記事ID137562のサムネイル画像

【選び方を徹底解説】ウェーダーのおすすめ人気ランキング10選

水の中に入って釣りをする際に着用するウェーダー。体を濡らさず水の中で釣りを楽しむことができる便利なアイテムです。今回は、ウェーダーの選び方やおすすめ人気商品をランキング形式でご紹介します。ウェーダーの購入をご検討されてみてはいかがでしょうか。

水の中での釣りを快適に

川釣りや海岸で水の中に入って釣りをする時に活躍するウェーダー。脚先から胸まで一体化した長靴のような形をしています。ウェーダーは、防水性に優れた素材が使われているため、水の中でも濡れることなく快適に釣りを楽しむことができる便利なアイテムです。

また、保温性のあるタイプであれば、寒い時期の冷たい水の中での釣りも楽しむことができます。地上からでは届きにくい場所からアプローチが可能になりますので、キャストしやすいポイントで釣りができることも大きな魅力です。

今回はそんな便利なアイテムであるウェーダーの選び方や人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。ぜひお気に入りのウェーダーを見つけて快適な釣りを楽しんでみましょう。

ウェーダーの選び方

ウェーダーを選ぶ時にチェックしておきたいポイントについてご紹介します。

形状の違いで選ぶ

ウェーダーには、形状の違いによって大きく3種類に分類されます。それぞれご紹介しましょう。

ヒップウェーダーを選ぶ

ウェーダーの中でヒップウェーダーと呼ばれるタイプのものがあります。ヒップウェーダーは、足先から大腿部くらいまでの長さになっているのが特徴です。長靴が長くなったような形状をしており、嵩張らないので持ち運びやすく手軽に使うことができるのが魅力です。

浅瀬の川での渓流釣りやバス釣りなどに使われることが多く、脱着しやすく内部が蒸れにくいのもおすすめのポイントです。

ウエストハイウェーダーを選ぶ

ウェーダーの中でウエストハイウェーダーというタイプのものがあります。ウエストハイウェーダーは、足先から腰部までの長さになっているのが特徴です。

浅瀬の川だけでなく、ある程度の深さのある本流の川などで行う釣りにも適応することができますが、波がある場所では水が入ってくる場合もありますので注意しましょう。

腿のあたりまでの水位の川の中に入ってまま釣りを続けることができるのでおすすめです。ヒップウェーダーに比べると嵩がありますが、軽量なタイプもありますので持ち運びやすいのも魅力です。

チェストハイウェーダーを選ぶ

ウェーダーの中でチェストハイウェーダーというタイプのものがあります。チェストハイウェーダーは、足先から胸部までの長さになっているのが特徴です。腰部くらいの水位の水の中で行う釣りでも適応することが可能です。

ウェーダーの中では最も大型で嵩張りますが、かなりの深さのある水位でも適応することが可能です。深さのある川でのシーバス釣りのウェーディングゲームをする時などにはチェストハイウェーダーがおすすめです。

本体に使われている素材で選ぶ

ウェーダーに使用されている素材にはさまざまなものがあります。ご紹介しましょう。

透湿性のない素材を選ぶ

ウェーダーの中でも本体部分に透湿性のない素材を使用しているタイプのものがあります。透湿性のない素材というのは、ナイロン素材やゴムなどの素材で、価格がリーズナブルなのが特徴です。

透湿性がない素材は、耐久性に優れ、耐水性が高く、濡れる心配はありません。ただ、通気性がないため、内部が蒸れやすいので夏場の着用には注意が必要です。

また、保温性には優れていますが、冬場の釣りで水温が低い場合は、中にアンダーパンツなどを着用することをおすすめします。

透湿性のある素材を選ぶ

ウェーダーの中でも本体部分に透湿性のある素材を使用しているタイプのものがあります。透湿性のある素材は、防水性がありながらも通気性に優れているので蒸れにくいのが特徴です。

暑い時期でも蒸れることなく快適に釣りを楽しむことができるため、汗をかきやすい夏場の釣りなどにはおすすめのウェーダーの素材です。機能性に優れた素材であるため、価格帯が高め展開されているのでチェックしておきましょう。

