記事ID137655のサムネイル画像

【初心者でも簡単作業】ポリッシャー人気のおすすめランキング10選

今までワックスやコンパウンドを手作業でやっていた人はどのくらいいるでしょうか。作業時間を大幅に短縮することができるのがポリッシャーです。今回は、ポリッシャーを使用する電力や大きさ、性能をもとにランキング形式で紹介します。

ポリッシャーの上手な使い方について解説

ポリッシャーはプロが使う道具だと思っていて使用する人が少ないですが、初心者や車を綺麗にしたい人にとっておすすめの道具なのです。最近では、工具と一緒になっているものや、車の電源から電気を取ることができる車の為にあるポリッシャーもあります。

 

ポリッシャーが1つあるだけで、磨きの作業やワックス塗布、コーティング剤もDIYで行うことが出来ます。使い方を覚えるだけで、今まで店にお願いしていた作業もしなくて良くなるので、コストパフォーマンスにも優れているのです。

 

まだポリッシャーを使ったことがない人にとっては、見ているだけで難しそうです。間違えたら愛車に傷がつきそうなので避けていますが、実は作業自体は簡単です。今回は、ポリッシャーを使用する電力や大きさ、性能をもとにランキング形式で紹介します。

ポリッシャーの選び方

ポリッシャーを選ぶ方法は、使用する電力や大きさ、性能から選ぶことが出来ます。初心者にもわかりやすく、ポリッシャーの選び方を紹介します。

使用する電力で選ぶ

ポリッシャーを使用する場合には、AC電源とDC電源、充電式があります。他にもエアーツールもありますで、コンプレッサーを持っていないことが多いので、3つの種類から選ぶこととなります。

AC電源

1番種類が多いのがコンセントを使用して給電するポリッシャーです。電源を取ることができれば、どこでも安定して作業を行うことが出来ます。充電式と違い途中で使えなくなることもなく、作業効率が落ちることなく進められます。

 

しかし、電源コードの届く範囲でしか作業を行うことが出来ないので、延長コードを使用するか元々コードの長いものを選ぶ必要があります。特に大型車をするときには注意が必要です。作業中にも、コードに引っかからないようにしなくてはいけません。

 

それ以外は、快適に作業をすることが出来るので、自宅の車庫や玄関先で行うのであればおすすめです。

DC電源

車内のシガーソケットから電源を取ることが出来るポリッシャーもあります。エンジンを掛けておくか、ACCの状態にしておくと使用することが出来ます。ACCのまま長時間使用するとバッテリーが上がる場合がありますので、注意してください。

 

DC電源の場合は、車があれば場所を選ばずに使用することが出来ます。時間があるときに一箇所ずつ磨いたり、まとめて行うのにもおすすめです。AC電源に比べて場所を選ばずに気軽に行うことが出来ます。

 

そして、充電式と違い、バッテリーが切れることなく、一定の力でポリッシャーを行うことも出来ます。

充電式

充電式のメリットとしては、充電できていれば、どこでも使用することができることと作業中にコードを気にしないで作業をすることができることです。どこでも作業を行えて、コードを気にすることなくポリッシャーを使用することができます。

 

コードがある場合では行えなかった細かい場所や、下廻りを行うのにもそのまま行えます。しかし、バッテリーが切れてしまうと作業を行うことが出来ないので、予備のバッテリーもセットになっているものか、事前に準備して作業を行いましょう。

 

特に、仕上げで磨く際にはちょうど良い力加減で行うことが出来るのでおすすめです。

大きさで選ぶ

ポリッシャーで作業をするのであれば、押さえておきたいのは、大きさです。初心者の人が大きいポリッシャーをいきなり使用するのはおすすめできません。上手く磨けないどころか、大切な車に傷を付けてしまうこともあります。

片手で操作するポリッシャー

軽量の場合には、片手で持つことが出来るポリッシャーでも問題なく作業をすることが出来ます。最近は、片手で作業しても振動に負けることなく作業を行えるように改良されたポリッシャーも登場しました。

 

