記事ID137653のサムネイル画像

    【手軽で続けられる】発芽玄米のおすすめ人気ランキング10選

    食物繊維やγ‐アミノ酪酸ことGABA(ギャバ)などの栄養成分がたっぷり詰まった発芽玄米。しかし、炊き方やニオイ、味が気になって挑戦しづらいという方も多いことでしょう。そこで今回は、発芽玄米の選び方手軽に続けられるおすすめ商品をご紹介いたします。

    その不調、発芽玄米を食べていないからかも

    不眠に苦しんだり、血圧の数値が気になったり。身体が疲れやすくて困ったり、記憶力や集中力が低下して困っていたりはしないでしょうか。もしかすると、その不調は部分的に栄養が足りなくて引き起こされているのかもしれません。

     

    歯を毎日磨いていても虫歯ができてしまうように、3度の食事を摂っていても、意外に栄養不足だという事態に陥っているケースは決して珍しくないのです。「自分のカラダの不調が少し気になっていた」という方は、ぜひ発芽玄米に挑戦してみてください。

     

    発芽玄米は、胚芽や糠が固くて食べづらい玄米を水に浸し、わずかに発芽させることで柔らかく食べやすくしたもの。また、発芽によって血圧上昇を防ぐGABA、自律神経失調症に役立つγ-オリザノールなどの栄養価が大幅に高まっているので、とってもおすすめなのです。

    発芽玄米の選び方

    発芽玄米の選び方は、まずお好みの調理方法から決定するのがおすすめです。その次に、発芽玄米の産地や品種、栽培時に使用された農薬の有無、添加されたプラスアルファの成分を考慮して最終候補を絞っていきましょう。

    調理方法で選ぶ

    発芽玄米の調理方法を大別すると、炊飯器や圧力鍋で自炊するか、レトルトタイプ発芽玄米をレンジでチンするか(メーカーによっては湯せんも可能)の2択になります。それぞれどんな人に向いている調理方法なのでしょうか。早速チェックしていきましょう。

    自炊

    炊飯器や圧力鍋、玄米の発芽・炊飯・発酵まで行ってくれる専用の炊飯器などで調理したいなら、水で研いだり吸水したりしてから使用する自炊タイプの発芽玄米を選びましょう。

     

    とくに、自分ひとりだけでなく、健康のため家族全員で玄米食を始めるなら、美味しさはもちろんですがコスパも大切です。自炊タイプの発芽玄米なら、次にご説明するレトルトタイプより1食当たりのお値段がややリーズナブルになります。

     

    栄養価の高い発芽玄米は継続してこそ効果を発揮するため、少しでもお財布に優しい値段であることは購入の重要な判断ポイントです。また、自炊タイプの発芽玄米は調理時に量が調節できるため、レシピの多彩なアレンジも楽しめます。

     

    発芽玄米は経済的な観点を優先して選びたい方、白米に少しだけ混ぜたり、もち麦などの雑穀と合わせたりと、いろんなパターンで発芽玄米を食したい方にもおすすめの調理方法です。

    レトルト

    ひとり暮らしだったり、発芽玄米へのトライを希望しているのは自分だけで家族は白米しか食べなかったり。また、ダイエットや食事の指導療法など、短期間・少人数のみでトライするなら、レトルトタイプの発芽玄米がおすすめです。

     

    他にも、電子レンジのある職場に発芽玄米をお弁当として持って行きたい、炊飯器は家族が白米を炊くので使えないという方にも便利な調理方法だといえるでしょう。また、発芽玄米の味がどんなものかわからない、トライアルとして選びたい方にもイチオシです。

     

    自炊タイプの発芽玄米に比べてのデメリットは、1食当たりのコスパが高くなってしまうこと。しかし、発芽玄米の吸水や炊飯時間が不要で、数分のレンジ加熱で食べられるレトルトタイプの利便性を重視するなら、多少のコストは気にならなくなるといえるでしょう。

    産地や品種で選ぶ

    発芽玄米の調理方法自炊にするかレトルトでレンジ加熱にするかを選べたら、次は産地や品種なども参考にしていきましょう。目安は、いつも選んでいる白米の特徴を基準にするのがおすすめです。

     

    噛んだときの柔らかさを重視するならコシヒカリやヒノヒカリ、ひとめぼれを。固めの噛みごたえだったり、粒感を重視したりするのなら、あきたこまちがイチオシです。

     