ネオブレン素材で選ぶ

ウェーダーの中でも本体部分にネオブレン素材を使用しているタイプのものがあります。ネオブレン素材は、防水性がありながらも高い保温性があるのが特徴です。

さらに伸縮性に優れた素材ですので、体にフィットして動きやすいのもおすすめのポイントです。冬の水温の低い時期に水の中で釣りをする場合には、温かさをキープしながら快適に釣りを楽しむことができるのでおすすめです。

ソールの違いで選ぶ

ウェーダーのソールにはいくつかのタイプがあります。それぞれご紹介しましょう。

ラジアルソールを選ぶ

ウェーダーのソールでラジアルソールのものがあります。ラジアルソールは、溝が刻まれているゴム製の長靴のような靴底になっており、丈夫なのが特徴です。

地面の上では歩きやすいのですが、水の中の苔が生えている石の上や濡れた場所では滑りやすいので注意が必要です。

フェルトソールを選ぶ

ウェーダーのソールでフェルトソールのものがあります。フェルトソールは、厚みのあるフェルト素材が靴底に使用されており、滑りにくいのが特徴です。

滑りやすい水の中の石の上でもフェルト素材の繊維がしっかりと捉えるので滑らず快適に歩くことができます。砂利の川底や地面が濡れた場所で釣りを行う時にはおすすめのウェーダーです。

ラジアルスパイクソールを選ぶ

ウェーダーにはラジアルスパイクソールと呼ばれているものがあります。このタイプは、スパイクが付いているゴム製の靴底になっているのが特徴です。

ゴム製のソールだけだと滑りやすいですが、スパイクを付けることによって滑りにくく、濡れた場所や苔の生えた石の上でもピンでしっかりと捉えるので、安全に歩くことができるのでおすすめです。

フェルトスパイクソールを選ぶ

ウェーダーのソールでフェルトスパイクソールのものがあります。フェルトスパイクソールは、フェルト製のソールにスパイク用のピンが付いておりさらに滑りにくいのが特徴です。

滑りにくいフェルトソールとピンで滑りやすい岩場でも安全に歩くことができるのでおすすめです。ただ、スパイクソールのピンのすき間に砂利が入り込んでしまった場合は、滑りやすくなりますので注意が必要です。

メーカーで選ぶ

ウェーダーは、数多くのメーカーで展開されています。人気のある主なおすすめメーカーをいくつかご紹介します。

リトルプレゼンツで選ぶ

神奈川県の川崎市に本社のあるリトルプレゼンツは、日本の釣り用ウェアのメーカーです。リトルプレゼンツが展開している釣り用のウェアは高品質でリーズナブルなのが特徴です。