しかし、作業は初めてで不安な場合には、無理して片手で作業をしないで、しっかりと両手で支えることをおすすめします。慣れてきたら片手で作業をしても良いですが、振動があるポリッシャーの場合には、腕が疲れる場合があります。

両手で操作するポリッシャー

両手で作業をすることで出来るポリッシャーはある程度の大きさがある場合があります。しかし、両手で作業が出来る分、片手で作業をするのに比べて安定しています。初めてポリッシャーを使用する場合には、両手のものを選ぶことをおすすめします。

 

両手で作業をするポリッシャーの中にも、形は様々あります。実際に1度持って見てから決めるのも良いでしょう。両手で持つ場合には、サイドグリップで持つ場合と両手でポリッシャーを押さえ込むようにする場合があります。

性能で選ぶ

ポリッシャーの性能はポリッシャーをするときの動きで決まります。回転数もあるのですが、「シングルアクション」「ダブルアクション」「ギアアクション」の3つを押さえておけば良いでしょう。

シングルアクション

シングルアクションは、1方向の回転のみ行うポリッシャーのことです。回転式とも1方向なので、扱いやすいと思われていますが、シンプルな動きなのでパワーに優れています。慣れない方が扱うとボディーに傷を付けるだけになってしまいます。

 

しかし、パワーがある分、傷消しや板金塗装の後を消すのにも使用されていて、細かい部分を作業するのにも適しています。ある程度ポリッシャーを扱ったことのある人でないと難しい技術となっていますので、中級者以上の人におすすめします。

 

慣れない人が行なったのがすぐにわかるように、バフがけした後の削った後や磨き跡が残ってしまう場合があります。シンブルアクションをする場合には、特に注意して作業をしましょう。

ダブルアクション

初心者の人におすすめなのが、ダブルアクションです。ポリッシャーが勝手に上下運動をしているので、1方向へ動かすだけでボディーを磨くことが出来ます。シンブルアクションに比べて力が弱いので、ポリッシャーの動きに負けることなく作業をすることが出来ます。

 

しかし、振動が強いので、長時間作業を行なっていると腕が疲れてくることがあります。力が弱い為に、塗装面に対して傷を付けることなく、細かい傷であれば簡単に落とすことが出来ます。ワックスがけやコーティングをかける際にもダブルアクションを使用します。

 

長時間の作業には向きませんが、初心者の人であれば、まずはダブルアクションから始めてみるのがおすすめです。

ギアアクション

ギアアクションは、リーズナブルなポリッシャーには付いていない機能です。シングルアクションの良いところとダブルアクションの良いところを合体させたようなアクションでポリッシャーを動かすことが出来ます。

 

ギアアクションは、1方向への回転に加えて、ギアの変則的な動きを加えることが出来ます。パワーもあって扱いやすいくなっているので、初心者でもすぐに使用することが出来ます。ある程度深い傷を落とすこともできるので、ほとんどの作業を行うのに適したポリッシャーの機能となります。

 

パワーがあっても傷がつきにくく、滑らかな仕上がりになるので、初心者の方におすすめです。

ポリッシャー人気のおすすめランキング10選

第10位

マキタ(Makita)

ランダムオービットポリッシャ(マジック式) PO5000C

価格:26,705円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マキタの長細いタイプのポリッシャーです

ギアアクションとダブルアクションを使い分ける事により、傷取りや仕上げを行うことも、ワックスの塗布や艶出しを行うことも簡単にできるポリッシャーです。別売りのグリップを装着する事により、3つのグリップで作業をすることもできます。

 

作業によって調整ダイヤルとトリガーによって回転数を調整する事ができるので、微調整を行うのも簡単に行うことが出来ます。大きさも重た過ぎずに持ちやすくなっているので、初めての人にも作業がしやすくなっています。

 

パワーがあって持ちやすいポリッシャーが欲しいのであれば、おすすめです。

大きさ1397mmx 5334mmx 1524mm電源A​C​1​0​0​V
回転数0~6,800(1分間)重さ2.8kg
第9位

KTC(京都機械工具)

