記事ID137712のサムネイル画像

【2019年】スマホ用マイクロSDカードおすすめ人気ランキング10選

スマホでの動画撮影や音楽データの持ち運びにはかかせないマイクロSDカード。数多くの種類が販売されています。機能性・値段・容量など自分に合ったマイクロSDを探してみましょう。ここでは、おすすめのマイクロSDの選び方や、おすすめのマイクロSDを紹介します。

動画撮影や音楽データをどこにでも

動画撮影や音楽データの持ち運びにはかかせないマイクロSDカード。ほんの少し前までは32・64・128GBの容量が主流でしたが、スマホの画質の向上とともに256GB以上のものもたくさん登場しています。

 

転送速度を示す規格もクラス10・UHSのほかビデオスピードクラスが登場し、初めて購入する人にはどれがどういう意味なのか非常にわかりにくいものになっています。国産メーカー品や、コスパ抜群のものなどおすすめでできるだけ安く手にれたいですよね。

 

ここからはマイクロSDカードの選び方を解説しながら、おすすめの商品を人気ランキング形式でご紹介していきます。ぜひあなたの用途にあったぴったりなものを見つけてみてください。

マイクロSDカードの選び方

マイクロSDカードは、容量や転送速度などから目的に合わせて選ぶことが大切です。以下に詳しく説明していきますので、自分の用途にぴったりあったものを選び厳選していきましょう。

マイクロSDのスペックで選ぶ

スピードクラスや転送速度などどこをみればいいのかわからないという方もおおいでしょう。ここでは各機能と選び方をみていきます。

容量で選ぶ

マイクロSDの容量は、大きめを選んでおくと安心ですが大きければ大きいほど値段があがっていってしまうので自分にあった容量をみつけるとよいでしょう。スマートフォンのカメラがどれぐらいの性能なのかはまずは把握しておくべきです。

 

4GBのマイクロSDの場合1200万画素の画像なら1000枚、4K動画なら4分、フルHD動画なら30分、音楽ならおよそ1000曲の保存ができます。高画質・高音質になるほど保存できる容量はすくなくなっていきます。

 

アプリなどの保存は、アプリによって100MB~2GBと全然違うので保存する数によって適した容量はことなります。スマホならば標準的な使用方法で32GB、おおくのビデオをとる場合などは64GB、4Kがとれるスマホとかではかなり大きめなものが必要になります。

スピードクラスで選ぶ(Class)

マイクロSDカードへのデータ書き込み・読み取り速度は「スピードクラス」によって保障されています。現在標準となるのが「class10」になります。自分の用途にあわせて最適なものを選びましょう。

 

スピードクラスは、最低転送速度を保証する規格のことです。「class10」だと1秒あたり10MBのデータ転送が可能という意味になります。速度をさほど重視しないスマホの普段使いであればこのクラスで十分です。

 

UHS非対応機器にUHS対応のマイクロSDを使用した場合は、このSDのスピードクラスが適応されます。ちなみにclass6以下のカードは最近ではあまりみかけなくはなりましたがスマホ写真の容量が大きくなった近年速度に不満を感じることもあるでしょう。

スピードクラスで選ぶ(U)

スピードクラスは「class」の他に「U」表示のものがあります。高画質撮影を可能にした4K・フルHDビデオカメラなどには、UHS対応のマイクロSDカードを選びましょう。UHSの転送速度は「U1」「U3」などのように記載されています。

 

U1なら1秒あたり10MB、U3なら1秒間に30MBの転送速度が保証されています。U3なら容量の大きな4K動画も素早く転送することができます。スマートフォンで4K動画が撮影可能な機種の場合はU3を選択するといいでしょう。

 

ただしUHS規格はSDカードだけではなく、使用する機器側も対応している必要があります。購入前に使用するスマホの機種がUHS規格に対応しているかどうかを確認してから購入するようにしましょう。

ビデオスピードクラス

4K動画などをよりはやく転送したい場合などは、ビデオスピードクラスに対応したマイクロSDカードをおすすめします。速度はV90、V60、V30、V10、V6の5種類から選ぶことができます。

 

V60なら1秒あたり60MBと、より多くのデータ容量を素早く転送できます。スマホで撮影した動画をパソコンにうつして編集したい場合など、転送速度が不安定だとストリーミングコンテンツでは録画時に乱れが起こったりしいます。

 

ビデオスピードクラス対応のSDカードであれば、安定したレコーディングが可能になっています。

最大転送速度で選ぶ

前述した「スピードクラス」とは別に「最大転送速度」という指標もあります。こちらはスピードクラスが転送速度の最低保証を表すのに対して、メーカーが独自で測定した最大の速度になります。

