記事ID137676のサムネイル画像

【2020年】時代小説のおすすめ人気ランキング20選【面白い名作揃い】

面白い時代小説を探している方必見。「この時代小説がすごい」ランキングで紹介された作品など、おすすめの時代小説をランキング形式でご紹介。シリーズや作家別の選び方も!面白い作品や人情溢れるもの、江戸時代小説など様々なものを扱っています。ぜひ参考にしてください。

時代小説の面白い楽しみ方

時代小説とは過去の人物や事件、歴史を扱った小説のことです。昔は大衆小説といえば時代劇のことを指し「大菩薩峠」や「宮本武蔵」などが日本国民を熱狂させていました。

 

そんな時代小説ですが「歴史小説と何が違うの」という人も多いかもしれません。歴史小説は事実を重視した考察などが多く、時代小説はフィクションとしての面白さを重視するといわれます。

 

それゆえ、自由度が高いのが時代小説の特徴です。最近では推理小説家が時代小説を書くことも増えてきました。この記事では時代小説の選び方とおすすめの人気作品を紹介します。

時代小説の選び方

時代小説を選ぶにあたっては、まずジャンルを絞り込むのがよいでしょう。そうでないと、まとめ買いをしてしまったあとに後悔してしまいます。また、時代や好きな人物、そして作家で選ぶのも良い方法です。

ジャンルで選ぶ

時代小説のジャンルは大きくわけて「剣豪小説」「捕物帳」「市井小説」「股旅物」「伝奇小説」の5つに分類できます。それぞれのジャンルの特徴を紹介します。

剣豪小説|生き様が描かれる

剣豪小説とは、宮本武蔵や柳生十兵衛などの剣豪を主人公にした小説のことです。実在している人物だけでなく、完全なフィクションの剣豪小説もあり、眠狂四郎(ねむり きょうしろう)などが代表作です。

 

剣豪小説といってもいろいろなテイストがありますが、ストイックにせよ、洒脱さにせよ「剣豪の生き様」に焦点があてられるのが特徴です。そのため、剣豪の人格にほれ込むといっそう読み応えが出てきます。

捕物帳|推理好きにおすすめ

捕物帳は基本的に、江戸時代における江戸を舞台に町奉行所に勤めている役人(与力・同心・御用聞き)らが、事件を解決していく様子を描いた時代小説です。

 

探偵小説と似たような趣があるため、推理するのが好きと言う人におすすめしたい時代劇のジャンルといえます。「八つ墓村」でおなじみの横溝正史が描いた「人形佐七捕物帳」などは本格ミステリー路線の時代小説です。

 

一方、「鬼平犯科帳」シリーズは、事件を素材として使い、それに関わる人々の悲哀や仁義、人情などを描いた名作といえます。

市井小説|一般市民を描く

市井小説は、一般庶民にフォーカスをあてた時代小説です。職人、商人、その日暮らしの庶民などを描いた、山本周五郎や藤沢周平らが代表的な作家です。

 

剣豪や時代を動かすような人物が登場しないため、物語の進行は派手ではありませんが、しんみりと感動できたり、ほのぼのとした気持ちになれたりする小説も多くあります。

股旅物|義理や人情溢れる

股旅物とは渡世人や侠客などを主人公にした時代小説のことです。比較してよいかはわかりませんが、現代でいえば阿佐田哲也の「麻雀放浪記」、福本伸行のアカギのカイジのような、ギャンブル命の人々が活躍する時代小説といえます。

 

義理・人情にあふれているのも股旅物の特徴です。「あっしにはかかわりのねえことでござんす」というセリフが大流行したテレビドラマの原作の「木枯し紋次郎」のように、アウトローな世界観が漂っているのも魅力といえます。

伝奇小説|現実離れした出来事

伝奇小説は時代背景や実在の人物といった枠組みを残しつつ、現実離れした事件や人物の活躍を描く時代小説です。映画が大ヒットした「陰陽師」をイメージするとわかりやすいかもしれません。陰陽師では、実在の人物や史実を借りつつ超常現象も描かれます。

