【2021年最新版】自転車用サドルバッグのおすすめ人気ランキング10選

メンテナンス用品やスマートフォン、財布などを入れられるサドルバッグは、ロードバイクやクロスバイクに乗る人の必需品です。荷物を背負わなくていいのが何と言っても魅力ですよね。今回はおすすめのサドルバッグについて詳しくご紹介します。

サイクリングにはサドルバッグがおすすめ

ロードバイクやクロスバイクのサドル下に取り付けるサドルバッグは、万が一のパンクに備えてパンク修理キットなどのメンテナンス用品を入れておくのにとても便利です。その他にも財布や鍵などの貴重品を入れておく人も多いと思います。

 

サドルバッグを活用すると、バックパックなどの荷物を背負うことで生じる腰や肩にかかる負担や背中の蒸れがなくなります。快適なサイクリングを楽しむためにサドルバッグはおすすめのアイテムです。

 

サドルバッグにもサイズや素材、異なる取り付け方法など色々な種類があります。下記ではサドルバッグの選び方とサドルバッグのおすすめ人気ランキング10選をご紹介しますので参考にしてください。

サドルバッグの選び方

サドルバッグを購入するときには、選び方に幾つかのポイントがあります。下記で紹介する選び方のポイントに気をつけながら選ぶと、使い勝手いいサドルバッグを購入することができます。

サイズで選ぶ

サドルバッグには大きく分けて3種類のサイズがあります。サドルバッグに入れる荷物やロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなど取り付ける自転車によっても選ぶサドルバッグのサイズが変わります。

Sサイズ

サドルバッグで1番小さいサイズが、このSサイズになります。中に入れられる荷物の容量が約1L未満と少ないですが、コンパクトサイズで取り付けても荷物でロードバイクやクロスバイクなどが重くならないのがメリットです。

 

最低限の荷物を入れておきたいという人にはSサイズのサドルバッグがおすすめです。メンテナンス用品しか入らないSサイズのサドルバッグもあれば、メンテナンス用品に加え貴重品も入るSサイズのサドルバッグもあります。

 

Sサイズにも色々種類があり容量が同じでも、形やデザインによっても収納力が変わります。購入前に入れたい荷物を入れるには、どの程度の大きさのサドルバッグが必要なのか確認をしておきましょう。

Mサイズ

1L以上の容量があるサドルバッグがMサイズとなります。財布や鍵、メンテナンス用品に加え、ちょっとしたお菓子などの軽食や地図、万が一雨が降ったときの為のレインウェアなどを入れたい人にはMサイズのサドルバックがおすすめです。

 

Mサイズのサドルバッグを購入するときに注意しなくてはならないことが、サドルに取り付けたときに乗りにくくないか?です。ロードバイクやクロスバイク、サドルバッグの形によっては乗っているときに足があたってしまうことがあります。

 

これでは安全に運転できなくなります。サドルバッグを取り付けても足があたらないように、ロードバイクやクロスバイクとサドルバッグの両方を購入前に確認しておくことが大切です。

Lサイズ

サドルバッグには、5L以上もの容量があるLサイズがあります。スマートフォンや財布などの貴重品やメンテナンス用品、軽食以外にも、防寒具や着替え、手袋などの荷物も入る大容量のサドルバックです。

 

大容量のサドルバッグは、ロードバイクやクロスバイクなどでロングランのサイクリングを楽しむ人におすすめのサイズです。サドルバッグは奥行きがある細長い形状になるので、その他にバックパックなどを背負うとあたってしまうことがあります。

 

またLサイズもMサイズ同様に取り付けても運転しにくくないのか、サドル付近のサイズとサドルバッグのサイズが合うのかなど、購入前に確認をしておく必要があります。

取り付け方法で選ぶ

サドルバッグには大きく分けて2種類の取り付け方法があります。それぞれメリットがありますので、取り付けるロードバイクなどの形やデザイン、好みで選ぶといいでしょう。

ベルトタイプ

サドル下やサドル下のパイプ部分に、ベルトで固定し取り付けるサドルバッグです。ベルトタイプのサドルバッグは、色々な形のロードバイクやクロスバイクなどに簡単に取り付けができることがメリットです。

