を抑制する機能がしっかりと付いています

タイプ極薄長さ0.5、1、2、3、5、10(m)
カテゴリカテゴリ8ケーブル二重シールド
第8位

サンワサプライ

KB-FL6FA-03BK

価格:560円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

硬度に自信のあるLANケーブル

サンワサプライから販売されている本製品は、屈曲試験30万回をクリアした曲げに強いLANケーブルです。強度面には自信を持っています。どうしても人が通ってしまう場所に設置したい時に重宝します。

 

また、細い隙間などにも1.4mmの薄さのケーブルであれば問題なく潜らせられることでしょう。強度面をサポートするのに弾力PVCを表面にコーティングしているのもポイントです。フラットなLANケーブルでありながら耐久性も兼ね備えているのです。

 

カテゴリ6の通信速度を持ち、伝送速度は1Gbpsとなります。取り回しもしやすくて、柱や壁に合わせてケーブルを配線できるので、どんな場所に設置しても目立ちにくく設定できるのが魅力のLANケーブルです。

タイプフラット長さ0.5、1、2、3、5(m)
カテゴリカテゴリ6ケーブル
第7位

バッファロー

BSLS6FU50GR2

価格:695円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリムなボディのLANケーブル

バッファローはWi-Fi無線ルーターなどのPC関連グッズ販売でも有名ですね。Wi-Fi無線ルーターだけでなく、中継器でのシェア率も大きいので家電量販店では目に止まることも多いかと思います。そのバッファローから販売されているLANケーブルの売りは耐久力です。

 

180度曲げても折れないと自信を持って謳う新素材が、LANケーブルを強力にサポートしてくれます。こちらの新素材は他のメーカーが取り入れているものではなく特許出願も行っております。

 

その上で、抜き差しもしやすい形状で持ちやすいコネクタとなっています。頻繁に抜き差しを行う必要がある場所では大事なポイントになりますね。フラットタイプであるので厚みがあると使用できない場所でもこのLANケーブルなる使えますね。

タイプフラット長さ0.5、1、1.5、2、3、5、7、10、15(m)
カテゴリカテゴリ6ケーブル4対UTPストレートケーブル
第6位

サンワサプライ

KB-T6AME-10BKR

価格:2,546円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使い勝手のいい極細LANケーブル

デザイン性もブラックとレッドの色合いが美しいサンワサプライの極細モデルです。メッシュ素材で強度のあるLANケーブルとなります。これまでのモデルと比べても200%の引張強度を誇ります。

 

この丈夫なLANケーブルは、それに加えて10Gbps以上のイーサネットにも対応しており通信速度面でも快適な環境を提供してくれます。また、伝送速度も伝送帯域500MHzと単体時間あたりのデータ伝送量が大きいので、エラー抑止効果が高いのも魅力です。

 

ケーブル長も、0.5~10mと長さが選べ、最長は10mとなっています。10mであれば、部屋の広さとして、10畳までの部屋まで使用できます。自分が使用する環境を考えてケーブル長も選ぶようにしましょう。

タイプ極細長さ0.5、1、2、3、5、10(m)
カテゴリカテゴリ6Aケーブルメッシュ
第5位

エレコム

LD-OCTST/BM50

価格:2,608円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

極細ながらも高速通信可能なLANケーブル

4.1mmの直径でスリムなボディのLANケーブルです。それでいて、40Gbpsのイーサネットに対応しており通信速度は最高水準です。カテゴリ6と比較すると周波帯域は約8倍の2000MHzにもなります。

 

2重シールド構造でノイズ干渉防止性能も備わっています。そのため通信エラーも少なくなりました。ノイズ遮蔽効果の高い本製品は、OAルームのような電波妨害の対策が必要な環境下でも安心して使用できます。

 

また、耐久性もある製品です。柔らかい素材をツメ部分に取り入れて欠損防止になります。さらに屈曲テストを1000回行い、その強度を高めています。ケーブルも柔らかいため狭い場所でも取扱いが楽なのも魅力です。

タイプ極細長さ1、2、3、5、10(m)
カテゴリカテゴリ8ケーブル
第4位

バッファロー

BSLS6AFU50BK

価格:568円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フラットタイプなので長さが余っても巻きやすい

ツメは絶対に折れないとメーカーが強く押しているLANケーブルです。抜き差しを行うことはあまり多くないかもしれませんが、手に持ちやすいコネクタ形状なので抜き差しも非常に楽です。

 

Wi-Fiの通信速度が速くなったといっても、まだまだ有線ケーブルには敵いません。本製品はカテゴリ6Aなので、家庭内でのPC同士のファイルコピーでは784Mbpsの通信速度が出すほどです。速度面の心配もいらず十分な速度が出せるLANケーブルです。

 

通常の考え方だと丸いケーブルの方がノイズ抑制、通信速度の速さも良いのですが、フラットタイプのこのLANケーブルでも十分なパフォーマンスは実感できるでしょう。有線ケーブルを買い直すのは大概がツメ折れです。折れないというのは非常に重要です。

タイプフラット長さ0.5、1、2、3、5、7(m)
カテゴリカテゴリ6AケーブルUTPケーブル
第3位

サンワサプライ

KB-T7A-006BL

価格:1,258円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲーム機使用でも非常に安定する

通信速度はネットページが開かれるのが劇的に変化したと評価するくらいスピードアップします。長さも選べるサイズが多くて適切なサイズ選びができるでしょう。ただし、色分けは行われていないです。

 

そして、このケーブルの大きな特徴として極太なケーブルにあります。極太な分、強度面は安心して使用できるでしょう。また、硬さもあるのでなるべく、人の歩く場所にケーブルがいかないように注意しておきましょう。

 