 

この速度は製品によってさまざまですが、高性能を謳うやや高価な製品ほど優れているものが多いです。4K動画のような転送速度が必要なデータ用に使う場合は最大転送速度を参考に選んでみるのもいいでしょう

 

それぞれのビデオフォーマットに対応するスピードクラスに幅があるのは、使用するスマホによってビットレート(1秒あたりのデータ量)が異なるためです。スマートフォンで4K撮影できる機種があってノイズが出てしまい、本格的な4Kビデオカメラには画質が劣ります。

 

高画質であれば同じ4Kでもビットレートが大きく異なります。つまりスマホの機種によってフルハイビジョン動画をとるために30MB/秒必要だったりするのです。きちんとスマホの機種の最大限を活かすためにしっかりと把握しましょう

機能で選ぶ

SDカードには防水や耐衝撃などの耐久性などや、スペック以外の機能がついているものも多数あります。自分の使い方にあったものを選んでスペック以外の機能も快適なものを選びましょう。

SeeQ Vault対応カード

スマホで撮影して保存した動画を、タブレットやパソコン、ビデオカメラなど他のデバイス間で楽しむという方は「SeeQVault(シーキューボルト)」に対応しているものを選びましょう。

 

従来のSDカードでは、動画を撮影したデバイスでしか視聴できないものが多かったのですが、シーキューボルト対応のSDカードなら違う種類の機器で再生することが可能です。スマホでとった動画をそのまま変換せずパソコンでみることができます。

 

逆も可能でBlu-rayレコーダーで録画したドラマや映画、ビデオカメラで撮影したホームビデオなどを、外出先やスマホで楽しむという使い方ができるので動画を持ち運びたい方には必須ので性能です。

防水や耐衝撃などの耐久性で選ぶ

マイクロSD自体に耐久性をもたせたものは、万が一、スマホが破損してしまっても大切なデータは残せる率が高まります。耐久性には防水・耐衝撃・耐温度などがあります。大切なデータを保存するなら耐久性のあるものを選んでおくのがおすすめです。

 

防水であれば、スマホを水の中に万が一落としてしまってもデータは残すことができます。また、登山など寒い場所などで使用する場合にも耐温度などの耐久性の高いものを選ぶのがおすすめになります。

 

自分のライフスタイルにあわせて、大切なデータを保存するために耐久度の高いものを選択するようにしましょう。

保証で選ぶ

容量やスピードクラスが大きくなるほどマイクロSDカードの価格も高くなってきます。同じ機能を持ったものでも、保証の有無によって価格が変わりますので、安心とコストのどちらを優先したいか決めて選ぶといいでしょう。

 

国内メーカーのものは不具合発生時に保証が効きますが、輸入品は保証をうけることができないので注意が必要です。したがって安心感を優先したいのであれば、価格が少し高くても国内メーカーの保証付きのものを選ぶのがおすすめです。

 

保証がないからといって、輸入品のほうが質が悪いということはありません。ただあまりに価格の安いカードは在庫処分品などの可能性もあるのでよく調べてから購入するようにしましょう。

対応規格を確認して選ぶ

使用する機器に対応した規格のものを選ぶことも大切です。マイクロSDカードには、SD・SDHC・SDXCと3つの規格があります。これらの違いは容量でSDは2GBまで、SDHCは4~32GB、SDXCは64GB以上からとなってきます。

 

容量の選び方は前述の通りですが、特にSDHCとSDXCから選ぶ場合、使用するスマホ端末が対応していなければマイクロSDカードに対応していても使用することができません。スマホの説明書などで対応しているかどうか確認するようにしましょう。

スマホ用マイクロSDおすすめランキング10選

第10位

アイ・オー・データ

I-O DATA microSDHCカード32GB

価格:889円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バランスの良い性能

アイ・オー・データは石川県金沢市に本社を置くパソコン・スマホ周辺機器の国内メーカーになります。カスタマーサポートもばっちりで安心して使用することができます。UHSスピードクラスには対応していません。

 

スマホでは基本的には写真しかとらない、もしくは音楽しか聞かないという方にはデータ保存には十分の10classになります。防水機能もついておりスマホの水没にもデータを守れる可能性がおおきいです。

 

変換アダプターが付属しておりSDカードに変換できるのも魅力です。パソコンに接続しスマホ画像や動画のバックアップをとっておくなど色々な使用の仕方があります。防水はIPX7と十分な機能をもっています。

スピードクラスclass10耐久性防水
対応規格SDHC
第9位

東芝

東芝 SeeQVault対応 microSDHCメモリカード 32GB CLASS10 UHS-I (カードリーダ付) MSV-LTA32G

価格:3,050円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SeeQVault対応で複数デバイスを使える

