記事ID137612のサムネイル画像

【釣りをもっと快適に】ロッドケースおすすめ人気商品ランキング10選

釣りをする方であれば、竿などをしっかりと保護するために、ロッドケースを購入している人が多いでしょう。竿の破損などを防ぐためにも、かなり重要なアイテムです。そんなおすすめなロッドケースの選び方と、商品を詳しくご紹介していきます。

ロッドケースを使って釣りを快適に

釣りが好きな方であれば、ロッドなどをかなり多く所持している方も多いでしょう。しかしそういった方であっても、ロッドケースまでこだわっている人は少ないです。実際ロッドケースを持っていても、サイズや竿に合っていないものを使っている人も多いでしょう。

 

そんな釣りに欠かせない存在といってもいい、ロッドケースですが選び方などを間違えてしまうと、竿を破損させてしまう原因を簡単に作ってしまうのです。大切な竿を長く使い続けるためにも、しっかりとロッドケースを吟味しましょう。

 

この記事ではそんなロッドケースに関する、おすすめな商品や選ぶ方などを詳しくご紹介していきますので、迷っている方や竿を購入してケースに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

ロッドケースの選び方

ロッドケースには様々な種類が存在しています。その種類別に詳しい特徴なども存在しているので、しっかりと押さえておくといいでしょう。それではロッドケースの選び方について、詳しくご紹介していきます。

ロッドケースの種類で選ぶ

ロッドケースと一言にまとめても、様々なタイプがあるのですが、自分自身の持っている竿の種類や、いく場所によってもロッドケースを使い分けることが重要になってきます。いく場所が決まっているのであれば、よくいく場所に合わせて購入してもいいでしょう。

ハードロッドケース

ロッドケースには様々な種類があるのですが、遠出や海外旅行先でしようする場合などは、ハードロッドケースがおすすめでしょう。空港ではかなり手荷物が雑に扱われるケースが多く、キャリーケースですら破損する場合があります。

 

そういった衝撃や知らない人が触っても、簡単には壊れないように保護してくれる頑丈なハードケースタイプがおすすめでしょう。使用されている素材としては、頑丈なアルミや樹脂などが使われているケースが多いです。

 

ハードケースにもデメリットは存在しており、かなり重量があるものが多く、かさばってしまうことも多いので、車などで使用する場合には、しっかりと座席などを倒して固定して車内に積み込むように意識するとより安定して、管理できるでしょう。

ソフトロッドケース

ソフトロッドケースは軽く移動する際に使用するには、かなりおすすめできるタイプのロッドケースとなっています。実際重さに関してもかなり軽くなっており、クッション性能が高いので竿にかかる負担を分散してくれる効果を持っています。

 

ソフトロッドケースの利点としては、部屋などにおいておくときソフトなので、折りたたんで収納できます。車の中などにおいておく場合でも、しっかりと保護してくれるので軽い出先で、釣りなどをする際にはとてもおすすめでしょう。

 

値段に関してもかなり安価なものが多いので、購入する際にも迷うことなく購入できるでしょう。ハードケースなどに比べてしまうと、竿の保護性能は劣りますが、少しの移動であれば問題なく使用できるでしょう。

セミハードロッドケース

セミハードロッドケースに関しては、ハードケースとソフトケースのいい点を合わせた、タイプとなっています。ハードほど重量も重たいわけではないので、持ち運びにも便利でソフトケースよりも、保護性能が高いので安心して使用することができます。

 

PVC(ポリ塩化ビニル)などの素材が使用されていることが多いので、ハードケースに比べて少し柔らかくなっています。汚れにくい特徴も持っているので、岩場などにぶつけても目立ちにくいという特徴も、人気の一つでしょう。

 

セミハードロッドケースに関しては、付属でルアーなどを収納できる部分がついており、釣りをする際にはかなり便利に利用できるでしょう。一つにまとめて管理などをしたいという方は、セミハードタイプがおすすめでしょう。

リールインタイプ

竿を収納するロッドケースには、リールインタイプなどが存在しています。竿のみを保管しておく場合には、ハードケースなどがおすすめですが、リールがついているタイプをそのまま運んだり、保管しておきたい場合にはこちらのケースがおすすめです。

 

磯釣りや船釣りなどをよく行う方であれば、リール付きの状態で保管できる方が、手間が省けて楽な部分が多いでしょう。リールの種類を変えて普段から釣りをしている人は、かなり重宝するタイプのロッドケースでしょう。

 

ただし保護性能に関しては、そこまで期待できるものではなく、リールなどが破損しない程度に保管でき、他のリールのついている竿と干渉しにくいようには作られていますが、雑に扱いすぎるとリールなどが破損してしまうので、注意しましょう。

