記事ID137722のサムネイル画像

【2019年最新版】最強のハンディライト人気おすすめランキング10選

ハンディライト(フラッシュライト)はアウトドアや震災の際に便利なライトです。しかし、 ハンディライトはたくさん種類があります。今回はハンディライトの詳しい選び方と、大人気のハンディライトおすすめランキング10選にてご紹介します。

ハンディライトでアウトドアをもっと楽しもう

ハンディライトとは、小型で軽量な懐中電灯と言えます。ランニングやウォーキング、夜の外出先の際に便利な持ち運びしやすいライトとなります。フラッシュライトとほぼ同じ意味だと思っていただいて構いません。

 

最近のハンディライトは、連続使用時間も長く、圧倒的な明るさを実現できるようになっております。今回は、ハンディライトの後悔しない選び方と、人気おすすめランキング10選をご紹介します。

ハンディライトの選び方

次にハンディライトの選び方について詳しく解説して行きます。ハンディライトの選び方を目に通しておく事によって、より質の高い製品を選ぶことができるようになります。具体的にいくつか解説して行きますので一緒に見て行きましょう。

明るさ(ルーメン)で選ぶ

ハンディライトの大切な選び方として、明るさが挙げられます。明るさをルーメンと例えることが多く、ルーメンの数値が大きいほど明るいと言えます。ルーメンの数値でどれぐらいの明るさなのかを解説していきます。

50ルーメン

50ルーメンの明るさとは、手元や足元を照らす程度におすすめな明るさとなります。50ルーメンでも十分な明るさを実現できます。しかし、少し先を明るく照らそうと思うと、明るさが足りないこともあります。

 

やや明るい夜道を散歩、ランニングする方におすすめです。ですが、暗い場所を散歩しようと思うと、明るさが足りないと感じることがあるでしょう。非常時の際にカバンに入れておくハンディライトとしておすすめです。

 

普段あまり使用しない方や、そこまで暗い道を歩くことが無い方におすすめです。アウトドアでちょっとした明るさが欲しい方におすすめです。

50〜100ルーメン

暗い場所で散歩や、ランニングを行う方におすすめな光量が50から100ルーメンです。このルーメン数値であれば、夜の暗い道をしっかり照らすことができますので、転倒事故をなどを防ぐことが可能です。災害時でもしっかりと光を調達することが可能です。

 

ルーメン数値が大きくなると、消費電力も増えていく傾向にありますので、その部分だけは把握しておきましょう。メリットは点灯時間が長くなることです。程よい明るさなので、しっかりと道を確認しながら、必要な明るさを維持することができます。

100ルーメン以上

とにかく明るいハンディライトが欲しい方におすすめなのが100ルーメン以上の商品を選ぶことです。本格的なハンディライトとなるために、価格が高価になりやすいですが、圧倒的な明るさを実現できます、100m先まで照らすことが可能なハンディライトもあります。

 

キャンプや、登山などの明るさを必要とするシュチュエーションにもおすすめです。車のヘッドライトのような明るさが欲しいと思う方におすすめなルーメンと言えます。

ハンディライトの機能で選ぶ

ハンディライトには性能に影響する機能があります。ハンディライトのバッテリー持続時間によって、長時間使えるのか見極めることも可能です。電池の本数によって、ランニングコストにも影響しますので、サラっと把握しておきましょう。

点灯時間で選ぶ

ハンディライトを選ぶ上で、点灯時間はとても大切な項目となります。災害時などの夜間での使用は、できる限り点灯時間が長いハンディライトの方が安心できます。点灯時間が長い方が長時間の使用が可能なので、災害時にも役にたつハンディライトになります。

 

散歩やランニングなどの一時的な利用であれば、あまり問題が無いと言えますが、もしもの時を考えると、点灯時間が長いハンディライトの方がメリットが多いと言えます。

 

電池の本数で選ぶ

ハンディライトを選ぶ際には、電池の本数でランニングコストに影響します。他にも、重量などにも影響します。軽量な本体であっても、電池の本数によって重たくなることもありますので注意しましょう。

 

ただし、電池の本数が多い方が電圧を維持しやすいので、ハイパワーなモデルが多い傾向にあります。明るさと重視するか、ランニングコストを取るかの選択になるとも言えます。明るさを重視したい方は、電池本数の多いハンディライトを選びましょう。

 

ランニングコストを重視したい方は、電池本数の少ないハンディライトを選ぶようにしましょう。

 

ハンディライトのタイプで選ぶ

ハンディライトには大きく分けて3つのタイプがあります。充電式と乾電池式、ランタン式というカテゴリーに分けることが可能です。使い勝手に影響するので、こちらの項目は後悔しないためにも、しっかり把握しておきべき選び方となります。