コードレスポリッシャーセット JTAE711

価格:34,340円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

充電式なのでどこでも使用する事ができます

充電式なので、コードを気にする事なく使用する事ができるポリッシャーです。回転数は2種類から選ぶ事ができるので、最初は低速から始めて、徐々に高速にすることをおすすめします。充電式ですが、パワーがあります。

 

塗装面の仕上げやガラス、樹脂面の拭き取りにも仕上げに使用する事もできる万能で扱いやすいポリッシャーとなっています。充電式なので、バッテリーが心配ですが、一目で残量がわかるので安心して使用する事ができます。

 

バッテリーも2つ付いてくるので、毎回充電が切れたら待っていなくてもすぐに作業を再開する事ができるのもおすすめです。

大きさ151mm×55mm×216mm電源充電式バッテリー
回転数0〜2000rpm/0〜7000rpm重さ3.3kg
第8位

ボッシュ(BOSCH)

吸じんランダムアクションサンダー GEX125-1AE

価格:9,923円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1分間に高回転なポリッシャーが欲しいならこちらがおすすめです

低振動設計となっているので、長時間作業をしても普段よりも疲れることのない作りとなっているポリッシャーです。サンダーとして荒削りや塗装を剥がすこともできる使用する物によってどんな事にも使用することのできるオールマイティーなポリッシャーです。

 

低振動で、手にジャストフィットするので、慣れれば片手で操作することもできるポリッシャーです。スピードを調整したい時には、電子無段変速となっているので、作業に応じて最適な速さで行なってください。

 

初心者以外にもおすすめできるポイントとしては、静音なのもそうですが、集塵の性能の高さです。研磨作業を行なっていてもマスクをしなくても良いくらいなので、汚れが広がるのが嫌な人にもおすすめです。

大きさ125mmφ(バフ部)電源100V
回転数7,500-12,000(1分間)重さ1.3kg
第7位

マキタ(Makita)

電子ポリッシャ 180mm PV7001C

価格:23,593円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マキタの電動ポリッシャーです

マキタの電動ポリッシャーの特徴としては、電子制御で低重心となっているので、安定して作業を続けられることです。速度も高速と低速を切替ボタンですぐに切り替える事ができます。磨き始めはゆっくりで様子を見ながら、慣れてきたら速度をあげることも可能です。

 

速度の段階は、5段階となっていて、600回転から始める事ができます。コンパウンドや磨いている表面に合わせて変更する事ができます。パットの交換もすぐに行えるようにマジックテープ式となっていますので、ワンタッチで行えます。

 

気になる作業音も大きくないので、音楽を聴きながら行えるくらいです。掃除機よりも小さいくらいと思っておいてください。あまりうるさくないポリッシャーが欲しい人にもおすすめです。

大きさ全長:210mm電源A​C​1​0​0​V
回転数600~2,000(1分間)重さ2kg
第6位

髙儀(Takagi)

EARTH MAN 変速電動ポリッシャー EP-900SCA

価格:9,698円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

両手で操作する事ができるので安心です

3種類のパットが付いた、車の研磨からワックスの塗布、拭き取りに艶出しと様々な作業をするのに適応したポリッシャーです。ダブルアクションではなく、シングルアクションとなっていますが、ランダムに変則しない分扱いやすい人も多いです。

 

初心者の人であれば、どちらも体験した事がないので、比べようもないですが、ある程度重量があるのを覚悟してください。しかし、両手で扱える分安定して作業を行う事ができます。コツは、15度傾けた状態でバフがけを行う事です。

 

シングルアクションですが、変速は可能となっていますので、慣れないうちはスピードを遅くして作業をすることをおすすめします。

大きさ225mm×93mm×245mm電源AC100V
回転数600~2,000(1分間)重さ2.4kg
第5位

クロスワーク

青吸塵式ホース付きオービタルサンダー

価格:2,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自動車用のプロ仕様工具です

円形のパットが回転しながら、更にパット全体も回転するという2通りの動きを行う事ができる広範囲を研磨する事ができるポリッシャーとなっています。もちろん、サンダーのように研磨するのにも使用する事ができます。