竿の長さを基準にする

ロッドケースを選ぶ基準として、どのくらい自分が持っている竿が長いかを、確認しておくことがとても重要になってきます。長さがあっていないと様々なトラブルを、引き起こしてしまい結果的にお気に入りの、竿を壊してしまうことになります。

ロッドの仕舞寸法を確認しよう

最近では長さなどを自由に調節できるタイプの、竿なども販売されていることがありますが、マニアの方であれば調節のできない竿を持っている場合は多いはずです。いくつも種類を持っている場合は、まず一番長い竿に合わせるといいでしょう。

 

サイズ感としてはギリギリ収まるサイズ感を、購入するのではなく少しゆとりを持って、収納できるタイプを購入するようにする事で、より安全に竿を管理することができるようになるでしょう。

 

長さを変更できるロッドケースタイプも存在しているので、自分自身がその日に使う竿の種類によって、変更できるタイプのロッドケースを購入することもいいでしょう。竿に合わせるということを、しっかりと覚えておくと失敗が少なくなります。

収納本数で選ぶ

竿の長さの次は、本数が重要になってくるでしょう。実際竿の本数をかなり持っている方は、部屋に収納しておくだけでもかなり大変になります。一つのロッドケースにまとめる必要はありませんが、収納できる本数をしっかりと確認しておきましょう。

持っている本数が重要

持っている竿の本数によって、ロッドケースを選ぶことは重要ですが詰め込みすぎることも、よくありません。しっかりと規定の本数を収納することを心がけましょう。自宅で保管する際に使用する、ロッドケースであっても規定の本数は守ることが重要です。

 

しかし逆に収納できる本数にしっかりと、あっていないロッドケースを使用してしまうと、ロッドケースの中にスペースが出来過ぎてしまい、ロッド同士がぶつかり破損してしまう原因を作ってしまいます。

 

ぶつかって破損してしまう原因を回避したい方に関しては、段差によって竿を分けて収納できるタイプや、ベルトなどがついており固定して保管しておけるタイプの、ロッドケースを購入するといいでしょう。

耐久度で選ぶ

ロッドケースの重要な点といえば、しっかりと竿を守る機能を果たしてくれるかどうかでしょう。ロッドケースはかなりの数存在しているので、物によってはかなり壊れやすいタイプもあります。そういったものをしっかりと見極めましょう。

頑丈さは行く先によって変更しよう

ロッドケースであれば、ある程度の頑丈さを求めている人も多いでしょう。竿はしなりやすく、非常に折れやすいのでしっかりとしたケースで管理しなくては、予期せぬ軽い衝撃でも簡単に破損してしまいます。

 

釣りなどをする場所にもよりますが、足場などが悪いと周りの友人が誤ってロッドケースを踏んでしまうこともあります。そういった時、ソフトなどをロッドケースを使用していると、中の竿は全てダメになってしまうことでしょう。

 

自分自身が行く先にもよりますが、しっかりと行く先に適したロッドケースを購入することが、大切な竿を守るためには必要な配慮となります。

移動する手段によって選ぶ

釣りに行く際にどうしても必要になるのが、移動というものです。車などで行く場合でもそうですが、移動は必須になりますので移動する手段によっても、ロッドケースを変更することは重要です。

電車やバスなどの移動手段も重要

ロッドケースを使用する際には、移動手段も選ぶための重要なポイントになります。電車などで移動する際は、しっかりとしたハードケースなどに収納しておかなければ、人との接触で破損してしまう可能性もかなり出てきます。

 

自分自身の車であっても、置き方によっては破損してしまう場合もありますので、しっかりと収納しておく場所や、移動手段をしっかりと確認して購入しましょう。

その他の収納機能も重要

ロッドケースにはその他の収納機能もあると、とても便利になります。ルアーなどを使用する方であれば、細々としたものがかなりありますので、ケース自体に収納できるポケットなどがついていると、かなり便利で楽になるでしょう。

 

 

ポケット付きも便利な機能

釣り竿には様々な付属品が存在しており、釣りをより快適にするためのアイテムはかなりの数存在しています。ロッドケースなどにそういった小物を、収納しておけるスペースがあるだけで、ストレスなく釣りを楽しむことができるでしょう。

 

また釣り竿などを固定しておくための、三脚などもケースの種類によっては、収納するスペースがついているものもあります。そういった便利なアイテムを収納しておける、ポケットのようなものがついている、ロッドケースもおすすめでしょう。

ロッドケースおすすめランキング10選

第10位

ダイワ(DAIWA)

