記事ID137578のサムネイル画像

【おすすめモデルを解説】2019年ラジコン戦車の人気ランキング10選

ラジコンは子供から大人まで人気があるホビーですが、特にラジコン戦車は男性のファンが多いジャンルですね。今回はラジコン戦車のおすすめ商品について、その選び方も併せて紹介していきます。ご興味のある方はぜひ最後まで読み進めて頂くことをおすすめします。

栄光の名機を再現したラジコン戦車

ラジコンといえば子供から大人までみんなが楽しめる定番の玩具ですね。最近ではホビードローンと言った飛行タイプのラジコンが流行していますが、なかなか操縦が難しくすぐに壊してしまうといったケースも少なくないようです。できれば扱いやすいものが良いですね。

 

操作が簡単でビジュアルも楽しめるものとしてラジコン戦車をおすすめします。ラジコン戦車の多くは第一次・第二次世界大戦で実際に用いられた戦車を1/35-1/16ほどのスケールで再現したものです。自由に動かせるだけでなく実機のエンジン音などを搭載したものもあります。

 

また商品によってはBB弾を発射できるモデルもありますので、単独で遊ぶだけでなく複数台で対戦ゲームを行うことも可能です。お部屋のインテリアとして飾って楽しむこともできますので、特にミリタリー好きな方はお気に入りの機体を探してみることをおすすめします。

ラジコン戦車の選び方

ラジコン戦車は様々な価格帯で異なるタイプが販売されているため、商品選びに迷われている方も多いのではないでしょうか。選び方のヒントとなるような項目を挙げていきます。

モデル車種で選ぶ

戦車そのものにあまり興味がないという方にはどれも同じに見えますが、ラジコン戦車は実在した戦車をモデルにしています。各国の歴史的背景や軍事力を調べてみるのも楽しいものです。

日本の戦車

ラジコン戦車は様々な国の車種をモデルとしていますが、日本人ならやはり日本で用いられた戦車が良いのではないでしょうか。国産モデルとしては陸上自衛隊で採用されている機体がモデルとなっており、日本の玩具メーカーも特に力を入れているシリーズでもあります。

 

メーカー独自で作るものもあれば、陸上自衛隊への取材から得た情報を基に制作されたものもあります。国産の車種だけあって日本の玩具メーカーとしても情報を入手しやすく、実車の走行音を録音したサウンドを搭載したものや外観が忠実に再現されているのが特徴です。

 

具体的な機体としては戦後初の国産戦車である61式及びその後継車種である74式、そして2010年から陸上自衛隊で採用されている10式(ひとまるしき)戦車などがあります。いずれもメジャーな機体でありラジコン戦車としても人気のモデルです。国産戦車が好きな方におすすめします。

海外の戦車

海外の戦車は日本の車種より優れているものが多いです。同時期に製造された各国の戦車を並べてインテリアとして楽しむのも良いですし、対戦させてみるのも面白そうですね。戦車にまつわる逸話や歴史的背景を交えながら戦闘のワンシーンを再現してみてはいかがでしょうか。

 

外国の戦車は第一次・第二次世界大戦時に実戦に用いられたものが多く、特にトップクラスの軍事力を持つと言われていたアメリカ・ドイツ・ソ連の車種がラジコン戦車のモデルとしても人気です。デザインだけでなくライトやサウンドで実車の雰囲気を忠実に表現しています。

 

国産と比較して、よりハイテクな海外の戦車が好きな方におすすめです。メジャーなものとしてはエイブラムス・M26パーシング(アメリカ)、エレファント・タイガー1・IV号戦車J型(ドイツ)、センチュリオン(イギリス)、T-72型・T-34-85型(旧ソ連)などが挙げられます。

機動性で選ぶ

ラジコンは動かして遊ぶものですからスピード感や俊敏性、滑らかさは重要なポイントですね。ラジコン戦車というジャンルにおいて重視すべき項目を解説していきます。

走行性能をチェック

ラジコンの醍醐味と言えばやはり動かして遊ぶことに尽きますね。いろいろなラジコンがありますが、その中でも戦車は比較的操作が簡単なタイプです。3次元の操作を要する飛行機などと比べてラジコン戦車を動かすのに必要な動作は左右旋回と前進後退の4つだけです。