充電式

充電式のハンディライトは、ランニングコストの低さがポイントとなります。乾電池式に比べて毎回乾電池を購入する必要がありません。散歩やランニングを行う方であれば、充電式のハンディライトがおすすめと言えます。

 

ただし、災害時などに充電する場所が無いと、使えなくなる可能性があります。普段使いに適したタイプと言えます。しっかりと充電を行なっておく事によって、ランニングやウォーキングをするぐらいであれば、問題なく使うことができます。

乾電池式

乾電池式のハンディライトは、乾電池を何本かセットすることによって、動作することができるタイプです。電池切れを起こしても乾電池を交換するだけで、繰り返しすぐに使うことが可能です。

 

エネループなどの、充電式乾電池を利用するのが理想的な使い方と言えます。電池切れを避けたいアウトドアにおすすめなタイプと言えます。乾電池を持っておくだけで、何度もすぐに使うことが可能です。

 

乾電池を使う方が好きな方や、急な電池切れを避けたい方におすすめなタイプと言えます。

ランタンタイプ

ランタンタイプとは、お洒落なランタンの形状をしたハンディライトです。乾電池で動作するタイプとなりますが、全体的に広範囲を照らすことが可能なので、アウトドアにおすすめなタイプと言えます。

 

周囲全体を明るくすることができますので、一点を明るくするのではなくて、周辺全てをまんべんなく明るくすることができます。

ハンディライト人気おすすめランキング10選

それでは、ハンディライト人気おすすめランキング10選をご紹介していきます。選び方を参考にしつつ、自分の使用する用途に合ったハンディライトを探して見ましょう。モデルによって、独自の特徴を採用していたりするのでそちらも着目しましょう。

第10位

Wsiiroon jp

懐中電灯 XM-L2

価格:1,099円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強力な光を遠くまで届けてくれる

こちらのハンディライトは、明るさに重きを置いた商品となっております。アメリカのとても明るいと評判のCREE社製のLEDを採用。こちらのハンディライトのメリットは、最長照射距離は500m。遠くまで照らすことができるメリットがポイントです。

 

散歩などの際に近くだけではなくて、遠くまでしっかりと光を届けることができますので、歩きやすく道が悪くても、しっかりと把握することができるメリットがあります。全く街灯がない場所で散歩をする方におすすめなハンディライトと言えます。

 

しっかりと照らすことができるハンディライトを選びたい方におすすめです。ストラップ付きなので、使わない場合でも持ち運びしやすいメリットがあります。他のハンディライトの明るさでは物足りない方におすすめです。

 

ルーメン1600点灯時間5時間
タイプ乾電池式
第9位

MAG-LITE(マグライト)

ミニマグライト

価格:3,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッテリーが長持ちするハンディライト

こちらのハンディライトは、他のハンディライトに比べて小型サイズなメリットがあります。非常にコンパクトなハンディライトですので、散歩する際やアウトドアでも持ち運びしやすいメリットがあります。価格についてもリーズナブルなので、手が出しやすいハンディライトです。

 

持ち運びしやすいだけではなく、非常に明るいLEDを搭載しているのもポイントです。小型で明るいLEDを搭載することによって、コンパクトでありながら明るいハンディライトとなります。散歩やランニング時でも手軽に持ち運びでき、明るさもあるメリットは大きいです。

 

散歩時には、全体的に広範囲を照らすことが可能です。これにより、しっかりと道の安全を確保することができます。連続使用時間も10時間となっているので、夜間移動中にバッテリーが切れる心配もありません。長持ちするハンディライトを選びたい方におすすめです。

ルーメン272点灯時間2時間30分
タイプ乾電池式
第8位

GENTOS(ジェントス)

LED 懐中電灯

価格:2,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

131m先まで照らすことができます

こちらのハンディライトは、コンパクトかつ、片手で操作しやすい利便性の高いハンディライトです。最大照射距離は131mとなっておりまして、散歩道で足元が見えない場所でもしっかり道を把握することができます。転倒などの事故を防ぐことができます。

 

無段階調整が可能になっているので、自分の思った光を出すことができます。他のハンディライトと比較しても、リーズナブルなハンディライトなのでおすすめです。他にも、オプティカルレンズを独自採用。これにより、2mからの落下でも故障する心配がありません。

 

充電式となっておりますので、ランニングコストも安く済ますことが可能です。アウトドアなどでの使用にもおすすめであり、圧倒的な光と、使いやすさできっとお気に入りの一台となることでしょう。10時間使うことができるのも大きなポイントです。

