記事ID137686のサムネイル画像

【美味しくて大活躍】人気の燻製食材おすすめ商品ランキング10選

燻製をする際の食材は、肉や魚介類、ナッツなど幅広い種類から選ぶことができます。そのまま食べても良し、カットして他の料理の具材に使用しても良しと、アレンジ力も抜群です。そこで今回、おすすめの燻製食材をランキング形式でご紹介します。

こだわりの燻製食材で夏を楽しもう

燻製は、「自分で作ると手間がかかるし大変」。そう思っている方も多いかもしれませんが、実は、とても簡単に作ることができます。そもそも燻製とは、塩漬けした肉や魚などに煙をかけた保存食のことです。

 

近年では、保存食としてだけではなく、食材に染み込んだ燻製の香りそのものを好んで食べる人が続々と増えています。燻製に合う食材は多様多種で、自分好みの燻製を楽しむことができるのも大きなポイントです。

 

今回ご紹介する燻製食材のおすすめランキングを参考にして、あなたもこだわりの燻製食材を見つけてみませんか。特に、これからの暑い季節にぴったりの燻製ができあがるはずです。

燻製食材の選び方

燻製食材は意外にも多く、燻製をしたいけれど何を選べばよいかわからないというかたもたくさんいます。そこで、燻製食材を選ぶ際のポイントをあらかじめ押さえておきましょう。

作り方で選ぶ

燻製には、主に3つの種類があります。あなたがどの燻製方法をするのかによっても、適切な燻製食材が異なります。それぞれの燻製の方法について、あらかじめ確認しておきましょう。

冷燻

冷燻は、25度以下の低温で行う燻製方法です。長い時間をかけて燻製するため、水分が抜け、長期保存が可能になります。 仕上がりは非常にドライで、煙も冷たいものをあてます。

 

一般的には、寒い時期に行われる燻製方法で、比較的大きなスモーカー(燻製器)が使われることが多いです。しかし、ご家庭などでは、ダンボールなどでも代用できるため、気軽に試すことができます。

 

冷燻を行う際の代表的な燻製食材は、「生ハム」です。燻製をして熟成1年でようやく完成すると言われますが、時間がかかるほど価値があります。長期熟成された生ハムは格別です。強制的に脱水をさせれば、少々干し肉のようになりますが、3ヶ月程度で仕上がる場合もあります。

温燻

もっとも一般的な、燻製器内の温度を50~80℃に保って1~6時間ほど燻製する方法です。保存期間は数日~1週間程度となります。温度管理がむずかしいため、小型のスモーカーよりは中型、大型を使った方が扱いやすいです。冷燻同様、ダンボールでも代用できます。

 

温燻がもっとも一般的ということもあり、不適切な食材を探すことの方が難しいかもしれません。しかし、あえて言うとすれば、タンパク質を多く含む食材が向いています。

 

生肉、焼肉、ハム、ソーセージ、生魚、焼き魚、干し物、練り物等、乳製品、野菜など、挙げるとキリがありませんが、最終的には個人の好みになってきます。「タンパク質」に注目して、食材を選んでみると良いでしょう

熱燻

熱燻は、80度以上の高温で1時間程度スモークする方法です。中華鍋や土鍋など、深さのある鍋で行うことができます。保存性はあまりなく、煙をかけた風味の味わいを楽しむために利用される場合が多いです。

 

素材の水分が多く残っているため、とてもジューシーな仕上がりになります。この場合、肉類や魚介類であれば、脂身のやわらかさなどを感じることができます。

食材の種類で選ぶ

もし、あなたがまだどのような方法で燻製を行うのか決めていないのであれば、燻製にしたい食材から決めても問題ありません。肉類や魚介類など、食材にも様々な種類がありますが、どのようなものが燻製に合うのか見ていきましょう。

肉類

燻製は、古く恐らく狩猟時代の頃からあった調理法ともいわれています。狩った獲物を焼くことにより、自然と燻されて肉の長期保存ができたことで、もともと「肉類を保存するためにできた」歴史とも言えます。

 

そのため、燻製にするのであれば、肉類は何でも合うと考えても問題ないでしょう。ベーコンやビーフジャーキー、鴨のスモークなど、おいしい燻製料理として1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

ただし、単に肉類といっても、使う部位によっては仕上がりが大きく変わってきます。牛肉のバラは、やや固いためジャーキー向き、鶏ささみは、脂肪が少なくササミジャーキー向き、豚肉の肩ロースは、柔らかく濃い味のためベーコン向き、などです。

魚介類

魚介類の燻製は、いまや居酒屋のおつまみとして人気になっています。特に、マス、サーモン、イカ、タコ、ホタテの貝柱、エビなどは、前菜やおつまみにぴったりです。また、身がしっかりしている鯖の燻製も、ご家庭のおかずとしても人気を集めています。