 

この基本の動きのスピードや、旋回の緩やかさは商品によって異なるので出来ればチェックしましょう。また前進後退をせずにその場で方向転換する「超信地旋回」ができるかも重要なポイントです。このような応用的なアクションができると対戦ゲームでは有利です。

 

左右旋回と前進後退を組み合わせたキャタピラ独特の動きに最初は戸惑うかもしれませんが、しばらく操作していればそれほど時間を掛けずに慣れることができるでしょう。単独で遊ぶにしても、複数で対戦するにしても機体を自在に操れればもっとラジコン戦車を楽しめますね。

主砲の可動域をチェック

ラジコン戦車を対戦させて遊ぶ際には砲撃の範囲についても確認しましょう。戦車の主砲は砲塔(車体上部に取り付けられている凸部分)と砲身(砲弾を射出する筒の部分)から構成されており、この二つのパーツがどの程度の範囲で可動するのかによって射撃範囲が決まります。

 

対戦可能なラジコン戦車の多くは砲塔が左右に回転し、砲身も上下に動くものが多いです。これにより主砲の方向や角度を自由に変更できるので見た目以上の広い射撃範囲を備えています。また範囲だけでなく、どれくらいのスピードで調整できるのかもチェックしましょう。

 

主砲の角度調整はコントローラーで遠隔操作するタイプと手動で調整するタイプの二種類があります。対戦ゲームを行いたい場合はコントローラーで操作できるタイプをおすすめしますが、あまり動かさず飾って楽しみたい方は手動で調整できれば充分でしょう。

再現性で選ぶ

戦車はその迫力や存在感が魅力の兵器ですので、ラジコンにおいても実車の雰囲気をリアルに表現しているものが良いですね。再現性の高いモデルを選ぶ上でチェックすべき点を解説します。

射撃性能をチェック

戦車のカッコよさと言えばやはりその砲撃の瞬間にあると言えるでしょう。砲弾が発射されると同時に鳴り響く轟音と振動に魅力を感じる戦車好きの方には射撃機能が搭載されたラジコン戦車をおすすめします。たとえラジコンであっても砲撃が出来るとそれなりに臨場感があります。

 

ラジコン戦車の射撃方法にはエアガン方式と赤外線方式の2種類があります。エアガン方式はその名の通りエアガンと同じように空気圧を利用してBB弾を射出するタイプで、よりリアルな射撃を楽しむことが出来ます。しかし人や的以外の物に当たらないよう注意する必要があります。

 

赤外線タイプは実際に弾は発射されませんが。その代わりに赤外線のレーザーを照射するようになっています。車体に搭載された被弾センサーを併用した上での対戦ゲームに特化したタイプと言えますね。砲弾を撃ち出すような迫力はありませんが安全かつ楽しく遊ぶことが出来ます。

サウンドをチェック

独特で力強い外観や戦闘に特化した性能など戦車の魅力はたくさんありますが、そんな戦車が発する音もミリタリー好きな方にはたまりませんね。重機のようなエンジン音とキャタピラが軋む音、また砲撃した瞬間に周りの空気の動きが目に見えるような轟音も迫力があります。

 

複数での対戦または単独で操作するにしても実物の再現性をより高めるためにはサウンドは必須ですね。サウンド搭載モデルに多く用いられているのがエンジン音や主砲の発射音です。特に品質にこだわっている自衛隊シリーズなどでは実車から録音しているものもあります。

 

ラジコン戦車も高級なものになると砲撃音や走行音はもちろん、エンジン音にしても起動時やアイドリング時で音質が変わったりマシンガンの発射音を搭載しているものもあります。主に室内で遊ぶという方は音量調節が可能かどうかも確認しておくと良いでしょう。

メーカーで選ぶ

ラジコン戦車はメーカーによって品質や用途の傾向が変わってきますので、まずはメーカーから選んでいくのも良いでしょう。模型・プラモデルというジャンルで有名な3社を紹介します。