    産地に関しては、収穫した地で味が全く違うということはなさそうなので、北海道から東北、九州までとご自身のお好みで決めてしまえばよいでしょう。

     

    ちなみに、産地が東北ならコシヒカリを親に持つお米が多いです。九州ならヒノヒカリを父として交配している品種が多くあるでしょう。

    農薬使用の有無で選ぶ

    「残留農薬の毒性なんて全く気にならない」という方ならよいのですが、少しでも気になるという方は無農薬の発芽玄米を選んでおいたほうが無難な選択だといえるでしょう。

     

    とくに、現在妊活していたり、妊娠中だったり、小さな子供の育児に追われていたりするご家庭ならなおさらです。残留農薬の毒性が高く、使用が不安視されているのはネオニコチノイド系の農薬。

     

    これが発芽玄米の残留農薬として人体に影響を及ぼしてしまうと、中枢神経系の成長を阻害し、発達障害や記憶障害を引き起こしてしまう危険性があると指摘されているのです。

     

    せっかく赤ちゃんを授かっても、毎日のように家族の健康に留意していたとしても、残留農薬の影響が懸念されそうな食物をせっせと口に運んでいるなら、見えない不安は尽きないといえるでしょう。

    成分で選ぶ

    発芽玄米を選ぶときは、添加されたプラスアルファの成分もチェックしておくことがおすすめです。玄米はビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富な食品であるものの、鉄分の吸収を妨げてしまうというウィークポイントがあります。

     

    そのため、発芽玄米に鉄分を添加している商品が多いのです。また、米ぬか発酵エキスやコラーゲンを添加しているのは、お肌のバリア機能を高める成分だから。

     

    アレルギーやアトピーなど皮膚疾患に悩んでいたり、美容目的だったりで発芽玄米のスタートを考えているなら、これらの成分が付加されているかも気にしておくとよいでしょう。

     

    また、発芽玄米はどうしても白米の味の良さには負けてしまうため、継続のコツは“玄米の味に飽きてしまわないこと”です。レトルトタイプなら、うるち米やもち米とブレンドしたり、小豆や塩でアレンジされていたりする発芽玄米もあります。

     

    玄米本来以外の栄養素も欲しい、気分転換したい、味に飽きてしまいそうだと感じるなら、プラスアルファの成分で選ぶことはおすすめの判断ポイントになるでしょう。

    発芽玄米のおすすめランキング

    第10位

    たかの

    たかの 発芽玄米ごはん 180g×10個

    価格:2,011円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    発芽玄米の割合が少ないから、無理なくトライできる

    新潟県産コシヒカリの発芽玄米と、国内産うるち米を50%ずつ使用したレトルトごはんです。発芽玄米の割合が低いので、ガッツリと100%で玄米食に挑みたい方には不向きの商品。

     

    しかし、玄米の味が「ニオイが気になったり、食感がボソボソしたりで、ちょっと苦手…」という方には無理なく続けられる有難い商品といえるでしょう。また、発芽玄米の内容量が通常だいたい150g程度であるところ、こちらの商品は少し多めの180g。

     

    普通サイズでは満腹にならない、もう少し量があれば嬉しいという方には、おすすめのボリュームです。普段の発芽玄米の炊き方は、発芽玄米オンリーだけでなく、白米に大さじ数杯程度混ぜるという方にも最適です。

    調理方法レトルト産地や品種新潟県産コシヒカリ50%
    農薬の有無プラスアルファの成分国産うるち米
    第9位

    オーサワジャパン

    国内産有機活性発芽玄米 2kg

    価格:2,565円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    有機JAS認定。ノンボイルの生きた発芽玄米

    農薬、化学肥料、除草剤を使用しない有機栽培で育った発芽玄米です。農林水産大臣が定めた基準をクリアした有機JAS認定がついています。かつての有機栽培米といえば、手の届きにくい高価な存在。

     

    しかし、最近では無農薬栽培の手法が確立されてきたために、だいぶん身近な値段になってきているといえるでしょう。有機栽培はマンパワーに頼るところが多く、そのぶん丁寧に育てられているから、玄米本来の旨味や甘みが活きているとレビューでも好評価。

     

    60~90分ほど浸水させてから炊飯器で炊けば、最高の状態で仕上がります。水に浸けておく時間がなければ、そのままでも大丈夫。玄米のみで炊いても、白米に混ぜて炊いても美味しく食べられます。

     

