記事ID137662のサムネイル画像

【一度は読みたい】海外小説のおすすめ人気ランキング10選

普段なかなか体験できないストーリーを体験できるのが海外小説。そのジャンルは多岐にわたり楽しみ方も豊富です。海外小説は日本にはない独自の視点でストーリーが展開されます。今回はそんな海外小説をランキング形式でご紹介させていただきます。

【海外小説は面白い物語の宝庫】

普段読書をされる方で、今まで海外小説を読んだことがない方がいましたら特にこの海外小説はおすすめできます。原作を日本だけでなく海外から集めることで新たな文化や思考を体験することができます。

 

日本では考えられないことも、良い意味も悪い意味でも体験できとても貴重な経験になるでしょう。また、日本原作のものが海外版で出ていたりすることもあるので、今までになかった多角的な面で、内容を捉えることができます。

 

想像力が広がる、知識量が増える、ストレス解消になるなど多くのメリットが海外小説を読むことで得られます。今までチャレンジしていなかった方も、ぜひこの機会に海外小説にチャレンジしてみてください。

海外小説の選び方

それでは初めての方にも分かりやすいように、海外小説の具体的な選び方についてご紹介いたします。

ジャンルで選ぶ

やはり好みが分かれて人によって楽しめる度合いが大きく変わってくるのがこのジャンル。お好みのジャンルや新しいジャンルを開拓してみましょう。

ファンタジー

国内外問わず人気の高いジャンルになるファンタジー。最大の特徴はその非日常感。普段ではあり得ない世界や事柄が本の中では自在に実現します。人間の考え流ことができる事柄は全て本の中では実現します。

 

海外小説でもそれは同様で、今まで体験できなかったことや世界が体験できます。読書からそのような感覚を得たい方には特におすすめできます。さらにファンタジーの中でも種類がありその種類別に好みで本を選ぶのも良いでしょう。

 

例えば世界的な大ヒットを遂げたハリーポッターシリーズも魔法を使う魔法系のファンタジーシリーズになります。その他にも戦いをベースとしたものや異世界系、現実にファンタジーを織り込んだものまで多岐にわたります。

ロマンス

ファンタジーに並んで高い人気を誇るのがロマンスです。中でも恋愛要素の強いラブロマンスは海外問わず日本でも人気がありますよね。ロマンスは、普段人々が理想に思っている恋愛やその出会いなど、心ときめくストーリー展開が特徴的です。

 

さらには感動的な物語も多く、涙なしで読めない作品も数多くあります涙を流してストレス発散をしたい方や、感動的な物語が好きな方には特におすすめできます。また、ほんの中だけでも擬似恋愛がしたいという方は近年増えてきていて、読むだけでトキメキをもらえるロマンスはおすすめできます。

 

異世界系というよりは、現実に近いドキュメンタル的な要素の強いロマンス。非現実的な物語が得意ではないという方は、より現実的なロマンスから、読書を始めるのが良いでしょう。

アドベンチャー

多くの読者を虜にしているアドベンチャー小説。普段は体験できないハラハラドキドキな展開が読む人を飽きさせず虜にさせます。非日常的な展開が基本となるアドベンチャーは、この世に存在しない生き物との戦いや、物語を体験することができます。

 

小説を初めて読む方や学生の方も、気づいたら読み終わっているということも少なくなく、本を読むのが苦手という初心者の方にも、アドベンチャー系の小説はおすすめできます。

 

代表的な物語では、現在では実在しない恐竜との死闘を描いた物語や、宇宙をテーマにしたものまで、その想像は無限大に展開されます。刺激的でテンポの速い小説を探している方におすすめします。

ヒストリー

これまでの様々な歴史を題材としたストーリーを展開するヒストリー。ヒストリー系の小説は実話や過去にあった事例を扱っていることが多く、読むだけで学習にもなるのが大きなメリット。気になる国の歴史を知りたければ、そのカテゴリーの小説を読むのは、多角的な勉強になるでしょう。

