記事ID137659のサムネイル画像

【2019年最新版】人気の1tbの外付けhddおすすめランキング10選

お手ごろ価格で大量のデータを保存できる1tbの外付けhdd。容量に空きを作ったり、バックアップができたりと非常に便利です。これから、パソコンやテレビ録画対応のおすすめの外付けhddをご紹介します。選び方のポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

安くて120時間分の録画ができる1tb外付けhdd

膨大な量とは言わないまでも、大容量のデータが保存できる1tbの外付けhdd。番組録画なら、地上デジタルを約120時間分保存できます。泣く泣く消していた番組も、これで残せるようになるでしょう。

 

さらに、安いのも特徴です。1tbであれば、高性能なものでも1万円以下で買えることがあります。パソコンやテレビ録画のデータ保存量に余裕がない人におすすめだと言えます。とはいえ、いざ購入使用という時、製品選びに迷ってしまう人もいるかもしれません。

 

これから、いくつかの選び方のポイントと一緒に、おすすめの1tb外付けhddをご紹介していきます。満足の行く商品を見つけて、データ保存に役立ててください。

1tbの外付けhddの選び方

後悔なく1tbの外付けhddを選ぶために、ポイントをご紹介します。おすすめのメーカーもお伝えするので、参考にしてみて下さい。

携帯性で選ぶ

場所に合わせて、2つの設置タイプから外付けhddを選ぶことができます。据え置き型とポータブル型とがありますので、部屋のスペースに合うものを1つ選びましょう。

据え置き型

充分な設置スペースがある場合におすすめなのが、据え置き型の外付けhddです。転送速度が早いのが魅力。大量のデータを読み書きするのに便利だったり、バックアップのスピードが早かったりします。

 

据え置き型外付けhddの電力の供給方法はコンセントからです。ケーブルが2本は必要となるので、持ち運びにはおすすめできません。ただし、ポータブル型よりも値段が安いという嬉しいポイントがあります。

 

同じ1tbでも、据え置きのほうが安く買えることがあるでしょう。性能や価格重視の人に、据え置き型はおすすめです。

ポータブル型

省スペースでの設置を考えている人にポータブル型はおすすめです。コンパクトなサイズ感が特徴。カバンに入れても持ち運ぶことができ、外出先でも使うことができます。出張先のホテルでほっと息をつきながら、保存した録画を見ることができるでしょう。

 

余計なケーブルを必要としないのも魅力。機器とUSBケーブルで繋いで電力を供給し、外部電源が必要ありません。狭い部屋でも設置しやすく、移動が多い人におすすめです。とはいえ、コンパクトさゆえに、衝撃への耐久力に不安のある人もいるかもしれません。

 

そのような人は衝撃に強いモデルを選べば安心できます。三層構造や耐衝撃性能という記載のある外付けhddを選びましょう。また、傷に強い加工が施されたものもあり、うっかり落としてしまう心配のある人におすすめです。

用途で選ぶ

外付けhddの接続先がテレビの場合とパソコンの場合とで、それぞれ必要な機能などが違います。用途に合わせて選ぶことが大切です。

テレビ録画用ならSeeQVault対応が大切

通常、テレビを買い換えると過去の録画が見られなくなってしまいます。しかし、SeeQVault対応の外付けhddに録画をすれば、新しいテレビでも見ることができます。テレビ用に外付けhddを使いたい人は必須ともいえる機能です。

 

さらに、SeeQVault対応アプリケーションをスマートフォンやパソコン、タブレットに入れることで、録画した機器以外でも再生することもできます。場所を選ばずに、好きな過去の番組を見られるのです。

 

もう一つ重要なのが、テレビに対応した外付けhddを選ぶことです。対応していないと、録画ができなかったり過去の番組を再生できなかったりするでしょう。そのため、まずは買いたい外付けhddの公式サイトをチェックして下さい。

パソコンのデータ保存は据え置きが最適

パソコン用の外付けhddを選ぶなら、据え置き型がおすすめです。読み込み速度が早いので、データの移行をスムーズに行えます。値段も安く、耐久性が高くて性能の良いものを予算内で手に入れることもできるでしょう。

 

また、テレビ用と同様、対応するOSを選ぶことが非常に重要です。Windowsしか対応していないものもあれば、Macのみに対応したものもあります。購入前に確認しておきましょう。