 

 

ルーメン350点灯時間10時間
タイプ充電式
第7位

GENTOS(ジェントス)

LED 懐中電灯

価格:4,848円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブーストモード搭載、圧倒的な明るさを実現

こちらのハンディライトの特徴は、ブーストモードを搭載していることです。ブーストモードを使用することによって、950ルーメンという明るさを発揮することができます。散歩道でも安全に道を確認することが可能です。

 

ブーストモードを使っても3時間バッテリーが持ちますので、長時間明るさを確保できるメリットは大きいです。アウトドアでもしっかりと明るさを長時間確保することができます。充電量を確認することができるチャージングインジケーターも搭載しております。

 

バッテリーには、長期間利用することができるリチウムポリマー電池を採用。圧倒的な明るさを持つハンディライトをずっと使うことができます。充電式は使えば使うほど、バッテリーが弱まりますが、その傾向が少ないハンディライトなのでおすすめと言えます。

 

ルーメン950点灯時間3時間
タイプ充電式
第6位

マキタ(Makita)

フラッシュライト

価格:5,268円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

充電式でランニングコストを抑えることができる

LEDを搭載したハンディライトであり、充電式の繰り返す使えるハンディライトとなります。充電式ですので、何度も単三電池を購入する必要がありません。ランニングコストで比較すると、リーズナブルなハンディライトと言えます。

 

ハンディライト本体には、フック付きのストラップを搭載しているので、ランニングや散歩をする際でも持ち運びしやすいメリットがあります。12段階の首振り機能も搭載しているので、あらゆるシーンで活躍することができるハンディライトとなります。

 

光の方向についてもワイド照射から、スポット照射まで切り替えることができるので、オールマイティに使うことができるメリットがあります。ムラの少ない光を出すこともできますし、広範囲をしっかり照らすこともできるハンディライトとなります。

ルーメン記載なし点灯時間記載なし
タイプ充電式
第5位

Ledlenser(レッドレンザー)

ハンディライト

価格:8,910円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自の光学システムで地面が見やすい

こちらのハンディライトは、レッドレンザーというメーカーであり、リフレクターとレンズの性能が高いポイントがあります。これにより、光学システムを利用することが可能ですので、光の質が高い傾向になります。地面をくっきり照らすことができます。

 

夜道の散歩だと、地面が見にくいことがあります。しかし、こちらのハンディライトを使うことによって、しっかりと地面を照らすことができます。転倒事故などを防ぐことが可能です。

 

ハンディライト本体は、人間工学に基づいて作られておりまして、人に手にしっかりと合うように作られております。単三電池で電源を取ることが可能です。震災の際でも電池があれば光を出すことができるメリットがあります。震災時のために常備するのもおすすめです。

 

ルーメン320点灯時間1時間
タイプ乾電池式
第4位

FENIX

LEDライト

価格:3,809円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

誰でも使え操作楽々なハンディライト

こちらのハンディライトは、単三電池が1本で動作可能となっております。サイズ感も丁度いいので、ランニングやジョギングをする際でも、手軽に持ち運びできるメリットが大きいです。明るさを3段階切り替えることもできますので、バッテリー消費を抑えることも可能です。

 

シュチュエーションにあった光を出すことができるので、目にも優しい傾向にあります。あまりにも明るいと目が疲れてしまうこともあります。丁度いい明るさを出すことができるハンディライトと言えます。

 

操作については、片手でテールプッシュボタンを押すだけで、ライトを光らせることができます。誰でも簡単に扱うことができるハンディライトですので、高齢者の方やお子様でもすぐに使うことができるメリットがあります。

ルーメン記載なし点灯時間2時間
タイプ乾電池式
第3位

ELPA

LEDハンドライト

価格:811円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

光を自分のお好みに調整可能

こちらのハンディライトは、ワイド照射からスポット照射などの調整を行うことができるハンディライトです。散歩をする際におすすめであり、広い道や狭い道などの変化にも対応し、しっかりと道を明るく照らすことができるハンディライトです。

 

明るさの調整も行うことができますので、無駄なバッテリー消費を抑えることも可能です。夜間などの作業にも便利なハンディライトです。ランニングやジョギングであっても、小型コンパクトで軽量な作りになっているので、手軽に持ち出すことができるメリットがあります。

 

連続できる点灯時間が1時間となっております。散歩やランニングにおすすめな点灯時間となっております。アウトドアで使用する場合は、充電式の単三電池を常備しておくと、長時間使うことができます。光を調節できるハンディライトは数少ないのでおすすめと言えます。