リトルプレゼンツのウェーダーは、着やすく高品質でリーズナブルなアイテムが揃っているため人気のおすすめメーカーです。

ファインジャパンで選ぶ

ファインジャパンは、ライフジャケットなど釣り用のウェアを多く展開しているメーカーです。ファインジャパンのウェーダーは、リーズナブルなのが特徴です。

高価なメーカーのものに比べて耐久性はそれほど高くないため、試しにウェーダーを使ってみたい方には、手軽でおすすめのメーカーです。

ダイワで選ぶ

ダイワは、釣り用品全般を扱う日本の大手釣り具メーカーです。つり竿からリールをはじめ、さまざまな釣り用品を展開しています。

ダイワのウェーダーは、高機能な素材を使用し、品質の高いのが特徴です。高品質で抜群の動きやすさが人気のウェーダーをお探しの方にはおすすめのメーカーです。

マズメで選ぶ

マズメは、ライフジャケットなど海釣り用のアイテムが特に人気のメーカーです。優れた機能性のある素材を使用した数多くのウェーダーを展開しています。

随所に便利な工夫がされており、独自の立体裁断が施されたウェーダーは動きやすいと高い評価のあるおすすめのメーカーです。

プロックスで選ぶ

プロックスは、さまざまな釣り用品を取り扱う釣り具の総合メーカーです。つり竿やリールをはじめ、釣りに関するほとんどのアイテムが揃っています。

プロックスのウェーダーは、独自の優れた素材を使用しているものが多く、季節に合わせて最適なウェーダーを選ぶことができるおすすめのメーカーです。

エクセルで選ぶ

エクセルは、釣り具のメーカーですが、特にアユ釣り用のアイテムに強みのあるメーカーです。

価格もリーズナブルなものが揃うので手軽で人気のメーカーです。エクセルのウェーダーは、低価格で使いやすいと人気が高く、手軽に揃えたいという方にはおすすめのメーカーです。

シマノで選ぶ

シマノは、日本の大手釣り具メーカーです。つり竿やリールをはじめ、さまざまな釣り用アイテムを多く展開しています。

シマノのウェーダーには、品質が高い素材を採用されているものが多く、ウェーダーにおいてもプロの方からも多く愛用されている信頼の高いメーカーです。

どんな季節やシーンの釣りでも対応できるさまざまなタイプのウェーダーが揃っています。高品質なだけあり、やや高めの価格帯で展開されています。

タイドウィーで選ぶ

タイドウィーは、釣り用のアイテムの中でもウェットスーツや長靴などに特化して展開しているメーカーです。ウェーダーにおいても動きやすく滑りにくいのが特徴です。

比較的リーズナブルなアイテムが揃っているので、コストパフォーマンスに優れているのが魅力です。初めてウェーダーを選ぶという方にも手軽でおすすめのメーカーです。

ピシファンで選ぶ

ピシファンは、リールなどの釣り用品をはじめ、釣り用のアイテムを多く取り扱っているメーカーです。比較的リーズナブルな価格帯のアイテムが展開されているため、初めて釣りを始める方でも気軽に揃えられるのが魅力です。

ピシファンのウェーダーは、撥水性の高い素材を採用するなど、価格の割に機能性が高いのが特徴です。また、防水仕様のスマホケースなど便利な付属品が付いているのも魅力です。

ウェーダーの人気ランキング10選

第10位

MAZUME(マズメ)

ブーツフットウェイダーMZBF-346-03

価格:26,244円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

透湿性のある素材で夏でも快適

さまざまな釣り具を展開しているマズメのウェーダーです。高品質の透湿性のある素材を採用しているため、夏の暑い時期の釣りでも蒸れることなく快適に楽しむことができます。

独自の立体裁断が施されているため、動きやすいのが特徴です。また、ブーツの部分は短く柔らかいPVC製の素材を使用しているため、歩きやすい仕様になっています。

止水ファスナーが付いた胸ポケットには紛失しやすい小物を入れておくことができるので便利です。品質の高いチェストウェーダーをお探しの方にはおすすめのウェーダーです。

素材PVCタイプチェストハイウェーダー
ソールフェルトスパイク
第9位

リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS)

ウエストハイウエーダー W-45

価格:17,403円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイクラスモデルで機能的

リトルプレゼンツの定番ウェーダーの中でもハイクラスモデルのウェーダーです。独自の曲線を描くデザインと立体裁断が施されているため、膝を曲げやすく、動きやすいのが特徴です。

高機能で透湿性と耐久性に優れた素材を採用しているため、蒸れにくいのが魅力です。ソックスタイプのウェーダーですので、少し大きめのウェーディング用のシューズを足せばさらに動きやすくなります。

リトルプレゼンツの定番のウェーダーの中でもハイクラスのモデルですので安心してバックウォーターでバス釣りなども楽しむことができるおすすめのウェーダーです。

素材ナイロン、DSクロロプレンタイプウエストハイウエーダー
ソールネオプレーン
第8位

FINE JAPAN(ファインジャパン)

ヒップウェダー FJ-9021

価格:3,196円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルで手軽なヒップウェーダー

ファインジャパンのヒップウェーダーは、膝くらいまでの水位の中で釣りをする時に最適です。ナイロン素材を使用しており、リーズナブルな価格が最大の魅力です。初めてウェーダーを購入される方にも手軽でおすすめです。

