記事ID137620のサムネイル画像

【2019年版】肌に嬉しいおすすめの美容オイル人気ランキング10選

女性なら肌のことが気になる方が多いのではないでしょうか。そこで美容オイルを使用して肌の手入れをするのも一案です。しかし、人にはそれぞれ肌の質がありますし美容オイルにも種類があります。今回は綺麗な肌のための美容オイルの選び方を探ってみましょう。

美容オイルのメリットを学ぼう

オイル美容は、女性誌や美容雑誌等で取り上げられることも増加してきていて、注目されるようになってきています。それに伴い、美容オイルも人気となっているのを知っているでしょうか。美容オイルでは、保湿をして肌に潤いをプラスしてくれますし、肌のハリも向上させてくれます。

 

それにツヤを与えてくれて、乾燥を防止して肌の調子を整えてくれるでしょう。またそれだけでなく、ヘアケアやボディケアなど全身に使えるのがポイントです。種類も多くありますので、特性をきちんと捉えて自分にマッチした美容オイルを選ぶのが大事になります。

美容オイルの種類で選ぶ

まずは、美容オイルの種類を知っておく必要があります。どういった種類があるのかを知り、適した種類の美容オイルを選ぶのが大事です。さて、どの様な種類があるのでしょうか。

炭化水素油を選ぶ

炭化水素油は、ミネラルオイル(ベビーオイル)やワセリン、スクワランが該当します。炭化水素とは、ミネラルオイル等のほかにイソヘキサデカンなども指すのです。水に馴染むことがないため、水分が蒸散するのを防止できて水分を保つ効果に優れているとされています。

 

油の性質が強すぎることから皮膚の内側を乾燥させてしまうことがあるものの、肌に塗った際に、あまり刺激になる要素がないことが魅力です。

油脂を選ぶ

油脂は、アルガンオイルやオリーブオイル、マカダミアナッツオイル、馬油などが挙げられます。植物性油脂ならヤシ油やツバキ種子油、シア脂などもあり、動物性油脂が馬油等です。油脂は植物性と動物性に分かれていて、基礎化粧品や化粧品、毛髪ケアなどに油分として広範囲にわたり使われています。

 

酸化しやすいオイルもありシミやニキビを作ってしまうものもあるのですが、肌馴染みが良好で皮脂と酷似していることから保護膜の役目をはたしてくれます。それに肌も柔らかくなるでしょう。

ロウ(ワックス)を選ぶ

ロウには、動物由来や植物由来、鉱物由来の3種類があります。植物性のロウは液体のホホバ種子油や固形のキャンデリラロウが該当します。動物性では固形のミツロウやラノリン、液体のオレンジラノフィーがあるのです。

 

炭化水素油と油脂の間のような位置にあるオイルであり、種類次第でメリットやデメリットが変わってくるのが特徴となっています。オイルの種類で精製度合いも違い、もしかしたらシミやニキビの原因になるかもしれません。

 

しかし酸化しないのが基本なので、シミやニキビの原因にはあまりならないでしょう。

肌質で選ぶ

人により肌質は異なるものです。自分の肌質に合わない美容オイルを選んだとしても、良い効果は期待できないかもしれません。そこで、自身の肌質をしっかりと把握したうえで、その肌質に合う美容オイルを選ぶようにしましょう。

乾燥肌の方が選ぶ

乾燥肌の方には、『アルガンオイル』がおすすめです。これはモロッコの青年樹であるアルガンツリーから抽出されたオイルとなります。アルガンツリーは水分維持に優れた植物です。アルガンオイルも同様の特徴を持っていて、構造も皮脂に似ていて高い浸透力があり、肌にもしっかりと馴染みしっとりと保湿をしてくれるでしょう。

 

化粧水もしくはクリームを塗る前のブースターとしても優れています。

アルガンオイルのような美容オイルは、元々の肌がもつ「皮脂」と似た成分でできていることから肌馴染みがよく、肌の中に含まれている水分を逃さないように、保護膜を作る効果があります。
その証拠に、お風呂上がりに化粧水を入れた後、肌が乾燥を感じるまでの時間と
お風呂上がりに、化粧品+美容オイルを塗った後、肌が乾燥を感じるまでの時間を比べてみてください。驚きを実感するはずです。

