【選び方を徹底解説】人気のバーテープおすすめランキング10選

記事ID137588のサムネイル画像

バーテープとは自転車のハンドルに巻いてあるテープで主に滑り止めやクッションとしての役割を果たしてくれるアイテムです。ロードバイクなどのスポーツ自転車の場合は自分でバーテープを巻く必要があります。今回はおすすめのバーテープの種類や選び方を紹介します。

バーテープは個性を出すこともできる

ロードバイクのようなスポーツ自転車の場合はハンドル部分が金属のままで購入する事が多いのでバーテープを自分で巻いて使用する必要があります。一般的にバーテープは快適に乗れるようにするためのアイテムです。

 

雨や汗でも滑りにくくしたり地面から伝わる衝撃を吸収したりグリップ力を上げたりすることが目的ですが、それ以外にも自分の自転車をドレスアップするためのアイテムとしても使用されることが多いです。

 

そのためお洒落なデザインやカラーの製品が多く多くのメーカーからたくさんの種類が販売されています。乗り心地を上げるためのアイテムとしてだけではなくお洒落に自分の自転車を彩るアイテムとして選ぶこともおすすめです。

バーテープの選び方

バーテープは素材の種類によって握り心地や最適なレースなどが変わってきます。自分がどんなシーンで使用するか把握してから選ぶのが大事なポイントです。

バーテープの素材から選ぶ

バーテープは使用するシーンに合わせて素材や種類を選ぶと、より乗り心地が良くなるので自分のニーズに合わせて選ぶようにしましょう。

EVA素材から選ぶ

EVA素材はEVA樹脂とも呼ばれる素材でバーテープの素材としては非常に人気で流通量も多い素材です。耐久性が高く軽量なので様々なシーンで使用しやすく柔らかく耐衝撃性が高いことが特徴の1つです。

 

そのため長期間の走行でも手が疲れにくくツーリングや長距離や長時間の走行に最適な素材です。価格がリーズナブルな点も人気の理由です。似た素材にポリウレタンもありどちらも同じような特徴を備えています。

コルク素材から選ぶ

コルク素材はワインのキャップの素材としても有名なので1度は見たことがあったり触ったりしたことがある方も多いでしょう。衝撃吸収性が高いですが巻く際に千切れてしまう事があるので初心者の方が巻くのは少し難しいです。

 

ただし水分をよく吸収する性質を持っているので水には弱く劣化を早めてしまうため水分には注意する必要があります。コルク自体は硬さがあるので握りやすいですが慣れないうちは滑りやすくもあるので注意が必要です。

レザー素材から選ぶ

レザーは本革を使用した種類で非常に高級なので価格が高くなってしまうのがデメリットですが高品質な製品に多く現在でも人気の素材の1つです。お手入れも大変で濡れるとしっかり乾かす必要があります。

 

またクリームを塗ってメンテナンスをする必要も多くあります。手間はかかりますが見た目にも高級感があり非常にカッコイイです。また自転車全体でレザーの統一感を出したい時にもおすすめの種類です。

DSP素材から選ぶ

DSP素材の正式な名称はデュラソフトポリマーといい、ゴムに近い感覚の素材です。表面に粘着力があるので手に吸い付くような感覚で握ることが可能です。そのため高いグリップ力が特徴で握力の弱い方にもおすすめです。

 

プルプルした素材で衝撃吸収性もあるので手が疲れにくい点もおすすめです。非常に滑りにくく水分が付着しても滑りにくいので手の平に汗をかいてもしっかりと握れるため多くの方におすすめの素材です。

その他の素材から選ぶ

バーテープには上記で紹介した素材の他にも使用されている素材が多く使用されています。ポリウレタンやポリエチレンも非常に人気が高くポリウレタンはEVA素材と似た特徴をしておりポリエチレンは摩耗性が高く強度もあります。

 

合成皮革はレザーのような見た目で人気が高く布と樹脂から構成されている事が多いです。また汚れやすいですが汗などをしっかり吸収して快適な乗り心地をサポートしてくれるコットンもよく使用されています。