 

代表的な歴史小説では三国志が有名で、実在した戦士やその戦い方生き様を描いた作品で、世界中に三国志が好きな読書家は多くいます。その時代の風習や人々のつながりが知れるので、読んでいて感心することが多く、とても濃い読書をすることができます。

 

自分の国のヒストリー小説を読むことで、さらに自分の住んでいる国への興味や知識が深まり、より知識を広げたくなるでしょう。またそのゆかりの地に訪れたりと活動的にもなれるのでおすすめです。

ホラー

好き嫌いが分かれるホラー小説ですが、その一方で肯定派からはとても高い人気のあるのが特徴。その独特な表現と雰囲気がクセになること間違いなしです。中には刺激的な表現もあり得意な方にはおすすめできます。

 

こちらも非日常的な物語が多く、特にホラーは、現実からは逸脱したストーリー展開が特徴です。とても独特的な要素が強いので、現実逃避にホラー小説を読む方も多く、そのようなストレス発散法も良いでしょう。

 

ホラーといっても多くの種類があり、心霊的なものから、ゾンビ系、中には超常現象ではなく、現在の人々の話をホラー風に仕上げているものまであります。豊富な種類があるので、ぜひ自分にぴったりの一冊を見つけてみてください。

好きな作者で選ぶ

普段読書をしている方には、好きな作者の方がいることが多いですが、その作者の関連で本を選ぶのも、自分の好みが見つかりやすいのでおすすめできます。

日本だけではなく、海外にも優れた作者は多くいて、その表現も海外ならではでとても勉強になります。また、今までにはなかったストーリー展開や物語を体験できるので小説を読み慣れている方から初心者の方まで幅広くおすすめできます。

 

また、気に入った作品があればその作品の作者は覚えておきましょう。その作者の他の作品もお気に入りになることも多くあり、本人的に読みやすいテンポや表現の仕方なども、共通していることがあります。

 

好きな作者が違うジャンルの小説を書いていたら、どのような物語で、どのような表現をするのだろうと気になりますよね。

ベストセラーや受賞本

多くの方から評価を得た本は、、やはり一度読んでおくことをおすすめします。それだけ影響力の高い本からは、得られることも多いでしょう。

小説を読んでいく中で、ベストセラーの本屋大きな対象の受賞本はぜひ読んでみることをおすすめします。やはり、多くの方から評価された本はそれだけの価値があり、自分にも何かを与えてくれる確率も高いです。

 

さらに、大賞受賞した小説は、小説に特化した特別審査員の方々が選び抜いた本になり、そういった点でも信頼の開ける作品になります。その中から自分の木になるジャンルや作者を選べばとても読書を楽しめるでしょう。

 

また、ベストセラーなどの小説は多くの場所で販売されているので、とても簡単に手に入れることができるのも大きなメリット。

過去に見た映画やドラマから選ぶ

過去に見た映画やドラマその他の作品を再度小説で読み返すのもおすすめできます。とても気に入った作品を原作から読みたいという方は、とても多く、人気でヒットした作品の小説が売れるというのは多く起こる現象です。

 

また、逆に先に小説を読んでからその作品を鑑賞することもおすすめで、その楽しみ方は人それぞれでお楽しみいただけます。スクリーンでは表現できない細かな表現まで表現できるのが小説の最大のメリットです。

 

映画やドラマの1回目では気付けなかった点も読書により気づくことができ、より深くその作品を考察できるでしょう。その作品の本当の意味合いや内容を知りたい方にはこのような選び方もおすすめできます。

海外小説のおすすめ商品10選

第10位

白水社

イン・ザ・ペニー・アーケード

価格:1,296円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

繊細で美しい世界

スティーブン・ミルハウザー作のこの作品はアマゾンでも星5つの評価を受けているほど、評価の高い作品。多くの方が小説ではなく一つの「作品」と呼ぶべきだと絶賛しています。短編集からなるこの作品の題名ペニーアーケードは作中に出てくる、遊園地のことを指しています。