 

非現実を描くといっても、それだけでは読者がリアリティや面白味を感じないため、細部を忠実に再現する、史実は一切変えない、など作家独自の「縛り」を設けられることも多いといえます。

 

また、半村良などSF小説との融合の試みがされるなど、今後もあっと驚くような時代小説およびメディアミックスになるような作品が誕生すると予想されているジャンルです。

時代で選ぶ

時代小説に明確な定義はないものの、一般的には明治時代以前の小説を時代小説と呼ぶことが多いです。時代小説のなかで最も多いのが江戸時代。期間的にも長いですし、市井の人々が活躍した時代であったので、いろいろなジャンルに仕立てやすいこともあるのでしょう。

 

しかし、織田信長や武田信玄が活躍するような戦国時代もまた人気です。平安時代までいくと、やや歴史があいまいになるためか伝奇小説のジャンルが多くなります。

 

いずれにしても、自分の興味を持った時代で選ぶというのも良い方法です。小説とはいえ、事実に基づく記述も多いことから、当時の人々の生活や価値観などを知ることができます。受験勉強の合間に時代小説を読む、なんていうのもおすすめですよ。

人物で選ぶ

時代小説はNHKの大河小説のように、主人公をずっと描き続けているものが多いです。そのため、やはり興味を持つ人物、好きな人物などを扱っている時代小説を読むのがおすすめです。

 

やはり人気なのは、豊臣秀吉や徳川家康、坂本竜馬、土方歳三(新撰組)といったところです。好きな人物の小説には違う人物が登場するので、芋づる式に興味が増えていくこともあるでしょう。

 

人物相関図がわかってくるとますます面白さが増すのも時代小説です。

シリーズ物で選ぶ

時代小説というと、本屋の本棚の1段を占拠するかと思えるような作品が多いことに気づきますよね。同じ作家の背表紙の色で真っ赤になっているなんてことも。なぜだかわかりませんが、時代小説には独特の中毒性があるようです。

 

つまり、気に入った作品はずっと読み続けたいと思ってしまうようです。特に市井小説や数十ページで完結するような捕物帳などはシリーズものがおすすめです。こうした安定性抜群のシリーズ物を見つけておけば、旅行に行こうが、病院の待合室にいようがいつでも楽しめます。

作家で選ぶ

時代小説をたくさん読んでいれば自然にお気に入りの作家は見つかることでしょう。まだ、そのような作家がいない人に向けて、時代小説の各ジャンルで代表するような作家たちを紹介します。

吉川英治|国民文学作家

大衆小説全盛期で「国民文学作家」といわれたほどの人気作家だったおのが吉川栄治です。代表作『宮本武蔵』は今も世代を越えて読み継がれています。

 

作風のなかには求道的な要素が含まれることが多く、現代でいえば少年ジャンプ系列のドラゴンボールの孫悟空、あるいはワンピースのゾロなどにこうした系譜の人物を探せるかもしれません。

 

男性が血沸き肉躍る小説が多く、熱烈なファンのなかには人生の指針となった言葉を大切に生きている人も多いのです。

山本周五郎|市井小説で人気

「市井小説」に人気作が多いのが山本周五郎です。武家の夫を立てるために、極端につましい生活を送っていたやす女を描いた『日本婦道記』は直木賞になるほどの評判を呼びました。ただし、周五郎はこれを辞退したため、唯一の直木賞辞退者としても知られています。

 

もちろん、人情味あふれる市井小説だけでなく、歴史長編まで幅広く手掛けている日本を代表する作家です。

五味康祐|代表は剣豪小説

「剣豪小説」のジャンルで代表的な作家といわれているのが五味康祐(ごみやすすけ)です。やはり男性ならば一度は憧れる「剣豪」。かつては全国各地に武芸の流派があり、腕を競っていたものでした。

 