動画視聴においても、画質が良くなり音質も向上したと評価は高いです。fire TVやapple TVをよく観る方ならおすすめです。ノイズも減りますし、音の立体感が出るようになります。インターネットの通信速度に関しては、全く問題なく使用できるLANケーブルです。

タイプスタンダード長さ0.2、0.4、0.6、1、2、3、5、10、15、20、30(m)
カテゴリカテゴリ7Aケーブル
第2位

エレコム

LD-GFT/BU20

価格:461円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンス最高レベルのLANケーブル

こちらのエレコムが販売する本製品は、ツメ折れが起こりにくい構造を採用しており、ツメ折れの心配はほぼ皆無でしょう。通信速度に関してもカテゴリ6Aということもあって非常にスムーズで快適です。

 

薄型のこのタイプなら、天井部分から這って延長しても、大きく目立ったりしないでしょう。エレコムで昔から愛される定番ヒットアイテムであり、長く使用できるLANケーブルになってくれるはずです。

 

価格も1000円以下で購入可能です。Amazonでは500円を切っているので非常にお買い得ですし、まとめ買いしておいても大きな負担にはならないでしょう。通信速度面も円滑にしてくれてお財布にも優しい本製品は、初めて購入する方にもおすすめします。

タイプフラット長さ0.5、1、2、3、5、7、10、15、20(m)
カテゴリカテゴリ6Aケーブルオーグメンテッド
第1位

サンワサプライ

KB-FLU7-07W

価格:1,497円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通信速度が遅いと感じているならこのLANケーブルを

ノイズにも強く15mと配線の長さを長くしても回線が途切れることなく安定して使用できます。例えば1階から2階につないだとしても難なく使用できます。フラットタイプなので、その場合も邪魔になりづらいのもポイントです。

 

フラットタイプも色々と違いがあります。このタイプは薄すぎてペラペラとするのではなくて、適度な厚みがあって程よい薄さです。フラットタイプは幅広が多いのですが、ケーブル幅も細めなので扱いやすい設計になっています。

 

ケーブルがあまりにも硬すぎると取り外しにも困りますよね。他メーカー製品と比べて本メーカーの製品は力任せに取り外すこともなく、手間なく簡単に取り外し作業が行えるので非常に扱いやすいです。

タイプフラット長さ0.5、1、2、3、5、7、10、15(m)
カテゴリカテゴリ7ケーブル

LANケーブルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5037906の画像

    サンワサプライ

  • 2
    アイテムID:5037902の画像

    エレコム

  • 3
    アイテムID:5037900の画像

    サンワサプライ

  • 4
    アイテムID:5037897の画像

    バッファロー

  • 5
    アイテムID:5037894の画像

    エレコム

  • 6
    アイテムID:5037864の画像

    サンワサプライ

  • 7
    アイテムID:5037858の画像

    バッファロー

  • 8
    アイテムID:5037848の画像

    サンワサプライ

  • 9
    アイテムID:5037832の画像

    サンワサプライ

  • 10
    アイテムID:5037803の画像

    StarTech.com

  • 商品名
  • KB-FLU7-07W
  • LD-GFT/BU20
  • KB-T7A-006BL
  • BSLS6AFU50BK
  • LD-OCTST/BM50
  • KB-T6AME-10BKR
  • BSLS6FU50GR2
  • KB-FL6FA-03BK
  • KB-T8-01BL
  • LANケーブル(Cat5e)
  • 特徴
  • 通信速度が遅いと感じているならこのLANケーブルを
  • コストパフォーマンス最高レベルのLANケーブル
  • ゲーム機使用でも非常に安定する
  • フラットタイプなので長さが余っても巻きやすい
  • 極細ながらも高速通信可能なLANケーブル
  • 使い勝手のいい極細LANケーブル
  • スリムなボディのLANケーブル
  • 硬度に自信のあるLANケーブル
  • 驚異の40Gbpsを実現するLANケーブル
  • 耐久性のあるPVC被覆材仕様のLANケーブル
  • 価格
  • 1497円(税込)
  • 461円(税込)
  • 1258円(税込)
  • 568円(税込)
  • 2608円(税込)
  • 2546円(税込)
  • 695円(税込)
  • 560円(税込)
  • 2520円(税込)
  • 561円(税込)
  • タイプ
  • フラット
  • フラット
  • スタンダード
  • フラット
  • 極細
  • 極細
  • フラット
  • フラット
  • 極薄
  • ツメ折れ防止カバー付き
  • 長さ
  • 0.5、1、2、3、5、7、10、15(m)
  • 0.5、1、2、3、5、7、10、15、20(m)
  • 0.2、0.4、0.6、1、2、3、5、10、15、20、30(m)
  • 0.5、1、2、3、5、7(m)
  • 1、2、3、5、10(m)
  • 0.5、1、2、3、5、10(m)
  • 0.5、1、1.5、2、3、5、7、10、15(m)
  • 0.5、1、2、3、5(m)
  • 0.5、1、2、3、5、10(m)
  • 4.5m
  • カテゴリ
  • カテゴリ7
  • カテゴリ6A
  • カテゴリ7A
  • カテゴリ6A
  • カテゴリ8
  • カテゴリ6A
  • カテゴリ6
  • カテゴリ6
  • カテゴリ8
  • カテゴリ5e
  • ケーブル
  • オーグメンテッド
  • UTPケーブル
  • メッシュ
  • 4対UTPストレートケーブル
  • 二重シールド
  • UTPケーブル

まとめ

LANケーブルのおすすめを紹介してきました。LANケーブルといっても、使う場所によってフラットタイプのものや、強度のあるものなど様々です。快適なインターネット利用を行えるようにするために、LANケーブルにもこだわって上手く使い分けてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