出典:http://olivemarche-selection.com

脂性肌の方が選ぶ

脂性肌の方なら、肌にオイルを塗ることそのものに抵抗感を覚える方もいるかもしれません。しかし、美容オイルは脂性肌の改善にも役に立ってくれるのを知っているでしょうか。それは、肌の水分が失われて乾燥していることがテカリを引き起こしているからです。

 

よって、バランスよく水分補給をして、肌の調子を整える必要があります。脂性肌の方におすすめなのは、ホホバオイルです。皮脂のバランスを整えて潤いをきちんと閉じ込めてくれるでしょう。

混合肌の方が選ぶ

乾燥肌と脂性肌の両方の性質を持つ混合肌の方には、『マルラオイル』がおすすめです。これは、南アフリカの樹の果実から採れます。サラリとした使い心地でも肌にしっかりと浸透してくれて、エイジングケアや保湿の面ではアルガンオイル以上であると言われているほどです。

 

混合肌の方は部分次第で特徴が変わってくるため、皮脂や水分、どちらともバランスよく補ってあげなければいけない点を、覚えておきましょう。

求める効果で選ぶ

人それぞれに肌の悩みというのは違うでしょう。美容オイルを選ぶとしても、どういった効果を求めるのかが変わってくるのです。そこで、求める効果により美容オイルを選ぶ方法を紹介します。

年齢肌が気になる方が選ぶ

高い美肌効果を得たいなら、ローズヒップオイルやアルガンオイル、ウチワサボテンオイルがおすすめです。ローズヒップオイルはビタミンCがたっぷり含まれていて、肌のターンオーバーを整えてくれるトレチノイン酸も含まれているので、口元もしくは目元のシワをケアすることも可能です。

 

それに、アルガンオイルは『若返りのオイル』と言われていますし、ウチワサボテンオイルにもたっぷりと美肌成分が含まれています。ビタミンEは抗酸化作用が強いですし、パルミチン酸はシワ予防に役立ってくれます。また多量に含まれているリノール酸は保湿効果が高いです。

クレンジングケアをしたい方が選ぶ

毛穴の黒ずみが気になりクレンジングケアしたいなら、オリーブオイルが適しています。オリーブオイルは、ビタミンAやビタミンE、ポリフェノールといった美容効果の高い成分が豊富に含まれています。

 

保湿効果も抜群ですが、クレンジング効果もあることを知っているでしょうか。オリーブオイルは毛穴の詰まりや黒ずみに効果を発揮してくれるのです。オイルをそのまま顔に馴染ませたり、クレンジング剤に数滴含ませ洗顔すれば皮脂に馴染んで毛穴の汚れをきちんと浮かび上がらせてくれるでしょう。

 

とは言え、食用のオリーブオイルは不純物も入っていてNGとなっていますので、気をつけてください。

美白したい方が選ぶ

美白したいならコメヌカ油がおすすめとなっています。コメヌカ油は米ぬかから抽出されますが、抗酸化作用が期待できる豊富なビタミンEを含んでいて、エイジングケアにも利用できるでしょう。それに米ぬかの脂質に含まれている『γ-オリザノール』はメラニンが生成されるのを抑えてくれるので、シミが気になる方や美白したい方にもうってつけです。

 

さほど刺激はないので、敏感肌の方も使うことができますし、あまりべたつかないのでサラリとした使用感も人気の秘密です。

肌荒れやニキビが気になる方が選ぶ

肌荒れやニキビが気になる方は、馬油を選ぶのも一案です。馬油には馬セラミドという保湿成分が含まれていて、セラミドの種類の中でも人の肌に良く馴染むとされています。保湿効果が高いとされていて、乾燥に悩んでいる方にもおすすめです。

 

それに殺菌効果や抗炎症作用もあるので、肌荒れもしくはニキビ、アトピーの痒みにも効果が得られる可能性があります。ただ、匂いが独特でありべたつき感がある点は知っておきましょう。