 

その構成の巧妙さはまさに極み。読めば読むほど内容の深まる小説となっています。第1章では主人公が少年時代に、小さな街の薄暗い博物館で、一枚の動く絵に心を奪われてしまうという物語で、少年の細かな心の動きが巧妙に表現されています。

 

ミルハウザーは最後のロマン主義者と言われていて、とことんまで突き止められた職人技の表現は、まさにアーティスト。天才肌というよりは職人肌で内容を綺麗に仕上げています。小説を普段から読んでいる方には挑戦していただきたい作品です。

ジャンルドキュメンタリーおすすめ対象中級〜上級
内容ミドル
第9位

ハーパーコリンズ・ジャパン

これほど昏い場所に

価格:1,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリル満点の一冊

スリラーの帝王ディーンクーンツが書き下ろした、スリリングサスペンスホラー。「自殺率の異常な増加、動機なき殺人、全米を“何か”が浸食している……。」というコンセプトのものスリリングな物語が展開されていきます。

 

サスペンス要素の強い作品で読み進めていく中で同時に頭を使うような作品です。普段サスペンスドラマなどで、展開を予測しながら見ることが好きな方には、特におすすめできる小説になります。

 

この「これほど昏い場所に」は長編シリーズの一作目と定義づけられているため、今後の展開が楽しみな作品でもあります。こちらも小説を読み慣れている方におすすめできる作品です。

ジャンルサスペンスおすすめ対象初心〜上級
内容ディープ
第8位

小学館

ザ・プロフェッサー

価格:1,048円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

師弟愛を描く熱い作品

タイトルから内容の気になるロバート・ベイリーの「ザ・プロフェッサー」。内容はアラバマ大学ロースクールの老教授トムと新米弁護士リックの方と正義の狭間をいく、胸のアツくなるエンタメになり、小説初心者の方にもおすすめできる作品となっています。

 

評価の中には還暦を過ぎた男たちへのエールと評しているものもあり、師であるトムの愛情がそういった評価からも垣間見えます。そのような普段ではなかなか味わうことのできないヒューマンドラマをこの小説は体験させてくれます。

 

熱く、エールを送りたくなるような作品に仕上がっており、主人公とともに体験をしているかのような感覚も与えてくれます。

ジャンルエンタメおすすめ対象初心〜上級
内容ミドル
第7位

白水社

ぼくのともだち

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダメ男小説の金字塔

パリ郊外のモンジュールに住んでいる主人公のヴィクトールは、まるで冴えない孤独で惨めな貧乏青年。多くの人が働きに出ている時間に彼は一人アパートにこもりっきり。日が高くなった頃、あてもなく誰か友達になれる人を探しにパリの街へ出かける。

 

職なし家族なし恋人なしの、とびきり切なくとびきり笑えるヴィクトールの友達探しは90年の時を経て、現代の日本の読者に驚くほどストレートに響きます。

 

友達探しに必死になるのか、諦めて一人を楽しむのか、様々な若者特有の葛藤が描かれている作品で、人笑いありながらも深く考えさせられる小説です。評価の中にはあの太宰治の作品に近いと評している方もいて、そういった面でも日本人には理解しやすい本であるでしょう。

ジャンルドキュメンタリーおすすめ対象初心〜上級
内容ミドル
第6位

白水社

鍵のかかった部屋

価格:1,296円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

緊張感あふれるストーリ展開

美しい妻と小説の原稿を残して失踪してしまった、幼馴染のファンショー。不思議な雰囲気に魅了されその小説の出版に協力していく中で、主人公は残された美しい妻ソフィーを愛していく。

 

そんなある日ファンショーから一通の手紙が届く。美しい妻と、傑作と呼べる小説の原稿を残して消えた友を追う中で、主人公の何かが壊れていく。緊張感のあふれるストーリー展開と深い人間考察が織りなす新感覚小説。

