記事ID137609のサムネイル画像

【無線で使える】人気のBluetoothレシーバーおすすめランキング10選

Bluetoothレシーバーは車でデバイスを使い、音楽を楽しめるアイテムです。しかし、Bluetoothレシーバーはたくさん種類があります。今回はBluetoothレシーバーの詳しい選び方と、大人気のBluetoothレシーバーおすすめランキング10選にてご紹介します。

Bluetoothレシーバーで古いオーディオ機器も無線で使える

Bluetoothレシーバーとは、車でスマートフォンやタブレットなどを使って、音楽を流すことや、古いオーディオ機器にワイヤレス機能を追加できるアイテムです。Bluetoothに対応していない機種であっても、手軽に接続し音楽を聴くことが可能です。今回は、選び方と人気おすすめランキング10選をご紹介していきます。

Bluetoothレシーバーの選び方

次にBluetoothレシーバーの選び方について詳しく解説して行きます。Bluetoothレシーバーの選び方を目に通しておく事によって、より質の高い製品を選ぶことができるようになります。具体的にいくつか解説して行きますので一緒に見て行きましょう。

対応しているコーデックで選ぶ

Bluetoothレシーバーには大きく分けて4つのコーデックタイプがあります。これによって、音質に大きく影響する選び方につながります。Bluetoothレシーバーの中で音質の良い商品を見つけるためにも、チェックしておきましょう。

SBC

Bluetoothレシーバーの中で標準的なSBC規格となります。あらゆるBluetoothに対応しているタイプとなります。汎用性が高く、古いデバイスから、最新のデバイスまで使うことができるメリットがあります。

 

デメリットとしては、音質の性能がやや低く、音が漏れてしまうことや、無音時にノイズを発生させてしまうこともあります。このようなデメリットがありますが、リーズナブルな商品が多いので、とりあえず試しに使ってみたい方におすすめです。

AAC

Bluetoothレシーバーの中で、Apple製品に対応しているAACタイプがあります。SBCタイプより音質が向上しております。Bluetoothの送受信時の安定性が高いです。音漏れも少ないので、音楽や動画などのコンテンツを快適に楽しむことができます。

 

高音域の音などもしっかり再現することができますので、高音質な音楽や動画を楽しみたいと思う方におすすめです。接続が安定しているタイプとも言えるので、安定した音を発生させることができます。

aptX

aptXというBluetoothレシーバーの規格です。Androidのデバイスに特化されたタイプとなります。他のBluetoothレシーバーにコーデックに比べて、音の遅延が少ないので、安定した音を楽しむことができます。スピード感の溢れる音楽でも、リズム感が崩れにくいメリットがあります。

 

SBC規格のデメリットである、音の途切れなどもほとんど無いので、動画の視聴や、ゲームのプレイであってもストレスフリーで楽しむことができます。

LDAC

Bluetoothレシーバーの中でもこだわりのあるコーデックタイプです。LDACは、ソニーが独自開発したコーデックタイプとなります。他のコーデックタイプと比較すると音質に優れているメリットがあります。

 

SBCなどの標準的なタイプに比べて、3倍ほどのデータを送信することが可能なので、音質の劣化がほぼ無いと言えます。有線で繋いでいるイメージに近いタイプであり、音質にこだわりたいと思う方におすすめなコーデックタイプです。

Bluetoothのバージョンで選ぶ

Bluetoothレシーバーには、いくつかのバージョンがあります。具体的にはバージョンによって、通信時の安定性が変わってきます。安定した接続によって、音楽や動画をより楽しめるので、一度チェックしておきましょう。

バージョン3.0

バージョン3.0は、Bluetoothレシーバーの中でも、リーズナブルなバージョンと言えます。リーズナブルな価格で購入できるので、一度試してみたいと思う方におすすめです。バージョン4.0に比べて通信速度が早いメリットがあります。

 