五味康祐の『柳生武芸帳』はとりわけ有名で、同じく剣豪小説の傑作といわれる、柴田錬三郎『眠狂四郎無頼控』の双璧といわれることが多い作品です。

山田風太郎|伝奇小説が得意

山田風太郎の伝奇小説を得意とした作家で『魔界転生』は最高傑作として名高いです。山田風太郎の作品は日本の漫画、アニメ、特撮映画などに多大な影響を与えたといわれており、今もメディアミックスが続けられています。

 

今後もCG・VFXの発展とともに何度も蘇る作家と予想されていますが、やはり、オリジナルの本をダイレクトに味わうのが最もおすすめです。

池波正太郎|鬼平犯科帳で有名

池波正太郎はなんといって『鬼平犯科帳』の知名度が高く、時代小説を1ページも読まない人でもほとんどは知っているほどです。

 

鬼平シリーズにおいては、脇役の密偵を主役級に扱うようなこともしばしば。すべての人物に生血を通す小説作法が特徴で、どんな小説にも自分の肩入れする人物が見つかってしまう不思議な作家です。

 

単純明快なヒーロー像より、清濁併せ飲むような人物や時代小説が好きな人におすすめの作家といえるでしょう。

司馬遼太郎|歴史小説との中間

司馬遼太郎は時代小説と歴史小説の中間的な作家といえるかもしれません。あるいは時代小説かから歴史小説にシフトしていった作家ともいえます。

 

忍者が大活躍する『梟の城』がヒットした際は、前述した五味康祐が剣豪作家と呼ばれていたのに比較され、忍豪作家といわれたほどなのです。その後、あまり知名度のなかった坂本竜馬を一躍人気トップにした『竜馬がゆく』があります。

 

その後は『坂の上の雲』『翔ぶが如く』など国家観、文明批評なども交えた、「司馬史観」と呼ばれるようなオリジナリティあふれる歴史小説を中心に執筆しました。

時代小説のおすすめ人気ランキング20選

第20位

講談社

まるまるの毬

価格:792円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

和菓子屋が舞台のほっこり話

家族で営む和菓子屋が舞台の時代小説。この繁盛店の店主は、ある出生の秘密を抱えている。連続の短編で出来ている本作は、各話に和菓子の名前が付いています。内容も和菓子に合った内容になっており、楽しく読み進めることが出来ます。

 

温かい、人情味溢れる作品です。

種類市井小説時代江戸
主人公-
第19位

双葉社

陽炎ノ辻 ─ 居眠り磐音江戸双紙 1

価格:713円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

優しさと正義に溢れる主人公の物語

のんびりとした性格の主人公で若い武士の、坂崎磐音。藩内で騒動があり、自藩を離れることに。ある日、用心棒を引き受けたところで幕府を揺るがす大陰謀に巻き込まれてしまう。穏やかな主人公が次々と悪を斬っていく爽快なストーリー。

 

長い間続いた長編小説。読んだら癖になること間違いなし。

種類市井小説時代江戸
主人公坂崎磐音
第18位

KADOKAWA

天地明察 上

価格:535円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本屋大賞を受賞した名作

当時の暦に正確さが失われ、ズレが生じ始めた。そこで、日本独自の暦を作る事業が立ち上げられた。そこで主人公は仲間と独自に改暦の策を練ったが、幕府の保守派から反対されてしまう。果たして、新しい策は採用してもらえるのか。

 

映画化もされて大ヒットした本作。日本文化を変える瞬間に立ち会えます。

種類-時代江戸
主人公渋川春海
第17位

文藝春秋

壬生義士伝 上

価格:836円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「義」について何か考えさせられる

幕末の京都に、怪我を負いながら現れた新選組の吉村貫一郎。守銭奴と呼ばれながら、戦いを続けてきました。仲間から酷く言われても、逞しく生き続けた勇敢な人物。彼が亡くなってから、彼について調査をする人物が登場する。

 