SeeQVaultに対応しており、録画データを他デバイスで視聴したい方におすすめです。カードリーダーを利用すればBlu-rayレコーダーで録画したものをスマホ端末でどこでも楽しんだりできます。

 

専用のカードリーダーは、iPhoneのLightningタイプとAndroidのmicroUSBタイプがありますので購入の際は間違わないようにしましょう。防水・耐X線がありデータ保存も安心なマイクロSDになっています。

 

ビデオカメラからスマホに、連続ドラマを通勤中に鑑賞などアイディアで非常に幅のひろがるマイクロSDカードになります。最大限自分のライフスタイルにあわせたマイクロSDを少し動かしてみましょう

スピードクラスclass10耐久性防水・防X線
対応規格SDHC
第8位

Team

Team microSDHCカード

価格:650円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれでかわいいmicroSD

世界第7位のメモリーメーカー「Team」のマイクロSDカードになります。スタイリッシュなツートンカラーがとってもおしゃれで女子向けのデザインになっています。容量によってカラーが区別されています。

 

カラーが区別されていることによって複数枚持っていも、仕事用・プライベート用などで使い分けるときも一目で見分けがついて便利です。データ転送速度もclass10と十分な速度になっています。

 

値段も32GBで600円台なのに保証もついていると非常にコストパフォーマンスのよいマイクロSDカードになります。

スピードクラスclass10耐久性
対応規格SDHC
第7位

シリコンパワー

microSD カード 32GB

価格:850円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心の永久保証付き

台湾台北市に本社を置くシリコンパワー社のマイクロSDカードになります。スタイリッシュなデザインが魅力的。最大の特徴は安心の永久保証付きになります。日本に支社があるためサポートも国内で万全に受けられます。

 

性能・保証・耐久性とどれをとっても非がなく、その上で800円台とコストパフォーマンスが非常に高く人気の高い商品になります。耐久性も防水・耐衝撃・耐低温・耐X線とかなりの耐久性をもってます。

スピードクラスclass10耐久性防水・耐衝撃・耐低温・耐X線
対応規格SDHC
第6位

トランセンドジャパン

Transcend マイクロSDカード 32GB

価格:880円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バックアップソフトが魅力

高品質・高性能、さらに5年付保証になっています。ECC機能も内蔵されており、転送エラーを自動的に検出・修正してくれるのも大きなポイント。

 

さらに特徴的なのは間違ってデータを消してしまっても大丈夫になっています。トランセンドジャパンのホームページからデータのバックアップが行えるソフトウェアを無償でダウンロードできます。

 

ソフトウェアからバックアップをとっておけば、いつでも安心ですね。耐久性も高く、耐温度、防水、耐磁、耐X線、静電耐性がついています。バックアップに耐久性と非常に安心なマイクロSDになっています。

スピードクラスclass10耐久性耐温度・防水・耐磁・耐X線・制電耐性
対応規格SDHC
第5位

トランセンドジャパン

microSDHCカードTS32GUSDHC10V

価格:2,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性といえばこのSDカード

トランセンドジャパンから発売されているこのマイクロSDカードは、繰り返しの書き込みに強いところが最大の特徴です。防水性・耐衝撃性がそなわっておりスマホの大事なデータをしっかりと守ることができます。

 

高品質のMLC NANDフラッシュを使用することで、最大12,000時間(64GBの場合)のフルHD動画を保存することができます。

スピードクラスclass10耐久性防水・耐温度・制電耐性・耐X線・耐衝撃
対応規格SDHC
第4位

日本サムスン

EVOPlus

価格:980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイスピードでお手頃価格

スピーディーな転送速度・防水・耐温度などの安心感があるマイクロSDカードになっています。さらに10年間の保証がついています。

 

4K UHD動画を遅延なく録画・再生が可能になっています。512GBモデルでは読み出し速度は最大100MB/S、書き込み速度は90MB/sとなっています。3GBの動画ならわずか38秒で読み込み完了します。

 

付属のSDカードアダプターを用いることで、SDカードとしても使用可能で多岐に渡るデバイスで使用することが可能です。アダプターを使用しても本来の速度や性能は損なわず細部まで動画をみることができます。

スピードクラスclass10耐久性防水・耐温度・耐磁・耐X線
対応規格SDHC
第3位

SanDisk

microSDHC ULTRA

価格:550円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手頃価格で信頼性トップクラス

とにかく安く購入したい、という方やたくさんのマイクロSDカードが必要な方におすすめなのが、サンディスクのマイクロSDカードのULTRAになります。容量32GB、スピードクラスはU1と必要十分でありながら1000円以下で手にいれることができます。