 

読む人によって感じ方が大きく変わるという声もある中で、意表を突かれたという読者の声も多数あり、読むのが楽しみになる作品。読んでいく中でストーリーにはまっていくこと間違いなし、初心者から上級者までおすすめできる海外小説です。

ジャンルドキュメンタリーおすすめ対象初心〜上級
内容ディープ
第5位

オークラ出版

君の名前で僕を呼んで (マグノリアブックス)

価格:1,026円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アカデミー賞®主要4部門ノミネート・脚色賞受賞

GW公開映画化作品の原作小説になる「君の名前で僕を呼んで」は全世界で大ヒットを遂げた映画の原作になります。世界中の映画賞を総なめにしたこの映画は、切なくも甘いひと夏の恋を描いた青春小説。

 

17歳の夏エリオとオリヴァーが過ごした、鮮やかな日々を描いた綺麗で美しい作品。性別に関係なく渦巻いていく人間関係が、心を重く切なくさせるストーリーで、その中での葛藤や感情の動きを忠実に表現しています。

 

中には10代の複雑で繊細な気持ちを細部まで表現していることで、人によっては分かりにくい部分もあるかもしれませんが、そういった場面もこの小説も味です。ディープな物語が好きな方には特におすすめできる作品です。

 

ジャンルロマンスおすすめ対象初心〜上級
内容ディープ
第4位

東京創元社

方形の円 偽説・都市生成論

価格:2,376円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超現実的幻想小説

36の架空都市の創造と崩壊の歴史を描いたとても興味深い作品。現実には存在しない都市をあたかも存在しうるような表現で記してあり、その中で、実在する都市と重ね合う部分に注目した、ルーマニアの鬼才が描く、創造都市についての36の物語。

 

ファンタジー的な要素が強い中で、アドベンチャーな雰囲気も中には漂います。創造都市のようなファンタジーが好きな方は走るように読み終えてしまうでしょう。もちろん小説が初心者の方にも強くおすすめできる作品です。

 

短編集になっているので、飽きがくることもなくとてもスムーズに読み進めることができます。現存しないSFファンタジー、ぜひこの機会に体験してみてください。

ジャンルファンタジーおすすめ対象初心〜上級
内容ライト
第3位

早川書房

ラスト・ウェイ・アウト

価格:1,404円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

読者を幻惑の渦へと巻きこむ奇書

「最終出口は何処にある? あらゆる解釈を裏切る展開が読者を待ち受ける」と題された作品で予測不能の展開が連続するミステリー作品。アルゼンチン発の作品で、日本で有名なミステリー作家三津田信三氏も絶賛しています。

 

ストーリーは主人公のテッド・マッケイが拳銃を手に自殺を計るところから始まりますが、そこにリンチと名乗る謎の人物が登場。そこから物語は奇妙な方向へと展開されていきます。

 

良い意味で期待を裏切る、異様な展開の連続で、読者の心を掴んでいきます。ミステリー作品が好きな方はもちろん、イレギュラーな展開が好きな方には即におすすめできる作品です。

ジャンルミステリーおすすめ対象中級〜上級
内容ディープ
第2位

ハーパーコリンズ・ジャパン

沼の王の娘

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バリー賞2018年度最優秀作品

バリー賞2018年度最優秀作品を受賞し、映画化も決定した評価の高い作品。主な内容は拉致監禁犯の男と、その被害者のあいだにできた娘との緊迫の心理戦が織りなすサバイバルストーリーです。

 

電気も水道もない子屋で育った主人公は、終身刑になっている父が看守を殺して逃亡した事実を知る。父を止められるのは、その父から手ほどきを受けた主人公以外にいない。幼い少女と犯罪者の父が織りなす心理戦は見ものです。

 