 

しかし、魚介類の場合は水分が多く、燻製の時間や手間もかかるため、初心者の方には少し難しいとも言われています。それでも、魚介類の燻製に挑戦したいという場合には、はじめは「干物」を使用することをおすすめします。

 

魚介類の干物は、水分がすでに抜けた状態であるため、比較的手軽に燻製することができます。もちろん、干物で仕上げた燻製も十分美味しく食べることができます。燻製初心者の方は、ぜひ干物から試してみてはいかがでしょうか。

野菜

「みずみずしい野菜は燻製に向かないのではないか」という疑問を抱く方も多いかもしれません。その通りで、野菜はこれまで燻製には向かないとされてきました。しかし、なかには燻製することで、より甘みがでて、美味しく食べることができる野菜もあります

 

トマトやじゃがいも、たまねぎなどは、実際に燻製されており、販売されている商品もあります。しかし、これまで燻製には向かないとされてきた理由としては、燻製はできるけれども、美味しく仕上げることができないことです。

 

そのため、野菜の燻製は非常に難易度が高いと考えてください。もし、あなたが燻製初心者であれば、おすすめできません。ぜひ、そのほかの食材で燻製の腕を磨いてから、挑戦してみてくださいね。

変わり種

王道の肉類、魚介類ではなく、少し変わった燻製を味わってみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時には、通常はおつまみやお菓子、果物として販売されている商品がおすすめです。

 

たとえば、「ポテトチップス」の燻製は、短い時間でささっと燻製の香りをつければ、大人のおつまみに大変身します。さらに驚きの変わり種としては、「バナナ」です。火をとおしたバナナというのは東南アジアなどでは定番ですが、日本では馴染みがありませんよね。

 

もちろん、人によって好き嫌いはありますが、苦みと甘みのハーモニーが絶妙で、まるで「ブランデーのような味わい」と言われています。気になる方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

価格や容量で選ぶ

燻製は、比較的簡単にできる方法や燻製食材もあるとはいえ、時間がかかる調理方法です。初めての方にとっては、なおさら下ごしらえや燻製にも手間取ってしまうことでしょう。もしかすると、一度や二度は失敗してしまうこともあるかもしれません。

 

そのようなリスクを考え、失敗しても再度挑戦しやすいように業務用の安い商品を選んだり、どこでも手に入りやすい燻製食材を手に入れておくと安心です。

 

はじめから高価であったり、希少な食材を使用することはおすすめできません。燻製は、高くて質の良い燻製食材を使用すれば良いというわけではなく、安くて手頃な燻製食材でも十分美味しく仕上げることができますので、燻製食材の価格や容量には注意しましょう。

燻製食材のおすすめ商品ランキング10選

第10位

The Meat Guy

グラスフェッドビーフ

価格:3,500円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サーロインブロック

オーストラリア産牛ロースのブロック(かたまり肉) 1kgという驚きの商品です。お好みの厚さのステーキにカットしたり、ちょっと贅沢なローストビーフ、又はバーベキューグリルで丸ごと豪快に焼いて贅沢に楽しむことができます。

 

そして、牛肉の燻製といえば「ビーフジャーキー」です。手作りのビーフジャーキーの人気の理由は、市販されているビーフジャーキーとは比べ物にならない旨さです。添加物なしで仕上げるオールドビーフジャーキーは、燻製の最高峰と言われるほど人気です。

 

赤身でさっぱり&ヘルシーなオージー牛肉ファンの方にはもちろん、「和牛種のサーロイン塊をローストビーフにしてしまうのは気が引ける」という方にもおすすめの商品です。ぜひ、このお肉で燻製も試してみてください。

種類肉類内容量1kg
冷燻温燻
熱燻
第9位

黒帯

生ほたて

価格:5,450円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

北海道産の天然帆立

肉厚でプリプリした食感が特徴の北海道天然帆立です。ノンドリップ製法の急速冷凍で瞬間凍結した帆立は、解凍後も綺麗です。黒帯の帆立は、生臭さがありません。刺身や海鮮丼で食べる際には、ホタテの旨みをしっかりと堪能することができます。

 

加熱すると中に閉じ込めてある「帆立の旨み」に甘さが加わり、表面から溢れるホタテの肉汁が新鮮さを裏付けます。北海道を代表する万能海鮮ともいえる生帆立の貝柱が、お得な大容量パックで楽しめます。

 

お刺身、海鮮丼、お寿司具材、BBQのほか、燻製にもピッタリの燻製食材です。ホタテの燻製は、熱燻、温燻、冷燻と、全ての燻製方法で作成可能ですが、特におすすめなのは温燻です。様々なお料理にも合いますので、ぜひ試してみてください。