 

電源はエアーを使用して、サンダーとして使用する場合には、パッドに穴があいていて、研磨粉をエアで吸込みながら作業をする事ができるので、作業場を汚す事なく作業をする事ができるのでおすすめです。

 

回転調整するツマミも付いていますので、コンプレッサーの容量がしっかりとしている方も安心して適した回転数で作業を行う事ができるのでおすすめです。

大きさ高さ/10cm、パッド径/Ф12.3cm電源エアー
回転数-重さ1kg
第4位

プロスタッフ(Prostaff)

自動車塗装面用電動ポリッシャー シャインポリッシュ

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

輝きを取り戻す電動ポリッシャーです

コードの長さが10あるものを選ぶこともできるので、どんな場所にも手が届くポリッシャーです。初心者にも優しいコンパクトなポリッシャーなので、少しずつ磨くのにも、自宅で使用するのにも使いやすいのでおすすめです。

 

ポリッシャーの性能も、ダブルアクシス構造となっているので、理想的な遠心運動をすることを実現する事ができました。それにより、誰にでも簡単にワックスがけを行う事ができるようになりました。

 

ボディを磨くのにも、ライトを磨くのにも場所を選ばずに行えるのも、コンパクトな大きさだからこそ出来ます。女性にもおすすめのポリッシャーです。

大きさ92mm×117mm×56mm電源AC100V
回転数最大回転数3800rpm重さ1,780g
第3位

Super PDR

電動ポリッシャー 自動車用

価格:2,489円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量なので操作しやすいポリッシャーです

車のシガーソケットから電源を使用して使う事ができるので、場所を選ばずに気軽に行う事ができます。コードの長さも4.5mあるので、車のどの場所にも届いて使用する事ができます。軽量なので長時間の作業でも疲労も少なくて済みます。

 

専用のポリッシャータオルも付属しているので、あとは、コンパウンドやコーティング剤を購入するだけで使用する事ができます。伸縮性の強いスポンジ素材を使用しているので、少ない力で傷を消す事ができます。

 

18ヶ月の保証も付いているので、万が一不満があっても返品交換をすることもできるので安心して使用してください。

大きさ221mmx204mmx176mm電源DC12V
回転数3,000~6,000(1分間)重さ621g
第2位

リョービ(Ryobi)

サンダポリシャ RSE-1250 637000A

価格:9,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木工研削や車磨きなど多用途で使用できるポリッシャです

回転運動と偏心運動で研削ムラが起こりにくいポリッシャーです。使用する用途にあわせて回転を変えられる、回転数調整ダイヤルが付いているので、削りすぎる事がありません。ディスクペーパーとポリシングスポンジが付属しているのですぐに使用する事ができます。

 

リョービ製なので他のポリッシャーと共有で使用する事ができるものが多いので、バフについてもたくさんの種類があります。用途によって回転数も合わせられて、使用するバフもすぐに手に入るのは嬉しいポイントです。

 

購入した後も、適応してバフを探す事なく、すぐに見つける事ができるので、どの道具を使用したら良いかわからない人にもおすすめです。コンパクトで使い勝手も良いポリッシャーです。

大きさ226mm×123mm×151mm電源AC100V
回転数6,000~12,000(1分間)重さ1.5kg
第1位

髙儀(Takagi)

EARTH MAN 電動ポリッシャー EP-300A

価格:3,474円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

両手で持ちやすい室内にも使用する事ができるポリッシャーです

スポンジパッドにタオル地パッドカバー、毛バフパッドカバーとワックス用ヘラまで入ったセットを選ぶこともできるポリッシャーです。車で使用する以外にも、自宅のフローリングに使用する事ができるようにセットの場合には、多めにパットカバーが入っています。

 

回転と偏心、楕円回転となっているので、手がけでワックスをしている感覚で行う事ができるので、初心者でも安心して使用する事ができます。スイッチがついているので、指の操作で簡単にスピードをコントロールすることもできます。

