記事ID137678のサムネイル画像

【最新版】スニーカーにおすすめ防水スプレー人気ランキング10選

毎日履く靴のお手入れ、みなさんはどのくらいしているでしょうか。防水スプレーがあれば、かけておくだけで、突然の雨からも大切なスニーカーを守ってくれますよ。汚れもつきにくくなり、スニーカーを長持ちさせることができるのでぜひ使ってみて下さい。

防水スプレーで大切なスニーカーを守ろう

皆さんは普段履いているスニーカーのお手入れをどのくらいしているでしょうか。防水スプレーがあれば、新品のスニーカーにかけておくだけで、急な雨からもスニーカーを守ってくれます。

 

汚れもつきにくくなるため、スニーカーを洗うのも楽になります。特に利用頻度が高いスニーカーは汚れや傷みが早いので、防水スプレーを使うことで長持ちさせることができます。

 

ですが、防水スプレーはたくさんのメーカーから販売されており、どれを選んだらいいのか迷ってしまいます。スニーカーの生地によって、おすすめの防水スプレーも異なりますので、今回は防水スプレーの選び方、おすすめ商品10選を紹介していきたいと思います。

スニーカーの防水スプレーの選び方

まずは、防水スプレーの選び方を説明していきます。スニーカーの生地によっては、誤ったスプレーをかけるとシミや傷みの原因にもなってしまいます。ご自身のスニーカーに合った適切な防水スプレーを選んでいきましょう。

種類で選ぶ

防水スプレーには、大きく分けてフッ素系スプレーとシリコン系スプレーの2つがあります。さらに、その2つのいいとこどりをしたハイブリット系スプレーも販売がされています。それぞれの特徴を説明していきたいと思います。

フッ素系スプレー

スニーカーに使用する防水スプレーとしては、フッ素系スプレーがおすすめです。スニーカー全体にふきかけることで、繊維一本一本をコーティングし、水をはじいてくれます。通気性や風合いを損なずに、防水・撥水し汚れも防いでくれるアイテムです。

 

なお、ゴアテックスのスニーカーのような透湿性に優れているスニーカーは、フッ素系のスプレーの使用をおすすめします。シリコン系防水スプレーは、はっ水力が高い一方で、通気性もカットしてしまうため、風合いを損ねてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

フッ素系防水スプレーは、スニーカーや布製品用の防水スプレーとして一般的です。シミにもなりにくく、通気性も維持できるのでスニーカーに利用する場合には、フッ素系がおすすめです。

シリコン系スプレー

シリコン系防水スプレーは、生地表面に被膜を作ってコーティングをします。スニーカー全体に膜を張ることで防水するイメージになります。そのため、はっ水力は非常に高いのですが、通気性が損なわれてしまいます。

 

通気性・透湿性がなくなってしまうことから、靴の場合は使える素材が限られており、雨具やアウトドア用品に使われることが多いです。

 

スニーカー用としてはあまり使われることはないのですが、万が一使用する場合には、ご自身のスニーカーの生地を確認してください。合わない素材に使用してしまうと、スニーカーを痛める原因となりますので、注意が必要です。

ハイブリット系スプレー

基本はフッ素系防水スプレー・シリコン系スプレーの2種類ですが、中には2種類の混合タイプのハイブリット系スプレーも販売されています。

 

シリコン系スプレーの特徴である、持続性のある高いはっ水力とフッ素系スプレーの汚れのつきずらさを合わせもつタイプです。

 

ただし、シリコン系スプレーと同様にアウトドア用品やレインウェア、ベランダや屋上などの防水、防汚として使用されることがほとんどで、スニーカーへの使用がNGな場合が多いため、誤って使うことのないように注意が必要です。

効果で選ぶ

防水スプレーには、防水・はっ水・防汚の効果がありますが、どのような用途で使うかによっておすすめの防水スプレーが異なってきます。ご自身の用途に合わせて選んでみてください。

重視する効能で選ぶ

防水スプレーには、防水・はっ水・汚れを防ぐといった、大切なスニーカーを守るためのメリットがたくさんあります。

 

