記事ID137633のサムネイル画像

【2019年最新版】おすすめのソフトシンセ音源ランキング10選

シンセサイザーは音を合成して音を作り出す楽器になります。ソフトシンセは多くのの種類が販売されており、機能性・操作性・値段など自分の好みにあったソフトシンセを探してみましょう。ここではおすすめのソフトシンセの選び方や、おすすめのソフトシンセを紹介していきます。

自分で音を合成してつくりだす

ソフトシンセ(ソフトウェア・シンセサイザー)は、ピアノやギターなどメロディ楽器だけでなく多様なシンセシス(音の合成方式)によって実在しないような楽器のサウンドを表現できます。

 

ソフトウェアなので物理的な場所もとらない優れものです。その一方でソフトだからこそ機種により得意な音色や機能、動作環境も千差万別。複雑なシステムにより音を合成する機種も多くすべてが安価なものではないです。

 

そのため失敗なく優れたソフトシンセを見極めるためにも、ここからはおすすめのソフトシンセの選び方や、おすすめのソフトシンセを紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。

おすすめのソフトシンセの選び方

ソフトシンセを選んでいく中でポイントはいくつかあります。ソフトシンセの機能はもちろんですが、それを使用するパソコンのスペックも重要になってきます。

インストールするパソコンの性能から選ぶ

ソフトシンセでは、インストールするパソコンのスペックが各機材の推奨環境をみたいしているのかをチェックすることが必要となってきます。購入したけど使えなかったなどということがないように注意しましょう。

PCスペックが推奨環境を満たしているか

ソフトシンセはパソコン自体をシンセサイザー化するものです。当然ながら、ハードウェアとソフトウェア両方のスペックを満たしている必要があります。まず使用しているパソコンのCPU、HDDやSDDの空き容量、メモリ容量ながどが、推奨スペックに適しているかチェックしましょう。

 

基本的に、推奨環境に関してはメーカーのサイト製品ページなどに記載されています。それらを参考に自分のパソコンのスペックと比較して推奨環境にあっているかを確認するといいでしょう。

 

推奨環境として「CPU〇〇以上推奨」のような表記もよく見ることでしょう。できる限りストレスなく使用したい場合は、記載のスペックを満たす環境で使用するのが必須条件になります。

起動タイプとプラグインフォーマット

ソフトシンセは、パソコンの上でそのまま起動して使用するスタンドアローンのタイプと、DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)上でプラグイン音源として起動・使用するタイプがあります。

 

製品によってこれらの起動方法への対応の可否が異なります。またプラグイン形式にはVST、AAX、AUなど複数のフォーマットがありますが、検討中のソフトシンセがすべてのフォーマットに対応しているとは限りません。

 

購入前にソフトシンセだけでも使用できるスタンドアローンのものかどうか、自分の使用しているDAWで使用されるプラグインフォーマットに対応しているかという確認は必ずしておきましょう。

サンプリング音源系はHDD容量や回転速度も

最近のサンプリング音源系ソフトシンセは、音色の元となるサンプル素材の容量が数GBから数十GBに及ぶものまでさまざまです。パソコンに負担をかけないようにインストるするために専用HDDやSDDを用意場合もありますので検討しましょう。

 

HDDは7200回転を推奨されることが多いので、購入時にはディスク回転速度もおさえておいたほうがいいポイントになります。これは使用するパソコンの環境次第にはなってきますがSSDならサンプルの読み込み速度が向上する傾向にあります。

 

SSDのほうがサンプル読み込み速度が向上する傾向にはありますが、HDDに比べるとドライブ自体の復旧が難しいというデメリットがあるため、よく検討することが大切になってきます。

ユーザー認証のために別デバイスが必要か

ソフトシンセの多くは、メーカーサイトでユーザーアカウントを作成し、製品のシリアルナンバーを登録することで使用することができるようになります。しかし、製品によっては、eLicenser(イーライセンサー)やiLok(アイロック)などの認証デバイスが必要なケースもあります。

 

これらのイーライセンサーやアイロックは製品には含まれず別売りになっていることも多いので、購入前には認証方式についても必ず確認しておくようにしましょう。

ジャンルで選ぶ

一口にソフトシンセといってもいろいろなタイプがあります。Electro系に特化したもの、アナログシンセを再現したもの、ドラムやピアノなどの音源を鳴らすサンプラー。この3つぐらいに分けられます。

 

Electro系全般において活躍するソフトシンセになります。「EMD」「Trance」「テクノ」を作るのに適しています。ここ最近では、クラブミュージックはほぼずっとこれらで作られています。

 