 

ロードバイクやクロスバイクなどを買い換えた後も取り付けて使え、折りたたみ自転車にも取り付けができます。ベルトの多くがマジックテープ式となっているので、どうしてもマジックテープが劣化してしまうというデメリットがあります。

 

ベルトタイプのサドルバッグには、サドルに固定する箇所が1個のものと複数個あるものがあります。固定する箇所が複数個あるサドルバッグが安定感がありおすすめです。

 

アタッチメントタイプ

アタッチメントタイプのサドルバッグは、サドル下のサドルレールに固定金具を付けサドルバックを取り付けます。あらかじめ固定金具を取り付けておくので、サドルバッグをワンタッチで取り付けできることがメリットです。

 

ベルトタイプのサドルバッグのように、毎回ベルトを付けたり外したりする手間がなく、安定感も増します。しかし固定金具を取り付けできるサドルレールの幅が決まっていますので、取り付けできるバイクが限られてしまいます。

 

また万が一転倒してしまった場合など、衝撃などにより金具が外れてしまう可能性があります。より安定感を高めためには、アタッチメントとベルトの2点で固定できるサドルバッグがおすすめです。

 

サドルバッグの素材で選ぶ

サドルバッグに使用されている素材にも色々な種類があります。下記であげた2つの性能が高い素材を使用したサドルバッグが、様々な天候や使用状況に対応できるのでおすすめです。

耐久性のある素材

クロスバイクやロードバイクなどに取り付けて使うサドルバッグですから、耐久性のある丈夫な素材を使用したサドルバックが安心です。耐久性が高ければ素材が傷みにくいですから、サドルバッグ自体も長持ちします。

 

サドルバッグは日差しや強い風、雨など様々な天候にさらされる訳ですから、普通のバックとは違い過酷な環境下で使います。耐久性が低いと購入しても直ぐに傷んでしまい使い物にならなくなってしまいます。

 

長く安心してサドルバッグを使うためにも、耐久性の高い素材を使用したサドルバッグがおすすめです。また汚れて洗っても生地が傷みににくいので、気兼ねなくゴシゴシ洗えるというメリットもあります。

防水性のある素材

急な雨によりサドルバッグが濡れることもありますから、防水性のある素材を使用したサドルバックを選ぶことをおすすめします。防水性のある素材を使用しているサドルバッグであれば、汚れたときに洗うことも可能です。

 

防水性のある素材にもPU素材やPVC素材など色々な素材を使用したサドルバッグがあります。大切な荷物が濡れないよう安心して使うためにも、より防水性の高く信頼できる防水素材を使用しているサドルバッグを選びましょう。

 

防水素材を使用しているだけでなく、サドルバッグの縫製方法や荷物の取り出し口などを工夫し内部に水が入らないようにした完全防水性のサドルバッグもあります。このような細部まで注目して選ぶといいでしょう。

 

サドルバッグのおすすめ人気ランキング10選

10位

Aolfay

完全防水サドルバッグ

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る

様々な自転車に取り付け可能

サドルバッグのおすすめ人気ランキング第10位は、Aolfayの完全防水サドルバッグです。高品質なナイロン生地を使用し、防水性、耐摩耗性に優れているので長時間の使用も安心です。

 

サドルバッグ開口部分は折りたたみになっているため、雨や水がサドルバッグ内部に入り込みにくいです。また内部にはメッシュポケットあり、財布や鍵などの貴重品の収納に役立ちます。

 

サドルとサドル下のシートポストの2点に固定するベルトタイプのサドルバッグで、取り付けに必要な工具もなく簡単に取り付けできます。様々な自転車に取り付けができる大容量のサドルバッグです。