日常生活の中で使うのであれば、どの防水スプレーを使用しても効果を実感することができるかと思います。ただし、登山やキャンプのような汚れがつきやすいシーンでは、油汚れや泥をはじく効果が高いものがおすすめです。

 

スキーやスノーボードなどで、雪の降る地域へ行く場合には、防水効果・はっ水効果に特化している商品を選ぶのがよいでしょう。利用するシーンに応じて、特化しているアイテムを選んでみてください。

デリーケートな生地のスニーカーでも使えるものを選ぶ

スニーカーには様々な生地の製品があります。水洗いOKな布製のキャンバス素材・合成皮革もあれば、水洗いNGなスエード素材・レザー(天然皮革)などお手入れの方法もどんな素材を使っているかによって異なります。

 

シリコン系防水スプレーは使用できる素材が限られてしまうため、オールマイティーに使用できるフッ素系防水スプレーがおすすめです。

 

フッ素系防水スプレーのなかでも、ゴアテックスのようなハイテク防水素材を使用しているスニーカーにも使用できると表記している商品もあります。使用可能素材の表記をしっかりと確認してから購入しましょう。

乾燥が早く、出かける直前にも使えるものを選ぶ

防水スプレーの効果がでるまでの時間は商品によって異なります。ものによっては、一日置かないと効果を発揮しないものや、繰り返し噴射する必要があり、手間がかかってしまうものもあります。

 

一般的には10分~1時間程度で効果がでるものが多いですが、お出かけの直前に雨が降ってきたり、出かけ先で豪雨になってしまい、今すぐ効果を発揮してほしい時もあるかと思います。

 

そんな時には、即効性のある防水スプレーを選ぶのがおすすめです。速いものでは、噴射後1分程度で効果がでるものもありますので、ぜひ試してみてください。

コスパで選ぶ

何かを購入する時に、重要なポイントの一つとなるのがコスパです。大容量や安く買える商品もありますので、ぜひチェックしてみてください。

リーズナブルなものを選ぶ

どんな商品を買う時でも、気になるのは価格かと思います。防水スプレーはものによって価格が異なりますので、選ぶときのポイントの一つにしてみてください。

 

リーズナブルな防水スプレーだと、1000円未満で購入することができます。防水スプレーの多くは1000~2000円程度で販売されています。ただし、まとめ買いで安くなったり、大容量でお得なものもありますので、内容量と値段を比較してみてください。

 

また、防水スプレーは繰り返し使うものになるので、気に入ったものがあればネットでまとめ買いすることで安くなる場合もあるので、チェックしてみてください。

たくさん使える大容量タイプを選ぶ

スニーカーをたくさん持っていたり、家族で使う場合には大容量タイプがおすすめです。また、フッ素系の防水スプレーであれば、スニーカー以外にもカバンや雨具、レジャー用品にも使うことができるため、大容量タイプは重宝します。

 

400ml以上の防水スプレーであれば大容量といえる大きさです。大容量サイズはたくさん販売されており、種類も豊富なため選択肢の幅も広がります。

 

中には、通常サイズと大容量サイズが販売されている商品もありますので、気になる場合には通常サイズを試してみてから、大容量の購入を検討することもできます。

スニーカーの防水スプレーランキング10選

第10位

ヴィオラ防水スプレー300ml

価格:1,944円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お出かけ前でも間に合う防水スプレー

フッ素系防水スプレーで、雨や雪の日でもしっかりと防水・はっ水してくれます。泥や油分の汚れなども防いでくれるので、大切なスニーカーをダメージから守ることができます。

 

通常の防水スプレーは噴射してから効果が出るまでに少し時間がかかりますが、ヴィオラの防水スプレーは、仕上がりの早さが特徴です。噴射後約15~20分後には効果が発揮されはじめるので、時間のないお出かけ前でも手軽に使うことができます。

 

革製品も布製品にも使えるので、スニーカーはもちろんバッグなどに使うことができ、オールマイティに使用することができます。

主成分フッ素系樹脂使用可能な素材表革、起毛革、布、ナイロン、合成皮革
内容量300ml
第9位

ジョンソン

防水・防汚スプレー

価格:879円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

靴にも使えるシリコン系防水スプレー

シリコン系防水スプレーを選ぶのであればこちらがおすすめです。シリコンによって表面に被膜を作りしっかりと水やほこりをはじいてくれるのがKIWIの防水スプレーです。シリコン系ではありますが、通気性を保ってくれます。