 

このようにバーテープの素材は非常に多くの素材が使用されているので様々な素材を試して自分にピッタリな素材のバーテープを選ぶことが大事なポイントになります。そのため見るだけではなく1度は触れてみることも重要です。

テープの厚さから選ぶ

バーテープのサイズは一般的には長さは2m前後の製品が多く幅も3cmの製品が多く販売されています。しかし厚さは製品の種類によって大きく変わり、厚さによって衝撃性や疲れやすさも違うので使用するシーンに合った厚さを選ぶようにしましょう。

 

一般的には2mm以下の製品は上級者向けとされています。薄いのでハンドルが握りやすいですが路面のコンディションがダイレクトに手に伝わるので疲れやすいのがデメリットです。2~3mmはバランスが良く街乗りやレースなど両方に対応しやすいです。

 

3mm以上の製品は厚いので耐衝撃性に優れていますがハンドルが太くなってしまうので手の小さい方や子供の場合は握りにくいです。3mm以上のバーテープの場合は長距離の走行などに最適です。

バーテープの性能から選ぶ

バーテープの性能で重要なのは耐衝撃性と吸水性です。どちらもレースや走行には重要なポイントになるのでしっかりとチェックして購入するようにしましょう。

吸水性から選ぶ

素材によっては水に弱い素材もあるので水気の多い場所で走行したりレースや練習をする場合はDSP素材のような水に強い素材を選んで使用するようにするのがおすすめです。ハンドルが汗や水で滑ると大きな事故にも繋がります。

 

自分が雨の日での走行や手に汗をかきやすいシーンで走行することが多いならしっかりと耐水性の高い素材を選ぶようにしましょう。

耐衝撃性から選ぶ

ロングライドを多くするなら手が疲れにくい耐衝撃性の高い素材のバーテープを選ぶのがおすすめです。平坦な道に見えても小さな衝撃が継続的に手にダイレクトに伝わると思っている以上に手は疲れます。

 

耐衝撃性に強い素材はEVA素材やポリウレタンになりますが、どうしても他の素材を使用したいならバーテープの厚さが厚い製品から選ぶのがおすすめです。2.5mm以上、できるならば3mm以上の厚さだと手が疲れにくいです。

 

 

デザインやカラーから選ぶ

バーテープは自転車の乗り心地を上げるアイテムであると共に自分の自転車をお洒落にドレスアップするためのアイテムでもあります。そのため自分が気に入ったデザインやカラーから選ぶのも選択肢の1つです。

 

カラーに関しては単色の場合は左右でキレイに巻ける事も多いですが途中で色が変化したりする場合は左右でキレイに巻くことが難しいので専門店の店員さんに任せたりすることも頭に入れておくのがおすすめです。

 

また柄があるバーテープも左右でキレイに巻くのが難しいことも多いです。慣れるまで失敗を重ねることも頭に入れておく必要があります。気に入ったデザイン・カラーから選ぶのも大事ですが巻きやすいバーテープから選ぶのも初心者の内は大事なポイントです。

人気のバーテープのランキング10選

ここから人気のバーテープをランキング形式で紹介します。バーテープ1つで自転車の乗り心地は大きく変わるので自分の用途に合ったバーテープを選ぶのが大事なポイントです。

10位

GORIX(ゴリックス)

バーテープ GX-S100-A2

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

豊富なカラーが揃っている

厚さ1.8mmと平均よりも少し薄いので握りやすい人気の商品です。カラーが7色から展開されているので自分の自転車を自分色にドレスアップさせることも可能で耐久性が高い素材を使用しているので初心者の方でも巻きやすいです。

 

耐衝撃性が高いので厚さが1.8mmですが地面からの衝撃をしっかりと吸収してくれるおすすめのバーテープです。バーテープ自体は緩んだり伸びてしまったりすることが少ないので長く愛用することができます。

 