ロッドケース907378

価格:2,912円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルにリールも収納

デザインがとてもシンプルな作りになっており、初心者の方など幅広い人に使用されている、ロッドケースです。ソフトタイプになっているので、収納に関してもかなり楽に行える特徴を持っています。

 

収納本数に関しては2本から3本が目安となっているので、しっかりと本数を守って使用するようにしましょう。リールインで収納できるのですが、3本入れてのリール収納はできないのでその点のみ注意して使用するといいでしょう。

タイプソフト収納本数2~3本
全長140cmリールイン
第9位

TAKAMIYA(タカミヤ)

ロッドケースTG-1962

価格:2,700円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれに収納できる

こちらのロッドケースには固定ベルトが内蔵されています。固定ベルトを使うことによって、竿同士がぶつかりにくくなりより安定して、収納することができるデザインとなっています。見た目もかなりおしゃれな作りです。

 

タイプとしてはセミハードタイプで、ソフトに比べると衝撃などに強い作りになっているので、ソフトが心配な方はこちらを購入してもいいかもしれません。底の部分はしっかりとした、ハードタイプになっているので、立てかけておいても安心です。

タイプセミハード収納本数-(固定ベルト有)
全長128cmリールイン
第8位

シマノ(SHIMANO)

ロッドケース RC-026R

価格:6,720円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

竿をしっかり保護

こちらのロッドケースは超ハードタイプとなっており、かなり衝撃などに強い作りになっています。飛行機などで荷物を預けたりする際にも、安心して預けられるだけの耐久性を持っています。

 

入る本数自体はかなり少なく、リールインもできないタイプなので、純粋に竿のみをしっかりと保管し、衝撃から守りたい方におすすめです。内側にもしっかりとした、素材が使用されており中と外両方から、竿をガードしてくれるでしょう。

タイプハード収納本数2~3本
全長155cmリールイン×
第7位

プロックス

グラヴィススーパースリムロッドケース PX692160K

価格:5,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーバリエーションが豊富

カラーバリエーションが豊富な珍しいタイプの、ロッドケースとなっています。かなりスリムなデザインで作られているので、そこまで持った時に重量を感じることなく使用することができるデザインで、作られているロッドケースです。

 

強度の面でも軽いながらにしっかりしており、ソフトタイプよりも安定して竿を保護することができます。人にもよりますが、空港などの手荷物に預ける際に、使用する人もいるというほど軽いながらに、しっかりと耐久性が備わっています。

タイプセミハード収納本数-
全長160cm リールイン-
第6位

プロックス

ラウンドハードロッドケース PX689152

価格:2,659円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

調節が簡単

筒型になっているタイプの、ロッドケースです。伸縮が自在でかなり竿の長さに対応しやすいタイプの、ロッドケースとなっています。形に関しても筒型を採用しているので、強度の面でもかなり期待できるハードタイプのロッドケースです。

 

しっかりと強度もあるのですが、何と言っても値段がかなり魅力的でしょう。安価でこの強度のロッドケースを入手できるとなると、一つは家に置いておいたほうがいいかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

 

タイプハード収納本数2本
全長71~124cmリールイン×
第5位

ドレス

ロッドケース セミハードロッドケース

価格:6,804円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

がっちり竿を守る

内部にマジックテープが搭載されており、中の竿をしっかりと固定することができるので、衝撃などが来てもしっかりと、サポートしてくれるタイプのロッドケースとなっています。セミハードタイプなので、ハードほどの強度は期待できませんが、おすすめです。

 

見た目のデザイン自体もかなりかっこよくなっているので、竿のデザインとマッチするでしょう。重量に関しては少し重い作りになっているので、持ち運びの際は少し注意をするといいかもしれません。ハードタイプにも引けを取らないタイプのロッドケースです。

タイプセミハード収納本数2本(固定ベルト有)
全長180cmリールイン×
第4位

アブガルシア(Abu Garcia)

ロッドケース

価格:2,430円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長めの竿をまとめて管理

デザインはかなりシンプルな作りになっており、どの竿のデザインにも馴染みやすいタイプのロッドケースです。内部にはしっかりとした、固定ベルトが備わっているので、竿を固定してしっかりと運ぶことができます。

 

固定するテープにはゴムタイプと、マジックテープタイプが存在しており、竿の種類や大きさに合わせて使い分けてもいいでしょう。反射材なども使用して、作られているので夜間醜い夜釣りなどでも、しっかりとサポートしてくれます。

タイプセミハード収納本数3本(固定ベルト有)
全長170cmリールイン×
第3位

FINE JAPAN(ファインジャパン)