普通ではありえない設定と、過激なホームドラマが多くの読者を魅了しています。小説の中には、現在の主人公の心境とは別に過去の心理表現が多く出てきていて、そのバランスも絶妙であると評価もされています。

ジャンルサスペンスホラーおすすめ対象中級〜上級
内容ディープ
第1位

小学館

書くことについて

価格:864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

作家自身が「秘密」を語る

書くことについて書かれた本で、作者の人生が押し目もなく書かれていて、しかしながらこれがとても面白い。また、作者が小説家になった原点も書かれています。日本のこのような本もこの本を見習ってほしいという声がたくさんあります。

 

ベストセラーを次から次に生み出すアメリカの名小説家が自らの「書くことについて」を詳細に書き記した作品。また、今回の改正版では小説内に作者が2001年から2009年にかけて読んだ小説ベスト80を記載していてこちらもとても参考になるでしょう。

 

日本でもこのスティーブン・キングという名前は聞いたことがある方が多いはず。初めて小説を読む方もこれからの指針になりますし、普段から読み慣れている方も、とても奥の深い作品です。ぜひこの機会にお手にとって、小説家の気持ちを体験してみてください。

ジャンルドキュメンタリーおすすめ対象初級〜上級
内容ミドル

海外小説のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5031419の画像

    小学館

  • 2
    アイテムID:5031417の画像

    ハーパーコリンズ・ジャパン

  • 3
    アイテムID:5031416の画像

    早川書房

  • 4
    アイテムID:5031414の画像

    東京創元社

  • 5
    アイテムID:5031412の画像

    オークラ出版

  • 6
    アイテムID:5031411の画像

    白水社

  • 7
    アイテムID:5031410の画像

    白水社

  • 8
    アイテムID:5031408の画像

    小学館

  • 9
    アイテムID:5031404の画像

    ハーパーコリンズ・ジャパン

  • 10
    アイテムID:5031323の画像

    白水社

  • 商品名
  • 書くことについて
  • 沼の王の娘
  • ラスト・ウェイ・アウト
  • 方形の円 偽説・都市生成論
  • 君の名前で僕を呼んで (マグノリアブックス)
  • 鍵のかかった部屋
  • ぼくのともだち
  • ザ・プロフェッサー
  • これほど昏い場所に
  • イン・ザ・ペニー・アーケード
  • 特徴
  • 作家自身が「秘密」を語る
  • バリー賞2018年度最優秀作品
  • 読者を幻惑の渦へと巻きこむ奇書
  • 超現実的幻想小説
  • アカデミー賞®主要4部門ノミネート・脚色賞受賞
  • 緊張感あふれるストーリ展開
  • ダメ男小説の金字塔
  • 師弟愛を描く熱い作品
  • スリル満点の一冊
  • 繊細で美しい世界
  • 価格
  • 864円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 1404円(税込)
  • 2376円(税込)
  • 1026円(税込)
  • 1296円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 1048円(税込)
  • 1180円(税込)
  • 1296円(税込)
  • ジャンル
  • ドキュメンタリー
  • サスペンスホラー
  • ミステリー
  • ファンタジー
  • ロマンス
  • ドキュメンタリー
  • ドキュメンタリー
  • エンタメ
  • サスペンス
  • ドキュメンタリー
  • おすすめ対象
  • 初級〜上級
  • 中級〜上級
  • 中級〜上級
  • 初心〜上級
  • 初心〜上級
  • 初心〜上級
  • 初心〜上級
  • 初心〜上級
  • 初心〜上級
  • 中級〜上級
  • 内容
  • ミドル
  • ディープ
  • ディープ
  • ライト
  • ディープ
  • ディープ
  • ミドル
  • ミドル
  • ディープ
  • ミドル

まとめ

今回はおすすめの海外小説をランキング形式でご紹介させていただきました。視点を海外に移すとさらに優れた良書と出会うことができます。小説を読むことのメリットは数多くありますので、この機会にぜひ挑戦してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