ただ、ハイクラスのウェーダーと比べると耐久性も劣りますので長く使いたいという方にはおすすめできません。ハードな使い方には適していませんが、一般的な渓流釣りなどには十分使えるお手軽でおすすめのウェーダーです。

素材ナイロンタイプヒップウェーダー
ソールフエルト
第7位

ダイワ(DAIWA)

ウェーダーSW-4501R-T

価格:13,430円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダイワならではの優れたウェーダー

ダイワならではの高機能なウェーダーです。水の抵抗を極力抑えながら動きやすいタイトなデザインが特徴です。背中側も高いデザインになっているため、後ろからの水の侵入を防ぐことができます。

内側にはメッシュ素材を採用しているため、汗をかいても蒸れにくいのも魅力です。細部にまでダイワならではのこだわりが感じられるおすすめのウェーダーです。

素材ナイロンタイプチェストハイウェーダー
ソールフェルトスパイク
第6位

プロックス

ウエストウェダーPX5565LL

価格:10,686円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

透湿性に優れた素材を採用したウェーダーで快適に

釣り具の総合メーカーであるプロックスは、さまざまな釣り用品を展開しています。こちらのロックスのウェストハイウェーダーは、透湿性に優れた機能性の高いブリザテック素材を採用し、蒸れにくく抜群の着用感が特徴です。

ブリザテック素材は、透湿性と防水性を備えた高性能な素材ですので、汗をかきやすい夏の釣りでも蒸れにくく快適に釣りを続けることができます。また、軽量ですので持ち運びやすいのもおすすめのポイントです。

素材ブリザテック加工タイプウェストハイウェーダー
ソールフェルト
第5位

プロックス

ネオプレンウェダー PX8724LL

価格:8,913円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

寒い時期の釣りでも安心の温かさ

プロックスのウェーダーは、ネオプレーン素材を採用した高性能なウェーダーです。冬場の冷たい水の中での釣りをする時にもネオプレーン素材を使用したこちらのウェーダーであれば温かく安心して釣りを楽しむことができます。

高性能でありながらもリーズナブルな価格であるのも魅力です。冬の時期の釣りに適応する機能性の高いウェーダーをお探しの方にはおすすめのウェーダーです。

素材ネオプレーンタイプチェストハイウェーダー
ソールフェルトスパイク
第4位

リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS)

ウエットゲーター AC-10

価格:6,982円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濡れることを前提としたウェーダー

リトルプレゼンツのウエットゲーターは、初めから水に濡れることを前提として作られているのが特徴です。夏場に渓流釣りなどをする時などに多く使われているウェーダーです。ブーツの中に砂利が入るのを防ぎ、快適に歩くことができます。

濡れることを前提としたウェーダーですので、冬の寒い時期には適していませんが、夏場の釣りには歩きやすくおすすめです。水に濡れながら釣りを楽しみたい方にはおすすめのウェーダーです。

素材クロロプレンタイプヒップウェーダー
ソール
第3位

X'SELL(エクセル)

ウェストハイウェダー OH-810 L

価格:3,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽な価格が魅力のウェストハイウェーダー

ウェストハイウェーダーは、腿あたりまでの水位の場所での釣りに適応できます。こちらのウェストハイウェーダーは、ナイロン製ですので安価で耐水性に優れていますので気軽に試すことができます。

また、ブーツ付きなのもおすすめのポイントです。川での渓流釣りやバスフィッシングなども濡れることなく釣りを楽しむことができます。

リーズナブルなウェーダーを多く展開しているメーカーで、手軽なウェーダーをお探しの方には特におすすめのウェストハイウェーダーです。

素材ナイロンタイプウェストハイウェーダー
ソールフェルト
第2位

プロックス

ウェーダーブーツ PX965

価格:2,841円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めての方はまずはウェーダーブーツがおすすめ

プロックスは、リーズナブルな価格の釣り用アイテムを多く展開しているメーカーです。プロックスウェーダーブーツは、長靴よりも歩きやすく、大きなタイプのウェーダーに比べてコンパクトで気軽に着用しやすいのが特徴です。