ソフトロッドケース RC-4051

価格:1,340円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リール付きでも楽々収納

こちらのロッドケースは竿の持ち運び本数が多い方に、かなりおすすめできるタイプのロッドケースとなっています。ソフトな作りになっているので、衝撃などには弱いですがこの価格帯で、この収納本数はなかなかないでしょう。

 

リールインも可能なのでリールの多い竿を持っている方にも、おすすめできることでしょう。さらには収納ポケットもついているので、小物などを入れておくにはかなり便利な、ロッドケースです。

タイプソフト収納本数3~4本
全長130cmリールイン
第2位

エクセル

ハードロッドケース

価格:4,780円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で扱いやすい

ハードタイプなのにかなり軽量化して、作られているタイプのロッドケースです。デザインの面でもかなりおしゃれになっており、その上ハードケースなのでしっかりと衝撃から竿を守ってくれます。固定ベルトもついているので、中で竿が遊ぶことはないでしょう。

 

上と下の素材にはしっかりと、ハード素材が使われているので地面に置いて、立てかけて使用しても安定して置いておくことができます。野外で使用する場合もおすすめですが、室内で保管する際にもとても役に立つタイプの、ロッドケースです。

タイプハード収納本数3本(固定ベルト有)
全長145cmリールイン
第1位

LIXADA

ツール収納袋ロッドケース

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

付属ポケットもかなり便利

アマゾンでも絶大な人気を集めている、ロッドケースになります。タイプとしてはソフトタイプなのですが、かなり安価な値段から想像できないほど、しっかりとした作りになっており、軽い収納として購入する方や部屋の中で収納する様に購入する方も多いです。

 

内部にはしっかりとした仕切りが搭載されており、竿同士が干渉しにくいように工夫がされています。この値段帯のロッドケースでここまでの機能がついているタイプは、かなり少ないのでお得に購入したい方は、ぜひ一つ購入しておくといいでしょう。

タイプソフト収納本数2~3本(仕切り有)
全長150cmリールイン

ロッドケースのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5028793の画像

    LIXADA

  • 2
    アイテムID:5028790の画像

    エクセル

  • 3
    アイテムID:5028786の画像

    FINE JAPAN(ファインジャパン)

  • 4
    アイテムID:5028781の画像

    アブガルシア(Abu Garcia)

  • 5
    アイテムID:5028775の画像

    ドレス

  • 6
    アイテムID:5028773の画像

    プロックス

  • 7
    アイテムID:5035181の画像

    プロックス

  • 8
    アイテムID:5028771の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 9
    アイテムID:5033513の画像

    TAKAMIYA(タカミヤ)

  • 10
    アイテムID:5028755の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 商品名
  • ツール収納袋ロッドケース
  • ハードロッドケース
  • ソフトロッドケース RC-4051
  • ロッドケース
  • ロッドケース セミハードロッドケース
  • ラウンドハードロッドケース PX689152
  • グラヴィススーパースリムロッドケース PX692160K
  • ロッドケース RC-026R
  • ロッドケースTG-1962
  • ロッドケース907378
  • 特徴
  • 付属ポケットもかなり便利
  • 軽量で扱いやすい
  • リール付きでも楽々収納
  • 長めの竿をまとめて管理
  • がっちり竿を守る
  • 調節が簡単
  • カラーバリエーションが豊富
  • 竿をしっかり保護
  • おしゃれに収納できる
  • シンプルにリールも収納
  • 価格
  • 1999円(税込)
  • 4780円(税込)
  • 1340円(税込)
  • 2430円(税込)
  • 6804円(税込)
  • 2659円(税込)
  • 5200円(税込)
  • 6720円(税込)
  • 2700円(税込)
  • 2912円(税込)
  • タイプ
  • ソフト
  • ハード
  • ソフト
  • セミハード
  • セミハード
  • ハード
  • セミハード
  • ハード
  • セミハード
  • ソフト
  • 収納本数
  • 2~3本(仕切り有)
  • 3本(固定ベルト有)
  • 3~4本
  • 3本(固定ベルト有)
  • 2本(固定ベルト有)
  • 2本
  • -
  • 2~3本
  • -(固定ベルト有)
  • 2~3本
  • 全長
  • 150cm
  • 145cm
  • 130cm
  • 170cm
  • 180cm
  • 71~124cm
  • 160cm
  • 155cm
  • 128cm
  • 140cm
  • リールイン
  • ×
  • ×
  • ×
  • -
  • ×

まとめ

自分自身で購入している竿を、しっかりと自宅でも管理するためには、ロッドケースがとても重要になってきます。しっかりと自分の持っている、竿にあったロッドケースをぜひこの機会に、購入してみるといいでしょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