 

スエード、ヌバックなどの皮革製品に使用できますが、ドライクリーニングできない布地やエナメルは使用不可のため、ご自身のスニーカーの素材をよく確認したうえでの使用をおすすめします。

 

防水性の高さや内容量の多さが評判ではありますが、臭いがきついと感じる方も多くいますので、噴射後しばらくおいた後にスニーカーを使用するのが良いでしょう。

主成分シリコン使用可能な素材レザー、スエード、ヌバック
内容量420ml
第8位

REPEL SPRAY 5.4oz. 159.7ml

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュでおしゃれなデザインのエアポンプ式スプレー

スニーカーショップやシューズケア商品を扱うブランドとして有名なジェイソンマークから販売されている防水スプレーです。スニーカーを耐久性と通気性を持たせるようコーティングし、強力なはっ水力を発揮します。

 

ジェイソンマークの防水スプレーは水溶性のため、素材の風合いを損ねる心配なく使用することができます。スウェード、ヌバック、レザー、ナイロン、キャンバスといった吸水性がある素材にも幅広く使用することができます。

 

握りやすいハンドルタイプとなっているので、数回レバーを引くだけで全体にムラなくふきつけることが可能です。また、ガス式とは異なり、エアポンプ式になっているため残量も把握しやすく安心です。

主成分水溶性使用可能な素材スウェード、ヌバック、レザー、キャンバス
内容量159.7ml
第7位

Crep Protect

防水スプレー

価格:1,604円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汚れから大切なスニーカーを守るならクレップのスプレー

雨や汚れ、シミから大切なスニーカーを守ってくれるのがクレッププロテクトの防水スプレーです。はっ水力が高く、ほとんどの液体を寄せ付けないため、雨の日の防水はもちろん、泥水や飲み物をこぼしてしまった時でも汚れから守ることができます。

 

使い方は、スニーカーの汚れを十分に落としたあと、20cm程度の距離からスプレーをし、30分乾かします。その後、もう一度20cm程度の距離からスプレーし、30分乾かして完成です。

 

少し手間はかかりますが、一度の噴射で効果は最長4週間続きます。世界中で販売されており、テレビで取り上げられたりと注目されている防水スプレーです。スニーカーを汚れから守りたい方におすすめです。

主成分石油系溶剤、フッ素系撥水材、LPG使用可能な素材レザー、スエード、ヌバック、キャンバス
内容量200ml
第6位

MARQUEE PLAYER

防水スプレー SNEAKER WATER REPELLENT No.01 420ml

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汚れないように事前ケアしてくれるマーキープレイヤー

スニーカーが汚れる前の事前ケアをコンセプトに作られたのが、マーキープレイヤーの防水スプレーです。スニーカーの表面をきれいにした後、表面が湿る程度にスプレーをふきかけるだけで水汚れ、油汚れに強くなります。

 

細かな粒子を繊維に密着させるので、通気性を低下させることなく防水コーティングすることができます。一度に厚塗りするのではなく、2~3回繰り替えしてスプレーすると、効果がより高まりますので、試してみてください。

 

高い防汚性を持つスプレーで、汚れをしっかりとはじいてくれるため、スニーカーのお手入れが楽になったと評判です。

主成分フッ素樹脂、石油系炭化水素使用可能な素材レザー、スウェード、ヌバック、キャンバス
内容量420ml
第5位

ヘンケルジャパン(Henkel Japan)

LOCTITE(ロックタイト) 超強力防水スプレー 布・革 420ml

価格:516円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルなものを選ぶならこの一本

ヘンケルの防水スプレーもフッ素系防水スプレーです。フッ素コーティングされることで、水はもちろん油もはじいてくれます。通気性、風合いを損なわずに使うことができるので、安心です。

 

このスプレーの最大の魅力は価格の安さにあります。とてもリーズナブルな価格であるため、たくさんスニーカーを持っている方や家族で全員で使いたい場合に重宝します。

 

