記事ID137639のサムネイル画像

【2019年最新版】人気ベースプリアンプおすすめランキング10選

自宅やスタジオなどでベースの練習を行う際に使用するアンプは主に3種類存在しています。3つのアンプはもちろんそれぞれ役割が異なります。今回紹介するのはプリアンプです。初心者の方でもわかりやすいように選び方の説明と、おすすめランキング10選を紹介していきます。

ベースのプリアンプで最高の音作りを

ベースの音出しやフレーズを弾くことに慣れてくると次のステップとしてベースの音作りに取り掛かる方が多数いらっしゃるでしょう。しかし、初心者の方はどのような機材が必要になるのかわからない方もいらっしゃるでしょう。

 

今回紹介するプリアンプはずばり音作りに必要な機材です。アンプの種類としては音を増幅させることができるパワーアンプや音を出すために必要なスピーカーについては今回はあまり取り上げません。

 

自宅だけでの練習や演奏のみを考えている方ならばあまり必用ないと考えられている方は多数いらっしゃいます。しかし、スタジオやライブハウスでの演奏を行うとなるといつものアンプと違うこともあります。そのようなときのためにアンプに左右されないプリアンプが必要になってきます。

 

ベースのプリアンプの選び方

ベースプリアンプを購入する際の選ぶ基準として参考にしていただきたいことを紹介していきます。

どのような音作りをしたいのかを検討する

ベースアンプを購入する際にまず検討していただきたいのがどのような音作りを行いたいのかということです。クリーンサウンドなのか、ロックやパンクでよく使用される歪のあるサウンドなのか。

 

もしくは音の輪郭をはっきりさせたいのか、ほかにも中高域のサウンドを前面に押し出したいのかなど、だいたいで構わないので自分の中で最終着地点を決めておく必要があります。当たり前かもしれませんが、そこがまず第一歩です。

プリアンプの主な役割を把握する

プリアンプを購入する際に知っておきたい主な役割は2つあります。1つがインピーダンス変換について知ること。もう1つがDI機能についてです。それぞれを簡単に説明しておきます。

インピーダンス変換とは

インピーダンス変換について紹介する前にまずは、インピーダンスについて紹介します。インピーダンスとは一言でいうと交流抵抗のことを指します。つまりインピーダンスが高い状態、ハイインピーダンスになると抵抗が大きくなり、ノイズに弱くなるのです。

 

エレキベースやギターから発せられる信号はハイインピーダンスなのでノイズに弱く、シールドを長く弾きまわすと音痩せが顕著に表れます。プリアンプを通して信号を出力すればローインピーダンスに変換されます。

 

結果的に音質が安定するようになり、上記で上げた2点の弱みを改善することが可能になるのです。これがプリアンプの1つ目の重要な役割です。

 

 

DI機能とは

演奏するスタジオやライブハウスが大きくなるとお客さんに届く音はアンプではなくアンプの手前に装着されているプリアンプを通して出音されることが大半です。その時、エレキベースが出力する信号はアンバランス信号と呼ばれています。

 

アンバランス信号はそのま出力されると長くケーブルを弾きまわしたりすることで音痩せを起こしたり、ノイズが混入されてしまうことが多発します。長距離にわたる信号の送受信が必要な場合に必要なのがバランス信号です。

 

端的に言えばプリアンプによってアンバランス信号をバランス信号に変換することで、ノイズを後ほど消すことができるようになり演奏のクオリティを上げることを可能にするというわけです。

補足:ヘッドフォン接続が可能か

上記2つで上げた昨日はもちろん自宅でも重宝する機能ですが、どちらかといえばスタジオにおいて活躍する機能たちといえるでしょう。今回このランキングを参照されている方でもし自宅用に購入を検討されているならば、この項目のチェックも欠かせません。

 

ヘッドフォン接続が可能であるのかどうかということです。自宅で、夜間での練習ということになるとなかなかアンプから直接音を響かせるのは難しい状況でしょう。しかしこの機能があれば夜間でも練習することが可能です。

 

単体でヘッドフォンアンプになるプリアンプも中には販売されているので、アンプの購入も同時に検討されている方はチェックしてみてください。2つ同時に搭載されているタイプはスペースも取らないので収納にも最適です。