耐久性で選ぶ

保存したデータが消えてしまわないように、耐久性の高い外付けhddを選びましょう。その際のポイントを2つお伝えします。

24時間耐久

特に、テレビ録画用の外付けhddを買う人に大切なポイントです。テレビ録画中に、不測の事態で録画が失敗してしまうことがあります。そうならないために、24時間耐久の外付けhddを選びましょう。

 

外付けhddは、テレビの電源がオフのときにも稼動し続けているので、熱がこもりやすく故障につながりやすいです。テレビのオンオフが繰り返されることで、大きな負荷がかかることもあります。

 

しかし、24時間耐久の外付けhddなら、耐久性が高いので故障リスクを減らせるのです。大事な番組やデータを失いたくない人におすすめだといえます。

廃熱設計にこだわるべし

外付けhddの多くの故障原因は、熱によるものです。廃熱設計に問題があると、耐久性が低く短期間で壊れてしまうことがあるでしょう。そのため、筐体の大きくて内部空間の広いものやエアフローに注目して選ぶのがおすすめです。

 

その2つであれば、熱を逃しやすく本体の温度を低めに保ってくれるでしょう。

バックアップ機能で選ぶ

故障しないように気を遣っていても、突然データが喪失してしまうこともあります。その時に備えて、バックアップ機能の充実した外付けhddを選ぶのがポイントです。例えば、ミラーリング対応のものであれば、データを安心して残すことができます。

 

ミラーリングとは、2台の外付けhddに同じデータを保存する機能のこと。もう一台の外付けhddが必要なので費用は掛かりますが、万が一を考えるなら必要な機能です。

インターフェイスで選ぶ

外付けhddの接続方法は、主にUSBとThunderboltの2つです。データ転送速度の違いや価格の差をお伝えします。

USB

現在の主流となっている接続方法がUSBです。USB2.0と3.0があり、後者の方が圧倒的にデータ転送速度が早くなっています。USB2.0が480Mbpsに対し、USB3.0は5Gbpsです。大量にデータを保存する場合には、より転送速度の早い方がスムーズに行えます。

 

そのため、USB3.0がおすすめです。ただし、値段が少し高くなってしまうので、予算を抑えたい人はUSB2.0にするのも良いかもしれません。

Thunderbolt

Macユーザーなら、Thunderboltというインターフェイスがおすすめです。Thunderbolt3.0は、USB3.0よりも8倍ほど早いデータ転送速度となっています。40Gbpsもの速度が出るのです。

 

さらに嬉しいポイントとして、コネクタにUSB Type-Cを採用している点があります。差し込み口の裏表がなく、スムーズに機器と接続できるのです。また、サイズが他のUSBコネクタよりもコンパクト化されています。

1tbの外付けhddおすすめ10選

第10位

Western Digital

Mac用ポータブルhdd

価格:7,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Macのバックアップ用に最適

ウェスタンデジタルの販売するポータブルhddです。対応OSはMacで、バックアップ用に個の製品を使用する人が多くいます。Time Machine機能を使うことができ、自動で過去24時間~1ヶ月分のバックアップが取れるのです。

 

パスワードロック機能もあり、セキュリティ対策も万全です。不正アクセスに強い外付けhddだといえるでしょう。また、ウェスタンデジタルのhddは、耐久性が高いことに定評があります。

 

大事なデータを失いたくない人も安心できるでしょう。本体の大きさはコンパクトで、AC電源は要りません。省スペースでMac用に外付けhddが欲しい人におすすめです。

タイプ据え置きインターフェイスUSB3.1 Gen1(USB3.0)
サイズ11 x 8.2 x 1.3 cm24時間連続対応×
SeeQVault対応×対応OSMac OS X
第9位

SEAGATE

Backup Plus Portable hdd

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心と信頼のSegate製

Segateの販売するポータブルhdd。MacとWindowsに対応していて、MacではTime Machine機能を使うことができます。Segate製のhddもウェスタンデジタルと同じく、耐久性に定評があります。3年の製品保障があるのも嬉しいポイント。

 

それだけ耐久性に自信があることを示しているのです。値段は1tbのポータブルhddの中でも安価な6,000円を切るお手ごろ価格。出先で録画を見たりデータを保存したりした人におすすめです。