バンドの曲で使われるドラムやピアノやべースは音源を使用していることが多いです。アナログ系のソフトシンセは、実機の再現バージョンだと思うとわかりやすいでしょう。アナログ系のソフトシンセではポップスなどでおなじみのシンセ音を得意とします。

方式で選ぶ

シンセサイザーには減算方式、加算方式、乗算方式、PCM(サンプリング)方式、複合方式などさまざまな種類があります。種類によってはオシレーターの波形に特徴があったりして機種独特の音ができるものがあります。

 

基本的には「減算方式」「加算方式」「乗算方式」の3つをそろえておけば、ほとんどの音を生み出すことが出来るので、この3種類をそろえてしまうのがおすすめになります。

 

ソフトシンセはそれぞれの機種ごとにつくられた目的やキャラクターはもちろん、プリセットの方向性も様々なので、まずはそれぞれに特化している得意な音を聴いて好みの機種を選ぶようにしましょう。

シンセの音色合成方式

シンセサイザーの音色合成方式には、さまざまなものがあります。その方式によって作れる音色が異なるので、自分がつくりたい音楽にどのタイプの合成方式を用いたソフトシンセがいいのか知ることが重要です。

ヴェーブテーブル・シンセ

ヴェーブテーブル・シンセは、音作りが簡単で、なおかつ作れる音色も幅広いので必ずもっておきたいタイプのシンセになります。初めてソフトシンセを購入するかたはこのタイプのものをまずそろえるべきでしょう。

 

EMD、トラップ、ダンスホール、フューチャー、ベースなどに適した今風の音を出すことが可能になっています。ウェーブテーブル合成とは、波形テーブルに保存された1周期分の波形を繰り返し読み出し音を作る音響合成方法です。

 

直観的な音作りがしやすく、幅広い音色を作成できます。現在、もっとも使われてるタイプのソフトシンセといってもよいでしょう。

アナログ・モデリング・シンセ

アナログ・モデリング・シンセは、アナログシンセ風の音をだすためのシンセになります。ヴェーブテーブルシンセでも、アナログ風の音は出せなくはありません。

 

しかし、アナログっぽさに更にこだわりたい場合や、アナログシンセの名機にそっくりな音がほしいという場合にはアナログ・モデリング・シンセのほうがおすすめになります

FMシンセ

FMシンセとは、音響合成にFM合成を用いたシンセライザーです。FMシンセの代表的な機種は、1983年にYAMAHAが発売したDX7になります。現在、発売されているFMシンセのプラグインは、DX7のクローン。または、DX7とほぼ同じアルゴリムを用いたものです。

 

FMシンセの特徴は独特のキラキラした金属音がだけることになります。音作りが比較的難しいので主にプリセットを使うことになります。80年代に一世を風靡したキラキラしたサウンドを楽しみたいならFMシンセをおすすめします

おすすめのソフトシンセランキング10選

第10位

UVI

Falcon

価格:42,120円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

制限や制約のないサウンドデザイン

UVIのフラッグシップモデル・シンセサイザーになります。UVIから出ている音源プラットフォームとしても使用することができます。ゴージャスなシンセ機能がついたKontaktみたいになっています。

 

音は抜群によく、シンセ系なら作れない音は恐らくないのではないかというぐらいです。エフェクトも優秀で、エフェクト単品で売られているほどのクオリティが魅力ののひとつ。制限や制約のないサウンドデザインを実現した先進的なハイブリッドインストゥルメントになります。

 

最先端のオシレーター、エフェクト、モジュレーション、イベントプロセッサーが豊富に用意され、洗練されたワークフローとスクリプトによるプログラミング環境をもっています。基礎的なサンプルスライスやシンセプログラミングから、モジュレーションを豪華に使用したハイブリッドマルチティンバーサウンドまで必要に応じて扱うことができます。

対応OSMac、Windows起動スタンドアローン
第9位

Spectrasonics

Omnisphere2

価格:48,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プリセットの数が非常に豊富

プリセットの数が非常に豊富。探すのが大変ですが思ったとおりの音が必ずあるといっても過言ではない音源です。音質もかなりよくまさにプロユース。ただ定価6万円という、ソフトシンセにしてはかなり高額な部類になります。

 

いわいる「シンセサイザー」の音だけでなく、クワイヤやギターといった音まで入っているのでこれだけでいろいろなジャンルの音を作ることが可能になっています。12000を超えるサウンドを収録しています。

 

シンセのより深い階層にズームしてエディットできる、新しくデザインされた横長のインターフェイスが特徴で400種類以上のDSPオシレーター波形が追加されたのも魅力のひとつです。