デメリットは通信速度が速い代わりに、消費電力が多いためにバッテリーの持ちが悪いことがあります。安定した接続が可能であり、リーズナブルな価格で購入できるBluetoothレシーバーを選びたい方におすすめと言えます。

バージョン4.0

Bluetoothレシーバーの標準的なバージョン4.0は、消費電力が少ないメリットがあります。バッテリーの持ちが良いので、長時間バッテリーを気にせずにBluetoothレシーバーを利用することが可能です。

 

他にも、多くのデバイスで利用することができますので、使用できるデバイスの多さも魅力的なポイントと言えます。自動接続が可能になったバージョン4.1や、通信速度の強化、セキュリティを強化した4.2などのバージョンも用意されております。

バージョン5.0

Bluetoothレシーバーの中でも、最新バージョンとなるのが5.0です。他のバージョンに比べて通信速度が2倍程度になっております。ノイズや音の遅延なども軽減されているので、クリアな高音質を可能とするバージョンと言えます。

 

従来のバージョンに比べて、通信範囲においても4枚程度となっているので、距離のあるシュチュエーションでの利用にも最適です。対応しているデバイスが少ないデメリットがありますが、バージョン5.0に対応しているデバイスであれば、音質にも優れているのでおすすめと言えます。

 

 

バッテリー駆動時間で選ぶ

Bluetoothレシーバーを選ぶ際に、バッテリー駆動時間で選ぶのも大切と言えます。バッテリー駆動時間は、1時間から2時間もつ商品がおすすめと言えます。Bluetoothレシーバーの中では、10時間以上使うことができる商品もあります。

 

注意点としては、バッテリー駆動時間が長い商品の方が、長期間利用してもバッテリーが長持ちする傾向にあります。Bluetoothレシーバーを選ぶ際は、バッテリー駆動時間が長い商品の方がおすすめと言えます。

通信距離で選ぶ

Bluetoothレシーバーには、商品によって通信距離が違ったりします。class3からclass1まであります。class3は1m、class2は10m、class3は100mまでの通信距離を可能とします。class2のBluetoothレシーバーであれば、ほとんどのシュチュエーションで利用できます。

 

class3だと1mと通信距離となりますので、通信が安定しない可能性があります。ですので、class2以上を選ぶようにしましょう。ランキング概要欄に通信距離を記載しております。10m以上の商品を選ぶのがおすすめです。

Bluetoothレシーバー人気おすすめランキング10選

それでは、Bluetoothレシーバー人気おすすめランキング10選をご紹介していきます。選び方を参考にしつつ、自分の使用する用途に合ったBluetoothレシーバーを探して見ましょう。モデルによって、独自の特徴を採用していたりするのでそちらも着目しましょう。

第10位

TaoTronics

トランスミッター レシーバー

価格:3,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者におすすめな入門Bluetoothレシーバー

こちらのBluetoothレシーバーは、簡単にセッティング可能な入門用Bluetoothレシーバーとしておすすめです。コーデックはaptXを利用しております。音のズレや、音の遅れなどを軽減することができますので、CDのような高音質再生が可能となります。

 

バッテリー駆動時間については、10時間の連続利用が可能です。バッテリー駆動時間が長いために、バッテリーを気にせずにBluetoothレシーバーを利用することができるメリットがあります。バッテリーを気にしなくない方におすすめなBluetoothレシーバーとなります。

コーデックSBC、aptXバージョン4.1
バッテリー駆動時間10時間通信距離10m
第9位

August

ワイヤレスオーディオレシーバー

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広いデバイス、幅広いオーディオ機器で利用可能

あらゆるオーディオをワイヤレス化できるBluetoothレシーバーであり、ワイヤレス接続に対応していないイヤホンや、オーディオスピーカーなどでもスマートフォンの音楽を楽しむことができます。幅広いコーデックの対応により、幅広いデバイスにて利用可能です。

 

Bluetooth4.2を搭載することによって、ワイヤレス転送速度が50%以上向上しております。無駄なノイズを削減できるメリットや、音質についても高音質なサウンドを実現できます。安定した接続であり、音質にも優れたBluetoothレシーバー選びたい方におすすめです。