ウェーダーブーツは、ウェーダーを購入するのが初めてという方にも気軽に試すことができるのでおすすめです。冬に使用する場合には、厚めのソックスを履く前提で、少し大きめのサイズを選んでおくと安心です。

素材Pプルーフタイプウェーダーブーツ
ソールラジアル
第1位

FINE JAPAN(ファインジャパン)

ナイロンチェストハイウェダー FJ-9009

価格:4,232円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めてのチェストハイウェーダーならお手軽でおすすめ

ファインジャパンのチェストハイウェーダーは、ナイロン製のリーズナブルな価格ですので手軽に始められるのが特徴です。ハイクラスのウェーダーに比べれば耐久性に劣りますが、チェストハイウェーダーとしての機能は十分得られます。

まずはお試しで使いたいという方にはおすすめのチェストハイウェーダーです。ナイロン製ですので、尖ったものが当たると簡単に穴が空いてしまいますので、注意が必要です。

素材ナイロンタイプチェストハイウェーダー
ソールラジアル

ウェーダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5027482の画像

    FINE JAPAN(ファインジャパン)

  • 2
    アイテムID:5027472の画像

    プロックス

  • 3
    アイテムID:5027466の画像

    X'SELL(エクセル)

  • 4
    アイテムID:5027437の画像

    リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS)

  • 5
    アイテムID:5027425の画像

    プロックス

  • 6
    アイテムID:5027420の画像

    プロックス

  • 7
    アイテムID:5027261の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 8
    アイテムID:5027255の画像

    FINE JAPAN(ファインジャパン)

  • 9
    アイテムID:5027245の画像

    リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS)

  • 10
    アイテムID:5027240の画像

    MAZUME(マズメ)

  • 商品名
  • ナイロンチェストハイウェダー FJ-9009
  • ウェーダーブーツ PX965
  • ウェストハイウェダー OH-810 L
  • ウエットゲーター AC-10
  • ネオプレンウェダー PX8724LL
  • ウエストウェダーPX5565LL
  • ウェーダーSW-4501R-T
  • ヒップウェダー FJ-9021
  • ウエストハイウエーダー W-45
  • ブーツフットウェイダーMZBF-346-03
  • 特徴
  • 初めてのチェストハイウェーダーならお手軽でおすすめ
  • 初めての方はまずはウェーダーブーツがおすすめ
  • 手軽な価格が魅力のウェストハイウェーダー
  • 濡れることを前提としたウェーダー
  • 寒い時期の釣りでも安心の温かさ
  • 透湿性に優れた素材を採用したウェーダーで快適に
  • ダイワならではの優れたウェーダー
  • リーズナブルで手軽なヒップウェーダー
  • ハイクラスモデルで機能的
  • 透湿性のある素材で夏でも快適
  • 価格
  • 4232円(税込)
  • 2841円(税込)
  • 3800円(税込)
  • 6982円(税込)
  • 8913円(税込)
  • 10686円(税込)
  • 13430円(税込)
  • 3196円(税込)
  • 17403円(税込)
  • 26244円(税込)
  • 素材
  • ナイロン
  • Pプルーフ
  • ナイロン
  • クロロプレン
  • ネオプレーン
  • ブリザテック加工
  • ナイロン
  • ナイロン
  • ナイロン、DSクロロプレン
  • PVC
  • タイプ
  • チェストハイウェーダー
  • ウェーダーブーツ
  • ウェストハイウェーダー
  • ヒップウェーダー
  • チェストハイウェーダー
  • ウェストハイウェーダー
  • チェストハイウェーダー
  • ヒップウェーダー
  • ウエストハイウエーダー
  • チェストハイウェーダー
  • ソール
  • ラジアル
  • ラジアル
  • フェルト
  • フェルトスパイク
  • フェルト
  • フェルトスパイク
  • フエルト
  • ネオプレーン
  • フェルトスパイク

まとめ

今回は、ウェーダーの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。ぜひ自分にピッタリのウェーダーを見つけて快適な釣りを楽しみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