この調査によって、吉村貫一郎の素顔がどんどん明らかになっていく。ドラマ化・映画化された人気の有名作。

種類剣豪小説時代江戸の幕末
主人公吉村貫一郎
第16位

新潮社

しゃばけ しゃばけシリーズ 1

価格:693円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

読みやすさ抜群

体が弱い、主人公の一太郎。それなのに事件に巻き込まれて、仲間の妖怪と解決を目指すことになる。愉快な妖怪たちに囲まれて、一太郎が奮闘する楽しい世界観の物語。初心者でも読みやすく、ほのぼのとした時代小説です。

 

「しゃばけシリーズ」と呼ばれており、16巻まで続いております。

種類捕物帳時代江戸
主人公一太郎
第15位

角川春樹事務所

あったかけんちん汁 居酒屋ぜんや

価格:638円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

江戸時代の料理を食べたくなる

居酒屋の女将・お妙は、亡き夫の過去に疑念が生じて眠れない夜が続く。そんな中で、常連客のために懐石料理をふるまう。つらいときこそ、美味しいもので幸せに。江戸の居酒屋が舞台のお話です。

 

読了語は心が温まるお話。読んでいるだけでお腹が空いてくるほど美味しそうな料理がたくさん出てきます。

種類市井小説時代江戸
主人公お妙
第14位

KADOKAWA

巷説百物語

価格:692円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

江戸時代が背景の怪談小説

江戸時代が舞台の怪談話が収録された短編集です。妖怪ものがメインで、幻術やからくり、目眩が仕掛けられる。人情囃の要素も十分にあり、本自体は分厚いのですが読んでいて飽きのこない作品です。

 

物語の奇術師と呼ばれる作者が描く怪談小説は読みごたえ抜群。

種類伝奇小説時代江戸
主人公-
第13位

新潮社

たそがれ清兵衛

価格:693円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

映画化した大人気作品

全8篇が収録された、短編集。2002年には映画化もされています。さえない男が大活躍する作品で、心が晴れ渡るような結末にハマってしまう人が多いです。侍たちの意外な活躍を、痛快で人情味あふれるテイストで描かれています。

 

口コミでも評価が高く、初心者から時代小説を多く読んできた人まで幅広くおすすめ出来る作品です。

種類市井小説時代江戸
主人公-
第12位

文藝春秋

花のあと

価格:616円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

映画化・テレビドラマ化した作品が収録

表題作と佳品7篇が収録されています。その中でも「冬の日」は、2015年にテレビドラマ化。表題作の「花のあと」は2010年に映画化されています。短い話で構成されているので、手軽に読めるのが魅力。初心者でも読みやすいのではないでしょうか。

 

幸せな展開が多く、読了後の心地よさがたまらない一冊です。

種類市井小説時代江戸
主人公-
第11位

講談社

新装版・殺しの四人 仕掛人・藤枝梅安(一)

価格:616円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

必殺仕事人の源流とも呼ばれる

品川台町に住む医師の藤枝梅安。名医として活躍・有名だが、裏では金次第で人を葬る仕掛人だ。裏の冷酷さと表の人情味あふれる二面性がある主人公を中心に物語が展開していく。傑作シリーズの1冊目です。

 

池波正太郎らしい展開や背景が盛りだくさんで、読んでいても飽きない面白さで大人気の作品です。

 

種類剣豪小説時代江戸
主人公藤枝梅安
第10位

新潮文庫

日本婦道記

価格:961円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「慎ましく生き、苦しみ、働く」

日本婦道記は「慎ましく生き、苦しみ、働く」という山本周五郎のテーマが凝縮された31篇を網羅した作品で、いつの時代の人の心を打つ傑作といえます。

 

この本は戦中から戦後まで連載が続けられ、まさに日本人の死に様、生き様が時代小説・市井小説の形をとって現われています。後にも先にもない直木賞受賞辞退というオマケもついており、長く読み継いでいかれるであろう作品です。