 

コーデックにはaptXを採用し、音と映像に時間差が生じにくいメリットがあります。音質にこだわりを持ちたいと思う方におすすめな商品となります。

コーデックSBC、AAC、aptX、バージョン4.2
バッテリー駆動時間10時間通信距離10m
第8位

ソニー(SONY)

ワイヤレスオーディオレシーバー

価格:38,563円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトサイズのBluetoothレシーバー

持ち運びを重視したコンパクトサイズのBluetoothレシーバーです。Bluetoothバージョン3.0に対応しておりまして、安定した接続を可能とします。コーデックに関しては、2種類に対応しておりまして、音切れがしにくいメリットがあります。

 

スマートフォンなどの音楽や、動画などのコンテンツをあらゆるオーディオ機器で、楽しめるようになります。お気に入りのオーディオ機器にワイヤレス機能が付いていないなら、こちらのBluetoothレシーバーがおすすめです。ワンタッチで接続可能です。

 

充電に関しては、USBで可能ですので、車でもスマートフォンの音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

 

コーデックSBC、AACバージョン3.0
バッテリー駆動時間8時間通信距離10m
第7位

バッファロー

Bluetoothオーディオトランスミッター

価格:5,433円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車での利用におすすめ、クリアなサウンド

無線ランの製品で有名なバッファローのBluetoothレシーバーです。あらゆる経験と開発をもとに、Bluetoothの安定した接続を可能としてくれます。ゲーム機やレコードプレイヤーなどの有線タイプでも、無線タイプにして楽しむことができます。スマートフォンの音楽を車で楽しむことができます。

 

コーデックに関しては、SBCとaptXに対応しておりまして、クリアなサウンドを楽しむことができます。充電しながら使用することもできますので、車の中ではバッテリーを気にする必要が無いとも言えます。

 

安定したBluetoothレシーバーを選びたい方や、技術力のあるメーカーを選びたい方におすすめと言えます。

コーデックSBC、aptXバージョン4.0
バッテリー駆動時間11時間通信距離10m
第6位

AUKEY(オーキー)

Bluetoothレシーバー

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2年間の保証つきで安心

こちらのBluetoothレシーバーは、バージョン4.1となっておりまして、4.0に比べてノイズが少なく聞き取りやすいメリットがあります。他に通信速度が迅速ですので、安定した接続を可能とします。

 

メーカーに関しては、ガジェット系の製品で有名なAUKEYであり、2年間の保証があるのも魅力的なポイントです。故障してしまった場合は、無料で新品交換をしてもらうことができます。故障した際のバックアップが充実しているので、故障が心配だと思う方にもおすすめです。

 

あらゆるオーディオをワイヤレス化することができますので、有線イヤホンや昔使っていたスピーカーで、スマートフォンの音楽を楽しみたい方におすすめです。自分の好きなスピーカーでワイヤレスで楽しむことができるメリットは大きいです。

コーデック記載なしバージョン4.1
バッテリー駆動時間14時間通信距離10m
第5位

エレコム

ブルートゥース レシーバー

価格:2,736円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車の中で音楽を楽しみたい方におすすめ

こちらのBluetoothレシーバーは、エレコムより販売されている車向けのBluetoothレシーバーとなります。車の中で、スマートフォンの音楽を聞きたい方におすすめです。車のサウンドでもっと幅広い音楽や動画コンテンツを楽しみましょう。

 

コーデックに関していは、高音質なAACに対応しておりまして、スマートフォンやタブレットなどの音楽や動画を高音質で再生することができます。ただ、こちらは音楽の再生に特化しているBluetoothレシーバーですので、動画よりも音楽を楽しむ方におすすめと言えます。

 

他にも、車での利用で心配な過電流、ショートなどが起きても、Bluetoothレシーバーを保護する機能も搭載しております。車の中で安心して利用することできるBluetoothレシーバーとしておすすめです。

