記事ID137715のサムネイル画像

【多彩な音色】ベースマルチエフェクターおすすめ人気ランキング10選

ベースマルチエフェクターはベース用のエフェクターの中でも幅広いサウンドを表現できるアイテムです。この記事ではベースマルチエフェクターのおすすめ商品をランキング方式で解説していますので、ご興味のある方はぜひ最後までご覧頂くことをおすすめします。

圧倒的に多機能なベースマルチエフェクター

音楽にあまり詳しくない方はベースマルチエフェクターと聞いてもどんなアイテムなのかいまいちピンと来ませんね。そもそもエフェクターとはエレキギターやエレキベースのアンプ(音を大きくする機械)の手前に繋いで音を電子的に変化させる機器のことです。

 

エフェクターには二種類あり、一つ目が1種類の音色に特化した単体エフェクターです。そして二つ目が今回のテーマであるマルチエフェクターです。マルチと言う名の通り表現できる音の種類が多く、狭くて深い単体エフェクターと比較して浅く広いのがマルチエフェクターです。

 

中でもベース専用のものをベースマルチエフェクターと言います。搭載されているエフェクトの数は多いもので100種類を超えます。音の加工だけでなくメトロノーム・ドラムマシン・チューナーなど多彩な機能を備えているモデルもあり、1つあれば大活躍のアイテムです。

ベースマルチエフェクターの選び方

ベースマルチエフェクターは出来ることが多すぎて何を基準に選べばよいか分からない方も多いのではないでしょうか。以下で選定基準を大まかに分類して解説していきます。

用途で選ぶ

エフェクターの機能に自分を合わせるのではなく、自分のスタイルに合ったエフェクターを選ぶことが大切です。そのためにも主にどのシーンでエフェクターを使うかをイメージしましょう。

ライブ向きエフェクター

ライブはやはり盛り上げるためのパフォーマンスが重要ですね。ベーシストはボーカルやギターほど派手に動き回るタイプではありませんが、それでもある程度はステージ上を行き来することもあるでしょう。そのような状況でもしっかり操作できる使いやすいものをおすすめします。

 

マルチエフェクターはここぞというタイミングで瞬間的に使う場合が多いので、誤作動を起こさないためにも扱いやすい形状のアイテムを選ぶことが大切です。ライブ用に購入する場合はフットスイッチの位置や搭載数などが自分の求める基準を満たしているかを確認しましょう。

 

またライブ中にチューニングが必要になったときのために、ワンタッチで呼び出すことが可能なクロマチックチューナーを搭載しているものがおすすめです。変則チューニングやチューニング中のミュートに対応しているのものが多いので余計な音を出さない点が優れています。

レコーディング向きエフェクター

多彩なサウンドを演出できるベースマルチエフェクターはレコーディングや自宅録音、動画収録といった言わば作品作りの場でも活躍してくれます。そのような用途に使う方はプリアンプ機能に注目してみましょう。プリアンプとはアンプに近い音質を表現できる機能です。

 

ベース演奏の収録ではケーブルを録音機器に直接つないで音を記録するやり方がしばしば取られます。ライブのようにアンプを使って増幅した音を録音する訳ではないので、サウンドがやや不自然な印象になったり普段聞いている音とは違った仕上がりになることもあります。

 

このようなラインで直接録音する場合でも、あたかもアンプを通して実際に鳴らしたようなサウンドを演出できるのがプリアンプ機能です。さらにXLRバランス出力が可能なモデルならそのままミキサーに繋げるので、レコーディングの可能性がさらに広がります。

練習向きエフェクター

ベーシストに限らず何事も上達するには日々の鍛錬が必要不可欠ですね。ベースの練習はアンプを通したライブ音を聞きながら行うのがベストですが、近隣住民への影響を考えると日常的には使えませんね。静音性を考慮する上で重要となる機能がヘッドホン出力です。

 

ベース・エフェクター・ヘッドホンと接続するだけで自分の耳だけで完結する練習環境が構築できます。もちろんエフェクターとして様々な補正を掛けたサウンドをヘッドホンで出力することも可能です。大体のベースマルチエフェクターにはこのヘッドホン出力端子を備えています。

 

さらにAUXインプットが搭載されているモデルだと音楽と併せて静かに練習することが出来ます。上級者は見えないところで努力をしているものです。自宅でも練習できるベースマルチエフェクターを使って様々な音色を楽しみながらベースの腕を磨いていきましょう。