種類市井小説時代江戸
主人公-
第9位

文藝春秋

決定版 鬼平犯科帳

価格:713円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テレビドラマでもおなじみ

鬼平犯科帳はテレビドラマでもおなじみの時代小説の代表的な作品です。テレビドラマはすでに終了しましたが、その理由が、この池波正太郎の鬼平犯科帳の全話を撮り終えてしまったからというところに人気のほどがうかがえます。

 

池波正太郎の作品は、脇役が光っているのが特徴です。主人公だけが光り輝く作品と異なり、密偵や悪役、市井の人々にいたるまで細やかな描写があります。休日にじっくりと日本酒でもそばにおいて味わいたいような作品です。

種類捕物帳時代江戸
主人公長谷川宣以
第8位

角川書店(角川グループパブリッシング)

魔界転生

価格:802円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

漫画本からの入門者にも好評

魔界転生は奔放で鮮烈なイマジネーション、奇想天外なストーリーでどっぷりとハマリこんでしまう人が大勢いる山田風太郎の代表作です。漫画やアニメ、実写映画などメディアミックスがしやすい作品であることもあり、各分野から新たな読者を獲得しているようです。

 

「突拍子のない面白さ」「柳生十兵衛がかっこいい」「バカバカしいけど読み進めずにはいられない」「ゲームソフトのストーリーの原形はここにあったのか」など口コミの感想のあまりの幅の広さも、この作品の魅力を語っているといえるのではないでしょうか。

 

なお、漫画家・イラストレーターである田島昭宇がイラストを表紙を書いています。

種類伝奇小説時代江戸
主人公柳生十兵衛
第7位

新潮社

燃えよ剣

価格:853円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イケメン剣士・土方歳三の活躍を描く

土方歳三は新撰組の副長として、近藤勇を支えた人物です。イケメン剣士としても女性からの人気が非常に高い人物といえるでしょう。

 

司馬遼太郎の作品らしく、時代小説の特徴のフィクションの部分は控え目なので、リアリティを重視する人に楽しめるおすすめ作品といえます。

 

なぜ百姓武士集団の集まりが新撰組として歴史に永遠の輝きを残したのか、その秘密がわかります。最強の人間集団に作り替えた土方歳三の組織作りは、ビジネスマンの共感も得ています。

種類剣豪小説時代江戸
主人公土方歳三
第6位

文藝春秋

陰陽師

価格:702円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

売上累計600万部

陰陽師は売上累計600万部というモンスター作品です。その人気の秘密は、稀代の陰陽師・安倍晴明の怪しくも甘美な魅力にあるといえるでしょう。「これってBL小説なの」と思わせるほどの安倍晴明と源博雅の関係に、キュンキュンする女性も多いとか。

 

平安京を舞台にしている作品は意外と時代小説には少ないため、江戸時代以外のものを読みたい人にもおすすめです。一時期空前の陰陽師ブームを巻き起こし、その後、羽生結弦によって再び脚光を浴びました。

 

今一度、読んでみたいおすすめの時代小説です。

種類伝奇小説時代平安
主人公安倍晴明
第5位

国書刊行会

股旅新八景 (長谷川伸傑作選)

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

股旅物の傑作中の傑作

股旅新八景は「仁義旅―渡世人の意地」「一宿一飯の恩義」「人生の悲しさ、はかなさ」などを歌い上げた股旅物の普及の名作です。股旅物の時代小説を読んでみたいなら、まず手に取ってみてはどうでしょうか。

 

「股旅新八景」の他、傑作中篇といわれている「人斬り伊太郎」も収録しているので長谷川伸入門としても、おすすめの本です。また、作品には男も惚れてしまいそうな女の股旅も登場します。

種類股旅物時代江戸
主人公フィクション
第4位

講談社

ぼんくら

価格:637円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あの宮部みゆきが書いた時代小説

『ぼんくら』は超人気ミステリー作家宮部みゆきが書いた時代小説です。捕物帳に分類しましたが、ミステリーあり、市井小説の面がありで、新たな読者層を開拓したといわれています。

 