ルーメン800点灯時間1時間
タイプ乾電池式
第2位

SUREFIRE

Dual-Output Everyday Carry

価格:23,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滑り止め落下防止、広範囲を明るくできる

こちらのハンディライトは、均一な光を送り出すことができます。広範囲に光を届けることができますので、暗闇でも非常に見やすいハンディライトとして人気です。持ち運ぶ際や、手に持って移動する際でも、滑り止めが付いているので落下することが少ないメリットもあります。

 

500ルーメンの光を照射することができます。これによりアウトドアであっても、しっかりと見やすい環境を作り出すことが可能です。暗い中で、夜間作業をする方にも便利なハンディライトと言えます。

 

光のムラが少ないメリットがありますので、他のハンディライトに比べて、目も疲れにくい傾向にあります。比較的に高価なハンディライトになりますが、長年使うことができる丈夫な作りであり、細かい部分にまで気を使ったハンディライトとなっております。

ルーメン500点灯時間1時間
タイプ乾電池式
第1位

SUREFIRE(シュアファイア)

LEDライト G2X

価格:11,448円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

警察向けの本格的なハンディライト

こちらのハンディライトは、警察向けの仕様になっている珍しいハンディライトです。最大光量を放ってくれるハンディライトとなっておりますので、非常に明るいハンディライトとなります。高性能でありながら、軽量な作りになっているのも魅力の一つです。

 

サイズ感も丁度良いので、持ち運びにも最適なハンディライトです。パラボラリックリフレクターという特殊な機能を搭載し、明るさの強度が強い割りには、広範囲に光を届けることが可能です。

 
バッテリー節約のために2段階の調光を行うことができます。寒冷地でもバッテリーが弱なら異様にナイトロポリマー樹脂を搭載。これにより、寒い地域でも安定したバッテリー持続機能を発揮します。バッテリーを長持ちさせたい方や、寒冷地でも使えるハンディライトを探している方におすすめです。
 
 
ルーメン600点灯時間2時間15分
タイプ乾電池式

ハンディライト商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5033331の画像

    SUREFIRE(シュアファイア)

  • 2
    アイテムID:5033324の画像

    SUREFIRE

  • 3
    アイテムID:5033317の画像

    ELPA

  • 4
    アイテムID:5033315の画像

    FENIX

  • 5
    アイテムID:5033314の画像

    Ledlenser(レッドレンザー)

  • 6
    アイテムID:5033313の画像

    マキタ(Makita)

  • 7
    アイテムID:5033311の画像

    GENTOS(ジェントス)

  • 8
    アイテムID:5033309の画像

    GENTOS(ジェントス)

  • 9
    アイテムID:5033280の画像

    MAG-LITE(マグライト)

  • 10
    アイテムID:5033283の画像

    Wsiiroon jp

  • 商品名
  • LEDライト G2X
  • Dual-Output Everyday Carry
  • LEDハンドライト
  • LEDライト
  • ハンディライト
  • フラッシュライト
  • LED 懐中電灯
  • LED 懐中電灯
  • ミニマグライト
  • 懐中電灯 XM-L2
  • 特徴
  • 警察向けの本格的なハンディライト
  • 滑り止め落下防止、広範囲を明るくできる
  • 光を自分のお好みに調整可能
  • 誰でも使え操作楽々なハンディライト
  • 独自の光学システムで地面が見やすい
  • 充電式でランニングコストを抑えることができる
  • ブーストモード搭載、圧倒的な明るさを実現
  • 131m先まで照らすことができます
  • バッテリーが長持ちするハンディライト
  • 強力な光を遠くまで届けてくれる
  • 価格
  • 11448円(税込)
  • 23000円(税込)
  • 811円(税込)
  • 3809円(税込)
  • 8910円(税込)
  • 5268円(税込)
  • 4848円(税込)
  • 2500円(税込)
  • 3900円(税込)
  • 1099円(税込)
  • ルーメン
  • 600
  • 500
  • 800
  • 記載なし
  • 320
  • 記載なし
  • 950
  • 350
  • 272
  • 1600
  • 点灯時間
  • 2時間15分
  • 1時間
  • 1時間
  • 2時間
  • 1時間
  • 記載なし
  • 3時間
  • 10時間
  • 2時間30分
  • 5時間
  • タイプ
  • 乾電池式
  • 乾電池式
  • 乾電池式
  • 乾電池式
  • 乾電池式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 乾電池式
  • 乾電池式

まとめ

ハンディライトおすすめ人気ランキング10選をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。選び方を参考にすることによって、ハンディライトをもっと明確に選ぶことができるようになるので、是非とも参考にしてみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