サイズ 16.5×10.5×8.5cm 重さ 約135g
容量 約1L 取り付け方法 ベルトタイプ
9位

FUAOTESI

水筒入れ付サドルバッグ

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

便利なテールライトと水筒入れ付

サドルバッグのおすすめ人気ランキング第9位は、FUAOTESIの水筒入れ付サドルバッグです。縦型のサドルバッグの背面に便利な水筒入れが付いているので、別途水筒入れを取り付ける必要がなく便利です。

 

またサドルバッグ側面には反射ロゴ、背面には防水のLEDテールライトが付いていますので夜間の走行も安全です。このテールライトは点滅と点灯の2つのモードがあり、押すだけで簡単に切り替わります。

 

サドルに固定するベルトには滑り止めが付いており、4本で固定するのでしっかりと固定でき水筒や荷物を入れても安定します。耐摩耗性と防水性がある素材を使用したサドルバックです。

サイズ 約24.5×9.5×10cm 重さ 約185g
容量 取り付け方法 ベルトタイプ
8位

CONIFER

防水仕様サドルバッグ

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

軽量コンパクトなサドルバッグ

サドルバッグのおすすめ人気ランキング第8位は、CONIFERの防水仕様サドルバッグです。耐久性と防水性に優れたABS素材を使用しているので、雨や水に濡れても中の荷物をしっかり守ってくれます。

 

本体は丸くコンパクトなデザインですが、約2.5Lもの荷物が入ります。パンク修理キットや小銭入れなど見た目以上に大容量です。ループファスナーで大きく開口するので荷物の出し入れもしやすいです。

 

サドルレールに取り付けるアタッチメントタイプのサドルバッグで、約42cm~44cm幅のサドルレールに対応しています。軽量でコンパクトなサドルバッグを探している人におすすめのサドルバッグです。

 

サイズ 約17.5×12×12cm 重さ 約180g
容量 約2.5L 取り付け方法 アタッチメントタイプ
7位

Rhinowalk

サドルバッグ大容量10L

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

内部に水が入らない完全防水

サドルバッグのおすすめ人気ランキング第7位は、Rhinowalkのサドルバッグ大容量10Lです。カヤックで使用されている、なめらかな素材を使用しているので、耐摩耗性と防水性に優れています。

 

また縫い目から内部に水が入らないように、縫い線のないシームレス溶接を採用した完全防水です。サドルバッグには、竜骨フレームが入っているので、荷物が少なくても型崩れせず、中の荷物の保護もします。

 

サドルバッグには荷物を固定できる紐が付いています。約10Lもの大容量サドルバッグで、Tシャツやズボンなどの着替え、レインウエアなども余裕で入るロングランのサイクリングにおすすめのサドルバッグです。

サイズ 約47×15×16cm 重さ 約520g
容量 約10L 取り付け方法 ベルトタイプ
6位

ROTTO

反射板付きサドルバッグ

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

型崩れにくい丈夫な構造

サドルバッグのおすすめ人気ランキング第6位は、ROTTOの反射板付きサドルバッグです。硬い素材をサドルバッグの各輪郭に使用し丈夫な構造で、型崩れのしにくいサドルになっています。

 

サドルバッグ開口部カバーには、テールライトを取り付けることが可能です。サドルバッグは小雨に耐えられる程度の防水性があり、雨が降っても内部に水が入らないように防水ファスナーが付いています。

 

取り付け方法はベルトとなっていますが、強力マジックテープによるサドル下とシートポストの2点固定です。走行中でもサドルバッグがズレたりすることなく、しっかりと取り付けできます。