TAMIYA(タミヤ)

タミヤは静岡市に本社を置くプラモデルの製造会社です。世界有数の総合模型メーカーであり、横並びの赤と青の正方形に白い星が象られたロゴマークは男性の方なら誰もが知っているでしょう。「初心者にも分かりやすく作りやすい」をモットーに製品開発に取り組んでいます。

 

ホビー業界を牽引し続けるタミヤのラジコン戦車は、高い走行性能を持つ「RC」「スケール」といったシリーズが有名です。これらの商品は設計開発から販売・アフターケアに至るまで全ての工程を外注せず、自社で一貫して行うことでサービスの品質を維持しています。

 

タミヤは世界各地でRCモデルのレースを主催しており、そこで得たデータを製品のクォリティ向上に役立てています。またサーキットも良心的な値段で一般開放されているのも嬉しいですね。プロダクツのみならずイベントでもホビー界を盛り上げているおすすめのメーカーです。

KYOSHO(京商)

京商は神奈川県厚木市に本拠を構える模型の製造企業です。自動車・飛行機・ヘリコプター・ボートなど幅広い種類のラジコンモデルをメインとし、「KYOSHO」のブランド名で世界規模の販売活動を行っている老舗のメーカーです。「あそびにマジメ」を企業理念としています。

 

京商のラジコン戦車はタミヤや童友社と比べて全体的に安価なので、手軽に購入して遊ぶためのモデルとなっています。質感やリアルさにこだわるのであれば先述の2社には劣りますが、価格の割に車体が大きく迫力がありますので屋外でガンガン使えるアクティブな製品となっています。

 

1994年に「KYOSHOカップ」、1995年に「KYOSHOワールドカップ」を開催して1/10スケールのレーシングカーブームを巻き起こしました。また一部のコンビニなどと提携してミニカーくじサービスを展開するなど、身近なところからホビー文化を支えているメーカーです。

DOYUSYA(童友社)

童友社は東京都荒川区に本社を置く模型製造企業です。1951年に内田一雄氏により紙製玩具製造の有限会社として設立されたのが始まりで、1964年以降はプラモデル商品のみを作っています。飛行機・戦車・戦闘機などの乗り物から各地の名城などジオラマ系商品まで展開しています。

 

ラジコン戦車はタミヤと京商の中間にあたる価格帯で、光・音を用いたエキサイティングな表現とリアルな塗装が特徴です。多くのモデルが赤外線での対戦モードに対応しており、特に破壊されたときの本体が炎上するような赤い発光と爆発音を織り交ぜた演出には定評があります。

 

購入する際はぜひ複数台で注文してバトルモードをプレイすることをおすすめします。因みに2008年には50周年記念として日本初のプラモデルとされる「原子力潜水艦ノーチラス号」の再販も行っていますので、ミリタリー好きな方は検討してみてはいかがでしょうか。

ラジコン戦車の人気ランキング10選

第1位

タミヤ(TAMIYA)

タイガーI 初期生産型

価格:88,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きな車体の迫力と繊細な外観

こちらは第二次世界大戦時において様々な逸話を残し、連合国に恐れられていたというドイツの重戦車「タイガー1」の1/16スケールラジコンです。前進後退・左右旋回はもちろん砲塔回転・砲身上下も可能なフレキシブルな作りになっています。

 

主砲発射時には発射光やリコイルなど細かい動きも表現しています。あらゆる動作にサウンドが同調しており、非常にリアルな戦車の佇まいを楽しめます。とても高価ですがラジコンファンや戦車ファンも納得するハイクオリティ製品です。

スケール1/16サイズ52*23*18cm
射撃赤外線電源充電
第2位

HengLong

キングタイガー・ヘンシェル砲塔

価格:34,220円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細部にまでこだわったフォルム

第二次世界大戦後期に登場し、大戦終結まで主力として奮戦したドイツの重戦車「キングタイガー」の1/16スケールラジコンです。基本的な走行性能のほか超信地展開や砲身昇降など細かいアクションも可能です。

 