    有機JAS認定だったり、お子様も安心して楽しめたりする発芽玄米をお探しの方に、おすすめの発芽玄米です。

     

    調理方法自炊産地や品種秋田・山形産有機玄米
    農薬の有無不使用プラスアルファの成分なし
    第8位

    セレス

    濱田産業 発芽玄米 150g×12P

    価格:2,006円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ひとめぼれともち米のコラボ。レトルトタイプで簡単

    お米の王様・コシヒカリと初星(はつぼし)を掛け合わせて誕生した宮城県産ひとめぼれ。粘り強く、香り良しとバランスのとれた特徴を持ったひとめぼれ80%に、もち米20%を混ぜたレトルトタイプの発芽玄米です。

     

    どうしても食感のパサパサしがちな発芽玄米。しかし、柔らかさのあるひとめぼれにもち米がプラスされることによって、よりモチモチ感のグレードアップした仕上がりを実現しています。

     

    玄米食を続けたいけれど、どうにも食感が気になって継続しづらい、もっと食味ともっちり感があればいいなと望む方におすすめの発芽玄米です。

    調理方法レトルト産地や品種宮城県産ひとめぼれ80%
    農薬の有無プラスアルファの成分もち米20%
    第7位

    春日の庄

    レンジ対応!3日寝かせ 発芽酵素玄米ごはん 15食 冷凍

    価格:4,730円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    手軽にレンチン。めちゃくちゃ美味しい寝かせ玄米

    大分県産玄米と北海道産小豆、さらに大分県産の塩を加えて炊き、3日間熟成させた酵素たっぷりの発芽玄米です。玄米は身体によいけれど、ボソボソした食感を苦手に感じる方も多いのではないでしょうか。

     

    本商品は、寝かせ玄米にすることでモチモチした粘り強さと柔らかさを極限まで引き出しているので心配無用です。酵素も活性化されているので、美容が気になる方にもおすすめ。添加物や保存料は全く使われていないので、小さなお子様も安心して召し上がれます。

     

    加熱方法はレンジでチンする以外に、湯せんもOK。酵素たっぷりの寝かせ玄米を自分で作るのは大変、栄養価とずば抜けた美味しさの両方を求めている方に、ぜひ試してもらいたい発芽玄米です。

    調理方法レトルト・湯せん産地や品種大分県産うるち米
    農薬の有無低農薬・残留ゼロプラスアルファの成分北海道産小豆、大分県産塩
    第6位

    たべたせいか

    30年度産 熊本産 発芽玄米 無農薬 5kg

    価格:7,580円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    プチプチ弾ける。美容雑誌にも紹介された人気の発芽玄米

    ミネラルたっぷりの阿蘇の伏流水で育った無農薬の発芽玄米です。四国地方や九州地方を中心に作付けされていて、コシヒカリと黄金晴(こがねばれ)を交配して誕生したヒノヒカリを使用しています。

     

    プチプチと口の中で弾けるような食感、コシヒカリに似た味わい深い美味しさが話題を呼び、女性に人気の美容雑誌にも紹介されました。有機JASを取得できる栽培方法で育てているものの、認定を受けると値上げせざるを得なくなるため見送っているそうです。

     

    九州の人気ブランド米の発芽玄米が食べたい、無農薬栽培を希望している、美味しさに定評のある発芽玄米を探しているなら、ぜひ熊本産発芽玄米のコチラをどうぞ。

    調理方法自炊産地や品種熊本県産ヒノヒカリ
    農薬の有無無農薬プラスアルファの成分なし
    第5位

    玄米 雑穀米の通販 川島米穀店

    発芽玄米 玄氣(げんき)1.5㎏×3袋

    価格:4,180円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    吸水時間ゼロ。最も簡単に炊ける減農薬発芽玄米

    減農薬で育った発芽玄米です。佐賀県産100%の玄米が原材料となっています。楽天ランキングの玄米部門で、連続200週第1位を取り続けるほど実力のある大人気商品です。

     

    3袋全てが真空パックで届くので、白米に混ぜて少しずつ発芽玄米を消費させたい方にも便利。研ぎ洗いの手間がいらない無洗米で、水に浸しておく時間も不要だから、忙しい時間帯の朝食にも無理なく玄米ごはんを用意できます。

     

    炊飯器の白米モードで美味しく炊けるから、玄米モードがついていなかったり、圧力釜がなかったりする方でも大丈夫。簡単に炊けて、たくさんの人がリピートする美味しい発芽玄米を購入したい方におすすめです。