コーデックSBC、AACバージョン4.0
バッテリー駆動時間記載なし通信距離10m
第4位

TaoTronics

Bluetooth トランスミッター&レシーバー

価格:3,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイムロスが少ない、ストレスフリー

こちらのBluetoothレシーバーは、TaoTronicsというBluetoothレシーバーの人気メーカーの商品です。高音質で安定した接続が可能なaptXのコーデックにも対応しております。音質のタイムラグが少ないポイントがあります。これにより、スピーディな音楽でも快適に楽しむことができます。

 

サイズ感については、持ち運ぶには丁度良いサイズ感です。比較的にリーズナブルでありながら、初心者の方におすすめな使いやすさもポイントです。ワンタッチで起動できますので、一度ペアリングを行うことで、次回からは簡単に接続することができます。

 

バッテリー駆動時間については、15時間という長時間利用が可能です。古いステレオスピーカーや、ヘッドフォンなどのワイヤレス機能が付いていないモデルに、ワイヤレス機能を搭載できます。スマートフォンやタブレットの音楽や動画を楽しめるようになります。

コーデックaptXバージョン4.1
バッテリー駆動時間20時間通信距離記載なし
第3位

エレコム

Bluetooth レシーバ

価格:34,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アンプを搭載した高級モデル、圧倒的なサウンド

このBluetoothレシーバーは、非常に高価な商品となりますが、アンプを搭載しているので、最高音質でのサウンドを楽しめます。100mW+100mWのオーディオアンプと、電波用RFアンプデュアルを搭載。これにより、他のBluetoothレシーバーとは比較できない音質を実現できます。

 

コーデックに関しても、AACとaptXに対応しておりますので、スマートフォンはもちろん、あらゆるオーディオプレイヤーにBluetoothが搭載されていれば、古いオーディオ機器で音楽を流すことが可能になります。お気に入りの一台で音楽を聞きたい方におすすめです。

 

自宅で使っていなかった高級オーディオ機器を、ワイヤレスにすることができますので、スマートフォンの音楽や動画を楽しむことができます。バッテリーは1日ほぼ使うことができる18時間の連続使用が可能となっております。音質に妥協したくない方におすすめなBluetoothレシーバーです。

 

 

コーデックSBC、AAC、aptXバージョン4.0
バッテリー駆動時間18時間通信距離100m
第2位

ソニー(SONY)

ワイヤレスオーディオレシーバー

価格:15,825円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニーのネックバンド型、有線イヤホンにおすすめ

こちらのBluetoothレシーバは、品質の高さが魅力的なソニーのBluetoothレシーバーです。形状もネックバンド型となっておりまして、高級な有線イヤホンをそのままワイヤレスにすることができます。このデザインを採用しているのは、こちらの商品のみとなります。

 

このデザイン性の魅力は、有線イヤホンを簡単にネックバンド型の、ワイヤレスイヤホンにすることができることです。すでに高級な有線イヤホンを持っているけど、ワイヤレスで楽しみたいと思う方にベストなBluetoothレシーバーとなります。

 

コーデックに関しても、高音質再生が可能なLDACにも対応。他の商品の音質を上回るサウンドを楽しむことが可能となっております。価格よりも音質にこだわりたいと思う方におすすめです。軽量でコンパクトな作りになっておりますので、持ち運びもしやすいメリットがあります。

 

コーデックSBC、AAC、aptX、LDACバージョン4.1
バッテリー駆動時間7.5時間通信距離記載なし
第1位

JPRiDE(ジェイピー・ライド)

Bluetooth 超小型 トランスミッター

価格:3,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最高、初めての方におすすめ

こちらBluetoothレシーバーは、幅広いコーデックに対応、最大12時間利用できるロングバッテリー、18gの超軽量なBluetoothレシーバーであることがポイントです。リーズナブルでありながら、ビギナーに使いやすい仕様であり、ある程度の性能も備えております。

 