 

ただ、データ転送速度はそれほど早くないので、大量のデータを読み書きする場合には向かないかもしれません。

タイプポータブルインターフェイスUSB 3.0
サイズ1.2 x 7.6 x 11.4 cm24時間連続対応×
SeeQVault対応×対応OSMac OS X 10.7以上 / Windows 7以上
第8位

トランセンドジャパン

スリムポータブルhdd 耐衝撃 M3シリーズ

価格:6,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

落としても壊れづらい安心の耐衝撃性

Trancendの販売する外付けhddです。薄さ16.1mmでスリムタイプにも関わらず、衝撃に強いつくりをしています。3層構造の衝撃保護システムにより、落としても故障しづらいのです。外出と共に外付けhddを持ち運ぶ人も、これなら安心してカバンに入れられます。

 

ただし、ケーブルの劣化が早い可能性があるので、予備のケーブルも用意しておくことをおすすめします。もう一つ、この外付けhddの魅力は、発熱量が少ないことです。耐久性が高く、長く遣い続けたい人におすすめだといえます。

 

以前のモデルではUSBコードが2つ必要だったのですが、現モデルでは1本で済みます。インターフェイスはUSB3.0なので、速度にも問題ありません。

タイプポータブルインターフェイスUSB3.1 Gen1(USB3.0)
サイズ13 x 8.2 x 1.9 cm24時間連続対応×
SeeQVault対応×対応OSWindows / Mac
第7位

アイ・オー・データ

外付けhdd テレビ録画 ディーガ&ビエラ推奨

価格:10,789円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性が高いテレビ録画向けの外付けhdd

I-O DATAの販売するテレビ録画に対応した外付けhdd。ディーガやビエラのテレビをお使いで、容量不足に悩む人におすすめです。ファンレス設計とゴムダンパーによる振動吸収によって、静かな稼動音をしています。

 

テレビ視聴の集中を妨げることなく、録画をしてくれることでしょう。耐久性にも信頼が置けます。ファンレス設計では熱が溜まりやすくなってしまうのですが、エアフロー構造と金属製筐体により、その心配もほとんどありません。

 

放熱性が高いので、故障もしづらいでしょう。24時間連続録画にも対応しており、録画が途中で切れてしまうこともないはずです。1年間保障や電話サポートもあり、安心して使うことができます。

タイプ据え置きインターフェイスUSB3.1 Gen1(USB3.0)
サイズ19.6 x 12.4 x 4.3 cm24時間連続対応
SeeQVault対応×対応OS-
第6位

シリコンパワー

ポータブルhdd 防水 耐衝撃

価格:6,195円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水にも衝撃にも強いモデル

頑丈な作りをしている1tbの外付けhdd。米軍の落下試験に準拠した耐衝撃性能をしています。122cmの高さからの自由落下にも耐えられるほどです。さらに、防水性能にも優れています。うっかりお茶をこぼして外付けhddが濡れてしまっても、故障しづらいのです。

 

本体の緑色部分はシリコンになっています。滑り止めの作用があり、落下するリスクを減らされているのです。表面の加工によって、傷もつきづらくなっています。万が一故障しても、3年間の製品保障があるので安心。サポートも充実しています。

 

ただ、データ転送速度は早くありません。普通に使うことはできますが、コピーに時間が掛かることがあるでしょう。動作音に関しては気にならず、長時間の稼動でも発熱に問題はありません。

タイプポータブルインターフェイスUSB3.1 Gen1(USB3.0)
サイズ13.9 x 9.4 x 1.8 cm24時間連続対応×
SeeQVault対応×対応OS-
第5位

Western Digital

ポータブルhdd 1TB

価格:6,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパの良いコンパクト外付けhdd

WDの販売するポータブルhdd。1tbの機種にしては値段が安く、コンパクトサイズで持ち運びにも便利です。ACアダプターが不要なので、簡単にパソコンとの接続ができます。ただ、説明書がほとんど英語で書いてあり、読むのは大変かもしれません。

 

接続自体は難しくありませんし、ちょっとした使い方が書いてあるだけなので気にせずに使いましょう。もし、テレビと接続するのなら、ケーブルが短いのでテレビ付近に置く必要があります。