機能性をチェック

ベースマルチエフェクターはたくさんのオプションを備えているので一つ一つの機能について述べていくことができませんが、特に重要なポイントをかいつまんで解説します。

プリセットをチェック

ベースマルチエフェクターには「プリセット」と呼ばれる、エフェクトやアンプモデリングを組み合わせたサンプル音源が何種類か入っているものが多いです。90年代のフュージョンスラップサウンド、00年代のジャズファンクサウンドなどのフィルターを掛けることができます。

 

ベースマルチエフェクターは出来ることが多すぎて逆に困ってしまうという方も多いでしょう。プリセットはジャンルと言う大きな枠で色々なサウンドを提案してくれるので自分の好みの音を探しやすくなります。そしてそれを簡単に表現できるようサポートしてくれます。

 

エフェクターに慣れていないビギナーの方でも好きなサウンドを見つけて、すぐに使えるのは大きなメリットですね。音作りに慣れている上級者の方も、カスタムしたサウンドを作る際の素材としてプリセットは使えます。自分の演奏を理想の音に近づけてくれる機能です。

ワウペダルをチェック

ワウペダルとは踏み込むことでベースの周波数帯を変化させるペダル型イコライザーです。踏んだ状態で高音域を、上げた状態で中低音域を強調できます。ペダルを踏みこんだり離したりを繰り返すことで「wow-wow」と波打った音が鳴ることからワウと呼ばれています。

 

モデルによって抑揚の付け方やペダルの仕様は様々です。ベースマルチエフェクターにはワウペダルが付いているものと付いていないものがあり、ペダルが本体に搭載されているかどうかですぐに判別できます。しかしワウペダルは必須の機能という訳ではなく個人の好みによります。

 

ワウペダルを使いたければ対応したモデルを購入しましょう。なくても問題ありませんし、後付けで追加することも可能ですのでそれほど悩むポイントでは無いかもしれません。ただフィードバックを自在に操ることができるので演奏が楽しくなることは間違いないでしょう。

リズムマシン・ルーパーをチェック

ベースマルチエフェクターは豊富なエフェクターを搭載しているだけでなく、音楽活動をサポートする様々な便利なオプションが備わっています。中でも特にチェックして頂きたいのがリズムマシンとルーパーで、どちらもベースをより面白くしてくれる機能となっています。

 

リズムマシンは好みのドラムのビートを流して、それに合わせてベースを弾くことができます。テンポに乗ってリズム感のトレーニングを行いたい場合でも、リズムマシンがあれば練習相手を見つけなくても好きなときに一人でセッションができます。ドラムマシンに似た性能ですね。

 

ルーパーは少し上級者向けの機能ですが、リズムパートから演奏パートを録音すればライブに近い感覚で練習することが出来ます。リズムマシンと併用することでよりリアリティの高い音源を作ることが出来ます。リズムマシンとルーパー機能で音楽制作をさらに楽しむことが出来ます。

ブランドで選ぶ

ベースマルチエフェクターの選び方が分からないという方はまずはブランドから決めてみてはいかがでしょうか。たくさんのベーシストに愛用される定番ブランドを3つ紹介します。

BOSS(ボス)

ボスは静岡県浜松市に本社を置く電子楽器メーカー「ローランド」が所有するブランドです。従来のボス社は2018年にローランド社に吸収合併されています。ボス(上司)を踏みつけるようにエフェクターのペダルを踏みこむというコンセプトが社名の由来と一説には言われています。

 

そんなボスはベースマルチエフェクターの王道で、エフェクターを使いこなすベーシストなら皆一度は触れているであろう定番のブランドです。ベース用というだけあって、ギターとは異なるベース独特の重低音やサウンドの太さがしっかりと活かされている作りになっています。

 

エフェクターブランドとして非常に有名で、日本発祥のメーカーでありながら世界中のミュージシャンに愛用されています。ユーザーが多いので情報交換しやすいのもメリットですね。多機能な「GT」シリーズを始めとする様々な優れたベースマルチエフェクターを扱っています。

ZOOM(ズーム)

ズームは東京都千代田区に本拠を構える音響機器メーカーです。レコーダーやエフェクター、オーディオインターフェースなどの音楽関連機器の開発販売を行っています。1983年に現本拠地にて創業し、1990年にアメリカに子会社を設立して以降は世界中に製品を提供しています。

 

マルチエフェクターの先駆けともいえるズームはコストパフォーマンスに優れたアイテムを揃えており、使いやすさとモデリング能力の高さにも定評のあるブランドです。実音と聞き分けることが出来ないほど精巧に作られたサウンドが多くのベーシストを魅了しています。

 