セラミドが少ないと肌の水分を保てなくなり、肌がカサカサと乾燥したり、服で擦れたり、自分で掻いたりと刺激が加わり炎症を起こします。その結果、そこに花粉やダニ、アレルギーを起こしやすい食べ物が触れることで更に皮膚が炎症し、アトピーや皮膚炎が悪化してしまうのです。

出典:http://mediskin.jp

美容オイル人気ランキング10選

第10位

ATTOLLO

アトロエッセンス

価格:8,424円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全て植物由来成分使用

こちらの美容オイルは、純度100%のモロッコ産ウチワサボテン種子オイルに、アロエベラエキスが加わっています。それだけでなく、ラベンダー油やセイヨウネズ果実油、レモン果皮油といった植物オイルも豊富に含まれているのがポイントです。

 

全て植物由来の成分が使われていて、ベタベタしませんし使い心地がさっぱりとしているのが、人気の秘密となっています。少々値段が高めではあるものの、高いだけあって満足できるでしょう。

オイルの種類ウチワサボテン種子オイル純度不明
添加物不明内容量30ミリリットル
第9位

ピー・エス・インターナショナル

トリロジー(trilogy) ローズヒップオイル

価格:2,389円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全てオーガニックにこだわっている

こちらは、こだわり抜かれた美容オイルです。使う種からボトルまで全てがオーガニックとなっています。品質の高いローズヒップのため使ってもしませんし、ローズならではのリッチさのある香りも見逃せないポイントです。

 

ローズヒップオイルというと、『ビタミンCの爆弾』や『女優オイル』とも言われたりしますが、品質が良好なのでそれなりにお値段がかかるでしょう。

オイルの種類ローズヒップオイル純度100%
添加物不明内容量20ミリリットル
第8位

株式会社オリーブ園

バージンオリーブオイル

価格:1,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全身ケアも可能

こちらのオイルは、小豆島産のオリーブオイルを100%使っているのが特徴です。高い保湿が魅力でもあります。オリーブオイルには、オレイン酸やビタミンEといった年齢を重ねていくと気になってくる肌の乾燥を防ぐのにうってつけの成分が豊富に含まれているのもポイントです。

 

保湿力に優れているので、ひび割れもしくは乾燥が気になる肘やかかとに馴染ませるのも一案となります。それにカサついてしまう髪の毛など色々な使い道があるでしょう。そのため、これ1本さえあれば全身をケアすることができるのが魅力です。

オイルの種類オリーブオイル純度100%
添加物不明内容量80ミリリットル
第7位

ゲラン

アベイユ ロイヤル ウォータリー オイル

価格:10,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハチミツの治癒力にも期待

こちらは、ハチミツの治癒力により若々しさを実現できる美容オイルです。新ピュア ロイヤル コンセントレートという成分が表皮および真皮組織にできてしまう細かな損傷を修復してくれるでしょう。

 

それにボタニカルオイルも配合されているのが特徴です。肌にのせると途端にボタニカルオイルのビーズが溶け美容成分がたちまち浸透してくれます。それによってきちんと潤いが得られるのです。付け心地は水みたいに軽くて美容オイル特有で肌がもちもちとします。

 

使った人によると化粧のノリが良くなったという声もあります。

オイルの種類ボタニカルオイル純度不明
添加物不明内容量30ミリリットル
第6位

メルヴィータジャポン

ネクターブラン ウォーターオイル フレッシュ デュオ

価格:4,320円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

白ユリのような美肌が目指せる

こちらの美容オイルは、白ユリのように美しい肌を目指すことができます。もし紫外線を浴びたとしても、毎年のように綺麗な白い花を咲かせる白ユリには再生力が備わっているのです。その白ユリのオイルが配合さているのが、ネクターブラン ウォーターオイルとなっています。

 

ストレスを沢山受けている肌にメラニンが生成されるのを抑えてくれて、肌のトーンも均一に調整してくれますし、肌の深い部分から澄んだ肌へと導いてくれるでしょう。新たに配合されたビタミンCには抗酸化作用がありますし、外的ケアもすることが可能です。