 

読み込み速度も発熱も、値段の割りに優秀です。コスパの良い製品だといえるでしょう。

タイプポータブルインターフェイスUSB3.0
サイズ11 x 1.5 x 8.2 cm24時間連続対応×
SeeQVault対応×対応OSMac / Windows 10
第4位

KESU

超薄型外付けhdd ポータブル

価格:6,380円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超コンパクトなポータブル外付けhdd

超薄型の1tbの外付けhddです。その薄さは0.43インチしかありません。1tbの外付けhddともなると、大容量なのでサイズが大きいものが多数を占めます。しかし、個の製品は非常にコンパクトなので、出張や外出の多い人が持ち運ぶのにおすすめです。

 

起動が素早く、テレビ録画に使う際には、約15秒で録画リストを表示できます。スピーディーに録画できるので、ストレスなく扱えるでしょう。対応する機種の種類も多く、WindowsやMacだけでなく、AndoroidやLinuxまで使えます。

 

接続の際は、インストールする必要のあるアプリケーションはありません。ケーブルを繋ぐだけで、簡単に接続が完了するのです。また、値段も7,000円を切る安い価格なので、コストパフォーマンスに優れています。

タイプポータブルインターフェイスUSB3.0
サイズ12.1 x 8 x 1.1 cm24時間連続対応×
SeeQVault対応×対応OSandroid / macintosh / windows / linux
第3位

バッファロー

外付けhdd 1TB ブラック

価格:12,860円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

稼動音が静かで番組に集中できる

バッファローの販売する外付けhddです。バッフォローならではの機能である、みまもり合図に対応しています。hddの故障を予測してくれるので、危ない状態の時にはデータを移して、喪失から守ることができるでしょう。

 

ファンレス設計なので、稼動音は静かです。ただし、廃熱には心配があるので耐久性はそれほど高くはないでしょう。横置きに対応していますが、横置きでは熱がこもりやすくなってしまいおすすめできません。縦置きでの使用をおすすめします。

 

セットアップは簡単なので、機械に弱い人でもすぐにできるでしょう。説明書も分かりやすく書かれています。テレビ用に使う場合は、テレビの電源オンオフに合わせて外付けhddも連動してくれます。消費電力が抑えられるので、節約になるでしょう。

タイプ据え置きインターフェイスUSB3.1 Gen1(USB3.0)
サイズ18.7 x 3.9 x 12 cm24時間連続対応×
SeeQVault対応×対応OSWindows 10/8.1/7 / Mac 10.10以降
第2位

バッファロー

ポータブルhdd 1TB

価格:17,830円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

速い転送速度にMacにぴったりなデザインが魅力

Thunderbolt対応のポータブルhddです。シンプルで丸みのあるデザインで、見た目に定評があります。Macユーザーは、Thunderboltで接続することで速い転送速度が実現できます。特に、Macのデータを保存したい人におすすめです。

 

稼動音はほとんど気にならず、静かな場所で使うのにも適しているといえるでしょう。ライトの点滅もゆっくりで控えめになっています。Macユーザーでなくても、Windows用としても使うこともできます。

 

その際はフォーマットする必要があり、説明書に従って設定しましょう。USB3.1や30.にも対応しており、Thuderboltよりかは転送速度は遅いですが充分に使えるはずです。ACアダプターが不要なので、出先に持っていって使うこともできます。

タイプポータブルインターフェイスThunderbolt / USB3.1 Gen1(USB3.0)
サイズ8.1 x 13 x 2.3 cm24時間連続対応×
SeeQVault対応×対応OSWindows 10/8.1/7 / Mac OS X 10.9以降
第1位

バッファロー

24時間連続録画対応 外付けhdd

価格:12,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静音なのに熱くない高耐久性

静音と耐久性に定評のある外付けhddです。ファンレス設計であるものの、エアフロー設計なので空気の流れが良く、発熱に強く作られています。バッファロー製品の中でも静音レベルが非常に高く、寝室での使用にも適しています。

 

24時間連続録画にも対応しているので、高い耐久性能だといえるでしょう。テレビの電源に合わせて、自動で外付けhddもオフになります。テレビ録画の対応機種も多く、タイムシフト再生や全録機能も利用できるのが魅力です。

 