 

保証や耐久性がないのは残念ではありますが、フラッシュメモリー製品などで信頼のあるサンディスク製ですから、安心して使用できるでしょう。コストパフォーマンス重視で探すのならぴったりでしょう。

スピードクラスclass10耐久性
対応規格SDHC
第2位

東芝(TOSHIBA)

microSDHCカード MSDAR40N32G

価格:1,459円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

信頼度の高い国内メーカーの東芝製

並行輸入品のため、東芝製品でありながら価格が1000円台とコストパフォーマンスは抜群です。日本のメーカーにこだわりたい方にはおすすめの一品です。残念ながらサポートはついていませんが、防水・耐X線をクリアしていますので、耐久性も抜群です。

 

防水機能はIPX7。15度~35度の水道水(静水、水深1M)に静かにしずめて30分間放置後、取り出して動作可能な基準となっています。雨や簡単な水濡れな安心して使用することができます。

スピードクラスclass10耐久性防水・耐X線
対応規格SDHC
第1位

SanDisk

microSDHC SDSQUAR-032G-GN6MA

価格:810円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

容量のラインナップが豊富

最大400GBまで5種類の容量の中から好みの容量が選べるサンディスクのマイクロSDカードになります。スマホやタブレットはもちろん、ゲームデータの保存やデジカメ・ビデオカメラでの撮影なども対応できます。

 

スピードクラスはU1で高速転送にも対応。スマホでアプリ起動時のスマホやタブレットの内部ストレージに匹敵するA1規格にも対応しています。スマホで使用するのであれば一番おすすめのマイクロSDカードで堂々のおすすめ第1位となっています。

スピードクラスclass10耐久性
対応規格SDHC

スマホのおすすめマイクロSDカード一覧

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5033165の画像

    SanDisk

  • 2
    アイテムID:5033162の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • 3
    アイテムID:5033157の画像

    SanDisk

  • 4
    アイテムID:5033150の画像

    日本サムスン

  • 5
    アイテムID:5033142の画像

    トランセンドジャパン

  • 6
    アイテムID:5033135の画像

    トランセンドジャパン

  • 7
    アイテムID:5033124の画像

    シリコンパワー

  • 8
    アイテムID:5033099の画像

    Team

  • 9
    アイテムID:5033064の画像

    東芝

  • 10
    アイテムID:5033035の画像

    アイ・オー・データ

  • 商品名
  • microSDHC SDSQUAR-032G-GN6MA
  • microSDHCカード MSDAR40N32G
  • microSDHC ULTRA
  • EVOPlus
  • microSDHCカードTS32GUSDHC10V
  • Transcend マイクロSDカード 32GB
  • microSD カード 32GB
  • Team microSDHCカード
  • 東芝 SeeQVault対応 microSDHCメモリカード 32GB CLASS10 UHS-I (カードリーダ付) MSV-LTA32G
  • I-O DATA microSDHCカード32GB
  • 特徴
  • 容量のラインナップが豊富
  • 信頼度の高い国内メーカーの東芝製
  • お手頃価格で信頼性トップクラス
  • ハイスピードでお手頃価格
  • 耐久性といえばこのSDカード
  • バックアップソフトが魅力
  • 安心の永久保証付き
  • おしゃれでかわいいmicroSD
  • SeeQVault対応で複数デバイスを使える
  • バランスの良い性能
  • 価格
  • 810円(税込)
  • 1459円(税込)
  • 550円(税込)
  • 980円(税込)
  • 2380円(税込)
  • 880円(税込)
  • 850円(税込)
  • 650円(税込)
  • 3050円(税込)
  • 889円(税込)
  • スピードクラス
  • class10
  • class10
  • class10
  • class10
  • class10
  • class10
  • class10
  • class10
  • class10
  • class10
  • 耐久性
  • 防水・耐X線
  • 防水・耐温度・耐磁・耐X線
  • 防水・耐温度・制電耐性・耐X線・耐衝撃
  • 耐温度・防水・耐磁・耐X線・制電耐性
  • 防水・耐衝撃・耐低温・耐X線
  • 防水・防X線
  • 防水
  • 対応規格
  • SDHC
  • SDHC
  • SDHC
  • SDHC
  • SDHC
  • SDHC
  • SDHC
  • SDHC
  • SDHC
  • SDHC

まとめ

スマホのおすすめマイクロSDカードランキング10選はいかがだったでしょうか。スマホのカメラ性能は日々進化しています。それにともないマイクロSDカードも日々進化を続けています。ぜひ自分のライフスタイルにあったマイクロSDカードを選んで大切な思い出をしっかりと残していきましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