江戸・深川の鉄瓶長屋で八百屋の太助が殺されたという事件をきっかけに、「ぼんくら」な同心、平四郎が活躍する、宮部みゆき渾身の長編時代小説です。

 

時代小説は古い、といった概念が打ち砕かれること間違いなしの面白さがあるので、普段時代小説を読まない人にもおすすめ。前半はややスピード感にかけるという感想も多く見られましたが、すべては後半に鮮やかに回収される布石なのでしっかり読んでおきましょう。

 

 

種類捕物帳時代江戸
主人公フィクション
第3位

新潮社

宮本武蔵

価格:637円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゼロ戦乗りも愛読していた時代小説

宮本武蔵は「生きることは何か」「強いとはどういうことか」などのテーマが随所にちりばめられた剣豪小説に分類される時代小説の傑作です。

 

戦時中はセンチに赴くゼロ戦のパイロットたちも読みふけったといいます。口コミによると「いくらでも難しく書けそうな哲学的内容をあえて易しく書いている」などの感想も数多くあり、現代の人々の胸を打ち続けているようです。

 

野獣武蔵が徐々に人生の叡智を獲得している様は、男として、人間として、大いに共感できるのではないでしょうか。敵役もカマキリ殺法の使い手など、エンタメ要素も盛りだくさん。お通との恋の行方も目が離せないところです。

 

種類剣豪小説時代江戸
主人公宮本武蔵
第2位

新潮社

剣客商売

価格:637円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

凸凹親子の活躍が楽しい

気が付いたら女に手が伸びているようなシニアにして粋な小男・秋山小兵衛と、童貞・きちょうめんだが剣の達人、息子・大治郎の凸凹親子が活躍する剣豪小説です。

 

舞台は、田沼意次によって影が差していた江戸時代。「勝ち残り生き残るたびに、人の恨みを背負わねばならぬ」という剣客の世界を描いた傑作。推理小説としても読めるほど、ストーリーが面白いので、捕物帳が好きな人も楽しめます。

種類剣豪小説時代江戸
主人公フィクション
第1位

新潮社

村上海賊の娘

価格:637円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本屋大賞と吉川英治文学新人賞をW受賞

時は戦国、瀬戸内海の島々を縄張りとする村上海賊。その当主の村上武吉の娘の景(きょう)の活躍を描いた壮大な歴史巨編。なんと本屋大賞と吉川英治文学新人賞のダブル受賞という快挙を成し遂げた傑作です。

 

口コミでは「情景がイメージしやすい」といった好評が目立ちます。「漫画のようにスラスラ読めた」「キャラ立ちがすごい」など、普段本を読まないような人にもおすすめできます。主人公が醜女という発想もつかみはOKです。

種類-時代戦国
主人公村上武吉の娘「景(きょう」

時代小説のおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5050217の画像

    新潮社

  • 2
    アイテムID:5050209の画像

    新潮社

  • 3
    アイテムID:5050203の画像

    新潮社

  • 4
    アイテムID:5050216の画像

    講談社

  • 5
    アイテムID:5050735の画像

    国書刊行会

  • 6
    アイテムID:5050206の画像

    文藝春秋

  • 7
    アイテムID:5050202の画像

    新潮社

  • 8
    アイテムID:5050201の画像

    角川書店(角川グループパブリッシング)