    調理方法自炊産地や品種佐賀県産コシヒカリ
    農薬の有無減農薬プラスアルファの成分なし
    第4位

    大潟村あきたこまち生産者協会

    あきたこまち発芽玄米 900g

    価格:980円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    飽きのこない美味しさで定期購入する人が続出

    米どころとして有名な秋田県大潟村のあきたこまちを使用した発芽玄米です。米糠発酵エキスとコラーゲン、鉄分を添加しているため、貧血や肌荒れ、髪の毛の傷みが気になっている方にとってもおすすめ

     

    「冷めてレンチンしてもふっくらモチモチ」「すごく美味しい」「定期購入している」と、Amazonレビューでも大評判の名品です。吸水性が高く、浸け置きナシで炊飯することができるため、「発芽玄米が食べたいけれど、面倒くさいな」と延期になることもありません。

     

    また、無洗米なので発芽玄米を水で研ぐ煩わしさ、手荒れの心配も皆無です。発芽玄米にさらなる栄養を求める方、簡単に炊いて食したい方、美容に努めたい方におすすめの一品です。

    調理方法自炊産地や品種秋田県産あきたこまち
    農薬の有無プラスアルファの成分米糠発酵エキス、コラーゲン、鉄分
    第3位

    全農パールライス

    金のいぶき 発芽玄米ごはん 150g×12P

    価格:2,380円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    栄養だらけ。米どころ宮城が生み出した巨大胚芽の発芽玄米

    2006年に宮城県古川農業試験場で誕生した品種・金のいぶきを使用した発芽玄米です。胚芽が通常品種の3倍もあるから、その分だけギャバやビタミンなどの栄養もたっぷり。また、低アミロースだから、粘り気が強くモチモチ感もハンパないと大人気です。

     

    気になる食物繊維量は1食当たり4.9g。成人の1日の摂取量目安が18~20g程度なので、便通のメンテナンスやダイエット食としてもおすすめです。「レトルトタイプの発芽玄米ではウマさ最強」との口コミも何気に多く集まっている逸品。

     

    忙しい朝のお弁当作りに、朝食に、子供のおやつ代わりにと、わずか2分のレンジ加熱で使い回しが利くのも大きな魅力です。美味しくて便利なレトルトの発芽玄米が食べたい、巨大胚芽の発芽玄米を味わってみたいという方は、ぜひコチラをお試しください。

    調理方法レトルト産地や品種宮城県産うるち米
    農薬の有無プラスアルファの成分なし
    第2位

    大潟村あきたこまち生産者協会

    特別栽培米 大潟村あきたこまち 発芽玄米鉄分 1kg

    価格:973円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    Amazon's choiceの商品。発芽玄米初心者ならコレで決まり

    Amazonでのネットショッピング中によく見かけるアマゾンズチョイスとは、求めやすいお値段で評価が高く、さらに発送もスピーディーな商品のこと。コチラの商品は、そんな栄誉あるタグをAmazonから付加されたおすすめの発芽玄米です。

     

    使われているのは秋田県大潟村産のあきたこまち。化学肥料や農薬を通常の5割以下とする“特別栽培米製法”に則って、育てられた玄米です。鉄分、ビタミンB1、コラーゲン、米糠発酵エキス入りで美容効果も期待大。

     

    ニオイが目立たなく、噛み応えあるクセのない味わいだから、健康のために発芽玄米食をスタートさせようかなと思っている方にピッタリです。自炊用で探しているけれど、何を選べばよいか迷っているという方は、ぜひランキング2位の発芽玄米をどうぞ。

    調理方法自炊産地や品種大潟村あきたこまち
    農薬の有無平均値の5割以下プラスアルファの成分鉄分、ビタミンB1、コラーゲン、米糠発酵エキス
    第1位

    神明

    神明 ファンケル発芽米ごはん  160g×24P

    価格:2,831円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    みんな買ってる。コスパ最強の続けられる発芽米

    本商品の1パック当たりの価格は約118円。白米のレトルト価格と大差のない優秀なコストパフォーマンスで、玄米食継続に大きく貢献している発芽玄米です。原材料は、吸水性と栄養価の高いファンケル発芽米100%。

     

    短時間高温殺菌処理をしているから、酸味料不使用・無添加で安心です。少し固めで噛み応え十分、さらに癖のない味わいが万人受けして食べやすいと大好評。食べ続けていたら「身体が疲れなくなった」「お腹の調子が良くなった」という口コミも多いです。

     

    発芽玄米を始めてみたいけれど、下ごしらえや炊き方が手間で続けられるかどうか不安。そんな方は、まずは“みんなが買ってるコスパ抜群のファンケル発芽玄米”から挑戦してみてはいかがでしょうか?