スニーカー以外にもスポーツウェアやレインコート、アウトドア用品にも使うことができます。気軽に使うことができる価格であるため、リーズナブルな防水スプレーを探している場合におすすめです。

主成分フッ素樹脂使用可能な素材繊維製品、皮革製品
内容量420ml
第4位

スリーエム(3M)

スコッチガード 防水スプレー 速効性 170ml SG-S170

価格:609円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

即効性を求めるなら、噴射後1分で完了のスコッチガード

3Mスコッチガードの最大の魅力は効果の即効性にあります。通常の防水スプレーはスプレー噴射後20分程度乾かしてから効果が発揮されますが、こちらの防水スプレーは噴射1分で効果が発揮されます。

 

外出直前に雨が降ってきてしまった時でも、サッとスプレーしてでかけることができるので安心です。また、スニーカーだけでなく、水はねが心配なズボンやスカートのすそにも使用でき、用途の幅が広いことも嬉しいですね。

 

コンパクトなサイズなので、持ち歩いておけば、外出時の急なゲリラ豪雨や小雨でも決行するゴルフやランニング、スポーツ観戦の時にも役立ちます。

主成分シリコーン樹脂、、炭化水素系溶剤、イソプロピルアルコール使用可能な素材繊維製品、革靴、スニーカー、布靴
内容量170ml
第3位

M.MOWBRAY

プロテクターアルファ 2090 (220ml)

価格:1,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイテク防水素材にも使える優秀アイテム

M.MOWBRAYは靴が好きな人たちからの支持もあつい、シューズケアのトップブランドです。そのため効果も抜群で、安心して使用することができます。

 

こちらの防水スプレーの最大の特徴は、通常の防水スプレーでは風合いを損ねるため使うことができない、ゴアテックスのようなハイテク防水テックス素材にも使用ができることにあります。

 

もちろん一般的な表革、起毛皮革、布地・キャンバス・デニム・麻などの靴、パンプス、ブーツ、バック、鞄、ジャケット、傘などにも使用することができ、オールマイティーに活躍することができる一本です。

主成分フッ素、ヘプタン使用可能な素材スムースレザー(一般的な表革)、起毛皮革(スエード・ヌバック、ベロア等)・型押し革・メッシュ革・オーストリッチ・ペッカリー・合成皮革・布地・キャンバス・デニム・麻などの靴
内容量220ml
第2位

Collonil(コロニル)

防水スプレー ウォーターストップ 400ml CN044021 Colorless

価格:1,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細かい粒子のスプレーでスニーカーを守る

コロニルは欧州をはじめ世界約100カ国で愛用されているレザーケアアイテムのトップブランドです。

 

コロニルの防水スプレーは他の防水スプレーと比べ、ミストのような霧の細かい粒子がでてきます。そのため広範囲に均一にかけやすく、まだらになってしまうような心配もありません。

 

防水スプレー独特のにおいもそこまで気にならないという口コミも多く見受けられます。なお、 新品時にまずはスプレーをかけておくことで、汚れがつくずらく後の手入れが楽になりますので、購入後すぐの使用をおすすめします。

主成分フッ化炭素樹脂使用可能な素材スムースレザー 起毛皮革(スウェード・ヌバック・ベロア) 合成皮革
内容量400ml
第1位

Columbus(コロンブス)

AMEDAS アメダス(2000) 防水スプレー 420ml

価格:1,492円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

口コミでも大人気な王道の防水スプレー

コロンブスの防水スプレーはフッ素配合で、水滴もコロコロとはじいてくれる防水力の高さが魅力です。通気性も損なわないので、靴が蒸れることもありません。

 

普段はくスニーカー以外にも、急な雨や汚れがつきやすい登山、ゴルフの前にも使用しておけば安心です。車や雨具など様々なものに使用することができるので、多目的用の防水スプレーとして常備している方も多いです。

 

雨の中一日中歩き回っても全く雨が染みてこず感動したという口コミもあり、満足度の高さかからリーピーターが多い商品でもあります。セット売りもありますので、お得に購入したい方は検討してみてください。

主成分フッ素樹脂、石油系炭化水素使用可能な素材ツヤ革・起毛革(スエード・ヌバック等)等の天然皮革の靴及び、その他皮革製品や布地・人工皮革等の靴及びその他製品
内容量420ml