サイズ 約19×10.5×11cm 重さ
容量 約1L 取り付け方法 ベルトタイプ
5位

CoolChange

3Dシェルサドルバッグ

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

荷物の出し入れがしやすい側面開閉

サドルバッグのおすすめ人気ランキング第5位は、CoolChangeの3Dシェルサドルバッグです。夜間やトンネル内、雨での走行中に、被視認性を高めてくれる反射材がサドルバッグに付いています。

 

ロードバイクやクロスバイクに取り付けたサドルバッグは、側面が大きく開閉するので荷物が出し入れがしやすい構造です。高品質の防水素材を使用し、抵抗摩耗、抵抗老化に優れています。

 

サドルバッグをスライドさせるだけで簡単に脱着ができるので、サドルバッグを外しての移動も楽です。コンパクトサイズながら意外にたっぷり荷物が入ると購入者からの評判もいいサドルバッグです。

サイズ 約22×9.5×12.5cm 重さ 約200g
容量 約1.6L 取り付け方法 アタッチメントタイプ
4位

R250

防水サドルバッグ ラージ

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

容量が5~9Lに変動

サドルバッグのおすすめ人気ランキング第4位は、R250の防水サドルバッグ ラージです。スタイリッシュなデザインとグレーが素敵なR250のサドルバッグは、ロールアップすることで容量が5~9Lに変えることができます。

 

完全防水で雨が内部に侵入する心配がありません。サドルバッグ本体のブランドロゴは反射仕様になっているので、暗い夜道やトンネル内では後続車のライトに反応してロゴが光ります。

 

サドルバッグ本体上部にあるバンジーコードには、直ぐ取り出したい上着や水筒などを挟んでおけるので便利です。遠出のサイクリング以外にも、荷物の多い自転車通勤の人にもおすすめのサドルバッグです。

サイズ 約14×13×33~42cm 重さ 約390g
容量 約5~9L 取り付け方法 ベルトタイプ
3位

TOPEAK

Aero Wedge Pack Lサイズブラック

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

荷物が落ちづらい縦開きタイプ

サドルバッグのおすすめ人気ランキング第3位は、TOPEAKのAero Wedge Pack Lサイズです。荷物を取り出すときに荷物が脱落しにくい、ストラップマウントと言われる縦開きタイプのサドルバッグです。

 

ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどシートポストの直径が約25.4~34.9cm内であれば取り付けができます。取り付けるシートポストの長さによってサドルバッグの使い勝手は変わりますが、自転車にも取り付けできます。

 

サドルバッグの下部には、2本のゴムが付いています。空気入れや丸めたレインウエアなどを差し込んで便利に使うことができます。耐久性や使いやすさにおいて、評価の高いサドルバッグです。

サイズ 約23×13×14cm 重さ 約165g
容量 約1.97L 取り付け方法 ベルトタイプ
2位

ROCKBROS

小型軽量サドルバック

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

メンテナンス用品の収納に

サドルバッグのおすすめ人気ランキング第2位は、ROCKBROSの小型軽量サドルバッグです。片手に収まるほどの小型サドルバッグは、メンテナンス用品だけを入れておきたい人におすすめです。

 

サドルバッグの表面には高強度ナイロン素材を使用しています。荷物で傷が付きやすいサドルバッグ内部にも、耐久性の高い素材を使用しているので安心して長く使い続けることができます。

 

小型のサドルバッグですから、取り付けたサドルバッグに足があたって運転しにくいということもありません。またチェーンロックなどの自転車の鍵の収納にも丁度いいサイズです。

サイズ 約15.5×6.5×5cm 重さ 約56g
容量 取り付け方法 アタッチメントタイプ
1位

BV

サドルバックBV-SB1-L

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

拡張機能付サドルバッグ

サドルバッグのおすすめ人気ランキング第1位は、BVのサドルバッグBV-SB1-Lです。耐水性と耐久性の高いしっかりとした素材を使用し、汚れにも強いコンパクトサイズのサドルバッグです。

 