 

塗ったらすぐにでも肌の透明感や瑞々しさも向上します。

オイルの種類ヒマワリ種子油純度不明
添加物不明内容量50ミリリットル
第5位

コヨリ

美容液オイル

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

口コミでも評判

コヨリの美容オイルは口コミで評判になっています。使った感じが独特であり、オイルと美容液を二層式にして肌が潤ったように感じられても、ベタベタはしません。そのため、美容オイルはべたつくのが嫌だという方にもおすすめです。

 

オイル100%というわけではないものの、肌に刺激を与えてしまうアルコールや防腐剤などの成分は無添加のため、安心でしょう。コヨリを続けていくと、ハリやツヤのある肌が見込めるでしょう。

オイルの種類オリーブオイル、椿オイル、ユズ種子オイル、コメヌカ油純度不明
添加物不明内容量55ミリリットル
第4位

ソンバーユ

液 無香料

価格:1,277円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ニオイが少ないのがメリット

ソンバーユの美容オイルは、馬油にみられる独特なニオイについてオリジナルの技術で取り除いています。そのため使いやすくなっているのが特徴です。馬油には『馬油セラミド』という保湿成分が含まれていますが、これは人の肌によく馴染むとされていて、ベタつきが残らないで使用感もサラリとしています。

 

このサラリとしたテクスチャは夜の保湿だけでなく、朝に化粧下地として使うのにもうってつけでしょう。クセがなくて誰にでもマッチする美容オイルのため、初めて美容オイルを使う方にもおすすめとなっています。

オイルの種類馬油純度100%
添加物不明内容量55ミリリットル
第3位

クナイプ・ジャパン

クナイプビオ オイル

価格:2,202円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天然由来成分100%

クナイプビオ オイルは、天然由来成分100%なのが特徴です。配合されているグレープフルーツ果皮オイルは肌のターンオーバーを整えてくれますし、サフラワー油(紅花油)は高い保湿効果が見込めるでしょう。それにより美肌作りのサポートをしてくれると考えられます。

 

ベタつかずに肌にも馴染みやすいため、全身のマッサージをする際に使うのにもおすすめです。それに、グレープフルーツの香りが爽やかなので、気持ちも爽快になること請け合いとなっています。リラックスの時間だけでなく、リフレッシュしたい時にも使えます。

 

ニオイは、しばらくすれば気化しとぶため気にならないという口コミもあります。

 

 

オイルの種類オリーブオイル、サフラワーオイル、グレープフルーツ果皮オイル純度100%天然由来成分
添加物不明内容量100ミリリットル
第2位

無印良品

ホホバオイル

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルで多用途に使える

無印良品のホホバオイルは純度100%となっていますが、200ミリリットル入りで2,500円程度でありコスパがダントツです。またニオイもあまりありませんし、テクスチャーがサラリとしていて、使った後でもベタベタしない使用感である点も魅力の1つとなっています。

 

リーズナブルな価格なので、気にすることなく全身にたっぷりと塗ることができるでしょう。使用感にクセがありませんし求めやすい価格のため、これから美容オイルを使ってみようかと考えている方にもおすすめです。

 

このホホバオイル1つあれば、マッサージオイルとして使えますし、ブースターやヘアケアオイルなど多用途に使えます。

オイルの種類ホホバオイル純度100%
添加物不明内容量200ミリリットル
第1位

ハーバー

ハーバー スクワラン

価格:2,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スクワランは肌に元からある潤い成分

ハーバースクワランは、100%天然由来成分でできています。たっぷりと含まれた美容成分や保湿成分が、角質層までしっかりと浸透してくれますが使用感がベタベタせずに快適な点が特徴です。この美容オイルは、化粧水をつけた後に一滴のみ馴染ませるだけというのも手軽でしょう。

 

サイズが15ミリリットルのものであっても、3か月程度は使用できるためコスパも良いと考えられます。刺激があまりないスクワランオイルが99.9%使われているので、刺激のある成分が無添加の処方であり、赤ちゃんの肌にも使用可能です。

 