充実した機能と高い基本性能で、値段以上の価値がある外付けhddだといえます。家での使用を考えている人におすすめです。

タイプ据え置きインターフェイスUSB3.1 Gen1(USB3.0)
サイズ20.7 x 12.3 x 4 cm24時間連続対応
SeeQVault対応×対応OSWindows 10(64/32)/8.1(64/32)/7(64/32)

1tb外付けhddのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5033477の画像

    バッファロー

  • 2
    アイテムID:5033423の画像

    バッファロー

  • 3
    アイテムID:5033455の画像

    バッファロー

  • 4
    アイテムID:5033380の画像

    KESU

  • 5
    アイテムID:5033731の画像

    Western Digital

  • 6
    アイテムID:5033406の画像

    シリコンパワー

  • 7
    アイテムID:5033370の画像

    アイ・オー・データ

  • 8
    アイテムID:5033318の画像

    トランセンドジャパン

  • 9
    アイテムID:5033316の画像

    SEAGATE

  • 10
    アイテムID:5033312の画像

    Western Digital

  • 商品名
  • 24時間連続録画対応 外付けhdd
  • ポータブルhdd 1TB
  • 外付けhdd 1TB ブラック
  • 超薄型外付けhdd ポータブル
  • ポータブルhdd 1TB
  • ポータブルhdd 防水 耐衝撃
  • 外付けhdd テレビ録画 ディーガ&ビエラ推奨
  • スリムポータブルhdd 耐衝撃 M3シリーズ
  • Backup Plus Portable hdd
  • Mac用ポータブルhdd
  • 特徴
  • 静音なのに熱くない高耐久性
  • 速い転送速度にMacにぴったりなデザインが魅力
  • 稼動音が静かで番組に集中できる
  • 超コンパクトなポータブル外付けhdd
  • コスパの良いコンパクト外付けhdd
  • 水にも衝撃にも強いモデル
  • 耐久性が高いテレビ録画向けの外付けhdd
  • 落としても壊れづらい安心の耐衝撃性
  • 安心と信頼のSegate製
  • Macのバックアップ用に最適
  • 価格
  • 12500円(税込)
  • 17830円(税込)
  • 12860円(税込)
  • 6380円(税込)
  • 6480円(税込)
  • 6195円(税込)
  • 10789円(税込)
  • 6280円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 7480円(税込)
  • タイプ
  • 据え置き
  • ポータブル
  • 据え置き
  • ポータブル
  • ポータブル
  • ポータブル
  • 据え置き
  • ポータブル
  • ポータブル
  • 据え置き
  • インターフェイス
  • USB3.1 Gen1(USB3.0)
  • Thunderbolt / USB3.1 Gen1(USB3.0)
  • USB3.1 Gen1(USB3.0)
  • USB3.0
  • USB3.0
  • USB3.1 Gen1(USB3.0)
  • USB3.1 Gen1(USB3.0)
  • USB3.1 Gen1(USB3.0)
  • USB 3.0
  • USB3.1 Gen1(USB3.0)
  • サイズ
  • 20.7 x 12.3 x 4 cm
  • 8.1 x 13 x 2.3 cm
  • 18.7 x 3.9 x 12 cm
  • 12.1 x 8 x 1.1 cm
  • 11 x 1.5 x 8.2 cm
  • 13.9 x 9.4 x 1.8 cm
  • 19.6 x 12.4 x 4.3 cm
  • 13 x 8.2 x 1.9 cm
  • 1.2 x 7.6 x 11.4 cm
  • 11 x 8.2 x 1.3 cm
  • 24時間連続対応
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • SeeQVault対応
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • 対応OS
  • Windows 10(64/32)/8.1(64/32)/7(64/32)
  • Windows 10/8.1/7 / Mac OS X 10.9以降
  • Windows 10/8.1/7 / Mac 10.10以降
  • android / macintosh / windows / linux
  • Mac / Windows 10
  • -
  • -
  • Windows / Mac
  • Mac OS X 10.7以上 / Windows 7以上
  • Mac OS X

まとめ

外付けhddを選ぶ前に今一度、対応するOSやテレビのメーカーを確認することをおすすめします。せっかく購入しても、動かなくては後悔してしまうかもしれません。気に入るものを見つけて、データ保存に役立ててください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