主なメーカーと代表機器

ベース用プリアンプの購入が全くの初めてであるという方に知っておいてほしい主な製造メーカーと代表機器を紹介します。

TECH21

アメリカのマンハッタンに拠点を構える老舗メーカーの1つで、アンプのシミュレーション、モデリングに力を入れている企業です。ベーシストの大半が知っている名シリーズのSansampシリーズのclassicはチューブアンプ・エミュレーション回路の開発に寄与しました。

 

それまでは不可能とされていたラインレコーディングを可能にしたことでその地位は不変のものとなったといわれています。このメーカーの定番機種は先ほど紹介したSansampシリーズより販売中のBass Driever DIです。

 

ベースが奏でる代表格の音としても知られておりサンズみたいな音がなるという話がベーシストのあいだであるくらいに当たり前のものになっています。

MXR

MXRもTECH21と同じようにアメリカに拠点を置いている企業です。1972年に創業して以来革新的なエフェクトペダルを数多く世に送り出しています。MXRの最大の功績といえばやはりエフェクターのコンパクト可でしょう。

 

他社メーカーも実現不可能なサイズの確立を成功させており、当時は他社エフェクターの半分以下を下回るサイズであったそうです。そしてディストーション、歪みのジャンルを確立したのも実はこのメーカーです。

 

ファズとは異なるオーバーロードしたアンプ音の再現を確立させたことによってロックに与えた影響は多大なものであるといえるでしょう。定番のプリアンプはM80Bass D.Iです。詳細は後ほど紹介します。

EBS

EBSは上記で紹介した2メーカーとは違ってスイスに拠点を置いています。立ち上げられたのは1988年と比較的後発グループに位置するメーカーではありますが、ベーシストが本当に求めている機器を開発するという強い信念をもとにスタジオ機器のサポートをしていた技師たちによって立ち上げられました。

 

ベースのプリアンプを中心に製造が開始され現在ではペダルエフェクターやアンプなどの周辺機器の開発にも取り組まれています。商品の評判としてはノイズが低く、ハイファイなサウンドを再現できることからギタリストにも評価されています。

 

定番モデルはMicro BassIIです。多機能かつさまざまなシーンに対応することから重宝されています。上記のメーカー同様にベーシストなら1度はチェックしておきたいメーカーです。

Aguilar

Aguilarもアメリカ生まれのブランドでニューヨークを拠点に製造をおこなっています。シンプルなデザインの商品と革新的でハイクオリティの商品が混在しているバラエティ性に富む商品展開で知られています。

 

べ―シストの求める環境を熟知しているトップクラスのエンジニアやデザイナーによって手掛けられているので安心のクオリティを保持しているものが多く定番商品も多数展開されています。

 

その1つがTone Hammerでしょう。Aguilar独自の回路を組み込むことで小さい筐体のプリアンプとなっていますが、素晴らしいサウンドメイクを行う手助けをしてくれること間違いなしでしょう。

ベースのプリアンプ人気ランキング10選

第10位

AMPEG

SCR-DI

価格:28,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伝統のワイドなトーンも保有

10位にランクインしたのは伝統のワイドなトーンも保有していることでおなじみのアンペグから販売されているSCR-DIです。ベース、ミドル、トレブルの3つのプリアンプセクションに加えてウルトラ―ロー&ハイのシェイピングスイッチも搭載しています。

 

真空管アンプから放たれるようなオーバードライブ、ディストーションなどの最新ベーススクランブラ―オーバードライブを搭載しています。ギクバックに入れることも可能なほどのサイズなので自宅でも演奏することが可能です。

 

手軽にアンペグの伝統的なサウンドを表現することが可能なので、初めての1台を購入を検討されている方にはおすすめでしょう。

DI機能ありヘッドフォン端子あり
第9位

ハオ

BASS LINER

価格:25,704円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フラットな性能を持つクリーンブースター

9位にランクインしたのはフラットな性能を併せ持ちバイパス音と遜色がないくらいのクリーンブースターのようなサウンドを作り出すことができることでおなじみのHAOのBASS LINERです。

 

絶妙なポイントに設定されている5バンドイコライザーを使って素早く自分が望むサウンドメイクを行うことが可能です。ベースの原音であるPJBサウンドを常に意識されているという方にはうってつけのプリアンプといえるでしょう。

 

ペダルとしての評価も高く電池を挿入しておくと約5時間の使用が可能となっています。さらに、ヘッドルームの確保を実現するためにACアダプター電源を前提として設計されています。

 

 