種類魚介類内容量1kg
冷燻温燻
熱燻
第8位

大和まほろば

熊本県産トマト

価格:1,700円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

熊本応援商品

色艶やかで、果肉の厚みもうれしい熊本県産のトマト(Lサイズ)です。そのまま食べても、トマト本来の、濃厚で甘味と酸味のバランスが良い味わいを楽しめますが、燻製すると味がまろやかになり、甘みと旨みが存分に引きだされ、フルーツのような味わいになります。

 

トマトのように、色の強い食材は、燻製したことによる見た目はあまり変わりません。しかし、燻製は色ではなく、香りが重要です。食べてみると、トマトの甘みに加え、燻製の風味が口の中で一気に広がるのを実感することができます。

 

また、できたてももちろん美味しいですが、少し冷まして食べると、燻製の味がより引き立ちます。おつまみとしてどのようなお酒にも合いますが、特に、黒ビールの香ばしさと相性が抜群と言われています。

種類野菜内容量約4kg(20個)
冷燻温燻
熱燻
第7位

株式会社富澤商店

ミックスナッツ

価格:2,150円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アーモンド&カシューナッツ&くるみ

くるみ、アーモンド、カシューナッツの人気の3種類のナッツが、バランスよくミックスされたミックスナッツです。塩味などはついていない、シンプルなローストになっています。そのままおやつにしても、お菓子やパン作りの材料にもできて便利です。

 

そして、燻製食材としても大活躍のミックスナッツは、燻製すると余分な脂が落ちるため、ヘルシーに食べることができ非常に人気です。また、下処理も必要ないため、驚くほど簡単に燻製が出来上がります。

 

燻製のポイントは、「焦がさない」ことだけです。ビールでも、ワインでも、ウイスキーでも、燻製の風味でいくらでも食べることができるため、ぜひ、お好みのお酒とあわせて楽しんでみてください。

種類ナッツ内容量1kg
冷燻温燻
熱燻
第6位

プールドゥール

国産鶏肉 ささみ

価格:1,540円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特選若鶏のささみ肉

主に、岩手県産の「あべどり」もしくは「十文字鶏」がメインで、宮崎サンフーズ(宮崎県産) や北海道、青森県などの国産若鶏のささみ肉がお得になった大容量パックです。ささみは、燻製することにより、しっとりとしたやさしい味わいになります。

 

鶏ささみの燻製は、おつまみとしてそのまま食べるのも良し、サラダにトッピングするも良し、チーズに乗せるも良しと、様々な食シーンで活躍し、なおかつヘルシーなので、たくさん食べても気になりません。
 
 
また、どんなお酒にもピッタリのため、一緒に呑んでいる人と楽しめたり、日替わりでお酒の種類を変えて楽しむことができるのも嬉しいポイントです。
 
種類肉類内容量2kg
冷燻温燻
熱燻
第5位

雪印

ファミリア チーズ

価格:2,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お得な5個セット

大容量のお徳用サイズのチーズです。このチーズを燻製にした「スモークチーズ」は、おつまみやおやつにぴったりです。スーパーやコンビニでも気軽に買うことができますが、準備も簡単で、燻す時間も短いため、燻製初心者の方でも挑戦しやすい人気食材です。

 

チーズを燻製にする際には、チーズが溶けないギリギリの温度調整が必要です。また、チーズには、ナチュラルチーズとプロセスチーズの2種類がありますが、スモークチーズに向いているのは「プロセスチーズ」です。

 

もちろん、ナチュラルチーズで燻製をしても非常に美味しいです。しかし、温度管理を誤ると簡単に溶けてどろどろになってしまうため、扱いやすいのはプロセスチーズです。燻製の入門として、ぜひチーズから挑戦してみてはいかがでしょうか。

種類乳製品内容量350g
冷燻温燻
熱燻
第4位

株式会社セーラー

日本一こだわり卵

価格:2,860円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

栄養豊富

美容と健康に欠かせないビタミンEを、普通の卵よりはるかに多く含有する日本一こだわり卵です。日本一こだわり卵は、日本のトップ料理人ホテルオークラの総料理長に、「まさしく日本一こだわった卵だ」と称賛され、命名された卵です。

 

せっかくだから美味しい新鮮な卵をお取り寄せしたい、栄養価が高い卵だから子どもに食べさせたい、という方にもおすすめです。

 

また、たまごは、燻製食材の中でも比較的手軽に作ることができるおすすめの食材です。火加減によって黄味の半熟具合が変わってくるため、自分好みのものを探してみてはいかかがでしょうか。