 

回転調整をするツマミもついているので、慣れないうちはゆっくりのスピードで行うこともできるポリッシャーとなっています。

大きさ280mm×148mm×195mm電源AC100V
回転数600~3,000回(1分間)重さ1.6kg

ポリッシャーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5030341の画像

    髙儀(Takagi)

  • 2
    アイテムID:5030340の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 3
    アイテムID:5030339の画像

    Super PDR

  • 4
    アイテムID:5030338の画像

    プロスタッフ(Prostaff)

  • 5
    アイテムID:5030337の画像

    クロスワーク

  • 6
    アイテムID:5030336の画像

    髙儀(Takagi)

  • 7
    アイテムID:5030335の画像

    マキタ(Makita)

  • 8
    アイテムID:5030334の画像

    ボッシュ(BOSCH)

  • 9
    アイテムID:5030333の画像

    KTC(京都機械工具)

  • 10
    アイテムID:5030332の画像

    マキタ(Makita)

  • 商品名
  • EARTH MAN 電動ポリッシャー EP-300A
  • サンダポリシャ RSE-1250 637000A
  • 電動ポリッシャー 自動車用
  • 自動車塗装面用電動ポリッシャー シャインポリッシュ
  • 青吸塵式ホース付きオービタルサンダー
  • EARTH MAN 変速電動ポリッシャー EP-900SCA
  • 電子ポリッシャ 180mm PV7001C
  • 吸じんランダムアクションサンダー GEX125-1AE
  • コードレスポリッシャーセット JTAE711
  • ランダムオービットポリッシャ(マジック式) PO5000C
  • 特徴
  • 両手で持ちやすい室内にも使用する事ができるポリッシャーです
  • 木工研削や車磨きなど多用途で使用できるポリッシャです
  • 軽量なので操作しやすいポリッシャーです
  • 輝きを取り戻す電動ポリッシャーです
  • 自動車用のプロ仕様工具です
  • 両手で操作する事ができるので安心です
  • マキタの電動ポリッシャーです
  • 1分間に高回転なポリッシャーが欲しいならこちらがおすすめです
  • 充電式なのでどこでも使用する事ができます
  • マキタの長細いタイプのポリッシャーです
  • 価格
  • 3474円(税込)
  • 9620円(税込)
  • 2489円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 2500円(税込)
  • 9698円(税込)
  • 23593円(税込)
  • 9923円(税込)
  • 34340円(税込)
  • 26705円(税込)
  • 大きさ
  • 280mm×148mm×195mm
  • 226mm×123mm×151mm
  • 221mmx204mmx176mm
  • 92mm×117mm×56mm
  • 高さ/10cm、パッド径/Ф12.3cm
  • 225mm×93mm×245mm
  • 全長:210mm
  • 125mmφ(バフ部)
  • 151mm×55mm×216mm
  • 1397mmx 5334mmx 1524mm
  • 電源
  • AC100V
  • AC100V
  • DC12V
  • AC100V
  • エアー
  • AC100V
  • A​C​1​0​0​V
  • 100V
  • 充電式バッテリー
  • A​C​1​0​0​V
  • 回転数
  • 600~3,000回(1分間)
  • 6,000~12,000(1分間)
  • 3,000~6,000(1分間)
  • 最大回転数3800rpm
  • -
  • 600~2,000(1分間)
  • 600~2,000(1分間)
  • 7,500-12,000(1分間)
  • 0〜2000rpm/0〜7000rpm
  • 0~6,800(1分間)
  • 重さ
  • 1.6kg
  • 1.5kg
  • 621g
  • 1,780g
  • 1kg
  • 2.4kg
  • 2kg
  • 1.3kg
  • 3.3kg
  • 2.8kg

まとめ

ポリッシャーには様々な種類があり、初心者でも扱いやすいものからプロが業務用で使用するものまであります。使用するのに慣れてくると様々な使い方ができて、作業の時間短縮にもなります。便利な道具ですので、まだ持っていない人も購入することをおすすめします。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