対応OSMac、Windows起動
第8位

Reveal Sound

SPIRE

価格:24,840円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めてのシンセサイザーにおすすめ

EMDシンセとして名高いSpireです。丁度アナログとデジタルの中間的な音で、デジタル過ぎずかといってまろやか過ぎずといったいった絶妙な音です。多彩な音作りが可能で、EDM以外にも使える音です。

 

このしんせの特に素晴らしいところはGUIの見やすさ。必要な項目が1画面にまとまっていて、音作りの順番もわかりやすいため初めてソフトシンセを購入するという方にもかなりおすすめなものになっています。

 

ハードウェア・シンセサイザーの良さをソフトウェアに凝縮done4つのオシレーターを搭載し、波形のモーフィングも可能。各オシレーターに9つのユニゾン・ボイスを搭載し、ユニークなサウンド生成できます。

対応OSMac、Windows起動
第7位

UVI

Synth Anthology 2

価格:11,880円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハードウェアシンセの万博博覧会

数・量・質が充実のハードウェアシンセサウンドのコレクションになっています。洗練されたプログラミング、ハイエンドのアウトボード機器による丹念な収録、詳細なマルチサンプリング、完璧なマスター処理によってマッシブコレクションを実現。

 

Synth Anthology2はハードウェアシンセサイザーのピュアでパワフルな音色の魅力と質感をより確かなものにするため、市場で最も優れたプロセッサーを通して収録されています。合計77の収録モデルにはクラシックアナログから、デジタルシンセ、モダンクラシックが含まれています。

 

丹念に収録されたサンプルと洗練されたプログラミングによってハードウェアサウンドの魅力と質感を忠実に再現しつつ、ソフトウェア特有の優れた操作性と利便性がインデグレートされています。

対応OSMac、Windows起動スタンドアローン
第6位

Arturia

Pigments

価格:15,984円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚異的なプリセットの数

Pigmentsは2系統のインサートパスと1系統のセカンドパスを装備し、各パスには合計13種類のエフェクトから選択して使用できます。エフェクトのパラメーターをモジュレーションにシンクさせることも可能になっています。

 

シーケンサーページには、各種機能がシンプルにレイアウトされています。演奏中のシーケンスを視覚的に確認でき、音程やオクターブ、ペロシティの変更をそのステップでクリックやドラッグするだけで行えます。

 

トップサウンドデザイナーや大物アーティストらが作成した驚異的なプリセットが数百種類入っています。アイディアアイコンにマウスオーバーすると、その音色で最も効果的な音色変化するパラメーターがハイライト表示に変化します。

対応OSMac、Widows起動
第5位

Rob Papen

Sub Boom Bass 2

価格:10,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

地鳴りサウンド生成マシン

Sub Boom Bass2は、重低音サウンドで定評のあった旧バージョンに、新しい波形の追加、Karplus Strongシンセンスの採用、GUI(グラフィック・ユーザーインターフェイス)の改良、パラメーターを自在に操るXYパッドなど新しい機能を搭載しました。

 

重低音域に特化したソフトシンセになります。いままで耳にしたことのない新しい重低音サウンドは、ダンスミュージックはもちろん現在のあらゆるスタイルの音楽に強いようできるでしょう。

 

のこぎり波などを含む古典的なアナログスタイルの波形から、加算波形とスペクトル波形、サンプリングされた波形やパーカッション波形まで128種類の波形が用意されています。旧バージョンからすべてにおいて進化している。

対応OSMac、Windows起動プラグイン
第4位

UVI

Vintage Vault2

価格:68,509円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無限のインスピレーション

Vintage Vaultにバンドルされた20のUVIインストゥルメントがほとんどこのモデル、シンセ方式のサウンドをカバーする。このコレクションはUVIのハードウェアシンセへの敬愛とその魅力の継承に対する情熱の証です。

 

膨大なシンセとドラムシーンのカタログをクイックブラウズし、自由に重ねたり、エディットしたいしてミックスに合うようにサウンドを仕上げることが可能です。お気に入りの曲や映画で耳にした音から、初めて体験するレアマシンのサウンドまで、数クリックもしくはキー操作で演奏が可能になります。

 

実機の質感に忠実なビンテージシンセサイザーとドラムマシンサウンドが魅力のプレミアムコレクションになります。50インストゥルメント、111ドラムマシーンを超えました。そして7000以上の即戦力プリセットは丹念に仕上げられています。

対応OSMac、Windows起動スタンドアローン
第3位

Rob Papen

Predator 2

価格:8,839円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファットなサウンドと豊富なプリセット

Predator2には他のRobPapenシンセユーザーからの多くの要望がありサウンドメイキングを瞬時に行うためのEasy Pageを追加しました。豊富なプリセットからあなたに最良のサウンドを見つけ出してください。

 