DI機能なしヘッドフォン端子なし
第8位

EDEN

WTDI

価格:13,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

WTXシリーズのコントロール類を重視

8位にランクインしたのはEDENより販売中の商品のWTDIです。EDENは少しベースについて知っている方ならば知っているでしょうが、名門のベースアンプメーカーです。WTXという他のシリーズのも搭載されているコントロール類も搭載されている充実ぶりです。

 

EDENアンプには欠かせないマジックノブと呼ばれるエンハンスコントロールも搭載されているので、これ1台でもかなりの音の作りこみが可能です。DI機能も有しておりホームスタジオやライブハウスのみならず、ツアーのバックアップとしても活躍すること間違いなし。

 

サウンドの特徴としてはクリアで上品であるという印象です。他メーカーに多いブリットした音とはまた違うEDEN独特のハイクオリティサウンドをぜひ体験してみてください。

DI機能ありヘッドフォン端子なし
第7位

Darkglass Electronics

Microtubes B7K Ultra (V2) 【国内正規品】

価格:50,544円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベーシストが創設したメーカーが手掛ける

7位にランクインしたのはベーシストDouglas Castroが2009年に設立したDARKGLASSより販売中のMicrotubes B7K Ultra (V2) です。こちらは豊富なつまみと細やかな調整が可能なプリアンプとして知られています。

 

低音域の調整はHI MIT、LO MITの周波数帯域を3種類から選択することで行う独自のシステムとなっています。まさにabsolute controlとも呼ばれるのにふさわしい商品となっています。

 

ディストーションが内蔵されており、フットペダルを用いてエフェクターと同じように演奏中にも切り替えることが可能になっているしようとなっています。ロックサウンドなどのひずみ重視の音楽を標榜されている方におすすめです。

DI機能ヘッドフォン端子
第6位

HOTONE

「B-STATION」

価格:14,904円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多弦ベース所有の方におすすめ

6位にランクインしたのは多弦ベースを所有している方によくおすすめされる商品の「B-STATION」です。こちらのメーカーも2013年と比較的新興企業として位置づけされていますが、超ミニサイズのエフェクターやアンプを販売していることで知られています。

 

多弦ベーシストの方から人気を集めている理由としては多弦ならではの超低音から高音に至るまでの幅広い音域に対応するために周波数特性の設計をされているからです。直感的にセットすることができるようにEQデザインを搭載したり、多弦をバランスよくならすことにもたけています。

 

速いサウンドであったとしてもナチュラルな音で追従することが可能なコンプレッサーも踏査されている幅広い機能も主な特徴の1つです。

DI機能ありヘッドフォン端子あり
第5位

EDEN

EDEN ペダルプリアンプ DI MODULE

価格:25,470円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイエンドモデルならではのクオリティ

5位にランクインしたのがEDENより販売中の商品のDIMODULEです。こちらはプリアンプ部分をそっくりそのまま抜き取ってきてそのまま商品化したような商品なので、歪ませるという機能のみに頼ることなく、しっかりと音を作りこめるようになっています。

 

サウンドの核になるミッドレンジのEQにはハイミッドとローミッドのセミパラメトリックEQを採用して自由自在にトーンシェイピングを行うことを可能にしました。この機能に加えてうなるほどの重低音を作り出すことができるベースブースト機能も搭載されているのでプレイスタイルを選びません。

 

高品質のDIコンプレッサーとDIアウトも搭載されているというので驚きのサービスといえるでしょう。ヘッドフォン端子も搭載されているので自宅で本格的な練習を行うことも可能です。

 

DI機能ありヘッドフォン端子あり
第4位

Darkglass Electronics

Alpha Omega 【国内正規品】

価格:38,340円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロデューサーとベーシストの共同設計

4位にランクインしたのはDarkglass Electronicsより販売中の商品のAlpha omegaです。こちらの商品は従来のプリアンプとは1味違う設計になっているストンプボックスになっています。MOBノブを使用することで異なるひずむの組み合わせを行うことが可能になっており、新感覚のサウンドメイクも可能です。

 

全体のコントロールを行う方法としては2つのトグルスイッチと3つのアクティブタイプのEQを使用します。このタイプはあまり販売されていないので、コントロールの面でも新たな楽しみ方が発掘できるでしょう。