種類-内容量30個
冷燻温燻
熱燻
第3位

尾張まるはち

トラウトサーモン

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いろんな楽しみ方

刺身用として食べやすいように皮などを取り除いたトラウトサーモンです。生食可能な新鮮なサーモンですので、解凍後そのまま刺身、寿司、サーモン・いくら丼などで召し上がれます。もちろん、グリルやバター焼き、燻製などの調理も可能です。

 

ご自宅用はもちろん、ギフトやパーティでのお食事用のほか、お歳暮、お正月、お中元などの贈り物にも利用されています。

 

燻製サーモンは、そのまま食べてお酒のおつまみにするもよし、ほぐしておにぎりやお茶漬けに使うも良しです。ひとつの食材で、さまざまな楽しみ方ができます。

種類魚介類内容量1枚(約250~300g)
冷燻温燻
熱燻
第2位

シーフードマックス

ポークソーセージ

価格:990円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量1kg

お買い得な業務用の冷凍ポークソーセージで、たっぷり大容量の1kg(約50本入り)です。バラ凍結のため、使いたい分量だけ解凍することができ、非常に便利です。冷凍庫の常備品としても活躍します。

 

燻製以外にも、朝食やお弁当・バーベキューなどにもオススメの本格的ポークウインナーで、焼いてよし、茹でてよし、煮込み料理などにも美味しい出汁が引き立て役として最適です。

 

1kgと存分にお楽しみいただける量が魅力の定番商品ですので、たっぷり燻製にして、少しずつ燻製のソーセージを味わってみませんか。

種類肉類内容量1kg
冷燻温燻
熱燻
第1位

シーフードマックス

ベーコン切り落し 選別品

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジューシーな上級品

正規品を製造した際にどうしても出てしまう、切り落し部分を選別し、大判で調理しやすい部分だけを集めました。厚みや長さが不揃いな事と、場合により一部真空漏れが見られるために訳あり商品となっていますが、質は間違いなく、非常に使いやすい商品です。

 

もちろん、燻製だけではなく、お好みでサッと焼いても柔らかくジューシーな味を楽しむことができます。もちろん脂の質も良好のため、クセや臭みが無く、非常に食べやすい味です。

 

塩味も控えめで、上品な香りのため、どなたにもおすすめできる味付けになっています。是非、この機会に燻製食材として試してみてくださいね。

種類肉類内容量1kg
冷燻温燻
熱燻

燻製食材のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5032560の画像

    シーフードマックス

  • 2
    アイテムID:5032570の画像

    シーフードマックス

  • 3
    アイテムID:5032577の画像

    尾張まるはち

  • 4
    アイテムID:5032583の画像

    株式会社セーラー

  • 5
    アイテムID:5034278の画像

    雪印

  • 6
    アイテムID:5034288の画像

    プールドゥール

  • 7
    アイテムID:5034292の画像

    株式会社富澤商店

  • 8
    アイテムID:5034296の画像

    大和まほろば

  • 9
    アイテムID:5034308の画像

    黒帯

  • 10
    アイテムID:5034318の画像

    The Meat Guy

  • 商品名
  • ベーコン切り落し 選別品
  • ポークソーセージ
  • トラウトサーモン
  • 日本一こだわり卵
  • ファミリア チーズ
  • 国産鶏肉 ささみ
  • ミックスナッツ
  • 熊本県産トマト
  • 生ほたて
  • グラスフェッドビーフ
  • 特徴
  • ジューシーな上級品
  • 大容量1kg
  • いろんな楽しみ方
  • 栄養豊富
  • お得な5個セット
  • 特選若鶏のささみ肉
  • アーモンド&カシューナッツ&くるみ
  • 熊本応援商品
  • 北海道産の天然帆立
  • サーロインブロック
  • 価格
  • 1999円(税込)
  • 990円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 2860円(税込)
  • 2800円(税込)
  • 1540円(税込)
  • 2150円(税込)
  • 1700円(税込)
  • 5450円(税込)
  • 3500円(税込)
  • 種類
  • 肉類
  • 肉類
  • 魚介類
  • -
  • 乳製品
  • 肉類
  • ナッツ
  • 野菜
  • 魚介類
  • 肉類
  • 内容量
  • 1kg
  • 1kg
  • 1枚(約250~300g)
  • 30個
  • 350g
  • 2kg
  • 1kg
  • 約4kg(20個)
  • 1kg
  • 1kg
  • 冷燻
  • 温燻
  • 熱燻

まとめ

ここまで、おすすめの燻製食材をランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。気になる食材は見つかりましたでしょうか。

 

燻製食材はとても幅広く展開されていて、皆さんにとっては意外と思われる食材も、燻製にすると美味しく仕上がり、これまでとは違う食の楽しみ方ができます。

 

ぜひ、あなたにぴったりの燻製食材を手に入れて、美味しく楽しく燻製を味わってみてください。きっと、これまでとは違う世界が目の前に広がるはずです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