多くのソフトシンセにみられるランダム機能とは異なり、PREDATORに装備されたサウンド・バリエーション機能は、特定のパラメーターのみに影響を与えることで音楽的に有効なサウンド・バリエーションを作り出します。

 

27種の高品位エフェクトを3種まで直列接続、同時使用可能。MIDIコントローラーでの操作はもちろんエフェクトのパラメーターをMIDI CC以外にもLFOやエンペローブでオートメーション化したりMIDIテンポペースで同期することが可能です。

対応OSMac、Windows起動プラグイン
第2位

Image Line

FL STUDIO 20 Signature

価格:25,171円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベルギー発世界中で支持される音楽制作ツール

誕生から20年、常に「最先端」であり続けるデジタル・オーディオ・ワークステーション(DAW)それがFL Studio です。作曲・編集・エディット・レコーディング・ミキシング・マスタリングにおいて必要とされるものが集約されています。

 

FL Studioのプレイリストの柔軟性に匹敵するDAWは他にはありません、楽曲をしあげるためにここでプロジェクトの全要素を決定付けます。トラックには、ノート、オーディオ、オートメーションを配置することが可能。

 

任意のデーターを任意の場所に置き、それらをオーバーレイすることも可能です。ブラウザではプロジェクト内の全データを管理します。複雑なシーケンスの編集や操作をサポートする幅広いツールも魅力のひとつ

対応OSMac、Windows起動プラグイン
第1位

Arturia

ARTURIA V Collection 6

価格:39,960円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伝説的キーボードのすべてが揃うコレクション

ARTURIA V Collection6はここ100年間の音楽史を築き上げた伝説的キーボードのすべてがここに揃うコレクションになります。4つの新音源を含む全21種類のソフトウェア音源をパッケージしてあります。

 

各音源は、ARTURIA独自のTrue Analog Emulation(TAE)技術と、クラス最高のフィジカル・モデリングを使用して動作を忠実に再現されました。さらに各インストゥルメントを一歩進化させ、モノフォニック・シンセサイザーをポリフォニック化。

 

アルペジエーター、オシレーター、LFO、フィルターを取り込んだりするなど画期的な新機能を追加しています。1つの画面から6000以上のサウンドにアクセスすることができます。プリセットの呼び出しだけではなく、詳細なディットも行えるのも魅力

対応OSMac、Windows起動スタンドアローン

おすすめのソフトシンセ一覧

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5030067の画像

    Arturia

  • 2
    アイテムID:5030050の画像

    Image Line

  • 3
    アイテムID:5030024の画像

    Rob Papen

  • 4
    アイテムID:5029995の画像

    UVI

  • 5
    アイテムID:5029991の画像

    Rob Papen

  • 6
    アイテムID:5029961の画像

    Arturia

  • 7
    アイテムID:5029941の画像

    UVI

  • 8
    アイテムID:5029916の画像

    Reveal Sound

  • 9
    アイテムID:5029894の画像

    Spectrasonics

  • 10
    アイテムID:5029855の画像

    UVI

  • 商品名
  • ARTURIA V Collection 6
  • FL STUDIO 20 Signature
  • Predator 2
  • Vintage Vault2
  • Sub Boom Bass 2
  • Pigments
  • Synth Anthology 2
  • SPIRE
  • Omnisphere2
  • Falcon
  • 特徴
  • 伝説的キーボードのすべてが揃うコレクション
  • ベルギー発世界中で支持される音楽制作ツール
  • ファットなサウンドと豊富なプリセット
  • 無限のインスピレーション
  • 地鳴りサウンド生成マシン
  • 驚異的なプリセットの数
  • ハードウェアシンセの万博博覧会
  • 初めてのシンセサイザーにおすすめ
  • プリセットの数が非常に豊富
  • 制限や制約のないサウンドデザイン
  • 価格
  • 39960円(税込)
  • 25171円(税込)
  • 8839円(税込)
  • 68509円(税込)
  • 10800円(税込)
  • 15984円(税込)
  • 11880円(税込)
  • 24840円(税込)
  • 48000円(税込)
  • 42120円(税込)
  • 対応OS
  • Mac、Windows
  • Mac、Windows
  • Mac、Windows
  • Mac、Windows
  • Mac、Windows
  • Mac、Widows
  • Mac、Windows
  • Mac、Windows
  • Mac、Windows
  • Mac、Windows
  • 起動
  • スタンドアローン
  • プラグイン
  • プラグイン
  • スタンドアローン
  • プラグイン
  • スタンドアローン
  • スタンドアローン

まとめ

おすすめのソフトシンセランキング10選はいかがだったでしょうか。音楽を制作する上としてかかせないものになってきています。自分の好みで自分にあったソフトシンセをぜひ探してみて下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