初めての利用の方で、とりあえず一度試してみたいと思う方にもおすすめです。車内でスマートフォンの音楽を楽しみたい方にもおすすめです。スマートフォンと車のスピーカーをワイヤレスで接続することが可能になります。

 

音質、バッテリー、サイズ感や重量などの全てが優れており、価格についてもリーズナブルなBluetoothレシーバーです。手軽に購入できるBluetoothレシーバーを購入したい方におすすめです。

コーデックSBC、AACバージョン4,1
バッテリー駆動時間12時間通信距離10m

Bluetoothレシーバーの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5028478の画像

    JPRiDE(ジェイピー・ライド)

  • 2
    アイテムID:5028475の画像

    ソニー(SONY)

  • 3
    アイテムID:5028471の画像

    エレコム

  • 4
    アイテムID:5028469の画像

    TaoTronics

  • 5
    アイテムID:5028451の画像

    エレコム

  • 6
    アイテムID:5028450の画像

    AUKEY(オーキー)

  • 7
    アイテムID:5028444の画像

    バッファロー

  • 8
    アイテムID:5028438の画像

    ソニー(SONY)

  • 9
    アイテムID:5028436の画像

    August

  • 10
    アイテムID:5028433の画像

    TaoTronics

  • 商品名
  • Bluetooth 超小型 トランスミッター
  • ワイヤレスオーディオレシーバー
  • Bluetooth レシーバ
  • Bluetooth トランスミッター&レシーバー
  • ブルートゥース レシーバー
  • Bluetoothレシーバー
  • Bluetoothオーディオトランスミッター
  • ワイヤレスオーディオレシーバー
  • ワイヤレスオーディオレシーバー
  • トランスミッター レシーバー
  • 特徴
  • コスパ最高、初めての方におすすめ
  • ソニーのネックバンド型、有線イヤホンにおすすめ
  • アンプを搭載した高級モデル、圧倒的なサウンド
  • タイムロスが少ない、ストレスフリー
  • 車の中で音楽を楽しみたい方におすすめ
  • 2年間の保証つきで安心
  • 車での利用におすすめ、クリアなサウンド
  • コンパクトサイズのBluetoothレシーバー
  • 幅広いデバイス、幅広いオーディオ機器で利用可能
  • 初心者におすすめな入門Bluetoothレシーバー
  • 価格
  • 3480円(税込)
  • 15825円(税込)
  • 34400円(税込)
  • 3599円(税込)
  • 2736円(税込)
  • 1999円(税込)
  • 5433円(税込)
  • 38563円(税込)
  • 1999円(税込)
  • 3399円(税込)
  • コーデック
  • SBC、AAC
  • SBC、AAC、aptX、LDAC
  • SBC、AAC、aptX
  • aptX
  • SBC、AAC
  • 記載なし
  • SBC、aptX
  • SBC、AAC
  • SBC、AAC、aptX、
  • SBC、aptX
  • バージョン
  • 4,1
  • 4.1
  • 4.0
  • 4.1
  • 4.0
  • 4.1
  • 4.0
  • 3.0
  • 4.2
  • 4.1
  • バッテリー駆動時間
  • 12時間
  • 7.5時間
  • 18時間
  • 20時間
  • 記載なし
  • 14時間
  • 11時間
  • 8時間
  • 10時間
  • 10時間
  • 通信距離
  • 10m
  • 記載なし
  • 100m
  • 記載なし
  • 10m
  • 10m
  • 10m
  • 10m
  • 10m
  • 10m

まとめ

Bluetoothレシーバーおすすめ人気ランキング10選をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。選び方を参考にすることによって、Bluetoothレシーバーをもっと明確に選ぶことができるようになるので、是非とも参考にしてみてくださいね。

 

自分の条件に合ったものにピントを当てることによって、よりコスパの高いBluetoothレシーバーを選ぶことができるようになることが多いので、Amazonレビューなども参考にしつつ選んでみましょう。最適なBluetoothレシーバーは見つけることによって、あなただけのライフスタイルをもっと楽しみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