ズームはボスと合わせてベースマルチエフェクターの2大巨頭とも言われるメーカーです。国内メーカーだけあってサポート体制も充実しているので、品質が安定しているアイテムをお求めの方やエフェクターを初めて使うベース初心者の方にもおすすめできるブランドです。

EBS(イービーエス)

EBSは1988年にスウェーデンで生まれたベースアンプ・エフェクターのブランドです。スタジオ楽器のメンテナンスをしていたスタッフの、ベーシストが本当に必要としている機能性・利便性を持った製品を開発したいという思いから創業されたメーカーです。

 

プリアンプ・ヘッドアンプ・キャビネット・エフェクターなどのベースギアの専門メーカーと言うだけあって、全ての機材が低ノイズでベースらしいサウンドを活かす設計になっているのが特徴です。ベースマルチエフェクターは共通してシンプルな操作性を実現しています。

 

ベース用エフェクターはその品質の高さからギタリストからも高い評価を受けており、後にギター用の機材もラインナップに加えています。ユーザーの視点に立った的確な商品設計によって優れたアイテムを提供し続けるEBSは、今後の成長が楽しみなメーカーの一つです。

ベースマルチエフェクターの人気ランキング10選

第10位

ZOOM(ズーム)

ベースマルチエフェクター B1on

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

革新的なペダルエフェクター

コンプレッサーをはじめディストーションやアンプモデル、モジュレーションなど基本的な機能を一通り備えているモデルです。安価ながらAUXIN端子やルーパーも搭載されており、あらゆるベーシストのニーズに応えるベースマルチエフェクターです。

サウンドリズム
アンプ
第9位

VOX(ヴォックス)

StompLab SL2B

価格:6,141円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型ながらパワフルなサウンド

コンパクトなボディに多種多様なサウンドが搭載されており、ロック・ブルース・メタルなど音楽ジャンルごとにカテゴライズされているのでベース初心者の方でも使いやすい設計になっています。安価ながらパフォーマンスに優れたマルチエフェクターです。

サウンドリズム-
アンプ
第8位

Donner

Alpha Bass

価格:7,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自然で艶のある重低音

ピンクのデザインがおしゃれなこちらは3種類のモードで様々な補正効果が得られるベースマルチエフェクターです。コンプレッサーモードでは、ナチュラルかつ太いサウンドが得られます。コーラスモードでは暖かく調和的なベース音を表現できます。

 

そしてバスモードでは音を歪ませて、電子的なサウンドの演出が可能です。スタイリッシュかつコンパクトなのでどこにでも持ち運んで使えるのが嬉しいですね。

サウンド-リズム-
アンプ-
第7位

ZOOM(ズーム)

マルチストンプ MS-60B

価格:8,294円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗練されたノイズリダクション

コンパクトなボディに52種のエフェクトと6種のアンプを内蔵しているベースマルチエフェクターです。ロック・ジャズ・ファンク・ソウルなどあらゆるジャンルのベース演奏に対応するバリエーションが揃っています。

 

価格以上のパフォーマンスに驚きのユーザーコメントも見られます。スタジオでもライブステージでも、また自宅でのトレーニングでも活躍してくれるアイテムです。作りたいサウンドをイメージ通りに表現できるのでおすすめです。

サウンドリズム
アンプ
第6位

ZOOM(ズーム)

マルチエフェクツプロセッサー B1 FOUR

価格:7,970円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

70種以上のエフェクトを搭載

多数のエフェクト・アンプモデルを内蔵し、最新クラスのインパルス応答システムを採用したベースマルチエフェクターです。リズムマシン・ルーパー・チューナーに加えてAUXIN端子により音楽プレイヤーを読み込むことも可能なためトレーニングにも最適です。

 

もちろんライブステージにも対応できるパワフルさと扱いやすさも備えています。ベースの可能性を追及しつつも、費用対効果に優れたマルチエフェクターです。

サウンドリズム
アンプ
第5位

KORG(コルグ)

TONE WORKS AX5B

価格:10,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

数々の名アンプをモデリング

ヴィンテージからスタンダードなアンプまで数々の機材をサンプリングしたエフェクトを16種類搭載してます。オリジナルのアンプサウンドのクォリティを損なうことなく、実機と聞き分けられないほど精巧に再現しています。

 

インパクトのあるチューブ音からクリーンなサウンドまで様々な音作りを楽しめる機材です。軽くて携帯性に優れる上に操作も簡単とレビューでも好評です。マルチエフェクターの扱いに慣れている方なら説明書を読まずとも使えるでしょう。

サウンドリズム-
アンプ
第4位

ZOOM(ズーム)