    調理方法レトルト産地や品種国内産うるち米
    農薬の有無プラスアルファの成分なし

    発芽玄米のおすすめ商品比較一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5034614の画像

      神明

    • 2
      アイテムID:5034620の画像

      大潟村あきたこまち生産者協会

    • 3
      アイテムID:5034636の画像

      全農パールライス

    • 4
      アイテムID:5034647の画像

      大潟村あきたこまち生産者協会

    • 5
      アイテムID:5034652の画像

      玄米 雑穀米の通販 川島米穀店

    • 6
      アイテムID:5034658の画像

      たべたせいか

    • 7
      アイテムID:5034684の画像

      春日の庄

    • 8
      アイテムID:5034670の画像

      セレス

    • 9
      アイテムID:5034704の画像

      オーサワジャパン

    • 10
      アイテムID:5035299の画像

      たかの

    • 商品名
    • 神明 ファンケル発芽米ごはん  160g×24P
    • 特別栽培米 大潟村あきたこまち 発芽玄米鉄分 1kg
    • 金のいぶき 発芽玄米ごはん 150g×12P
    • あきたこまち発芽玄米 900g
    • 発芽玄米 玄氣(げんき)1.5㎏×3袋
    • 30年度産 熊本産 発芽玄米 無農薬 5kg
    • レンジ対応!3日寝かせ 発芽酵素玄米ごはん 15食 冷凍
    • 濱田産業 発芽玄米 150g×12P
    • 国内産有機活性発芽玄米 2kg
    • たかの 発芽玄米ごはん 180g×10個
    • 特徴
    • みんな買ってる。コスパ最強の続けられる発芽米
    • Amazon's choiceの商品。発芽玄米初心者ならコレで決まり
    • 栄養だらけ。米どころ宮城が生み出した巨大胚芽の発芽玄米
    • 飽きのこない美味しさで定期購入する人が続出
    • 吸水時間ゼロ。最も簡単に炊ける減農薬発芽玄米
    • プチプチ弾ける。美容雑誌にも紹介された人気の発芽玄米
    • 手軽にレンチン。めちゃくちゃ美味しい寝かせ玄米
    • ひとめぼれともち米のコラボ。レトルトタイプで簡単
    • 有機JAS認定。ノンボイルの生きた発芽玄米
    • 発芽玄米の割合が少ないから、無理なくトライできる
    • 価格
    • 2831円(税込)
    • 973円(税込)
    • 2380円(税込)
    • 980円(税込)
    • 4180円(税込)
    • 7580円(税込)
    • 4730円(税込)
    • 2006円(税込)
    • 2565円(税込)
    • 2011円(税込)
    • 調理方法
    • レトルト
    • 自炊
    • レトルト
    • 自炊
    • 自炊
    • 自炊
    • レトルト・湯せん
    • レトルト
    • 自炊
    • レトルト
    • 産地や品種
    • 国内産うるち米
    • 大潟村あきたこまち
    • 宮城県産うるち米
    • 秋田県産あきたこまち
    • 佐賀県産コシヒカリ
    • 熊本県産ヒノヒカリ
    • 大分県産うるち米
    • 宮城県産ひとめぼれ80%
    • 秋田・山形産有機玄米
    • 新潟県産コシヒカリ50%
    • 農薬の有無
    • 平均値の5割以下
    • 減農薬
    • 無農薬
    • 低農薬・残留ゼロ
    • 不使用
    • プラスアルファの成分
    • なし
    • 鉄分、ビタミンB1、コラーゲン、米糠発酵エキス
    • なし
    • 米糠発酵エキス、コラーゲン、鉄分
    • なし
    • なし
    • 北海道産小豆、大分県産塩
    • もち米20%
    • なし
    • 国産うるち米

    まとめ

    発芽玄米の選び方、おすすめの人気アイテムを共にご紹介しました。「これに決めた」と思える発芽玄米に出会えたでしょうか。発芽玄米を続けていて、体調不良が改善したという方はけっこう多いです。将来的な健康のためにも、本記事を参考にぜひ発芽玄米を選んでみてくださいね。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

    TOPへ