幅は30mmで長さは2000mmもある点もおすすめのポイントでコストパフォーマンスに優れているので人気が高いです。地面からの衝撃をしっかり吸収してくれるので手が疲れにくいおすすめのバーテープです。

サイズ 2000×30mm 厚さ 1.8mm
素材 ポリウレタン カラー展開 7色
特徴 耐衝撃性
9位

ノグチ(NOGUCHI)

ジオメトリックバーテープ [NBT-005]

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

高いグリップ力が魅力

しっかりと握れるグリップ力の高さが魅力のバーテープで長さは2100mmもありますがカラー部分は750mmしかないので巻く際には注意が必要です。単色ではないのでキレイに巻くには多少の慣れが必要となります。

 

そのため自信がない方は自転車ショップなどでバーテープを巻いてもらうことも視野に入れて購入するのがおすすめです。厚さは2.5mmもあるため耐衝撃性は高いですがハンドルが太くなってしまう場合があります。

 

こちらの商品も7色から展開されておりお洒落なカラーも多く販売されているので自転車のドレスアップにも最適な商品です。またこの商品はしっかりと左右がハッキリしているので巻く際はしっかり確認しましょう。

サイズ 2100mm×幅30mm、カラー部分750mm 厚さ 2.5mm
素材 カラー展開 7色
特徴 グリップ力
8位

ギザプロダクツ(GIZA PRODUCTS)

レザーバーテープ HBT01501

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

レザーの色調と感触が味わえる

レザーバーテープという名前ですが使用している素材はレザーではなくポリウレタンを使用したバーテープです。レザーのような色調をしており、レザーのような感触も味わえる人気の高い商品です。

 

エンドプラグとフィニッシングテープが付属しているので届いてすぐに巻いて使用することができます。ポリウレタンを使用しているので耐衝撃性が高く地面から伝わる振動などをしっかり吸収してくれるので疲れにくいです。

 

見た目は非常に高級感がありますが価格はリーズナブルなので手軽に自分の自転車をドレスアップしたい方にもおすすめです。レビューでも色合いが良く使いやすいので非常に満足しています。との声が挙がっています。

サイズ 2000×30mm 厚さ
素材 ポリウレタン カラー展開
特徴 耐衝撃性
7位

OGK KABUTO(オージーケーカブト)

プロフィットバーテープ BT-06

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

レースに最適なバーテープ

こちらの商品は超薄手タイプとなっているのでレースに最適な商品です。幅は他のバーテープと大体同じで3cmとなっておりプロライダーの実践をフィードバックした実用的なバーテープなので人気が高いです。

 

超薄手なので路面の状態や振動がダイレクトに伝わるので簡単に路面のコンディションなども把握することが可能です。実践から得たデータだから作れるといっても過言ではないレーシングスペックの商品です。

 

エンドキャップが2個、エンドテープも2本が付属しているので届いてすぐに使用することができるのもおすすめのポイントでレビューでも薄手ですが耐久力も高くグリップ力もしっかりあるので使いやすいです。との声が挙がっており高い人気を得ています。

サイズ 幅3cm 厚さ
素材 カラー展開
特徴 レースに最適

お洒落なデザインも展開

厚さが3mmと厚みがあるので耐衝撃性が高く疲れにくい人気の商品です。非常に多くのデザインとカラーが展開されており非常にお洒落なデザインの種類も販売されているのでドレスアップにもおすすめです。

 

エンドキャップが2個、エンドテープも2本ついてくるので届いてすぐにバーテープを巻いて使用することができます。価格もリーズナブルでコストパフォーマンスにも優れているので試しにバーテープを購入したい方にもおすすめです。

 

バーテープの素材には摩耗性が高いEVA素材を採用している点も耐衝撃性が高い理由の1つです。バーテープ自体も巻きやすいので初心者の方にもおすすめで、レビューでも軽く伸縮性もあるので巻きやすいです。との声が挙がっています。

サイズ 200×3cm 厚さ 0.3cm
素材 EVA素材 カラー展開 17色
特徴 耐衝撃性
5位

ノグチ(NOGUCHI)