DI機能ありヘッドフォン端子なし
第3位

EBS

MICRO BASS 2

価格:33,600円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能なアウトボードベースプリアンプ

3位にランクインしたのはEBSより販売中の商品MICROBASS2です。2つのチャンネルを有しており、適当なタイミングで変換することでより豊かなサウンドメイクを可能にしています。そして2本のベースを同時に接続することも可能です。

 

機能としてはエンハンス、ドライブサウンドなどを搭載しているほかに、ミキサーに王ラグインすることができるようにスピーカーシミュレーション付きのバランスアウトも搭載されています。

 

現場重視の側面を持ち合わせると同時にヘッドフォン出力が可能であるために、自宅での編集も自在に行うことが可能となっている1商品となっています。

 

 

DI機能ヘッドフォン端子あり
第2位

MXR

M80 BASS D.I.+

価格:16,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

実力は折り紙付き

2位にランクインしたのはMXRより販売中の M80 BASS D.I.+です。こちらの商品はSansampのプリアンプが大ヒットした直後に大ヒットを重ねた商品ということもあり、世界的にも認知度は高いところに位置付けられています。

 

定番モデルとして評価は高いものとなっており、価格は抑え気味のエントリークラスとなっていますが、プロからアマまで幅広く使用されています。bass middle trebreの3つのEQ はどれも効きが良くジャズからロックに至るまで対応しています。

 

 

DI機能ありヘッドフォン端子なし
第1位

TECH21

BASS DRIVER DI V2

価格:30,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

言わずと知れた名器

1位にランクインしたのはもはやベース歴の長い方ならだれでもしっているであろう定番中の定番であり名器である、TECH21より販売中の商品のBASS DRIVER DI V2です。ベース用エフェクターの業界を変えたといっても過言ではありません。

 

旧型にはなかったmidコントロールを新たに搭載してBASSコントロールの新たな帯域調節も可能になったことでより幅広いサウンドメイキングも可能になりました。旧型をすでに所有しているという方もぜひ新型を1度試していただきたいところです。

 

 

DI機能ありヘッドフォン端子なし

ベースのプリアンプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5034512の画像

    TECH21

  • 2
    アイテムID:5034511の画像

    MXR

  • 3
    アイテムID:5034509の画像

    EBS

  • 4
    アイテムID:5034510の画像

    Darkglass Electronics

  • 5
    アイテムID:5033839の画像

    EDEN

  • 6
    アイテムID:5033824の画像

    HOTONE

  • 7
    アイテムID:5033401の画像

    Darkglass Electronics

  • 8
    アイテムID:5033385の画像

    EDEN

  • 9
    アイテムID:5033374の画像

    ハオ

  • 10
    アイテムID:5033337の画像

    AMPEG

  • 商品名
  • BASS DRIVER DI V2
  • M80 BASS D.I.+
  • MICRO BASS 2
  • Alpha Omega 【国内正規品】
  • EDEN ペダルプリアンプ DI MODULE
  • 「B-STATION」
  • Microtubes B7K Ultra (V2) 【国内正規品】
  • WTDI
  • BASS LINER
  • SCR-DI
  • 特徴
  • 言わずと知れた名器
  • 実力は折り紙付き
  • 多機能なアウトボードベースプリアンプ
  • プロデューサーとベーシストの共同設計
  • ハイエンドモデルならではのクオリティ
  • 多弦ベース所有の方におすすめ
  • ベーシストが創設したメーカーが手掛ける
  • WTXシリーズのコントロール類を重視
  • フラットな性能を持つクリーンブースター
  • 伝統のワイドなトーンも保有
  • 価格
  • 30500円(税込)
  • 16800円(税込)
  • 33600円(税込)
  • 38340円(税込)
  • 25470円(税込)
  • 14904円(税込)
  • 50544円(税込)
  • 13980円(税込)
  • 25704円(税込)
  • 28000円(税込)
  • DI機能
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • なし
  • あり
  • ヘッドフォン端子
  • なし
  • なし
  • あり
  • なし
  • あり
  • あり
  • なし
  • なし
  • あり

まとめ

今回は3種類存在しているベースアンプの中でもプリアンプと呼ばれるものの役割、選び方、ランキング10選を初心者の方向けに紹介させていただきましたが、いかがでしたか。初めて聞く用語も数多く並んでいたでしょうが、ここに掲載している内容を最低限抑えいて抱ければ購入時に迷うことを何もわからず手の付けようがないということはないでしょう。是夫購入時の参考にしてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