スニーカーの防水スプレーおすすめ商品一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5032191の画像

    Columbus(コロンブス)

  • 2
    アイテムID:5032207の画像

    Collonil(コロニル)

  • 3
    アイテムID:5032244の画像

    M.MOWBRAY

  • 4
    アイテムID:5032232の画像

    スリーエム(3M)

  • 5
    アイテムID:5032221の画像

    ヘンケルジャパン(Henkel Japan)

  • 6
    アイテムID:5032222の画像

    MARQUEE PLAYER

  • 7
    アイテムID:5032197の画像

    Crep Protect

  • 8
    アイテムID:5032198の画像

  • 9
    アイテムID:5037111の画像

    ジョンソン

  • 10
    アイテムID:5032201の画像

  • 商品名
  • AMEDAS アメダス(2000) 防水スプレー 420ml
  • 防水スプレー ウォーターストップ 400ml CN044021 Colorless
  • プロテクターアルファ 2090 (220ml)
  • スコッチガード 防水スプレー 速効性 170ml SG-S170
  • LOCTITE(ロックタイト) 超強力防水スプレー 布・革 420ml
  • 防水スプレー SNEAKER WATER REPELLENT No.01 420ml
  • 防水スプレー
  • REPEL SPRAY 5.4oz. 159.7ml
  • 防水・防汚スプレー
  • ヴィオラ防水スプレー300ml
  • 特徴
  • 口コミでも大人気な王道の防水スプレー
  • 細かい粒子のスプレーでスニーカーを守る
  • ハイテク防水素材にも使える優秀アイテム
  • 即効性を求めるなら、噴射後1分で完了のスコッチガード
  • リーズナブルなものを選ぶならこの一本
  • 汚れないように事前ケアしてくれるマーキープレイヤー
  • 汚れから大切なスニーカーを守るならクレップのスプレー
  • スタイリッシュでおしゃれなデザインのエアポンプ式スプレー
  • 靴にも使えるシリコン系防水スプレー
  • お出かけ前でも間に合う防水スプレー
  • 価格
  • 1492円(税込)
  • 1800円(税込)
  • 1620円(税込)
  • 609円(税込)
  • 516円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 1604円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 879円(税込)
  • 1944円(税込)
  • 主成分
  • フッ素樹脂、石油系炭化水素
  • フッ化炭素樹脂
  • フッ素、ヘプタン
  • シリコーン樹脂、、炭化水素系溶剤、イソプロピルアルコール
  • フッ素樹脂
  • フッ素樹脂、石油系炭化水素
  • 石油系溶剤、フッ素系撥水材、LPG
  • 水溶性
  • シリコン
  • フッ素系樹脂
  • 使用可能な素材
  • ツヤ革・起毛革(スエード・ヌバック等)等の天然皮革の靴及び、その他皮革製品や布地・人工皮革等の靴及びその他製品
  • スムースレザー 起毛皮革(スウェード・ヌバック・ベロア) 合成皮革
  • スムースレザー(一般的な表革)、起毛皮革(スエード・ヌバック、ベロア等)・型押し革・メッシュ革・オーストリッチ・ペッカリー・合成皮革・布地・キャンバス・デニム・麻などの靴
  • 繊維製品、革靴、スニーカー、布靴
  • 繊維製品、皮革製品
  • レザー、スウェード、ヌバック、キャンバス
  • レザー、スエード、ヌバック、キャンバス
  • スウェード、ヌバック、レザー、キャンバス
  • レザー、スエード、ヌバック
  • 表革、起毛革、布、ナイロン、合成皮革
  • 内容量
  • 420ml
  • 400ml
  • 220ml
  • 170ml
  • 420ml
  • 420ml
  • 200ml
  • 159.7ml
  • 420ml
  • 300ml

まとめ

防水スプレーは、ふきかける少しの手間をかけるだけで、大切なスニーカーを守ってくれます。防水・はっ水はもちろんのこと、汚れも防いでくれるので、お手入れも簡単になります。ぜひ、ご自身の用途にあった防水スプレーを使ってみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