NBT-004 バーテープ 015161

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

パーフォレートタイプでお洒落

パーフォレートから見えるカラーが非常にお洒落な人気のバーテープで自分の自転車をよりお洒落にドレスアップするのに最適な商品です。エンドキャップやエンドテープも付属しているのですぐに使用ができます。

 

カラーは2色から展開されており、厚さは3mmと少し太いので耐衝撃性が高くツーリングなどのような長時間のサイクルにもおすすめです。巻くのが難しい場合があるので不安な方は専門店などでお願いするようにしましょう。

 

レビューでもバーテープ自体は厚みがあるが黒の中から見えるカラーがさり気なくお洒落でカッコイイです。といった声やコストパフォーマンスに優れており最高です。といった声もあり非常に高い人気を得ています。

サイズ 厚さ 3mm
素材 カラー展開 2色
特徴 ドレスアップにも最適
4位

巻きやすいので初心者におすすめ

リフレクションレインボーのバーテープなので光が当たることで虹色に光る非常にお洒落な人気の商品です。暗闇でもキレイに光るので相手に自分の存在を知らせることも可能で事故に遭いにくくなる点もおすすめのポイントです。

 

人気の高いEVA素材を使用しており柔らかい握り心地と高い衝撃性を持っているため疲れにくいです。また厚さが2.8mmもあるので、さらに高い衝撃性を備えており長時間の走行やレースでも問題がありません。

 

バーテープの裏面は両面テープになっているので初心者でも自転車のハンドルに巻きやすいです。耐久性が高く水にも強いので悪天候での走行にも最適で水を使用して自転車を洗う際にも問題ない事も人気の理由です。

サイズ 2150×30mm 厚さ 2.8mm
素材 EVA/ポリウレタン カラー展開
特徴 巻き直しが容易
3位

Lizard Skins(リザードスキンズ)

バーテープ

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

厚さはあるが軽量

表面に粘着力があるので手に吸い付くように密着する人気のDSP素材を使用したバーテープです。プロツアーチームに供給することにもなっている製品なので品質が高く非常に多くのデザインやカラーの種類が展開されている点も人気の理由の1つです。

 

性能が非常に高く握りやすく滑りにくいので多くのロードレーサーが使用しています。レースで使用するには少し厚い2.5mmとなっていますが重量はとても軽いのでレースなどに影響することなく使用することが可能です。

 

こちらの商品は厚さが薄い製品と厚い製品も販売されているので自分の使用しやすい厚さから選べる点もおすすめのポイントです。この2.5mmの種類はバランスが取れた製品でレースだけでなく街乗りやツーリングにもおすすめの種類です。

サイズ 厚さ 2.5mm
素材 DSP素材 カラー展開 22色
特徴 レースやツーリングにも最適
2位

BROOKS(ブルックス)

レザーバーテープ

本革を使用したバーテープ

天然由来成分のオイルを馴染ませたバーテープで素材に本革を使用している最高級のバーテープです。値段は非常に高価ですが損をしたと感じさせない品質の高さと使い心地の良さで根強いファンが大勢いる人気の商品です。

 

非常に多くのカラーが展開されているので自分の自転車やサドルとの相性を考えて色を選択できる点もおすすめのポイントでバーエンドと固定用テープが付属しています。ただしバーエンドはコルク/木製とラバー製の2種類があり選択することはできません。

 

熟練の職人による見えない部分までしっかりと妥協せずに作り上げられたハンドメイド作で何十年も愛用することができる点も人気の理由です。本革を使用しているので巻くのが非常に難しいため慣れていない場合は専門店の方に任せるのがおすすめです。

サイズ 厚さ
素材 本革 カラー展開
特徴 天然由来成分のオイルで馴染ませている
1位

EMPT

バーテープ ES-JHT020

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

高いクッション性が人気

価格がリーズナブルでコストパフォーマンスに優れる人気のバーテープです。39色ものデザイン・カラーが展開されているので自分の自転車に合わせて好きなデザイン・カラーを選ぶことができるおすすめの商品です。