こちらのサドルバッグにはS、M、Lサイズの3種類があり、MとLサイズには容量拡張機能が付いています。サドルバッグ下部にあるジッパーを開けると約5cmほどサドルバッグが広がります。

 

サドルバッグは荷物の出し入れがしやすい縦開きタイプで、パンク修理キットや貴重品を入れる丁度いい大きさです。反射テープやテールライトを取り付けられるハンガーも付いています。

サイズ 約21×11×11cm 重さ 約160g
容量 約1.5L 取り付け方法 ベルトタイプ

サドルバッグのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 重さ 容量 取り付け方法
1
アイテムID:5025908の画像
サドルバックBV-SB1-L 1,589円

詳細を見る

拡張機能付サドルバッグ

約21×11×11cm 約160g 約1.5L ベルトタイプ
2
アイテムID:5025907の画像
小型軽量サドルバック 999円

詳細を見る

メンテナンス用品の収納に

約15.5×6.5×5cm 約56g アタッチメントタイプ
3
アイテムID:5025898の画像
Aero Wedge Pack Lサイズブラック 2,330円

詳細を見る

荷物が落ちづらい縦開きタイプ

約23×13×14cm 約165g 約1.97L ベルトタイプ
4
アイテムID:5025904の画像
防水サドルバッグ ラージ 10,800円

詳細を見る

容量が5~9Lに変動

約14×13×33~42cm 約390g 約5~9L ベルトタイプ
5
アイテムID:5025902の画像
3Dシェルサドルバッグ 2,335円

詳細を見る

荷物の出し入れがしやすい側面開閉

約22×9.5×12.5cm 約200g 約1.6L アタッチメントタイプ
6
アイテムID:5025901の画像
反射板付きサドルバッグ 1,699円

詳細を見る

型崩れにくい丈夫な構造

約19×10.5×11cm 約1L ベルトタイプ
7
アイテムID:5025900の画像
サドルバッグ大容量10L 4,980円

詳細を見る

内部に水が入らない完全防水

約47×15×16cm 約520g 約10L ベルトタイプ
8
アイテムID:5025899の画像
防水仕様サドルバッグ 2,290円

詳細を見る

軽量コンパクトなサドルバッグ

約17.5×12×12cm 約180g 約2.5L アタッチメントタイプ
9
アイテムID:5034125の画像
水筒入れ付サドルバッグ 2,030円

詳細を見る

便利なテールライトと水筒入れ付

約24.5×9.5×10cm 約185g ベルトタイプ
10
アイテムID:5025897の画像
完全防水サドルバッグ 2,299円

詳細を見る

様々な自転車に取り付け可能

16.5×10.5×8.5cm 約135g 約1L ベルトタイプ

まとめ

サドルバッグはロードバイクやクロスバイクに限らず、様々な自転車で使える便利なバッグです。サドルバッグを活用すると今まで以上に快適にサイクリングを楽しむことができますよ。ぜひ記事を参考にサドルバッグを使ってみてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新】ロードバイク用スタンドのおすすめ人気ランキング10選

【2021年最新】ロードバイク用スタンドのおすすめ人気ランキング10選

自転車用品
【水分補給におすすめ】ペットボトルホルダーの人気ランキング10選

【水分補給におすすめ】ペットボトルホルダーの人気ランキング10選

キッチン用品
【2021年最新版】餌箱のおすすめ人気商品ランキング10選【川も海も】

【2021年最新版】餌箱のおすすめ人気商品ランキング10選【川も海も】

釣具
【釣りには必需品】おすすめのバッカン人気ランキング10選

【釣りには必需品】おすすめのバッカン人気ランキング10選

釣具
【2021年最新版】初心者にもおすすめのロードバイク人気ランキング15選

【2021年最新版】初心者にもおすすめのロードバイク人気ランキング15選

自転車用品
【2021年最新版】ベースケースのおすすめ人気ランキング10選

【2021年最新版】ベースケースのおすすめ人気ランキング10選

楽器