マルチエフェクツプロセッサー B3n

価格:18,576円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こだわりの70エフェクト

5アンプ・5キャビネットモデルに加え70エフェクトという圧巻のスペックを誇るベースマルチエフェクターです。専用アプリからアンプ・エフェクトパッチを追加することによりオンラインでのアップデートが可能になっています。

 

コンパクトタイプのマルチエフェクターとしての操作性に優れ、さらにルーパー・リズムマシン・チューナーといったオプションも豊富です。追加パッチにより今後の拡充性にも期待できる機材です。

サウンドリズム
アンプ
第3位

EBS

スタジオエディション MULTICOMP-SE

価格:19,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高性能なアナログコンプレッサー

通常のソリッドステートのほかにチューブシミュレーション・マルチバンドの2モードが搭載されており、発売から現在まで多くのベーシストに支持されているベースマルチエフェクターです。電源は9-12Vに対応し音質をさらに向上させています。

 

電源スイッチにはリレー方式を採用しているので、スイッチングノイズやバイパス音のロスを防ぐことが出来ます。スタジオでもハウリングしにくいとレビューでも好評です。

サウンド-リズム-
アンプ
第2位

BOSS(ボス)

Bass Multiple Effects ME-50B

価格:30,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルでハイスペック

高く評価されている同ブランドのギター用「ME-50」の機能を受け継いだベースマルチエフェクターです。コンパクトながら高品位に仕上がっており、上級者はもちろん入門用のエフェクターとしてもおすすめできるアイテムです。

 

ペダル操作で単音を持続させるサウンドホールド機能、DSP発音によるドラムサウンドを鳴らすキックドラム機能はベース・ソロやトレーニングの際に重宝します。

サウンドリズム
アンプ-
第1位

ZOOM(ズーム)

ベース用エフェクト B3

価格:37,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全てを変える次世代エフェクター

エフェクト・アンプモデリング・ルーパー・リズムマシンなどあらゆるベーシストのニーズに応える性能を誇るハイスペックマシンで、ベースを使ったナチュラルな音作りの楽しさを教えてくれるマルチエフェクターです。

 

どんなサウンドメイクも思いのままに実現できるストンプボックス感覚のユーザーインターフェースが使いやすく人気があります。小型で持ち運びしやすい上に多機能でノイズも小さいとレビューでも満足度の高い製品です。

サウンドリズム
アンプ

ベースマルチエフェクターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5033543の画像

    ZOOM(ズーム)

  • 2
    アイテムID:5033573の画像

    BOSS(ボス)

  • 3
    アイテムID:5033591の画像

    EBS

  • 4
    アイテムID:5033613の画像

    ZOOM(ズーム)

  • 5
    アイテムID:5033635の画像

    KORG(コルグ)

  • 6
    アイテムID:5033665の画像

    ZOOM(ズーム)

  • 7
    アイテムID:5033694の画像

    ZOOM(ズーム)

  • 8
    アイテムID:5033703の画像

    Donner

  • 9
    アイテムID:5033712の画像

    VOX(ヴォックス)

  • 10
    アイテムID:5033719の画像

    ZOOM(ズーム)

  • 商品名
  • ベース用エフェクト B3
  • Bass Multiple Effects ME-50B
  • スタジオエディション MULTICOMP-SE
  • マルチエフェクツプロセッサー B3n
  • TONE WORKS AX5B
  • マルチエフェクツプロセッサー B1 FOUR
  • マルチストンプ MS-60B
  • Alpha Bass
  • StompLab SL2B
  • ベースマルチエフェクター B1on
  • 特徴
  • 全てを変える次世代エフェクター
  • シンプルでハイスペック
  • 高性能なアナログコンプレッサー
  • こだわりの70エフェクト
  • 数々の名アンプをモデリング
  • 70種以上のエフェクトを搭載
  • 洗練されたノイズリダクション
  • 自然で艶のある重低音
  • 小型ながらパワフルなサウンド
  • 革新的なペダルエフェクター
  • 価格
  • 37999円(税込)
  • 30240円(税込)
  • 19400円(税込)
  • 18576円(税込)
  • 10800円(税込)
  • 7970円(税込)
  • 8294円(税込)
  • 7100円(税込)
  • 6141円(税込)
  • 4980円(税込)
  • サウンド
  • -
  • -
  • リズム
  • -
  • -
  • -
  • -
  • アンプ
  • -
  • -

まとめ

いかがでしたでしょうか。個々の機能に特化した周辺機器を買い揃えていくより、マルチな性能のベースマルチエフェクターを一つ買う方がコストを抑えられる場合があります。ボタンが多いので使いこなすのに時間が掛かりますが、マスターすればベースがもっと楽しくなるでしょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