  • 9
    アイテムID:5050200の画像

    文藝春秋

  • 10
    アイテムID:5050193の画像

    新潮文庫

  • 11
    アイテムID:5265145の画像

    講談社

  • 12
    アイテムID:5265148の画像

    文藝春秋

  • 13
    アイテムID:5265149の画像

    新潮社

  • 14
    アイテムID:5265151の画像

    KADOKAWA

  • 15
    アイテムID:5265155の画像

    角川春樹事務所

  • 16
    アイテムID:5265160の画像

    新潮社

  • 17
    アイテムID:5265163の画像

    文藝春秋

  • 18
    アイテムID:5265167の画像

    KADOKAWA

  • 19
    アイテムID:5265170の画像

    双葉社

  • 20
    アイテムID:5265172の画像

    講談社

  • 商品名
  • 村上海賊の娘
  • 剣客商売
  • 宮本武蔵
  • ぼんくら
  • 股旅新八景 (長谷川伸傑作選)
  • 陰陽師
  • 燃えよ剣
  • 魔界転生
  • 決定版 鬼平犯科帳
  • 日本婦道記
  • 新装版・殺しの四人 仕掛人・藤枝梅安(一)
  • 花のあと
  • たそがれ清兵衛
  • 巷説百物語
  • あったかけんちん汁 居酒屋ぜんや
  • しゃばけ しゃばけシリーズ 1
  • 壬生義士伝 上
  • 天地明察 上
  • 陽炎ノ辻 ─ 居眠り磐音江戸双紙 1
  • まるまるの毬
  • 特徴
  • 本屋大賞と吉川英治文学新人賞をW受賞
  • 凸凹親子の活躍が楽しい
  • ゼロ戦乗りも愛読していた時代小説
  • あの宮部みゆきが書いた時代小説
  • 股旅物の傑作中の傑作
  • 売上累計600万部
  • イケメン剣士・土方歳三の活躍を描く
  • 漫画本からの入門者にも好評
  • テレビドラマでもおなじみ
  • 「慎ましく生き、苦しみ、働く」
  • 必殺仕事人の源流とも呼ばれる
  • 映画化・テレビドラマ化した作品が収録
  • 映画化した大人気作品
  • 江戸時代が背景の怪談小説
  • 江戸時代の料理を食べたくなる
  • 読みやすさ抜群
  • 「義」について何か考えさせられる
  • 本屋大賞を受賞した名作
  • 優しさと正義に溢れる主人公の物語
  • 和菓子屋が舞台のほっこり話
  • 価格
  • 637円(税込)
  • 637円(税込)
  • 637円(税込)
  • 637円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 702円(税込)
  • 853円(税込)
  • 802円(税込)
  • 713円(税込)
  • 961円(税込)
  • 616円(税込)
  • 616円(税込)
  • 693円(税込)
  • 692円(税込)
  • 638円(税込)
  • 693円(税込)
  • 836円(税込)
  • 535円(税込)
  • 713円(税込)
  • 792円(税込)
  • 種類
  • -
  • 剣豪小説
  • 剣豪小説
  • 捕物帳
  • 股旅物
  • 伝奇小説
  • 剣豪小説
  • 伝奇小説
  • 捕物帳
  • 市井小説
  • 剣豪小説
  • 市井小説
  • 市井小説
  • 伝奇小説
  • 市井小説
  • 捕物帳
  • 剣豪小説
  • -
  • 市井小説
  • 市井小説
  • 時代
  • 戦国
  • 江戸
  • 江戸
  • 江戸
  • 江戸
  • 平安
  • 江戸
  • 江戸
  • 江戸
  • 江戸
  • 江戸
  • 江戸
  • 江戸
  • 江戸
  • 江戸
  • 江戸
  • 江戸の幕末
  • 江戸
  • 江戸
  • 江戸
  • 主人公
  • 村上武吉の娘「景(きょう」
  • フィクション
  • 宮本武蔵
  • フィクション
  • フィクション
  • 安倍晴明
  • 土方歳三
  • 柳生十兵衛
  • 長谷川宣以
  • -
  • 藤枝梅安
  • -
  • -
  • -
  • お妙
  • 一太郎
  • 吉村貫一郎
  • 渋川春海
  • 坂崎磐音
  • -

紹介した作家のおすすめ作品はこちら

面白い時代小説の魅力を再発見

時代小説は歴史小説と比べてフィクションの要素が多く、それゆえ作家の自由なイマジネーションや趣味嗜好を反映させやすいともいえます。好きな作品に出合えれば、今の時代を忘れてしまうほど魅力に引込まれます。気になる作品があればさっそく読んでみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