ちなみに、スクワランとは肌に元からある潤い成分で、乾燥や刺激から肌を守ってくれるバリア機能にも密接に関係しています。ハーバースクワランは、1983年に発売されてからボトル以外は変更されていません。酸化や油やけの心配もなく、安心して使用できます。

オイルの種類スクワランオイル純度99.9%
添加物不明内容量30ミリリットル

美容オイルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5032589の画像

    ハーバー

  • 2
    アイテムID:5032563の画像

    無印良品

  • 3
    アイテムID:5032193の画像

    クナイプ・ジャパン

  • 4
    アイテムID:5032144の画像

    ソンバーユ

  • 5
    アイテムID:5032121の画像

    コヨリ

  • 6
    アイテムID:5031251の画像

    メルヴィータジャポン

  • 7
    アイテムID:5031209の画像

    ゲラン

  • 8
    アイテムID:5031118の画像

    株式会社オリーブ園

  • 9
    アイテムID:5031051の画像

    ピー・エス・インターナショナル

  • 10
    アイテムID:5031032の画像

    ATTOLLO

  • 商品名
  • ハーバー スクワラン
  • ホホバオイル
  • クナイプビオ オイル
  • 液 無香料
  • 美容液オイル
  • ネクターブラン ウォーターオイル フレッシュ デュオ
  • アベイユ ロイヤル ウォータリー オイル
  • バージンオリーブオイル
  • トリロジー(trilogy) ローズヒップオイル
  • アトロエッセンス
  • 特徴
  • スクワランは肌に元からある潤い成分
  • リーズナブルで多用途に使える
  • 天然由来成分100%
  • ニオイが少ないのがメリット
  • 口コミでも評判
  • 白ユリのような美肌が目指せる
  • ハチミツの治癒力にも期待
  • 全身ケアも可能
  • 全てオーガニックにこだわっている
  • 全て植物由来成分使用
  • 価格
  • 2700円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 2202円(税込)
  • 1277円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 4320円(税込)
  • 10400円(税込)
  • 1300円(税込)
  • 2389円(税込)
  • 8424円(税込)
  • オイルの種類
  • スクワランオイル
  • ホホバオイル
  • オリーブオイル、サフラワーオイル、グレープフルーツ果皮オイル
  • 馬油
  • オリーブオイル、椿オイル、ユズ種子オイル、コメヌカ油
  • ヒマワリ種子油
  • ボタニカルオイル
  • オリーブオイル
  • ローズヒップオイル
  • ウチワサボテン種子オイル
  • 純度
  • 99.9%
  • 100%
  • 100%天然由来成分
  • 100%
  • 不明
  • 不明
  • 不明
  • 100%
  • 100%
  • 不明
  • 添加物
  • 不明
  • 不明
  • 不明
  • 不明
  • 不明
  • 不明
  • 不明
  • 不明
  • 不明
  • 不明
  • 内容量
  • 30ミリリットル
  • 200ミリリットル
  • 100ミリリットル
  • 55ミリリットル
  • 55ミリリットル
  • 50ミリリットル
  • 30ミリリットル
  • 80ミリリットル
  • 20ミリリットル
  • 30ミリリットル

まとめ

女性なら特に、肌のことを気にしている方も多いのではないでしょうか。色々な美容アイテムを使っている方もいると思われますが、美肌を目指すなら美容オイルを活用するのも一案です。そして肌は乾燥肌など人によって違ってきますし、もし美容オイルを選ぶとしたら肌質にマッチするものを選ぶ必要があります。

 

それに、まずは美容オイルには何種類もあることを知っておくのも大事でしょう。種類によって期待できる効果も変わってきますので、自分が望む効果が見込めない美容オイルを選んでしまっては、お金と手間の無駄となってしまいかねません。

 

そのため、自分がどういった効果が欲しくて美容オイルを購入したいのかを見極めてから、それに合うアイテムを選ぶのが正しいと考えられます。ニオイがあまり気にならないものやベタベタしにくいものもあるので、数ある美容オイルの中からしっかりと選んで使用しましょう。そうすることで、あなたの望む美容効果も見込めるかもしれません。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