 

非常に柔らかく耐衝撃性が高いEVA素材を使用しているのでツーリングや長距離のレースにも最適でバーテープ本体とエンドキャップ、エンドテープも付属しているので届いてすぐに使用することができます。

 

30日間の満足保証が付いているので気に入らない場合は返品することもできます。初心者の方でも安心して使用ができるように図解の説明書が付いている点もおすすめのポイントです。裏面は特殊台形カットになっているので両面テープ無しでも滑りません。

サイズ 厚さ
素材 EVA素材 カラー展開 39色
特徴 耐衝撃性

バーテープのおすすめ比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 厚さ 素材 カラー展開 特徴
1
アイテムID:5027298の画像
バーテープ ES-JHT020 1,180円

詳細を見る

高いクッション性が人気

EVA素材 39色 耐衝撃性
2
アイテムID:5027294の画像
レザーバーテープ 8,303円

詳細を見る

本革を使用したバーテープ

本革 天然由来成分のオイルで馴染ませている
3
アイテムID:5027286の画像
バーテープ 3,369円

詳細を見る

厚さはあるが軽量

2.5mm DSP素材 22色 レースやツーリングにも最適
4
アイテムID:5027283の画像
バーテープ(CX-85) 890円

詳細を見る

巻きやすいので初心者におすすめ

2150×30mm 2.8mm EVA/ポリウレタン 巻き直しが容易
5
アイテムID:5027267の画像
NBT-004 バーテープ 015161 1,360円

詳細を見る

パーフォレートタイプでお洒落

3mm 2色 ドレスアップにも最適
6
アイテムID:5027259の画像
バーテープ 899円

詳細を見る

お洒落なデザインも展開

200×3cm 0.3cm EVA素材 17色 耐衝撃性
7
アイテムID:5027253の画像
プロフィットバーテープ BT-06 1,359円

詳細を見る

レースに最適なバーテープ

幅3cm レースに最適
8
アイテムID:5027249の画像
レザーバーテープ HBT01501 1,129円

詳細を見る

レザーの色調と感触が味わえる

2000×30mm ポリウレタン 耐衝撃性
9
アイテムID:5027247の画像
ジオメトリックバーテープ [NBT-005] 2,035円

詳細を見る

高いグリップ力が魅力

2100mm×幅30mm、カラー部分750mm 2.5mm 7色 グリップ力
10
アイテムID:5027242の画像
バーテープ GX-S100-A2 1,402円

詳細を見る

豊富なカラーが揃っている

2000×30mm 1.8mm ポリウレタン 7色 耐衝撃性

まとめ

自転車を購入した後に手軽に個性が出せるバーテープは非常に人気が高いです。もちろん吸水性や耐衝撃性などの性能も重要視する部分ですがせっかくの自分の自転車なのでお洒落なバーテープを使用して他の自転車よりもお洒落にキメるのもバーテープの楽しみ方です。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新】失敗しないロードバイクのおすすめ人気ランキング15選

【2021年最新】失敗しないロードバイクのおすすめ人気ランキング15選

その他スポーツ
【大切なギターを守る】ギターケースのおすすめ人気ランキング10選

【大切なギターを守る】ギターケースのおすすめ人気ランキング10選

楽器
【重要】ロードバイク用ホイールのおすすめ人気商品ランキング10選

【重要】ロードバイク用ホイールのおすすめ人気商品ランキング10選

自転車用品
【2021年版】クロモリロードのおすすめ人気ランキング10選

【2021年版】クロモリロードのおすすめ人気ランキング10選

自転車用品
【初心者からプロ向けまで】包丁の選び方とおすすめランキング31選

【初心者からプロ向けまで】包丁の選び方とおすすめランキング31選

キッチン用品
【2021年版】DAHONおすすめ人気ランキング10選【最新モデル】

【2021年版】DAHONおすすめ人気ランキング10選【最新モデル】

カー用品