動作に連動するサウンドに加え、発煙する機能も備えており本物の戦車をリアルに表現しています。ラジコン戦車としてはやや高価なだけあって、金属製キャタピラなどディティールまで丁寧に作られています。

スケール1/16サイズ64*23*18cm
射撃BB弾電源充電
第3位

童友社(DOYUSHA)

RC対戦戦車 タイガーI

価格:24,736円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤外線対戦システム搭載

第二次世界大戦期のナチスドイツで開発された重戦車「タイガー1」の1/16規格ラジコンです。基本的な動作に加えて砲塔回転・砲身上下も可能でフレキシブルなモデルとなっています。発射時のフラッシュとリコイルでリアルなアクションを演出しています。

 

外装はウェザリング加工で実車のような質感を表現しています。対戦モードが非常に面白いとレビューでも好評です。音量も調節可能なのでぜひ複数台で戦ってみてはいかがでしょうか。

スケール1/16サイズ52*23*18cm
射撃赤外線電源単三*14
第4位

童友社(DOYUSHA)

RC対戦戦車 T34/85

価格:24,450円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細かい作りと機敏な動き

第二次世界大戦から冷戦期にかけてソ連を中心に実戦投入された「T-34」の1/16規格ラジコンです。本物の戦車のような塗装とウェザリング加工によりリアルな外観に仕上がっており、迫力のある連結式キャタピラを採用しているのが特徴です。

 

赤外線対戦システムを搭載しており、同メーカーから販売されている「ドイツ重戦車タイガー1」と往年の名勝負を再現することが出来ます。

スケール1/16サイズ48*18*17cm
射撃赤外線電源単三*14
第5位

ハイテック マルチプレックス ジャパン(Hitec Multiplex Japan)

ブイエスタンク T-72 M1

価格:21,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低重心の安定走行

共産主義圏で多く使われた第二世代の主力戦車「T-72」の1/24規格ラジコンです。細部に至るまでこだわった外装にウェザリング処理を施し、実物さながらのリアルな雰囲気を演出していますので飾って眺めるだけでも楽しめます。

 

被弾リアクションやライフカウントシステムを搭載しているので対戦モードをプレイすることも出来ます。見て楽しむ、動かして楽しむ、そして戦って楽しむという色々なスタイルで遊べる優れものです。

スケール1/24サイズ28*14*13cm
射撃赤外線電源単三*14
第6位

シー・シー・ピー

MBT 陸上自衛隊10式戦車

価格:11,199円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大迫力のサウンドエフェクト

日本の陸上自衛隊で採用されている主力の戦車「10式(ひとまるしき)戦車」の1/24規格のラジコンです。エンジンスタートからアイドリング、機銃の発射音まで細かいサウンドが搭載されているのが特徴です。

 

BB弾が発射されない仕様なので小さなお子様用としても向いています。

スケール1/24サイズ45*15*12cm
射撃-電源単三*10
第7位

トイ・ステート・ジャパン(Toy State Japan)

バトルタンク 陸上自衛隊90式戦車

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気モデルのパッケージリニューアル

第二次世界大戦後に日本で開発された第3世代主力戦車にあたる「90式(きゅうまるしき)戦車」のラジコンです。トイラジコンとしては珍しいBB弾発射モデルのロングセラー商品です。安価ですが砲塔旋回や砲撃時のリコイルアクション機能も備えています。

スケール-サイズ33*15*12cm
射撃BB弾電源単三*6
第8位

トイ・ステート・ジャパン(Toy State Japan)

京商EGG 陸上自衛隊74式戦車

価格:6,776円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

迫力満点のフォルムとパワフルな走り

日本の陸上自衛隊が運用していた61式戦車の後継機種であり、第二世代主力戦車に分類される「74式(ななよんしき)戦車」のラジコンです。細部にまでこだわった外装にウェザリング加工を施し、本物さながらのリアルな雰囲気を演出しています。

 

超信地回転やリコイルアクションなどハイエンドモデルにも引けを取らない機能性を備えながらも安価であり、人気のある商品です。

スケール-サイズ40*20*10cm
射撃BB弾電源単三*6
第9位

童友社

RC バトルタンクジュニア T-72型

価格:5,455円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れた対戦モデル

1971年にソビエト連邦で開発された主力戦車である「T-72」のラジコン戦車です。基本的な動きに加え、エンジン始動アクションや砲撃時のフラッシュ・サウンドなど細かい描写にこだわったモデルです。同シリーズでのバトルモードにも対応しています。

スケール-サイズ20*8*7cm
射撃赤外線電源単三*2/単四*3
第10位

ARRIS(アリス)

Mini ラジコン戦車 タイガー

価格:2,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手のひらサイズの名機

ナチスドイツの有名な重戦車「タイガー」の1/72スケールラジコンです。全長10cmほどのコンパクトモデルながら実車のようなディティールを再現しており、耐久性も備えています。充電式なので電池を買い替える必要がないのも嬉しいですね。

スケール1/72サイズ9*5*4cm
射撃-電源充電

ラジコン戦車のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5027651の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 2
    アイテムID:5027666の画像

    HengLong

  • 3
    アイテムID:5027689の画像

    童友社(DOYUSHA)

  • 4
    アイテムID:5027702の画像

    童友社(DOYUSHA)

  • 5
    アイテムID:5027738の画像

    ハイテック マルチプレックス ジャパン(Hitec Multiplex Japan)

  • 6
    アイテムID:5027758の画像

    シー・シー・ピー

  • 7
    アイテムID:5027764の画像

    トイ・ステート・ジャパン(Toy State Japan)

  • 8
    アイテムID:5027778の画像

    トイ・ステート・ジャパン(Toy State Japan)

  • 9
    アイテムID:5027787の画像

    童友社

  • 10
    アイテムID:5027807の画像

    ARRIS(アリス)

  • 商品名
  • タイガーI 初期生産型
  • キングタイガー・ヘンシェル砲塔
  • RC対戦戦車 タイガーI
  • RC対戦戦車 T34/85
  • ブイエスタンク T-72 M1
  • MBT 陸上自衛隊10式戦車
  • バトルタンク 陸上自衛隊90式戦車
  • 京商EGG 陸上自衛隊74式戦車
  • RC バトルタンクジュニア T-72型
  • Mini ラジコン戦車 タイガー
  • 特徴
  • 大きな車体の迫力と繊細な外観
  • 細部にまでこだわったフォルム
  • 赤外線対戦システム搭載
  • 細かい作りと機敏な動き
  • 低重心の安定走行
  • 大迫力のサウンドエフェクト
  • 人気モデルのパッケージリニューアル
  • 迫力満点のフォルムとパワフルな走り
  • コスパに優れた対戦モデル
  • 手のひらサイズの名機
  • 価格
  • 88800円(税込)
  • 34220円(税込)
  • 24736円(税込)
  • 24450円(税込)
  • 21600円(税込)
  • 11199円(税込)
  • 6980円(税込)
  • 6776円(税込)
  • 5455円(税込)
  • 2990円(税込)
  • スケール
  • 1/16
  • 1/16
  • 1/16
  • 1/16
  • 1/24
  • 1/24
  • -
  • -
  • -
  • 1/72
  • サイズ
  • 52*23*18cm
  • 64*23*18cm
  • 52*23*18cm
  • 48*18*17cm
  • 28*14*13cm
  • 45*15*12cm
  • 33*15*12cm
  • 40*20*10cm
  • 20*8*7cm
  • 9*5*4cm
  • 射撃
  • 赤外線
  • BB弾
  • 赤外線
  • 赤外線
  • 赤外線
  • -
  • BB弾
  • BB弾
  • 赤外線
  • -
  • 電源
  • 充電
  • 充電
  • 単三*14
  • 単三*14
  • 単三*14
  • 単三*10
  • 単三*6
  • 単三*6
  • 単三*2/単四*3
  • 充電

まとめ

ラジコン戦車の中には本物の駆動音をサウンドとして流すことができるものや、2台で対戦できるような機能を持ったモデルもあります。コントローラーで動かすだけでなく、部屋に飾って眺めるといった楽しみ方も出来ます。好きな機体がある方はぜひ探してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